2009年11月

2009年11月30日

熊丸みつ子さんの元気になる子育て講座

子育ての旅五日目の今日は、公開講座を設けて、九州から熊丸みつ子さんの講座と遊びを開催した。
なんともまあ、素敵な先生で、笑いあり、涙ありの綾小路きみまろ女性版というほどの(本人曰く、きみまろ・上沼恵美子・ピン子とも言われると)実践と表現と心からの子育てのおせっかいおばさんであった。(おせっかいはすべきだと主張)
日頃、私が伝えつづけている子育てのスキルや思いなど全く同じである。が、次から次へと休む暇もなく話しつづけられ、最後には思春期の子ども達に性教育まで話されることを聴いた。感動・感動で会場の中は笑いと涙で熱気づいた。(熊丸パワーにひきつけられた)

二部は、親子で共に遊ぼう。新聞紙や、紐を使っての身近な遊びを楽しんだ。講座の後だけにママたちは積極的に親子での遊びに集中された。
二時間半の時間がとても短くもっと聴きたいと思ったのは、私だけではなかったと思う。

昼食は、ご主人も交えて、講演会で話されなかったことも聴けたし、この素敵な出会いを大切にしていきたいと思う。(来年も来て欲しいと)

滋賀県の大津市は、毎年一週間滞在され、あちらこちらの学校や幼稚園などで講演をされるとのこと。西部地区でぜひともネットワークをもち大津のように企画したいと思った。
今日参加された市町村の人たちも同意見実現に向けて薦めていきたい。

児童文化センターやえがおサポートの皆さん・託児スタッフの皆さん・支援ネットの皆さんの協力で、熊丸先生の楽しい出会いと講演ができたことを感謝です。ありがとう。
そして、鳥取県の支援事業のお陰もあってこそです。来年も実現できますように。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2009年11月29日

弓ヶ浜助け合いネットワーク〜次世代の子ども達へ伝えたいこと〜

国際交流まつりがコンベンションで開催され、各国の在日外国人との交流活動の展示やイベントがあり、その中で鳥取大学の取り組みが印象的であった。
若者が、農業に取り組み地域の農業の交流の取り組みを紹介しているものであった。いずれも出身地を聞くと北海道と千葉県だと言う。この地に居残って支えて欲しいと話すと「ありがとうございます」と元気な返事。頼もしい若者達だった。

午後は、弓ヶ浜包括支援センター主催で地域の小学校に認知症を伝え、お年寄りの理解と思いやりの気づきの体験学習の取り組みの発表会が行なわれた。
核家族化している子ども達の体験は、いまやお年寄りと触れ合う機会や、祖父母から学んだ多くの生活歴史に触れることもなく、地域の老人ホームなどのお年寄りと触れ合う体験が必要だと言うことが理解できるものであった。
多くを学んだお年よりに触れることと、年を取ると心身ともに衰弱することなどを知る。家族の多い人間関係では、自然とこのようなことも体験し学習できるものが、今の世代の悲しい実態であろう。
赤ちゃんのふれあい体験授業と合わせて命の大切さ自分も他人も大切に思いやりを持って人との関わりができることは、学力の前に必要不可欠ではないかと痛感した。

sukomomo at 18:13コメント(0) |  

2009年11月28日

子育て応援団(県の取り組み)

子育て応援をする上で地域の企業や商店などの協力者を広げるために、東部・中部・西部とNPO法人などの委託で人材雇用をすることの取り組みがあり、西部だけが、まだ決まっていないと言う。
県の担当者からの相談があり、何とか西部でも取り組んで欲しいと言うのである。子育て支援の一環とてひろげるためには必要である。
さてさて、いろいろな規定があり、それに沿うことのできる団体や人材を見極める課題をいただいた。メンバーに相談し取り組んでいけれればいいと思っている。

sukomomo at 20:35コメント(0) |  

2009年11月27日

がいなネット テレビ東京取材

今夜、テレビ東京が、がいなネットの取材にやってきた。世界を変えた100人の中の日野原重明先生の関係から理事長が上げられ、東京から三日間にわたっての取材だと言う。
今夜は、がいなネットの事業部、先日行なった人権フォーラムの記録冊子やCDもでき配布された。内容もさることながら素晴らしいものが出来上がり、自慢の功績となった。
その一員にいさせていただけることに感謝でいっぱいです。
また、BSSラジオ放送からも12月から子育て応援団の生番組の協力もできることがいよいよ実施の報告もいただき嬉しい日となった。ありがとうございます。

sukomomo at 20:42コメント(1) |  

赤ちゃん力

鳥取大学医学部教育センター高塚人志先生の「赤ちゃん力」の本にも書かれているように、赤ちゃんの力を借りて、思春期の子ども達へのコミュニケーション力と命の大切さと感謝の心など体験学習をする取り組みは、鳥取県よりも全国的に他県の方が広がり浸透しているのは、どういうことなのだろうか?
私も携わっている一人として考えさせられてしまうことが多々ある。教育者の一人ひとりの生徒に対する信頼と能力と親愛なる熱意が自己保存や不安感に押しつぶされるのではないかと思うことがある。
子ども達の将来に光を与えていくためには家庭と地域と教育者との連携がより大切ではないかと思っている。その取り組みの一つが、赤ちゃんとのふれあい教室でもあると実感している。

sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2009年11月26日

メールでのやり取り

昨夜から、友だちと分かり合えるために電話やメールでのやり取りを今日まで続けるが(もちろん仕事に入る前や休憩とかの合間を見つけて)結局は、違和感が残っただけとなった。
人とのコミュニケーションは、やはり、顔を見て、話・聴くのやり取りが大切。そしたら笑って終了となる。
今度時間があったらとこトン分かち合おうと思う。
また、人からの言い伝えも誤解を生じることもある。実際に会って聴く・話すを確認するのがいいと思う。仕事では特に大切。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2009年11月25日

がいなネットが東京のテレビに

世界を変えた100人の人たちの中に、日野原重明先生がとりあげられ、先生の話の中でがいなネット理事長の話題が出るため、東京から取材に来られると言うのである。
先日は、協働人権シンポジウムをしたばかりで、その実行委員やがいなネットの理事などにも取材を受けることとなった。
全国版で流されるがいなネットに「愛」をテーマにボランティア団体として誇り高い評価だと思う。嬉しいことである。

sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2009年11月24日

助産師さん三人組の命の大切さ伝える隊

子育て支援ネットのメンバーでもある助産師のすてきなメンバーが、小学校や中学校で赤ちゃんが生まれるまでの道すじと生まれただけで100点満点であり、自分も大切に他人も大切にと心温まるメッセージを投げかける。子どもも大人も生まれてきたことの喜びを再認識して回りの人たちへの関わりを大切にし感謝できる素晴らしい取り組みである。
赤ちゃんのふれあい教室と共に合わせて子ども達へ広がっていくことを願い、今の子ども達への必要性を改めて痛感した。

sukomomo at 20:29コメント(0) |  

2009年11月23日

こんにちは赤ちゃん養成講座

鳥取大学地域振興事業、こんにちは赤ちゃん実行委員会主催での研修会が開催された。
赤ちゃんとのふれあいを新型インフルエンザにより、予定を変更しての養成講座となった。
高塚先生の話は、いつも聴いているのだけれど、新鮮に更なる気づきもあり、マンネリ化になってはいけない事も再認識をすることができた。(そうは思っていないとはいえ、慣れてくればマンネリ化にもなっていることすらわからなくなるのだから)
子育てに直接関係のない人たちの参加もあり、地域に取り入れたいと参加した感想を述べられた。
自分の(スタッフも含め)中では、職業など決めていて研修参加を誘っていたことも今日の反省点でもあった。
『赤ちゃん力』を通して人とのコミュニケーションの凄さも再認識することができた。ありがとうございます。

sukomomo at 17:59コメント(0) |  

2009年11月22日

子育ての旅「パパの講座」

子育ての旅、今日は四回目のパパのための講座を開催。さすがに、第三期生のパパ達の参加で、ママたちと共に出かけてきてもらい、ママと子どもは、多目的ホールで子育て支援ネットのスタッフと遊びを指導してもらい楽しむ。
その間パパ達は、「メディァと子育て」のテーマで受講。熱心に聴いていただいた。
今日来られた親子は、ラッキーな一日となったことでしょう。子育てに役立てて楽しんでの子育てが繰り広げられることと思います。
スタッフの皆さんお疲れ様でした。ありがとう。〜感謝〜

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2009年11月21日

絵本ワールドinとっとり

絵本ワールドで佐藤涼子の講演会が開催された。「絵本の世界を楽しもう〜読む・語る・発見する・創る〜」と題して今までの講演会と全くことなった参加型の講演会で演題のとおりすべての楽しい体験の進め方であり、実践されている子ども達とのかかわりの様子が手に取るように理解できた。
教育の自主性を絵本から創り上げることを、読み聞かせだけの受身だけではなく素敵な展開になるだろうと実感した。

sukomomo at 20:42コメント(0) |  

2009年11月20日

家庭教育と子どもの人権セミナー

社会教育委員を引き受けている関係上、今日の会議で家庭教育の大切さを訴えた。
公民館活動を通して、子どもから大人まで公民館を核として地域の人づくりをすべき時代ではないかと感じた。そのために公民館や地域の人材みんなの意識改革が必要ではないかとも、話し合っていて痛感した。
町づくり自治基本条例のワークショップも合わせて皆さんと熱く語り合った。

今夜は、昨年に引き続いての依頼により、同町内ではあったが、地区が異なるところでの話を聴いてもらう段取りとなった。
ケーブルテレビの収録もあり、意識しないわけに行かず、いつものリラックスした話し振りではないなぁと思いつつすすめていった。
金曜日の夜に聴きに来られるという方は、とても熱心な方達でありがたかったです。
来られなかった人たちが、町民の半数近くはテレビを通じて聴いてくださることでしょうと担当の方に言われ、できるだけ優しい言葉で伝えたいと思った。
子育て真っ最中の保護者の皆さんが少しでも参考にして、将来自立した子どもに成長させていただける手立てになれば、こんな嬉しいことはない。
親プログラムも合わせてPRさせていただいた。

嬉しいことに、先日中学校で赤ちゃんとのふれあい教室担当の先生が、聴きにきてくださり、
生徒の手作りおもちゃのプレゼントもいただくことになった。
この授業の必要性もあわせて、PR活動に使わせていただきたく嬉しい人とのつながりの夜でもあった。〜感謝〜

sukomomo at 22:21コメント(0) |  

2009年11月19日

空・大山

毎日、バタバタと動き回っているので、じっくり空も見ているようで見てなかったなぁと言う体験をした。
バタバタと動き回ることが嫌いではないけれど、一息つくのも大切なこと。
フゥーと車をとめて空を見上げた。雲の動きと間から日がさす美しさ、「きれい!」暫く見入った。
大山の雪も一段と積み重なり、ずっしりとした重みが凛々しくて、太陽に反射をして美しさを増している。
自然の偉大さと美しさと、そして、子ども達の笑顔がしあわせでありがたい。そんな嬉しい日でもあった。ありがとう。

sukomomo at 19:39コメント(0) |  

2009年11月18日

子どもの人権教育研修会

今日は、子どもの人権日といった感じ!?・・・中海テレビでは、九月に行なった人権シンポジウムの再放送で一日流れ、
今夜は子どもの人権教育で招かれて講演に出かけ、熱心な保護者や祖父母、教員の方々に聴いていただく。
今夜、初めて、人権のための国際青年団米子支部のスタッフにも参加してもらい、講演の最後に、DVDを見てもらった。より、広い視点で人権について考えていただいたのではないかと思う。
乳幼児期の子育てはすべてに繋がっている。より理解者が広がることを願って、自立した子ども達を目指していきましょう。と、講演が終わった後も、主催者の方達と共感しあった。
ありがとうございます。

sukomomo at 22:01コメント(0) |  

2009年11月17日

東京の友

ここ何週間か、親友のことが気になりだし、やっとメールをすることなった。電話もチャンスを逃し、気がつけば夜も遅くなるし、朝は朝でゆっくりと話す余裕もなく、一日が日々流されていってしまう。夜の10時を過ぎるとクールダウンの時間の目安として決めている。
電話で話し込むと、頭が活性化して眠れなくなるからだ。
寒くなるとやはり人恋しいのだろう。彼女の元気な返事を見て一安心する。不思議なもので若かりし時から、子育てに追われてゆっくり会って話せなくても、子どもが寝ているときとかに、長電話をしたものである。
そんな彼女とも遠く離れても繋がっている実感をお互いにもっているから安心できる。きっとこの世の終わりのときまでずーとつながっているのだろうなぁ・・。母のように。


sukomomo at 19:33コメント(0) |  

2009年11月16日

子育ての旅3日目

6回シリーズの3日目は、助産師による男女間がテーマである。(前半は、前回の振り返りと人とのかかわりをした)
子育てをする上において、夫婦の協力や思いやり、そして母として、女性としての見つめなおすチャンスでもある。
子ども中心はもちろんであるが、夫をそっちのけで子どもだけはという母性愛が強いようである。それは、それで大切なことでもありいいことでもある。が、どうしても偏ってしまうことが、生活の面や子育てにも少しずつ影響が出てくることを、ママたちは、研修の分かち合いの中で気づき感じたことであろうと、最後の感想で、それが明らかにわかった。
夫婦の形や人間関係は、いろいろあるけれど、ひとり一人が違うし同じにすべきと思うとストレスもたまってしまう。そんなことが今日の研修で理解できたことと思う。
楽しそうにワークをするママたちの笑顔に触れ開催してよかったと改めて思うのである。

sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2009年11月15日

しあわせへの道DVD

親友から「しあわせへの道」のDVDをみせてもらった。本では読んだことがあるが、改めて画像で見るとポイントがよくつかめて、忘れていたことも甦った。
シンプルに当たり前のことなんだけど、人とのかかわりとか、してはいけないこととか、子育てや人権や、環境など人としてのすべてが組み入れてあり、人としてのしあわせとは?が、
凝縮してあるものだった。アメリカでできたものであるが、日本人の声優さんが話していてなんともきれいな響きでもあった。
今週、子どもの人権セミナーで講師を勤めることになって(二地域から)いるので、何とか話の中に組み入れないものかと考えている。
将来自立した大人に育てるための一つの子育ての手立てとして知っておくことはとてもとても大切だとおもうからである。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2009年11月14日

ありがたいです

実家の姉から、野菜のいただき物があるので、届けたいと電話があって、早速もってきてもらう。旬の野菜で新鮮なものばかり、いただいた物ばかりではなく、姉も手がけて作った野菜も入っていた。
姉の野菜作りは、まだ途中段階のようだが、秋には美味しいナスを度々いただき助かった。
今回の冬野菜が今ひとつできがよくないらしく、姉の友だちにそのことを話したら、たくさん持ってきてくださったと言うことだった。
友達にしても姉にしてもありがたくしあわせな気持ちになり、早速、今夜はおなべにして、野菜をたっぷりいただくこととなった。〜感謝〜

sukomomo at 19:52コメント(0) |  

2009年11月13日

子どものこころ

知り合いの3歳になる女の子の話です。パパの転勤で大阪から九州に引越しをした。その道中で、もうそろそろ着くのが間近になって、車酔いをし体調が悪くなった女の子が、(高速道路だったのでさらに大変だったという)救急車で病院へ運ばれ、引越しのさなか大慌ての家族だった。
そんな体験をした女の子は、ママの愛情が足りなくなると吐く真似をするようになった。
病気になると、ママがいつもと違って手をかけてくれることが嬉しくて。
よくよく聴いてみると、そのママは、日頃抱っこもあまりしないし、一緒に遊ぶこともなく、いつもそばにいる祖母が見かね手をかけていた。
子どもは、ママの愛情を受けたい一心で病気で大変だったことをよそにママの愛を求めている。
子どもの心は凄いのです。

sukomomo at 20:21コメント(0) |  

2009年11月12日

寒い日だけど心はあたっかい!

木枯らしがふいて、ほんと!寒くなった。いろいろなことが解決しなくて一人であれこれ思い悩んでみたりすることがあるのは、みんな同じでしょう。
友だちに、知り合いに、一言相談し、純真な気持ちを持っていたならば、それに向かってトライ、チャレンジ、自分だけではなく人のためにもなることを自分で分析して、誰もが考えてみても同感だと思うような行動であったなら、信じて進んでいくことが大切だということを実感した。
一人でじくじくと思い悩んでもよくなることはない。周りには理解してくれる人が必ずいるはず、一人で頑張らなくてもいいんだよ。ねっ!

sukomomo at 17:58コメント(0) |  

2009年11月11日

新聞社社長と子育ての話に共感

今日は、風と雨の嵐のような天気。仕事を終えた後で新聞社を訪れた。
担当の方がまだ帰社されていなかったので、先日、人権シンポジウムでご一緒させていただいた社長と話に花が咲き、子育てのあるべきことなど共感した。
若い親達も団塊の世代も老人も、子育ての理解者になって、地域で子育てをすることが大切であるなど話し込んだ。
結局原稿をおいて帰るつもりが、担当者の方が帰ってこられるまでいることになった。
一人でも多くの方の子育て支援の理解者であって欲しいとの願いが嬉しく思った。
ありがとうございます。


sukomomo at 19:50コメント(0) |  

2009年11月10日

新一年生の子育て講座

米子市の小学校就学前説明会の際に保護者対象の子育て講演をさせていただいた。一年生になる節目としての大切な時期であり、これまでの子育てを振り返るいいチャンスでもある。
みなさん熱心に聞いてくださり、子育ての旅と同様、今のこのときが思春期に繋がっていくことの実体験の話や母親の役割りに期待したいことなど目いっぱいの時間を使って話させていただいた。
終了後、校長室で話をしていると保護者からの相談も入り、講演後の新鮮な気持ちから話もよく理解してくださり、子どもへの関わりにすぐに役立てていただけるように実感した。

先日も市長さんに子育て支援の中身(内容充実の)話をさせていただいたが、教育現場に於いて、西部地区の教育や子育て支援が平等に子ども達への成長過程に行き渡っていくことを改めて思った今日であった。  今日のチャンスをありがとうです。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2009年11月09日

子育ての旅 2日目

子育ての旅2日目を迎え、受講生のママたちは、楽しみにしていたと参加。今日は心の発達と自分自身の心の見つめ方がテーマである。始まるまでは若いママたちとあって、きゃぴきゃぴと話に花が咲いていたが、始まると真剣そのもの熱心に、聞いたり、ワークしたり、あっという間の二時間であった。
とにかく子育ての基本をママたちに委ねて将来の日本を背負っていく子ども達を自立させることにある。ママたちの腕にかかっているのだ。
そんな思いで講義とワークに集中した。みんな頑張ってました。熱心に聴いてくれてありがとう。

sukomomo at 20:15コメント(0) |  

2009年11月08日

えがおフェスタ大成功

えがおサポートによる子育てのイベント満載、欲張りなプログラムに参加された親子は、満足されたことでしょう。
.蹈吋奪箸れよんによる子育て講座∋勸蕕謄妊スカッション食育ぅ蹈吋奪箸れよんコンサート
と盛りだくさんを若いママたちのNOP法人えがおサポートと鳥取県との協働事業により、一日がかりのイベントをママたちとその家族の(パパも協力)パワーでやりこなされた。
凄い!子育て真っ最中のやる気あるママたちに評価をしたい。
内容も充実していて、ロケットくれよんの話は、保育士時代の子どものつぶやきを取り入れた、心温まる話。歌も愛ある優しい詩とメロディーあり、動きありと、親子で楽しめる素敵なパパになった二人の優しさがにじみ出ていた。
パネルディスカッションは子育て中のママやパパの話に共感を得て、支援者の励ましと、一人で悩まないでのメッセージあり、気取らない素晴らしディスカッションとなった。
食育は、江府町から手作りの弁当と新米のおにぎりを無農薬で、素材も味も美味しいの一言で詰まっていた。ぜひともこの味を味わって欲しいと「り〜ふ」のママたちが言っていたことがよく理解できた。
県の担当者もたくさんの参加があり、みんなで子育てを楽しみ育みましょうのメッセージが参加者に伝わったことと思う。お疲れ様でした。ありがとう。

sukomomo at 17:35コメント(0) |  

2009年11月07日

掛け持ちでの公民館祭準備万端

今年の公民館祭は、日程が集中していて四箇所を掛け持ちで準備にあわただしく駆け巡った。
それぞれに特徴があり、同じにならないところがおもしろい。
人も素材も活動もそれぞれに素晴らしく温かい。明日まで開催だが、今年はゆっくり鑑賞する時間もなく、明日は、えがおフェスタのコーディネーターの大切な役もある。
楽しく子育てしていてよかったと思えるイベントになることでしょう。
そういえば、女性団体から、来年の中四国大会が米子で開催されるので子育て講演をと依頼を受けた。ありがたくお受けすることにした。
情報収集と学びに精進していこうと思う。
あー、今日一日心地よい疲れだぁ。 〜感謝〜


sukomomo at 19:47コメント(0) |  

2009年11月06日

保育園での子育て講演会

保育園懇談会前の一時間を使っての子育て講演会を受け、乳幼児期の大切さを中心にプロジェクターを使っての話をさせていただいた。熱心なママは、『今回で三回目なのですが、毎回新鮮な気持ちで、その度に子どもに説する気持ちが変わってくるようです』と感想を述べてくださった。
同じようなことを話すのだけど、毎回新しい情報も取り入れていくことにしている。
子育て中のママたちが、未来を背負っていく子どもへの一番の窓口であるために、私としては、ママたちに頑張ってもらいたい一身である。そのためには、ママたちへのサポートは惜しまないつもりである。
縁があったママたちへの応援は、子育ての旅のようにずーと見守りつづけていきたいと思っている。今日の場を与えてくださった園長先生をはじめ、聴いてくださったママたちへありがとうです。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2009年11月05日

公民館祭今週末重なる・・子育てサークルママたちもPR

地域の公民館で活動している子育てサークルは、公民館社会福祉協議会などから助成金をサポートしてもらって講演会や運動実技など行なっている。
準備で行ってみると、顔なじみのママたちが公民館祭へ展示をするパネルづくりに熱心な姿を見た。こうして、地域の人たちと関わりあいながらの子育てをすることは、子どもにも親にもそして、周りにもいい。
人と人とのコミュニケーションが希薄になりがちな現代社会の中で、こうした活動を見るととても嬉しくなる。地域の人たちへの理解も深まり「みんなで子育てを」に近づいていくことを期待した。ありがとう。

sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2009年11月04日

えがおでフェスタ参加募りまーす

えがおサポートのイベントが今度の日曜日11/8・10時〜開催。歌あり、食あり、子育てトークありの楽しいイベントがあります。

まだ、若干チケットに余裕があるので、子育ての旅の卒業生にも知らせる。メールで取れる何人かに連絡をとり、みんなに伝言を依頼する。
既に、私の名前も載っていたからとチラシを配布してくれたママもいたようで、うれしいですね。さすが!「子育ての旅の受講生」たのもしい!

子育て中の親達が集まって、食や子育てについての悩みや夢を語りあったら、心も軽く次へのステップに繋がっていくことでしょう。

家族で参加してみませんか。子育てや人生への何かの収穫がつかみ取れることと思いますよ。
どうぞ!いらしてくださいな。

sukomomo at 18:52コメント(0) |  

2009年11月03日

大山に雪化粧

温暖化の影響でしょうか、暑い日が急に翌日は寒くなり、今朝はかなりの裾野まで大山が雪化粧となった。雪の大山も美しく凛としていて守られているという感じ。
久しぶりにおひるごはんを実家でいただき、子ども達の「大きくなった!」という実感もひときわであった。中学生ともなるともう大人だものね。いつまでも子どものような気持ちで見ている自分に気づいた。これからは「大人としてみてやろう」と。
姉は会う度に母そっくりになっているような気がする。兄さんも元気そうで嬉しい。若夫婦は仕事で祭日も頑張っている。みんな元気で楽しく過ごそうねぇ。長生きしてよ〜!


sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2009年11月02日

子育ての旅始まる

今日から三期生の継続セミナーが始まった。『人との付き合いが苦手だけど、良いという噂を聞いて申し込んだ』『第一日目から仲間になったようなワークで次回が楽しみだ』など等感想も聞かれ、三期生を開催することができたことの喜びを実感した。
託児もいつものように安心してお任せできるスタッフに囲まれ、今日はKさんのアシスタントも付いて心置きなく会を進めることができた。
大山町やBSSからの見学もあり、いろんな地域で広まれば子育てママたちのレベルアップとして地域に貢献してもらえることと思う。
赤ちゃんのふれあい教室と同様に広く深まり継続できることを今日のママたちを見ていて再確認した。私も次回が楽しみです。

sukomomo at 19:13コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: