2007年01月

2007年01月27日

子育てママたちの悩み

ひよこ

赤ちゃん訪問をして、ママたちの話を聴く。

一番は、夫に子育ての大変さが理解してもらえないことだという。
何をしてもらいたいとか、協力してもらいたいとかという前に、
子育てにがんばっていることを認めて欲しい。

当たり前だとか、遊んでいればいいからとか、子どもに対しての
気遣いが分かってもらえないことだ。

ちょっとした言葉がけで嬉しいものであり、支えとなることを
家族やまわりの人たちは、理解して欲しい。
それで、また子育てにがんばれるというものである。

夜泣きでの対応や離乳食の摂取など1対1での24時間は
可愛い我が子でもストレスを感じる。
そんなときに、ちょっとだっこをしてもらってお茶の一服でも
できたら、しあわせを感じる事ができる。

そんなささやかなちょっとの時間すらとれないママたちに
エール送りたい。

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2007年01月24日

笑劇場 がいなネット

0c68c626.jpg笑劇場に初めて参加した。がいなネットのお誘いで、いつも悦子さんにお付き合いいただき、有難い。小田先生と高野先生のトークも素晴らしく、楽しく為になった。いつものゴスペルオーブの歌声は元気と勇気づけられる。なんとも幸せな夜を過ごせた。
この頃は、欝病や人とのコミュニケーションが苦手な人が多いことをよく聞くが、今日のような会にでたら病気も治るだろうと思う。
今年はゴスペルとのジョイント実現に向けて、多くの子育てママ達に安らぎをとどけたい。o(^ヮ^)o


sukomomo at 19:42コメント(0) |  

2007年01月21日

こんにちは赤ちゃん 基調講演

ねこ

こんにちは赤ちゃんの報告会と基調講演。

いつもの高塚先生の気づきの体験演習と
小枝先生の「子どもと良い関係を築く子育て」と題しての講演。

いつも思うことであるが、広報が行き届いていないのか、
知っていても関心が無いのか、参加人数が少ない。
せっかくの良い体験や話を聴くチャンスが近くであるのに
もったいないなぁ。

市内よりも県外の人の参加で熱心さが伝わってくる。

小枝先生は、発達障害が専門であり、この頃はグレーゾーンと
いって、手が掛かり子育てが大変な親御さんたちも多い。

ちょっとしたスキルで子育てがスムーズに行き楽しくなる。
そんな話が聞けて得した気分である。




sukomomo at 20:19コメント(0) |  

2007年01月17日

日野原重明先生と子育て

はくしゅくま

昨日、がいなネットの小田先生がインタビューされた
日野原先生のお話を拝聴。

いつもの穏やかで優しくて偉大で何とも言えない存在感が
多くの視聴者の心を癒したことだろう。

医療の問題、少子高齢化の問題、環境の問題、人間形成等々
しっかりとビジョンに向かって行動されている。

子育てに関しては、東京都内の小学校にご講演で行かれる中、
今の子どもたちはとてもしっかりしていること。
兄弟や近所に同年齢や上下関係の年齢差の体験不足のため、人と
のコミュニケーション・学び合う体験が必要であること。

そのためには全校生徒が関われるような道徳教育をする必要がある
といわれる。・・・・全くの同感である。・・・・・

そんな矢先に、本日、実家の子どもたちの百人一首カルタ大会を
見学した。全校生徒が体育館に集まり3回行う。
皆人を変えての取り組みで、3回勝ち抜いた全校生徒の中の2割
前後の再勝負である。

何人かの大人も加わるチャンスも合ったにもかかわらず
後込みをする大人たち(私も百人一首などしたことが無く)これでは
大人が大きい顔をして言う立場では無いと反省。

来年は是非とも子どもたちの中に加わって参加できるよう
今から勉強しようと決意する。

子どもたちの様子を見ていると、様々で何ともおもしろい。
一つ小さい子に手加減をし花を持たせる子、勝負師のごとく
夢中でまわりなど一向に気にせずやっている子、合間合間に
おしゃべりをしている子、負けた悔しさに認めたくない子、

こうして体験をしながら大きくなっていく。
子どもたちのパワーに勇気をもらったようでこころが弾む。

私も子どもたちに恥じない大人でいたいという想いを行動で示したいと、
一層感じる今日であった。



sukomomo at 19:36コメント(0) |  

2007年01月16日

男女共同参画センターまつり

弓矢くま

男女共同参画センターの登録団体が集まり交流祭りが
行われる。

日程は3月10.11(土・日)である。

実行委員をはじめ、まとめる段階で大変な作業である。
いろいろな人がいる中でまとめることは、大変なエネルギーを
使うことだろう。

人は、言いたいことを勝手に言うが、日頃のコミュニケーションを
しない中で短時間の話し合いでは、誰かが妥協をし、補い合わなけ
ればならないと思う。

さてさてどんな楽しい祭りとなることやら、
参加するからには、協力しあって達成感を味わいたいものである。

sukomomo at 19:29コメント(0) |  

2007年01月13日

子育て支援ネット  定例会(1/13)

はくしゅくま

新年に心新たに子育て支援ネットの情報交換とこれから
の活動を分かち合う。

それぞれの分野でリーダーシップをとって活動をしている
メンバーの分かち合いの場を、今年も楽しく目標を持って
支え愛のネットワークにしたいと思う。

そんな想いを参加者全員の意志疎通の中で2時間がアッという間に
経過していく。

みなさんすごいと思う。これだけ熱心な人の集まりに、
行政の担当トップの管理者は目の付け所がないなぁ。
と残念に思う。

まずは、できることをそれぞれが実践とアピールとの
繰り返し継続をしていくことだと思う。

来月は、芽芽の会 西江さんよりお話を中心に情報交換と勉強会を
します。

みなさまお待ちしています。

sukomomo at 19:55コメント(0) |  

2007年01月09日

いじめの問題

ハートくま

昨夜の特別テレビ番組で、草薙剛君と義家先生と
いじめられている生徒が「いじめているあなたへ」の
メッセージを取り上げていた。

考えられないようないじめに信じられない。
しかし現実である。

虐待のような事を友だちにしている子を避難するだけで
いいのだろうか?

いじめている子は親からの愛を受けているのだろうか。
小さいときからの親子の信頼関係はできていたなら、
こんなひどいいじめなどしないと思う。

番組に出演しているいじめられている子は、みな、
とてもしっかりしていた。
よくがんばったなと声をかけたいほどであった。

親同士のコミュニケーションが解決になっていた感慨深い。

sukomomo at 19:33コメント(0) |  

2007年01月06日

本の紹介・・ぜひお読みください

おんなのこ

この頃は、命の大切さが稀薄になっている。
人間として、女性として、親として、特に子どもをもつ親として
悩んだり、とまどったりすることもあることでしょう。

参考になり、考え方が変わる本です。
先日購入した4冊の内の2冊を紹介します。

命のからくり「心とからだの声を聞こう」 見尾保幸 著
特に娘さんをお持ちの親御さんに是非ともおすすめの一冊です。
身体の仕組み〜子どもから老人まで・・・当たり前だけど大切なこと、自覚すること等々


「なぜ生きる」  高森顕徹 監修・ 明橋大二・伊藤健太郎 著 
人生の目的は何か、こんな毎日の繰り返しにどんな意味があるのだろう。この本を読んだ少女が自殺を思いとどまったとか、これからの生き方を考えさせられる一冊でしょう。
なぜ生きる

私は母の介護をしながら読んだ。死について考えさせられると共に
生きる意味を知り、実践できるようにしたいと思った。
読んだ方は、感想を分かち合いませんか。


sukomomo at 19:35コメント(0) |  

2007年01月05日

まちづくりのリーダーたちにむけて

いちご

お正月番組の「まちづくりのリーダーたち」に出演。
(年末に収録したもの)
本日の番組にて改めて視ると、何とも恥ずかしい。

短い時間の中で気持ちを表現することの難しさを客観的に
振り返ることができた。・・・感謝!!・・。

子育て支援ネットワークとして、それぞれの分野のリーダーシップを
取り、子育てを、世の中をよくしたいと思っている人は
たくさんいることと思う。

思うだけではなく一緒に行動しませんかと言いたいのに・・・・・。
通じたかな????

新年に向けて一年の活動を整理しつつ、ネットの必要性と位置づ
けを確実にし盛り上げていきたい。

ブログの壁をチュウリップにしてくれました。
ありさちゃんありがとう。

チュウリップの花言葉は思いやり。
思いやりと行動力をもって子育て支援ネットを続行していきます。



sukomomo at 19:30コメント(0) |  

2007年01月03日

成人式

弓矢くま

成人式来賓にて出席をする。
1664人の成人を迎える若者たちに心からおめでとう。

晴れ着をきて男女ともに喜びにあふれている。
親御さんたちはここまでしっかりと育ち合ってきた我が子の
晴れの姿をみて嬉しそう。

思いやりと感謝でこれからの人生を進んでいって欲しい。
心身共に健康で強く逞しく。

そのためには私たち先輩の生き方がお手本になるよう、
身の引き締まる想いがした今日の成人式への参加感想である。

sukomomo at 20:20コメント(0) |  

2007年01月02日

お年玉

ねこ

今日本屋さんに行って本を探していたが、
あれもこれもと欲しくなり、結局4冊も買ってしまった。

一度に四冊は、私の家計にとって痛い出費である。
しかしながら、欲しいときに買っておかなければ、
読むチャンスを逃すので自然とレジにもって行った。
(自分へのお年玉だと)

そこで、お祖母ちゃんと二人の孫(女の子で小学と年長)の様子に
ほほえんでしまった。
お年玉にと好きな本を選ばせて、3〜4冊をレジにもってきて
支払いをしていた。
女の子たちは目がきらきらと輝いていて嬉しそうだし、
お祖母ちゃんもにこにこと嬉しそうであった。

この頃の小さい子へのお年玉に、何万円という高額なお金をいれて
当たり前のようになっている。

お金の価値が、働いての報酬として(感謝とか達成感とか大切さと
か)の学びにどんなものやらといつも思っていたが、
それぞれの家庭がすること。・・・と。

今日の孫とお祖母ちゃんの様子にホッと心が和んだ。



sukomomo at 19:29コメント(0) |  

2007年01月01日

お正月

ばんざいうさぎ

お正月の神様は、「年神様」「お正月様」と呼ばれ、
それは「田の神様」だという。

昔の人は、人間が死ぬと魂が山へ行き「山の神様」になると
信じていたという。

その神様は、春になると「田の神様」としてやってきて、
収穫の終わる秋には帰っていく。

お正月には、「年神様」としてその年の豊かな実りとみんなの
しあわせを約束しにやってくる。
門松は山から下りてくる「年神様」を家に迎え入れるための目印(依代)。

「おめでとう」の挨拶は、年神様に今年も
「芽出度い・めでたい・芽が出る」と豊かな実りを願う言葉
なのだという。

「おめでとう」・・・人それぞれに芽がでて、心豊かな平和な社会になり
そのために活動できることに感謝を忘ないで一年が過ごせますように。


sukomomo at 11:42コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: