2007年07月

2007年07月31日

子どもを巡る事故

ヒヨコ2

このところ大人のミスにより子どもが犠牲になっている。
悲しいことがニュースで流れるたびに思う。
「どうして?こうなってしまうの?」と。

親として、保育士として、幼稚園教師として、当たり前の確認や
注意や配慮ができないこと?。って、何が違ってきているのだろうか?

人とのコミュニケーションから、人間としての一番大切な分野が・・・。
その人を攻めるわけではない。

心の置き所がきっと違ってきているのだろうか?
人としてもっと真剣に考えていくべき今を大切にしていきたい。

sukomomo at 09:58コメント(0) |  

2007年07月27日

地域の社会教育と子どもたち

かざくるま

鳥取県の社会教育委員の研修会。
聖徳大学教授福留先生の話は、地域の創年(老人とは
言わない)生涯学習を地域に貢献。創年者と子どもたち
と体験学習を通してコミュニケーションを取っていく。

まちづくりの活性化を一人からでもできること。
3人のやる気のある手法のある人を発掘して、町が活性化
をした例など。

午後の分科会では、各地域と学校と家庭が、一緒になって
まちづくりをすることが次世代育成とつながること。
自然の中での体験や、伝承遊びの大切など話し合われた。

小学校に行ってからのコミュニケーションでは遅く、
乳幼児期から地域の中でのふれあい参加が大切であること。

合併でコミュニケーションがうまくできなくなった課題等
地域の子どもと大人改めて考えさせられる会であった。

やっぱり乳幼児期が何でも大切となっている。

sukomomo at 20:06コメント(0) |  

2007年07月26日

小学生(西部地区)の水泳大会

イルカ

西部地区の小学生5.6年生の水泳大会

学校ごとの応援も一致団結して声をかけ合っている。

負けても勝っても「がんばった!」と必ず最後に、
がんばったことを認める応援には、見学者もこころが
ホッと温まる気がした。

日頃からの学校生活が見えるようで嬉しくなった。
「みんな、よくがっばった」と 拍手である。

先生方有り難うございます。〜感謝です〜

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2007年07月24日

子育て相談会

キシャポッポ

子育て相談会は、子育てサークルリーダーと主任児童委員さんとの
協力の下で、地域のボランティアに託児をお願いしての開催であった。

お母さんたちのサポートを地域の主任児童委員のお二人が日頃か
ら積極的に関わっておられる。
そんな地域は、子育てサークルも活発であり、リーダーの自覚も
できている。

子育て相談は、グループでの中なので、はじめにルールを読み合う事にした。
安心で安全な場所で時間を過ごすことを前提に、日頃の悩みを話し合う。

人の話の中で「うちも同じだ」とか「こう乗り越えた」とかの
気づきを体感していく。

トイレットトレーニング、兄弟とのかかわり、赤ちゃんかえり、
おちつきがない、すぐに手を出す、かんしゃくをおこす、
白いご飯をたべない、ちんちんをいじる、等々・・・・。

ファシリテーターとして先輩ママたちの話を参考にしたり、
アドバイザーとして子育ての基本である心の発達を話していく。

一生懸命なママたちの心の癒しと気づきに役に立ったかなぁ。
そうなることを願ってます。

気になるママには、個別に声をかけると、涙・・・。
みんな、はじめての子育てに不安や疑問があり、そばで聴いて
あげる人がいるだけでちがう。

日頃からのサークルでも気軽に話し合える空間になることが
大切だと思う。

地域の手の空いた人たちが、子育て中のママたちの少しの時間
を、そばで子どもをだっこしてくれる、声をかけてくれる、
ちょっとしたことから一息できることを知って欲しい。

それがみんなで子育てであり、地域の人づくりにもつながっていくと思う。



sukomomo at 18:11コメント(2) |  

2007年07月23日

グループファシリテーター養成講座in京都

さくらんぼ

2日間のグループファシリテーター養成講座終了。

10名程度のグループであったが、密度が濃く達成感を味合う。
早速明日の子育て相談会などで実践できる。

ファシリテーターの役割とグループカウンセリングの効果は、
思っていた以上に効果的であり、気づきと学びのワークショップ、
やる気と行動につながると実感した。

グループのリーダーシップは、責任とメンバーの役割を公開すること
で表現や共有できる。
安心安全の時間と空間の枠作りなど、基本的なものから実践に向
けてのイメージができる。

心理療法士、保健師、子育て支援者、女性人権に関わる者等々の
メンバーの中で個々の想いを語るその中からの気づきと学びは、
人から言われるのではなく、自分自身で気づき行動できることが
なによりであり、進歩できる。

安心と安全の時間と空間の中での設定が今時の親たちにも
必要不可欠であろう。

心から本音で語り合い聴き合う時間と空間の大切さを
子育てママたちに提供していきたいと強く思つた。

sukomomo at 10:06コメント(0) |  

2007年07月19日

神頼みは、感謝の気持ちで有り難うございます

オシロ

悩みだしたらどんどん落ち込んでしまうのが、普通です。
子どものこと、職場のこと、近所のこと、家族のこと、
といろいろです。

子どものことは、信じて待つことかな。だからといって何でも
かんでも見逃してしまうと言うことではありません。

「信じているよ」というメッセージを子どもにいつも投げかけて
欲しいですね。

子どもは、可能性をもって今を生きています。
マイナスを指摘するのではなく、プラスの面を伸ばしていくこと
が親や先生たちの役割だと思うのです。

今日は、小学校に通うお子さんの悩み相談が多い日でした。
どうにもならない気持ちになったときは、
「神様に成長させていただき有り難うございます」と言ってみまし
ょう。決して「良くなりますように」と頼み事を言わないで感謝の
メッセージを言うことです。

日本の神様は、八百万の神様で感謝の神様だからということなんですね。

だから私も「悩みが解決して成長させていただきました。
有り難うございます」と神頼みをするようにしています。


お母さんの不安な心が子どもにも影響します。そんなときほど
笑顔で有り難うです。
応援しています。

sukomomo at 19:29コメント(1) |  

2007年07月18日

子育て講演会

オレンジあかちゃん

日吉津村子育てサロン(教育委員会)の主催により子育て講演会。

集まってくる親子は、日頃から子育てに熱心であり
子育てサロンや子育てサークルなど地域の中で、積極的に
子どもを通して親同士が関わり合っている。

乳幼児期の子育てを通してコミュニケーションの土台づくりを
しておくと、子どもが大きくなってからも何かと良いことがある。

そのことは、経験した親たちは、よく分かっている。
だからこそ、声を大にして言いたい。

コミュニケーションの稀薄さからいろいろな問題もある中で、
この村の子育てサークルは、行政と連携を取り、うまくサポート
できている。

サークル会に入っていない親子は、是非とも顔を出して欲しい。

サークルの親たちは、すごいパワー、ケーキを焼いてきたり
サークルの雰囲気づくりに気を使い、みんなで楽しい子育てが
できるように自ら楽しんでいる。
すごい。

みんながみんなできる人ばかりでは無い。初めはできる人が
すればいい。そうしている内にできる人が増えてくる。

子育てサークルを訪問するとうまくいっているサークルは、
お互いの役割で親同士が認識して活動している。

講演会の話が横道にそれてしまったが、話の途中で絵本を
読むと遊んでいたりぐずっている子どもたちが、しっかりと
見てくれる。集中してすごい。

子どもは正直だからちゃんと反応を示してくれる。
絵本など家庭でもよく読んでもらっているのでしょうね。
絵本をどんどん子育てに取り入れて欲しいと思う。

嬉しい今日の講演会日和だった。〜感謝〜



sukomomo at 20:43コメント(2) |  

2007年07月17日

心の病 鬱病・・・・?

フウケイ

30代から60代に駆けての心の病鬱病がとても多い。
日頃から心の中をかたくなにせず、小出しに話したり
心をみつめていると心が堅くならないで、手遅れにならない。

真面目な人とか、我慢をする人とか、自尊感情が低い人
(自分を大事にしない人)に多いような気がする。

人の想いは、案ずるがごとしであり、「なるようにしか
ならない」と肩の力を抜いてみよう。

心を開放すると自然に明るくエネルギーが変化してくるもので
ある。

大山の近くに行って自然にふれたり、海の広さを体感したりして
みよう。朝の光を浴びてみよう。

何かできることで良いから一歩を出してみよう。
人間は生まれてから、一秒一秒死に向かっていることを自覚しよう。

焦らなくていい、人によく思われなくてもいいじゃない、
自分の心が安らぐことをしよう。

人によく思われても我慢をして言いたいことも言えず心を堅く
させてしまうからこころが病気になってしまう。

自分の心には、うそがつけないでしょう。ちゃんと心は知っているからね。

今日出会った母と娘に心の安らぎを・・・・・祈っています。

sukomomo at 20:15コメント(0) |  

2007年07月14日

親プログラム・ファシリテーター養成面談

ヒヨコ2

NPO「こころの子育てインターねっと関西」主催の親プログラム
ファシリテーター養成講座のための面談に参加。

関西地区はもとより中四国からも参加。狭き門。
この面談がクリアーできてはじめてファシリテーターの養成受講
資格がとれる。

大阪人間科学大学・大学院教授、精神科医の原田正文先生の
指導の元で、NPトレーナーを目標に是非とも受講したいと願っている。

吉報を待って祈るのみ。
米子でのファシリテーター養成講座実現のためにイメージが広がる。

台風が近づいてくる中、朝3時起床。大阪へ向ったかいあり。

皆熱心な人たちばかりであり、一週間の結果待ちとなった。

N・P(ノーバデー・パーフェクト)カナダ生まれの親プログラム。

この参加に伴い親友に支援いただき感謝のみです。
有り難うございます。

sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2007年07月11日

公民館教室と中学生の体験教室

ムシトリクマサン

今年の夏も公民館教室の各クラブと中学生が体験する
ふれあい教室が開催される。

地域の人たちが公民館での活動を楽しんで学習していることを
希望の教室を選んで共にふれ合い体験してみようと言う企画である。

毎年、はにかみながらも、おばさんやおばあさんたちにサポート
されたり質問をされたりしながらふれあい体験をする。
とても良い企画が続いている。

思春期のまっただ中、よそんちのおばさんやおばあさんとの
コミュニケーションを取ることは、貴重な体験となる

自分ちの子どもや孫のように接するクラブの方たちにとっても
良い体験となっていることは言うまでもない。

今年も楽しみである。



sukomomo at 19:56コメント(0) |  

2007年07月09日

こんにちは赤ちゃん

緑の天使

鳥取大学・河合先生、高塚先生を中心に今年も
「こんにちは赤ちゃん」が児童文化センターで
開催の予定が本日話し合われた。9月・1月の2回となった。

各地域の赤ちゃんと各地域の学校との「連携」と「命の大切さ」
との想いが一つになると自然と行動に移せるところであるが、
今年は全体での募集を変えて、地域型にしていこうということになった。

大山町はすでに始まっている。
米子市での活動に希望を馳せている。

sukomomo at 20:04コメント(0) |  

サークルリーダーのパワーを応援しよう

ママと

西部子育てサークル代表者会総会が開催された。
西部地区の地域で活躍している子育てサークルリーダーである。

H19年度の新役員もきまり、分かち合いやおはなし、ふれあい会と
盛りだくさんの活動であった。

大山町の子育て支援センター、日吉津村の子育て支援センター、
保育サポーター、地域のボランティァ、西部福祉保健センター
総務企画課のお二人も参加いただき、たくさんの支援者と
リーダーとしての参加意識のある人たちの集まりが一つとなり、
にぎやかなでパワフルな会が催された。

子育てをみんなで支え合い今を楽しんで大切にしていきましょう。
という想いが継続していけば、地域で引きこもっている人たちにも
手をさしのべて広がっていくように思う。
継続をはとても大切である。

乳幼児期からのコミュニケーションは、昔は当たり前だった。

しかしながら今の社会では、敢えて意識して取っていかなければならない。

行政や民間が一丸となって支援の輪を深めて行くことが大切である。

今日は、そんな活動の姿を見て再確認をさせていただきました。
お母さんの笑顔が子どもに安心感を与える
有り難うございます。

sukomomo at 19:45コメント(0) |  

2007年07月07日

共感できることはしあわせ

ヨウコソキシャポッポ

教育や子育てなど想いや価値観が分かち合えて共感できることは、
心の安らぎにもつながる。

そしてそれぞれの目標に向かって学びを応援し合う仲間がいること
は、心強くもあり喜びでもある。

仕事や遊びを通して、日常生活が豊かに過ごせる友に恵まれる
しあわせを嬉しく想い、感謝です。

今日の一日を有り難う。

sukomomo at 23:33コメント(0) |  

2007年07月05日

赤ちゃん訪問に関する新たな事業

イルカ

米子市は、H19年度の次世代育成支援対策
交付金により生後4ヶ月までの赤ちゃんを全戸訪問をする
こととなった。

これまでは、第一子に限られていたが、第二子、三子と訪問が
可能となった。子育ては、一子に限られず母親や家庭の環境も
その時時に変化する。とても良いことだと思う。

しかしながら訪問者が限られる事となった米子市である。
助産師、看護士のみという。
なぜに保育士は対象外になったのか腑に落ちない。

国からは、支援の経験者や地域の児童委員、母子推進員なども
訪問スタッフとして登用できる。

早くに訪問できることと地域の支援者は何よりも心強いと思うのは、
私だけだろうか?
なんか納得行かない行政の対応策だ。

みんなで子育てという観点から遠ざかっている。
感謝が足りない自分がいるのかなぁ。

sukomomo at 19:48コメント(0) |  

2007年07月04日

日吉津村の子育て支援相談会

公園3

日吉津村今吉地区は、子ども世帯が多くなっている。
そんな中で自治会の熱心な取り組みが行われようとしている。

コミュニケーションを取るために何をしていいのか?
今時のお母さんは何を望んでいるのか?
どのような支援を必要としているのか?

自治会主催の会であったが、行政サイドでも出席され
次世代育成のために共同で取り組み実践しようとしている
すばらしい会であった。

年代差というか時代の流れに今時の子育てが理解できないという
年輩者たちは頭をかかえこむ。
それでも何かをしなければと懸命さが伝わる。

こんな気持ち親たちはどう思っているのだろう。
余計なお世話? いいえ、いま現在は、能力ある元気なお年寄りが
近くにたくさんいらっしゃる。そんな人たちの手を借りて子育てを
充実させ、視野の広い子どもに育てませんか?と言いたい。

どんどん交流をして共に地域の子育てを楽しむと犯罪や自殺から
免れると思う。

日吉津村の子育てこころから応援します。



sukomomo at 22:06コメント(0) |  

2007年07月01日

境港市読書推進大会(胎児から老人まで)

オレンジしましま

読書の大切さをしっかりと位置づけている境港市は、
母子手帳交付時に一冊の絵本を通して、これからの
子育て応援団として行政と市民の協同プレイがしっかりとしている。

6ヶ月健診にブックスタート・1歳6ヶ月健診にブックスタート
プラスそして、フォローアップに読み聴かせサークル、保育園、
小学校と連携をもって推進している。この度は、朝読から家読へと
いうテーマで、より進んだ家庭への呼びかけである。

大人自身が読書の習慣がなくて、子どもの道筋にも影響があること
は言うまでもないことだろう。(なんにしても親の後ろ姿を見て育つのだから)

読書のできる子は、物事をよく考え実行する子になるという。
家庭での読書習慣を付けて欲しいと心より願わずにはいられない。

もちろん、子どもは身体を思いっきり使ってあそびの体験をするこ
とも大切である。

偏らない「ほどほど」にが、一番なのかもしれない。

sukomomo at 12:24コメント(0) |  

三浦清一郎講演会

車あそび

久しぶりに三浦先生との再会。相変わらずのエネルギッ
シュなトークで、身が引き締まる思いである。

学校教育と老人とのコミュニティーにより、子どもも秩序と
けじめのある子に、老人は子どもと関わることで元気になる。

男女共同参画に置いても、子育ては女性支援であり子どもの発達
支援である。
発達支援にはちゃんとしたプログラムが不可欠である。

四つの過剰が教育公害を招いている。世話の過剰・指示の過剰・
授与の過剰・受容の過剰、この四つが適度でなければ、感謝の心
もつかない。
学びをある程度与えなければ、成長しないなど。

子どもは、可能性を秘めている。「できる」「あなたならできる」
「将来が楽しみだ」「筋がいい」などの肯定的誉め言葉が子どもの
可能性と自信につながる。等々

昨年の秋に話を聴いたことも含めて、改めて子育て(教育)の
しっかりした大人側の対応に将来がかかっていると感じた。

できることからがんばっていこう。

sukomomo at 12:10コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: