2011年09月

2011年09月30日

夢に向かって

えがおサポートの主催で大がかりな研修会が11月6日に開催される。
そのための書類を届けるために訪問し、日頃の思いを代表と分かち合う。

彼女のしっかりとした子育て支援の理念に共感と応援をすべきだと、改めて再々認識した。
営利面では、心配もあるが、本当に困っているママたちを救う役割があって、それを生きがいにされている。
自分も子育ての大切な時期に精一杯楽しんで育んできたから、今の自分や子どもの成長があり、こうして活動ができている。だから、
子育ての大切な時期を保護者と共に分かち合いサポートをしたい。という夢が少しずつほんの少しずつではあるが前に向かっている様子をうかがい嬉しく思った。

本来ならば、行政はこのようなNPO団体を委託にして子育て支援を充実させるべきだと思う。
都会の友などは行政からの委託がスムーズで子育て支援が充実しているのを聴くと、なぜ?だろう・・・。

子どものために親と共に育む姿勢が素晴らしい。きっと光で照らされる時が来ることを信じて応援していきたい。


sukomomo at 18:59コメント(0) |  

2011年09月29日

ちいっちゃな子どもに捧げるコンサート

昨年(と言っても今年の3月)関西フィルハーモニー・オーケストラによるコンサートが10月15日(土)昼過ぎから開催。
親子で(子ども二人まで)1200円・大人1000円・子供(学生)500円と格安で鑑賞できる(鳥取県の助成金があってお安くなっている)
せっかくの本物コンサート、幼い時から本物に触れさせることは、大切なこと。
もったいないので、紹介させていただきました。

まだの方は、是非とも前売り券をご購入ください。
当日券は1500円になります。
会場でお会いしましょう。

ダラズFM「すこももの子育ての旅」生放送が10分早くなって4時20分から放送になりました。時間も20分間と少し長くもなりましたよ。
MCのアニーちゃんの子育て真っ最中の素敵なママぶりも素敵です。子育て中の皆様も是非ともスタジオまで遊びに来て下さいな。

カフェもいろいろなメニューが安くて美味しいです。木曜日できるだけ早めに行くようにします。
どうぞ、スタジオでもお会いしましょう。待ってまーす。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2011年09月28日

ママも生徒も素敵でした

あかちゃんとのふれあい会、中学3年生の2学期開始。
昨日の反省を活かして、生徒はもちろんのこと、ママたちへのメッセージを考慮した。
ふれあい会は、片方だけでの学びであってはならない。どちらも協力し合って近づきあって成り立つものである。
一方が不満を抱いたりすることは、せっかくの時間が台無しとなる。
赤ちゃんとママ、生徒と、講師はもちろんのこと、学校の先生も行政もスタッフも一つに向かっていってこそ成功する。
今日は、そんなふれあい会だった。ありがとうございます。

はじめての試みでハンカチ人形を事前に保育士から習い、その後も、友だち同士で教え合い、今日は、赤ちゃんとママに披露し作り方もママに手ほどきする。
そんな様子も一生懸命で、微笑ましく見ることができた。
いつもと違った相互にコミュニケーションが深まったこともよかったかなぁ。

赤ちゃんとママをお見送りした後の生徒の「疲れたぁー」と脱力感の様子に、一生懸命に向き合ってくれたんだと嬉しく思った。
担任の先生も「今日のように緊張して過ごすことはめったにないこと、生徒たちには素晴らしい体験となった」とコメントもいただき、日頃と違う笑顔に学校側も生徒たちの一面を見て評価をいただいた。
赤ちゃんの力はすごーい!


sukomomo at 19:41コメント(0) |  

2011年09月27日

赤ちゃんふれあい会 始まりました

米子で唯一小学校での「赤ちゃんふれあい会」が今日から3回福生東小学校5年生対象に実施され、昨年から(上級生のを見て)楽しみにしていた生徒たちは、真剣に話も聞き、赤ちゃん親子との交流を楽しんだ。
はじめは、恥ずかしそうにしている生徒たちもママと話したり赤ちゃんの様子に心を開き緊張した顔から笑顔でほころび輝いていた。

赤ちゃんの集まりが多かったので御断りをした数人の方の一人が「見学だけでも」と来られたので、せっかくだからと交流に参加してもらった。
ママたちの協力が根付いてきたことは、ありがたく感謝である。

生徒たちも赤ちゃん親子にもこの2校時限の大切な時間を真剣さと温かさの命の時間を過ごしてほしいとの願いで次回も取り組んでいきたい。


sukomomo at 18:02コメント(0) |  

2011年09月26日

午前・午後の会議づけ???

午前は、NPOサポート室主催の助成金制度説明会。
「子育ての旅」米子が未定だったことと、今後のために勉強がてら参加した。

参加する前に、県の方へ申請した結果を問い合わせ担当者へ電話を入れて確認。
よかった!「子育ての旅」米子5期生が実現できることになった。

話は、元に戻るが、継続事業がどこも難しい。非営利の条件なのだから、ずーと利益は出ない。その中で、1/3とか3/4とかの助成金では、毎年継続的に行えることは難しい。
委託事業としてやるしかない。そのためには、本当にこの事業が必要不可欠であることを理解し認めてもらうことしかない。
同じ事業でも対象者が違うし、子育てスキルや子育て仲間が広がることで街づくりへの影響は大きいと思うのだが、ハテハテ・・理解承認を得るための課題をクリアーするためには、コツコツと同窓会や助成金情報のアンテナを張っていくしかないのだろう。

午後は、生涯読書をすすめる会。今回は、私的には講演会三昧だったので、そのたびに本を購入し読んでよかったものを紹介させていただいた。
みなさんからもたくさんの読みたい本の紹介もあり、本代がかさばる月でもある。
日が長くなってきたので、読書には最適な季節だろうが、夜の読書は老眼の私には、辛いものがある。

10月9日(日)は、主催で「マザーグースの世界」佐藤和哉氏の講演会を予定。
それから、子育てママたちへの情報として、10月2日(日)午前はおもちゃパフォーマンスの開催。
ドイツやスイスのおもちゃに触れることができるようだ。


sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2011年09月25日

やっと!  お彼岸のお墓参りと 美容院に

夏の終わり頃より、髪のまとまりがいま一つで気になりながらも美容院へ行く時間がなく、時間が取れたと電話予約を入れると駄目だったりと・・・、もう9月も終わろうとしているのに、やっとのことで願いがかなった。
何も込み合う日曜日にと思ったが、日々過ぎていく時間に思い切っての行動であった。
いつもの姉妹会にも遅れての参加であったが、お墓参りもでき、今日の予定をこなすことができた。

実家の子どもたちは、出かける寸前。思春期真っただ中で、言葉数も少なく小さい頃が懐かしく、と同時に一方では、大きくなったことを喜ぶべき(順調)であろう。
熊丸みつ子さんの言葉が浮かんでくる。

何日かぶりの暑さ??それでも秋風が心地よく幸せを感じる日であった。〜感謝〜


sukomomo at 17:53コメント(0) |  

2011年09月24日

乙武ファンになって、著書を読んでます

昨日の講演会で購入した乙武氏著書「だから、僕は学校へいく!」は、教師になったきっかけや教育委員会・学校でのあれこれが興味深いものだった。
こんな先生との出会いが、子どもたちに大きく影響するだろうし、著書の中に、日野原重明先生と対談したことが記してあり、100歳の日野原先生からのメッセージに
「あせらずじっくりと進めばいい」と、30才になって教員免許を取ったあせりから解放されたことで、じっくりと考え進んでいくことができるなど。

次の「だいじょうぶ3組」も読むのを楽しみにしている。
笑顔がとても素敵な表紙で、こちらまでにっこりしたくなる。いつも笑顔でいなければ・・と反省。

sukomomo at 19:10コメント(0) |  

2011年09月23日

支え愛のまちづくりフェスティバル

メインゲストにお招きした乙武洋匡氏の講演会はたくさんの人たちが集まった。
13年前に「五体不満足」の著書を読んでいたことやテレビ等での活躍に、一目おいていただけあって、教師になったきっかけなど興味深い話をお聞きすることができた。
皆、このような先生だったらいいのになぁ。(子どもの能力を引き出す先生)
生まれてから親の愛情をうけてのプラス思考が、いろいろな困難を乗り越えてこられたようである。(本人は困難だと思っておられず自然体)
現在は、練馬区に保育園を設立。地域での子育てをサポートされている。
子育て支援事情がよく分かっている人でもあった。
素敵な人だった。あっという間の時間だった。

休憩をはさんで東日本大震災のボランティアに行かれた報告・愛ポート支え愛・認知症・障害者など盛り沢山のプログラムであった。
最後の方は、たくさん集まった人もほとんどいなくなってしまった。
夕方までに及んだせいなのか?、福祉に関心がないのか?
いろいろと調整する点はあるだろうけれど、最後の障害者の歌フィナーレまでいてほしかったなぁ。


sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2011年09月22日

西部地区中学校駅伝

西部地区中学校駅伝が東山公園で行われた。
開催時間が分かっていなかったのでインターネットで中学校のホームページに検索してみるが、ほとんどが詳しく載っていなかった。
「あらら・・どうしましょ!」諦めずに検索を続けると、K中学校が開始時間を載せてあり、「応援よろしくお願いします」とあった。
ほとんどの中学校が詳しくは載せていない・・何か理由があるのかしら?
道路を使用することもある駅伝なので、関係者以外でもわかるようにしておけば、車の通行など協力できるというものである。

皆、懸命で応援している側も感動とパワーをもらえる。
知り合いのママとも久しぶりに会い、もう中二になって出場したとのこと。
嬉しかったなぁ!
また、退職された校長先生や、元の職場の先生ともお会いでき、立ち話で花が咲く。

その足で、FM放送へ。子育ては、ほんと! 素晴らしい。
今、子育て真っ盛りのママたち楽しんでこの時を大切に!


sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2011年09月21日

子ども未来ネットワークが西部地区に

倉吉を拠点に活動されていたNPO子ども未来ネットワークが9月よりNPOサポート室として米子に開設された。
NPOに関する相談や運営・講座、専門家派遣などボランティア団体にとっては心強い。26日には、助成金の情報など説明会等を開催される。
アートスタート・メディアスタートなどでお馴染みでもある。
台風の心配もあったが、本日訪問。

先日は、お休みだったので、打ち合わせのためWさんに連絡をいれて場所の提供をしてもらうことに。(月曜日がお休み)
わらい庵の後ろ側、駐車場は近くの有料に停めれるが、(予約を入れて訪問すると一時間は無料チケットを)知り合いのところより徒歩にて行った。

台風の雨風でびしょぬれになってしまうが、幸い米子は台風の被害もなく通り過ぎてくれた。
他の地方では大変の様子だが、被害もなく無事に通過してほしいと願う。


sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2011年09月20日

地域型子育て支援研修開催の理解に感謝

11月から、県の子育て支援モデルプロジェクト事業の助成金を受けて、準備を進めている中、会場や行政担当者の方たちの理解をいただき進んでいる。
周りの理解者の協力や支援があっての実現であり、ありがたく感謝しかない。
より多くの日頃は引きこもっている子育て中のママたちも参加しやすい企画にしている。
地域の支援者の輪が広まって行くことや、より子育ての大切さや楽しんで子どもと関わり生活できることが何よりである。
「子育て何でも分かち合い」心を軽くして帰ってもらいたいと思っている。
そして、今しかない子育てをうーんと楽しんでほしいと願う。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2011年09月19日

こんにちは赤ちゃんに思う

今日は、児童文化センターで今年初の「こんにちは赤ちゃん」実施の日であった。
高塚先生発祥の「赤ちゃん登校日」の鳥取大学医学部地域貢献とPRの一環として始まったものである。
「赤ちゃん登校日」や「赤ちゃんふれあい会」と異なり、小学生から大学生までの学生が対象となって、2ヶ月から8ヶ月までの赤ちゃん親子とコミュニケーションをとる体験コースである。
私は、今日は都合で欠席となったが、台風の影響で参加者は大丈夫だっただろうかと気にしながら無事を祈る。

この頃は、赤ちゃんの集まりは結構スムーズではあるが、学生の方が集まらないのが現状で、休日に参加する学生は、結構コミュニケーションも豊かな人たちが多い。
一方、学校で実施する意味は、関心があるなしにかかわらず、全員が参加できるメリットがある。
「こんにちは赤ちゃん」を学校に持っていって「赤ちゃん登校日」のミニ体験として実施することはいかがなものかと、一人で「こんにちは赤ちゃん」の継続と全校の生徒たちに体験させたいために思いを巡らせているのである。
欠席しておきながら勝手な思いを綴ってしまいました。

sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2011年09月18日

東日本大地震から見えてきたこれからの日本・・・

早稲田大学名誉教授、元総長の西原春夫氏の講演会が行われた。高校生・大学生の参加希望を自らされていて半数は高校生等の若者の参加の中で、大地震から見えてきたこれかの日本・アジア・人類の在り方を話された。
過去から現在学ぶべきものを未来に生かすこと。
大地震の自然の生物体としての多神の日本だからこそ、これからの若者がこの生物体の一部として侮ることなく自然と共有することを忘れず、積極的国家論で平和貢献する憲法が必要だということ。
歴史から―ゞ騎Ν▲侫薀鵐抗很伸アメリカ時代、そして、て本・アジアに繋げる
多神国の日本であるからこそ、(神と自然と人間のバランスをとる)アジアが一つとなって人類すべてのことを行う。
そう若者に話された。
高校生の感想が、実によくて、西原先生の意思がしっかり伝わっているコメントであった。
帰り際に、韓国からの留学生を受講者の方から紹介され、これからの世界を担っていって行く人たちだと分かち合った。
この先の日本も世界も平和な希望があると実感し感謝できた講演会であった。

sukomomo at 19:54コメント(0) |  

2011年09月17日

雨降りの中で頑張った中学生

西部地区中学校駅伝が開催されて、昨年に引き続いて応援に駆け付けた。
今年も中学生の頑張る姿に感動する。素晴らしい!
応援の親たちのマナーは、いつも感ずるものがある。また、車が多く行き来したこともあって、安心して走らせることはできないものかとも思った。(昨年は多くもなかった)
近所の人たちの応援も温かくていいものである。子どもからパワーをもらった分、がんばれそうだね。

夜は、「先生がアスベルガーだった」の講演会に参加させていただいた。アスベルガーという偏った(病ではない)性格??・・先生が言われるのに納得!わかりやすい親しみのある話だった。
多くの人たちが聴いてくれたらよかったなぁ。
Kさん誘ってくださりありがとうございました。

sukomomo at 21:59コメント(0) |  

2011年09月16日

地域型子育て支援研修会

11月からスタートする地域型子育て支援研修会の協力を求めて、企画の公共施設を回る。
まず協力可能な知り合いを尋ね、相談し、そして、行政に依頼する。
皆さん快く賛成をしてくださり開催場所と申込受け入れを協力していただくことに段取りがついた。
今月中には、各関係機関にチラシ等を持っていくことに準備を急がなくてはならない。
地域の協力あってこそ、地域の子育て中の保護者たちへ手を差し伸べることができる。できるだけ孤立しているママたちへも手を差し伸べることができることを願って準備を進める。
子育ての旅やタムタムスクールなどに参加するママたちは、前向きで熱心な人たちがそろっているが、人とのかかわりを苦手とするママたちがいかに出向いてくれるかである。
そのためには、元気なママたちの協力も必要だろう。
周りに目を向けてもらい、手を差し伸べてもらうことも一つの方法でもある。
子育てのつながりは、子どもが成長した時に関わり合うエネルギーのつながりでもある。
幸せなつながりであってほしい。そのための研修会でもある。

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2011年09月15日

やっと願いが・・!

2年前に購入したイタリア製の男性ジャケット用カシミヤ布がやっとのことで願いがかなってスーツになる日が来る。
知り合いの友達のご夫婦が仕立てをされていて、安値で縫ってくださることになった。
今日仮縫いの日だったので知り合いと共に(知り合いは着物をリサイクルで洋服に)訪問した。
生地も素敵だっただけに仕上がりも、素敵に思ったようにできそうな実感を仮縫いで味わった。
当初、縫い賃だけでもスーツが買えるほどの高価なことをあちらこちらで聴いていたので、いい縁があって素敵な生地が生かされることになってとてもうれしい。

また、子育て支援の企画で開催地の公民館に依頼に行った。必要性や大切さを共感して下さり、募集等の協力を約束していただいた。
近日中に2か所を(計4か所での開催予定)協力依頼に訪問することになっている。

sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2011年09月14日

この暑さは何・・・!!

9月の半ばになろうとしているのに、33度の夏日である。教室の皆さんと、お正月の大雪、東北の大震災、台風の被害など自然災害の年だと振り返って話合う。
年長者(今年81才)になる生徒さんは、私たちの見本であり、元気で前向き、「こんな元気なおばあちゃんになりたいねぇ」と皆、同感する。
子育て中のママたち、そして、年配者、小学校・中学校と幅広くかかわりが持てることは、私の特権でもあり、元気な元となっている。
こんな暑さの中でも元気でいられることに感謝である。
教室の後には、健康クラブで汗びっしょりになって卓球を楽しむ。
今日もありがとうです。



sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2011年09月13日

地域で子育てを!をテーマに

県のモデルプロジェクト事業で地域での子育ての理解と孤立している親などのためのセミナーを開催するにあたって実施計画とチラシ作りに頭を悩ます。
子育て支援者の多くの理解と協力と共に乳幼児期の子育ての大切さを分かち合い、孤立した保護者のための虐待防止などにも考慮することが求められている。

積極的で前向きな保護者と対照的な育児放棄や引きこもった子育ての環境は、大切な時期に脳へのダメージを及ぼすことから、少しでも前向きに楽しんで子どもと向き合ってもらえるセミナーとして、募集チラシやチラシ配布の渡し方にもこれまで以上の考慮をしなければならない。
保育所の関係者も参加しやすいように日曜日の取り入れやパパの参加もできるための土曜日・そして、平日と曜日をずらしたり、地域の公民館など、できるだけ近くの場所で近くの人たちとの輪が繋がるセミナーとして実施するための準備を始めている。

「子育ての旅」のような継続セミナーのようにはいかないので、地域の人たちの子育て支援の輪が広がっていくことが、何よりである。
地域の拠点となっている公民館・民生委員さんとの協力をいただきながら進めていきたい。

そして、この実施後には、「子育ての旅」5期生開催に向けても頑張るゾー。

sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2011年09月12日

子育ての旅合同同窓会・・お久しぶり

懐かしい顔・顔・皆さん笑顔で手をふり、それぞれに再会を喜び合った表情に、「実施してよかった!」とこちらもうれしくなった。
グループワークは、さすが!皆さんの分かち合いがルールにのっとってすごい!うまい!
成長と共に新たに気になる点も、皆で分かち合うことで軽減する。そして、子育てのポイントをアドバイスし、それにのっとってママたちの前向きな子育てができる。

「子育ての旅」の必要性をまたまた再確認させられた。
5期生の実施ができるようにあきらめず要望をしていきたいと思う。

イベント情報等も提供でき、さらに楽しんで子育てをしていってほしいです。
皆さんありがとう。出席できなかったママたちへの配慮・サポートをお願いします。


sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2011年09月11日

ブックトーク講座

JPICブックトーク講座に参加する。
たくさんの司書・読み聞かせグループの参加者があった。倉吉の方からも参加されていた。(全国に4か所の講座のみ)
ゞ盡郷霓融甅越高一夫氏F表颯▲疋丱ぅ供爾砲茲覦貽の日課の研修にヤングアダルト・児童書の視野が広がった。
子育て支援に繋がる貴重な講演でもあり、読書の素晴らしさを再々確認することにもなった。
「喉の渇きには水を飲み、心の渇きには本を読む」実感するものであった。
懐かしい人たちにもお会いでき、日頃のご無沙汰情報も分かち合うことができた。
今日も新しい本との出会いに感謝。

sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2011年09月10日

充実した日

朝から中学校の運動会、その合間を縫って、子育ての旅大山2期生の同窓会、再び運動会、そして、講演会出席という充実した時間を過ごすことになった。

運動会…全校生徒のまとまりが見られる競技に「素晴らしい!」今年は、生徒自身の考えなどが多く取り入れられている様子。
ダンスや組み体操もいいが、やはり、リレーは盛り上がる。みんな一生懸命さに感動させてもらう。

同窓会では、子どもたちの成長をみてうれしくなる。
ママから素敵な話を聴く。「子育ての旅で子どもの発達のことや関わり方を学んだので、子どもとの時間がとても楽しい。近所のママとの話で、『子どもを怒ってばかりいるので嫌になってしまう』と悩んでいるママ友がいるけど、私が子育てを楽しめるのは、子どもが小さいときに子育ての旅の研修に参加したからよかった」と。
そばで見ていても、皆さん、余裕をもった関わり方をされていて、こんなうれしいことはない。
会の後で個別相談も受ける。応援してますよ。

講演会では、米子出身の現役医師で作家の國頭英夫氏(作家名は里見清一)
米子東校から東大に全国一位で入学したとの有名人らしい。
里見清一は「白い巨塔」の中の医師役の名前からつけたということで、おもしろそうだと思って話を聞いてみたいと思った。
案の定、医師シリーズでおなじみの「Drコトー」「コード・・・」「救命病棟・・・」などを手がけた本人で、現場の医療とドラマの医師としての哲学が分かりやすく解説されとても面白く、そして考えさせられる講演会だった。
医師としての生き方の人柄が共感でき、思わず新書を購入した。

何とも充実した欲張りな日をすごすことができ幸せである。〜感謝〜

sukomomo at 18:34コメント(0) |  

2011年09月09日

赤ちゃんラッシュで嬉し!

米子「子育ての旅」合同同窓会の参加者名簿を作成したところ、託児希望の中に第2子・3子と赤ちゃんが増えていて、とてもうれしい気持ちになった。
さすが・・・!子育ての旅のママたちはすごい!と陰ながら見守りを続けているスタッフ一同嬉しいと共感してくれることと思う。
12日の会が楽しみであるとともに、赤ちゃんとのふれあい会での参加も合わせて活動できることが素晴らしい。
これは大山町でも同様である。
子育て中のママたちへのサポートは、必要である。そこから次世代の子どもたちへつながる確かなものが見えてくる。


ある地域の方からの相談で虐待している親へ会ってほしいとのこと。
寄り添ってくれる保育園だったり、地域のおばさんによって、大分穏やかにもなってきたということだが、子どもの行動によって暴力がありアザなども絶え間ないという。
何度か保護をされたということで、児童相談所のサポートもある。
本人も悩んでいるようで助けを求めているとのことであった。
心を開いて話せるように自らの気づきによって矯正できるようサポートをしたいと思う。(まだ人に会うということで救いがある)
虐待は、子どもの脳にダメージを受ける。このことはきちんと話そうと思う。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2011年09月08日

がいなネット事業委員会

10月23日男の人生マネージメント第二回が開催されるにあたって、主催であるがいなネット事業委員会が開催された。
今回は、「年金のあれこれ」老後に備えての年金に関する耳寄りな話をテーマに盛りだくさんに企画された。

また、日野原重明先生の100歳記念講演会がコンベンションで開催されることも。その時に時間があれば、子どもたちに「命の授業」してもらってはどうかと話が盛り上がった。
日野原先生と握手をさせていただいた感触がよみがえり、来年5月20日今から楽しみである。

sukomomo at 21:46コメント(0) |  

2011年09月07日

秋の気配

朝夕が涼しくなり、さすがに蝉の鳴き声も聞こえなくなった。
あさ、まだ薄暗い太陽が上がらない頃に、鳥の鳴き声で目が覚めた。(この頃続いている)
朝の目覚めと共に「今日も一日ありがとう」の気持ちで起き上がる。
ニュースでは、台風の被害が大きく、震災に引き続いて自然災害の脅威に驚かされる。
それでも、自然は、秋に近づき何事もなかったように日々が過ぎていく。
ベランダの夏の花もそろそろ片づけなくてはと、茎が枯れつつある中で花を咲かせているのを愛おしくみる。
今日は、そんな余裕さえある時間に感謝して過ごす。ありがたいです。

健康クラブに行った帰り、車の中で祖父の仕事に着いてきた2才前後の子どもが、腕の擦り傷を私に見せて何やら話しかけてきた。
しばらく話し相手になっていると、何ともかわいい表情で説明するのである。
この子は、家族のみんなから可愛がられて育っているなぁと感じる。
しばらくすると祖父が戻ってきて話は中断。にこやかにバイバイした。

この時期の子どもの虐待のニュースが絶えない。じっくりと子どものことを見る余裕がないのだろうか? 
かわいい盛りの子どもに平等に愛情を注いでいける世の中になってほしいと思うのである。

sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2011年09月06日

子育て講座の企画と実施

保育園での子育て講演会は、保護者の意識によって大分異なってくる。
保育園に預けて保育をしてもらっている「便利さ」だけでの意識と、ともに子育てをしている「共有」との思いとでは、子どもの成長にも影響を及ぼす。
せっかく保育園側が保護者と共に子どもの成長を育みたいと企画しても、子どもの様子を見るだけで、親としてどう接するかなどの努力と実行に欠けているようにも思われて仕方がない。
大切な乳幼児期の子育ては、決して保育園任せになってはいけない。
思春期に結果として、のちのち悩んでしまうことになる。
保育園側もいかに保護者が参加してくれるかを時間帯や内容を考慮しなければならない。頭を悩ますところである。
保育園・学校等で企画する講演会等に参加しない親たちのための(聴いてほしい親たちに限って欠席の傾向)参加を募る良い方法がどこでも課題となっている。
熱心でなんとかがんばろうとしている親は、地区外からも参加する。
社会も子育ても学力も二極化の傾向を緩和することで、将来の平和が保障されるような気がしてならない。


sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2011年09月05日

子育てフォローアップ講座

大山町の「子育ての旅」親プログラム継続セミナー6回目の今日約2ヶ月間後にフォローアップの講座として開催された。
子どもは2カ月の間に成長も著しく、ママパパ達の気になるところも変化している中で、基本的な心の発達を振り返りながら、現時点の子育てを見つめ分かち合う。
親同士の分かち合いの中から、気づきと共に専門的なアドバイスも取り入れ、参加者は満足しこれからの子育てに前向きであった。
これからは、自主的に同窓会として2か月に一度程度が集まろうということになった。
先輩のママたちの様子なども話、大山町の子育て支援の大切なポイントを確認し合った。
この頃の親たちのニーズは、産後保育を希望されるようであるが、乳児期の大切な時期を集団の中で育つことは、よほどの手厚いサポートが求められる。
しかし、現実には、子ども3人に保育士1名の割合ではいくらうまく看ていても、家庭での1対1の子育てにはかなわないのである。
そこのところ、国全体での乳児期の子育てを重視し、家庭保育の子育て支援を充実させることで、育児休暇などの仕組みをどのような会社においても取りやすいように見直す必要があるだろうと思う。
次世代を担う子どもたちをしっかりと育て国や社会に貢献できるようにするには、基本的な人間創りが大切ではないかと思う。
この点、大山町の子育て支援には期待をするところである。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2011年09月04日

心配していた友に安心

ニュースで山崩れなどの情報から、近くに住んでいる友のことが気になって連絡を取った。
返事にも時間がかかったので、心配しいていたが、大丈夫のことだった。(よかった!)
東京から帰郷してきた孫さんと出歩く日々だったという。昨年、彼女は大病していたので、孫ちゃんの世話も大変だろうということも重なっての心配だったが、孫育てをとても楽しんでいる様子がうかがわれて、より嬉しくなった。
いつの年にもない日焼けもしたという。

体も心も元気そうな彼女にホッとするとともに、私も頑張らなくてはと勇気さえもらったのである。

sukomomo at 17:39コメント(0) |  

2011年09月03日

台風12号・・・大丈夫かなぁ

今までにないゆっくりペースの台風12号は各地での洪水の被害など出ているようだ。
防災放送では、昨日から停電での対策などをしておくようにとのことだったが、幸いにも市街地においては大丈夫のようである。
しかしながら郊外では、せっかくの稲も作物なども水浸しであるようだ。また、土砂崩れの被害なども出ているらしい。
以前の職場だった南部町は、町全体が避難勧告が出されたとのことである。大丈夫でありますように。
これ以上の被害にならないように祈るばかりである。

今日は、買い物にも行かず、一日中家にいて、講演会等の準備にあてがった。
こんなときは、家でゆっくりすることもいいでしょう。
東京の友が心配のメールをしてくれた。いつもありがとう。

sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2011年09月02日

ブックスタート、スタッフも揃って

先月のブックスタートは、スタッフの手不足だったために、生涯読書の会でも参加を募って協力を求めた。
さすが、読み聞かせグループの方たちは、少しの時間でもと参加をしてくれた。
おかげさまで、一人一人に丁寧に手渡しをすることができた。・・・「よかった!」
いつものことだけれど、読み聞かせている時の赤ちゃんの表情に癒され元気をもらう。なんて素敵なんでしょう。

情報提供では、赤ちゃんのパワーを小中学校生徒たちへの「ふれあい会」案内もでき、ますます楽しみである。
ママからは、「上の子の時に行きたかったけれど都合がつかなくて、今度はぜひとも参加したい」と。嬉しい返事であった。

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2011年09月01日

手作り漬物のシンクロ

先週から、手作りの漬物が届き、漬物シンクロ状態である。
その家・家の味があり、微妙に辛さや甘さが違う。
そして、食べていくうちに馴染んでくる。
手作りは心もこもっていて温かく心が和む。その人のことを思いながら美味しくいただく。本当にありがたいことです。〜感謝〜

幼いころから、漬物が大好きだった。
今、人気の「あしだまなちゃん」はキュウリが好きだとか、いまどきの子どもに珍しい。
そんなことを思いながら食卓に添える。

9月に入り、早速、米子「子育ての旅」合同同窓会の参加者の名簿が届いた。リーダーさん、まとめ役ありがとう。2・3・4期生の皆さんも待ってまーす。
子どもたちみんな大きくなっていることでしょう。楽しみにしていまーす。

sukomomo at 18:41コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: