2009年12月

2009年12月31日

大晦日の日に

毎年、年越しそばは実家で、一年間の終わりのけじめをつけるためと来年のしあわせを願って過ごしていたが、大荒れで残念ながら断念した。
今年も後数時間で終わろうとしている。
お陰さまでいい年でした。皆さんのおかげさまです。
来年も、皆がしあわせで活気ある年となりますように。ありがとうにありがとうを重ねて!
心をこめてワクワクする年にしましょう。〜感謝〜

sukomomo at 17:56コメント(0) 

2009年12月30日

もちつきも楽し!

子ども達も大きくなって、餅つきも安心してできるようになった。
毎年恒例のお正月の準備も、実家でにぎやかにできることのしあわせを、今年もありがとうの気持ちで楽しい時間を過ごさせてもらった。
姉は、母の姿をそのまま、今年も姉妹たちの家族に祝い餅など届けた。
姉もその娘家族も皆心優しいことで恒例の行事のごとく続いていることだろうと感謝である。
今年も美味しいお餅と気持ちをありがとうです。

sukomomo at 18:07コメント(0) 

2009年12月29日

乳幼児期の子育ての大切さ

乳幼児期の子育てをどうするかによって、思春期へ繋がっていくことをもっと知るべきである。親はもちろんのことだけれど、保育園、幼稚園関係者も、そして、行政もしっかりと見ていって欲しい。
若い親たちは、子育てのスキルはもちろんのこと、初めて赤ちゃんに接する時、何もできない赤ちゃんへの愛情が繰り返しのふれあい(世話)である。これがとても大切なのである。
米子市は、保育園が民営化になるとかならないとかの話し合いがなされているが、どちらにしても、子どもへの保育は十分に手があった方がいい。特に2才まではしっかりと守って受け入れて欲しい。
子どものSOSや欲求を満たす繰り返しの行動が人間形成において第一であるから。
小・中学校に行った時にしっかりと現れてくることを関係者ひとり一人が自覚すべきだと思う。
行政は、この時期の子育てに投資しすることで次世代の素晴らしい人間づくりができることをトップの人たちは知り実施することである。
子育て中のママたち!今を大切にしてね!困ったときや一時保育は、保育サポーターが助けてくれます。一対一の発達をしっかり把握した専門家です。ある程度大きくなったら群れて遊ぶことは大切だけど2歳まではしっかりと個人の自主性を尊重することです。

sukomomo at 19:19コメント(0) 

2009年12月28日

子育ての旅の助成金終了報告書提出

今年の間に助成金の終了報告書がスタッフの皆さんのお陰様で、本日、無事提出することができた。感謝です。
四期生の実施もできることを願ってます。
1月中旬は、一期生の同窓会をされることの情報も入っているし、二期生・三期生の仲間づくりも進んでいるようである。
子育て仲間ができ、うちの子・よその子・みんなの子という具合に子育ての和が広がり、思春期を迎えたときに困難にものりこえられる親子の絆がしっかりとできていることを確信している。
子育ての旅はずーと続いていく。苦労も楽しさも皆で分かち合っていける仲間が支えあっていく子育ての旅である。

sukomomo at 19:21コメント(0) 

2009年12月27日

不安や恐怖を感じるときは・・

不安や恐怖を感じるときは、誰にでもあることです。でもその時にそのことにこだわっていたらそのとおりになります。そう聴いたことがよくあります。
だから私は、そんな時はその気持ちに×をつけて消し去り、すぐにいいことを思うようにしています。成功したこと、嬉しかったこと、楽しかったこと、いい人との思い出のことなど等です。
今日の相談の話の中には、考えられない執着心(怨念)を持った人のことの話を聴きました。
言われた人よりも行った人の方が何倍にも返って来る事を知ることです。だからいいことを思い実行することです。そうしていることでマイナスのエネルギーがプラスのエネルギーに変わっていきます。
大丈夫、正しい思い方や優しい心でいれば大丈夫です。かげながら祈っています。

sukomomo at 18:57コメント(0) 

2009年12月26日

お正月花をいけ終え新年に向けて

お正月花を本日すべての教室がいけ終わった。皆さん、お正月に向けて心豊かに「よいお年を」の合言葉で今年の教室が無事に済ませることができた。
さてさて、我が家はこれからである。
日頃の手抜きが年末に一気に襲ってくる。楽しんで片付けや掃除をさせていただこうと思っている。ありがたいことです。
小さい赤ちゃんなどの子どもがいる家庭では、思うように行かないでしょう。でも、小さいうちは、子ども中心にして欲しいです。日頃清潔にしていたらお正月だといってもいつもと変わらずすることしかできないですものね。
それでいいと思います。もう少ししたら手が離れて一緒に片付けなどできるのですから・・・躾の時期は2才から4才です。それまでは共に楽しんで触れ合いましょう。
そういえば、教室の生徒さんが、込み入った掃除を専門の業者に頼んだら時間給800円位でしてもらえたそうですよ。そういうのも利用するといいですね。

sukomomo at 19:34コメント(0) 

2009年12月25日

お正月に向けて

クリスマスの今日の夕方のスーパーの食品売り場は、既に、かまぼこの多くの陳列に変わっていた。不景気といっても日本は平和な国であり、世界の多くの子ども達は、ホームレスや飢餓に震えていることも現実である。
温暖化の地球も今日は暖かく2日前とは打って変わっての温度差も、なんだか変に思う。今までならば、「暖かくていい!」なんて単純に思っていただけに、温暖化対策の今できることを真剣にひとり一人が考え実行していかなければならないのではと思っている。
今夕のニュースでは温暖化対策で多くの資金をかけての施設がどうのこうのといっていたが、メディアを通してとか自治体でなどのお金をかけない方法で対処できるのではと思う。ひとり一人の意識に関わっているのでは?できることから、無駄を無くしていこう。


sukomomo at 19:38コメント(0) 

2009年12月24日

クリスマスイブに

実家の子ども達と共にクリスマスのイブを過ごすことができた。久しぶりに会った(母が生存していた頃は毎日のように行っていたので、ずいぶん合わないような気がした)
姉が久しぶりにくるからと特別な好みの料理を作ってくれていて、子ども達は友だちが来ていて、姪は早めに帰宅して皆で共にイブを過ごせることのしあわせを感じた。
食後は、満腹になった分、卓球をして楽しんだ。みんな上手になっていた。みんな成長していっていることを実感した。
この分だとお父さんが一番子どもかも?どこの家庭もお父さんが自分に甘いようだ。子ども達はしっかり見ているんだけどね。楽しい夜をありがとう。

sukomomo at 20:58コメント(0) 

2009年12月23日

お歳暮や年賀状心をこめて

いつの頃からか、恩師のS先生は年賀は止めましょうと誰にも書くのを止められた。本来なら音沙汰のない懐かしい人ならば一年に1度の元気に便りがお互い様によくわかりいいものであるが、先生のおっしゃるように、いつものように顔を合わせたり話したりする人には、その点無しでもいいのかもしれない。
そう思いながら近い人にはお断りをし、枚数ずつ毎年減らしていっている。
今年も25日はもうすぐそれまでに投かんしなければ元旦につかない。さてさて、今年は?これから急ピッチでしなければ・・・。

お歳暮は、やっとのこと、本日お礼の気持ちをこめて贈ることができた。今みんなパソコンで入力しているのだけれど、便利になった分、自分で住所を書かないのが、ちょっぴり物足りなさを感じたのだった。おかしい・・・???

sukomomo at 19:40コメント(0) 

2009年12月22日

環境審議委員会 子供たちに自然を

環境の専門的な知識はないが、次世代に残したい自然の美しさをという思いで引き受けた。今日、専門家の人たちを交えた審議が行なわれた。
何が正しくてどのようにしたらよいのか、数字や難しい化学反応などはよくわからないが、家庭から出るゴミや公共施設から出るゴミなどはできるだけ少なくすることである。
下水道が行き届いていないところもあり、処理場での浄化もできないことも一つの原因でもあることが理解できた。
中海や大山、弓ヶ浜など自然の豊かさあっての子育ても嬉しい一つである。皆で自然を残すための小さなマナーを積み上げることも大切なこと大きな視野で物事を考えて資源を大切にしていくことを改めて痛感させていただく日となった。

夜は忘年会。今年もいろいろ学ばせていただいた。自分を見つめて起因になって責任をとって行くこと。悔いのないように。『人のせいにするのは自分に責任を取ってないこと』とL・ロン・ハバードは言っている。了解!です。ありがとう。

sukomomo at 21:39コメント(0) 

2009年12月21日

こんにちは赤ちゃん実行委員会と忘年会

今年の事業の最後の報告今後についての会議の後で忘年会。何年ぶりに行った中華やさんのご馳走は皆が大満足であった。
教授の話も興味深く、子育ての振り返りのスタッフの苦労話も笑いを誘い。おなかも話も満腹となった。
いろいろな立場の人たちの集まりだからこそ、テリトリーが広く興味深いものがあるのと同時に共通した思い方があるのではないかと感じた。
雪や雨も止み、散歩がてらの徒歩はなんとも気持ちよく帰宅となった。ご馳走様そしてよいお年をありがとうございます。
帰ってメールを見ると「子育ての旅の」一期生から一月に同窓会の案内がきていた。どんどん積極的に集まって仲間の浸透性を保っていることもさらに嬉しく思った。ありがとう。

sukomomo at 21:43コメント(0) 

2009年12月20日

ハッピー子育て応援団修了式

境港市の子育て支援課の取り組みでハッピー子育て応援と赤ちゃん登校日の市民に向けての振り返りと活動報告が行なわれた。
一年間をかけて主たるテーマの講座と、毎回保育士の手遊び等の実技と、課長自らの体験を活かした親子で自然とのふれあいを実践をされてきた。
境港市の素晴らしい自然にいながらにして、子どもをあそばせていない若い親たちへのアドバイスを体験を通して気づかせるということは素晴らしく、仕掛ける側のパワーがなければできないことである。
それを毎回続けてされてきたことにうらやましい限りであった。
就学前の親子を対象にした意味合いが現代社会に必要不可欠だということが理解でき、素晴らしいと思っていつもかげながら応援していた。
今日のまとめに、振り返り、感想を述べる参加者のコメントの気づきやその後の実践を聴き、行政の取り組みは安定していて、子育て親子にしてみれば力強いことであろうと思った。
赤ちゃん登校日も市民に向けて実践報告することは大切であり、地域の理解を得る上ではとても大切であろうと、他の町で取り組んでいる赤ちゃんふれあい教室への参考にもなった。

午後は、中海テレビのお正月番組収録に参加する。今年は、ばばさんの他に総務省や内閣官房の出演もあり、参考になる話も間直に聴け、言ったことの理解もしてもらい勇気が湧いてきた。さすがに、県や国や外国を行ったり来たりしている人は視野も実践も違うし、この小さな町にきていただいたことも素晴らしく人としての大きさを感じた。
自分がなんて小さなことでくよくよと心狭いのだろうと日頃の活動を振り返ることもできた。
今日の出会いに感謝です。できることをあきらめずにしようと再度決心する。ありがとうございます。

sukomomo at 19:13コメント(0) 

2009年12月19日

子育て支援ネット定例会

子育ての旅も終えて一段落したので、反省会を兼ねてのランチ会となった。家族の新型インフルエンザなどで参加者は少なかったが、メンバーの子ども達が参加してくれたので、花を添え和やかなランチ会となった。
小さい頃から知っているだけに大きく成長して私にとっても嬉しいひと時だった。
雪の日だったこともあり、並ばなければ限定ランチにありつけないといわれていたが、遅く到着したメンバーにも同じものがいただけてよかった。安くて美味しいボリュームもあり「得した!」って感じで皆大満足であった。
おすすめですよ!米子駅前の「旬門」お刺身も新鮮でとても1000円では食べられないご馳走でした。
さて、定例会は、場所を移動していつもの会議室。1/31の三浦清一郎先生が来られることやその際にパネルを展示することなど子育ての旅の反省も兼ねて話し合った。
次回は1/23です。皆さんご参加ください。

sukomomo at 19:01コメント(0) 

2009年12月18日

子育てサークル「ぽっぽくらぶ」の食育

公民館に行ったら、偶然にも子育てサークルのママたちが親子で栄養士さんの指導を受けて料理講習会を行なっていた。
その中に、「子育ての旅」のママたち親子も2組いてびっくり。
いいですねぇ。この寒さの中で、みんな集まって親も子も楽しそうでした。
みんなで子育て大変なこともあるけどみんなで支えあってお互いの育児をみつめて、素敵です。そして、周りの手の空いた人がおせっかいをしながら、そして、甘えることも必要なのですよ。その中でしっかりとした意見も聴きながら立ち止まり立ち止まり成長していくものです。みんな応援しているのですから。

sukomomo at 20:01コメント(0) 

2009年12月17日

悔しい後には嬉しいことが・・・。

人とのかかわりの中で思うように行かないことや悔しいことをした後の、同じ人とのかかわりの中での優しさや思いやりに触れると、とてもとても嬉しい気持ちになる。単純なわたしがいる。
姉夫婦の思いやりで今日も助けていただきました。それがエネルギーになって他人への思いやりに繋がっていく。だから人には親愛の情を持って接しなければいけないのだろうと思う。
強いように見えても弱い自分が姉妹の末っ子のあまえっ子に現れているのでしょうね。寒さの今日の思いの足跡となった。「笑って」「謙虚に」「感謝して」を念頭に。

sukomomo at 19:07コメント(0) 

2009年12月16日

寒波がやってきた!

今年は、まだスノータイヤに変えてなくて、今日からの寒波に間に合わない準備となってしまった。
それでも、幸いに今日は雪も積もることなくほっとする。かなりの寒さとなったので明日こそはタイヤ交換をしなければと思っている。
温かいなべのご馳走の季節、いつもより遅くなって仕事から帰り、冷蔵庫の野菜を片付けがてらポトフにすることに・・・。結構イケてるご馳走になり温まった。
ついでに心もほっとした。ありがとう。

sukomomo at 19:28コメント(0) 

2009年12月15日

BSSラジオ 子育て応援部 聴きました

先週の初回は、聞き逃したので今回はと思ってちょうど移動時間にあてがって聞くことができた。新型インフルエンザ予防接種のことで松江市の小児科医の話であった。
心配で悩んでいた親たちは安心して予防接種を受ける気になられたことでしょう。
初回は、支援ネットのメンバーが聞いていてくれてよかった!  
誰かしら参考にして悩みを軽減していただけたら嬉しいことはないですね。
追って、子育ての旅の内容も話していただけるようです。取材に来られたMさんは子どもさんが新型インフルエンザにかかって今日はお休みということで声は聞けなかったです。お大事にしてください。

sukomomo at 19:11コメント(0) 

2009年12月14日

子育ての旅三期生六日間継続セミナー終了日

子育ての旅今回は途中の公開講座等が入ったので、参加ママたちの分かち合いが少なくなった分、仲間づくりとしての浸透性が足りないのかも?と心配していたが、最後のアンケートを見ても、今日の終了後のランチ会など積極的実施をするなどのコミュニケーションができていてほっとする。
パパの子育て講座は、帰ってからの夫婦の分かち合いで、テレビを消すことが多くなったなど効果も出でいてパパの講座にメディアのテーマを持ってきたのは正解だったことも実感した。
それぞれの価値観の仲でママたちの仲間づくりと支えあう子育てができることの応援ができたこと、子育てスキルを学びあえたことに、スタッフの喜びもひとしおだったことと思う。
これからの子育てをしていく道中の見守り隊としてエールを送りつづけていきたい。
早速連絡先などの名簿もつくって来ていて、「なにか悩みがあったら連絡してもいいか」と私の連絡先も付け加えて配布された。子育ての旅はこれからも続いていく。
皆さん、ありがとうございました。


sukomomo at 18:36コメント(0) 

2009年12月13日

家から一歩も出ない休日

もう何年ぶりだろうと言うくらい今日は玄関から一歩も外に出ない日となった。お陰さまで、家の日頃できなかった掃除や片づけをすることができてすっきり・・・。
まだまだ片付けられない部屋はあり、年末までにはしたいと思っている。
電話は、よくかかって来て手を休めることもできた。
明日は、「子育ての旅」最終日。ママたちの成長が楽しみである。今回は盛りだくさんの企画であったが、ママたちの横のつながりは十分だったかどうか明日にかかっているように思う。熊丸先生の話は子育ての旅の理念にも共通しているし、子育て応援団としてずーと見守りつづけていくことが大切だと思っている。

sukomomo at 17:41コメント(0) 

2009年12月12日

親の介護

今日は、介護のいろいろな情報の日だった。何人もの人から親の介護に悩んでいることを耳にした。
一人娘だったり、姉妹がいても看れる状況ではなくひとりで親の介護を抱えている人が結構多いことを知った。
私も経験があるけれど、しっかりした親のイメージが強いと日に日に弱っていく親を受け入れなくて悲しんだものである。
今日話を聴いた知り合いもスーパーでの立ち話であったが、仕事をしながら親の介護をしている。
デイサービスがありがたいことも、自分で看たいと思う気持ちも交差し悩んでいる。
将来の老後に備えて、心身ともに元気で過ごせるように、大切な一日一日を送りたいと、改めて感じる日であった。

sukomomo at 19:26コメント(0) 

2009年12月11日

子ども・こころ・育ち

子育ての旅のパパの講座で紹介された「子ども・こころ・育ち」〜機微を生きる〜の本が届いた。山田真理子著である。推薦者に以前大変お世話になった田澤雄作先生の名があった。
子育ての今の現状の中でいかに親たちが選択して大切なものを子どもに与えていかなければならないかがよくわかる。
昔の子育てのおんぶにしても事細かくメリットが記してある。いつも子育て講演会で話していた内容で共感すべきお勧めの本である。
団塊の世代の大人たちが若い親たちに暖かい気配りと繰り返しの教えを言っていかなければならないと思う。先日の熊丸先生の話の中でも回りの大人が共に子育てを支えていくことをこの本を読んでいてさらに感じるのだった。

sukomomo at 19:19コメント(0) 

2009年12月10日

オーストラリアに行って!!

50歳にしてストリートダンスに芽生えた友だちが、オーストラリアに行って住もうって!!
10何年前に観光旅行で行ったことはあったけど、住もうなんておもってもみなかった。(ニュージーランドは何度も行ってたし友達も永住していることから住んでみたいと思ったことはあるけど・・)
彼女の気持ちに添えなくて申し訳ないけど、今のところオーストラリアに行って住むという目的が私の中ではイメージできない。
いい町並みだし、広大だしきっと素敵でしょうけど・・・。もう少し考えてみるね。日本という国や今生かされている意味や学びや家族の役割りなど、いろいろと考えて見たいとおもう。

sukomomo at 19:02コメント(0) 

2009年12月09日

おもいっきり!卓球

健康クラブで久々に卓球の上手なTさんご夫妻と一緒になり、相手をしていただいた。
おもいっきり動き返す小さなボールのやり取りをするのに困難な球ほどやりがいがありスカッとする。卓球の選手とあって凄いのだ。少しずつ上達できることを実感し、次回にお相手をしていただくのが楽しみである。
久々に汗ビッショリになりなんとも爽やかな気もちになれた。
脳も活性化してすっきり!茂木健一郎氏の「脳が変わる生き方」にも運動の大切さが記してあった。運動不足はよくないなぁ。考えることばかりしてちゃぁいい案もひらめかないね。

昨日の母に会いたい気持ちは姉達に伝えたことと、運動したことで緩和された。単純ですね。
ありがたいです。

sukomomo at 19:35コメント(0) 

2009年12月08日

母に会いたい!

子どもというものは、親というものは、深い深いつながりがあり、亡くなって三年も経った今でも何かあるごとに母に会いたくなる。
自分の不甲斐なさや生かされている喜び・人とのコミュニケーション、価値観の違いなど等をみても、母親と言うものは、何歳になっても子どものことを愛あるまなざしで見ていてくれたのだ。
だから亡くなった今でも、何かあると母に会いたくなる。いつまで経っても子どもなんです。
雪の大山が日を浴びて美しい姿に遠く母を想う。

sukomomo at 19:24コメント(0) 

2009年12月07日

イベントの託児を受けるということ

先日行なわれた公開講座の託児で飛び入りの託児を引き受けることになった。申し込んでいた人数にキャンセルも出たことから、せっかくだから子どもと離れて講演会を聴いてもらいたいとの配慮である。
いい話で、笑って、泣いて、感動して子どもを引き取ったときに、託児スタッフより「転んで口(歯茎から)血がでましたが、大丈夫のようです」と渡された。
それから、一週間しての今日「歯医者に行きたいので転んだ様子を詳しく知りたい」と電話がかかってきた。
預けたママは申し訳なさそうに遠慮がちに問い合わせてきた。すぐに託児スタッフに連絡し、その子を担当したスタッフに詳しく聞いてママに連絡をすることができた。
大切な子どもを預かる上で最も気をつけなければならない。
怪我とかはそばで見ていてもするものであり、その様子をしっかりと説明をし対応することが大切である。一瞬の間に手助けが出来ないこともある心からの接することでママたちは安心して預けることができるのである。
改めて原点に返ってスタッフの意思統一をすべき、折を見て保育サポータースキルアップ研修を持ちたいと思った。
今日の敏速な対応に感謝です。ありがとう。

sukomomo at 18:54コメント(0) 

2009年12月06日

日吉津村の人権教育

先日、子どもの人権の依頼を受けて行ったときに、竹信三恵子さん(朝日新聞編集員)を迎えての男女の人権をテーマにした企画があるからと案内され参加させていただいた。
日本の経済を格差社会の背景にした目からうろこの話を聴くことができた。世界を駆け回っている竹信さんの話は、客観的に見た日本の欠点を指摘された。
非正規雇用の問題・嫁福祉の問題(そんな表現で)を。だから子育ても介護も経済も潤っていかないのだと言うことが、納得の行くはなしであった。
また、中学生には弁論大会に出た生徒や六年生の人権教育の発表なども取り入れ、大人と子どもが人権差別を考える素晴らしい研修会であった。
いつでもどこでも思うことだが、もっと真剣になって町づくりや子育てや人権や教育や経済などの地域での集まりと分かち合いがより多くの人たちの和となって支えあえる方法はないものかと痛感する。小さな村や町だからこそ隣近所が声掛け合ってしあわせな生活ができるようになるためには、コミュニケーションではないかと思う。(もっとたくさんの人に聴いて欲しいという願い)

研修会に行く前にジャスコに行って見た。ちょうど「り〜ふ」さんのイベントが終わったところだった。応援が間に合わなかった・・・残念!り〜ふ」の皆さん相変わらず頑張ってました。頑張っている人たちへのご褒美がありますように!きっと実となり花となることでしょう。
かげながら応援しています。

sukomomo at 19:27コメント(0) 

2009年12月05日

心のふれあいプロジェクト

とっとり発信「心のふれあいプロジェクト」が三朝町で行なわれた。鳥取大学医学部高塚人志先生の取り組まれたコミュニケーション授業を中心に実践発表が境港市・南部町・出雲とそれぞれの立場での視点からの発表であった。
出雲はNPOが中心となって、南部町は委託事業の助成を受けて始まったばかり、
境港市は来年度は全小学校七校が取り組む予定だと言う。子育て支援課と学校と横のつながりもしっかりしていて安定した広がりが実感できた。
NPOは「行政でなくてもできる」と強気を言われてみても、福祉・教育・文化はやはり前片山知事も言われたように行政がお金をかけるべき取り組みだと思う。
そういう点からみても子育ての広い視野からの境港市の取り組みは素晴らしく、地域と行政とが赤ちゃん登校日のみならず子育て支援をしていく安定感があった。
これからの課題としては、学校の先生方が、事前授業のコミュニケーションスキルを取り入れ、地域の子育て支援者に赤ちゃんとのふれあいをすれば、地域内での素晴らしいコミュニケーション授業が展開していくことと思う。
高塚先生の種まきに習って、私自身スキルアップをしなければと反省と意気込みを新たにいただいたフォーラムでもあった。
やはり、高塚先生の取り組みは素晴らしい、真似はできないにしても、私のあたっている学校への思い入れも新たに精一杯、行政や先生、スタッフと支えあいみんなで創り上げていく心に残る授業をしていきたいと思う。
それぞれの発表者や東大名誉教授汐見先生の話、平井知事の力強いサポートに、心を育てる教育がなされていくことの希望が実感できた会であった。ありがとうございます。


sukomomo at 20:23コメント(0) 

2009年12月04日

BSSラジオ 子育て応援部

12月1日から毎週火曜日の2時〜5分間の生番組で、子育て相談が始まった。早速ファックスでの子育て相談がきたということで、担当ママさんスタッフからの問い合わせが届いた。
とても熱心で、こと細かくわかるまで解答を質問、勉強し、聞かれてきた。
子育てで悩んでいるちょっとしたことの手だてがラジオを通して発信でき、ママたちの次へのステップに繋がっていくことができたら何よりも嬉しい。そんなスタッフの方と共有でき子育て応援がより広がっていく新たな喜びも感じる。
外出しにくいママたちにとって、役に立てることができたらなお嬉しい。

sukomomo at 19:27コメント(0) 

2009年12月03日

多胎児にこにこCLUB子育てサークル

多胎児のママたちで運営している「にこにこCLUB」が西部地区にある。私も会員になって5年になる。お陰さまでそれ以来、「子育てワンポイント」を二ヶ月に一度の情報誌に記載させていただいている。
今日、偶然にも情報誌の送付作業に集まっていたママたちに会った。
皆さん元気に笑顔で楽しんで作業をされている様子に、嬉しく思った。
大きい双子ちゃんは高校生になっているお子さんもいる。そのママたちもずーと繋がっていて、パパ達も巻き込んでの素敵なサークルである。
ママたちがイキイキしているととても嬉しい。出来上がった情報誌をいただいて一足早く観させていただいた。お世話になりました。ありがとう。

sukomomo at 19:13コメント(0) 

2009年12月02日

親と子と家族

知り合いの方で、若かりし頃に、柔道の山下選手の先輩でフランスまで伝授をしに行ったことのある子育て中の父親がいる。
今も、子ども達に道場で柔道を教え、心を大切にしている指導をされている。私も道場が開いた頃に行ってみたことがあるが、先日お聴きした熊丸みつ子先生の話とかぶることもあり、共感したので、愛読者に提供をしたい。
子どもを育てる上で、
・完璧なことを願わないこと。
・「〜かも」、「〜できないかも」と思ったら「〜かも」を信じてやってみること。不安がよぎったら「できるかも」でやってみるとストレスを感じないで結構やっていける。
・これからは右脳感性の時代がくる。
・何か子どもに問題が起こったら、親や家族が一番解決できる。回りのすることは、見守り提 案する位で、実際は親が本気で関わっていくしかない。手がつけられないからと、人任せ にしてもよくはならない。
・感性を磨くこと。それには乳幼児期の五感を使って存分な体験をすること。

私もそのとおりだと声を大にして言いたい!


sukomomo at 18:07コメント(0) 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: