2006年10月

2006年10月30日

第2回中学生・ふれあい会

はくしゅくま

中学生の2回目は、3年生の2組目であり、
生徒たちは、前回の体験した友だちから、
情報を聴いていてか、積極的に関われたようである。
赤ちゃんを見る姿は、ほほえましくみんないい顔をしている。

みんな、こんなときがあってここまで大きくなったンだよね。
中には、4人兄弟という生徒がいて、
赤ちゃんの扱いがとてもうまい。

おしめをかえたり、ミルクを飲ませたり、
ほんの少しの体験だったけど
命の大切さを感じ取ってとれたように思う。

赤ちゃんは3ヶ月〜6ヶ月児7名の参加であり、
今回2回目であった赤ちゃんが、なんとなんと、
場慣れをしていて今日は泣かないで笑顔も多かった。

赤ちゃんの笑顔でお母さんもホッとした様子。
母は偉いといつも思う。
ありがとう

sukomomo at 19:34コメント(0) |  

2006年10月29日

介護と子育ては似ている

きのこリスレッド

今日は、一日母の介護に付き添った。
しっかり者の母だっただけに、子どものようにいろいろなことが
できなくなってしまった母を受け入れられず泣いたこともあった。

いくら年を取っても、自分の身体が思うように行かなくても、
子を思う心は少しも変わらず気遣いをする。
「ありがとな」「気をつけてな」「えらかったな」等々。

母の子どもになっていく姿を受け入れられない日々も通り過ぎ、
今は、そばに居て一緒に過ごせる事に感謝してる。

子育て中のママたちは、介護を経験してみたら、
もっと子育てを楽しんで前向きに日々を過ごせるのだろうと、
母の寝顔を見て思った。

ありがとう。

sukomomo at 19:20コメント(2) |  

2006年10月28日

心と虐待  アナログとデジタル

くまオレンジ

乳幼児の虐待が連鎖している。子どもはゆっくり成長するものなのに。 今の世の中、何でも早い方がいいように勘違いをしている・・・・・。

子育ては、アナログで育てるといい。

デジタルでやろうとするから、早く早くとか、思いどうりにならないとかで手を出してしまうのだろう。

ゆったりと子どもの目線で世の中見てみよう。

汚い言葉や、暴力を使わないでいるようにすると、自然と穏やかな気持ちになる。
感謝して過ごせる人が多くなると虐待もなくなると思う。



心豊かに過ごしたいと思う日々である。


それにしても、どうして保護できなかったのだろう。
上の子もすでに保護されていたというのに。
悲しいニュースである。くまブルー

sukomomo at 21:06コメント(2) |  

2006年10月25日

子育て講演後の相談

風船くま
いつものことなんだけど
子育て講演会の後の相談が多い。


どこでも、親は子供の成長を願ってのことである。
そばに、誰か居て話し相手になったり、専門知識や
経験者の気軽な相談者がどの地域でも必要。

もっと元気な老人が、子育て講座等に参加して、
サポートをして欲しいといつも思う。

テレビ一つにしても親は見せ方を考えていても
同居の場合は、思うように行かず、核家族にしても
社会から離れてしまったと不安になる母親たちも
少なくない。

元気な子育てが終わった年輩の方々是非、一方を<
待っています。


sukomomo at 17:40コメント(0) |  

2006年10月24日

少子化と子育て講座

ひよこひよこひよこ


10/23(月)は、来春一年生を迎える親御さんに
子育て講座を教育委員会より依頼を受けて、
行った。
年々少子化となり、一クラスが10人程度。
このような状態では、子どもも可愛そう。

質の高い親になって、子育てを楽しみ、
地域の活性化のために、親と子のネットワークを
もち、「みんなで子育てを」・「うちの子も・よその子も」
と助け合わなければいけない。
まずは、大人が努力しなければね。
がんばりませんか。
 
今日は、
はじめての中学校の生徒さんと、0歳児の親子との
ふれあい教室。(高校生・小学生はあり)
最初、生徒の表情は、緊張そのものだったけど、
赤ちゃんの見る顔は、自然とほころび、何とも優しい
顔になっていく。
赤ちゃんは、天使だね。やっぱり。

そして、やっぱり、お母さんは、偉い・すばらしい。
赤ちゃんの安らぎは、お母さんにだっこをされたとき。

生徒たちも、いのちの大切さを、ふれあった体験と、
諸々の話で感じてくれたことだと思う。

その中にいて喜びを感じるから、
ボランティァをやっていられるんだよね。
ありがとう。



sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2006年10月21日

子育て支援ネット 勉強会と情報交換会

ばんざいうさぎ
地域に、根ざした子育てサークルは、
母親育てに不可欠なものである。

存在が、継続できるその裏には、サポート役の存在が
とても大切であり、そのことを自覚してサポートを
するべきである事が、今日の会で再確認をする。

キッズタウン子育て支援センターの分野に於ける
加茂地区・住吉地区・義方地区の3サークルの
合同ふれあい発表会のビデオを見ての勉強会。
サークルリーダーと地域の主任児童委員、ボランティァ
とセンターの三位一体の関係が成功の鍵となる。

それには、西部地区のサークル調査の結果をもとに
反省をふまえて、サポートをしたとの話もあり、
調査をした私どももうれしい報告であった。

人と人とが顔を合わせて、意見交換をすることは
回数が多いだけ潤って来ることを育みたい。



sukomomo at 22:07コメント(0) |  

2006年10月20日

保育園が変わる?

ねこ
保育園の園内勉強会講師として招かれ、
継続的にアドバイスをおこなうこと、いよいよ終盤。
園長を、保育士、調理師、みなさん熱心である。

いつも、思うことだが、現場は一生懸命であるにもかかわらず、
国は、県は、市は、保育というあり方をどうとらえているのか。

幼保一元化的思考でこども園という新しい施設の提案があるが、
給食も、園庭もなくても運営できる条件が出されている。

子どもを取り巻くあらゆる事件は、幼児期にあることを
解っていないようだ。
これでは、日本の将来が危ういと思う。

私だけではない。現場の子どもと携わっている人の意見など
繁栄されない。
事件が起こった後であがいても手遅れである。

地道な活動をしていることが間に合う日を早くに
来ることを祈る。


sukomomo at 20:32コメント(0) |  

2006年10月19日

ふれあい会

ハートくま
小学六年生30名と0歳児の赤ちゃんとお母さんとの
ふれあい会。
生徒たちみんな、赤ちゃんにいい顔して接している。

こんな姿を見ると、世の中のいろいろな事件が信じられない。

お母さんも、我が子を客観的にみて、かわいさが募ってくる。

赤ちゃんは、お母さんが一番いいという仕草で母親の胸に
帰って安心する。

言うことを聴かないし、うんちをするし、ミルクを飲ませることも
お母さんと一緒に体験する生徒たちの感想は、
「お母さんって大変なんだなぁ」「僕も小さいときは、こうだったんだなぁ」
とか「感謝だなぁ」など言葉に出る。

こんなひとときの授業を受け入れてくださる学校側の対応や、
子育て中のママたちに感謝です。ありがとうございます。

各地域の子育ての輪を広げましょう。

sukomomo at 18:44コメント(0) |  

2006年10月17日

ブックスタート

ひよこブックスタートは子育て中の親子に絵本を通して
コミュニケーションのきっかけづくりをし子どもとのふれあいをするという、子育て支援の一環として自治体が行い、6ヶ月健診時に2冊の絵本をすべての親子にプレゼントするというものです。


ここでは、図書館司書・ボランティアから手渡しされます。
健診後のホッとしたひとときを親子で読んでもらい、手渡しされるほほえましい空間です。

0歳児の赤ちゃんはテレビやビデオと違い、ママ・ぱぱ・じいじ・ばあばと1対1で読んでもらうことで、愛情や安心感をもち、情緒豊かな子に育って行きます。
次世代を担う子どもたちが、心豊かに育っていきますように、という応援のメッセージもあるのです。




ブックスタートありがとう。


sukomomo at 20:01コメント(0) |  

2006年10月16日

地域での子育てサークル

きのこリスレッド
西部地区には、子育てサークルがほぼ全域にあります。
少子化の現代に子育てサークルは、不可欠な集まりです。
昔と今の子育て環境がとても異なっているからです。

高度経済成長と共に自然は少なくなり、便利になって来た分、
子どもが少なくなったといわれる専門家もいますが、
子どもは手が掛かる分、楽しいこともうれしいこともあることを
実感し、共感する子育て仲間がいることが必要となります。

そこで、分かち合いのできる子育て仲間が地域のサークル会なのです。
地域が、なぜいいのかというと、小さいときから、たくさんの人と
知り合うことで、小学校、中学校になったときに、
たくさんの人たちから見守られる環境で過ごせることだと思うのです。

子育てから手が放れた年輩の地域の人たち皆が、
地域で子育てを支えていくことが、今必要不可欠と思います。

子育てサークルのネットワークもあります。(西部子育てサークル代表者会という)
子育て支援ネットは、サークルやサークルネットも応援しています。


sukomomo at 22:43コメント(0) |  

2006年10月15日

ブログ更新見てね

ef67af79.jpgブログの更新しました。子育てに関するリンクが盛りだくさん。子育て中のママはもちろん、支援者の多くの皆様、共に分かち合いましょうo(^ヮ^)o


sukomomo at 16:13コメント(2) |  

子育て支援講演会案内

1119

11月19日(日)2時〜4時 
講演テーマ『子育てのさじ加減』〜幼少年期の保護と自立〜

講師:三浦清一郎氏(社会教育システム研究所所長)
場所:本の学校 多目的ホール
☆託児あり



無料ですが、申し込みが必要です。100名になり次第締め切ります。
申し込みはメールでお願いします。

sukomomo at 15:14コメント(0) |  

子育て支援ネット西部勉強会

今回の子育て支援ネットの会は、「メディアと子育て」をテーマにメンバーの渡辺万里子氏(こども未来ネットワーク)に講師をしていただき貴重な最新情報のメディア環境を勉強することができた。

メディア環境を、今一度見直し子育て中の親ばかりではなく、家庭や地域でのメディアのあり方を検討し、より良いメディアの使い方をする必要がある。テレビ・ビデオ・インターネット・携帯電話など便利とはいえ、使い方次第で良くも悪くもなることを知って欲しい。

子どものいる家庭では、特に渡辺氏の話を一度聴いて欲しい。
講演依頼は、子育て支援ネットに連絡ください。


次回の子育て支援ネットの会は、10/21(土)午後7時〜8時30分開催・テーマ 「これが子育てサークル」〜次世代の親育て〜  参加費500円(茶・菓子・コピー代含む)


sukomomo at 15:02コメント(0) |  

がいなネット

「子育て支援ネット」はNPO法人「がいなネット」に所属。子育て支援がたくさんの人たちの出会いで、楽しく、子育て人生の大変な何年間を乗り切り、子育てをして良かったと分かち合える子育て中の親子を支援するのグループです。

今週末10/14(土)午後2:00〜3:30米子サティ4階男女共同参画会議室 今回は、「子育てとメディァ」をテーマに渡辺万里子氏に講演していただきその後分かち合いと情報交換を行います。地域の子育て支援に関わっている方はぜひご参加ください。
11/19(日)子育て講演会を予定


sukomomo at 15:00コメント(5) |  

みんなで子育て

社会教育システム研究所長、三浦清一郎先生の講演会に参加し、子育ての過剰保護が子どもを駄目にすることを言われた。
2歳までの子育ては、全面的な保護であるが、それ以後は、しつけの時期にしっかりといい悪いを教えなければ行けないこと。周りの大人が見本を示さなければ、子どもは解らない。

家庭で、保育園で、幼稚園で、学校での役割をしっかりともって継続的な子育て支援が必要であると感じる。一人ではできなくても他者の力を借りることで子育てもうまく行くのだと思います。決して、逃げることなく、向き合って今を大切にしていきましょう。


そこには、笑顔と感謝が付き物です。


sukomomo at 14:58コメント(0) |  

子育て講座日程

11月19日三浦清一郎氏を迎えての講演会の実行委員として是非ご協力くださいね。

今月のすこももの子育て講演会は、
10/19 岸本小学校  ふれあい会
10/23 二部小学校  子育て講演
10/24 加茂中学校  ふれあい会
10/25 大山町名和  ふれあい会館
10/30 加茂中学校  ふれあい会
 
10/14 子育て支援ネット メディアと子育て・情報交換


sukomomo at 14:55コメント(0) |  

2006年10月08日

子どもの成長。

画像

子どもは思うようにいかないもの。
思うようにさせようと思うとよけいにできないものです。
子どもの言葉やしぐさをじっくり見守り、イメージすることで、子どもはのびのびと自分を出して、成長するものです。


何か問題があると感じたときは、そこがチャンスです!

どう、対応するか、楽しみと捉えて子どもと関わり合うことが大切です。
よくぞ「ここまで出してくれた」と、成長するチャンスを逃さず、『ありがとう』のメッセージを感じながら、焦らず、待つことです。


乳幼児期の子育てが最も大切考えています。

sukomomo at 20:27コメント(2) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: