今日はたまたま平日休みだったので、
映画館で「仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL」を見てきました。

実は仮面ライダーの映画を映画館で見るのははじめてだったんですね。

でも、見に行ってよかったという内容でした。

大体仮面ライダーの映画でレジェンド達がいっぱい出てくるとストーリーがひどいけど、
そんなことなく良くまとまってた感じでした。


ネタバレはなるべくしないように感想を書いてみます。

この映画を見てエグゼイド本編で出てきたビルドが、
何故通り魔ビルドだったのかはっきりわかりましたね。

伏線だったとは恐れ入ったかんじです(; ・`д・´)

後はレジェンドライダー達の変身シーンがそれぞれ見せ場となってました。

ゴーストはタケル殿が相変わらず変身ポーズがキレキレ。

コウタさんは冒頭は神フォームで登場シーンはフリターフォームになってました( ̄▽ ̄)

そしてフォーゼの弦太郎は変わらない感じでしたね。

そして今回一番優遇されている仮面ライダーオーズ。
映司とアンクの再会シーンは感動的でした( ノД`)シクシク…
それとオーズの最強フォームがタジャドルコンボなのが良いですね( ̄▽ ̄)

エグゼイドチームは変わらずでした。
特にクロト神は相変わらずぶっ飛んでました。

特にクロト神と御成のシーンは最高でした。
クロト神を手なずけちゃう御成っていったい(; ・`д・´)

見ていて楽しい仮面ライダー映画でした。
仮面ライダーはラブ&ピースで戦うんですね( ̄▽ ̄)

エンドロールのOPメドレーは最高でしたね。
当時の写真付きで流れてました。
クロト神の上半身裸の写真が出たときは吹き出しそうになった( ̄▽ ̄)

そしてラストに本編のネタバレがくるとは・・・ちょっとびっくりです(´・ω・`)

そして仮面ライダーアマゾンズの映画化の予告も見れたので大満足でした。
これを機に仮面ライダー映画を映画館でできるだけ見るようにしたいですね( ̄▽ ̄)