2017年09月19日

赤ちゃんと中学生

運動会も終えて、行事を終えるごとに、子どもたちは成長する。ママと

幼児期からの愛情や体験を積み重ねた子どもたちの成長は本当にすばらしい。

中学生もしっかり落ち着いて、ママと赤ちゃんへ積極的にコミュニケーションをとる様子に、やはりすごいなぁ!と感動する。

手遊びも笑顔が輝いている。

赤ちゃんの力は、いつもすごいと感じる。
中学生もまた、すばらしい。

そんな時間を共有できる幸せに、毎回感謝でいっぱい。
有難うの時間です。

sukomomo at 15:35|この記事のURLComments(0)

2017年09月18日

大丈夫でしたか??

台風の脅威に備えて一晩過ごしたことでしょうか。 

外出も早めに帰宅して家の中では、意外と雨・風も大したことにならず、一夜が無事明けた。

友だちは、柵が倒れていたことなど聞いて、すごかったのだと・・・直そうと思ってもとてもじゃないけど重機を使わなければ元には戻らない・・・台風のすごさ。

皆さんのおうちは大丈夫だったのでしょうか。

次第に青空と緑も深まり自然の美しさが蘇って、美保関灯台までドライブをしてみた。
9c2f627f.jpg

素敵でしょ!!

弓ヶ浜半島からの大山はかすんでいて見えなかったけれど、海辺では魚釣りでにぎわっていた。

この地の自然は心も和みありがたい・・・広ーいゆったりとした気持ちになる。
連休も感謝で過ごすことができた。
有難うです。
sukomomo at 19:26|この記事のURLComments(0)

2017年09月17日

偶然の出会いに!!

姉たちと待ち合わせてデパートへ。

姉たちの近況を聴き、孫たちの運動会の様子などは見えるようで何ともうれしい!!!

長女である姉は風邪気味だと言ってこの度は来れなかったけれど、偶然にも甥っこ家族と遭遇し、久しぶりに甥っ子夫婦や大学生の娘にも会えて、これまた何とも嬉しかったことでしょう。

暫くベンチに座ってうまいもの市でチョイスしたものを分け合って食べたこともより美味しさも感じてねぇ。
ほんと!!し幸せでした。ご馳走様

その足で、実家に次男坊が帰ってきているとのことで、また、姉の見舞いがてらと思い、台風の影響が無いうちにと、行くと、姉は、声がかすれていて、思ったより大丈夫そうだったので少し安心・・・。

子どもたちは、まあ!!大人になってねぇ。
仕事のことや部活の大会では、上司とダブルスになったなど、日頃の力が今一だったことなどの様子など聴けて・・・次回はと前向きな話に、共感し拍手したい気持ち。
若者と話すということは、元気も幸せも感じる。

姪とはすれ違い会えなかったけれど、しっかりラインをして来てくれてねぇ。
台風も吹っ飛ぶほど嬉しい休日となったのですよ。〜感謝〜
sukomomo at 17:55|この記事のURLComments(0)

2017年09月16日

仲間と勉強・研修会

子育て支援者の定例会では、保育園の現状を新たに知るいい学びの場となった。

支援仲間の園長の熱意ある話に感動し、頑張った成果や課題等も共有できた。

子育てフォーラムのテーマや日程も具体化できた。


夜の会では、子どもサポートシステムの研修会。 
大阪でスクールロイヤーとして活躍されている弁護士の話に、スクールソーシャルワーカーの相談役としての役割の必要性も理解できた。

一日通して、子育て支援仲間と共に、同じ勉強・学びを共有できることに心強さと安心感、感謝と喜びで幸せな時間となった。
sukomomo at 22:06|この記事のURLComments(0)

2017年09月15日

秋の文化祭に向けて

公民館教室では、お祭りの時期が近づいていて、打ち合わせなどで気ぜわしい雰囲気が・・・・。

9月は、敬老の日や、
公民館行事にはいつもボランティアで貢献されている方によると、敬老の日なのに、世話役で祝ってもらうどころではないとのこと。

高齢化で、若い人も少なく、自らスタッフをしなければならないとのことで・・・。
長年スタッフをしていて、今度は自分の番だという時は、世話役の人がいなくて、自らお世話をしつつ祝うことになり、なんかヘンな気持ちだった。ということだった。

なので敬老の日の催しは、止めてもいいのでは?などと話も出ているとのこと。
高齢者社会地域の考え方により、話しあうことも必要なのではないかと思う。

今まで頑張って働い来られた老人を敬うことは大切なこと。
心のこもったやり方で見直す時期なのかもしれない。

イベント会場でも日頃の文化芸術の成果で展示されている。
友だちから案内状が届いたり、何かと芸術文化に触れる秋・・楽しもう。
sukomomo at 19:24|この記事のURLComments(0)

2017年09月14日

♪すばらしい みんな♪

ルイ・アームストロングが1967年にレコーディングした歌詞。
この歌は、1999年にグラミー賞の名曲殿堂に選ばれた。

今日は、赤ちゃんふれあい教室 2学期の始まり、中学生は一回り成長した姿で、積極的に赤ちゃん親子とふれあった。

素晴らしい中学生と赤ちゃんのために、今日はこの歌詞を記してみたくなった。

♪すばらしい みんな♪
ボブ・シールendジョージデヴィッド・ワイス作詩
アーサービナード日本語訳

もりの緑、はなの赤も、誰のものか? ふと 思う
すばらしいみんなのもの

空の青、雲の白、昼と夜も誰のものか?
かがやかしいみんなのもの

虹の色を数えてごらん、人の肌だっていろんな色
握手したら、もう友達!
言えなくてもやっぱり好き

おぎゃーとないた赤ん坊は世界の旅に出発だ
真新しいこの世界
すばらしいみんなのもの

希望の未来・・自分でつかみ取ってほしい・・諦めず!!

sukomomo at 17:18|この記事のURLComments(0)

2017年09月13日

桃氷がやってきた!!

今年もこの時期になると、デパートのうまいもの市で香川〜オッティモさんのジェラード専門店の桃氷がやってきた。

一度食べて、何とも自然な甘さと他のものが一切入っていないので、後味もいいというもの。
桃を凍らせて、それをかき氷にしたものである。

ジェラードも自然素材で、いろいろなフルーツやしょうが、甘酒、コーヒー味など種類も多くて、迷ってしまうほど、どれを食べてもさっぱりと後味もよくて、ついつい買い込んでしまう。

美味しいものを食べていると幸せ!!

幼い子どもにもおすすめですよ。 
sukomomo at 16:53|この記事のURLComments(0)

2017年09月12日

青い空と日本海

境港市からの帰り道、弓ヶ浜半島から観る日本海は、雲はあるものの青々とした日本海と空の美しさに、感動する。

このような景色は、平和で心も穏やかに、広い心をもっていたならば、世界で起こっているさまざまな戦いが、不思議なほどである。

昨日の雨も上がって埃も流してくれた自然の恵みに感謝である。

来月から「子育ての旅」の境港に暫く通うことになる。
この景色もまた楽しみに通勤したいと思う。〜感謝〜
sukomomo at 19:02|この記事のURLComments(0)

2017年09月11日

子どもの慢性疲労

小児科・臨床医の田澤雄作先生によると、

映像メディア漬けや、進学競争教育、スポーツ等の過酷な部活動などが、健全なサイクルを壊し、脳の疲労を進行させ、「慢性疲労」を生じさせている。

「慢性疲労」の症状は、「朝起きない」「朝ごはんを食べない」から始まる。

前夜、テレビを消して早寝すれば、深い眠り(熟睡)が自然に得られ、その日の脳の疲労は解消され、翌朝には清々しく目覚め、朝ごはんを美味しく食べることができる。

元気いっぱいの子どもは、学校へ出かけ、友だちと一緒に勉強し、遊び、くたくたの状態で家路をたどる。

ご飯を食べ、お風呂に入っ、深い眠りにつき、脳の疲労を解消する。

昔の子どもたちの姿はこうであった。
現代社会では、よほど大人の生活習慣を見直して、大切な時期をしっかりとしていくことで、将来の子どもの心身の健康に繋がっていく。

大人がしっかりとすることで大人自身も健康的になり、自然と子どもにも受け継がれていく。

子どもの生活習慣が気になることがあれば、早いうちに改善させていきましょう。
大きくなってからでは、どうにも手がつけられないことにもなりかねないからです。
sukomomo at 17:23|この記事のURLComments(0)

2017年09月10日

大学受験で・・

知り合いのママから、高校3年生の娘が国立大学を目標に頑張っているけれど、理数系が解らないと言って奮闘している。
何か手立てはないものかというものだった。 
日頃、塾にも行っているらしいが、集団で教えてもらうには、途中で解らなくなってしまうというのだ。

集団でも、途中で解らない時には、個別に対応してもらう質疑応答はないものかと・・それがあたりまえだと思っていたが、詳しい事情はよくわからず、思春期の娘なので、皆の中で質問をするのは勇気がいることなのか?

学校でも塾でも先生と生徒との信頼関係が成り立っていたなら、解らないことも自然と訴えることもできるでしょうが・・・・。

本当に解りたいと思ったら、諦めず、周りを気にせず、聴くこと。
それが将来にもかかってくる。 


個別対応の塾もあるので、その辺は、子どもの性格を見極めて、塾選びもしなければならないでしょうね。

受験生も夏休み過ぎてラストスパートの頑張り時、体調に気をつけてガンバレー!! 
sukomomo at 16:59|この記事のURLComments(0)

2017年09月09日

子どもとメディアの問題

2歳までは、テレビ・ビデオ・スマホ等のメディアの禁止をアメリカは厳しく提言し、日本小児学科もできるだけ見せないようにと、優しい提言をしている。

テレビを消して、どう遊ばせていいかわからないというママたちや、特にパパたちの声をよく耳にする。

ちょっとその辺を散歩してみるのはいかがでしょう。 
公園などとなると準備もしてかからないといけないからと、億劫になってしまうけれど、手をつないで気軽に散歩をしてみると、日頃気にならなった鳥の鳴き声や、虫・雲・風・草花等など、子どもは好奇心いっぱいで遊び始めます。

手をつなぐという約束と、離して遊ぶというルールみたいなもの(危険なところ)も親子で自然と身についていき、一石二鳥がそれ以上に体験として育むのです。

幼い頃の思い出として体で感じているので、心にしっかり沁みついていることも大人になって初めて、親の愛情も感じることと思います。

そんな体験をして育って自身が親になった時に、ふと思い出して同じように接していくこともできるのですよ。

私もよく母とのこと、父とのこと、祖母とのこと、幼い頃をよく思い出、しあったかい気持ちになります。

今日も爽やかないい日でした。
親子での体験応援していまーす。
sukomomo at 19:26|この記事のURLComments(0)

2017年09月08日

秋風に

昨日と一転して、爽やかな秋風の晴天に恵まれた日となった。

洗濯ものもスッキリ、ベランダから観る中海や安来方面もいつもと違って、はっきりとした色合いで秋の訪れを感じる。
秋風も心地よく幸せを感じる。

こんな日は、やはり子どもと共に公園に出かけて遊ぶチャンス。
公園で伸び伸びと遊ぶ子どもの姿は、五感をふんだんに使って体験している。
心も体も健康に育む。

子育ての旅の同窓会もそれぞれの期生でBBQや茶話会やランチ会の集いを予定していますよ。
みなさん楽しんでねぇ。
私も、できるだけ参加して、親子の成長を共に喜びたいなぁと思っていまーす。

sukomomo at 18:51|この記事のURLComments(0)

2017年09月07日

顔を観て、とことん話したい

どうでもいいことではなく、大切なことだからこそ、顔を観てとことん話し合いたい。

そんな気持ち!!

せっかく積み上げたものが、心ない人に、一気に崩された思いは、何とも悲しくもあり怒りも残るというもの。
相手がいれば、お互いに話し聴く、その分かち合いが一方的では残念な気持ちに諦めることになる。

謝る気持ちも心がついていなければ、相手にも通じてしまう。
心の底から謝る・・・その場のきれいな言葉巧みに並べ立ててもらっても、分かち合いができないむなしさだけ残ってしまう。

仕事では特に大切だと思う。
今までそうしてきた自分だからこそ、悔いのない仕事ができたと思っている。

ピエロバランスをとりいれて自己啓発。
諦めないで常に思っていたら、いつかきっとチャンスが巡ってくるでしょう。
そう信じて、相手の気持ちに寄り添う。
決して今のままではいけないよ・・・お互い心身ともに健康に、そして、精進しましょう。
sukomomo at 18:59|この記事のURLComments(0)

2017年09月06日

ブックスタートの日

昨日まで、腰痛がまだすっきりしなかったので、今日のブックスタートは心配していたけれど、今朝から痛みもなくなり、出かけることができた。

やはり赤ちゃんは素晴らしい!!
絵本を読みだすと、泣きやんで絵本と読んでいる私の顔を交互に、目を輝かせて観てくれるのですよ。
ほんと!!
かわいい!!のです。

ママたちは、ずーとそばにいるからその可愛さやパワーに慣れてしまっているのですよね。
すごいのですよ。
赤ちゃんは。

可愛さを十分感じ取ってほしいです。

ブックスタートの子育て応援に感謝です。
sukomomo at 17:55|この記事のURLComments(0)

2017年09月05日

子育ての旅の広がりに期待

境港『子育ての旅』1期生がいよいよ10月からスタートする。

チラシを配布してから早くも定員いっぱいになった。
担当スタッフから定員を増やすことはできないものかと相談があった。
定員から1名の増員で精いっぱいの配慮とした。

子育ての旅の内容は、仲間づくりや子育てスキル・心の発達等など分かち合いのワークが多いので、2時間でプログラムを6日間、目いっぱいなのである。

完全託児のために、子どもたちの負担も2時間がギリギリの時間帯。
人数が多くなれば、分かち合いが十分にできなくて、受講生の不完全燃焼にしたくないこともあってこと。

いよいよスタートする境港市での親プログラム「子育ての旅」継続セミナー、スタッフの方と共に期待でわくわく胸弾ませているのです。

米子・大山町の「子育ての旅」卒業生のママたちへ、学びを共にした子育て仲間が広がっていきますよ。
先輩ママとして、子育て楽しんで苦労も乗り切っていることと想いを馳せています。 
sukomomo at 18:59|この記事のURLComments(0)

2017年09月04日

幼馴染いいものです

東京から里帰りをしている幼馴染と地元にいる幼馴染数人で、ランチ会を。

いいものですねぇ。
すぐに幼い頃のように懐かしく話しが弾んで、嬉しいひと時を過ごした。

皆、すごいのです。
趣味をたくさん持っていて、忙しく老後を謳歌しているって感じ!!
パワーを感じる。
元気をもらって、その足で美術館へ絵画や写真展も鑑賞し、楽しいひと時があっという間。

ラジオの生放送があったので、ちょうどいい時間に解散し、直接現場へ向かった。
MCの都丸さんは、ブログで腰痛のことを知っていて、『大丈夫ですか?』とねぎらってくれましてね。
優しい言葉に、ほっとしてマイクに向かうこともできたのですよ。

これまた、あっという間の生トークで、聴き手もいいから話すこともできるし、終わった後には、「いつも勉強になり頑張らなくてはと思う」と感想も話してくれましてね。
お役に立てたことが嬉しくて、リスナーの皆さんもそう感じてくれたら幸せです。
sukomomo at 18:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月03日

生涯読書 講演会

本の学校「生涯読書の会」主催で、専修大学教授であり、日本子どもの本研究会会長の野口武悟氏の講演会「すべての人に読書の喜びを」が開催された。
7890769b.jpg
今回は、「障がいがある人も楽しめる」がテーマで、周りの人たちの意識次第で、視野も広がる。
本の役割を改めて実感した。

知的障害、発達障害、すべての人たちの読書の喜びに、周りの人たちの意識が大切であり、特別支援などの支援者への指導にはなくてはならない先生であることも理解できた。

絵本にも工夫がされている。
欧米とは遅れている日本の障害者(児)に対する支援も先生の指導により拡がっていることなども知ることができた。

周りの人たちの意識・理解で子どもたちへの支援には効果もあり、とても勉強になった。
支援者が(周りの人たちも)知っているかどうかで、読書を通して成長できる縁が広がる。

意識して支援に携わろうと再認識することができた。〜感謝〜
sukomomo at 16:35|この記事のURLComments(0)

2017年09月02日

出会いが沢山あった日

昨夜から今日一日と、懐かしい同級生の便りと、大型スーパーでは子育てママとの遭遇、そして、ランチに入ったお店では、赤ちゃんだった子どもが大きく成長し、親子で働いていることを知った。

声をかけられるまで分からなかった。
『次男坊です』って。観るとママによく似ていること。

また、赤ちゃん連れのママは、『腰痛大丈夫ですか』とねぎらいの言葉をかけてくれましてね。
ほんとありがたいくて心が和みました。

座っている時間が長くなると、腰痛の影響もあり、今日はできるだけ気をつけた。

同級生は、何年、いや何十年ぶりでしょう。
東京にいた頃は時々あっていたけれど、この度は法事とやらで里帰りしたとのことだった。
そのつながりで幼馴染たちとの連絡を取り合い、近々会うことになったのである。

幼馴染との久しぶりの電話連絡は、ついつい長話になってしまう。
すぐに会えるというのにねぇ。

今日は姉たち、子育てママたち、同級生等などたくさんの出会いに嬉しい日となった。
sukomomo at 18:38|この記事のURLComments(0)

2017年09月01日

脳・・前頭前野と海馬の話し

倉吉市で県民総合福祉大会が開催され、基調講演に脳科学者の澤口俊之氏の講演を聴きたいと出かけた。

以前数年前にお聴きしたこともあり、相変わらずのストレートトークに笑いを誘った。

テーマ「夢をかなえる脳」・・前頭前野と海馬の話しに分かりやすく、前頭前野はHQ人間性知能の重要で、高い人ほど夢もかなうし達成力もあること。
また、夫婦げんかもなく、お金もたまる人が多いことも検証報告された。

それには、前頭前野と血液の関係があり、循環が悪いと影響も、脳の監視役は前頭前野だということ。
だからとても大切。
有酸素運動が効果あり。

そして、認知症での影響の海馬のことも、前頭前野の血流の低下が関係しているなど。

今回は、乳幼児期の事は、スルーされたので(本を紹介・・やる気脳を育てる)今度の買い求める一冊にしようと思う。
sukomomo at 20:01|この記事のURLComments(0)

2017年08月31日

子育て支援の大切さ

17期生子育ての旅が卒業ママたちの協力で実施できると思いきや、担当事務局の新任一人の考えで中止となった。

予定されなかった人数に満たなかったとの理由であったが、「子育て支援」を考えている人なら、この企画を安易に中止することはなかったと思う。(実施できる人数であったのに)

今日になって知らされて、無責任にもほどがある。
子育て支援センターの職員や卒業ママたちの想いも打ち消され、このプログラムの大切さを理解しないままの行動に、「なぜ?」と、疑問が残るだけである。

前教育長からしっかり続けて行くように引き継ぎはあったにもかかわらず。
理解できない行動に、参加希望をしていたママたちが次回に必ずや都合がつくのも保障されないし、学びの機会を無くした結果、子育ての広い視野やスキルは勿論のこと、子育て仲間のつながりも途絶えてしまうことになる。

行政、町づくり人づくりの担当者として、もう少し学んでほしいとともに、新任として一年間は様子を観て行くこともできたのではないだろうか?

参加したいと申し込んだママたちへ心からお詫びしたいと思う。
sukomomo at 21:23|この記事のURLComments(0)
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: