過去のネタ:ビール一気飲み(11月8日)

きっこ氏も灘高について「協栄ジムとおんなじシステムのインチキ高校」と述べ、メールの差出人と一緒になって叩いている。

少し調べれば分かるが、1989年に学習指導要領が改正され、1994年から高校の新カリキュラムが始まった。このとき必修になった世界史を履修していない高校が多いことが現在問題になっている。高校で家庭科が必修になったのは、世界史と同じ1994年。

1927年の旧制灘中学校創立時点で家庭科必修化を見越し、
「最初から八百長をするつもりで学校を設立」していたのか?

「村上ファン怒」などを排出した学校を叩きたい気持ちは分かるが、その方法が強引すぎる。

私がこのネタを書いた1日前に、「きっこの日記」に同様のツッコミを入れている人がいた。

参考:正直メンドクサイ(11月7日)

むかし男子は家庭科ってやらなかったんじゃないかな? オイラが高校生のとき、都立高校だったけど、やっぱり家庭科はなかったよ。体育の時間が男子のほうが多くて、女子は少ない分、家庭科があったんじゃないかな?

灘高って男子校なんじゃないの? だから、男子も家庭科が必要になった時期より前は家庭科室がなくてもオカシクないはずだよ。

「男子も家庭科が必要になった時期」は1994年で、それまでは必修科目ではなかった……という事実を踏まえた上で、以下の文章をお読みいただきたい。

参考:■文科省の陰謀!?〜週刊アカシックレコード061102■

●灘高OBの窮地●

なぜ灘高校から先に、しかも文科省の調査結果の発表を待たずに「自主的に」履修不足の実態を公表したのか。

謎を解くカギは、安倍晋三首相が首相(官邸)直属の諮問機関として発足させた「教育再生会議」にある。この会議の座長は、ノーベル化学賞受賞者の野依良治(のより・りょうじ)理化学研究所理事長だが、実は彼は灘高出身なのだ(ウィキペディア「灘中学校・高等学校」)。

灘高の「家庭科飛ばし」は何も、きのうやきょう始まったことではあるまい(読売前掲記事は、灘高の「必修逃れ」は03年から突然始まった、と指摘しているが、不自然で信用できない。たぶん学校創立以来、一度も家庭科教育用の設備が置かれたことはないだろうし、家庭科担当教師が勤務したこともないだろう)。とすると、いやしくも教育のあり方を論じようという政府機関の長が「実は高校で必修科目を1つごまかして卒業しました」ではしめしが付かない。最悪のケースは、マスコミに「野依座長ご自身は、高校で履修不足はなかったでしょうか」と聞かれて露見することだ。だから、野依は母校に電話をかけて「お願いですから、私がマスコミに聞かれる前に、そっちで先に(必修逃れは最近始まったことにして)発表して下さい」と頼んだに違いない。

【このとき文科省は「03年から始まったことにすれば、あなたの母校に厳しい処分はしませんよ」と取り引きを持ちかけたはずだ。】

この記事にツッコミを入れようとしたが、既に入っていた

参考:週刊アカシックレコードの中の人って結構若いのかな?

しかし、この記事を見て素直に納得するのは、一定以下の年齢の人だけであると思います。なぜなら、平成6年度以前に高校へ入学した場合は、家庭科は女子だけの必修科目だったからです。

よって、平成6年以前に男子校である灘高校へ入学した野依良治氏は、当然家庭科を履修する必要はなかったのですから、以上の記事中の推論は成り立ちません。

では、私は違う観点からツッコミを。

『灘高の「必修逃れ」が03年から突然始まった』のは、同年に情報科が必修になったためだと思われる。それまで、コンピュータの授業は「家庭科」の一環として扱われている。私の頃はコンピュータの授業と調理実習などを組み合わせ家庭科の評価をつけていた。

参考:第9節 家庭(1世代前の学習指導要領)

第2 生活技術 1 目   標

衣食住、家族、電気、機械、情報処理などに関する基礎的・基本的な知識と技術を生活を合理的に管理する立場から実践的、体験的に習得させ、家庭生活の充実向上を図る能力と態度を育てる。

灘における情報科の初代教諭は、参議院議員の鈴木寛氏。

参考:灘高等学校における情報教育

まずは、灘高等学校OBのメーリングリスト(ML)で、講師の公募が同校の村上恒男教諭からなされ、それに、同校のOBである筆者2人が応じたことに始まる。筆者の1人である鈴木寛は、通産省情報処理振興課総括課長補佐時代に、2003年からの学習指導要領改訂に携わった。その後、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス助教授に転じ「情報社会の人材育成のあり方」を自ら研究専攻とし、慶応義塾内でいくつかの実験授業を手がけていた。そして、構築してきた理論体系にもとづく、通年での先駆的授業の企画と実践を実際行ってみたいとの意向を抱いていた。

コンピュータの授業を「情報科」にしてしまうと、「家庭科」の単位が足りなくなる。その情報科を必修にしたのは灘校OBなのだが