2011年12月

2011年12月31日

穏やかな大晦日

朝からお節料理づくりをして一日を過ごす。
合間に掃除、洗濯・・。
あれもこれもと気にはなるが、きりがなく「今できることをすれば、まっ!いいか!」なんて思いながら、
お風呂の掃除をするとびっしょりになってしまい(汗と流すお湯で)ついでに早めの入浴とする。
大晦日は、ゆったりと過ごすための準備も今年は順調にできた。
感謝をして新年を迎えられること嬉しく思う。
今年もこの一年間、関わった人たちにありがとうございます。

sukomomo at 17:36コメント(0) |  

2011年12月30日

毎年、恒例の餅つき

毎年、30日がお正月用の餅つきとなっている。
年々、子どもたちは大人に近づいていき、唯一、関われる楽しみの餅つきである。
今年は、お兄ちゃんが高校の部活でいなかったけれど、皆、元気に手伝っての賑やかな餅つきとなった。

母が亡くなってからも、姉たちの行為で餅つきが行われ、お正月を迎えることができる。
親戚はもちろん、近所や友達にまで、ふるまう姉の姿に感謝しながらありがたく、心が温まる。

餅つきが終わった頃にお兄ちゃんは帰宅してきたが、足を引きづり肉離れを起こしたらしい。
お医者に行くよう勧めたが、「大丈夫・・様子を見るから」なんて、つい子どもだったお兄ちゃんの言葉に、大きくなったものだと感心し、姪も「この子はしっかりと分かっているから大丈夫だよ」と、信じての言葉。

ついこの間まで、一緒にワイワイ遊んでいたが(年をとっても子どもと遊ぶのが大好きなもので)しばらく行かなくなった間に、何ともまあ!成長したものだと、うれしい思いがわいてきた。

今年もおかげさまで、穏やかに良い年を迎えることができそうである。〜感謝〜


sukomomo at 18:17コメント(0) |  

2011年12月29日

午前中の太陽の日差しに決意した大掃除

大掃除と言ってもいつもより丁寧にする程度かな(窓ガラスや電球など)、大物の洗濯物も(午後から雨になってしまった)

いつもこまめに手を入れれば、「大掃除」なんて特別にしなくても済みそうだが、そう思いながら、今年も一年が過ぎようとしている。

午後からは、姪の息子の大学生活の話を聴き、来年は就職活動に頑張らなければと意気込んでいた。
バイトでは中学生の個人教師をしているとのことである。
優しいところがあり、人への思いやりなど、この子が学校の先生になったら、子どもたちの能力を伸ばす教師になるだろうと日頃から思っていたが、やりたいことが他にあるらしい。

バイトをして私たち姉妹それぞれにお土産を買ってきてくれた。(顔を見せてくれるだけで嬉しいのに)

今年も残すところ2日間、感謝して年越しを過ごせそうである。ありがたいことです。


sukomomo at 19:11コメント(0) |  

2011年12月28日

今年すべての仕事納め・・感謝

今日で今年の仕事はすべて終えた。(明日はFMラジオがあるが)
この一年間、多くの人たちの出会いと支え合いにおいて、素晴らしい年となった。

いろいろな自然災害はあったものの、人とのつながりの温かさはいつも以上に感じる年であった。
ありがたいです。

急に簡単な忘年会をして分かち合い、今年の締めくくりとなった。

相談してきたママからは、立ち直ったことのメールも入った。

都会の大学に行っている姪の息子も帰郷したことを連絡してきた。

今日も人との繋がりの中で生かされていることに感謝できる一日であった。ありがとう。

sukomomo at 20:24コメント(0) |  

2011年12月27日

相談からのメッセージ

子育てに熱心なママからの相談があった。
子どものことではなく、ママ自身のことで悩んでいた。
仕事を始めて慣れてくる頃だと思う。が、自分自身が好きになれず悩んでいるとのことだった。

子どもは保育園に入り、仕事をするようになって張り切っていたママだったが、この不景気でパートの時間短縮も重なり、忙しさから少し時間のゆとりができて考えることが多くなったのだろう。

完璧な人間などいないのだから、自分ができることを丁寧にやっていくしかない。
悩んで、頭で考えてばかりいても解決などするわけでもない。

何でもいいので、まずは、自分ができることを一歩踏み出すことである。
「今、私は悩んでいるのだなぁ」・「自分が嫌いなんだなぁ」と客観視して冬が過ぎれは春になる「なんとかなるさー」と言い聞かせることです。

考える時間ができたことをプラスにとらえると、したいことが浮かんできそうですね。(子どもと一緒に無邪気になって遊ぶなども一石二鳥)

sukomomo at 18:44コメント(0) |  

2011年12月26日

雪かきで汗だく

駐車場内の距離がかなりあるために、朝、入口に出るまでなんとかハンドルを取られながら道路に出たものの、午後の帰りの車庫入れはアクセルを吹かしながらやっとのことではいった。
再度出かける前の数時間を利用して雪かきを行った。
結構な運動量なのか、汗びっしょりになり、「これなら運動クラブに行かなくてもいいかな?」などと思いつつも・・やはり「卓球をしたい」の気持ちに再び出かけた。

午前の教室での新しい出会いに孫育てのことで話が弾む。
バァバ曰く「ママにはかなわない」とうれしげに話される。
そりゃあ、そうでしょう。子どもは母親が一番なのですから。見守ってあげてくださいな。
下の子は3ヶ月の赤ちゃんだということだったので、1月の中学生と赤ちゃんふれあい会へのお誘いをした。来てくれるといいなぁ。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2011年12月25日

寒い日曜日(クリスマス)に

昨夜からの雪で予定していたことも連絡を取り合い、自宅で過ごすことにした。
この際だからと片づけものをと思っていたが雑用をしていたらあっという間の夕方になってしまい、あわてて明日の仕事のために車の雪かきをする。
思っていたほどの(昨年の年末の大雪のイメージが強く)ことではなくて、ホッとする。

水分の多い雪とあって、さすがに子どもたちは外に出ていなくてなんだかひっそりとしていて、急に、私の子どもの時代が懐かしく思えて仕方がなかった。
寒くて、冷たい感覚は、今でも覚えているが、近所の友達と顔や手足を真っ赤にさせて大はしゃぎに遊んだ喜びの方が強く心に残っている。

家族や人との温かなふれあいが寒い冬を過ごした懐かしい思い出に浸った雪のクリスマスだった。

sukomomo at 18:03コメント(0) |  

2011年12月24日

ホワイトクリスマスになった!

クリスマス寒波がやってきた!
花回廊に行こうと思っていたが寒波と共に都合もつかず、あわただしいクリスマスの日となった。
贈り物も届いていたらしいが留守をしていたので、宅急便の方には申し訳ない、再度配達をお願いする。
こんな寒い日でも心はあったかく、ワイワイと大笑いのクリスマス茶話会となった。
若いころと違って、それでもクリスマスは心がうきうきする。
寒い雪の降る日に幸せを感じてイブを過ごすことができる。ありがたいことです。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

電池切れで・・・

お正月前のセキュリティーをと手続きするのに(なれないから)これでいいものかと試行錯誤をしていたら、途中でマウスが動かなくなってしまい、てっきりパソコンの重量が多くなってのことかと勘違い(らしく)しばらく様子をなんて、昨夜はブログも投稿しないままだった。
今朝になって改めてしてみると、マウスの電池切れで動かなくなっていたことが分かった。
やれやれ・・・。
年賀状も最小限にと進めていたが、懐かしい名前に思いをはせながら今年もぎりぎりのポストinになりそうである。

sukomomo at 09:34コメント(0) |  

2011年12月22日

やっぱり素敵!です

子育ての旅5期生の修了日、雨雪も降らないで子どもの体調なども良好で全員の参加者が修了を授与できた。

最後のワークでママたちの仲間づくりも最終版で浸透し、それぞれの気づきの効果や今後の課題へ前向きになって、次への同窓会スキルアップへの段階へ送り出すことができた。

皆さん、笑顔で素敵なママたち5期生も1〜4期生へのつながりで、しっかりと子育てを楽しみながら日々を送ってくれることと思う。
ママたちの参加してよかったの笑顔に心から開催できてよかったと実感でき喜びとなる。

大山町を含めて「子育ての旅」卒業生ママたちの今後の活動が期待でいっぱいである。
ママたち、これからもいつも見守っていますよ!

そして、開催できたことを、鳥取県・児童文化センターの皆様方のおかげ様だと感謝で心が満たされているのです。ありがとうございます。


sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2011年12月21日

子どもも成長して・・

午前は学校に用事がありあちこちと行き来する。
午後は会議のために昼食を以前行ったことのあるスパゲティー屋さんに行ったところ、子育てサークル卒業ママが元気に笑顔で働いていた。(皆生ホック店の駐車場内、モッチモパスタというお店)

今年の夏にオープンをしたこの店で幼稚園に行くようになった子どもが返ってくるまでの時間帯で働き出したとのことだった。
以前と変わらず笑顔が素敵なママは、丁重に次々と接待し注文を受けてすてきだった。
日替わりランチは好みのぺぺロンチーノにしたが美味しくいただいた。ソースはいろいろと選べて。フランスパンとサラダがつく。
キッズコーナーもあり、隣には絵本や遊び場まで作ってあった。

食べ終えて帰ろうとしたくしていたら隣の席に、またまた子育てサークル卒業ママが、中学校3年生になる娘と一緒に声をかけてもらった。
今日は懇談会で午前中だったので長女とよったということだった。
小学校に2人通っていて、もうそんなに大きくなったのかとびっくりした。(年をとるはずだ)



sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2011年12月20日

昔々のお気に入りのスーツを

25年位前のカシミアのスーツを着てみるとスカートのウエストがいくらお腹を引っ込めても止まらない。
いつか直してもらおうとチャンスを待っていたが、チャンス到来、内職をされているお家に行くことになり知り合いと共に訪問した。

彼女は着物をリサイクルされて、絹の素敵なスプリングコートに変身されていた。

昔のスカートは引き締まったウエストにデザインされているので、太くなったウエストにはかなりの広がりが必要であったが、今時のローウエストにすればいいだろうということで、なんとか、あまり、形も変わらずにリサイクルができそうだった。

昔ながらの友達同士の話を横で聞いていると、何とも次々と話題が豊富で、なかなか帰れそうもなかった。(結構付き合うのも大変・・と思いながらも)

若いママたちの中にも何人か洋裁等が好きで小物入れなどフリーマーケットなどで購入したことがあるが、そんなママたちに頼めば引き受けてくださるだろうか?と思い、その方と重ね会わせて話を聞いていたのだった。

sukomomo at 19:51コメント(0) |  

2011年12月19日

素敵で愉快な仲間たち!!!

大山町「子育ての旅」4期生のフォローアップ講座を修了。
素敵な仲間たちとなってこれからが楽しみである。
笑顔が多く、この笑顔が子どもにも伝染していく。子育てを楽しく乗り越えられることだろうと思う。

最後のコメントなどからも仲間ができたことの安心感と今後のつながりに地域での次世代育成に向けての心構えが共有できたようである。
6日間お世話になった託児スタッフの方たちとの分かち合いも和やかで無事終了。
今後も見守りを続けていこうと思う。
皆さんメールのやり取りで盛り上がり、同窓会に向けての話も出たようで楽しみでもある。

行政のサポートが何よりも心強く、この町は卒業生ママのつながりで虐待や引きこもりからは縁遠くなること間違いなしである。
教育委員会・子育て支援センターの皆さんの連携とサポートにこれからの期待と同時に感謝です。ありがとうございます。

中海テレビの収録にも協力していただいたママたちはじめ皆さんへ感謝。
皆さん怯むことなく自然体で分かち合いもコメントも素晴らしく頼もしいママたちの集まりだった(毎回そう感じて)出会いを嬉しく思っています。

sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2011年12月18日

第3日曜日・・・!

昨日片付けをしていたら美容室に行きそびれてしまい(予約はしていなかったのでよかったのだが)昨夜第3日曜日だと気づいて、定休日であることに気がついた。
月曜日にテレビの収録が入っているために、このところ気になるヘアースタイルでテレビに映ってはと今日は必ず行きたいと思ったので、もしかして!!!と電話をしてみると営業していた。(諦めきれずに営業している他のところにでも・・・なんて思ってた)
ほんと!嬉しかった。もしかして・・と諦めずに電話をしてみてよかった。

日曜日とあって若い男女が多く、ダンボの耳で子どものことを話していた若いママ(らしき)の話を聞くと、子どもに手がかかって昼食も食べれないと、コンビニからパンとジュースを買ってきたのか、カラー中に食べていた。
子どもには、ちゃんと食べさせてきたのかなぁ・・、今はパパがみているのだろうか等と心配をしつつ(あまりにもギャルぽい感じだったので…失礼・・これでも私、何万人の親子を見てきたので)心の中で、「子育てがんばり楽しんでねぇ」のエールを送った。

待ち合わせしていた姉には大幅に遅れてしまったが、あらかじめ連絡を入れておいたので、少しでも日頃の話ができてよかった。
取れたての野菜をたくさん頂きありがたく幸せでした。ラッキーな日に感謝です。


sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2011年12月17日

年末に向けて整理整頓!

書類がかさばり、片付けなければと気になっていたが、雪の降ることもあって出かけることを延期することにし、やっと今日整理をすることができた。
後から参考に見るからと思って残しておいた資料等は、未だに見ることもなくかさばってしまっている。

その中に、私の尊敬するA氏のコメントが目につきた。
「絵本の中の子どもたち」のテーマで、来年度ブックスタートの20冊の中に選考された1冊である。

「あっ!」という絵本で、乗り物の絵本であるが、9か月から1才前後に言葉が出始める赤ちゃんがよく指さしをする行動から「あっ!」と指さしして、「電車」めくると男の子が電車の運転手になって「ゴッゴー」と言葉が記してある。
「あっ!」と言って、読み手と共感し言葉にしていく。

「あっ!」には、「みて!」・「あれなぁに」「おもしろいねぇ」といった、驚きや感動や嬉しい気持ちを相手に伝えょえとする赤ちゃんの思いがたくさん詰まっている。
「あっ!」とお互いに心を通い合わせる嬉しい体験の積み重ねの上に、やがて言葉が誕生してくる。

絵本を通して親子のコミュニケーションは心や言葉を育む素敵な時間となる。
ブックスタートで赤ちゃんに読んで手渡しする赤ちゃんの様子が浮かび思わずと微笑んでしまった。

sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2011年12月16日

予報通りの雪

雪が降るというので、昨日冬用タイヤに交換した。
今日の吹雪いている天気でも安心して外出することができた。
とは言っても太陽も出て時間帯によっては青空さえ見えてきた。
それでもやっぱり寒いし、東北地方の方たちの仮設住宅のことを思えば多少のことは我慢しなければと思ってしまう。
ベランダの花たちも風の強さと寒さに耐えているようだ。

教室の忘年会で鬼太郎弁当をいただいた。野菜やお魚が鬼太郎妖怪に変身していて、「食べるのがもったいないね」と楽しみ味わっていただいた。
地産地消の食材がまたまた嬉しい。
何かの会にまた取り寄せをしてもいいと思った。ごちそうさまでした。

sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2011年12月15日

実行すればするだけ必要性を実感する「子育ての旅」

子育ての旅5期生も降板に入り、ママたちの輪も深まり分かち合いが盛り上がる。
今日は、プログラムの中心の1つである夫婦関係がテーマ・・・ピエロバランスを体験した後だったのでグッドタイミングで夫婦のあり方を振り返り盛り上がった。
いろいろな夫婦のパターンがあって、お互いに学びとなったようである。
将来を見通した夫婦のあり方もイメージでき、今を大切にして夫婦、親子の絆を改めて大切と思う2時間があっという間の流れとなったようである。

「子育ての旅」継続セミナーは、コミュニケーション、心の発達と心の見つめ方、メディア・絵本、夫婦関係、仲間、の、キーポイントを実施していくママたちの様子を見て、我ながらに改めて素晴らしいと実感するのである。

スタッフも参加しているママたちも(卒業生も)継続を呼びかけている気持ちが繋がるのである。

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2011年12月14日

クリスマスのお花に囲まれて

先日、お世話になった公民館でクリスマス用のお花をアレンジした。
いつもお花は心を和ませるものであるが、クリスマスはまた特別に心がうきうきする。
いつもよりも少し贅沢にお花もそろえて、豪華に緑・赤・黄とクリスマス色をバランスよくツリーのようにアレンジすると、部屋の雰囲気も楽しげになるのである。

お花に囲まれて、茶話会をする。
冗談も飛び交うにぎやかに、お腹も心もいっぱいになり、お花に囲まれて幸せを感じるひと時であった。

話の中で花回廊に行った方がいて、イルミネーションや華やかなクリスマス一色で楽しめたとのこと。
友を誘って近いうちに行ってみようと思う。
今日も一日ありがとう。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2011年12月13日

町づくりのリーダーたち

中海テレビ恒例の「まちづくりのリーダーたち」のお正月番組収録が開催された。
昨年に引き続いて今年もお世話になり、感謝の気持ちで参加させていただいた。
話す時間も短めの限られたものなのでディレクターの「手短く」が皆さんの思いが優先してしまい、どうしても長くなる人もいる中で、できるだけ簡潔にと務めた。

日頃、活動しているこの一年間の「子育て支援ネット」の充実感を取材していただくことにもなっているために、そこの場での情報発信ができることの期待もあり、また、今日の収録の際の同じような団体のつながりも大切だけれど、関係ないような団体とのつながりは掛け算で広がっていくとも理解でき、リーダーたちの力をかりて、広めていけることの希望も持てた。

昨日研修会に参加されていた「はぐはぐ」のiさんも来られていて、再会の喜びと今後の連携を約束した。

この会を通じて、久し振りにお会いした方ともお話しでき、おかげさまのひと時であり感謝です。

sukomomo at 20:50コメント(0) |  

2011年12月12日

子育てサークルのあり方

子育てサークルの存続に伴い、この頃のママたちは、地域の子育てサークルに入るよりも、他地区の子育て支援センターや子育てサークルを利用し、自分たちで築いていこうと懸命に活動している地域のママたちの仲間入りをするのはいいのだけれど、協力をせず、イベントなどのいいとこどりをして過ごすママたちの存在に疑問が投げかけられた。
もちろんイベントに参加してもらうことはいいことなのだけれど、今後もその地域の活動に協力するなどの気持ちが大切である。
子ども連れの中で、お世話係りのママたちは、いかに楽しく過ごしてほしいのか前々から準備をして時間を費やしているのである。
地域の保育園との交流や地域の民生委員・ボランティアさんとのかかわりなど、地域での子育てを楽しんで企画する。
行政や施設独自でのイベントなど公開するものとは違うのである。
子育てサークルは、地域性があり、それなりに頑張って存続しながら若いママたちへ引き次頑張っているのであることを知ってほしい。

「子育ての旅」のママたちも自分たちの仲間がモラルに反した行動を目にしたならば、やはりそっと話してあげてこそ仲間というものであるが、ママ同志の中では言いにくいこともあるのだろう。
場所を提供する主たる責任者がそこのところは、きちんと伝えてほしいと思う。
ママたちの中でも言わなければわからない人もいるだろうし、言われたことで振り返り、どうあるべきかを立ち止まって見るようにして欲しい。

子どもの行動は、それぞれであり、特に多動傾向で日頃の生活に手を焼いて疲れ果てているママも中にはいることでしょう。
そんな時は、お互い様の精神で自分の子も他の子も見守る姿勢が必要であり、その上で、ママの存在を必要としていることを伝えることも大切ではないのだろうか。

サークルや子育て支援センターの中で、ママ同士のおしゃべりが弾み、子どもはそっちのけになる傾向も時にはあるだろうが、「時には」の特別であってほしい。
子ども行動は、何一つとして無駄なことはないし、そこから子どもの必要としている心が見えてくるのだから。
子どもと関わって遊ぶことは、乳幼児期しかない貴重な時間帯である。
子どもと共に過ごせることをもっともっと幸せだと感じてほしいと願う。

sukomomo at 18:51コメント(2) |  

2011年12月11日

ハッピー子育て応援団 総まとめ

今年も境港市の子育て支援ハッピー子育て応援団の総まとめが、受講者や関係者の他に市民の方々を募って開催された。
私の関わった分野ではすでに受講感想などもいただいていて、ママたちの気づきと前向きな姿勢に感動するものであったが、
実際に発表を聞き、なんて素敵なママたちに育っているのだろうとうれしくなった。

また、赤ちゃん登校日では、講師の高塚先生の学びを受けたことから、学校だけの取り組みで長期間にわたっての、赤ちゃんから学んだ人とのかかわりなどの実践した発表が、子どもたちの成長を感じるものであった。
(取り組んだ先生・学校、素晴らしい)
その根底には、行政との連携(子育て支援課と学校)がしっかりなされていての成功である。
私の関わった学校でも事前授業の担任の先生で赤ちゃんを向かい入れる心構えが左右する。
関わった人たちすべての思いがあっての成功体験だ。

ママたちの中からは、転勤族なのだけれど境港市に家を建てることにした理由に、子育て支援に熱心で住みたいからということであった。

全体の雰囲気がとてもあったかい。それは、職員さん方の子育て支援に携わる姿勢が課全体で共有できていることもあるだろうし、境港市の子どもたちを心身共に健康で次世代につなげていこうとする気持ちなのかもしれない。
移動された職員さんも休暇にかかわらず参加され、ママたちの成長ぶりを共に喜んでいることも心和むことであった。
この場に居させてもらったことに深く感謝である。ありがとうございます。

sukomomo at 17:04コメント(0) |  

2011年12月10日

子育ての旅・・夫婦で参加

「子育ての旅」5期生のご夫婦での参加の日(テーマがメディアと絵本)これまでにないパパの参加が多くて熱心な様子がうかがわれた。

はじめのアイスブレークでは、パパ達は少し戸惑いながらもしばらくはパパ同志のコミュニケーションに偏っていたが、さすがママたちの積極的関わりで楽しい雰囲気が伝わってきた。

夫婦でのメディアの研修会は、1期生のママたちからの要望でもあり、2期生から取り入れたものである。
ママだけの学びでは、実践に結び付きにくいとの意見だったし、こちらとしても同感だったのでプログラムに取り入れた経過がある。

同じ研修に夫婦で参加されたことで、共通の話題が弾むことと思う。
次回のママたちの感想を聴くのが楽しみである。

心配していた雪も止み、寒さは厳しくなったが、太陽も顔を出し、まずまずの天候となり、せっかくのお休みをママと共に出かけてくれたパパ達に感謝であるとともに、ママたちもよくぞ誘って来てくれました。「ありがとう」です。

sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2011年12月09日

寒いと思ったら・・雪が

今冬初めての雪です。
寒いと思ったら、やはり・・・みぞれ混じりが牡丹雪に・・止んだり時雨たり、あすの「子育ての旅」にはやんでほしいなぁ。
子ども連れの雪の降る日は大変なことだし、まだ雪道に慣れていないから心配です。
明日は、早起きして時間にゆとりを持っていくことにしましょう。

大山は50兩僂發辰燭箸里海函これから本格的な冬になるのでしょうね。
実家の姉夫婦は、亡きおばさんの法事とのことで島根へ行く予定、雪が降りませんように。(私は子育ての旅開催中のため失礼することにした)

ゆーきやこんこ・・は、やはり子どものときに嬉しい思い出がある。
昔は、「子どもは風の子」なんていっていたけど、今の子どもたちは、近所ではあまり外でそんな風景を見たことがないなぁ。



sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2011年12月08日

子育て支援・・それぞれの思い

久しぶりに(偶然に)えがおサポートのお二人にFMラジオで出会った。
彼女たちは、日本海テレビの取材で収録中(いつもは毎週火曜日のはず)で、1月の特別番組で放送されるとのこと。

頑張っていますよ。日々、心をこめた子育て支援を実践している様子を聴いて、ほっとするやら、手助けをしなければという思いも感じながら、手ごたえのある子育て支援を展開されているようである。

親の役割・サポート役の役割をきちんとしておかなければ、親の学びを取ってしまうことにもなりかねないが、そこのところは、しっかりと振り返りながら進めていることも把握できた。

子育て支援は、行政なしでは語られない。それは、営利につながらないからである。
行政のサポートがきちんとできていたならば、私たちの熱意だけでやっている支援者などは必要ないだろう。が、
担当者も移動で変わり、より良い支援に至るまでには、協働でのサポートがこれからも必要であろう。
そう思っているのは、NPOやボランティア団体のメンバーに偏っているのかもしれない。

より良い子育て王国として安心安全のまちであり子育てしやすい町であることを希望し近づけていくよう、できることをするのみである。

sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2011年12月07日

てだそ子育て就将地区ありがとうございました

てだそ子育て地域研修会の2回目が就将地区対象で公民館の協力のもと開催。
たくさんの子育てママたちの参加や地域の民生委員さんの参加で講演会の後、意見交換会も盛り上がり、地域のつながりの大切さを皆さんで実感。

就将地区は、民生委員さんの積極的なサポートのもとで子育て支援がなされており、今回のような研修会が継続できればという意見もたくさん聞かれた。

ママたちも、友達がいないので不安を感じている転勤族や、地元のママたちの仲間づくりで多様な家庭の子育ての輪が広がっていく気配を感じ、手ごたえのある会となったことに感謝である。

子育ての大切な時期を正しい情報を知り、楽しんで子どもの成長を育んでいってほしいとの願いは、その場にいたスタッフ・支援者・託児サポートトの共有するところである。

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2011年12月06日

もう5年生!

明日の「てだそ子育て」研修会の準備のための買い出しにスーパーに行ってレジをされている店員さんから「○○先生ですね」と、声をかけられた。
話していくうちに7〜8年も経っていることがわかった。
子どもは5年生になったという。最近仕事についたとのことで若々しいママだった。
子育て支援に携わって、こちらに帰ってからも20年近くになるのだから関わった親子も多いはず。
子育ての旅のように継続してしっかりと関わるママたちだったら忘れることもないのだけれど、ごめんなさい。声をかけれるまでわからなかったです。
子どもも5年生元気に学校に行っているとのこと。
嬉しい情報でした。ありがとう。

さらに、姪の旦那さんに偶然会って近況を聴くと、小学校に行っている子どもたちもサッカーや勉強に元気で励んでいるとのこと。
近くにいても姪は仕事をしていて旦那の両親に子どもたちを見てもらっているためか、なかなか会えないのだから、近況を聞いて嬉しかったし、旦那さんの笑顔で感じよく話してくれる様子に心も和んだ。
みんな元気で何よりです。〜感謝〜

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2011年12月05日

ママたちのゆかいな仲間ができました

大山町子育ての旅4期生は、今日修了式をふくめてコミュニケーションワークの最終日を行った。
一人一人の素敵な良いところを見出して、これからの子育てに仲間と共に前向きな日々を送られることの手ごたえを感じることができた。
行政からの関連課長さんも今日はスタートから見学され、ママたちの仲間づくりが浸透しているのをびっくりされていた。
これからも子育ては、子どもと共に旅であり、仲間と共に楽しんで、大山町の次世代を担う子どもたちに親たちが支えあって成長を育んでいくことができることと、嬉しく期待するとともに見守っていきたいと、ママたちの様子をみて思うのであった。
2週間後にフォローアップコミュニケーションスキルも予定されている。
そこからは、1〜3期生の先輩ママたち同様に、仲間づくりも自立にむけて進んでいくことでしょう。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2011年12月04日

絵本の読み合い〜やわらかな関係づくり

日吉津村の人権教育研修会に基調講演として村中李衣氏の話を10年ぶりにお聴きすることができた。
大学はもちろんのこと、養護施設や刑務所、病院などに出向いての読み聞かせを実践されている。
絵本を読み合うことで心を通わせ一人一人の心が見えたり、一人一人と向き合うことの大切さを実感するものであった。
10年前よりも体験が多くなったこともあってか、よりパワフルな納得のいくものであり、自身の振り返り反省材料にもなった。

親はもちろんのこと、保育園・学校など子どもと関わる(病院などの大人でも)仕事についている人たちすべてに聴いてほしい内容であった。
読み聞かせにより、人のしぐさや声のトーン表情からもその人自身の心の深さをキャッチするこまやかなスキルは関わった人たちの柔らかな関係につながっていることが、よーく理解できたのである。

声をかけてくださったMさんありがとうございます。

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2011年12月03日

「会えない」という予感???

来週に入院が決まっている彼女と話す。
入院の準備で人と会うことも多いらしい。
そんな中でふっと「もう会えない予感がする」という。
2度目の入院で手術も難しいらしい。
勇気あるなぁ・・私は手術という選択肢をとるのだろうか?
「大丈夫だよ」と思わず言葉がでる。本当にそう信じているから。
人は、生まれると1年1年死に近づいていく。
若い時はそんなことなど少しも思ったことがなかったけれど、祖母・父・母をおくり姉妹や自分自身の老化現象を目の当たりにすると、真剣に死について考えることが多い。
身の回りのことの整理を今のうちにしておかなければなぁと・・・彼女からも学ぶのである。
どのくらいかわからない残りの人生を感謝して有意義に送りたい。

sukomomo at 18:04コメント(0) |  

2011年12月02日

ブックスタート順調でした

先月は、急に体調が悪くなったので、ボランティアの少人数に支障がきたしたのではと、心苦し帰宅となったが、今日のブックスタートは、先日の生涯読書をすすめる会などでボランティアの参加を要請したこともあって、まずまずの人数がそろって、赤ちゃん親子を受け入れ絵本を通してのかかわりができた。

いつものことながら、絵本を読むと赤ちゃんの瞳が読み手の私をしっかりと見つめその表情が何とも可愛らしく毎回毎回感動するのである。
子育ての旅のOBママも三人目の赤ちゃんを連れてきて、近況報告を話してくれるなど、また、「長男は絵本を読み聞かせをしてこなかったが、二男のこの子はしっかりと読んでいきたい」など話してくれるママもいて、ブックスタートの手渡しはやはり大切だということを今日も再々確認したのである。

赤ちゃんの笑顔に癒されてとても幸せな時間となった。ありがとう。

sukomomo at 18:42コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: