2007年09月

2007年09月30日

がいなネットフォーラム・協働無事終わるそしてスタート

ばんざいうさぎ

シンポジストとしての大役も終え、一人の方でも
子育て支援の必要性とご理解を感じていただたたけたら
今日の役目を果たし、また、これからへのスタートとなる。

行政の協働と言う前向きな取り組みが市民と一体となって
地域の子育て環境が充実していくことと思う。

これからの地域社会の協働なくして発展は考えられない。

本当に何が必要であるを見極めて次世代につなげていく
私たちの役割が大切であり、これからの人生、人のために役立つ
自分でいたいと思う。

陰でのボランティアさんの大きなチームワークは、とても
力強くありがたかったです。
これこそ、協働の原点を感じさせていただきました。

発表の場をいただき、感謝です。ありがとうございます。

sukomomo at 19:49コメント(2) 

2007年09月27日

世界から見た日本

イルカ

10何年ぶりの海外旅行に行かせていただいた。
他界した母のプレゼントとして、ありがたく、約一週間を
日本から離れてすごした。

ちょうど東京の友もヨーロッパに子どもとともに自由に回っているな
んだか繋がっているようなうれしい気持ちで出発したタイランドは
アジア最大の国際空港に変身していた。

約30年前にアテネ・エーゲ海に行く途中でバンコクの空港に寄った
ときと比べ大きく発展していた。発展途上国のひとつである。

「日本の20年・30年あとをいってますよ」と言う現地のガイド
さんは格差社会の現状を話された。

海外に行ったときは、いつものようにフリータイムを取って自由に
その国の町並みや生活を見ることにしている。

ツアーでのリゾート地やイベントを半分にして町を散歩したり
ホテルのプールでゆっくりしたりしてすごす。

ホテルのボーイさんでチェンマイから来て働いていると言う若者は、
日本語の勉強をしていると言う。
英語と日本語と(私がタイ語がなかなか覚えられないので)手振り
身振りで何とか日本地図まで描いて話す。
この旅行で気が付いたことは、何年も英語を使っていなかったけど
20年前ニュージーランドでフリーの旅行をした時の英会話がよみ
がえって結構通じる会話ができた事である。
いまや日本語を習うといい会社に入れるし給料もよくなるらしい。

町を散歩するといろんな姿が見えてくる。
さすがに仏教の国で町では、日曜日になると花を添えお香をたいて
祈りを始める。
民族衣装着けたきれいな男女の舞もやっている。思わず両手を合わ
せて感謝の想いが・・・・。

バンコクには、カンボジアの内戦から逃れて来た心身ともに傷つい
た人たちの姿も町の通りで見かけた。

日本に生まれ育った幸せに思わず母の姿を想い「ありがとう」と
空にむかって言った。

バンコクから二時間ほどバスに乗ってパタヤの町に移動した。
ハワイを思い出す南国の町であるが、ハワイと違うのは、途上国で
あること。ここでも格差な社会が見られた。

夜になると若者があふれにぎわう。なんて人が、出店が、多いで
しょう。バイクやトラックが多く、最近になって日本車できれいな
タクシーになっているらしい。
自転車は全く乗らないと言う。そういえば、滞在中に一台の自転車も
見かけなかった。

ほとんどが日本車であり、日本車に乗っている人たちは、セレブ系
であるか、タクシーかであるようだ。

子どもの姿は、あまり見かけなかったが、夜になると所どころで
花を売っている姿を見た。
観光地では、日本のように祖父母と日中は遊んでいる子どもも見か
けた。学校や保育園などもあるのだろうが・・・・。

十代でお坊さんの修行をする男の子もいる。

日本の子どもたちは、ある意味ではしあわせ???。

感慨深い旅行でもあり感謝の日々でもあった。

ありがとうございます。世界平和を・・・・。

sukomomo at 19:38コメント(0) 

2007年09月21日

暑いのは温暖化のせい??

アオTシャツクマ

9月のお彼岸もくるというのに毎日暑い日が続いていて
「こんにちは」が「暑いですねぇ」と。
環境委員協議会に任命を受けて、私でお役に立てるだろうかと
少々不安である。

男女共同参画「かぷりあ祭」の実行委員会では、何をするにも
まずは、「集う」ことが大切ということで今年のテーマは、
「集う・つどう」となった。

登録団体90も越しているが、子育て支援ネットも2年目を
迎えて、子育て相談会や交流会のリーダーシップをとった昨年と
今年は、集って笑って楽しいお祭りになればと思う。

たくさんの乳幼児の子育て親子が参加できる祭りと男女共同参画
の取り組みの広報と次世代育成としての役割的なお祭りになれば
と思っている。

今年は,色々な役が回ってきて、大忙しい。
ともに学ばせていただける年だろうと謙虚にありがたく
受けて精一杯やらせていただこうと思う。

図書館のことも子育て支援のことも保育園の給食のことも
課題は、尽きないが仲間とともに分かち合い地道に活動するのみ
の今日である。




sukomomo at 20:02コメント(0) 

2007年09月18日

シルバー人材 シニアワークプログラム事業

はくしゅくま

シルバー(60歳からの)保育支援講習会講師を3日間にわたって務める。

第1回目の今日は、 峪勸蕕道抉腓慮従と保育の心得」一時間半
◆峪勸蕕討凌瓦反搬里糧達について」2時間の2テーマについて、

間に休憩は、10分間だけで、途中入れるのも忘れるほど熱心に参
加をしていただいた。

色々な子育て情報に心を開き、感動や気づきや役割など、ワークも
取り入れ発表もしていただく。約4時間もあっという間に時間がきた。

終了後に「すごくよかった」「こんなにみんな熱心に聴かれるのは
めずらしい」「先生のファンになりました」「この頃の子育ては駄目
だっていうだけでした」「もっと前向きにすごしたいと思った」
「もう一度子育てをしたくなった」「なにか役に立ちたい」
「わかりやすくて感動した」「次回がたのしみです」など等
わざわざ帰り際に声をかけてくださった。

シニアの方たちは、子育てを終え、孫育てや介護にあたっている方
たちで、私より人生の先輩者であるにもかかわらず、こんなメッセー
ジをいただき、うれしくもあり、ありがたくもあった。

今日の出会いに感謝です。
次回も精一杯させていただきます。楽しんで!。



sukomomo at 19:45コメント(0) 

2007年09月17日

こんにちは赤ちゃん    

ごきげんあかちゃん

今日は赤ちゃん実行委員会(鳥取大学医学部と協働)において
児童文化センター、子育て支援ネット、未来等の協働により
0歳児の赤ちゃんとお母さん・お父さん10組と小学生、中学生、
高校生、大学生の38名により実施。

10月、11月と小学校、中学校でふれあい教室を行う関係上、
学校の先生方や大学の教授、県議会委員等のギャラリーもあって、
大賑わいであった。

何よりも父親の参加があり、男子生徒への期待も募った。

赤ちゃんは、自然体でオムツ交換や授乳、泣く、笑う、動く、
声を出すなど実際に触れ合っての体験は、「僕もこんな小さい頃が
あったんだ」とか、「親はたいへんだったんだね」、「かわいいな」、
「思うようにいかないね」など、感謝や命の大切さなど生徒の感想。

親たちは、この子が大きくなったらという気持ちで生徒と接し
客観的に我が子を見ていとおしくなる。
生徒に子育ての体験を話すことで育児の大切さや喜びを再確認できる。

そして、会場にいる全員が赤ちゃんのエネルギーに影響されて、
笑顔ややさしい顔つきになっていき、幸せな時間が流れていく。

行政との協働で位置づいていったらどんなにか子育てや次世代育成に
繋がっていくことでしょう。
今回も実行委員としてこの場にいさせていただき本当に感謝でした。
ありがとうございます。

sukomomo at 19:06コメント(0) 

2007年09月14日

大山町の子育ては頼もしい

うさちゃんと

教育委員会と福祉課と一緒になって子育て支援を行っている。

乳幼児期から思春期までの教育プログラムも実施され、小学校の
先生が保育園に配属されるなど、珍しい取り組みもある。

行政が横のつながりの元で子育て支援をするすばらしい現場を
本日は、突然に行くことになって、その一こまを拝見することになった。

10月の中学生徒のふれあい会の打ち合わせの前に、福祉センタ
ーで、子育てサークル会を行っているとのことで、覗いてみた。

子育て支援センターの職員と保健師、相談員等の支援者が親子で
の運動遊びや簡単な手作おもちゃを作成した後、それを使って
みんなで遊びを展開等々。

親子共に動き、笑い、声を出して楽しんでいる。
20組ばかりの親子で100畳くらいの和室を存分に使って、
ハイハイをする子、走る子、座って動きの兄姉の様子を見ている子、
動きも自然に楽しめる設定に遊具等を置き、親子で楽しんでいる。
すばらしい風景であった。

何よりも、親同士が知り合いになり小学校に行くまでの人間関係
作りの基礎ができる。
地域の子育てサークルは、とても大切であることを改めて実感した。

また,10月には、教育委員会主催のすばらしい研修会も企画されている。
老人も巻き込んでの子育て教育など、楽しみである。
日程は、10月7.8日大山青年の家にて。盛りだくさんの研修内容。

sukomomo at 18:58コメント(0) 

2007年09月12日

自我の芽生え 2歳前後の子育て

ふたごちゃん

友達に誘われて、久しぶりに美術館に絵画展を見に行った。

待ち合わせに少し時間があったので、美術館の広場
の木陰で森林浴のようなゆったりとした中で風や
日差しや水、緑の木々。

そんな中で図書館から2歳になろうかと思われる女の子が、絵本を
手にもち、天気がいいというのに真っ赤なかわいい長靴を履いて
歩いてきた。
ママは,何冊かの絵本をバッグに入れて、後からついて来る。
思わず声をかけたくなった。

「2歳になりますか?」ママは、びっくりしたように立ち止まって
話を聴いてくれた。長靴を履いていること、言うことを聴かないこと、
しっかりと成長をしていること、この時期ママは大変だけど大きな心
で接することが大切であること、大変さを共感し、
「いいお母さんしてますね」といったことなど等。

笑顔が返って色々と話が弾んだ。ほんのひと時の出会いの場であった。
女の子は、誇らしげに(一人前の態度で)石の上に座り本をひろげた。

2歳児の自我は、親が必ず悩んでしまう時期である。
成長していることのありがたさを心にとめて時間にゆとりを持って
接してほしい。
今日のママは、そんなママで来年4月から職場復帰だという。
今の気持ちを大切に・・・・。応援してます。

sukomomo at 09:45コメント(0) 

2007年09月11日

妻木晩田遺跡は自然がいっぱい

フウケイ

小・中・高の同期生と妻木晩田遺跡にいった。
昔幼い日に、「あの山によく遊びにいったものだね」と、
懐かしさもあってみなで意気投合。
昼食を共にしてから運動がてらのハイキングとなった。

何かほっとする空気と芝生の緑の涼しげな、蝗が、蝶が、鳥の鳴き
声が、青空の中に雲が、日本海は弓ヶ浜が、木々が、さわやかな
風が、幸せなひと時を、その中でおばたりあんの話に花が咲く。

広広とした芝生の広場や丘は、ちょうど歩き始めた子どもやちょろ
ちょろと目が離せない2歳児くらいの子どもにも、安全でゆったりと
遊ぶスペースがあって、子育て中のママたちはこんな所に連れてき
て遊んだら子どもものびのび、ママたちはゆったりとできそうだと思った。

周りの木々を見渡すとアケビ・やまもも・萩のはな・かずらなど等の
自然もいっぱいである。

もう少し、秋になってまた来ようと帰宅に向かった。
子どもごころに返った幸せな一日であった。

sukomomo at 19:38コメント(0) 

2007年09月10日

協力のお願いとお礼

車あそび

12月9日公開子育て講演会(右サイドに案内)・
10月22日・25日福生東小学校こんにちは赤ちゃん教室
のポスターやチラシができたので、あちらこちらへお願いに
まわった。

皆様快く応じていただき感謝です。
まだ伺っていないところは、手分けして回ります。
いろんな方にいろんなところで子育てのこと知っていただけたら
うれしいです。

今しかない一つ一つの発達がいとおしくて、かわいい時期をうーんと
楽しんでほしいと思います。

子育て支援センターに久々に訪問しました。
来所されている親子は少なかったけど、いい顔をして「4人目が
できた」と、懐かしいお母さんにお会いしました。

地域に根ざした支援センター・子育てサークルをこの時期活用して
ほしいと思います。
そこから、何かが広がり気づき子育ての楽しさも分かち合えるのですから。

支援センターの職員の方々もこのブログを見てくださっているとのこ
とでした。
ぜひとも子育て支援ネットの会にご参加ください。
お待ちしています。
本日は、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。


sukomomo at 19:45コメント(0) 

2007年09月08日

9月定例会 茂美先生「言葉の発達」講演会

みるく

茂美先生をお迎えして、言葉の発達についての勉強をする。

胎児からおなかの中でお母さんの言葉をしっかりと聞いていること。

人間として0歳児からオン・オフサイクル(番の学び)を備えてお
り、授乳の際もオン・オフサイクルを繰り返している。
そのときに母親とのやり取りができ、私の番、あなたの番という風
にコミュニケーションの基礎が培われる。

1歳児になると一語文・二語文・三語文・多語文といえるように
なり否定語の「いや」を覚える。このとき自我が芽生えている。

2歳児になると、何でも「自分で」など、反対語・あくたれことば
がでて自我の成長が見られる。
この時期、言うことを聴いてくれないと悩む親たちは、成長したこと
と喜ぶべきで、向きになって正しいことを教えなくても
子どもはちゃんと理解している。

3歳児になると、思考が深まる時期で、約束ができるようになる。
反抗期でもあり,たくましい自己認識が芽生える。
詳しいことは,書ききれないが、こどもは、すでに何でも理解して
いて、段階を経て言葉にしていく。
成長の段階を共に楽しむことが親としてのゆとりある子育てに
繋がっていくことを改めて感じた。
ありがとうございます。

sukomomo at 19:57コメント(0) 

2007年09月05日

がいなネットフォーラム・協働

公園3

9月30日文化ホールにてがいなネットフォーラムが開催される。
協働シンポジウムにてパネリストの意見交換が行われた。

行政と市民・市民と市民・企業と行政と市民・等々の協働について
のなかで、子育て支援での協働は地域と行政なしでは語れない。

協働と打ち出したからには、なびこ市のように行政の全課で子育て
支援の取り組みを行い、市民にオープンでなければ少子化は改善
されないように思う。

財政が苦しいからこそ、寄り添っての街づくりを市民の幸せを考え
実効していくような協働の取り組みが不可欠ではないかと思う。

子育て支援には、やはり地域で地域の子育てサークルが中心とな
って、子育て中の親のみならず、みんなで実施していかなければ、
虐待やいじめなどの問題は解決できない。

地域の子育てサークルは、親子育ちの基本であり、保育園・学校へ
と繋がっていく。
子育てサークルを地域全体で盛り上げてほしいと強く願う。

sukomomo at 09:14コメント(0) 

2007年09月02日

アートスタート(ぐるぐる)

オレンジあかちゃん

境港市・日吉津村でアートスタートが開催された。

「ぐるぐる」は、0〜3歳児対象としたパホーマンスで
赤ちゃんが発する「うー」「あー」「ぱうぱう」等などの
表情豊かなしぐさや音で表現し、言葉がなくてもしっかりと楽しめる
また、参加者と共に展開されあっという間の30分間であった。

テレビやビデオと違い本物を目の当たりで感じる子どもたちの
表情は、真剣さと笑顔との繰り返しで、一緒に参加した父母たちも
笑いのエネルギーが漂っていた。

いつもでなくても年に何回かは、実の演劇等の体験をさせることは
生涯の宝物になることだろうと笑顔で参加する親子を見て、幸せな
気持ちになった。

こども未来ネットワークさんありがとうございます。

sukomomo at 19:48コメント(0) 

2007年09月01日

夜回り先生こと水谷修先生講演会

デビル

水谷先生の講演会を聴く。
テレビ等で夜の町にたむろう子どもたちを救うために命をかけて
働きかけるエネルギーに圧倒され息つく暇もないくらいに話に
引き込まれていく。

大人や子どもたち問いかけ、真剣さはすごいと思った。
実践と行動が伴っていて、だから非行に走った子どもたちも
夜回り先生には、心を開いていくのだろう。

暗い世界に入って後悔をするエイズ患者の女の子の話、リストカット
をし生きている証を確かめる子の話、一人一人真剣に向かい合い
心と心をつないでいかれる。51歳とは見えない白髪頭、人柄は、
人生をかけた子どもたちへのやさしさがにじみ出ていた。

私にできることは?と問うてみた。
もっと真剣に生きることへの反省と、できることから身近な人たち
への大切な時間をすごすよう決意を新たにした夜であった。

そして、足元をみてこころみつめて生かしていただこうと思う。
ありがとうございます。

sukomomo at 19:22コメント(0) 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: