Wの悲喜劇

自由気ままな同居猫達に翻弄される犬1+人1の実話

ピース:「保護猫さん達いいですか~?」
チョロい話①
ピース:「こうやってちょっとお腹触らせてゴロゴロ言ってあげれば大喜び
していくらでもカリカリ出してくれるんです。人間なんてチョロいもんですよ」
チョロい話②

子ミケ(※):「そんな事言ったって怖いものは怖いのよ…」
チョロい話③
子銀トラ(※):「ワタシ、ピース先輩のいう事なんとなく分かってきた」
チョロい話④
そうそうその調子!子銀トラは良い子だよ。その調子で頑張れば
必ず優しい里親様に可愛がってもらえるはずだよ(☆゚∀゚)

チョロい話⑤
子シロクロ:「僕もまだちょっと人間は怖いです。ねぇ兄弟」

子シロ:「ごめん兄弟。僕今眠いから後にして」

子シロクロ:「ねぇ銀トラ兄ちゃんは人間が怖くないの?」

銀トラ:「ごめん子シロクロ。僕も今眠いから後にして」


分かるか子シロクロ、アンタと私は今疎外感を共有してるんだよ(笑)
チョロい話⑥
子シロクロ:「えっ(((( ;゚д゚)))」


※ 子ミケ。自宅周辺で子猫の頃に見かけ始めた三毛猫なので
   子ミケと呼んでいます。(里親様に名前を付けて頂きたいので家では
   名前を付けない事にしています)

※ 子銀トラ。子ミケの姉妹猫。同じく子猫の頃に自宅周辺で見かけ
   始めた銀トラの猫なので子銀トラと呼んでいます。

※ 子シロクロ、子シロ、銀トラの保護の経緯に関しては下記の記事をどうぞ。
   『3頭同時保護』
   『急がなければならなかった訳』

保護猫達が思うように懐いてくれません(T_T)

ベタベタに慣れてきた子もいますが、近付くと逃げ回る子も居ます。
猫って一緒にいる他の猫が人間に触られても大丈夫なら自分も
大丈夫だと思わないのでしょうか?

ねぇミーシャ、尻触って良い?
ミーシャ(苦労ない話)
ミ : 「もう触ってるじゃん」

ねぇピース、腹触って良い?
ピース(苦労ない話)
ピ : 「駄目って言ってもどうせ触りますよね」

あ~あ、世の中の猫が皆アンタ達みたいだったら苦労ないのにね…。
シマコー(苦労ない話)
シ : 「ぼく達みたいな飼猫の鑑のような猫と一緒に暮らせるんだから
ママは幸せなんだよ。ボーナス出して欲しいくらいだよ」

ほ~らボーナス(棒茄子)だよ~(☆゚∀゚)
ボーナス①

タ : 「やると思った(呆)」
ボーナス②


※ ミ = ミーシャ
   ピ = ピース
   シ = シマコー
   タ = タンゴ

毎年3月~4月にかけて確定申告の為にパソコン(ノート型)を
しばらく税理士さんにお預けしているのですが、今年もやっと
返って来ました。お預けしている間はパソコンを使った作業が
ほとんど出来ず、インターネット等も見られない為、毎年この時期
は軽い”浦島太郎状態”に陥ります(笑)

W家も保護猫達も相変わらず、いたって平和なのですが、最近
日本の周辺はかなり緊迫した状態になっているようです。
カギはやっぱり中国に北朝鮮問題でどこまで協力してもらえるか?
でしょうか……。

少し前に行われた米中首脳会談でも当然この事は話し合われたと
思うのですが…。その時の写真を見て思わず笑ってしまいました(^_^)
米中首脳会談①
米中首脳会談②
相当にお互いが納得したり合意したりが難しい会談だったのでしょうね…。


そういえば私はこの時もかなり笑ってしまったのですが、
(2006年)
ブッシュ政権時①
ブッシュ政権時②
米中首脳会談の時ってどうしてこう珍場面が発生してしまうのでしょう(☆゚∀゚)



            ≪ Thank ・ you ≫


M様よりお菓子の詰め合わせを頂きました。
ありがとうございます。
プレゼント①
糖質制限をしているので、チマチマ頂きます(笑)


『幸せの703号室』の方々から高級出汁の詰め合わせを頂きました。
プレゼント②
ありがとうございます。昆布製品というのは非常に嬉しいです。
大切に使わせて頂きます。

一緒乗り①
クッション複数枚出してるのに何故か一枚に一緒乗り
一緒乗り②
もうそんなにくっついて寝たくなるほど寒くないよね?

銀トラ(ポチャる)②
銀トラ:「流行なんだよ。一枚のクッションに一緒乗りするの」

子シロ:「一緒乗り最高」

子シロクロ:「一緒乗り最高」

銀トラ君(外猫時代)
ボロボロの猫①
              
銀トラ君(保護4カ月目)
銀トラ(ポチャる)①
銀トラ(ポチャる)②
銀トラ:「つかぬ事聞くけどさぁ、僕最近ちょっと太っちゃったかなぁ?」

子シロ:「このサイズのクッションに3頭で乗れてるんだからまだ大丈夫っしょ!」

子シロクロ:「大丈夫っしょ!」


猫の体重管理に厳しい方に我が家の猫達(保護猫含む)を見せたら、
私はお叱りを受けてしまうかもしれません(T_T)

典型的な(猫におねだりされると)NOと言えない飼い主の見本です(T_T)

このページのトップヘ