2015年03月03日

『コブラ』ってわかりやすい男の夢だな

動画でアニメ『コブラ』をやってて、なんとなく見ているが。
ホントわかりやすい男の夢だな。
行く先々で美女に出合い、いい雰囲気になって。
その美女ってのが半裸だのピチピチのスーツだのに身を包んでて。
バニーちゃんのほうがまだ露出してないぜ、ってくらいの。

腕っぷし強くて、悪い奴はとことん悪党で、
卑怯な手段のオンパレード、でもコブラは負けない。
ピンチになってもうろたえないで活路をみいだす。

帰る場所、宇宙船タートル号ってのがあって、
そこにはアンドロイドレディがやきもきしながら、
いつでも待ってくれている。
お母さんみたいに。

やんちゃに暴れて悪い奴やっつけて
美女を助けて感謝されてモテて
帰る場所がありそこには母的存在が待ってくれている。

絵にかいたよーなロマンだな。
じつにわかりやすい、ふむ。


suki_katte at 19:49|PermalinkComments(0)

2015年02月23日

結局女をひきとめるのは男の財力ですよ。

きれいごと抜きでいきましょう。
先日、動画で『サイド・エフェクト』という洋画を観ました。
http://eiga.com/movie/77977/
↑参考までに

gyao!で視聴させてもらったですが、その中のレビューで、旦那が贅沢させてくれなくなったから心神喪失を装って計画的に殺すとかサイテーのビッチだと書かれていたのがあって。
なにかしらのひっかかりを感じた。

少し時間をおいて今おもうのは、いや、そりゃ計画殺人までするかどうかはアレだけど、ヨットに乗せてくれたり高級車をポンとプレゼントしてくれたり、そういうとこにウットリしてた奥さんにとっては、旦那の財力は大きな魅力だったわけで。
その旦那がいきなり違法なインサイダー取引で刑務所にぶちこまれ、今までの一切合財を取り上げられたとしたら私でもそりゃショックだろうなと。

それでもあなたを支えるわ的な女性を世の男性のほとんどが望むとしても、気持ちはわからないではないが正直砂漠の蜃気楼に近い幻想だと思う。
基本、女は自分を守護してくれる者に弱い。狩りをして獲物をとってきてくれる、いざというとき頼りになる、安定した暮らしを約束してくれる、その中でなら、あなたをよろこんで支えましょう。
現代ならば財力は女性にとっては大きな魅力であり、男性にとっては有利な武器でしょう。それは否めない。

はっきり言って女は、というか男もそうだろうけど、生活するうえでなにかメリットがなければ相手にやさしくはできない。女に安らぎなり幸福なりを提供してほしければ、男の側にもそれ相応の安定を提供してもらわなくては。
無償の愛は親からは得られても妻あるいは夫からは得られない。なにかしらの見返りが必要だ。それは汚い事でもなんでもない。当たり前のことだ。

それでもあなたを支えるわ幻想を捨てられない男も、どんなわがままも叶えて欲しいの幻想を捨てられない女も、どちらも未成熟だ。
恋愛感情はいずれ消える。消えた後に互いの関係を築き保ち続けるのはなにかを考えないと、次にだれとめぐりあおうが同じことの繰り返しだ。純粋だとか打算だなどと、そういった問題ではない。感情だけでは立ち行かない。知恵を使わなくては。

そもそも「ありのままの私をうけいれて、そのままの私でいいと言って」って姿勢が自分は好きじゃない。
赤ちゃんじゃあるまいし。
そりゃ働かなくてもいい、なにもできなくても、感情のままにギャーギャー泣いてもわめいても、殴る蹴るの暴力も受け止めて、そんなサルみたいな私でもいいと言ってってことかよ、ありのままって言葉をいいように曲げて解釈して、大切な人ほど気をゆるめすぎて傷つけて壊すような輩が多いような気がして胸がいたむ。

横文字でいえば「ギブ&テイク」ってこと。
ずいぶんドライに響くかもしれないけど、結局まるくおさめるにはそれが一番だと思う。
男は稼いでこい、ならば安らぎを与えてやる。これが女の姿勢である。
この「稼ぐ」って単純に金銭のことでない。いくらで安定を感じられるかなんて個人差があるし、一概には言えない。とはいえ生活の安定がなければ女は安らげないし、男に愛情を提供してやることもできない。
きれいごと抜きでね。

前回の続きとはなりませんでしたが、今回はこのへんで。
またいつか。



suki_katte at 17:07|Permalink思いつき | 家庭

2015年01月04日

結婚の制度ってどう

ろくでもないこと承知でかきます。
今朝、起きてふと思ったのですが、この際一夫多妻にしてみる、ってどうだろうか。
次に思いついたこと。
いやいっそ既存の結婚制度って、どうなの。
そもそもこの国って昔は一夫一婦じゃなかったのではなかったか。
昔は通い婚だったよね。
http://japanese.hix05.com/Folklore/Sex/sex01.old.html

女性は子供ができたらどうしても子供優先になるじゃないですか。
自分の周りの既婚女性は口をそろえて言う。どこまで本気かわからないが「子供さえいたらもうダンナは精神的に必要じゃない、むしろ邪魔、家事は手伝わないし子育ては手伝わないしお金かせいくるだけが役割よね」

でも本来男性って家事子育てするようにできてない。女性みたく器用じゃないし。
男性が得意なのは体はって命かけること、それも愛する女子供を守るために。それはとても大変なことだ。なのに「それだけがとりえ」なんて言われ、あまつさえ家に帰っても邪魔にされるだけなら、女子供を守ることによって誇りを得る性質の男性にとってはかなりつらい。逃げ道や安らぎを求めて、他に甘えてくれて頼ってくれて可愛いしぐさを見せてくれる女性でもいようものなら、そっちへなびくのが自然のようにも思われる。

とはいえ女性には母性がある。それも本能だから子供最優先になるのもまた自然。
のけ者扱いに耐えかねて他の女性に走った男性にしても、女性はいつまでも可愛いだけではいないのでそこでもいずれ孤独を感じるようになる。この負のスパイラルから抜け出すすべはあるのか。それはまた次回。いつになるかわかりませんが。それまでごきげんよう。


suki_katte at 15:00|Permalink思いつき | 家庭