2010年03月

2010年03月31日

生涯読書をすすめる会 

生涯読書をすすめる会定例会に参加する。いつもの事ながら、いろいろな分野の本や絵本などの紹介はもちろんのこと、講演会や研修会などその他いろいろな情報にいつも気づきをもらっている。先日の柳田邦男氏の『気づく力』の話題も出て、これから当分の間、楽しみに読んでみたいものがお見通しで先だつものと相談しながら購入したいと考えている。
今日は、伊勢英子氏の絵本の魅力もその一つとなった。「にいさん」「リュールおじさん」「二人のゴッホ」などの色使いと文とがとても魅力的である。
心癒される絵本の世界に。また、先日、購入した山本ますみおばあちゃんの本も購入。これは、東京の友に送ってあげたいと思う。
ブックスタートの報告もさせていただいた。たくさんの方にブックスタートのよさを伝えることも決意しながらの報告会となった。がんばるよー。


sukomomo at 19:41コメント(0) |  

2010年03月30日

最終の日に感謝して

二年間突っ走ってきた仕事が本日最終日となって、皆さんに挨拶をしてまわった。それぞれに感謝とはなむけの言葉をいただいた。
安定し、成果が見られたので、引き際かなと感じたからである。
今までと畑の違った子育て支援の一環を、一心でやってきたこの二年間に私自身も誉めたいと思う。しかしながら、周りの携わった多くの人たちの支えや協力を忘れてはいけない。
初心に返って、子育て支援に一から携わっていきたいと、今日新たに決意をしたのである。
感謝感謝で再々出発です。今後ともよろしくお願いします。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2010年03月29日

良かれと思ってやっていること

私も他者に対して、特に身内とか、親友とか、相談者とかに、良かれと思って言ったり提案したり、一生懸命になればなるほど、身をひいてしまわれたり、迷惑がられたりすることがある。
友も私へのアドバイスで、しつこいほどに提案を求めてきた。良かれと思っていることだということは、わかっているつもりだが、反対の立場になってみるチャンスでもあった。
「もう・わかったから、ほっといて!」という気持ちにもなりかねない。そんな気持ちがわかる経験をした。
提案や、アドバイスはいいが、しつこいほどのアドバイスは避けたいと思った。なぜなら、今その時期でないからである。子どもも同じで、アドバイスや提案や教えなどは、言ってから待つことの大切な時間と空間が必要であると、自分の身において実感した今日であった。
ありがたいです。その友にも感謝です。

sukomomo at 19:03コメント(0) |  

2010年03月28日

近くの公園のさくらも・・・

このところ、風が強い日が多くて、冬物は少しずつ片付けようと思いつつも、黄砂が飛んできている気配がして(自宅から見下ろす中海の向こうの安来の山がかすんでいることが多い)「また今度・・」などと日を伸ばしている。
近くの桜の木もつぼみが膨らんでチラホラと花をさせているが冷たい風に耐えているようだ。
姉妹が毎月定期的に会おうよなんて言っていたのに、それぞれが用事や体調不良でキャンセルとなる。
年々、年をとっていく、若かりし頃とは違い、ゆったりとした気持で、できることをするしかないのだけれど、長女としての姉の性格はいつも心焦っているように見える。
電話をしてもそれを感じるし、そんなことから、体調も崩れてしまうのだろうと心配である。
母の生存のころは食事も一緒に手伝ってやっていたのに、たまに行っても一人で何でもするし、人にゆだねることもしなくなった。
孫たちのために・・と気を張り詰めているのはいいのだけれど、もっと手伝いとかさせながら楽しんでの生活ができないものかなぁ。
桜のチラホラを見ながら気づくと姉のことを考えていたのである。

sukomomo at 17:50コメント(0) |  

2010年03月27日

双子のお孫ちゃん

公民館教室の生徒さんの1歳2ヶ月になる双子のお孫ちゃんが若いおばあちゃんを尋ねてやってきた。
歩き始めるようになり、これからが一番手のかかるときとなるでしょう。おばあちゃんは、最近くたびれが出て教室に来る前は休んでいたという。
人見知りもあって、大勢の人がいるのを(可愛いから皆が声をかけてびっくりしているようす)泣き出すが、「いないないばあ」が大すきということで繰り返しの「いないないばあ」で機嫌もよくしてくれて笑顔が出だした。
天使のえがおである。いつまでみていても飽きない素敵な力をもらった。すくすくとおおきくなーれ!来てくれてありがとう。

sukomomo at 19:46コメント(0) |  

2010年03月26日

久しぶりに酔っ払っちゃいました

職場の親睦会で久しぶりに気持ちよく酔っ払いチャいました。ワインとグラス一杯と焼酎一杯で酔っ払っちゃうなんて、年をとったものですねぇ。
でも、久しぶりにいいお酒でした。コミュニケーションが取れて美味しい食事をいただけて、分かち合えて楽しいひと時でした。
周りの人たちに恵まれた幸せな職場だったと思います。いろいろなことの学びも人間として成長できたのではないでしょうか。まだまだ一人前になれないようですねぇ。
周りの人たちに支えられて皆さんにも感謝されていい仕事をさせていただけました。〜感謝です〜

sukomomo at 21:39コメント(0) |  

2010年03月25日

シルバー子育て支援事業

安心な生活・子育て応援事業推進連絡会議が開催され、シルバー人材センターの皆さんの活動をお聴きした。
二年前に子育て(保育)の養成講座にて講師を勤めさせていただいたので、皆さんのその後の活動振りをお聴きしてとても嬉しく思った。
祖父母との同居できない家庭においては、年輩者のゆったりとした温かい支援がとてもいい感じで行なわれていることが理解できた。
この春休みには「シルバーふれあいセンター」として「学童保育の家」を開催。保育園卒業から入学までの居場所のない子ども達にも受け入れてもらえる。
一日1000円(人件費を考えればとても安い)土日祝は少し料金も高めの料金になるとのことで4時間以内は1500円・11時間で3200円となっている。
仕事を持つ保護者にとってはとても助かるのではないかと思う。
各地域に広がっていけばいいのにねぇ。ひとり自宅でゲームなどしないで、みんなとおじいちゃん・おばあちゃんと触れ合って過ごせることは子どもにとってもお年寄りにとっても一石二鳥である。


sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2010年03月24日

苦しみを乗り越えて

またまた寒くなりました。温暖化のせいでしょうか?暑かったり寒かったり、少しでもエコになることをと思います。
柳田邦男の著書を読んでいくうちに、人生の大きな悩みを気づきの体験と共に乗り越えていかれた方は、人生観も心の内面も広い視野の元で生活や行動の変化をされているのがよくわかる。
息子さんをなくされた後、内観研修を受けられ、乗り越えられた後には、著書もドキュメンタリーから内面な心の見方に変化している。
亡き河合隼雄氏を師匠としての心のあり方もよく理解できる。
私も河合氏の著書をよく読み学ばせていただいたが、また再度読み返したくなった。『心の処方箋』今度は深く感じながら読んでみよう。

sukomomo at 19:49コメント(0) |  

2010年03月23日

桜の開花とふきのとう

昨夜のニュースでは昨年より一週間早く桜が開花したという。職場の駐車場の桜の木々も今日行ってみると、ちらほら可愛く花ひらいていた。今日は、少し寒い気がしたけど雨に濡れながらもじっと咲こうと待っているかのようであった。
そして、ふきのとうのかわいいつぼみをたくさんいただいた。
今夜味噌和えをし味わった。春の季節をさっそく味わう日となった。ありがたいことです。〜感謝〜

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2010年03月22日

お彼岸

お彼岸まいりに出かける。昨日の黄砂を、とりあえず水で流して車を走らせたが、かわくと「あれーっ」全然落ちてない。
帰りに洗車をとスタンドに寄ったが、二時間待ちだという。それなら自分でやるしかないと、今度は、丁寧にタオルで洗い流してやった。久々の手作業洗車であった。きれいになると気持もいいもので、ベランダや玄関先などもやる気満々。

さて、実家では子供たちと卓球をした。みな上手になってやりごたえもある。一汗かいて気分も爽快である。
まだまだ会えなかった子供たちに(友達と映画とか・まだ訪れていない)も会いたかったなぁ。
子供の成長がとても楽しみである。もしも、若いママたちがこのブログを見ていたら、できるだけ実家に足を運んでほしいと願う。年寄りは、皆、楽しみに待っているですから。


sukomomo at 17:04コメント(0) |  

2010年03月21日

春の嵐

昨夜の黄砂を運んだ大嵐は、朝起きてみると車もベランダも砂ぼこりに覆われてすごさを感じさせられた。
こんな日は、あまり外に出ない方がよさそうと、実家のお彼岸のお墓参りを明日にすることに電話を入れて、ゆっくり過ごすことにした。
アメリカからの電話を待って、心の見つめることと読書に専念した。
いろいろなトラブルも心を見つめることではっきりと原因や今後の指針をはっきりすることもできた。
とにかくすべては自分が起因となっている。誰のせいでもない自覚と気づきと感謝と・・。この自然の大宇宙と小宇宙(心)の混乱と抑圧との逸脱からきていることも実感する(ずれてしまう・流されてしまう・心を見つめよう)自分に嘘をつかない、心から楽しいと思えることを実践していくことに。

sukomomo at 20:25コメント(0) |  

2010年03月20日

赤ちゃんの存在

知り合いの娘さんに赤ちゃんが生まれた。今日は、偶然に出会った。三ヶ月になるという。
寝起きだったので、急に見知らぬおばちゃんに抱かれて怪訝そうにしながらも、声をかけているうちに笑顔で応えてくれる。天使の微笑である。
「おばあちゃんになりました」といいながらも嬉しそうな若いおばあちゃんは、しあわせいっぱいの笑顔で話してくれる。私もしあわせのお始祖分けいただきました。ありがとう。
その後、親友とお茶をしたときに赤ちゃんのことを話す私を見て「どうして赤ちゃんの話をするときはそんなに嬉しい表情をするのかなぁ」と親友までもしあわせそうにしていた。
赤ちゃん万歳!すくすくと元気に大きくなーれ!

sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2010年03月19日

元気なママたちのパワーを伸ばそう

昨日の西部子育てサークル代表者会のお祭りに、手作りおもちゃ、日用品、おもちゃ、虫除けスプレー、魚釣りなど等アイディアをこらして楽しめるコーナーをみて、ママたちはすごいなぁと感心した。
子育てしながらのちょっとした時間を得意とする分野で回りの人たちへ提供することは、相互的に素晴らしい取り組みである。
「子育て中だから・・」とか「〜ねばならない」とまじめすぎると、途中で息切れもする。
自分の能力を発揮できる場があることは、とてもいいことだと思う。
ママたちのお互いの智恵を出し合い楽しみあい、そして、学び合えるサークルの交流は、とても大切な取り組みである。
「子育ての旅」の卒業生も何かとやることになれば、大いに協力したいと考えている。その前に同窓会を企画しなければ・・・・。待っててね。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2010年03月18日

みんなで子育てイベント

西部地区子育て代表者会のお祭りが開催された。日吉津村福祉センターは、子育て支援に大きく協力をしていただいている。
ボランティアさんも充実していて、毎年、頭の下がる思いだ。続けていけることの感謝である。
今日は、初めに『ワークライフバランス』の講演を聴くことになっていたので、少々長かったが、熱心なママとそうでないママとの格差が感じられた。
はじめの約束事をしっかりすべきだったように、後からの反省点である。また、同じ部屋での託児(見守り)だったので、子ども達も限界が来ていて一時間が限度、その後は、走りまわったりする子もいて、熱心なママたちにとっては、気が散ったことだろうとも思う。
講師先生にも恐縮です。(子育てパパだったので少しは多めに見ていただいたことでしょう)
子どもが賑やかなのは仕方ないにしても講演中の私語はタブーである。始まる前の約束事と、大広間の区切りなどの設定なども考えていくことが、今後の課題であろうと思う。

その後の、フリーマーケットや米粉のたこ焼き試食会は、和やかで楽しい時間となった。
県職員さんの食育のコーナーは良きPRになったようである。
今後、各サークルのこじんまりとした中での食育を展開できることと思う。

子育てサークルOBママの素敵な情報もあった。このたび鳥取大学に受験し、看護士をめざして入学(合格した)するとのこと。一年間は鳥取キャンパスに通学し、二年目からは米子キャンパスになるので頑張っていきたいとのこと、下の子が小学校に上がった頃から目標を決めて、この一年は(下の子は三年生)集中して受験勉強に励んだとのこと。 
よく頑張りました。素晴らしい。先日入学説明会に行ったら、合格した高校三年生と意外と話も合ってほっとしたとか・・。応援してますよ。嬉しい知らせだった。ありがとう。 

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2010年03月17日

心ゆったり楽しい発見

毎日バタバタしていて、近くの町並みにも素通りの毎日だった。この度、いろいろなことで、ゆっくりできる時間ができた。ありがたいです。
散歩をし、雑貨屋さん、本屋さん、公園などお天気もよくのんびりと散策を楽しんだ。
昼には本を持ち込み、お一人様の洋食ランチ。「今日は特別だ・・ご褒美だ」と決め込んで「贅沢もたまには」と時間を気にせず楽しんだ。
雑貨屋では、珍しいものがあり、これまた結構楽しめた。入り口付近にお出迎えワンちゃんが尻尾をふりふり『きゃんキャ』と可愛いおもちゃ。奥の方で赤ちゃんが泣いているので、あらあら赤ちゃんの人形まであるの?ときょろきょろしたが、赤ちゃんらしきものは見当たらなかったので、「やっぱり・・・人形か」なんて思っていたら、レジの付近で本物の赤ちゃんが再び元気よくやけくそ気味に泣いている。若いママは、あやすことなく淡々と送り物の手続きをしていた。
この泣き方は、半端じゃないなと近寄ってあやすとすぐに泣き止んだ。
若いママはまだ子育て新米、お店のスタッフの気配りが欲しいなと思っていたら、店員さんが、感じられたのか来てくれてベビーカーをゆらしてくれた。
小さな心配りがママたちの応援になる。
本屋さんでは、知り合いにばったり、今度結婚するといってパートナーを紹介してくれた。
おめでたいことです。本当によかった!おめでとう。

sukomomo at 18:56コメント(0) |  

2010年03月16日

心を成長させる「気づき」の瞬間

先日の柳田邦男氏の著書を読み始めている。体験と共に気づきの感性を大切に思われていることは、とても共感できるところであった。
人と人との交わりの中での思い・感じる心の感性は、小さいときからの体験や基本的信頼感の幼い頃の影響が大きい。
保育園ではH21年に新保育要領も改正されて、家庭保育のみならず、保育園・幼稚園の集団生活に於いても問われているが、ひとり一人の子どもへの愛情を感じさせるものでなくてはならない。
心身の発達段階を把握した上で、しっかりと親愛の情をもって子どもとその保護者への関わりをしていくことが大切である。
大人は、ゆったりと話し合える時間が必要であり、せかされて流されている現代社会に少し立ち止まってみるのもいいのではないかと思う。
子ども達を見ていると、そう痛感するのである。

sukomomo at 19:22コメント(0) |  

2010年03月15日

公民館運営審議会

地域の公民館のあり方は、子育て支援にとっても重要なポストである。子育てサークルはもちろんのこと、小・中学校のコミュニティーに於いても連携を取って次世代育成を地域の住民と共に繰り広げるきっかけ作りの役割りがあると思っている。
お金をかけなくても人材がいることで輪が広がり支えあえる人と人とのつながりを公民館が核となっていく手立てをしていって欲しいと願う。
そのためには、協力したいと常に思いをめぐらせている。
子育てや安心して生活できる人とのつながりを「あまり公民館には行くことがなくて」といっている人も、これからは集ってほしいと願う。

sukomomo at 18:59コメント(0) |  

2010年03月14日

読書の楽しさ広げよう

境港市読書活動推進大会が開催された。町づくりの一本の柱に胎児から老人までの生涯読書の町、境港としてブックスタート(フォローアップも含め)から保育園・幼稚園・小学校・中学校そして、大人の読みかせ団体の連携した取り組みの活動が発表された。
ブックスタートを初めて受けた子ども達が、現在小学校一年生であり、効果も現れている。
家庭の読書もアートスタート・ノーテレビデーなどに加わり家読をファミリー読書として始まっている。
ブックスタートの土台がしっかりしていて次へとつながっていることの大切さがみられた。
基調講演には、柳田邦夫氏の講演会で、実際に保育園や学校など訪問され、そこでの子ども達のかかわりの中で心の発達と絵本・読書との因果関係がわかりやすく絵本などの紹介も交えながらの話は感動するものであった。
絵本からの深いメッセージをしっかりと受け取り、現時代だからこそ必要なのだとも再々確認の話であった。
絵本は子どもだけのものではなく、大人ももっと絵本を見るべきだということも理解できた。心が和む講演会であった。ありがとう〜感謝〜




sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2010年03月13日

鳥取方式の芝生化を考えるシンポジウム

芝生の効果があれほどにあることを今日のシンポジウムで実感した。素晴らしい取り組みで次世代を担う子供たちにぜひともグランドや園庭の芝生化をしてやって欲しいと思った。
日本サッカー協会キャプテン川渕氏の話の中にあった、動物的機能の低下から芝生の効果は、現世代の子ども達には必要不可欠であることも理解できた。
全国から鳥取式の芝生の効果を聞きに来られていたことは、産業にも通じるものでもあり、温暖化の取り組みなどにも大きく影響する。
今日のシンポジウムは子育て支援の多方面からの視点でも共通するテーマであり、ぜひとも積極的取り組みに貢献したいと思った。
平井知事の相変わらずの広い視野のトークは、共感もでき好感度もアップです。

sukomomo at 19:56コメント(0) |  

2010年03月12日

アレンジメントフラワーに癒されて

ここの所、いろいろなトラブルが続けて来たために、少々落ち込んでいた。(へぇーおちこむことあるの?)心を見つめて立ち上がりは早いのだが、やはりよくないことは、できるだけ避けたいと思うのが普通でしょう。
「その人の解決できないものはないからいろいろなことがやってくる」そう思えば頑張りも効く。
皆さんと共に春の花でアレンジをすると、美しく、かわいらしく、心が和む。やはり生花はいいなぁと改めてしみじみと見とれるのである。ありがとう。
明日は、芝生のシンポジウム。ぜひとも話を聞いてみたいと思っている。

sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2010年03月11日

アトピー皮膚炎

子育てママの悩みで、子どもが、アトピー皮膚炎になっていて、食べるものに気をつけなければならない。先日、検査に行ったら小麦粉もだめだったらしい。ショックでしばらく泣いてすごしたという。
可愛いしぐさで笑顔いっぱいに遊んでいる子どもも寝るときには、きっとかゆがったり、合わない食べ物を口にしたときは、息ができないくらいの発作をおこしたりすることがある。
そんなママは、アトピーの子を持つ親同士のサークルを作りたい、そこでいろいろと情報交換をし合えば、きっと心強くもなれるだろうと、相談があった。
そんな悩みを抱えているママたちも少なからずいることと思う。
3/18に西部子育てサークル代表者会のイベントがあるので、そこで、募ってみたらどうだろうと提案。
きっといい話になりますよ。まずは一歩から・・応援します。

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2010年03月10日

今日の気づき

心を見つめる作業をしていても、「なぜ?こんなことが?」とわからなくなってしまうことがある。
朝、いつものように、トイレでの読書「Lロン・ハバード人生への新しい視点」を読んでいて気づきをもらった。
人間は、混乱していたら、何かの整理がつかなくなる。例えば、教育では99%が混乱に陥ると学校にいけなくなるとか、仕事も、家庭も同じようなことが起こるのだという。
自分を見つめなおしてみると、混乱しているつもりはなかったけれど、しっかりした結論が出ないということは、やはり、混乱しているということなのだ。
たくさんのことを一気にやろうとしないで、できることから丁寧にすることに決めた。いつもの間にか混乱に陥っていたのだと、受け入れることをすると、霧がかかっていたことが見えてきた。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2010年03月09日

子育て応援団・・短い時間に

BSSラジオ放送『子育て応援団』に生出演させていただいた。テーマは、ブックスタートの取り組みで、先日、東京に行ったこともあって、ブログをみた担当ディレクターの熱意からだった。
子育て支援の一環であるブックスタートの鳥取県西部地区の行政と市民との協働な取り組みの趣旨や効果を話したかったが、時間があっという間にきてしまい、どれだけ伝わったか、である。
ちょうど離乳食の子育て相談が入ったこともあったが、いつも待機していて相談に受け答えができることにはならず、担当ディレクターのモリミーさんにフォローをお願いした。
ラジオはいつも何気なく楽しんでいるが、発信されている人たちの時間との戦いを垣間見てすごいなぁと関心した。少しでも子育て応援団の一員としてメッセージか伝えられたら、何よりも嬉しい。
「DARAZU・FM」も五月には開局するとのこと、(子育て支援コーナーあり)まずは初体験で勉強させていただきました。感謝です。

さてさて、本日は中学生の卒業式、赤ちゃんとのふれあい教室で一年間関わらせていただいた三年生、おめでとう。出席できなかったので急遽お祝いの言葉をファックスさせていただいた。心から門出を応援したい気持ちから、ファクスで失礼とは思いつつ(祝電が間に合わず)アクションに出てしまった。赤ちゃんのときにたくさん愛されて育ってここまで大きくなったこと忘れないで命を大切にネー。夢に向かってあきらめない強い心をもってねー。


sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2010年03月08日

お休みする間もなく鳥取へ

久々の鳥取県庁をおとづれる。9Fからの眺めは素晴らしく、「鳥取もいいとこだなぁ」なんてコーヒーをいただき一息する。
県会議が始まり館内放送もにぎやかだ。会議室も数多くあり、会議もこの時期多いらしい???。新しい出会い、一期一会の気持ちで時間が流れていく。

帰りの道中が気になり、わらべ館などによる余裕もなく帰りに向かう。
鳥取のひとりドライブは、結構長くて緊張する。無事帰って来れたことに感謝!ほっ!です。

今日は、二箇所からの講演会や相談会の依頼が入る。共に学び合えるチャンスをいただけて、ありがたいことです。〜感謝です〜

明日は、BSSラジオ『子育て応援団』生出演。短い時間にどれだけのメッセージが伝えられるかで思案中。心のこもったメッセージが伝わりますように。

sukomomo at 19:57コメント(0) |  

2010年03月07日

絵本の歴史(世界の絵本)

本の学校・生涯読書をすすめる会特別企画、絵本の歴史講座が三回にわたって開催され、本日は、最終日『世界の絵本の歴史』をお聴きした。
紙のない時代、絵のない時代、印刷に至るまでの長い歴史の中で、イソップ物語は大人向けだったことや、ピーターラビットが外国で翻訳出版されたのは日本だった。
福沢諭吉氏の子供向けの翻訳が明治3年(1872年)だったこと、紙の文化は中国から来た日本の和紙が早かったこと(ヨーロッパは布に書いていた)など、とても興味深くおもしろい話だった。
今、当たり前のように紙を使っているが、紙の歴史と絵本のつながりなど、長い歴史の中の人たちの智恵に今があるのだと改めて感謝感激であった。
三浦精子氏の絵本に関する情報は素晴らしいものであった。改めて世界の絵本の色使いなどじっくりみてみたくなった。
素晴らしい本物を子ども達にも提供していくことが大切だろう。
先日、ブックスタートで東京に行った時に、国際子ども図書館の世界の絵本も、今日の話を聴いた後で行っていたらもっと興味やおもしろさを発見して、手にとっていたことだろうと思った。

午後は、かぷりあ祭に参加する。相談コーナーや発表・バザー・展示など顔見知りの方たちの中で、ことしの「つながり」をテーマにマッチしたイベントだった。にこにこCLUBの発表も見れて、子ども達の成長に嬉しく見させていただき心が和んだ。ありがとう。

sukomomo at 19:56コメント(0) |  

2010年03月06日

NPファシリテータースキルアップ研修

今日は、早朝のやくもで新幹線に乗り継ぎ、大阪の大学までいつものNPスキルアップに参加させていただいた。受講生の懐かしい顔ぶれに話に花も咲き、さすがに仲間たちは意欲的にNPを実施している。
いばらぎ市は、年間の予算化もされ、数回スタッフも賃金として時間給として支払われるシステムになっている。
NPの実施の必要性がしっかりと位置づいているのがうらやましい。
グループワークはやはり楽しい。そして、気づきも多い。改めて親プログラムの見直しと進め方などの確認等ができ、できるだけ都合をつけて参加をしなければと思った。
仲間にもNP養成講座をぜひとも受けてもらいたい。そして、たくさんのママたちに受講してもらい子育ての楽しい和を広げていきたいとさらに思ったのである。
新幹線は何度乗っても、乗り心地がいい。帰りは、睡眠の時間となった。ありがとう。


sukomomo at 22:02コメント(0) |  

2010年03月05日

「子育ての旅」報告会と情報交換会

県の主催で平成21年度協働でつくる地域の子育て支援推進事業報告会と情報交換会が行なわれた。この度は「えがおサポート」と子育て支援ネット西部を中心に「子育ての旅」の取り組みとなった。行政・幼稚園・保育園・地域民生委員などの多数の参加者で二つの事業の成果を評価していただき、来年度もぜひ続けるようにとの心強い言葉をいただいた。
(早めに出かけたにも関わらず、途中でのハプニングに遭遇・・あえてハプニングとすることに)
心の迷いがあると、今日のようなハプニングに遭遇するのかなぁと心見つめている。皆さんの温かい気持ちがプラスのエネルギーに即切り替えられて、発表も何とか果すこともでき、笑顔で過ごすことができたことに感謝です。
このところ、年度末でもあり、新年度に向けて、いろいろなところからお声がかかり、子育て支援に携わっての認められた成果として実感するところである。
ありがたく感謝である。
しかしながら、体は一つ、他の人にお任せできることは、割り切って委ね、何が自分に一番向いていて、人のためになるのかをしっかり見極めながら前進することであると言い聞かせる。


sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2010年03月04日

公民館教室の集い・・役割り

子育て支援を充実させるために、公民館の教室をしばらくお休みしたいと思って生徒さんがたに提案させていただいたが、「楽しみを続けたい」の要望に、強い決断ができなくなってしまった。曜日を変更し、協力してもらうことで、引き続きすることになった。
私でなくてもいいのかと思いきや、そう簡単にはいかなかったと同時に人とのつながりを大切にすることも・・・などと考えを切り替えてやっていくこととする。
子どもでもお年よりでも皆に喜んでもらえる笑顔が見られるのはしあわせなことである。
ありがとう、感謝です。


sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2010年03月03日

大人になりましたね

姪の子どもで大学一年生になって、初めて一人暮らしをした。当初は、母親から味噌汁の作り方やチャーハンなど何種類か教わって、頑張っていたらしい。
仲間の影響で、「そんなに頑張らなくてもいいんだ!」って思った。最近は、作ることも減って冷蔵庫の中で期限切れの食品が結構あって、実家に帰るために冷蔵庫の整理をして気がついたという。
姪と私とで、毎日の食生活は大切であることを話したが、どれだけ実感したのかなぁ。
今、春休みに運転免許証をとるために自動車学校に通いだした。
それでも母親や私の話を反発することなく真剣に聴いてくれたけど・・・。その分大人になったんだと、親元を離れ、ありがたさも実感したことであろうと、小さい頃からみていて、男子から、たもしい男性になったと嬉しく思った。
大学生活も有意義にやっている様子。ありがたいです。

sukomomo at 19:43コメント(0) |  

2010年03月02日

鳥取方式の芝生化を考えるシンポジウムの案内がきました

がいなネット(鳥取県協働推進課)より、「芝生を考えるシンポジウム」が3月13日(土)14時〜17時 米子市文化ホールにて開催される。
子育て中の保護者の方たちへの呼びかけをされている。
鳥取市のグランドの取り組みを見たことはあるが、関心のあるところだ。アスファルトの時代になったので、どれだけの効果がもたらされるのかぜひ聴いてみたいと思う。
日本サッカー協会川渕氏の基調講演もあるようだ。
子育て中のママの幼稚園では芝生のよさを実感されている。皆で聴きにいって見ましょう。

sukomomo at 19:03コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: