2010年11月

2010年11月30日

素直に・・・考えてみる

昨日、紹介した本を早速購入読み出した。池田晶子氏の哲学は、はっきりしていてスカッとする。
一般世間の人々は(私も含め)世間の目を気にする。周りの人たちもほとんど世間体を気にして生活をしている。そんなものは・・・?と本質を考えてみることのできる一冊となるだろう。
人のことは、とてもよくわかる。「そっちは幸せの道から遠のいていくよ・・だからこっちの方が世間体ではなく自然体ではないのかなぁ」と提案しても頑固として聞かない人もいる。
結局、苦労を好んでわが道を行っているようだ。しかしながらそれも仕方の無いことだろう。自分で選んで懸命に生きているのだから・・と慰めるしかないようだ。
そんなことを池田氏の本を読みながら考えていた。
みんな幸せな社会になって欲しいと思いつつ・・・。
一つ一つ考えながらゆっくりでいいじゃないかなぁ・・。逃げなければね。

sukomomo at 17:42コメント(0) |  

2010年11月29日

本の紹介・・・読んで共有しましょ!

生涯読書をすすめる会の定例会には、情報交換の一つとして、最近読んだ本の紹介をしあう。
私は、先日、ジャーナリスト堤未果さんからの著書を「アメリカ弱者革命」を紹介した。
S氏からの紹介された著書池田晶子氏の「人間自身考えることに終わりなく」「知ることより考えること」が興味深いものであった。若くしてなくなった池田氏の著書は、現在「あたりまえのことばかり」を読んでいる最中であるが、生き方に於いて考えさせられる著書である。
また、こどものとも年少版「しきぶとんさん・かけぶとんさん・まくらさん」を購入。子どものおねしょや老人の夜中のトイレの近い人たちへの気づきと感謝の絵本である。読んであげるのに最適。
当たり前だと思っての日々の生活が感謝でこころが温かくなるとともに笑ってしまう絵本でもある。

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2010年11月28日

認知症を支える住民パワー

弓ヶ浜助け合いネットワーク毎年のこの時期の恒例となった認知症をテーマにしたフォーラムが開催された。
今年は、中部地区の行政からも活動報告をされたりし、住民が一体となった楽しい活動を報告された。
また、弓ヶ浜和田地区の伯州綿作りの報告(地域の保育園児から老人まで巻き込んだ活動)とそれに伴なう綿娘の詩や踊りも披露された。
踊りは、これから、我が子育て支援ネットのメンバーでもある幼い頃から日舞をしていた友が振付けをすることになっているが、今日に間に合わず、地域のはつらつばあばあとじいじいが踊りを披露し、なんとも笑いを誘った。
友は、この二人には、このまま踊ってもらい、後方でみんなで踊るように振り付けを考えているとのことであった。
賑やかなフォーラムに心が和んだ。これなら認知症になってもあんしんだぁ!!!????

sukomomo at 18:21コメント(0) |  

2010年11月27日

子どもの人権研究米子大会

子どもの人権でご活躍の平野裕二氏の条例についての話を聴く。子どもにとっての権利について原点にかえって考えさせられる内容であった。(弁護士会主催)
米子市でも子どもの人権条例についての検討会が数回にわたって話されているとのことであったが、賛否要論とのことだった。
今回の講演やディスカッションでは賛成派の意見だったことに共感できた。
理由としては、幼少期から子どもの意見に耳を傾けて意思表示をさせることが大切だからである。
思春期などに於いて、問題を起こす子ども達の中には、気持ちを表現できなかったり、下手だったり、苦手だったりする情況をよく目にすることが多い。
大人は、子どもの目線に立って関わることが大切であるとともに、してはいけないことをしっかりと大人の背中を見せて育てることにあると痛感する。
腕力でしつけなどすると、思春期に於いて、腕力で跳ね返ってくるし、その子が親になったときに同じようにしてしまうからである。
子どもの人権は、特に幼少期に於いては、、最も必要だと思う。
本日の話は、参加者が少なくて残念ではあったが、有意義なものであった。


sukomomo at 19:58コメント(0) |  

2010年11月26日

先生方の熱意に

昨年、新型インフルエンザで実施できなかった5年生のもう一つのクラスの子供たちに、赤ちゃんのふれあい教室を、卒業するまでに体験させてあげたいと、先生方の思いが(もちろん生徒たちも楽しみにしていたこともあり)実現した。
一年経つと生徒たちも大きく成長していて、「こんにちは!」と挨拶をして赤ちゃん25組の親子の中に入って来た。
事前授業の命の大切さやコミュニケーションの大切さなどの話も集中して聴いてくれていた。(かえってママたちの方が、授業という時間の自覚がない方も何人かいたので、注意をする)
赤ちゃんと関わると生徒たちの表情も緊張しながらもキラキラと輝いていた。いつも思うのだけれど赤ちゃんの力は凄い!
赤ちゃんを通して、自分達が生まれたことの喜びを再現でき、親への感謝の気持ちを感じてくれたことでしょう。
米子市で唯一行なっているこの小学校の生徒たちは何かの困難にぶつかったときに、命を大切にして行動できる過程を選択してくれることでしょう。
先生方に感謝です。そして、赤ちゃんと共に参加してくれたママたちに感謝です。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2010年11月25日

集中できなくて・・・!

ラジオの生放送。今日のテーマは「聴くの大切さ」について話したいと準備していった。
相談も入っていたので、中途半端な話になったのかと反省。
夜泣きの相談だった。夜泣きは赤ちゃんのフアンを取り除く大切なかかわりです。
相談のみに集中して時間を取るべきだったかなぁ。
「聴くことの大切さ」・・・今度詳しく話したい。
もしも、聞いていたママたちがいたら、コメントを聞かせて欲しいです。今後に生かしたいと思います。

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2010年11月24日

ブログの役割り

先日、東京でのブックスタート座談会に於いて、他県でブックスタートボランティアをしている方やブックスタート支援センターの職員の方たちも、ブログを拝読していただいていることを知り、嬉しく思った。
今日もPTA中国大会協議会に出演されていた方のコメントが入っていて、頑張っている方たちのお役に立てたことを嬉しく思った。
子育て支援という立場から、少しでも子育て役立つことをと思いながら、自分史の日記のようにもなっていて、読んでいる方は、つまらないのかも?などと思ったりもしながら、毎日書きつづけていた。
学校関係の仕事をしている時は、子育て中の親御さんに参考になればと記したことが、個人的なことだと(名前などや大まかな情況のみに配慮したにも関わらず)不登校など知っている人にはわかるだろうからと、指摘を受けて削除をしたものもかなりあった。
ジャーナリストのSさんではないけれど、真実を記すことで矯正されよくなっていくこともあると思う。
決して、個人攻撃などするつもりは全く無いし、子育てを良くしたいという、一心からである。
いつもコメントをいただいたときは、私のほうがエネルギーをいただける。ありがたいです。〜感謝〜

sukomomo at 18:56コメント(0) |  

2010年11月23日

こんにちは赤ちゃんからの気づき

こんにちは赤ちゃん実行委員会が主催する西部地区の範囲から赤ちゃんと生徒たちを募集し、児童文化センターでおこなった。
募集なので生徒たちは、希望での参加である。学校で行なうことと違い、赤ちゃんと小・中・高・大学生までのかかわりの中で、保護者にとっては赤ちゃんを通して子どもの成長がみられることで見通しができことに今日の参加者の中から気づきもらう。
バランスよく小学生・中学生・高校生・大学生の参加者だったことから、段階をおっての成長を観ることができた。
さすがに高校生となると少しずつ赤ちゃんの気を引きながら手に触れ、話し掛け、抱っこに至る。
小学生は遠慮がちに、中学生は親の出方を待って、大学生はペアになった小学生にサポートしながら関わる。そんな生徒たちの様子をみることができた。
いつも思う事ながら赤ちゃんの力はすごい!みんなをしあわせなエネルギーに変えさせてくれる。
学校で行なわれる会は、希望者だけではない全員の体験ができるよさがあり、どちらも必要なことだと実感した。
今週末にある小学生と赤ちゃんのふれあい会が楽しみである。

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2010年11月22日

ステキなママやパパに感謝

大山町子育ての旅2期生終了日、参加者のママ・パパ(今回はパパの参加も)たちが、心を開いて、子育ての分かち合いや学びに積極的にかかわり、いつもながら気づきや感動で本日締めくくることができた。
行政や現場の職員さんの熱意も参加者の心に届いたことを実感する。
人は、誰しも悩みはあるし、それを吐き出すことで、新たなものを受け入れることができる。
人の目やプライドが邪魔をして心を開けないと、どうしてもその分、気づきもなく、前向きに考えられなくなってしまう。
人それぞれではあるが、できるだけそのサポートができることに集中する。
子育ての旅はこれからも続くので、同窓会を通して、見守りサポートができることを、関わったすべての人たちと繋がっていけるように心配りをしていきたいと思う。
修了書を手にした大山町のママ・パパの輪が広がり、次世代への希望が湧いてきて嬉しい日となった。
(本日、見学にきていただいた課長さんにも、初めから最後まで見ていただき、共に感動していただいたことに更なる期待を感じることができた)

子育てサークル訪問調査指導のまとめと分かち合いを行なう。温度差があり課題も残る中で、フォローが行き届くようにと共感しながら・・・・。スタッフ一同、共感し合える仲間に心強くも思えてこれからのサポートが楽しみともなった。〜感謝〜

sukomomo at 20:38コメント(0) |  

2010年11月21日

親野 智可等 氏 講演会

小学校の教師を経て、数冊の著書も出され、メールマガジンでおなじみの本名こと杉山圭一氏の話を聞きに行った。
実際に話を聞いてみて、「この人のことかぁ」と腑に落ちた。
親野氏曰く「資質、しつけなど直そうと思っても子どもの時期は無理だ」と「大人になって自覚してこそなおせるものだ」と。
そのとおりかもしれないが、私は少し解釈が違った。2才までの基礎的信頼感とその後の自律性がなされていたら生活習慣は直すことよりも身についているし、その場での親の行動などでなおすことはできると思っている。
小学生までの家庭教育生活習慣は大きく影響する。
親野氏は具体的に方法を提起され、多くの例にはすべて共感するものであった。
否定的言葉をかけないことやよいところを誉めてのばすこと。家族や兄弟が仲良くしている写真を玄関等よく見えるところへ飾っておくこと。
イチロウやさかなクンは小さい頃から興味のあったことを徹底的にやらせたこと。大人がくだらないと思っていることもサポートしてやらせること。など等。
子育ての旅のママも数名参加されていて中には夫婦で聞いていた方も・・よかったね!夫婦で共有できることは素晴らしいこと。
さて、明日は「D.子育ての旅」2期生最終日・・・うーんと分かち合って子育てを楽しんでもらうようにしよう。

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2010年11月20日

一年ぶりの東京銀座

今回は、日比谷の銀座よりに宿泊をして友達との再会に供えた。
宝塚劇場のまん前あたりだったので、交通の便もショッピングも最高の場所であった。
親友の自宅に宿泊をと言われたが、彼女も仕事で遅くなるし、自分もゆっくりしたかったので、久しぶりに銀ぶらを楽しみ早めに就眠。(新しく睡眠にこだわったいいホテルだった)
劇場前は、宝塚ファンの人だかりだったが、今朝からもチケット売り場の前で並んで待っているのは、東京ならではの光景かと朝食を取りながら見渡していた。(2階のガラス張りの眺めのいい所だったので)
一年ぶりに友と会って話が弾み心置きなく分かち合いができ、遠く離れている気がしなかった。(彼女はいつもの大好きな和服で登場お互いに共感した)
ところで帝国ホテルのコーヒーが¥1260・・たかー!と思ったが、ゆったりと過ごせる空間とサービスは気分をリッチにさせてくれた。(たまにはいいものだねぇ)
一日があっという間だった。
早めに羽田に行き、国際ロビーの江戸の町づくり並で食事でも・・といったのだが、人が多くどこも列をつくり早々に退散し、いつものところでゆっくりとすることとなった。
お互い元気で夢(!!)に向かって今できることをしよう・・と次の機会を楽しみにした。
このたびの上京がお陰さまで実りあるものとなったことを感謝します。ありがとう。

sukomomo at 20:37コメント(0) |  

2010年11月19日

ブックスタート座談会

ブックスタートニュースレターにボランティアの取り組みや思いを分かち合い、行政側や関わる人たちの参考になればと、もちろん全国各地のボランティアの共有し、参考にできることはできるし、支援センターの配慮もあって企画された。 千葉県、愛知県、鳥取県のボランティア代表が集い話に花が咲いた。支援センタースタッフさんの進行に和やかな時間がながれて三時間があっという間だった。笑顔の素敵なスタッフの方々のお気遣いも嬉しくその場にいさせていただいたことに感謝です。 帰りにはボランティア三人が名刺交換し、場所が違えど、思いは同じで嬉しいことだと心強くもあり、全国に広がり浸透することを願ってお別れした。 また、お会いできることを願って!


sukomomo at 19:58コメント(0) |  

2010年11月18日

堤 未果 さんの著書に・・・世界平和を

一ヶ月ほど前に、堤未果さんとの出会いから、〜報道が教えてくれない〜「アメリカ弱者革命」2010年11月発行された著書を読むことができた。
堤さんが、アメリカンドリームにあこがれて留学されてから、9.11事件をきっかけに帰国され、再度アメリカに渡ってのジャーナリストとして取材をされたことの内容である。
子育てにも考えさせられるものすごい内容であり、命の大切さ・戦争の悲惨さ・心のありようなど等知っておくべき内容であった。
次世代を生き延びる子ども達が平和でしあわせな個々の夢実現に向けて過ごせることの永続的社会を考えさせられるものである。
どうぞ、書店で手にとってお読みいただきたい一冊である。
今日のDARAZ.FMでも紹介させていただいた。
未果さんありがとう。

sukomomo at 17:31コメント(0) |  

2010年11月17日

保育園調査訪問も終盤

認可外の保育園の格差があり、それでも、待機児童がいないことの援助になっているので、できるだけ資質向上で、安心安全の保育がなされるのは、当然のことながら、所長如何よって子ども達への成長に大きく影響することは、言うまでもない。
子どもの発達に見合った保育内容をすることで心の栄養が体験を通して培われる。
行事に力を入れすぎて、心を見失ったのでは何にもならない。
技術の前に心である。そのためには、保育士さんたちへのゆとりも必要不可欠なことである。一生懸命さを履き違えると後から現れる子育ての附けが廻ってる。
家庭と保育園との役割りで子育ての柱をしっかりとして欲しいと願う。

sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2010年11月16日

大山の雪景色

このところ、気温の変化が激しく、体調を崩している人をよく耳にする。
大山の天辺付近には雪化粧となって凛々と聳え立つ・・・きれい!
今日は中国からの黄砂も無くて美しい姿を見せてくれる。この地に感謝しながら日々過ごせるしあわせを・・・感じて。
大山にはいろいろ守られていることを父母から聞いていたが、遥か山の向こうから私たちの暮らしをしっかり見守ってくれていることでしょう。
赤ちゃんとのふれあい教室で読んだ絵本「あなたが生まれた夜に」の中にあるように、宇宙のすべての生き物が生まれたことを歓び見守ってくれているのです。
だから、命は大切にしなければならないのです。・・・そう、しみじみと思ったのです。

sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2010年11月15日

DARAZ.FMのすこももコーナー

毎週木曜日16時30分〜45分までの「すこももの子育ての旅」子育て相談コーナーを聞いているママをはじめとするいろいろな方のリスナーが増えているようだ。
先日も、「聞いてますよ」と境港市の方が声をかけてくださったり、「孫育てに参考になります」とおじいさんが声をかけてくださる。
また、メールでも、子育て中のママがやっとダイヤルを合わせて聞くことができ、「ただいま真っ只中の子育ての状況が、ぴったりだったので感動した」などとメッセージをくださった。
15分の短い間にいかにポイントが伝わるか? 何かの役に立ったのか? などいろいろと反省点もある中で、声をかけていただけるのは、とてもありがたい。
聞いていて疑問に思うこともあると思うので、反論や意見などもいただけたら、共に子育てを分かち合い育んでいけることを願っている。
できるだけ、子育て家庭の皆さんへの応援メッセージとなるように学びながら進めていきたいと思っている。
いろいろな意見を待ってまーす。

sukomomo at 19:46コメント(0) |  

2010年11月14日

絵本ありがとう 出版記念講演会

我が大尊敬している先生の出版記念講演会が開催された。
人との素晴らしい出会いから絵本への深みと楽しみ方が、増してきた人生を楽しくお話されて、著書から受けた感動をより一層感動が増すものとなった。
先生の人柄の誠実さと愉快さとが調和されにじみ出たお話は、参加者の心を豊かにしてくれようである。
一冊の本へのより深い人生観を身近なお手本となったように思う。時間を繰り上げて参加してほんと!よかった。
この癒された心で、明日の「子育ての旅」のママたちと分かち合い大切な時間を過ごしたいと思う。〜感謝〜

sukomomo at 18:37コメント(0) |  

2010年11月13日

中国ブロックPTA協議会

米子で中国ブロックPTA協議会の大会が開催され、今を生きる子どもたち・・命がテーマで「劇団ピュア」の90分による素晴らしい劇を観ることができた。
皆さん、熱演され心に染み渡る素晴らしいものであった。コンベンションの満席の総立ちで拍手となり、人と人とのつながりの大切さを感じさせる終わり方でもあった。
午後からは、登山家の野口氏の講演会も開催された。

保護者が手と手をつなぎ子ども達のために行動し見守っていけば、きっと素晴らしい次世代に繋がっていくことだと思う。
自分の子も他人の子も心豊かな人の気持ちがわかる子(大人)になっていくことを思い描きながら・・・。

sukomomo at 18:58コメント(2) |  

2010年11月12日

赤ちゃんの笑顔に癒されて

今年度のブックスタートは、医師の都合により、木・金と続けて開催されることになっている。続けてのボランティアは出にくいといいつつも、皆さん快く都合をつけてでてくださる。
私も今月は、都合がついて昨日・今日と連日の参加をさせていただいた。
皆さん、赤ちゃんの笑顔に癒されて楽しんでのボランティアである。共にやっているからその気持ちがよくわかる。
赤ちゃんのふれあい教室も含めて、この時期のかわいらしいキラキラとした目の輝きと表情のなんともいえない愛らしさに魅了され、ボランティアの生きがいもある。赤ちゃんの力は凄いといつも思う。
ママたちにも「こんな可愛い時期の子育てをしっかり楽しんでくださいね」と話すと思いっきりの笑顔で「はい!」と返事が・・。日頃一日中赤ちゃんといっときも離れず一緒にいると可愛いことも当たり前になって薄らいでくるもの、周りの人たちから我が子が可愛いといわれることで、ママたちもより頑張れる。
今月開催されるふれあい教室に参加を募ると、「参加してみたかったんです」と快く承諾しくださった。再会できることを楽しみにしていますよ。ありがとう。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2010年11月11日

ブックスタートボランティア

今日、明日とブックスタートの日。本日は、ボランティアの新入りさんも二人いらして、ブックスタートへの関心や支援に仲間が増えて嬉しい日となった。
いつものように、赤ちゃんへの絵本を読み、手渡しする瞬間は、とてもしあわせを感じる。
赤ちゃんとお母さんの笑顔が重なり行政ならではの子育て支援の一環としたこの取り組みは、末永く続いて欲しいと、ボランティア仲間と分かち合った。
米子市は、月2回の六ヶ月健診で1回平均60組の親子が訪れる。担当医師や赤ちゃんの人数により、早く終わったり時間が長かったりと日によって差はあるが、今日は、少し早めに終わったので、仲間でお茶をいただきながら話をする。
共通の願いは、持続することと本来あるブックスタートパックを目標に務めていこうということだった。
次世代を担う子ども達への絵本から読書に続く養老保険のようなもの(阿刀田高氏曰く)を大切にしていきたいと願うのである。

sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2010年11月10日

保育園・学校・保護者とのかかわり

保育園の訪問調査指導で悩んでいる支援者側の共通点は、子どものことを思って保護者に話しても分かってもらえないことが多いとのこと。
例えば、病気などで連絡しても危機感をもっていなくて、迎えが遅くなったり、反対に苦情を言われたりするらしい。
子どもは、病気のときくらいは、親に甘えていたいものだ。(私もそうだった)いつも仕事に追われている分、病気のときくらいは子育て中の親には、早退をするようなシステムができないものかと思う。
私が若かりし頃、職場の仲間の子どもの体調が悪いときは、率先して休んでそばにいてもらうようにしたものである。
今の世の中、子育て支援と言っている割には、職場での病児休暇など取れないものだろうか?社会のシステムを子育てしやすい体制にして欲しいものである。
そして、親たちは、勇気をもって病時休暇を取って欲しい。そんな世の中になって欲しい。
そしてまた、保育士や教師は、子どもの代弁者であって欲しい。

sukomomo at 19:50コメント(0) |  

2010年11月09日

中学生の赤ちゃんふれあい教室体験の気づき

2学期の最終体験授業の今日、赤ちゃん親子とのふれあいの中で、生徒たちの気づきに成長を感じる。
「赤ちゃんを育てることは大変なことだけど、凄いことだ!」「私も赤ちゃんが欲しくなった」「1学期よりも凄く大きくなっていてびっくりした」「赤ちゃんが使って危なくないように一生懸命つくった」など、手作りの木製車をプレゼントしてくれる生徒たちの表情が輝いていた。
ママたちも懸命に関わっていただき生徒たちの成長も共に感じていただいたことだと思う。
また、この中学校生徒たちと関わらせていただいたことに、私たちスタッフやママたちも元気や癒された時間であったと思う。
このようなステキな授業が広がっていきますように。


sukomomo at 21:36コメント(3) |  

2010年11月08日

心を見つめる作業を習慣に!

「心を見つめるってどういうこと?」何かあると相手のせいにしてしまうと、自分の心を見ることができなくなってしまう。
相手のせいにしていても、自分の心の動きを細かくチェックすると相手の行動から自分自身へ繋がる思いが引き合っていることもある。
ピエロバランスを使って心のバランスをとるようにすると自分自身と相手の気持ちなど客観的に見ることができ、そこからの気づきで解決することも多い。
子育ての旅二日目、そんな作業を参加者とするが、作業に時間がかかり次回に持ち越すことになった。
ちょっとした心の葛藤にもピエロバランスを使って心を見つめる習慣ができたら、安心・安全の人とのコミュニケーションが展開できることと思う。
そのためには、心の発達を把握して子ども自身の成長段階と両方でやっていくことがよりクリアーできる。
自分自身も使っているので結構心が安定するのである。ママたちにも習慣的に心を見つめていく習慣をもち、「今しかない楽しい子育て」を過ごしてほしい。
ママの心が子どもにも通じるものです。

sukomomo at 19:11コメント(0) |  

2010年11月07日

阿刀田高講演会

公民館祭の傍らで、阿刀田氏の講演会が開催されることになっていたので、一通り点検に廻っていき、地域の方たちとのコミュニケーションもじっくりとはいかなかったが、それなりの雰囲気を感じながら、開演少し前に到着できた。
準備に協力できなくて心苦しいおもいであったが、皆さんにこやかに迎い入れてくださり、感謝です。
阿刀田氏の話は、おもしろくてわかりやすく本を読んでみたくなった。その場で二冊購入。
経験豊富で、いろいろな作家の著書も分析され(それがとても面白おかしく)あっという間の時間であった。
幼い頃から読書は好んでいて、それが今の自分に繋がっているという。
読書は養老保険のようなものだといわれる。講演会などの後の質問事項に、「内の子は本を読まなくて・・」ということを言われるが、自分が読書に関心を示したのは、どういう時期だったなど振り返ってみると、幼い頃に家族で言葉遊びをよくやって楽しんだという。しりとり・カルタ・百人一首・言葉のゲームなど等。
今現在、読書離れになっているといわれるが、幼い頃に絵本やしりとり・かるた・ことばのやり取りなどで、人生の節目か、または基点に立ったときに、読書を取り入れてくれることだろうと、阿刀田氏の話を聴いていて幼少期の絵本や言葉との体験はとても大切だと実感した。
その後、昼食を共にして講演会で聴けないいろいろな話もお聴きすることができた。私の知識や能力では、とうてい出会えないような新たな出会いに、感謝と共に、「生涯読書を進める会」に入って続けていたからこその嬉しいコミュニケーションと心の栄養の場であることをさらに感謝する日でもあった。ありがとうございます。

sukomomo at 18:09コメント(0) |  

2010年11月06日

各地域の公民館祭賑わう

今日・明日と公民館祭の開催が多く賑わっている。以前から、子どもがたくさん来て賑わっている公民館では、今朝からも多くの子どもや大人が集まってバザーや展示物など、交流も観られて平穏な秋晴れのひと時であった。
今日は、公民館の掛け持ちで朝からバタバタと、夕方やっと明日の祭りに滞りなく準備がすすめられた。
地域の人たちや職員さん方の活気に応えて明日も晴天でありますように。
子育てサークルのパネルもステキに飾ってあり、これからの活動に一人でも多くのママたちやおばあちゃん達の子育ての輪を広げていかれますように・・・みんなで分かち合える楽しい子育てを。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2010年11月05日

川田龍平氏事務所より連絡

先日の中海テレビ主催でばばこういち氏を偲ぶ会の際に娘さん夫婦のことを記したが、早速、旦那様の川田龍平氏事務所より連絡があった。
米子へ再度来られることをいわれたが、近いうちに上京することがあるので、そのときに大まかな話をさせていただき、それから米子へ来ていただくように提案をした。
早速の連絡でうれしく思い、これからの子育て支援への期待を感じた。
子育て支援の中で、何が本当に大切であるかを現場からの声に耳を傾け、次世代へ繋ぐ心豊かな取り組みが展開されることを願い、お会いして話せることを楽しみにする。

sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2010年11月04日

公民館祭 間近!

今週末に各地区で公民館祭が開催され、準備が始まった。地域の人たちのコミュニケーションふれあいの場であり、職員や自治体ボランティアなどで活気付いている。
私も、何館かの公民館に関わらせていただいているので、今日から準備に教室の生徒さん方と楽しみながら準備をする。
あまり重ならないように日程をしてくだされば助かるのだけれど、今年は、この終末に重なってしまった。
公民館によりいろいろな特徴があって行ってみるとその地域ならではの楽しみもあり、子育て中の親子にも参考になる子育てサークルの展示もしてあり楽しめますよ。
日頃、公民館を利用していない方もぜひとも足を運んでみましょう。
土・日の二日間やっているところと、日曜日だけのところがるので下調べをして行くのがいいでしょう。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2010年11月03日

文化祭

赤ちゃんふれあい教室でおなじみの中学校の文化祭が行なわれた。
コーラスや劇にダンスなどのびのびと活動していて、いつものはにかみ消極的な雰囲気から「こんなことも・・」などびっくりするほどに上手く表現していた。
クラスでのチームワークとなる壁画の展示や赤ちゃんへのプレゼントのフェルトすごろくなど作品も展示してあり、日頃の中学校生活を浮かべながら拝見することもできた。
さすがに三年生のコーラスの息のあったハーモニーや人権劇の日頃の心のなり行きを見つめる(自分のことだけではなく友だちのことを思い相手身になって考える)物語は、ジーンと胸が熱くなった。
最後に、3年生・2年生・1年生の全体評価も先生達はよく見ておられて、次のステップに繋がることだろうと微笑ましく拝聴させていただいた。
練習時間もあまり無い中で、生徒たちは、ステキに表現し大人を楽しませてくれました。
他クラスの出し物もマナーよく見ていて、かえって大人の方が少しうるさいようでした。
前の方に移動して観たのですが、大人としてマナーをもって見て欲しいですよね。
先生方への感謝を忘れてはいけません。ありがとうございます。

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2010年11月02日

社会教育委員の役割り

社会教育委員研修会開催。青山学院大学・鈴木真理氏のゆかいなトークを交えた、社会教育委員の役割りに、目からうろこの話??を・・・。
どこでも同様、組織のコミュニケーション・分かち合いが少ないと再認識。
それぞれの価値観はあるのだけれど、その中での意思統一というか何を大切にして行動するかや、それぞれの活動を把握すべきこと。活かし活かされての役割りを行なうべきことを委員として反省した。
20名弱の委員の中でのコミュニケーションがしっかりと行なわれてこそ、町づくりへの活動も振興することだと・・。年間数回の委員会では、分かち合いも理解も充分でないために誤解を生むことにもなる。
もっと話し合いを・・・。市民の代表として情報収集や現状を把握し、よりよい社会教育・家庭教育・学校教育が行なわれるように頑張らなければ・・・。

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2010年11月01日

幼保一元化・・認定子ども園

政府は、2023年までに幼保一元化の実施を決めた。これからは、保育に欠ける保護者のみではなく、誰でも希望すれば入れるというものである。
乳幼児時期の子育ての大切さを前提に於いての実施となることを祈る。特に2才までは、一対一の関係が重要となる。
集団保育の中で、早くからの社会的マナーは一歩間違えば、後々に残ることが多いからである。
不安になった時にすぐにそばにいて対処してくれる環境がとても大切なことであり、人材の資質向上と充分な手があることが、特に乳児期には必要なのである。
私の偏見的思いかもしれないが、家庭保育をしている保護者への助成もあわせてして欲しいと切に願うのである。
子どもにとっては、親が一番なのだから、親のゆとりと楽しむ子育ての提供が必要不可欠だと思うからである。

本日、俳優だった水嶋ヒロさんが作家としての受賞をされたコメント、素晴らしい!命と向き合うテーマで社会貢献をしたいとのこと、賞金の2000円は辞退され、これからの作家推進に使って欲しいとのこと。若いのにすごいなぁ。感動!

sukomomo at 18:24コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: