こんにちは。更新が滞ってしまいましたが、その間に面白いネタを持ってきました。
ハンガリーの首都・ブダペストでレコードショップ巡り。ブダペストに個人旅行で行く人がいるのか、ブダペストに行ってまでCD(レコードかも)を漁る人がいるのか、など記事の需要に関する疑問点は満載ですが楽しい記事になれば良いなと思います。


ハンガリーに行くことになった経緯

ポーランドでは11月1日が万聖節という祝日で、その日と前日が授業なしだったので先週は6連休ができていました。どこに旅行しようか考えていたのですが、ポーランド周辺の天気がかなり悪かったため唯一近所で天気の良さそうなハンガリーへ行くことに。

10月30日夜出発で11月5日朝方帰宅、夜のバス利用のため4泊7日というスケジュールでハンガリーのブダペストに滞在してきたのですが、かなり余裕のある日程だったので2日かけてブダペストのレコードショップを回ってきました。
なお、ブダペスト滞在記は他の記事にまとめます。


ブダペストのCDショップはどこにある?

ブダペスト(本当はブダペシュトと読みます)の基本地理ですが、ドナウ川を挟んで西側にブダ、東側にペストという地区があります。これらは元々別の街で、19世紀に合併してブダペストとなりました。

私が滞在したのはペストなのですが、偶然こちら側にレコードショップが集中していました。私のホステルの最寄り駅は地下鉄Oktogon駅(徒歩1分)で、レコードショップ巡りなど計画してもいなかったのですがここが最適なロケーションと判明しました。もしブダペストに滞在予定でレコードショップを回りたい方がいらっしゃればOktogon駅付近に宿泊するのがおすすめです。
私が泊まったホステルはOktogon駅のある交差点に面したAvenue Hostelというところで、1泊1000円程度でしたが良い宿でした。

キャプチャ
Oktogonの位置。

ブダペストの交通機関はかなり充実しているので、もちろん違うところに泊まっても公共交通乗り放題券を買えば大丈夫です。この券を持っていれば晩にドナウ川のクルーズも楽しめますし、買わない手はないと思っています。私は7日券を4950フォーリント(2000円くらい?)で買いましたが楽々元を取れました。ブダペストは歩いて回るにはかなり広いです。


注意書き

私はレコードショップの調査に行ったのではなくハンガリアンフォークのCDを探しに行っただけなので、目的外のものはあまりじっくりと見ていません。そのためレコードの品揃えやそれぞれのジャンルの品揃えについてコメントすることはできません。
なお、ハンガリーのCDの相場は2000-4000フォーリントが一般的なようです。


ツアー開始

それではOktogon駅を起点にしてCDを探しに行きます。

1. Deep

最寄り駅: Vörösmarty utca(M1) (※M1, M2, M3, M4は地下鉄の路線名です。OktogonはM1。)
通り: Aradi utca
ウェブサイト: https://www.deep.hu/

キャプチャ
20171102_131133

最寄り駅はVörösmarty utcaですが、Oktogonからでも徒歩5分以内です。

決して大きい店ではありませんが、ここの特徴は試聴ができること。店内にパソコンがあり、CDの裏に貼ってある番号を入力するとお店のウェブサイトを通じてその場で試聴することができます。見たこののないCDが気になったらぜひ利用するべきだと思います。私は試聴して1枚買いました。最初から現金で払ったのでカード払い可かどうかはわかりません。英語も通じます。

レコードもCDと同じかそれより多いくらい置いてあり、CDはジャンル分けされていました。ただジャンルごとのCDの数はそれほど多くないです。値段は少し高めかもしれません。


2. Lemezkuckó CD Bolt

最寄り駅: Oktogon(M1)
通り: Király utca
ウェブサイト: http://lemezkucko.hu/

キャプチャ
20171102_134712
Oktogonから南東へ向かいKirály utcaで左折しましょう。
20171102_134747

このお店にはかなり大量のCDが並んでいます。
外国音楽(日本でいう洋楽)から国内音楽(ハンガリー音楽)、クラシックまで色々ありました。
私はハンガリー音楽のコーナーを確認しましたが有名どころがズラリと並んでいる印象。しかしCDは買わずに帰りました。値段はほどほどです。


3. Zene Börze

最寄り駅: Oktogon(M1)
通り: Erzsébet körút
ウェブサイト: http://zene-borze.hu/


キャプチャ
20171102_140544

外国音楽の品揃えはそこそこでした。ハンガリー音楽目当ての私にはあまり良さそうなものがなかったのであまりじっくり見ずに出てきました。


4. CD Pince

最寄り駅: Oktogon(M1)
通り: Erzsébet körút
ウェブサイト: https://www.cdpince.hu/


キャプチャ
20171102_141819
ここを入っていきます。
20171102_141758

先ほどのお店と同じ通りにあります。ここはほぼメタル専門店で、メタルだけでこんなにあるの!?と驚くほどの量のメタルCDが置かれていました。私の趣味とは違ったのでそれ以上は見ていません。


5. KultPont (!!)

最寄り駅: Oktogon(M1)
通り: Erzsébet körút
ウェブサイト: http://www.kultpont.com/

キャプチャ
20171102_142041
ここから入ります。

私のおすすめの一つ。かなり小さなお店です。
なぜここが気に入ったかというと、店内の全てのCDが視聴可能な上に店員さんが親切だったからです。
品揃えは小規模ですが、ハンガリー音楽・外国ロック・ジャズ・クラシック・民族音楽などジャンルは幅広く珍しいものも見つかります。プログレのCDがやけに多かったことも覚えています。価格は上で言及したハンガリーの相場を考えるとかなり安く、2000フォーリントを切るものもかなりあります。

私がお店に入って少しの間見ていると店員さんがお決まりの英語"May I help you?"で話しかけてきました。とりあえず見ていると伝えるとどんな音楽が好きなんですか?と尋ねられたので、プログレかフォークっぽいロックが好きなのでハンガリーものでそういうのがあれば、と答えました。すると彼はハンガリー音楽の棚を見ながらうーん、と考え始め、いくつかそれに合いそうなものを取り出して試聴させてくれます。

いくつか試聴して感想を伝え、少し会話があり、今お店にないんですがおすすめがあるので明日持ってきます、よかったら明日も寄ってください、と言われました。翌日の予定が決まっていなかったので、まだわかりませんが時間があれば来ますと伝えてとりあえず気に入った2枚を買って帰りました。

そして翌日、本当に時間があったのでお店に戻ると約束通り前日の店員さんがそのCDを持ってきてくれていて、試聴してみたら気に入ったので買って帰りました。
ポーランドに住んでいることを伝えるとハンガリーとポーランドの良好な関係について触れ応援の言葉をかけていただいたりと嬉しい体験でした。常に彼がいるのかはわかりませんが、英語が話せますし店内のCDはほとんど聴いて知っているような印象を受けたので良いお店だと思います。


6. musicland

最寄り駅: Oktogon(M1)またはVörösmarty utca(M1)
通り: Almássy tér
ウェブサイト: http://www.musicland.hu/

キャプチャ
20171102_150940

2番から6番は順番に回ることができます。
このお店は品揃えが豊富で、新品・中古共に取り扱っています。
私は最初のDeepで買ったCDの関連作品をここで3枚見つけたので買いました。他にも面白そうなCDがたくさんあったので色々眺めてきました。しかしブダペストでは常なのですが建物内は電波が弱すぎて調べ物をすることができないので、買ったのは先に見つけた3枚のみ。値段はそこそこで、クレジットカードは使用不可です。


7. Wave (!!)

最寄り駅: Bajcsy-Zsilinszky út(M1)
通り: Révay köz
ウェブサイト: http://wave.hu/

キャプチャ
キャプチャ
20171102_160438

少し位置がずれますが、このお店もおすすめです。外国音楽とハンガリー音楽が半々くらいで置いてあり、レコードもあります。試聴もできます。
店員さんが英語を話す陽気な方だったのでハンガリーのフォーク系で何か良いものはありませんか、とおすすめを聞いてみたところフォーク色のある様々な雰囲気の音楽をピックアップしてくださり、アーティストに関する説明を交えながら試聴もどんどんさせてくれるので結局3枚買いました。支払いはクレジットカードもOKでしたが、普段カード払いに遭遇しないのか機械も古く、使い方もよくわかっていないようでした。とりあえず払えたので問題なしです。

値段はCDによってまちまちで高かったり安かったりします。話が逸れますが、ウェブサイトに載っているキャッチコピー"We still sell records."がかなり好きです。


8. Rózsavölgyi Zeneműbolt

最寄り駅: Vörösmarty tér(M1, 終点)
通り: Szervita tér
ウェブサイト: https://webaruhaz.rozsavolgyi.hu/

キャプチャ
20171102_172056
この本屋さんの地下です。

ここまで全てM1圏内です。建物に入ると中は書店になっており、奥にクラシックCDなどが置かれていますがクラシック目当てでない方もそのまま帰らないでください。店内に地下に続く階段があり、そこを下っていくとCDショップがあります。

ハンガリー音楽、ワールドミュージック、ポップスなどが中心に置かれていました。日本のチェーン店型CDショップに近い雰囲気で試聴もできず、ここまでにたくさんCDを買って金銭的に余裕がなかったのでどんなものがあるかだけ確認して引き揚げました。これで8店舗回った1日目は終了です。


9. AktRecords

最寄り駅: Oktogon(M1)またはOpera(M1)
通り: Ó utca
ウェブサイト: http://www.aktrecords.hu/

キャプチャ

8店舗回った帰りに寄ったお店ですが、取り扱いはレコードのみで音楽とファッションを融合させたようなお店だったので何もないだろうと思いそのまま帰りました。写真も撮っていません。


10. Rock Diszkont

最寄り駅: Kodály körönd(M1)またはVörösmarty utca(M1)
通り: Király utca
ウェブサイト: http://rockdiszkont.hu/

20171103_093637
20171103_101249
小さいお店なので見落とし注意!

2日目の1店舗目がこちら。前日にWaveで教えてもらいCDを買ったアーティストNapraが出しているアルバム2枚のうちWaveになかった方を買いにやってきました。CDはアーティスト名ごとに段ボールに収納されていて、ハンガリーものの多くはレジの机の向こうにあるため店員さんに言わないと見れません。

前日にインターネットで調べてここに探しているCDがあることを知っていて、それ目当てで行ったので良かったのですがこのお店の店番の2人は英語が全く通じず、こちらがハンガリー語を話せないのがわかっていてもハンガリー語しか使わないので大変でした。とりあえずアーティスト名を伝えて探してもらい、2枚出してきてくれたので持っていない方を指さして買ってきました。


11. Hammer Zenebarlang

最寄り駅: Móricz Zsigmond körtér(M4)
通り: Fadrusz utca
ウェブサイト: http://www.metalshop.hu/uzemelteto.php

20171103_111822
20171103_111828

Oktogon付近に泊まっていた私には少し遠い場所ですが、ここにもCDショップがあります。M1のOktogonからM4のMóricz Zsigmond körtérに行くならM1でDeák Ferenc tér(M1, 2, 3が通っているので乗り換えで利用頻度の高くなる駅です)まで乗ってM3に乗り換え、Kálvin térでさらにM4に乗り換えることになります。ただしブダペストの地下鉄は本数が多いので、たくさん乗り換えてもあまり時間の無駄にならないのが嬉しいです。ただ地下鉄が4路線あり頻繁に乗り換えることを考えると乗り放題券は必須ですが。

なおこのMóricz Zsigmond körtérからは見晴らしの良い観光名所ゲッレールトの丘に登るバスにも乗れるので観光の際も覚えておいていただきたい駅です。

店舗についてですが、メタル専門のかなり小さいお店でした。私はメタルを探していなかったので何も見ていません。


12. Metro-Nóm Hanglemezbolt

最寄り駅: Nyugati Pályaudvar(M3)
通り: Kresz Géza utca
ウェブサイト: https://www.metro-nom.eu/en/

20171103_130806
20171103_131052

ここも小さなお店です。外国音楽のみでハンガリーものは全く扱っていませんでした。


おまけ. Dürer kert

20171104_121504
20171104_121515
20171104_121521
20171104_121807


ライブハウスです。私がブダペストに行った前の週に私の好きなハンガリーのアーティストThe Moon and the Nightspiritがここでライブをしていたようなので暇な時間に写真を撮りに来てみました。


最後に

買ったCDは載せていませんが(ご想像にお任せしていますし良いものについてはどちらにせよ紹介記事を書きます)、見知らぬ地で見知らぬ音楽を探す冒険はとても楽しかったです。事前知識をほとんど持っていなかったのでジャケットから中身を想像したり、お店の人に直接おすすめしてもらうことで新しい音楽との出会いが生まれたり。目当てのものがあって単にそれを買いに行くタイプの普段の買い物とは異質な体験でした。