2008年08月

2008年08月31日

創業塾

行政書士の知り合いにすすめられて「これからきっと役に立ちますよ」と、商工会議所主催の創業塾に約一か月の土日を費やしての研修会に先週から参加することになった。
全課程は無理だけれど(土日は講演会等で詰まっている)できる範囲で仲間入りをさせていただくことにした。
皆さんそれぞれでこれから独立をして何かをやろうとする人ばかりで非常に参考になった。
全く違う分野だけれど、チャンスはどこにあるのか分からないと思っている。
とんでもないところから自分の能力が発揮できる場合もあるのが面白い。
これからも楽しんで参加をしていこうと思っている。

sukomomo at 18:15コメント(0) |  

自治基本条例検討委員会

来月に、「協働でまちづくり」をテーマにシンポジストとして出席するために、金曜日夜、自治基本条例の会に(遅れての参加であったが)仲間入りをさせていただいた。
エネルギッシュで皆さん熱く語られ、参加型のために参加者全員の意見交換もでき、これからのまちづくりや人づくりの自治としての約束事がなされる大切な条例であるプロセスを見守りつづけていきたい。ひとり一人の自治に対する関心と住んでいる町をいかに好きになって次世代に残していくかであると思う。

sukomomo at 08:31コメント(0) |  

2008年08月28日

生涯読書をすすめる会 新たな出会い

生涯読書をすすめる会の本日のミニトークは、南部町の「おはなしドン」のお二人の活動をご披露いただいた。手作りの大型人形や、布絵本などすばらしい手作りのもので、子どもたちに提供されている。その陰には、南部町の図書館のバックアップが基礎となっている。
公民館での活動も安心しての啓発の場にもなっている。
なんと言っても大変だけれど、楽しんでやっていることが子どもや周りの人たちへ伝わっているように思った。今日もすばらしい人たちとの出会いに感謝です。
ブック&ライフの情報誌も出来上がりすばらしい出来上がりとなった編集のNさん大変お世話になりました。有難うございます。

sukomomo at 19:28コメント(0) |  

2008年08月27日

老眼鏡のありがたみ!

老眼鏡を忘れちゃって、仕事場にあるのを借りるが合わない!
周りの人たちのやさしい計らいで一緒にゼンリンの小さな小さな文字や数字を確認した。
老眼鏡のありがたみが無くてはじめて分かる。何でもそうなんだよね。なくなってみて初めてありがたさが分かって感謝ができる。
周りの皆さんの行為もありがたく幸せに思えた。老眼鏡を忘れたことでたくさんの新たな発見もできた。
今日は、不登校の子ども達とも会えて話ができた。みな自分を認めて欲しいし、しっかりと考えている子ども達であった。それぞれの個性があって、みんな一緒にできない妥協できないからだろうなぁと感じた。
やりたいことを見つけて人生を楽しんで欲しい。

sukomomo at 19:52コメント(0) |  

2008年08月26日

保育支援研修会のシニアのみなさま

車あそび保育支援の私の担当は、今日の二回目を無事終えることができた。コミュニケーションがテーマだったので参加者の方々の顔つきが生き生きとしてくるのがよーく分かった。
笑顔で発表されたり、ゲームを真剣にされ、分ち合い、私自身も共に楽しんでできたことが何よりも嬉しいことでもあり、参加者の皆様にも伝わったのであろうと思った。
ひとり一人の感想をいただき、疲れ知らずの半日間となった。
今日の経験が、孫育て・近所の子育て・仕事へと生かしていただければこの上ない喜びである。有難うございます。

sukomomo at 20:22コメント(0) |  

2008年08月24日

子育てフェア お疲れ様!

子育てフェア盛り上がったね!
「えるもーる商店街がこんなに人が集まったことが無かったよね」と見に来ていた人から声がかかった。
子育ての旅は全員ではなかったけれど(お産や夏休みで実家に)同窓会をかねて子育て意見交換会と子育て相談を行なった。
さすがに子どもを通してのいろいろな学びが飛び交う中で、しっかりした意見や本音で話せる安心の場を経験したママたちは「違う」と思った。
今回はじめて保健師・助産師の子育て支援ネットのメンバーにも加わってもらったが、ママたちがとてもしっかりした意見をもっているのでびっくりされ、子育ての旅で成長された効果もあることを実感されていた。
秋には第二期生募集のことや託児と最後の分ち合いに参加できることを伝えると歓声を上げている姿が見られた。
子育てフェア無事修了。西部保健局の皆様をはじめ大変お世話になりました。
西部地区子育てサークル代表者会のママたちも凄いパワーである。その陰には大山町と日吉津の子育て支援センターのお二人の力が大きい。お世話になりました。お疲れ様でした。

sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2008年08月23日

乳幼児期にいじめなんてありません

アオTシャツクマ子育て相談の中に幼稚園・保育園にいっていて、「子どもがいじめにあっている」というママたちがいますが、はっきり云って「いじめなんてありえません」家に帰って子どもが悔しい思いをしたときに親に訴えることはとてもいいことですが、「いじめ」を前提に受け止めてあおるようなフォローをしていたら、その子は被害者意識が高まります。
乳幼児期に喧嘩をしたり、悔しい思いをしたときにその気持ちを受け止めて共感することは大切ですが、そのときにどうすべきかを年長組になる子ども達は一緒に考えて子ども同士での解決策をとるようにしなければいけません。
一方的に聞き入れて解釈していたら溝が深まるばかりです。相手の気持ちはもちろん、お互いの気持ちが行き合うように親や保育士は配慮すべきです。
せっかくの人間関係の学びからの成長を妨げることにもなります。
一方的に非難をすることは解決に至りません。
子どもは、けろっとしてまた一緒に遊びます。大人の方がネにもっていることが多いです。
子どもを信じて口出す前にそっと見守っていくことが大切です。子どもの力を信じましょう。

sukomomo at 19:27コメント(0) |  

2008年08月22日

保育支援研修会  シニアの皆様の気づき

ヒヨコ2昨年に引き続いてシニアの皆様の保育支援研修会の講師を勤めさせていただいた。
皆さん熱心で、今年は男性2名もの参加もあった。心の発達の道すじ等詳しく話すと、もっと早く知っていたら子育てを失敗しなくて済んだのにと何人もの方たちが感想を述べられた。
「そのときそのとき親として一生懸命であったから子どもにはちゃんと通じていますよ。」と投げかけた。
だからこそ、こうして研修などに参加して学ぼうとされている人たちであるから。
今夜、美術館へ葉祥明氏の展覧会を鑑賞した。その中に
母親というものは
母親というものは無欲なものです。
我が子がどんなに偉くなるよりも
どんなにお金持ちになるよりも
毎日元気でいてくれることを
心の底から願います。
どんなに高価な贈り物より
我が子のやさしい一言で
十分過ぎるほど幸せになれる
母親というものは
実に本当に無欲なものです
だから
母親を泣かすのは
この世で一番いけないことなのです

絵も文も素敵でした。

sukomomo at 20:32コメント(0) |  

2008年08月21日

子育てフェア 最終打ち合わせ

イルカ8/24子育てフェアの開催に伴ない最終打ち合わせが行なわれた。たくさんの団体と子育てママたちのふれあうイベントとして子育て交流会ができればいいと思っている。
子育て支援ネットは、子育ての旅の同窓会をかねて意見交換会と子育て相談会を企画しているが、お祭りのにぎやかな中での子育て相談はほとんど無いものと思っている。
イベントなどを「子育てママたちを応援していますよ」という雰囲気が伝わり安心して子育てができればいいなと思っている。
このまちで子育てをして良かったというような楽しい交流ができることをイメージしている。
参加者もスタッフも楽しんでの一日にしましょう。

sukomomo at 20:20コメント(0) |  

2008年08月20日

赤ちゃん訪問

赤ちゃん訪問は大切だと痛感した今日であった。二、三日前も訪問したのだが、お留守のようで会えなかった。今日はタイミングよくママと赤ちゃんともに接することができた。
ちょうど離乳食を食べてくれないと半泣きべそをかいている若いママは、あの手この手でミキサーにかけ離乳食を作って食べて欲しい一身であった。
そんな気持ちを赤ちゃんは知る由も無く、初めての味に違和感を感じて口をつむいでしまう。
体重も増えないし心配は積み重なるばかりである。
そばで実際に食べさせるとちゃんと食べてくれるようになる。ちょっとしたコツがある。
ママが食べる真似をしたり「もぐもぐ」と声をかけたりしながらタイミングも必要である。
そんな時に経験者であるママ友やおばあちゃん等がいてくれて、ちょっとした一言でも安心するものである。
今の子育てママたちは、特に転勤してきたママたちは、不安を抱えて子育てをしている。
一生懸命に子育てしたいと思っているママたちだからである。そんなママたちへ、手を、心を差し伸べて欲しいと思います。

sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2008年08月19日

人の噂

しましまシャツ世間話で、よく人の噂を耳にする。「あの人もこの人もこんなことを言っていた」と、人からの情報は100%鵜呑みにしないというのが、私流である。
その人と会って話してみる事をしたいと思う。初めて会おうとする人の先入観を人からの口伝えは、参考にする程度にして新しい気持ちで接したいと思う。
それが、人との関係で大切なことだと思っている。
その人の気持ちに寄り添うことから・・・・。

sukomomo at 21:13コメント(0) |  

2008年08月18日

協働のまちづくり 打ち合わせ

協働のまちづくり・・米子を元気にする入り口を見つけようと題して米子市女性団体主催のフォーラムが開催される。
そのパネリストに子育て支援の立場からと云う事で参加することになったために打ち合わせが行なわれた。パワーポイントでした方が分かりやすいからと考えていたが、持ち分が10分間という短時間の中で発表をしなければならない。
米子を元気にするために子育て支援としては、何がポイントとなり、市民の皆様に賛同していただけるかである。
重大な課題をいただきあれもこれもと、お話できない分、どこに的を絞って話したらよいか整理をしなければ・・・・。
子育てママたちはのニーズと援助者の思いが一致できる提案を探る学びとなりそうである。

sukomomo at 19:57コメント(0) |  

2008年08月17日

スポーツ 健康な心と身体

オリンピックも凄いが、今日は、中学生の陸上競技大会も開催された。
暑い中で走ったり、飛んだりそれはもう元気でなければ動けないであろう。
当たり前のことだけれど、心が病んで動けない子供たちもいる。
健康な身体と心が伴なっていなければならない。
不登校の子ども達と関わっていて、こんなにも元気で動いている子ども達を見ると、普通でいることがとてもとてもありがたく感謝なのである。有難う。

sukomomo at 19:48コメント(0) |  

2008年08月16日

文化が創る 地域の力

公園1文化と歴史に根ざしたまちづくりフォーラムが開催され、鳥取市出身の林田国立新美術館館長の話を聴いた。
国立新美術館は、六本木ヒルズ近くの緑に囲まれた美術館の並ぶ中に建てられ、亡き黒川氏の自慢の作品らしい。
行政サイドの中で福祉と文化と教育にお金をかけていく地域は、すべてが潤っていくとも言われている。
米子市は、残念ながら文化にも福祉にも教育にもお金をかけて取り組むことからは手の届かない位置にいる。
ひとり一人の意識が変わっていき、文化にも福祉にも教育にも影響は大きいという人材育成があってこそ本当の町づくりのができるのでは、と今日の話を聴いて痛感した。

sukomomo at 19:45コメント(0) |  

2008年08月15日

子育てフェアのPR

ヨウコソキシャポッポ子育てフェアが8/24米子えるもーる商店街で行なわれる各団体や子育てママたちの積極的参加のお祭りとでも云うイベントである。
子育て支援ネットもその中で子育ての旅の参加者(ママ)を中心に子育て意見交換会・子育て相談会を催しする。
お祭り騒ぎの中ではあるが、悩みも吹っ飛ぶような楽しさがあってもいいのでは?と思っている。
地味ではあるが訪れた人とのコミュニケーションを大切に、みんなで子育てを支えあえる催しになればと思っている。
ゴスペルオーブやりーふ、子育てサークル、幼稚園・保育園、みんなで交流楽しみましょう。

sukomomo at 19:30コメント(0) |  

2008年08月14日

かぼちゃのコロッケ

かぼちゃがたくさんあるので何かに使って欲しいと姉からの提案で、かぼちゃのコロッケを作った。まあまあの出来上がりになったので皆食べてくれればいいな。
子ども達やパパは、「かぼちゃは苦手」といいながらも、私が作ったということで食べてくれた。
皮が厚くて剥くことを手抜きをしたこともあり、「カリカリして美味しいよ」というと「うん」なんていいながら食べてくれた。
作った人への気遣いができるような年頃になったんだね。有難う。今度は、もっとうまく作くるからね!

sukomomo at 21:03コメント(0) |  

2008年08月13日

背比べ・・大きくなったねぇ

ゆかたのこどもお盆は、姪や甥っ子の子ども達とも会えて成長振りを見るのが楽しみである。
今日は、高校3年生で受験勉強真っ只中で頑張っている、いつもやさしくてかわいいS君と中学1年になった実家のD君と背比べをした。
私の身長をはるかに超して、ウエストが私の胸まで来ているので周りの皆から大笑いを受けた。大きくなったものだ!
D君は、陸上部に入っていてお墓参りにランニングでいった。もちろん私達はチャリンコで走る。祖母のお墓で少し遠いもう一つの場所である。
チャリンコで走る夕暮れのひと時を緑の稲穂や海や少しだけ涼しくなった風を感じながら幸せだなぁと思った。子ども達の成長と笑顔がとても嬉しい。ご先祖様に感謝です。

sukomomo at 20:39コメント(0) |  

2008年08月12日

母への想い

お盆がやってきました。いつもいつも母への思いは忘れることはないれど、お盆はさらに思い出が募る。親ってなんてありがたいでしょう。
それが当たり前だと思っていたけど、家庭訪問などの親子を見ると、あどけない子どもの笑顔と対象的に威嚇し心が安らいでない親たちも少なくない。
子どもの笑顔をよーく見て欲しい。威嚇や不安を抱かなくても大丈夫だから。
人それぞれというが、子どもにしてみれば親によって行き先が変わってしまうこともあるのだから。
安らいでゆったりと自然に任せれば何とかなるよ。沖縄の言葉で「難来る無いサー」 
今日出合った中学生の笑顔がとても素敵だった!有難う。

sukomomo at 19:41コメント(0) |  

2008年08月11日

安心分ち合えること

今の子ども達は、特に女子は友達関係が困難でほんねでおしゃべりができないという。
そんなものかと、若かりし頃の自分を振り返ってみるが、今ひとつ理解ができない。
でもそうなんだろう。だから苦しんでいるし、投げ出している。
もっと自分を大切にしようよ。
自然に素直に・・・。それで駄目でもきっと宇宙の心は見捨てたりはしないと思う。勇気をもって素直に自分らしく表現しようよ。大丈夫その笑顔がそう見えるもの。

sukomomo at 23:37コメント(0) |  

毎日の暑さの中で

暑い毎日!家族や友の健康を願う。心を病んでいる子どもや親の話に耳を傾け、それぞれの思いを知る。結局は自分で気づき乗り越えていかなければいけない。その気づきのキーポイントがある。それを探るのにまだ時間がかかる。しかし、きっと乗り越えられる近い未来に希望を・・。夕食を友と共にそんな話を分ち合った。

sukomomo at 23:29コメント(0) |  

2008年08月10日

母と子は以心伝心

ママとオリンピックで世界の柔らちゃんこと谷選手のママとしてのコメントを聞いて、母と子は以心伝心すごいなぁと改めて痛感した。
子どもの発熱でママとしての心配はお互いの中で何かが通じていたのだろう。
母として子どもの病気は、自分が変わってやりたいほどの母性愛がある。
谷選手もそんな気持ちだったんだろうと思う。ウイルス系の発熱だというので余計にも心配であったろうと思う。
子どもに問題が起こったときも母親の(父親)気持ちがそのまま子どもに伝わっている場面をよく見る。
親と子は、小さいときほど一直線に繋がっていることを実感する。だからこそ、乳幼児期の子育ては後々にまで響くのである。

sukomomo at 18:36コメント(0) |  

バスケットコートでふれあい

実家の庭にバスケットコートが設置された。若夫婦の子どもへの思いであるらしい。暑い日中でも時々庭に出ては兄弟や近所の子たちと汗ビッショリになってやっている。
新築にされるまでの庭は木々や花などのスペースであったが、工事と共に取り壊されて、若い世代へと移っていき子どもへのふれあうアウトスペースとなった。
ゲームやテレビなどの多いこの世代に、いいアイデアであったと子ども達を見て微笑ましく思った。
近所の子ども達が少なくなっている中でもこうしてふれあいのできることに若夫婦に拍手である。

sukomomo at 08:25コメント(0) |  

2008年08月08日

花回廊でラジオ体操

午前3時起床。とっとり花回廊にて、ラジオ体操中継1500名の町民が集まった。
子育て親子の知り合いはもちろんのこと地域の皆さんと顔なじみになるためにも参加の意義がある。
体操のお兄さんとピアノのお姉さん?との生中継の中でばっちり息のあった掛け合いなどに、さすがプロ!!と感心させられた。
何といっても家族中での参加は微笑ましい限りであった。
教育委員会のスタッフ一同準備など朝早くからお疲れ様でした。
いい汗をかいた一日となりました。
午後は、ブックスタート。久々の参加となった。赤ちゃんはやはりいいなぁ。嬉しさがこみ上げてくる。
思春期まっしぐらの学校にいけない子どもたちに赤ちゃんのぬくもりを感じさせたら気づきも大きいだろうのに・・・・。きょうも一日有難う。

sukomomo at 17:46コメント(0) |  

2008年08月07日

夏休みとママの仕事

蚊取り線香いつものお花やさんの配達に、小学生の女の子がついて来ていた。夏休みになって学童保育に行くはずであったが、『今日は行かない』といったので職場につれてきたという。
共働きのママたちは、この夏休みは、学童保育があって助かっている。子どもにしてみれば、夏休みなのに家で過ごせない不満もあるのだろう。
職場の雰囲気が、たまには子ども連れでもオッケーであるというところならば、ママの働きぶりや社会勉強にもなっていいだろう。職場によっては子ども連れは仕事にならない場もあるけどね。
お花屋さんという仕事場で、配達や花の手入れなどママと一緒で嬉しそうな子どもは、穏やかでしあわせな顔をしていた。
いい体験ができたことと、二人を見ていて温かく感じた。よかったね。

sukomomo at 19:19コメント(0) |  

2008年08月06日

公民館教室 中学生と共に

毎年恒例になった中学生と公民館での教室が、地域の人とのふれあいを目的に行なわれた。
今年は女子生徒10名と先生2名の参加であり、基本的なことを説明したうえで自由にアレンジを楽しんでもらうことにした。
花屋さんには日頃の高価な花ではなく新鮮で仕入れやすい安値
のものをお願いしていたので、いつもの半値くらいの費用で出来上がった。(中学生の参加費用が限られることもあるので、地元で採れた季節もの)
同じ花材を使っても表情が違い、人と比べて参考になり、違いを認め合い好意的に評価もできる。
人との付き合いもこんな風にできることを感じてくれたらいいなぁと思いつつ出来上がった作品を見せ合った。
地元の大人とふれあうこの企画は、相互にとってとてもメリットのおおきい「地域で子育てを」に繋がっていくように思う。今年も出会いに感謝です。有難う。

sukomomo at 19:11コメント(0) |  

2008年08月05日

小学校の先生が保育園に

今日も暑かった!!。そんな中で小学校の先生方が保育園に視察をされている。
今度一年生になる子供たちを中心に夏休み期間を利用して子供たちの様子を把握するという熱心な取り組みである。
ある町は保育園は教育委員会に入り乳幼児期から一貫した教育(子育て)をしている。今や教育は乳幼児期から始まっていることはいうまでもない。教育といっても基礎的なことであり、ちゃんと座って最後まで話が聴けること・思ったことを伝えること・お箸はきちんと持って食べれること・基礎的な生活習慣が身についていることなど小学校までに、しておくべきことがなされていなくてならない。
それが身についていて次のステップの学習ができるのである。
英才教育といって、公文や英語教室に乳幼児期から通わせている子どもは、何等かな形でつまずいてしまう傾向が強いといわれている。
成長過程を把握して、するべきときに必要な心身の体験をさせ、基礎作りができるのである。目先の学問では、つまずいたときに乗り越える力がついていかないことを頭におき、子どもの成長を促して欲しいと願う。
保育園の子供たちは、笑顔であどけない表現で私達を受け入れてくれた。凄いエネルギーのある子供たちを見守りつづけていきたいと痛感した。有難う。

sukomomo at 19:58コメント(0) |  

2008年08月04日

子どもの自主性

子どもと猫2子どものあっけらかんとした思考や行動が何時の頃からか人の態度を見ながら左右され、それも自分の考えがいいのか悪いのかさえ分からぬままに、言葉の暴力や威圧におびえて、さらに自分を出すことに不安と恐怖に捉えてしまう。
そんな子どもたちが、のびのびとした生活をしないで人の顔色だけを伺い左右され、自分の感情をうまく表現できない。たまりたまって切れてしまうことが家庭内暴力など悲しい出来事になってしまう。小さい頃からのスキンシップを多くしてメリハリのある愛情としつけをしていったなら決して人の気持ちを踏みにじるようなことはしないはずである。
大人の威圧で子どもを育てないで欲しいし、反面、すべてが良しとしないでしっかり教えていって欲しい。
子どもの素直さを踏みにじることを大人は自覚してやってはいけないと願うのです。思春期の子供たちを見て痛感しています。

sukomomo at 20:22コメント(0) |  

2008年08月03日

小中学校 水泳大会

西部地区郡部の水泳大会を見に行った。夏休みの中で参加する子しない子いろいろある中で、やはり不登校の子どもたちのことが気になった。
今、一番の体力作りや友達とわいわい言いながらも、ぶつかり合い・強調しあい育っていく子どもたちを常識と捉えると、何かがあって躓いている子たちは、きっと抜け道を探していのだと思う。。
一番の動き盛りでお腹をすかせて食欲旺盛な時期に食欲不振と眠れない夜とに悩まされて医者にかかっている子たちが、今日のような活気あふれる場所にいない寂しさを感じた。

先生をはじめ応援合戦も雰囲気を盛り上げて学校が一つとなって競い合う。
このような体験は心の中に刻み込まれて思い出や頑張る力にもなっていく。
暑い中で先生をはじめ、教育委員会のスタッフ(よく知っている人たちばかりでした)保護者のつながりで子どもが成長する場面を見せていただきました。
暑かったけど貴重な一日となり感謝です。

sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2008年08月02日

がいな祭りの日に

ゆかたのこども恒例のがいな祭りは、最高の暑さの中で行なわれている。
実際にそばで参加することはないが、(子育てママたちがやんちゃばやしで出た頃はパレードも見に行ったものであるが)二日目の花火だけは唯一の楽しみにしている。
ベランダから仕掛花火も鑑賞でき、母たちがいる頃は、皆で集まって楽しんだものである。
今日は一週間ぶりに実家に行き、外の暑さから避暑のごとく快適な新築で話をした。
世間はがいなパレードで大賑わいの様子、仕事の合間の休日を、日頃、美容院へ行きそびれていたので、実家の帰りに久々のパーマなんぞあててもらいイメージチェンジをした???。

sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2008年08月01日

久々に ととりコロッケ

トロビカル家庭訪問が時間外になったので、帰りに夢添加工房めぐみに寄ってトトリコ豚のコロッケを買い求める。
なんとなんと!メニューが増えていてびっくりした。ここのオーナーは子育てママであり、やり手のやり手エネルギーシュで何でもできる能力派である。
見習うべきこともたくさんある彼女は、周りの人たちを巻き込み活動的である。
お店に行っても会うことはなく、いつも祖父母がフォローをされている。
トトリコ豚ひれかつをはじめて食べたが美味しい。いつものコロッケもほかほかサクサクでキャベツときゅうりを添えてできたての夕食となった。
久々の手抜きでも手作りでできたてを食べれる。ありがたいです。・・・暑さにもめげず食欲旺盛はいつもと変わらず・・・痩せる訳ないねっ!

sukomomo at 20:28コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: