2009年07月

2009年07月31日

思春期の心

小学生までおとなしくて優しい子が中学に入り、親に反発するようになった。理に合わないことをしては叱られて、納得いかずプライドが許さず、反抗にでる。
こうして出せる子は、いいとする。ふっと出しては、戻ってこれるからである。
心にたまりかねた子どもは後で爆発すると大きくなって出る。小出しに出してくれている方が安心。
親としては何とかしなければと思うところであるが、こころ大きくして待つしかない。
いけないことはいけないといったからには、それを通して平然としていればいい。そして、しつこく言わない方がいい。
小さいときの自律のしつけのつけは、この思春期にあらわれる。


sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2009年07月30日

子どものことを考える

広島へ帰っていかれた先生からのお便りも、今の子ども達の忍耐力について問われ、共感することが多々ある。
すぐに切れたり、すねたり、ものを投げたりする。これは、小さいときのしつけの部分にもあたり、育ってきたプロセスの関わり方が大きく影響していることと、食べ物やメディァの関係もあると考えられる。
家庭教育の大切さが小学校に行ってからの学力にも繋がっていくことと思う。
昔の子育て、教育に、もどらなければならない。
コミュニケーションもできない親と子、教師と生徒、熱血先生がやる気のパワーで、次世代の子ども達を育んで欲しいと希望をもっている。

中学生になった子ども達が、お世話になっての土台があり、みんな頑張りやで成長し続けています。先生のお蔭さまです。自信を持って、子ども達を送り届けてください。応援しています。

sukomomo at 19:12コメント(0) |  

2009年07月29日

公民館の中学生とふれあい教室

毎年、この夏になると公民館でやっている体験教室を各クラブの活動を選んで地域の皆さんとのふれあいをする取り組みがなされている。
私の担当教室には、9名の生徒たちが参加した。恥ずかしげにしながらも丁寧にアレンジメントフラワーを体験し、楽しんでいた。終わった後にコメントも聞かせてもらった。皆、初めての体験をうまくきれいに仕上げて達成感を味わっていた。
思春期真っ只中の生徒たちは、口数も少なく地域の人から声をかけられて小さな声で応えていた。今の時期友だち仲間が一番いいのだよねぇ。参加してくれてありがとう。

sukomomo at 19:18コメント(0) |  

2009年07月28日

子育ての旅 三期生実施に

県の助成金を得て、「子育ての旅」第三期生を実施することになった。今回は、最終日に公開講座として、九州から熊丸先生をお招きする段取りにもなっている。
少し先になるのだが11月2日スタートを予定している。その前にいつものように同窓会を実施する予定でもある。
皆さんにお会いするのが楽しみであるとともに新しい出会いにもわくワクである。
ありがとうございます。

sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2009年07月27日

L.ロン ハバード アメリカ

今朝、約束どおり、アメリカから電話が来た。二時間にわたっていろいろな話をする中で、L.ロン ハバードがダイアネティックスを解き明かしたことの意味が良く理解できた。
この著書は、単語などがとても難しくて万人のためのものではないと思っていたが、話を聴いて、とてもよく分かった。
読み手の理解力、思い方によって誤解のないように記してあると話の中から気づいた。心の動きや葛藤、悩みを含めて二度と再び同じ繰り返しをしないためのプログラムであることも理解できた。アメリカでは、刑務所の矯正セミナーにも取り入れているらしい。一度罪を犯したものは、再び罪を犯してしまうことも多いが、このプログラムを取り入れることで人間として第二の改めた人生が送られるとのことである。
心の迷いや心から来る体の病などもこの教育プログラムで立ち直り心身ともに健康で幸せな世界が繰り広がる。このようになると戦争も人との争い事もなくなり世界平和がやってくることだろうと感じた。
話の一言一言がとてもよくわかり共感もできた。相談活動で行き詰まっていることもその人の能力を見出していくことができるだろう。新たな出会いに感謝です。ありがとう。

sukomomo at 19:47コメント(0) |  

2009年07月26日

アメリカからの電話

子育て相談や悩みを聴いて、何とか相談者とともに心を見つめてクリアーできることを常に学び考えている。そんな私の姿を見ている友がアメリカで活躍されている心理士を紹介してくれた。ほんとに!アメリカから電話がかかってきた。
ちょうど実家に行っていて父の命日の墓参りの時だったので、後日かけなおしてもらうこととなった。世の中悩み多き人たちのために役に立てるならと、前向きに話を聴いてみたいと思っている。
子育ては親や周りの大人が心穏やかで仲良くしていなければならない。
意見の食い違いは、コミュニケーションで何度もやり直しをするしかない。逃げることなく面と向かって話し合うことにつきる。みんな同じ考えにはならないのだから、いい意味での諦めを自覚する。決して投げ出すことなく。なるようにしかならないのだから。
夫婦や家族で仲良くネ!

sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2009年07月25日

子育て相談 お父さん偏

日本海新聞「潮流」記載の記事を読んで遠くから相談にこられた。子育て真っ最中のパパである。わが娘の思春期の行動に戸惑うけなげな父親に何とか力になりたいと思って話を聴く。
子育ての道すじには、いろいろなパターンがあるが、大体理解でき親の気持ちも子どもの気持ちも手に取るように分かる。どちらの気持ちも表現化することによってコミュニケーションを取れば何とか寄り添って解決に向かっていく。
相手の気持ちを理解しようとするだけでエネルギーが変わってくる。しかしながらどうにも意地やプライドに惑わされ、相手の批判ばかりをしている時は、素直に表現できないし、自分の感情の動きを相手に表現することは、悪いことだと勝手に思い込んでしまう。表現しっぱなしだから中途半端になってしまうのであり、そこからどうしようかという話になっていかない。当人同士が駄目なら、第三者に入ってもらい家族療法という手もある。
お互いに言い合える家族は、光も見えるが、何も言えなくなりコミュニケーションが取れなくなることが最大の闇のような気がする。
パパ頑張れ〜!娘に寄り添って素直に。無償の愛の原点に戻って。

sukomomo at 20:58コメント(0) |  

2009年07月24日

恩師から冊子と購入した本との共通点

心の問題を解いた冊子が届いた。偶然にも書店で見て購入した本と一致するテーマでびっくりした。シンクロである。
人にお話させていただく自分が心を見つめていなければ、説得力もないし、心に届いていかない。だから勉強も体験もしなければならない。
恩師は、私の心がわかったように冊子をこの時期贈ってくださった。
いろいろな人たちに支えていただきながら幸せな人生が送られることを感謝したい。ありがとうございます。

sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2009年07月23日

境港ハッピー子育て応援団

毎年、子育ての応援団として、年間計画から見えてくるものは、今なくてはならない家庭へのメッセージを行政の取り組みとして実施されている。
今日は、「心の発達」をテーマに私も協力させていただいた。皆熱心なママたちの参加であった。講話に入る前に境港市ならではの自然との親しみをテーマにしたものである。
そして毎回、親子での手遊びやふれあい遊びも取り入れ、親子でひと遊びしてから託児へと映っていく。(素晴らしい流れになっている。)

まずは、子育て支援課に入ると、何種類ものきれいな貝殻が(私もはじめてみる宝石のようなものまで)ガラスのケースに並んでいる。境港市近辺から収集したものらしいが、なんと!、子育て支援課の課長さんが、わが娘とともに採集したものらしい。
このようなわが子との体験も仕事に生かされ、子育て講座の中に、今の子育てにかけている自然の中で遊ばせることを取り入れられている。
季節により、蛍を観にいったりあさり狩りに行ったり、なんと今回は、カブトムシの取れる所などの提案や、ペットボトルをカブト虫取り専用に工夫したものまで準備されていた。
託児を終えた子ども達は、嬉しそうにカブト虫のお土産までもらって帰った。
それから、8/12には流星もよく見えるらしいことも話され、私も8/12の夜は楽しみにしたいと思った。

幼児期の頃から遊びの提案をすることは、とても大切であり、特に父親を巻き込んで、父親の役割りも位置付けていくことは素晴らしいと思う。
少子化のなかで一年間子育て応援団を体験した親達が、小学校・中学校に行ってもネットワークを保ちながら次世代のまちづくりへと繋がっていくことを願っている。私も応援団の仲間として見守りつづけていきたいとさらに思いを募らせた。
今日の出会いに感謝です。ありがとうございます。

sukomomo at 19:32コメント(0) |  

2009年07月22日

皆既日食・・ 自然の凄さ

朝から皆既日食を待ちわびた人たちのニュースが流され、船で、飛行機で、近くの島へと48年ぶりの皆既日食を見たいと言う人たちの気持ちが良く分かる。
現地へいけること、自然に溶け込みたいと幸せな日本である。小学校のときに体験したことを思い出した。生涯に残る思い出だろうと思うし、自然の凄さを垣間見たようでもある。
太陽のありがたさも凄さも自然の凄さに人間の力はなんと小さいものだろうと思う。心を自然に近づけたならば平和な世界になるであろう。今日は、新鮮な気持ちで過ごすことができた。
原点に返ってゆっくり一歩一歩、残りの人生を送っていきたい。

sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2009年07月21日

境港市子育て支援・・・親子に優しい環境

あさっての子育て講座の資料レジメを送りがてら子育て支援課に行った。メールで送るよりも顔を見てその場の雰囲気も知ることができるしドライブがてらに。
昨日からの雨で心配したが、境港は、雨も止み明るい日差しさえ見えてきた。
親子と行き先が同じなので観てみると、広いスペースにマットが敷きしめてあり、そこでのびのびと数人の親子が遊んでいた。
エプロンをしていた支援者の方も数人いて、サポートしている。
案内板を見ると、プレールーム開放日であった。子育て支援センターとは別に保健センター(子育て支援課)の中に設置してあり、会場前には、ブックスタート・市内子育てサークル情報紙・子育てに関する掲示で子育てママたちへの情報が詰まっていた。
子育てするなら「境港市で」とまさにそのことを実感した。
ブックスタートも充実していて、母子手帳交付時に一冊、六ヶ月健診に二冊、一歳半健診に一冊と絵本が読み聞かせとともに手渡しされる。
そんなママたちへの子育て講座にハッピー子育て応援団として、子育ての大切なものを分かち合ってきたいと今から楽しみである。

sukomomo at 19:35コメント(0) |  

2009年07月20日

親しき中にも礼儀あり

この年令になったから分かることも多くなった。母と子、嫁と姑、家族、友だち、職場、などなど、人を傷つけあう言葉遣いもこの年齢になったから分かるようになった。
その時々はみんな一生懸命だから周りが見えていないのだねぇ。
私も若い頃はそうであったと思う。

住まいのゴミだし置き場に指定のゴミ袋を使用しないで出してある。ここ一ヶ月近くもスーパの袋で出している人が、張り紙を出しても何のことなく出している。
ゴミをどこでもポイ捨てしたり、自分さえ良ければいいと思っているモラルに欠けた人がいる。どんな人でどんな仕事をしている人だろう?
地球や環境やコミュニケーションや正義やマナーを小さいときからしっかりと躾ておくことは大人達の責任でもある。そんな大人から躾なければならない世の中だろうか?とがっかりする。そんなことを考える休日だった。

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2009年07月19日

ダンスで韓国へ

ダンスに夢中な友が急遽韓国へ旅立った。アメリカへの夢が、一歩近づいたようで私としてもとても嬉しい。
夢に向かってガンバっている彼女は凄い!年齢も条件も乗り越えて一歩一歩近づくパワーを見習って、あきらめない気持ちを再確認した今日であった。

sukomomo at 19:46コメント(0) |  

2009年07月18日

子育て支援ネット 公開講座

ケータイ・インターネットの接し方学習会として話を聴いた。このことに関しては二度目であったが、とても衝撃的であり、あまりにも無知でいることが恐ろしいくらいであった。
子育て中の親達は、情報をしっかりと把握し、簡単に子どもに持たせることを吟味して欲しい。DSやゲームも同様であり、依存症にならないうちに対応してほしい。
少人数のグループでも座談会形式で講師派遣をしてもらえるとのこと。
PTAや子育てサークルなど早めに学習する機会を設けて欲しいと強く願う。

sukomomo at 20:26コメント(0) |  

2009年07月17日

市場恵子さんとの出会い

昨夜から今日にかけて、素敵な出会いがあった。
人に会う度に、自分自身へのチャンスをいただいたような気がする。相談活動の原点に返って振り返り、次へのスキルやスキル以前の問題なども実感することができた。
数多くの事例は、話を聴いている人々の心にインプットする。
心を開いて話される態度は、さらに勉強になった。
またの出会いを分ち合い一足早めの(午後は仕事のため参加できず)退会となったが、お名残惜しくて早めに終わったら再度顔を出したいと思いつつ、間に合わなかった。
もう一度お礼も言いたかったのに・・・。きっと近いうちにお会いできることと思いを馳せている。ありがとうございます。そして、出会いをいただいたIさんに「ありがとう」です。

sukomomo at 21:43コメント(0) |  

2009年07月16日

イギリスから帰ったかなぁ

車の中で聴くCDにイギリスから帰ったかなぁと親友のことを思う。
娘さんの卒業式のこと、北欧旅行に行ったこと、たくさん聴きたいと思いながら思いを寄せる。今夜は、また、新しい出会いも期待できそう。明日の講演会講師さんとのお食事会今からいってきまーす。

sukomomo at 18:09コメント(0) |  

2009年07月15日

いろいろと思いを馳せる

今朝の蒸し暑さが、一時の雨でひんやりと涼しくなった。そして、天気が快復すると大山がくっきりと色鮮やかに凛として私達を見守ってくれる。心が和む。大山の豊かさに癒される。
人の心やプライドなどの微妙な違いに戸惑うことも、ポジティブに切り替えていくしかない。人はそれぞれ考え方も違う、だからいいこともある。
楽しいことよりも嫌なことが残りやすいと茂木さんが著書で指摘されているが、ポジティブに回路を上乗せするしかないようである。感謝のこころで回路を切り替えて前向きにいくしかない。ありがとう。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2009年07月14日

社会教育

鳥取県元片山知事の話に、行政がなすことは、教育・福祉・文化だと言われたことをいつも頭のスミに置きながらまちづくりなど行政との協議などでは参加させていただく。
みんな、自分達の住んでいる町が穏やかで豊富で住みやすいことを願っていると思う。特に米子は、文化の面では今ひとつのようであるが、今年は少し予算も増しているようである。
子育て、教育の乳幼児期から義務教育の一貫した取り組みは、まだまだ他の市町村に比べて時間もかかりそうだし、せっかくの講演会などの取り組みも内容的に十分な協議がなされているか疑問に思うことも多々ある。
本当に必要なことをもう少し協議する必要かあるし、そのメンバーの数と人材にも配慮が必要である。もっと現場で働いている人材や子育て真っ最中の親からのアンケートなども必要だろうと思う。
就学前の幼保と学校との連携も大切な部分でもある。新しい教育長に期待したい。

sukomomo at 19:46コメント(0) |  

2009年07月13日

お母さんの奪い合い・・小さな心の葛藤

子育て相談の中での兄弟関係の対応にママたちは結構悩んでいる。上の子が赤ちゃんにやきもちを焼いて乱暴することや、下の子に手がかかるので、上の子とのやり取りがうまく行かないことなど。二人以上の子育てをしているママたちは、共通の悩みも多い。
子育てサークルなどで指導者なり、ボランティアさんがパイプ役となって、悩みを言い合える雰囲気作りをすることは、大切なことである。
その中でやってみていい方法を見つけられたり、悩みが軽減することは、とても大切なことで、前向きに子育てにかかわって行くことができる。近くで気軽に集まって遊べる親子の支援は必要不可欠である。今日もママたちと話していて痛感した。

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2009年07月12日

姉妹

待ちに待ったというか、母と姉妹とは揃って出かけることはあったが、四人揃っての遠出の旅は初めてのこと。にぎやかな楽しいものであった。
京都美空ひばり座は、ひばりファンにとって素晴らしくじっくりと楽しめた。昭和の歌姫ひばりの子育ても母として素晴らしいことも感じた。息子の和也さんへ母が遅かったり巡業でいないためにテープに子守唄を録音し、それを聞いて和也さんは寝ていたと言う。どんなに遅くなってもきちんと息子のために労をねぎらう。それを和也さんはしっかりと母親の後姿を見て育った。
ひばり座に行ってますますファンになった。姉達にありがとう。

sukomomo at 23:16コメント(0) |  

2009年07月11日

体温を上げること

書店に行って目に付いた本を購入し読んだ。いい本に出会えると得した気分になる。
一冊は、大ファンの茂木健一郎氏「カラヤン」音楽が脳を育てる。CD付きで早速聴いてみると、心が落ち着く。もう一冊は、アンチエイジング専門医斎藤真嗣氏「体温を上げると健康になる」と興味深いものだった。体温が一度下がると、免疫力は30%も低下するという。反対に体温を上げると免疫力は500%〜600%五倍から六倍も高くなるという。
低体温をほっておくとさまざまな病気を招く。
体温を上げるためには筋力をつけなければならない。今時の子ども達は室内でゲームなどの遊ぶことから筋力をつける環境も少ない・・・、紫外線も少しはあたらなければならないなど、健康を見直すきっかけの本に出会った。

sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2009年07月10日

田舎が楽しい

社会教育の研修会で都会からUターンしてきた夫について田舎の暮らしにたくさんの価値を見つけて、情報発信するポジティブな女性の話を聴いた。
田舎の資源を無駄なく都会にも発信しマイナスとしか考えられなかったものをプラスへと価値あるものへ変えていく。人を前に出し、資源を通しての田舎の活性化を企画実行した凄いご夫婦だった。
田舎にずーといる人は、この自然の暮らしのすばらしさがマンネリ化になっていることは事実。私も東京から帰省する度に、海・山などの美しさやすばらしさを実感していたことを思い出した。もっともっとこのすばらしい地をPRしたいと思う出会いの研修会であった。
あるものの資源をより有効に使うことを考え実行に移そう。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2009年07月09日

乳幼児期のメディァ

川崎医科大学の片岡先生の映像を使ってのメディアの影響は、赤ちゃんや幼児期のテレビに子守りをさせている状態から、テレビやビデオなどをなくして、ママとのコミュニケーションをした後の違いを見せてもらうと、ママたちは、テレビがいかに悪影響だろうと思うことでしょう。
二歳までのテレビなどは特に大人が注意をすべきである。それ以後は、ママと誰かと共感しながら楽しむこともいいと思う。時間を決めてだらだらと観ないことが大切で、なんでもない継続的なメリハリが、生活習慣にも繋がっていくと思っている。
何でもバランスが大切であまりこだわりを持つと大人も子どもも視野が狭くなってくる。まずは、のびのびと五感を使っての体験が一番である。

sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2009年07月08日

心の話ができること

午前は会社社長と、午後は姉たちと、夜は友と、心の捉え方思い方、自分の行動と、客観視したり、その頃に戻ったりしながら心の動きを探ってみる。
とても大切なこと。話せる人がいること。聴ける自分もいること。そんな仲間がいて本当に嬉しい。話していて気づいたこともあった。感謝しかない。ありがとう。

sukomomo at 21:20コメント(0) |  

七夕さまの願い事

あいにくの曇り空で天の川は見ることができなかったが、心の中での願い事は、心を見つめなおして、心穏やかにして日頃の感謝の気持ちと共に。
ちょっとしたことでマイナスな心になって人と人とが傷つき合う。小さな事から世界平和へ繋がっていくのではないだろうか。
自然の中で、体を動かし、脳の活性化をして心を見つめてみよう。何かが変わってくる。
優しい気持ちになったり、あれっしまった!と後悔したり、その繰り返しをして段々と成長していく。そう思う。七夕さまの日に。

sukomomo at 08:25コメント(0) |  

2009年07月06日

協働人権シンポジウム

9月28日午後一時より、がいなネット・県・米子市・子育て支援ネットとの協働の人権シンポジウムが開催される。
がいなネットを中心とする催しは、とても勉強になる。何年か前にパネラーとして出させていただいたときも、細やかなおもてなしの心を実感したのがよみがえってくる。
この催しに参加することで、子育て支援ネットのメンバーにも大きな視野での活動を体感して欲しいと思っている。
日曜日の大切な時間をボランティア精神に自分磨きを共にしたいと心から願っている。子育て支援ネットのテーマは「生まれてきてくれてありがとう」である。このテーマは、子育ても親の介護も実行中のメンバーの一人Kさんからのメッセージでもある。
このテーマを大切に話をさせていただくことに感謝したいと思う。ありがとう。

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2009年07月05日

こんにちは赤ちゃん

こんにちは赤ちゃん実行委員会開催、今年は、5年目となる。
赤ちゃん親子、学生(小学5年〜大学生)共にこれまでで最高の人数となった。
今日の赤ちゃん親子も学生も自覚を持ってのすばらしい人たちの参加者となった。本来ならば、学校単位ですべきことが重要であり、募集して参加する学生の皆さんは、コミュニケーションも子育てにも感心があり、自然に学びを受けることで心配のない環境にある。
小学6年生の男の子は、きちんと挨拶もしてすばらしい対応であり、家庭でのしつけなどが見えてくるようであった。赤ちゃんが泣くと「よしよし」と背中をぽんぽんと優しくたたくしぐさは心から赤ちゃんのことが好きなんだなぁと感じることができた。
いつも思うことではあるが、すべての子供たちにこのような体験をさせてやりたいと思う。
今日も赤ちゃんのパワーに魅了された。ありがとう。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2009年07月04日

鳥取大学医学部公開講座

今日の講座は、一番聴きたかったこと。「成長期のスポーツ障害」榎田誠先生の話の中では、私が子育て講演等で言っている小学校時代が体の基礎を作ると言うことをさらに詳しく知ることもできた。
小学低学年までにあらゆることの経験をさせることが大切だと言われる。神経系やリンパ系は、10歳くらいがピークであること。その後は持久力そして中・高生で筋力をつけるのが体の成長として順序があるとのこと。

二部は、「子どもの心をどのように受け止めるか」菊地義人先生。菊地先生は二度目の受講で、さらに気づきが得られた。
事例をあげ分かりやすく、早く解決した例や三年もの時間を要した例などもあげられた。とても参考になりました。

外は、大きな雷と雨だったが、帰りには天気もよくなった。

sukomomo at 19:18コメント(0) |  

2009年07月03日

ブックスタート、あかちゃんに癒される

赤ちゃんは、やはり凄い!泣いても笑っても、眠っていても「うーうー」と言葉を発していても、赤ちゃんの感触と純真な心に魅了される。
転勤して来たママがブックスタートのバックを下げてきた。米子市はバックは配布したことがなく、転勤族だとすぐに分かった。「どこからですか?」「滋賀から六月に来ました」「滋賀のブックスタートは、バックも絵本も二冊パックになっているのですね」など会話が弾む。
児童文化センターで読み聞かせをやっていること、子育て広場等の親子での遊び場があることなど情報提供をする中で、赤ちゃんは、ママとのやり取りを知らないおばさんがママとにこやかに話していることを不思議そうに観ている。
絵本を読むとしっかり絵本と私の顔を見比べてきらきらした目つきになる。
ママは、ずーと検診中も抱っこのしっ放しで腕が痛そう。「抱っこしていいですか?」というと喜んで抱かせてくれる。嬉しい時間帯なのである。
赤ちゃんのパワーにありがとう。

sukomomo at 19:44コメント(0) |  

2009年07月02日

日に日に悲しくて

ふっと気が付くと先日亡くなった彼女のことが思われて悲しくて悲しくて・・・・。
残された家族のことを思うと、胸が詰まりそうである。
子どもの成長途中で、さぞかし、むなしくて悔しくて逝ったのでしょう。
でも、彼女のことだから、きっと子ども達が立派に成長することを確信して逝った事でしょう。
お互いの意見がぶつかり合ったり、分ち合ったりする共通の子育て支援者のお別れに心が痛む。安らかに・・・合掌。ありがとう。

sukomomo at 20:05コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: