2017年11月21日

子育ての結果は未来

親友の子育てをずーと観てきて、最近特に思うことがある。

すでに社会人として、結婚して家族もでき、バリバリキャリアウーマンとして働いている子どもたち。

幼い頃は、しつけも厳しい代りに、やりたいことはとことん自身の時間を削ってでも子どもに付き合い育てた。

心の優しい他の気持ちもわかる素直な子に育った。
けれど、親友の云うことには、高校に入れる所がないくらいに学業はできない子だった。と。
しかし、その子が見つけたのは英会話・・・どんどん上達して、イギリスに留学を望み、親として精いっぱいのことをして行かせた。

その子は、恋人と共に帰国し官公庁に就職が決まり、恋人も研究生として大学院に行くことになった。
走行5.6年経った今年、娘は難関の国連に受かった。
希望した仕事の念願がかなって準備をしていることを最近知った。

自慢話ではない。
幼い頃の親子や体験環境が実ったことである。

目先の成績が低いとか高いとかではなく、その子の能力が発揮できる環境をつくった結果でもある。
そんな子育て奮闘記を観ながら、社会人として自立した若者たちも多くいる。
改めて「子育ての結果は未来にある」と痛感。

保育士研修会2日目の今日、子育てしながら保育士として働くママたちも、我が子育てに悩みながら頑張っている。
今、保育士不足の中で、資質や待遇などの課題の中、熱心に保育に携わっているママたちへ、改めて応援したいと思ったのである。

sukomomo at 19:10コメント(0)│ 

2017年11月20日

ブックスタート研修会

ブックスタートボランティア対象に年一度の研修会が開催され、今回は、メディアに詳しい子ども未来ネットワークの理事長にぜひともと推薦して来ていただいた。

最新のメディアの影響を絵本や紙芝居で解りやすくて納得いくもので、子育て中のママ(パパ)たちにもぜひとも聴いてもらいたいものだった。

スマホやテレビなどの使い方もルールを決めてのメディアスタートも改めて大切だと痛感した。

来年度の絵本プレゼントの選書もおこなった。
いろいろと意見が飛び交ったが、「じゃあしゃあびりびり」と「よくきたね」の2冊に決まった。

また、初心に帰って、ブックスタートのボランティアならではの共有すべき点も話し合った。
新たに参加したボランティアさんには、途中でもママたちに提供する司書の話を聴いてもらうことも提案し決まった。

赤ちゃんの未来に少しでも手を添えることができたなら、こんな嬉しいことはない。〜感謝〜



sukomomo at 17:07コメント(0)│ 

2017年11月19日

午前も午後も講演会

子どもの心を読み取って絵本にしている絵本作家くすのきしげのり氏の講演会に参加した。
今回お聴きするには2回目。

今回もすばらしい・・子どもの心やみんなの幸せを心から願っている先生であることを、再認識するものだった。
沢山の絵本を出していらしているすべてのものが欲しくなる。

今回は、『あなたの一日が世界を変える』・・・今日が輝く10の問いかけ

・あなたは、今、笑顔ですか
・あなたにとって、大切な人はだれですか
・あなたが、大切な人のためにできることは何ですか
・あなたが、他の人や社会のためにできることは何ですか
・あなたは、自らの良心にしたがって行動することができますか
・あなたは、気づきを大切にしていますか
・あなたは、素直な心で「ありがとう」が言えますか
・あなたは、どんな人になりたいのですか
・あなたは、どんな一日を過ごしますか
・あなたは、今、笑顔ですか

一人ひとりがこの10の問いかけを実行すると世界が幸せに変わる。


午後からは、宇沢弘文記念フォーラムに参加。
宇沢氏の長女占部まり氏は、しっかりと父親の意思を受けづいて、人、哲学、心が経済社会への影響等など、再度本も読んでみたくなった。

今日の出会い、心から感謝・・心和む幸せな一日を有難うです。



sukomomo at 18:29コメント(0)│ 

2017年11月18日

子育てフォーラム開催に向けて

11月30日は、年一回の子育てフォーラム鳥取モデルを開催。

鳥取モデルとは、行政・企業・子育て関係・保護者などの次世代の子どもたちへ未来を寄せる志の団体・個人など多方面から子育てについて分かち合い、継続的未来に向けて、よりよい方法を実践していこうというものである。

連携をとって情報を共有し、協力支えあって未来に託すための有意義な会になることを想い実践する。

すべての人が子どもたちへ関心をもってもらい、家庭だけに任せるのではなく、子育て、特に乳幼児期の大切な関わりを社会全体で考え、実践していけるようにしていきたいというもの。

今回はイクボス・・・つまり、企業のトップが子育て家庭へのサポートを考え実践されているか?
子育て世代の勤務する社員は、子どもの病気や行事などの保障はできているのか? 
行政の子育て支援事業取り組みはいかなるものがあるか?等などである。

場所は、日吉津村、ビィレステひえづ
時間は、13時30分スタート

有意義で実りある会にしたいとスタッフ一同準備を進めている。



sukomomo at 19:45コメント(0)│ 

2017年11月17日

持ち寄りランチ

公民館教室の日、『イノシシの肉まん食べますか?』と、いつもの世話好きな方からの提案で、持ち寄りランチをすることになった。

私は、いつもの玄米ご飯を白米に変えて、おにぎりと果物をもっていくことにした。
中身は梅干しと、佃煮昆布と大根の葉としらすの甘辛煮を絡ませたもの。
大した中身はできなかったけれど、炊きたてだったので、皆さん美味しいと言って食べてもらえてよかった!!。

イノシシの肉まんは南部町緑水園のもので、臭みもなく美味しくいただけた。

秋は、収穫の季節で果物がとても美味しい。
皆さんと共にワイワイ食事をするのもより美味しい。

一人暮らしになった方も多くなり、、これからも機会をみて行いたいと提案。
教室の楽しさと食事と会話のやり取りをしながら、お年寄りから学ぶことも多い、いい時間を過ごし感謝です。

sukomomo at 18:34コメント(0)│ 

2017年11月16日

カフェで偶然!!

時々ランチに利用しているカフェに子育ての旅のママが仕事復帰されていて、「えっ!!ここではたらいていたぁ?」てな具合で偶然の出会いに嬉しやらなんやら。

笑顔でしゃきしゃき働いている姿は、子どもと一緒の時と雰囲気も変わっていてねぇ。
さすが!!です。
3時までの勤務で、4時には子どもをお迎えに行くとか。
子どものことを考えたちょうどいい時間帯で頑張ってます。

友だちとの話も弾んで、ついつい長居をしてしまっても『ごゆっくり』と笑顔で対応。
皆さんそうでした。

松江から旅する花やとかが入っていて、帰りにハーブの鉢植えを購入。
そしたら、知り合いの方がご夫婦でいらしていてランチしていたとのこと。
解らなかった!!
ご主人を紹介してくださり、ご夫婦仲良く、これまた偶然の素敵!!な今日の出来事だった。



sukomomo at 16:58コメント(0)│ 

2017年11月15日

美しい言葉を赤ちゃんに

赤ちゃんふれあい教室での事前授業に、心の真っ白な赤ちゃんには特別、「きれいな言葉を投げかけてあげましょう」と、「有難う」「可愛い」「うれしい」「すてき」などなど例をあげてプラスのストロークを提案。

目的は、相手に優しい言葉を使うこと・・・友だち同士でも、家族でも同様。
汚い言葉は、まずは自分自身が聴いている。
どちらにとっても心身に良いことは無い・・・多くの体験から著書を出している人たちもいる。

そんなことを中学生だけではなく、子ども、大人にも分かってもらいたい。
そのための「水からの伝言」はいい教材。

しかし、科学者はその著書を否定していることが分かった。
そうなんだ!!

人は、価値観と実績にこだわり、共感できないこともある。

いろいろと考えるきっかけとなった。
信じる信じないの問題で済まされないのかもねぇ。


だけど、やっぱりきれいな言葉づかいは明るい未来に・・・。


sukomomo at 18:02コメント(0)│ 

2017年11月14日

モノのとり方

一つの言葉でも、その人その人によってとり方が異なってくる。

例えば「さよなら」という言葉で、この場から「さよなら」なのか、しばらく「さよなら」なのか、永遠にあなたと話したくない「サヨナラなのか」、その時その時の雰囲気で相手は受け取ってしまう。

人は分かち合うことで、全部ではなくてもある程度まで理解できるが、その人の価値観でどうしてもかみ合わないこともある。

私は、そんな時は、ポジティブにとるようにしている。
そのことで、馬鹿にされているとか、信頼されていないとか言われても、自身のことを一番に信頼し理解しているから、少しは悲しいけれど、仕方がないと割り切れる。

いつまでも相手のことばかり気にして同意を求めても人はそれぞれの思い方があるからで・・・。そう思っている。
相手を思い通りにしようなんてできない。
子どもも同じ、ある程度はいい悪いを一貫して知らせ、人に迷惑をかけない程度に、やりたいことをやらせてみることも必要。

そんな寛大な余裕で見守っていくことは、自身にも相手にもプラスになってかえつてくるのではと思うのである。

sukomomo at 18:10コメント(0)│ 

2017年11月13日

熱心なパパたちに

子育て講演会の依頼を受けて、3歳未満児対象の保護者の皆さんに、話しをするため保育園へ。
先日資料を届けた時のように、青空の太陽のもとで、今日は大きい組の子どもたちが元気に遊んでいた。

大きな園のために3歳以上児の組と3歳未満児の組とが別の日に保護者参観を開催された。

参観の後の1時間余りの話を熱心に聴いてもらい、パパたちの参加の多いのにびっくりというか感動した。 

いつもは、こんなに残る保護者はいないとのことで、椅子や資料が足りなくて、始まる直前に大慌てで準備追加された。

未満児の子育ては愛着の大切な時期無償の愛を存分に受ける時期でもある。

共働きの保護者でもあり、お休みの日は、できるだけ子どもと共に遊び生活を大事にしてほしい。
乳児期から集団の中でもまれて成長するメリット・デメリット。
本来ならば、甘えて我を出して過ごす乳児期に何が大切なのか、思春期を見通しての関わりを大切にしてほしいと強調。

講演後に、個別の相談もあり、今、目の前の子どもたちの関わりを大切に感じ行動につなげていただけたら、こんな嬉しいことはない。

米子は現在、子育ての旅が開催されていない分、保育園での講演会に於いて、できるだけ子どもとの関わり方を大切にしてほしいと願うのである。

sukomomo at 18:36コメント(0)│ 

2017年11月12日

離乳食どうしてる!!(後期の場合)

各市町村の母子保健関係に於いて、離乳食指導が行われているが、思うように行かなくて悩んでいるママたちも少なくは無い。

個人差があるので、よその子と比較して、遅いなどと焦りを感じてしまう。

まずはしっかり食べているかどうかであり、うまく食べてくれなかったら、食べてくれるもの優先に少しずつ他のものをとり合わせていく。

一度受け付けなかったとしても、何度か口にもっていくと食べれるようになるもの。

離乳食後期になると(9から11カ月)果物や野菜を手づかみできるように小さく切ったものをお皿にのせて、とりやすいようにするなど、食べ物に関心をもたせることも一工夫を。

また、テーブルとイスがセッティングされ、足がぶらぶらしていないようにすることも大切。

この位になると、赤ちゃんだけ別に食べさせるのではなく、家族の中で一緒に食べさせることも大切。
周りの大人や兄姉の様子から学習していくもの。

団欒の中ではより効果的で楽しい食事に繋がっていくことでしょう。

sukomomo at 15:57コメント(0)│ 

2017年11月11日

理解力!!と行動!!

境港「子育ての旅」のママたちは、あと一回残すところの日程後に同窓会を企画した。

12月に転勤になるというママがいての対応だけれど、その日は、2時間託児をしての子どもたちの引き続きの活動はいかなるものかと心配で、短時間にするよう提案をしたところ、何と皆さんの理解というか対応が早い。

言わなければそれで済むのかもしれないが、子ども優先にしてほしいことを話すと、解ってくれるママたちの対応に、感謝したい。

解っている人にとってはあたりまえのことかもしれない。
けれど言わなければ解らないで過ぎ去ってしまうこともある。

子どもの育ちには、後々の影響もあり、体調を崩してしまって結局、苦心や手がかかりママたちの気持ちにもつながっていくことになる。

また、他の子育ての旅のママからのPTA活動の案内が届いた。
子どもたちのために、頑張っている。
子育ての旅のママたちの行動力には、頭が下がる。

感謝感激である。有難うです。



sukomomo at 17:46コメント(0)│ 

2017年11月10日

気持ちはわかるけど・・・

若い時から、敏速に動いて働き者の姉は、すでに老人になっても気ぜわしい。

体と気持ちが釣り合っていかなくなる老化に於いて、気持ちだけが焦ってしまう。
一緒に居ても心ここにあらずである。

昼には、孫や夫の食事を準備しなければ・・とか、配り物もしなければ・・・など、人と話していてもじっくりと聴けない時がある。

そんなことが解っているので、そのペースに乗ってしまって・・・あらら・・・!!
いつの間にか!!引き込まれて早口になってしまっている自分。

個性学を学んだ時に、.櫂ぅ鵐箸世韻いて解ったつもりになる人、△犬辰りと一部始終話してポイントは忘れたような頃になってしまう人、6縮があることだけに聴き入ってしまう人、等など3つのパターンがある。

人は思うように行かないし、計画を立てていてもその通りに進まないこともある。
それがストレスになってしまう。

だから、今、やれることをしっかりとやるだけ。
計画通りにいかなかったとしても、やるだけやった・・明日に回したとしても悔いが残らない。
そう思ってますぅ。


sukomomo at 16:50コメント(0)│ 

2017年11月09日

久しぶりに・・子育ての旅同窓会に参加して

久しぶりといっても2カ月ぶり?かな?
大山「子育ての旅」16期生の皆さん、変わらず元気でよかった。

子どもの体調不良や都合で2名の欠席はあったけれど、子どもたちも歩きだしたら、子ども同士で遊んだりしながら、和やかに茶話会を楽しんだ。

シフォンケーキの美味しいさも心温まった。(お世話かがりの配慮で)good!!有難うです。

子どもの近況からトイレットトレーニングや一時あづかり、言葉二語文も増えて、子どもたちの成長を観ているだけでも嬉しいひと時。

皆さん落ち着いた雰囲気が、また、よかった。
仕事が始まったママも、こんなときだからと保育園を休ませて一緒に参加・・・いいねぇ。
子どもとの時間を大切にしてくれている・・嬉しいです。

次回のお世話かがりも決まり、3月を楽しみにしていまーす。


sukomomo at 18:47コメント(0)│ 

2017年11月08日

分かち合ってリフレッシュ

子育ての旅のママたちや、私自身も仕事仲間や親友との分かち合いで、リフレッシュをして心の調整をすることが、本当にありがたいと思う。

目先のことを言っていても、その先、その人、自身の価値観や想いを素直に伝えたり、聴いてもらったり、意見を聴いたりすることは、何年経っても必要不可欠なこと。

年齢を重ね、あと何年夫婦で、家族で過ごせることでしょう。
そんなことを想う、今日の子育ての旅のテーマ「夫婦のコミュニケーション」は、若いママたち以上に、老夫婦にも聴いてもらい、
振り返るチャンスがあれば、より幸せな老後人生を送ることができるものかと、つくづく聴きながら想いを、身近な人たちの顔が浮かんだのである。

一人で想いを巡らせるだけではなく、親友と共に分かち合う幸せもありがたく感謝する今日だった。
ママたちの笑顔にも元気100倍!!! 〜感謝〜 有難う

sukomomo at 17:09コメント(0)│ 

2017年11月07日

支えあって子育てを

保育士研修が始まった。

近年、低年齢から保育園へ預けることが多くなっている中で、保育士の人手不足や負担も大きい。

保育料無料化と政治家は取り上げているが、待機児童を何とかする前に、保育事情(家庭保育も含め)を改善してほしいものである。

親のニーズばかりに重きを置き、子どもの育ちの配慮には二の次・三の次となってしまっているのでは。

保育士の位置づけも正職員・嘱託職員・臨時やパート等正職員が少ないことも勤務状況に課題をきたしている。

子どもに携わる人材に平等な位置づけは、大切なこと。

子どもを中心に保護者と保育士との支え愛がうまくいくことにもつながっていくと思う。

愛情たっぷりの親が運転手と、熱心な保育士の助手席とのコラボレーションによって未来は輝く。
親は保育園任せになってはならない。
子どもは親の愛情が一番なのですから。

sukomomo at 19:20コメント(0)│ 

2017年11月06日

笑顔に涙

境港『子育ての旅』5日目・・修了証書授与の日。

涙あり、笑いありの仲間も浸透して、人数が多い分、体調不良で全員揃ったのは初日だけだったので、仲間づくりの信頼関係がちょっぴり不安をよぎるが、確認のワークを進行。

すごい!!仲間づくりもしっかりと浸透して、次回のフォローアップに提案したいと思っていた連絡先交換をママたちが積極的にやりだした。

寂しさから歓喜まわって、涙が止まらないママもいるほど・・・もらい泣きをしてしまう。

初めての「子育ての旅」・・やっぱりこれに代わるものは無いなぁ…つくづく思った。

今日はちょっぴりランチにぜいたくしようと、その足で和風料理屋さんへ・・・久しぶりの贅沢・・心も食事も美味しさをじっくりかみしめて〜感謝〜

FMラジオの日・・月はじめとは言い一週間経つ・・忘れるとこだった。「あっ!」と思いだした瞬間にMCの都丸さんからラインが届いた。
テレパシー・・・つながったようだ。
有難うです。

sukomomo at 18:21コメント(0)│ 

2017年11月05日

賑わう公民館祭

どこの公民館に行っても子どもからお年寄りまで賑わっていて、微笑ましい風景に心が和む。

いつものように展示品を点検し、皆さんの趣味のすばらしさに感動する。
久しぶりにお会いする人もいて、喫茶コーナーではお蕎麦屋珈琲を頂いて(とても安価で)満足する。

作品の撤収は、皆さんにお任せすることにして、

実家へ向かうことに。
県外から帰省していることを姪が知らせてくれたからである。
久しぶりに子どもたちに会える楽しみもあってねぇ。

姉夫婦は、元気に裏の畑を耕していて・・・元気で安心・・何より嬉しいです。

結局末っ子の3男坊としか話せなくて・・・それでも満足・・・本当にいい子でねぇ。
2男坊は帰省してホッとしたのか、疲れているのか、ぐっすり寝ているので諦めて帰ることに、
長男は仕事だったが元気に頑張っている様子。

姪が夕食の支度で手が離せず、3男坊が見送りに出て車の誘導をしてくれてねぇ。
ほんと!!優しくて笑顔でかわいいのですよ。

元気をもらって、明日からのエネルギーに・・・がんばろう!!


sukomomo at 18:03コメント(0)│ 

2017年11月04日

地域人たちの協力で準備

3か所での公民館祭の日程が重なっているので、昨日から今日も朝から夕まで準備に動きまわっていた。

力仕事は、やはり男性でたのもしい。
土曜日とあって協力する若者からお年寄りまで。

いつも小学生に茶道教室の先生は、今年いっぱいで次の人にバトンタッチをするとのこと。
結構公民館の机は重くて、力が衰えた高齢者にとってのセッティングは大変。

私も考えなくてはなぁ・・・。

3か所の公民館を行ったり来たり、バタバタしながらも何とかうまくできたこと。
皆さんの協力に感謝です。

sukomomo at 18:54コメント(0)│ 

2017年11月03日

勘違い!!

公民館祭の準備に遅れるとの連絡をもらっていたので、来られるまで待っている中で、あまりにも遅いので携帯に連絡するが一向につながらない。
何かあったのでは?と、心配がつのる。

時間をおいて何度か連絡を入れるが、とうとう来られなかった。
夏に娘さんが亡くなられ納骨の日だと聴いていたので、何かしらショックなことでも・・・と、余計な心配もよぎる。

結局諦めて、段取りをして帰宅。
それでも、連絡だけは入れようと携帯にしても、これまた通じない。

もしかしたら・・・自宅で分かるかも・・・通じた。

明日と勘違いされていて・・・ああぁ何事もなく安心。
日時をはっきり確認しなければと反省・・・学びとなった。

それにしても、携帯の音に気づかなかったとのこと・・・5.6時間もみないなんて・・・あまり気にしていない人もいるのだねぇ。

sukomomo at 18:32コメント(0)│ 

2017年11月02日

冬支度やあれこれ!!

毎年、この時期になるとガスストーブの準備を行う。

今年も米子ガスからのレンタルで、本日、設置に来ていただいた。

ガスストーブは、すぐに温まるし、春になると回収していただけるし、とても便利で助かっている。

今日は暖かくなったけれど、これで寒くなっても一安心だ。

明日から始まる公民館祭の準備も安心集中してできるというもの、ありがたいです。

子育て講演会の資料を届けに、住吉保育園に何年ぶりに訪問した。
いつの間にか、新しく広くて、とても素敵になっていた。
園庭は芝生で子どもたちは笑顔で遊んでいた。

いい環境でのびのびと遊べること・・・保育士さんが覚えてくださっていて・・・ずいぶん年数も経っているのに、研修会ではお世話になったなど、すでに退職されている園長先生のことも懐かしくてね。
講演会に行く日が楽しみだ。


sukomomo at 17:00コメント(0)│ 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: