2007年02月

2007年02月27日

「児童虐待問題を解決するために」研修会参加

紙風船

「児童虐待問題を解決するために」大阪 花園大学教授 津崎哲朗
の講演会参加。

米子市要保護児童対策地域協議会が平成18年4月に設置された。
このことをこの度の研修会に参加して知る。

大阪市の先駆的対応等の話を聴き、米子市の遅れを実感する。
まちづくり、子育て、いずれにしても人材である。

米子の街は、大阪のように人口密度も高くなく、事件もそうそうに
なくのんびりしているようであるが、現場で対応している人のみが
大変なおもいをしていているようである。(家庭相談員は少々疲れ気味)

児童虐待は、簡単に解決できることではなく、時間と人とのチーム
ワークが解決の糸口を開く。

そのためには、乳幼児期からの親と子のかかわり方が大切であり、
もっと根本的なところから対応していかなければならない。・・私は思う。

大阪のように人や専門機関とのネットワークがうまくいかない現時
点で解決できることは困難だと、話を聴いていてなんかネガティブ
になる自分がいる。

何かが起こらなければ対応できないという視野から、予防的視野へ
の対応を併せて強化すべきである。

そのためには、各地域で行っている子育てサークルの充実をしてい
き地域の人たちとのふれあいコミュニケーションにより支え合う
地域と人材づくりが大切と改めて感じる。
今、支援ネットでやっていることは「間違いなし」と確信すること
ができた。

sukomomo at 10:33コメント(0) |  

2007年02月22日

暖かい日に思うこと

金魚赤

2月に入って雪らしい雪は、一日だけ。
喜んでいいのか、環境のことを考えると手放しでは喜べない。
「大丈夫かなぁ」と・・・・・・。

大丈夫かなぁのついでに書き込もうと思う。
男女共同参画祭り(3/10.11)に二日目の午前中に
子育て相談会を設けて行う。
いつも相談といっても、誰でも不安に迷いながら会場に来られる。

そんな状況が予想されるので、「ひとりで悩んでないで何でも
口に出して言ってみること心が軽くなる。まずはここに来てもらうこ
と」とチラシをつくることになった。
しかしながら、市の予算をあまり使って欲しくないなどとクレームが
ついたらしい。

子育て中の誰でもがちょっとした不安や悩みをもっているものである。
深刻にならない内に対処することが虐待防止などにつながり、印刷
代や紙代のわずかなお金にかえられないと言うことが行政担当者は
分かっていないようだ。(事情があるって????)

少子化に歯止めはかからず、目先の事だけでやっていて根本的な
大切なものを見失っている。
大丈夫かなぁ。・・・・そう思うのは私だけだろうか?(;´Д`)




sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2007年02月20日

こたかっこ子育てサークル講演会とゴスペル

ばんざいうさぎ

子育てサークルの親たちへ伝えたい。

家庭育児をしている親たちは、24時間子どもと向き合い
気を休めるときがない。トイレもついてくるし、せっかく寝たかと
思いきやコーヒーの一杯もゆっくりと飲めるホッとした時間もとれない。

そんな声をよく聴く中で、地域には子育てサークルがある。
保育園や公民館を拠点としての就園前の子育てを地域の親子が集
まって遊びや情報交換などをする。保育園では、保育士の手遊び
や絵本の読きかせなどを親子でたのしむ。

そんな中で子どもたちは、遊具の取り合いを経験したり、共感し
たりしながらそばにいる親の安心した環境の中で過ごせる子育て
サークルは、いまの時代に無くてはならないものの一つである。

しかしながら、孤立して子育てをする親や、地域から離れて遠く
の遊び場を好んで出かける親も少なくない。

何とか地域での子育てを楽しく仲間づくりを親も子もこの時期から
経験することが大切と考えて普及活動に力を入れている。
そんな想いで今日の講演会をひき受けお話をさせていただいた。

子育て中の皆様、もしくは、家族の皆様、地域の皆様、是非とも地域
の子育てサークル会を盛り上げていただきたいと思います。
小学校に行ってから良い結果がきっと出てくること間違いなしです。

いつもゴスペルオーブの応援に感謝です。
保育園児の年長時39名と保育士2名の参加もあり、愛と癒しの歌声
を鑑賞しました。子どもたちも感動した様子が伝わってきました。
ゴスペルの歌声でホッとしたひとときを過ごすことができました。
ありがとうございます。(*´∀`*)

sukomomo at 20:12コメント(0) |  

2007年02月18日

米子のまちづくりフォーラム

おばあちゃん

文化と歴史に根ざしたまちづくりフォーラム
「文化創造とまちづくり」と題して中川幾郎氏
(帝塚山大学法政策研究科教授)の講演を聴く。

大阪弁で歯切れのいい、はっきりとしたものの言い方は、
気持ちの良くわかりやすい。

まちづくりには、歴史を勉強するとヒントが見えてくること、
文化資源の把握、人・まち・役所の三つの舞台と主体は活力的か、

これからは行政を当てにしていては発展はしていかないこと、
市民が中心になって、子どもたちから「米子大好きつくり」を。

歴史や文化は、資産である。(時間・空間・人間)
「まちづくり」の三つの人材を発掘する・・・
若者、馬鹿者、よそ者(外部評価ができる)
・・・どんどん巻き込もう。

講演を聴いた後の感想として、子育てもまちづくりの広い範囲で
考えて行くことが大切であり、文化や歴史を大切にしていく大人の
後ろ姿を見て、この町大好きを意識する。
暮らしやすい思いやりのある子どもたちが育っていくことを
関連し感じることができた。


sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2007年02月17日

天使の歌声

92a86f7a.jpgゴスペルオーブ・コンサートは、いつも天使が降りてきて会場を感動のエネルギーに包んでくれるような、悲しくもないのに胸が熱くなり、自然と涙がこぼれる。素敵な笑顔と心からの歌声に歓びと感謝で幸せな夜となった猴難うo(^ヮ^)o


sukomomo at 23:06コメント(0) |  

日吉津村子育て支援センター セレモニー

紙風船

日吉津村子育て支援センターが増設され、今日セレモニーが開催された。

子育て支援実行委員会という会を立ち上げ、いろいろと検討され、
すばらしい施設が建てられた。

トイレには、お尻洗いのシャワーなども設備され、子育ての想いが
込められていた。
遊具も木のものがきちんと整備され、使いやすさと片づけなどにも
配慮できる。

日吉津村の子育ては、これから益々良くなっていく予感がする。
支援センターの指導者と保健師との連携プレイにより、未就園児
への支援が行き届いていくことと思う。

すべての親子がセンターを利用できるようにすれば、
子育てで孤立している親たちがきっとなくなっていくことでしょう。
西部地区の子育て支援の充実の先頭をきって、孤立や虐待・いじめ
などの無い街になることを期待し、応援をしていきたい。

sukomomo at 22:44コメント(0) |  

2007年02月15日

男女共同参画勉強会

ゆきんこ

春一番が吹いたというのに、今日はまたまた寒くなりました。
でもこれが本来の季節なんだと、温暖化のことを思うと自然現象の
ことをとやかく言うことはできないでしょうね。

昨夜は、我がメンバーの男女共同参画推進委員をしている山崎さん
のお話を聴くことができて、本質というかもっとも大切にすべきこと
を学ぶことができました。
男女共同参画は、つまりは人権問題であり、子育ての根本でもある
ことを確信できた夜でした。

彼女は、本当によく勉強していました。純真で熱意のこもった話を
わかりやすくとても参考になりました。
支援ネットの会でも機会を見つけて話してもらいたいと思います。

劇団「ぴゅあ」の勉強会だったので、子育てと直接関係のない
方たちとのはなしもコミュニケーションの輪を広げることができました。

お世話をしてくださった南場さん山下さんに感謝です。
ありがとうございます。゚(゚`∀´゚)゚

sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2007年02月12日

ミュージカル劇団

こどもと猫

ミュージカル劇団「ゆめ」『さいのかみさん』を鑑賞。

子どもから大人までの一つとなって作り出すこの劇団の、
子どもたちは良い体験となって成長していくだろう。

コンベンションが満席となって観客も子どもから老人まで
いっぱいであった。

友だちを誘って、「チケットの協力」のつもりで行ったけれど、
実際見てみると、エネルギーが伝わってきた。
テレビやビデオの世界では、ここまで人の感動を得なかったこと
だろうと思う。

さいのかみさんが、なまけて、なまけて人から信用されなくなって、
旅に出た時、女の子と出会って父親探しを共にしたときに気づきがあった。
・・・・・。皆、涙ながらの感動がつたわってきた。

人間は、人から言われても、変わることができないものだが、
自分自身の心が気づいて感動した時ほど生き方や思いやりや、
やる気が出ることをこのストーリーから多くの人が感じ取った
ことと思う。

人に感動を提供するこの劇団に出会いがあったことに感謝したい。
そして、声をかけてくださった方にありがとう。゚(゚`∀´゚)゚



sukomomo at 20:41コメント(0) |  

2007年02月11日

子育て支援ネット 定例会・芽芽の会報告

お茶セット

子育て支援ネットのメンバーである「芽芽の会」の勉強会。
子育て情報ステーションとして、このブログからリンクもできる。

子育て真っ最中のママたちを巻き込んで子育て支援対策にも貢献。

助産師さんの相談日・自然食講習会・手作りおやつ・
ママとベビーのアロマ教室・その他季節によってのイベントを行っている。

毎週水・木・金の10:00〜15:00詳しくは左側のリンクから
ご覧ください。

家庭的雰囲気の中子育てが楽しくなること間違いなしですよ。
スタッフになったママたちがコウカウンセリングも勉強するという
企画もあり、一度顔を出してみてください。

子育て支援ネットでは、このように情報交換も盛りだくさん。
次回は、3/17(土)2時〜4時 男女共同参画センター
メンバーはもちろんのこと、子育て支援に関心がある方
是非ともご参加ください。
自分自身へのスキルアップにもつながります。(*^o^*)

sukomomo at 12:51コメント(0) |  

2007年02月09日

6ヶ月健診・ダウン症児

かざくるま

生まれて6ヶ月を過ぎた翌月に健診が行われる。
その時に「ブックスタート」で「お母さん子育て応援してい
ますよ」のメッセージと共に2冊の絵本を手渡し、
絵本の読み聞かせの大切さを提供する。

今回2人目の子どもを連れて来た母は、出産日2日目で
「赤ちゃんはダウン症です」と医師からの報告を受けた。
ショックで3日3晩泣き続けたという。
今では、腹を据えて我が子をいとおしんでいる姿は、
母親はなんと強いだろう。と感動と共にエールを送りたい。

15.6年前に東京での保育士時代にダウン症児の担任になり、
とても思い出深い日々を思い出した。
今では、年賀状のやりとりをしているが、純真で明るくまわりの
子どもたちを優しくしてくれる子だった。

親としてその子に真っ正面から付き合っていけば、その子の良さが分かり、
学ぶことが多い人生をおくり成長させてもらうことに感謝ができる。

きっと、今日出会った母もそんな成長をしていくことと見守っていきたい。

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2007年02月08日

地域での子育てサークル訪問

コマ

昨日と今日、引き続いて公民館で活動している子育て
サークル会を訪問する。

サークルリーダーの世話役となって段取りをし、今、話題の『木や』
さんに来てもらい、年齢にあったおもちゃの遊び方を指導をうけ楽しむ。

また、一方では『西部福祉センター』より来てもらい、歯磨き指導を
受けるなど熱心に参加する母親の姿は、なんともほほえましい。

リーダーとしての世話役は子どもを見ながらの準備などで大変な面も多いと思う。
しかしながらそんな体験をする母親は、必ずといって小学校に行っ
てもPTAの役員をし、人間として親として成長しているのを見てきている。

子どももそんな母のそばで遊んだり寄り添ったりと安心している。
こうして、集まって来る人たちは、子育て中の何割かであり、
そのほかは、それぞれが支援センターの開放日とか、
家で過ごしていることだろう。

せっかく、地域の公民館を開放し子育て中の親御さんたちへ提供し
ているのを利用しないことは、もったいない話である。

少子化故に子どもが群れて遊ぶ環境をつくることも親の配慮すべき
ことだということを知ってもらいたい。

茶話会でも何でもいい。子育て中の親や祖母たちが集って
「あーでもこーでもない」などコミュニケーションを取り、
地域の顔見知りになることが大切である。
(*^o^*)

sukomomo at 19:26コメント(0) |  

2007年02月06日

鳥取大学ヒューマンコミュニケーション授業

お掃除こども

鳥取大学医学部一年75名の生徒が保育園の園児と1対1の
かかわりを一年間にわたって体験をした気づきの
発表する授業に参観した。

お医者を目指している75名の、人と人とのコミュニケーションの
基礎を学ぶこの取り組みは、すばらしいものであった。

メディア時代に育った学生たちの心の気づきは、園児との
泣かれたり、反発されたりした中から、逃げることなく
前向きに関わった成果の素直な体験発表を実際に目のあたりにし、
気づきの感動が伝わってきた。

この授業は必要不可欠の取り組みであることを再認識した。
そして、学校現場にいる先生方にも是非とも体験をして欲しいとも
思いながら、赤ちゃんとのふれあい会に夢を膨らませた。

sukomomo at 20:13コメント(0) |  

2007年02月05日

まちづくりと子育て

子どもと猫2

昨日、日吉津村のむらづくり実践交流会に参加。
自治会ごとにコミュニティー活動の報告をされた。
次世代交流を取り入れて、とても楽しいものであった。
2/17日には日吉津村子育て支援センターの増築に当たり
オープンセレモニーも開催される。
子どもを取り巻く子育て中の母親たちの参加をいかにして行くかと
言う課題も出ていた。
子育て中の親たちが地域のコミュニティー活動に参加しやすく
することは、とても大切なことであり、
時間をかけて話し合って欲しいと思った。
小さい村だけにいいことを実践するとなると一致団結して取り組める。
西部地区の子育て支援を先頭切って充実して欲しいと思う。
そのためには、支援ネットとしてもできるだけ協力できることを表現していきたい。( ´∀`)


sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2007年02月01日

子育て講座の御案内 

雪ダルマ

久しぶりの投稿、そして久しぶりに雪が降った。

ここ4,5日、母のこと赤ちゃん訪問やがいなネット総会、
男女共同参画まつりなどあわただしく学びの日々を過ごした。

そして、子育て講座の開催準備などで嬉しい協力者のもと、
企画することができた。

2/20こたかっこ子育てサークル
   10時〜11時20分 こたか保育園
   11時30分〜12時30分 大高公民館
   「みんな集まって子育ての分かち合い」と題して、
   子育て講座と相談会
   ゴスペルオーブの友情出演

3/6あこCLUB子育てサークル
   10時〜11時30分 車尾公民館
   「今が大切!子どもとのかかわり」と題して
   子育て講座とコミュニケーション演習、相談会
盛りだくさんで子育てママや孫育てばあばの気づきとリフレッシュ
を!。

sukomomo at 19:45コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: