2011年07月

2011年07月31日

いろんな事が重なった日

がいな祭りでダンスを今日だけで5回も踊るという友の応援に行く予定が、東日本大震災のボランティアで行った方の生の声を聞くという会と姉たちの集まりと3つが同じ時間帯に重なってしまった。
すべてを・・と欲張ってみたものの、やはり、時間的に友のダンスにはとうとう行くことができなかった。(ちょどど真ん中の時間帯で)
メールをしてねぎらうことくらいしかできなかったが、友の「足がパンパンだぁ」というメッセージにも、達成感と満足そうな様子が伝わってきて、ホッとした。
すごいなぁ!50歳も過ぎて若者とストリートダンスを楽しむ彼女にはいつも感心するとともにエネルギーをもらう。

被災地復興支援の生の話は、思った以上の大変さや時間の経過とともに新たな課題がでたことも知った。
仕事場からの命令や進んで手をあげて参加した人など3人の話を聞き、素晴らしくて自分の甘さが恥ずかしいほどであった。

日頃から地域のコミュニケーションをとっている自治体は復興も行政を待たないで進めていることなどを聴いて、地域の日々の暮らしの人との関係が大切なことを改めて実感した。
わが身を振り返り、できているかを把握するとともに、今後の課題も突きつけられるよい機会となった。〜感謝〜


sukomomo at 17:47コメント(0) |  

2011年07月30日

「安心できる家族をつくるために」

がいな祭りで道路は込み合い、駅前通りに賑わっている。
定例会を予定通り開催。
今後の事業計画等の確認と子育ての旅同窓会等の企画や情報交換を済ませた後、
急いで信田さよ子氏の講演を聴きにみんなと共に流れて行った。
テーマ「安心できる家族をつくるために」DV・虐待をみつめながら
信田氏の話は実践からの説得力があり、深いものであった。
きちんと理解していないと流されてしまう難しさもあることを実感し、今後の子育て支援にとても参考になった。
会の後も先生と茶話会でいろいろな実践をお聴きし「自分の甘さ」を振り返ることもできた。なんせ、事例が多いこと! すごい!
本も購入したのでおいおい紹介していこうと思う。
ありがとうございます。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2011年07月29日

楽しい食事会

明日の講演会で講師をされる東京原宿カウンセリングセンター所長信田さよ子氏とともに食事会が開催され声をかけていただいた。
とてもさっぱりとした性格で行動的な先生(全国各地での講演会の際に名所を観光される)と共に、前の職場の懐かしい人にも出会い楽しい時間を過ごすことができた。
話に花が咲き飲んで食べておなかも心も満足。
明日の講演会は、会議があるので遅れての参加になるが、是非とも話を聞いてみたいと思った。
早めに終えるようにして参加をしたいと思う。(がいな祭りでもあるしみんな早く終わりたいよね)
誘ってくれた彼女の人柄で懐かしい人たちとも話せ楽しいひと時をありがとう。

sukomomo at 23:48コメント(0) |  

2011年07月28日

手のかかる子・かからない子

鳥取大学医学部教授・大野先生の2回目講座。
発達障害を中心の講義である。「手のかかる子・かからない子」においては、佐々木正美先生の著書などを参考にお話しされた。
佐々木正美先生は、東京時代からの学んだ先生であり、共感するところが多々あった。と共に懐かしく、また、日頃ママたちに話していることが間違いではなかったことも再確認できた。

大野先生の事例を取り上げたお話にはわかりやすく、ママたちも今後の子育てに参考になったことと思う。
大切なことは、子どもを「評価しない」ことと念を押された。

どうしても発達障害においては、自分の子は障害ではないだろうかと神経質になってしまうことであり、他の子と比較をしてしまい出来ないことに神経を注いでしまう傾向があるからだと思う。
子どもたちは、個々に能力を持っているので、じっくりとその能力を見て伸ばしていくことだと思う。

今日の講義を振り返り、再確認ができありがたく感謝である。
実行委員の皆さんお世話になりました。〜感謝〜

sukomomo at 18:34コメント(0) |  

2011年07月27日

雨の花回廊

百合の咲いている時期に一度は行きたいと思っていたので、やっと行くことになった。百合は遅咲きが少し見られる程度だった。
あいにくの雨だったが、ひまわりやマリーゴールドの黄色やオレンジが一段と輝いていた。
夏休みとあって、祖父母に連れられた子どもがうれしそうに会話も弾み楽しんでいる光景が何組も見られた。
こうやって、親たちは仕事をしている中、孫たちを見ながら楽しんでいる様子が微笑ましく心が和んだ。
子どもたはうれしい夏休み。祖父母に触れて、親と違った体験をしていく。
これもまた、幼い頃の貴重な時間となることだろう。
そして、帰宅後の親との会話も弾むことだろう。などと思いながら散歩する。
雨も上がり森林浴と花の香りを満喫して幸せなひと時をありがとう。

sukomomo at 18:41コメント(0) |  

2011年07月26日

ハッピー子育て応援団

毎年、境港市は子育ての講演会を月一の回数で始まりの30分は保育士の手遊び等を行い、その後の一時間程度を講演会に当てて子育てを応援しようという取り組みが行われている。
今年も子育て講座をさせていただき、境港市の子育て応援団として今の時期の大切な子どもとのかかわりが思春期につながることを提供する。

行政の熱意は、毎年、課長自ら講演を最後まで聴かれ、参加者の親たちへの見守りと同時に応援しているという心意気がうかがわれる。(すごいと思う)
ママたちも感想や相談のコメントから懸命に子育てをしている様子がうかがわれ、私としても共に育ちを見守っていきたいと実感するのである。

何回か聞いてくれたママは、子どもが思春期になるまで定期的に話を聞きたいと言って会の後でも問われた。
子育ては、その時々に子どもの成長とともに親としての不安や悩みも出てくる。そんな時により添える人が近くにいたら助かるものである。
何気ない一言で救われるのである。
そんな取組の一員になれることを感謝しママたちの応援を続けていきたいと思う。

講演後のママたちのすっきりとした笑顔に素晴らしいエネルギーをいただき、ありがたく感謝です。
ありがとうございます。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2011年07月25日

生涯読書をすすめる会 いろいろ

毎月一回ある定例会の情報は、いつも参考になることがたくさんある。
県と主催で行われた「こども読書アドバイザー」養成講座を受けて認定を受け取った方たちの報告や、絵本の読み聞かせに行っているボランティアの方たちの情報、絵本や・著書・講演会の紹介などなど、ここからいろいろ読みたい本を選んで購入することが多い。
また、お話ポケットの会報も毎回S先生が子どもにまつわる絵本について記しておられることも子育て支援者としては貴重な情報でもあり参考にさせていただいている。
この会は、読書や絵本など関心がある方ならどなたでも参加できるので、子育て中のママたちも時間を調整して一度試しに参加して見られてはいかがなものでしょう。
時には、お話ボランティアの人形劇やお話し会も鑑賞できるし、ミニトークでは、いろいろな専門的な話も聴ける。
気軽に参加できることもうれしいことの一つですよ。
右欄に次回の予定を入れてます。直接お越しくださいな。心配ならコメントに投稿して下されば、ご案内します。

sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2011年07月24日

卓球個人戦

県総体二日目、卓球の個人戦を観に行った。
優勝候補と対戦した実家の子ども(県予選で勝ち残り)は、今までにない相手の攻撃的な返しに懸命に闘っていた。
あきらめないで、なんとか返そうとする。
「やったー!きまった!」と・・それでもかなわない。
いい学びになったことだろう。
スポーツの勝負は終わった後の本人の生き方にも通じる。
ついこの間まで子供だと思っていたが、その姿を見て、大きくなったなぁとうれしさが込み上げてきた。
弟分も点数標識の審判をやり、弟にも配慮する姿も微笑ましく感じることができた。
子どもたちの懸命さにパワーをもらい、「私も頑張らなくては」ね。
ありがとう・・・感謝のみ。

sukomomo at 17:23コメント(0) |  

2011年07月23日

県・中学校総体 皆頑張った!

暑さが舞い戻ってきたが、風はさわやかであり、体育館の駐車場が込み合うのを見込んでチャリで応援に出かけた。
爽やかといっても日差しは厳しくたどり着いたら汗びっしょりになった。
中学生たちは皆頑張って競い合った。
表現の仕方によってエネルギーも変化してくる。学校により違いが出る。
最後まであきらめずに頑張っている姿はほんと!美しい。
自分ができない分、応援でエネルギーを送る。
鳥取方面からの応援に駆け付けた保護者たちはパワーアップ!
みんなすごい!ありがとう。明日は個人戦引き続き応援に行きまーす。

sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2011年07月22日

えがおサポート 夏休み児童クラブが始まった

久しぶりのえがおサポートに訪問した。
昨日から、夏休み期間の小学生学童クラブが開催されている。定員30名ということだが、まだ満杯になっていないので、現在も募集中である。

元気に大縄跳びやボール投げなどホールで元気いっぱいに遊んでいる。
今日は、中海テレビの取材や大山王国の方も来られていて賑わっていた。
今後、野外活動も予定されているとのことで、スタッフは家庭的雰囲気の中で子育て支援のしっかりとした理念を持って対処しているのがうかがわれた。

乳幼児を持つ親子連れの部屋と区別してあり、安心して利用できる。
子育ての旅に参加した親子も来所されていて、久し振りに元気な姿に声を掛け合った。(9月の同窓会に楽しみに会うことも)

託児も受け付けている。一対一の安心安全な託児である。
子育て中の皆さんへ安心安全なサポートでお勧めです。
一度、話を聞きがてら遊び(見学)に行ってみるのもいいですね。
いざという時に便利な場所になること間違いなしです。
「えがおサポート」の名前の通り笑顔がいっぱいでしたよ。

sukomomo at 18:42コメント(2) |  

2011年07月21日

改めて、ステキ!と・・・

FMラジオ「すこももの旅」子育てコーナーもMCのアニーちゃんの子育てに寄り添いながら、その時々のママたちの悩みや講演会などに行っては気になったことなどをテーマに話をさせていただいている。
アニーちゃんからの相談も「同じ悩みを抱えているママたちもいるのではないかと思うので・・・」と、恥ずかしさや小さなことなども問われることで、多くのママ達は救われていると思う。
私に個人的に(ラジオを通さなくて)聴いて解決できるであろうことも、あえてラジオを通すという思い入れに、改めて素敵な女性だと感じるのである。
子育て中のママたちのほぼ(熱心であれば特に)100%のママたちが感じることなので、小さなことでも口に出すことは大切なことである。
特に産後は神経も敏感であり、「こんなこと思うのは私だけなのだろうか」と思ってしまう。
アニーちゃんの疑問を通して、多くのママたちが救われることを改めて感じるとともにありがたく感謝である。


sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2011年07月20日

生活習慣の見直しを

久々の河合隼雄氏の本を手にする。以前も読んだ本だったが「思春期」をテーマに講演をする依頼が来ているので、学びを振り返ってと読み返しをした。
『親子のやり取りの中で、3歳頃までの「命の大切さ」をしっかりと絆づくりをしておくこと。
生活習慣は、欧米化しているが、各子ども部屋については、ドアを閉めないでいつでも家族が出入りできるようにしていることや、できるだけ家族が集まることを意識して子どもとのミュニケーションを大切にしている前提があってのことであり、日本は、その点ができていないために、コミュニケーションがうまくいっていないことの一つでもある。』とのことであった。
ドアを開けておくなどのルールに、なるほど・・・改めて納得したのである。

sukomomo at 18:36コメント(0) |  

2011年07月19日

やりたい人が楽しんでやればいい

交流会の進行役を頼まれていたが、やりたい人が申し出たとのこと。
「どうしましょうか」ということだった。
「やりたい人がいるのならその人にしてもらっていいのでは」と提案した。
やる人が決まっていても「どうしても」というのなら揉めることもない小さなことである。
組織や団体の人間関係はちょっとしたことで意見のすれ違いがある。
知り合いもそんなことで組織から離れてしまうことになったことを聞き、とても残念で仕方がない。
分かり合えるのには、時間が必要であり、自分見つめと分かち合いと素直さが大切だと思う。
そこには、笑顔と心からの楽しさがあれば、ほとんどのことをクリアーできる。
相談者の話からわが身を見つめることとなった。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2011年07月18日

なでしこジャパン・・・素晴らしい

「最後まであきらめない!」と引っ張ってきた澤選手とそれぞれのメンバーのチームワークで、世界一になったなでしこジャパン・・・すごーい。
一人一人のコメントがまたまた素晴らしく感謝に満ち溢れていた。
負けん気があるけど謙虚で、人として素晴らしい選手たちだったからこその結果だったのだろうと思う。
子どもたちへの夢と希望の世界一の瞬間をみて心が弾んだ。素晴らしい、ありがとう。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2011年07月17日

暑さの中のトライアスロン

皆生トライアスロンが開催された。
参加者やボランティアの方たちの賢明さに頭が下がる。
今年は学生のボランティアも多く見かけた。ありがとう。御苦労さま。

用事があって姉に電話を入れると、姉夫婦もこの暑い中を花回廊へ行ったとのこと。
みんな元気で何よりです。
来週は、中学校総体の県大会も予定されているという。
暑い中で選手も応援団も熱い夏に。熱中症に気をつけて元気に熱い夏を乗り越えよう。

sukomomo at 20:05コメント(0) |  

2011年07月16日

小学校保護者会の集いに

倉吉にある小学校の保護者が約50名集まって夏休み前の総会を開催された後に子育て講演会を企画。そこに招かれて行った。
夜の開催だっただけに場所も初めてのところで明るいうちにと早めに向かった。
皆さん熱心に聴いてくださり、残っての相談もあった。
相談される方は、もう、その時点で解決できる方向に行っている。
受け入れて励まして子どもとのかかわりを大切にして欲しいのみである。

帰りは満月に見守られながら交通もスムーズ。夜になっても温度は下がらず車から降りるとむーっとする。
今日の出会いに感謝しつつ皆さんへの思いと振り返りをして今後につなげる。

sukomomo at 23:31コメント(0) |  

2011年07月15日

共感していますか

子どもとのコミュニケーションはもちろんのこと、大人通しの人間関係でも共感することは大切である。
昨日のFMラジオでも話したけれど、幼いころから身近な人から受けた愛情と共感体験が倫理的に成長すると、
「哲学する赤ちゃん」の著書でも記してある。
共感は、相手の気持ちに寄り添うことでもあり、特に家族を亡くしたり(不幸ばかりではなく)喜びを分かち合うことが(喜びを心から共に感じることで相手が「自慢話にとられてしまった」と感じたらそれは表面だけのものなのかも?)大切だと思う。

今日の教室には、最近、夫をなくされた方が「家に引きこもっていてもだめだと思ってでてきました」と、まだ悲しみの余韻がある中で出席され、皆さんとも分かち合い、元気に帰って行かれた。・・・よかった!
寂しさや悲しみを話せる仲間がいて、ほんと!よかったです。


sukomomo at 19:19コメント(0) |  

2011年07月14日

おいしい旬の野菜をありがとう

実家の姉が丹精込めて作った夏野菜をいただきに行った。
トマト、きゅうり、ナス、シソなどすべてが取れたての新鮮野菜。
おいしくてポリポリ・・・。
ありがたく感謝していただく。
姉はと言えば、暑い中を農作業に汗びっしょりで、熱中症にならないようにとアイスの差し入れ・・。無理しないで早めに切り上げて!
暑さに負けない体には、運動して汗をかいた後に牛乳がいいとのこと。
牛乳は塩も糖も少し含まれていて熱中症対策にもいいらしい。

子育てママからのコメントが届く。お元気そうでよかったぁ。
今度お会いするのが楽しみです。

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2011年07月13日

少しだけスマートに

久しぶりにお会いした子育てママが、「痩せましたか」と尋ねられた。
ほんの少しだけ効果が出たようである。
振り返ってみると、
AGEとやらの物質が肥満や糖尿病や癌などに影響があるとのことで、食事の際には野菜から食べて少しずつ血糖値をあげること、主食のご飯等は最後がいいこと、しっかり噛むこと、等など。
それから、お昼を食べ過ぎたら夕食はいつもより少しの分量にすること、また、AGEを除去するアポラクトフェリンのサプリメントを合わせて取っていることなどの効果が出たようだ。
健康クラブで卓球も汗びっしょりになってやっているしね。
お会いした一声がこうだったので、帰宅してからじわじわとうれしくなった。
「やったー!」

sukomomo at 19:01コメント(2) |  

2011年07月12日

恒例のがいなネット納涼交流会のおしらせ

今年もがいなネット納涼交流会が開催される。
8月5日(木)19時より、全日空ホテル1階である。
各団体の活動報告などが中心に食事をしながら情報交換する予定である。
多くの登録団体の頑張っている様子をお聞きし、刺激をいただくことになりそうだ。
今年は、まだ、助成金もはっきりしていなくて、それまでに良い知らせができればいいのだが・・・。
子育て支援においては、利益につながらないので、助成金を頼ってしまうことになる。
行政との協働にシステム化すれば、毎年心配なく子育て支援ができるのだけれどなぁ。
今年の納涼交流会は進行役をおおせつかった。各団体を知るきっかけにもなることだろう。
支援ネットのメンバーの参加を募りまーす。

sukomomo at 17:09コメント(0) |  

2011年07月11日

確かな違いがそれぞれに

「子育ての旅」継続親プログラムの終了日。
参加者のそれぞれの気づきとこれからの子育ての経過を意識して楽しんで、悩みをチャンスととらえて行ってもらえるものと、受講生からのコメントや表情で感じることであるが、個人個人の立場はそれぞれであり、子どもを柱において夫婦や家族とともに育むことの大切さを感じ取ってくれたと思っている。
地域性や参加者のトーンによって指導者としてはどうだったか。
反省や課題を考慮しながら今後のフォローアップにつなげていきたいと思う。
行政担当者が関わってもらっているので、長い目でのフォローができることが心強い。
いかにして心を開き、自分と向き合えるかが、「子育ての旅」のポイントであり、他の講演会にない利点でもある。
一人一人の顔を思い浮かべながら、子どもを通して幸せな人生を送ってもらえることをいつの会も思う。
この輪が広がっていくことで、子育て世代の心の安定と幸せな家庭が、街づくりへとなっていくことをイメージする。
今回の出会いにも感謝・感謝です。ありがとう。

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2011年07月10日

イギリスへ

東京にいる親友が娘さんのいるイギリスへ一足早い夏休みで旅立つことになった。
私もいつか一緒にと楽しみにしていたが、今回も諸々の都合で行くことができなかった。
今回は、ポルトガルへも足を運ぶ予定だという。
職場の仲間からは、「なぜポルトガルなの?」と聞かれたそうだが、彼女との相性はばっちり、私の次への旅行はポルトガルに行きたいと思っていた。
それだけにとても残念だった。
日本との歴史もあり、自然の素晴らしさが行きたいその理由でもある。
彼女も近く娘さんが結婚する予定もあり、母と娘の思い出深い旅になるだろう。
次はご一緒できますように。(彼女もそう願ってくれていていつも誘ってくれるありがたいです)
気をつけていってらっしゃい。


sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2011年07月09日

取れたて野菜

実家の姉から、取り立て野菜をいただいた。
新鮮で甘くておいしいキュウリやトマトは、今日のような猛暑には最高である。
大型スーパーで待ち合わせをしたので久しぶりに人ごみの中で少々疲れ気味。
暑さしのぎにもスーパーの中はいいようだ。
外に出ると何倍にも跳ね返ってくる熱風に思わず「わぁー!」と声が出た。
昨日、梅雨明けしたばかり、この夏も覚悟が必要なようだ。
夏野菜で体温を冷やし氷を頬張りながらの猛暑対策が始まった。
新鮮な野菜をありがとう。

sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2011年07月08日

ブックスタートで出会った親子

昨日は、都合で参加できなかったので、本日のブックスタートは、研修会を途中で抜けて参加した。
思ったとおり、ボランティアが少なくて、無理して来てよかった!
何人か対応していると、火のつくような泣き方でブックスタートの部屋に入ってきた親子がいて、ちょうど私の担当となった。(よかった!)
話を聞いてみると、健診中から泣き出して周りに迷惑ではと、ママは困った様子だった。
どうも眠くていつも昼寝や夜の寝かしつけにはこのように泣くのだということだった。
ブックスタートどころの話にはならないので、まずは、ママの気持ちを安心させることだと思い、「大丈夫ですよ。寝くじは(泣いてぐずる)よくあることです。泣いているのを放っておくのはだめですが、抱っこして声をかけてあげると子どもに信頼関係ができるので、そうそうそうゆう風にして声をかけてあげてください。」汗ばんでいる親子へ風をおくる。(うちわがないのでチラシで間に合わす)
しばらくゆったりと見守ると、泣きやんでママと私の話に耳を傾けてきた。
絵本も機嫌よく見てくれるし、笑顔まで出てきた。
ママの周りに対する気遣いが、子どもにも通じてより泣き出したのだと思う。
「赤ちゃんは泣いてたくましくなっていくからその時にしっかり受け止めてあげることです」と話、機嫌よくバイバイをした。
ママの心配な顔が次第に和らいでいくのを感じた。
「ありがとうございます」と明るく帰って行った親子、何ともかわいく、懸命いな母と子に心が和んだ。こちらこそありがとうございます。

sukomomo at 19:18コメント(0) |  

2011年07月07日

幼い命が・・・

若いママの子どもに対する虐待が治まらない。子どもは親の(というより大人の)思うように行くものではないし、愛情と時間とお金もかかる。
育てることの重みは、親としての人生の偉大なる包容力と豊かな心に子どもと共に成長できるからこそ、やりがいも達成感も得られる。
母性が育っていたなら、好きな異性よりも子どもを育むことができたことだろう。
また、相手も人としての心の成長があれば相手を思いやりともに育んだことだろう。
悲しいニュースに心が痛む。
誰か、近くに相談する人はいなかったのか?
家族が通報したとのことであったが、家庭内での解決策はできなかったのだろうか。
娘が犯罪者になるそこまでに至ることを防ぐことができなかっただろうか。
生まれてくるという奇跡に近い命は、自分自身でも他者でも亡くすことは最大の罪だということを自覚すべきだと思う。
そう思いませんか。
親子でいる姿を見ることは平和で微笑ましい。まぶしい位に輝いているのにねぇ。

sukomomo at 18:25コメント(0) |  

2011年07月06日

祖父母の役割

教室の生徒さんで、毎年夏休みになると静岡の息子家族のもとへ留守番に行かれる。
孫(女子)が二人で留守番をさせるのは環境的によくないからと、小学生になった孫たちを看るためである。
小学生になったのだから子どもたちだけで留守番はできるだろうが、息子夫婦は、しっかりと祖父母の役割と楽しみを続けて依頼される。
息子家族に行く数週間前から楽しみの準備をされていて、傍から見ていても何ともほほえましいのである。
日頃は、老夫婦の生活のため、孫の世話をするための元気を充電しているという。
嫁姑の関係が和やかで、愚痴は一切言われたことがない。
何事もママを立てて事を運んでいる様子が、話の節々で見えてくる。
できたおばあちゃんにこうでなければなぁといつも思うのである。

sukomomo at 18:31コメント(0) |  

2011年07月05日

思春期の子どもたちへ

思春期・中三の受験生220名が集まってくれた。
「大勢いるなぁ」が第一印象。「学校の先生方は、一人一人を把握するのが大変ではないか」が次に思ったこと。
あたりを見渡すと、「思ったよりも子どもっぽくてかわいい」と感じた。
質問すると数少ないが答えてくれて正解。「素晴らしい!」
夏休み前のいい時期に実施された講演会。
自分自身を見つめる大切な時期であること。思春期のアイデンティティの確立をすること。自分を大切にすることが他者も大切にできること。
いやなことは、はっきりとNOと言えること。
好きな人ができたらしっかりと見て相手のことを大切に思う誠実な性格であるかどうかを見ていくこと。
特に女子は、赤ちゃんを産み育てる大切な体であること。男子は、それを守る役割があること。
本やプロジェクターを使っての話やワークを、外から来たおばさんの話に真剣に聴いてくれた思春期の子どもたち。次世代をしっかり頼みますよ。
今日の出会いに感謝。ありがとう。
感想文が楽しみである。

sukomomo at 17:02コメント(0) |  

2011年07月04日

「学び」として受け入れる

人それぞれに思い方や考え方がある。
子育ての旅も終盤に差し掛かる。赤ちゃんふれあい会にしても、このところママたちとの触れ合いの中で、私自身も学ばせてもらっている。
同じ内容でも参加者それぞれで、改めて課題も見えてくる。
それが、私自身の学びでもある。
人は、何かしら悩みもあることだろう。相談を受けるにあたっても、愚痴で終わらないように考えてみるきっかけを作り、自分や相手やその環境等が客観視でき見えてくる。
学びながら人間の心はおおきく成長するものだと共感し合える仲間でありたい。
それが私のママたちへの希望でもある。
ともに楽しみがんばろう!!



sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2011年07月03日

本当に分かってなかった自分に気づく

昨日の学びから、わかったつもりになっていた自分。
でも、何かすっきりしない気持ち、資料づくりなどにも集中できない自分。
思い切って、先生に会いに行った。(今日まで滞在)
先生に訪ねた「何か聞きたいけれど、はっきりこれだとわからないです」
先生は、「目を閉じで心に問いかけて見たら」と。
それから、五感の話をされはじめた。
五感のうち眼は85%を占めている。眼からの情報がすべてだと思ってしまう。
だから、人間は世間体を気にしすぎることがある。
隣にいた大阪からの友の純真で透き通った眼をみて涙があふれてきた。
なんだかわからないけれど。不思議・・魂に届いた感じ・・
自分の気づいていないわかったつもりの知識が心からのものになったように、
心がすっきりした。軽くなった。
それから人に対してオープンな気持ちになった。ありがとうございます。

sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2011年07月02日

恩師との再会に

何年ぶりになるのか?(8年は経ってる)変わらなく若々しい先生との再会に、話を聴くこと4時間。(神奈川からようこそ)
私の考えていることなどお見通しっていう感じで、質問をするわけでもないのに、次々と疑問に感じていることを話題にされる。
まいったぁ!
心のエネルギーから読み取られるのだろう。
現在も家出をしてきた子どもたち50人のケアに携わっているとのこと。
あまりにも世間体を気にして生きてきた(親を見ての)結果だといわれる。
他人ばかり見て左右され、外の顔・内の顔のアンバランスで子どもたちは、親の嘘に耐えられなかったのだと。
自分の心を見つめていない(思考していない)ことで、いやな自分から変われる心の作業を知らないからだと。
笑いと深刻さとのバランス良いパワフルなトークに、久し振りに頭の回路の活性化が得られたと共に、来週中学生に話す内容にも参考になった。
たくさんの気づきと原点に戻れた今日だった。
ありがとうございます。

sukomomo at 20:07コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: