2009年02月

2009年02月28日

かぷりあ祭 明日!

夕方からかぷりあ祭の準備があり、情報ステーションは、にぎわっていた。
子育ての旅は、三階の研修室のために、今夜は使用中で準備は、明朝することにした。
欠席の連絡が一人入っていたが、久しぶりに会えるママたちと子ども達の成長が楽しみである。有意義で楽しい会になることでしょう。

健康クラブでの卓球が楽しくて楽しくて、動いて・汗をかいて・声を出して・笑って幸せである。有難うございます。

sukomomo at 20:01コメント(0) |  

2009年02月27日

かぷりあ祭 早朝チラシ配り

アオTシャツクマ3/1(日)に男女共同参画センター・かぷりあ祭が開催される。早朝に広報部のメンバーが集まり、チラシ配りを行った。それぞれの職場就いている人たちなので、話していても情報が新鮮である。(チラシを配る合間に)
同じ時間帯に鳥取大学のダンス部のメンバーも、3/14ホワイトデーにジャスコでダンスをイベントのチラシを配っていた。
今年の成人式のアトラクションに来ていたメンバーだったので声をかけた。「今年の成人式はとても良かった!」と。
かぷりあ祭のチラシと交換し合い和んだ。ダンス仲間が10名位米子駅周辺の高校生たちに参加を呼びかけている姿は、何かに打ち込むエネルギッシュなすがすがしさを感じた。(朝早くからすごい!)
今日の出会いに有り難う。お疲れさまでした。

sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2009年02月26日

久々の倉吉 研修会

キシャポッポ倉吉市に(未来中心)何カ月ぶりだろう。久々のドライブ。おかげさまで天候もよく、山陰道終点の名和から大山をめがけての帰り道は、北壁の険しい雪景色が、凛々しくて見とれながら帰ってきた。
さて、研修会は、連携の大切さであり、人と人が出会い・知り合い・顔なじみになることでネットワークがチームワークとなっていく。等々。
最後の主催者の課長の体験談は共感、みんな子どもたちの成長をよろこぶ一つの線で繋がっていた。

sukomomo at 19:24コメント(0) |  

2009年02月25日

梅のはな

9仕事の移動をするときに、あちらこちらで梅の花が咲き心を和ませてくれる。
人それぞれに悩み思い(思いすぎることも)その人なりの人生であろう。
そう、割り切らなければ、人と関わる仕事をしていると、自分が無くなってしまう。
人の笑顔は、心を和ます。私も笑顔を忘れないようにしたい。
そんなことを思いながら今日の一日を振り返った。

sukomomo at 19:31コメント(0) |  

2009年02月24日

公民館の役割

どこでも人材を問われる中で、公民館運営に当たり、役割と職員の資質向上のための研修を強化する事が話された。
サービスと地域のコーディネートとのバランスを取りながら、地域の住民が使いやすいようにする。また、地域住民は、公民館の運営にも積極的に関わり、子どもから大人までの広い範囲で活用できるコミュニケーション豊かな内容を提案実施するようになれば、小さい頃からの継続的かかわりの元で地域の人たちとのつながりができ、安全で心豊かな人間づくりもできるような気がする。
子育て中のママたちも公民館をうまく活用し、地域の人との連携を取っておくことは、大切なことである思う。
公民館職員も地域の人たちへのサービス精神を忘れてはならない。(自立できる指導が必要)

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2009年02月23日

生涯読書をすすめる会 2月定例会

お茶の時間本の学校・生涯読書をすすめる会は、本の紹介や情報交換、3月8日の研修会の確認、ミニトーク、など盛りだくさんの中で、感動的なCDと著書が今日の一番の収穫となった。「めぐり逢ういのち」林洋子、「子どもの育つ条件」柏原恵子、この二点と、小学校の教育熱心な先生(安心して子どもをお任せできる)からの紹介していただいた本も加えて注文してきた。
三浦靖子さん学習会(ブログ右欄紹介)は、前日に食事を共に話も聴ける。楽しみである。
BOOK&Life情報誌21号もできあがっていて情報盛りだくさんである。参加して得した気分!おやすみをとって来てよかった!感謝です。



sukomomo at 19:24コメント(0) |  

2009年02月22日

日々の糧というレストラン

米子駅前通りのホテルの二階に自然食のレストランができたというので、一度行ってみたいとのメンバーからの意向に賛同し実行。
落ち着きのあるスペースで、出てくる野菜や玄米ご飯、デザートはゴボウとココアのケーキに豆腐のチーズ風ケーキで食べていて真から身体がよろこんでいるような気がした。
子育てママたちにも配慮してあり、授乳室なども備えてある。
野菜中心であるが、しっかりとお腹も満たされて、時間が経っても玄米のせいか、腹持ちが良い。(私ばかりでなく他の人も同じ感想)
子育てママたちも子連れでゆったりと家族で・ママ友などと良いのでは? お薦めですよ。

sukomomo at 18:04コメント(0) |  

2009年02月21日

久々の片山 節

オレンジあかちゃん子育て支援ネットの会で、来年度は、支援者としての勉強会も強化し、ネットワークのつながりと情報交換をしながら支え合いの子育て支援ができることを、分かち合った。せっかくのランチ会をかねた食事会で新たな情報が得られた収穫がそれぞれの役割で効果的に発揮できればと思っている。
もっとたくさんの人たちのネットワークの輪を広げていくことも課題の一つ。

その後、前鳥取県知事の片山氏の話を久々に聴く。鳥取県の教育環境に力を入れ、図書司書・30人学級・文化芸術が教育には無くてはならない。
読解力の欠けている今の若者は、学力の前に、想像力や人の気持ちなど大切なものを養い、それが学力にも繋がっていくことなどを話され共感。
行政がすることは、教育・福祉・医療の3本柱であること。
来年度は市長選挙も控えている。本気で次世代のためのまちづくりを情や力関係に惑わされないで、大きな視野を持って立ち向かっていく市長を選ぶことが大切と痛感した。

sukomomo at 19:55コメント(0) |  

2009年02月20日

ママたちの同窓会

マフラー「子育ての旅」の二期生のママたちの集まりを今日行ったという報告を受けた。セミナー終了後も自発的に集まって分かち合い、親子での遊びをしていくことが、願いでもある。嬉しい情報である。
3/1かぷりあ祭で(一期生・二期生の合同・同窓会)の再会が楽しみでもある。

久々に、ゴスペルのKさんに健康クラブでお会いした。先日の大山西小学校の子どもたちが、お礼の感想を書いてS先生から送られてきたことで、
ひとり一人の感想が、すばらしく自分の考えをしっかり書いていて、感動したという話を聴いた。
先生のこれまでのご指導に改めて感謝すると共に、家庭での子育てに繁栄して欲しいと心から祈った。有り難うございます。

sukomomo at 19:37コメント(0) |  

2009年02月19日

小学生の授業に「たばこ」の講演会

ヒヨコ2好奇心からたばこを吸ってみる子がいるという。「たばこ」が成長発達に於いて、いかに害であるのか、スライドを通してわかりやすく、反面、怖くなるような授業であった。「たばこ」の仕組みや害の量などの比較等、子どもたちは興味深く聴いていた。
参考までに、外から吸って家に入ってきたときには、吸っている人との差は、わずか8−7の1ポイントしか違わないことも分かっている。吸う事よりも外側の煙の方が50倍多いとか。
特に赤ちゃんなどはもってのほか、子どもが居る家は「たばこ」は良くないことを肝に銘じるべきである。
お医者さんの講義で、手品を交えての楽しさも加わり子どもたちの心に残った事であろう。
是非とも中学校での講義をおすすめしたい。有り難うございます。

sukomomo at 19:10コメント(0) |  

2009年02月18日

子育て応援

うさちゃんと今朝の新聞「潮流」に子育て応援の記事が載った。職場に行ってまずはそのことを聴き、コメントをいただいた。
『小さいときからこのような話を聴いたり、関わり合いがもてたら、中学生になる頃には、きっと親としていろんな問題にも乗り越えることができるでしょうね。』と。
そうであって欲しいとの願いが、継続セミナーを通して伝わり実践できることを、願いながら、イメージが広がっていく。有り難う。

sukomomo at 18:49コメント(1) |  

2009年02月17日

確定申告

まねきねこ今日の貴重なおやすみを利用して、書類を記入し、源泉徴収書を添付し、感謝の元で確定申告に行って来た。
計算等自信もなく税理士さんへ確認していただき、提出してきた。
何か一つ仕事をやり遂げた気がして、ホッとした気分である。
新聞の原稿もでき、明日記載の予定である。
いろいろな方々にお世話になりながら、今日も一日充実して過ごせました。〜感謝〜。


sukomomo at 19:24コメント(0) |  

2009年02月16日

春一番から急転・・雪がふる

ゆきんこ仕事で移動をする際に牡丹雪の舞い散る風景をみて、「なんて美しいのでしょう」暖かな日から一転したけれど、自然の厳しさと美しさと、それでも美しい方を感じて過ごすしあわせを嬉しく思う。
電話相談の中で、物事を悪い方へと思い何でも人のせいにしてしまう人がいる。なんて可愛そうな人でしょう。人と比較して、プラスに発展する努力をして欲しいと願うが、客観視できないのだ。心の中で祈りながら「大丈夫・大丈夫・・・」と励ますのみである。

sukomomo at 19:32コメント(0) |  

2009年02月15日

しあわせにする食べ物って!

脳とからだに栄養を与える・・・とのテーマで茂木健一郎氏の著書によると、細胞を不幸にする食べ物には、ハンバーガー・色の付いたカップケーキ・チーズ加工品のクラッカー・白い食パン・フライドポテト・アイスクリーム・・・やる気が無く、疲れやすい。
甘いのを控える・野菜中心の食事・果物・・・身も心も軽くなってエネルギーが満ちあふれるようになった。
エネルギーや心の持ち方が、食べ物と関係しているって科学的にも証明されているとのこと。
何となく分かる気がする。予備校に勤務している東京の親友が、お弁当にコンビニの弁当を毎日持ってくる子と手作り弁当を持ってくる子との合格率が違うと言っていたことが納得である。自給自足の時代はもうすぐそこまできているのかもしれない。
子どもが嫌いだからではなく、昔ながらのお祖母ちゃんの味に自信をもって孫育てをして欲しいものである。

sukomomo at 19:29コメント(0) |  

2009年02月14日

健康クラブでの卓球に達人が

ご夫婦で健康クラブに来られている方の中で、国体にまで出られたという卓球の上手な方がいて、マシーンをするよりも何とも楽しい運動になり、はまってしまっている。長く続くようにきっと手加減をしてくださっていることと思うが、思い切り身体を動かせるし、素早く反応しなければならない。汗びっしょりになり何とも「やったー!」の充実感で気分もリフレッシュできる。インストラクターの方をはじめ、いろいろな方とのコミュニケーションも卓球を通じてできるし、良い運動ができて感謝です。
お相手有り難うございます。

sukomomo at 19:36コメント(0) |  

2009年02月13日

外遊びをどれだけできる?

公園3昨日の講演会に引き続いて、子どもたちは、外遊びをどれだけしているのだろうか?ともかく全身を動かしての集団遊びを幼児期から小学生時期にたくさんしておくことが、大切である。
親の休暇を利用して遠出をしなくても、近くの野山での遊びを近所の子どもたちを誘って思いっきり動きまわってほしいものである。
親たちは、ゲームばかりしている我が子をみて愚痴をいう。「友だちがもっているからもたせるのだ」と。多くの親たちが言っている。そんな親たちの集まりをして、どうしたら良いのかを分かち合えば子どもへの一貫した対応や、親同士のコミュニケーションもでき一石二鳥の名提案だと思うがいかがなものだろう。

sukomomo at 19:18コメント(0) |  

2009年02月12日

新一年生のための子育て講座

入学式大山を真正面に自然の環境は豊かで、なぜか懐かしさを感じる小さな小学校での講演会。昨年の住民のための講演会に引き続いてのありがたい依頼であった。
先生方の忙しさは、訪問する度に大変さを感じている。それでも落ち着きと思いやりの配慮を保ちながら保護者や生徒へ対応されている。(当たり前のことだけど・・)
子育てをめぐるいろいろな問題もある中で(社会情勢)、地域住民とともに子育てをしていくことが大切。小学校に入る保護者への協力は、最初が肝心である。そんなきっかけやこれまでの振り返りをして、入学に備え、これからの6年間を家庭の土台の元で学校とともに親も子も、そして先生方も学び合い成長をして欲しいと願う。
講演直後に、母親と通り過ぎ「とても参考になりました」と声をかけていただいた。
雄大な大山の雪景色を後にし感謝。今日の出会いに有難うございます。

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2009年02月11日

親を看るということ

16親友が東京から田舎の山形まで年老いた母親の面倒を看に休みを利用して帰る。
離れているから、心配であろうし、仕事も早々休んではいられないから本当に大変なことだろうと思う。仕事をもつということは、はるか昔、自分の子育てでは、楽しみも我慢をして、休暇といえば、子どもが病気になったときのために使い、同僚には気を使って母親として、たくましく生きてきていた。
近くにいたならば、何か支えて手をかすことができるのだろうが、彼女の懸命な生き方にそっと見守るだけしかできない。いつも彼女をみていて凄いなぁと感心させられる。
私も母親を看てきたが、姉妹もいて交代でそばにいた。この寒い時期に母はすっかり弱って三月のウグイスの声とともに天国に逝った事を昨日のように思い出す。
彼女からのメールで、「今山形からの帰りの列車・・・」とのこと。お疲れ様でした。明日からまた仕事。今夜は心配しないでぐっすり眠って欲しい。心から願う。


sukomomo at 18:09コメント(0) |  

2009年02月10日

久々の再会に相談受ける

風船くま何年ぶりだろう?当時3歳だった子どもが、小学5年生になるという。
「げんき?」というや否や『子どもが学校しぶりをしていて悩んでいます』と。このブログを通して、子育て中のママたちにも参考になればと一つの対策を提案(今日のママに言った)を記す。
登校しぶりの段階では、チャンスと捕らえて、睡眠・食事などを中心とした生活習慣を見直すこと。「お医者に行った方がいいでしょうか?」との問いかけもあったが、まずは、生活習慣を見直すことが第一。
それから、しっかりとコミュニケーションを取ること。話を聴くに徹底すること。内臓などの病気でない限り、学校には行かせること。
担任とは、連携を取っていくこと。学校に行かせたら任せること。
焦らないで子どもや家族との時間を取ることなど等。目先のことに惑わされないで、子どもの気持ちになってみるチャンスなんですよ。
声をかけてくれて有難う。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2009年02月09日

多胎児子育てサークルの会報

ふたごちゃん隔月で多胎児子育てサークルの会報が作成され、会員やPRなどに配布される。私も「子育てワンポイント」を担当させていただいて26回も掲載させていただいていることになる。
ママたちの手作りの会報は、とても参考になる。今回の「入園偏」とか、「入学偏」などは、私の「子育てワンポイント」よりもはるかに参考になり、初めて体験するママたちにとっての大変参考になると感心させられた。
継続は力なり!多胎児の子育ては、『前例も少なくぜひとも後々のために』と、発足した先輩ママたちから受け継いで、今日まで続いている。
先輩ママは、サポートに回り、小さい子どもを持つママたちが順々にリーダーシップを取っていっている。
とてもうまく続けていくその土台には、やはり、パパ達の協力も大きな影響がある。多胎児のパパ達は必然的に小さいときから関わっていかなければ子育てが成り立たないのである。
そこが、夫婦で助け合っていく秘訣なんだと思う。
子育てのいろいろな問題や悩みに出くわす中に、家庭や夫婦のあり方が問われるケースも多いのである。
大切な子宝に、見守り、助けを求めたときに手を差し伸べ、磨きをかけることが大切なのではないのかなぁ。と思う。

sukomomo at 21:17コメント(0) |  

2009年02月08日

子どもを守るまちづくり

しましまシャツ日吉津村のまちづくりフォーラムで千葉大学の中村名誉教授の話があった。熱心な知り合いからの誘いのメールに、この村では、何回が子育て講演会をさせていただいたので、子どもをどう犯罪から守るかの子育て支援に興味があり参加させていただいた。
昔のまちづくりは、犯罪などから守るための地域づくりではないために、現代社会になって見直すことが必要である。
高速道路などの普及により歩行や自転車通学の子ども達が、犯罪に巻き込まれる。そのためには、地域が子どもから老人まで集まるコミュニティーが大切である。子どもを見守り隊を長く続けるためには、老人も元気でいなければならない。公園などは子どもも老人も楽しまれる企画等が必要であることなど、地域環境の専門的研究者の話は、納得できるものであった。
地域が一丸となってまちづくりをすることは、乳幼児期からのネットワークが必要不可欠と今回の話の中からも再確認するものとなった。
誘ってくださった。Mさん有難うございます。

sukomomo at 19:15コメント(0) |  

2009年02月07日

NPファシリテータースキルアップ・発展コース

風船くま三ヶ月ぶりの大阪である。今日は大阪もあったかでコートが要らないくらいの春を感じる中、いつもの大学へ出向いていった。
同期の仲間とも始まる前から話しがはずみ情報交換などする。みんな熱心な人たちばかりで、NPをやこなしている。
保健師を仕事としている方は、アウトリーチで気になるママたちばかりを対象にしている。大変なご苦労があるようだ。保健師という立場上ぜひとも続けてやってほしいものである。
行政として保健師がNP養成講座に参加されると、より効果が高いと思う。健診などで把握できるからである。
私も子育てママたちへの不安を取り除くプログラムをまた新たに磨きをかけて、楽しく子育ての価値を見出していくお手伝いをしたいと思いながら電車に揺られて帰りについた。
今日の出会いに感謝。


sukomomo at 22:01コメント(0) |  

2009年02月06日

小学校なわとび大会

赤鬼急遽、お休みが取れたので、午後から全校生徒によるなわとび大会を見学に行った。一年生から六年生まで4色の色分けグループに分かれて競い合う。
縦割りのチームのコミュニケーションがばっちりと行ったチームが、やはり、点数がとれた。
このグループの5.6年生の率先しての応援は他のチームよりもはるかに元気がよかった。
なんと言っても、先生達の生徒とともに楽しんでおられる。学校のよさが伝わってきた。
生徒たちは、学年別に競い合う。小学校の体力作りは、これからの人間としての基礎である。先生たちに感謝である。親や祖父母の見学者もたくさん参観されていた。
この姿を見て、当たり前だと思わず、『学校も頑張ってもらっている。だからこそ、家庭でもできることを頑張って』欲しいと願うのである。
学校と家庭と地域と一緒になったらすごい成果が出ることだろう。(家庭の温かい生活を子供たちに・・・。衣食住がまともにできない親たちのいないことを願って。)

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2009年02月05日

子育て講演会

29保育園の企画で祖父母にも子育ての理解をと、講演会が開催され、招かれていった。いつもの親向けの話を中心とするが、同居をしながら親と祖父母との子育て観が異なり、せっかくのそれぞれのよさが発揮できていないのが現状である。
メディアの面では、祖父母に理解を求め、しつけの面では母親に祖父母の考えなども参考にすることなどもあわせて話させていただいた。
乳幼児期の子育てが思春期に繋がっていることなど例をあげる。質問なども積極的にされ、すごいなぁと感じた。それだけ一生懸命であろうと思う。祖父母とママとの割合は、4:1位であったが、ママの悩み、祖父母の悩みなど質問の中から理解し合えたようである。
保育園の日頃の親育てを、祖父母にも理解し協力して欲しいとの願いもあったのだと思う。
お互いに元気で明るく過ごすために共通の理解が大切である。
講演後は、個別に相談もあり、ママたちの真剣でいろいろな課題もたくさんあるのだと実感した。手の空いた近くの人たちの支え愛がこの時代だからこそ必要だろうと再確認することができた。有難うございます。

sukomomo at 19:10コメント(0) |  

2009年02月04日

ベランダでしいたけ栽培

30しいたけの木をいただいてから二ヶ月経つ。ベランダでもできるか心配であったが、今日は小さな傘をつけて5個も芽が出ていた。その横で、色とりどりの花が、先日の雪にもめげずきれいに咲いていた。すごい!思わず「有難う!」と声が出た。
久々の晴天の太陽のありがたさも嬉しかった。午前中はゆったりとする時間が取れたので、ベランダのしいたけにも気を向けたのだと思う。
ゆとりある時間のあることにありがとうです。朝から夕まで時間に制限されていると、今日のような時間に感謝である。

sukomomo at 19:53コメント(0) |  

2009年02月03日

助産師さんの命の教室

ママと小学校からの性教育『命の大切さ伝え隊』開業助産師のグループの講演は感動である。子どもだけではなく、子育て真っ最中の親たちもこの講義を聴き見て参加したならば、子育てに広い視野を持って接し、虐待などはなくなると思った。
「生きてるだけで100点満点」との言葉がしっくりと来る講演会であった。
何年か前に聞いたときよりもスキルアップをされ、赤ちゃんができるまでの身体の自然の仕組みに「神さま」さえ感じる宇宙の大きさに通じる授業であった。
もっともっとこのような授業を取り入れるべきと実感した。あわせて赤ちゃんとのふれあい教室とのプログラムを入れるとすばらしい命と感謝の授業ができることだろうと夢が広がった。今日の出会いにありがとうです。

sukomomo at 19:33コメント(0) |  

2009年02月02日

講演会のお知らせ

そり先日の子育て支援ネットの会での情報の一つ、日吉津村教育委員会主催『子育て応援講演会』今出コズエ氏のお話があります。
場所・時間等は、右サイドの欄に記しています。皆様お誘い合わせて行きませんか?
小学校校長をされての経験からお話いただけるとか。私も初めてなので楽しみにしています。私の講演会でのテーマが似ていて興味ありです。
保健師のSさん情報有難うございます。

sukomomo at 21:00コメント(0) |  

2009年02月01日

遅めの新年会???

おせち友だちの家でちょっと遅れた新年会。久々に友と顔を合わせ話が弾む。
ますます若返っている友達にこちらもパワーをもらう。
食べておしゃべりしてDVD鑑賞をして、「テーマは心」なんて「子育ての旅」のママたちに恥じない話題で今日も幸せな一日でした。有難う。

sukomomo at 20:33コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: