2012年05月

2012年05月31日

ますます盛り上がってました!

二日間にわたってのえがおサポート一周年記念イベント。
今日もたくさんの人たちで賑わってた。(昨日よりも来訪者が多く)

昨日から出店しているコーナーは、ほとんど売り切れていたり、新たな催しものもあったりしていて親子で楽しんでいる様子がうかがわれた。

駐車場も入りきれないほどでほんの数十分しかいなかったけれどエネルギーが伝わり、多くの人たちに愛され利用されるサポートになっていけばと思いながら後にした。


子育て中のママたち以外にも子育てのことで悩んでいる相談、子どもを通して親との(家庭との)連携の大切さや子どもの指導に困難を感じている相談であった。

共働きで子どもの様子が見えていないし、何かを感じていても直面しないで回避していたことから、思春期になって手がつけれない状態をさらに放任してしまう。
家庭と学校、もしくは塾や習い事の現場での子育ての連携をもって社会に送り出すことが、今、必然ではないかと、相談者の話を聴いていて痛感した。車あそび


学力、スポーツ、芸術などの基本的人間性が培われるモラルに、現代社会の育成が問われることも改めて考えさせられる今日であった。
(何かに熱中して成長する子どもは、必然的に人間性のモラルも身についていっているこれまでとは違い、お金を出して塾に、習い事に任せてしまう親として家庭としての生活基本が乱れている時代なのかと?悲しい気がした。)

sukomomo at 18:31コメント(0) |  

2012年05月30日

えがおサポート一周年イベント おめでとう!

開設されてから早一年が来たのですね。
いろいろなことをチャレンジしながら、仲間も増えて、今日のイベントは大盛況でした。
今日、明日の2日間は、盛りだくさんで、知っているママたちもフリーマーケットや手作りコーナーなど頑張っての参加をされていた。

心配していたママ(体調がいま一つということを聴いていた)にも会って、顔をみて話すことで、少し安心できた。
子どもの体調と共に親としての心労が健康に影響したのだろう。

ある面、できることをやったら、なるようになる(なんくるないさー・・沖縄ことば)と自然に任せることも必要である。
頭で考えて、ネガティブに考えだしたらどんどん落ち込んでしまう。

睡眠をしっかり取って、太陽にあたって、体を動かして、人と話してなど、気分を変えていかなければならない。
子育て仲間がいてそれも支えの一つ。

今日のようなイベントの中に癒しのコーナーもあり、安い金額で体験できるのは、ママたちにとってもこれとないチャンス。

明日もやっているので是非とも足を運んでくださいな。
私も明日も行ってみます。(今日と違ったコーナーも出るとのことなので)会場で会えたらいいですね。


sukomomo at 19:07コメント(0) |  

2012年05月29日

ネットワーク・・人とのつながり

広島から社会教育に関する先生のおとづれで、囲む会に誘われて子育てについての話など、日頃の活動などお聴きした。
広島の自宅では、予約制の食事どころを奥さまがされていたり、手づくりピザやスモークサーモン教室なども開催され、米子の方からもリピーターとしていかれている方も多いらしい。
そのような活動に親子を引き込み子育て指導を実践されている。

知り合いの声一つで10人くらいお昼の食事会が盛り上がった。
人のネットワークは、すごいものだなぁと感心する。

その後の生涯読書をすすめる会には、6月10日に開催する光籐氏講演会の打ち合わせや情報交換などの後に、「えんどう豆さん」を迎えてのパネルシアターを楽しんだ。
久し振りに再会し、変わらない素敵な歌や演奏など磨きもかかり素敵なミニショータイムとなった。

米子「子育ての旅」の1〜5期生のママたちが集まって産業体育館を借りてバトミントンをしているということで、同窓会の案内を兼ねて、初めて行ってみた。

子どもたちは、幼稚園に行ったり赤ちゃんだった子はハイハイやあんよもうまくなって成長が見られた。
ママたちは、順番に子どもについたりしながら体を動かして汗をかきたのしんでいた。
そのような姿を見て、うれしく思いながら後にした。

子どもを育てるうえで、いろいろな成長途中での困難も悩みもあって、乗り越えられる喜びもある。そんな時に子育て仲間たちでの支え愛が気持ちの点でも助かるのではないかと思っている。

子育ての旅6期生の要望もあり、待機しているママたちも楽しみにしていることも聴き、なんとか頑張らなくてはと再認識したのである。

sukomomo at 19:58コメント(0) |  

2012年05月28日

赤ちゃんふれあい教室

中学生と赤ちゃんのふれあい教室が始まった。
今年も、三年生の生徒たちは、皆、笑顔の素敵ないい子たち。

赤ちゃんにかかわる事前の学びにも反応があり、真剣そのもの。
赤ちゃん親子と関わると、ますます緊張し、次第に顔がゆるんで素敵な眼の輝きとなる。

今年初めて参加された先生方は、その違いに感動されたようである。

参加したママの中には、母校だと言って懐かしみ、担任の先生とも顔を合わせ、自分たちの学生の頃にもこのような授業がして欲しかったと、感想を話してくれた。
(何人かのママも同様な感想が聞かれた)

泣いたら困ってすぐにママの手元に返す生徒や、それでもママは慣れていると、しばらくはあやすように話しかけて、生徒に委ねてみるなど、経験を積んだママの参加で、充実感も出たようである。

お見送りをして戻ってきた生徒の「疲れた!」「可愛かった!」「お母さんってすごい!」など口々に話していた。

赤ちゃんの人数が、昨年よりも少なかったので、赤ちゃん募集を引き続きやっていきたい。
赤ちゃん(2ヶ月〜10ヶ月)是非ともご参加を!(54-2395まで)

sukomomo at 19:27コメント(0) |  

2012年05月27日

薔薇の香り

総会が早めにおわったので、運動がてら気分転換に花回廊に行った。前回行った時は全く咲いてなかった薔薇の花が咲いて香りに癒やされた。種類も多く見ごたえあり
a4b92896.jpg


蕾から咲き始めて7部咲き位が私の大好きな薔薇の観方である。
ca604c7e.jpg


蝶に近づけてもすぐには飛び立っていかないのでしばらく見入った。
a0ca3037.jpg



新緑もきれいで、早歩きをしたり、休んでゆっくりしたり、短い時間だったが、とてもリフレッシュになった。
ほんと!いつも感謝です。

sukomomo at 18:00コメント(0) |  

2012年05月26日

子育て相談から

小学生の中学年、子ども同士のけんか!に、手を出されたママから注意を受けた。
そして、先生からも事情を説明され、子どもと話したが、子どもはちゃんとした理由があることを・・・。

子どもの言い分を分かってあげるのは身内の信頼関係による。
まずは、言い分をしっかりと聞いてあげましょう。(共感し)
その上で、悔しいことがあっても結局は、手を出して人を傷つけることになることは避けなければならないことを伝える。(今回はけがなどなく…ケンカ程度でよかった!)

理不尽なこともあるけれど、我慢をしなければならないこともあることを・・・。
その分、身内がしっかりと悔しさを受け止めて共感することです。
時には、八あたりをすることもあるでしょう。
それでも、友達を傷つけるよりもずーと解決が早くなり、心も強くなります。

相手側のママは、その場で親に言うのではなく、子ども自身に言うべきだと思います。
(この場合、イベントでみんないたのですから)
相手の気持ちを聴いてあげながら子ども同士のやり取りを見守り、子ども同士で解決させる言葉がけも大切なこと。

日頃の保護者同士のコミュニケーションがうまくいっていたら、大きくならなくて、また、お互い気分を悪くせずに済むこともできたことなのかもしれませんね。

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2012年05月25日

助成制度合同説明会に参加して

県や市、銀行、生命保険等のボランティア助成金の説明会に参加した。
なかなか適用できるものがいま一つであり、体制等を見直していかなければならないだろうか?などと思いながら説明を聞いた。

これまでの実績を大事にしていきたいことと、関わった親子のサポートも今後続けていくことが一番のおもいである。
仲間と相談して、無理なくできることを選択していきたい。

県の担当の方には、後日、個別に相談に行きたいことを伝えておいたので、時間を取っていただき、おもいを伝えていきたい。

食物アレルギーのナチュラルさんは、市のまちづくり助成金が受けれるようになったことを今日の会での資料で確認でき、うれしく思った。
ママたち頑張ってるなぁ。…先日の日野原先生の講演会の時も手作りスウィーツをたくさんつくって貢献されていた。
とても美味しくいただいた。またの機会に買うチャンスを楽しみにしている。


sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2012年05月24日

子育てサークルの集い

今月初めに子育てサークルに訪問したママたちへ、赤ちゃんふれあい教室の案内を持って行った。

顔なじみの親子や、今日初めての親子が集い、支援センターの指導員の方の遊びなどを楽しんでいた直後だったが、皆さんの笑顔で楽しまれたのがわかった。

せっかくなので解散した後に個人相談があればと声をかけると3.4人のママが待ち構えたように話しかけてこられた。
「なんでもないことなので・・・!!」などと遠慮がちではあったが、そのなんでもないようなこともママたちにとっては真剣でもあり悩んでしまうきっかけにもなってしまうのだ。
だから、「なんでもない!!」という時の方が解決策も実践も伴って深刻にならなくて済むのである。

なかには、健診に引っかかったというママもいて、後のばしにせず早めの対処がいいと話す。
話すことで決心もついたようだった。

小さなことでも話して聴いてもらう人がいることがとても大切なのである。

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2012年05月23日

子育ての旅・てだそ子育ての予定は!?

大山町の子育ての旅は、今年度も来月からいよいよスタート。

米子でも待ちに待っているママの声を今年に入って間もなくから聴いているのだが、助成金の当てがなく、NPOサポート室に相談に行く。
今週末にいろいろな団体からの説明会があるけれども、該当する助成金には難しいようだ。

行政の取り組みで行っている大山町は子育て支援として人材育成(仲間づくり)と次世代へのつながりに安定なサポートがなされている。simakuma-koi-kaku


鳥取市で虐待のニースが・・・。
「子育ての旅」や「てだそ子育て」の必要性を強く感じる。

諦めずにいろいろと調べ、ダメもとで申請を試みたいと思う。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2012年05月22日

赤ちゃんふれあい教室 事前授業

今年度も始まる中学生と赤ちゃんふれあい教室、赤ちゃん親子と交流する前に、コミュニケーションの原点である赤ちゃんの特徴と、そこから学ぶ人との関わり人間関係、
そして、自分自身を振り返り、一人一人が大切な存在であり、考えて行動すること等など、ワークを取り入れての授業に、二クラスの生徒たちは、真剣に取り組んでくれた。

ついこの間、生まれて来たように、キラキラした目で話を聞いてくれたものの、やはり思春期真っ盛り、質問には反応が薄く指名されないと発言できなかったりする。

時間が経つにつれて、質問にもちらほら反応が出だしたが、時間切れ・・・!
もう少し時間が欲しいところであったが、次回の振り返りに(当日の赤ちゃんと関わる前)補足していきたいと思っている。

今日、初めて関わった中学3年生、何だがとてもかわいい・・・何回も関わっていたような気がしてならない。
次会が楽しみである。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2012年05月21日

いのちの授業

473e17cb.jpg楽しみにしていた日野原先生のいのちの授業。和田小学校では授業が始まる前にWelcomeセレモニーが始まっていた。


六年生は修学旅行中とやらで、一年生から五年生が歓迎の言葉や歌でお迎えしていた。

授業に入ると、優しい口調で、生徒たちに問いかけることや実際に体を動かしてみることが多く、子どもたちは、のびのびと受けていた。

それぞれに、能力が備わっていることや、運動、音楽、算数、国語などあらゆる面からの「いのち」=「時間」を学べるものだった。
人のために、いのちの時間を使える人間になることを話されてしめくられた。


改めて、明日から始まる「赤ちゃんふれあい教室」にも心をこめて授業を行いたいと確認させていただいた。
〜感謝〜の日に。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2012年05月20日

日野原先生の講演会も盛況に

朝から、準備に加わって、日野原先生をお迎えし、大盛況の今日だった。

100才になられた先生は、話されることも立ち姿もしっかりされていて、心から世界平和を願っていらっしゃる。

いろいろな病気やアクシデントに遭遇した時をポジティブにとらえて羽根にし、今日まで人のために生かされてこられたのだということも改めて感じるものであった。
著書で大体のことは知っていたけれど、直接話しをお聴きすると感動もひとしおである。

100才という歳月の重みは、何を話されても説得力があり、人柄そのものにも現れていた。

二部は、福島との中継により、音楽でつながろうというものであった。
日野原先生の講演会は、必ず歌などが取り入られる。
体で感じ、会場の皆さんと一つになろうという気持ちが響く。

震災の義援金もたくさん集まったようで会場の皆さんの心づかいに感謝である。

明日は、和田小学校の「命の授業」・・・一番の楽しみにしていたことである。(今日、二部に出演した和田小学校の演奏も素晴らしかった。)
このような経験は、子どもにとっても宝物となることでしょう。

帰りの参加者の皆さんもとてもいい表情で嬉しい。
一日があっという間で、心地よい疲れとなった。〜感謝〜



sukomomo at 18:31コメント(0) |  

2012年05月19日

子育ての昔と今

ベアーズ保育園が毎年公開講演会を開催されているが、今年は、久し振りに参加させていただくことにした。
日本大学の教育社会学が専門の広田照幸氏による「子育ての昔と今・・日本人のしつけは衰退したか・・」と題しての話であった。

1950年から現代までの子育ての歴史をデーターと共に説明された。
子育て環境は時代と共に変化してきている。

昔の子育ては決していいものではなかった。(死亡率も多かった・・医療、清潔面など)
子どもを育てることは進化している(よくなってきている)

現在は、みんなで子育てというが、子育ての役割がはっきりしないところが課題だと指摘された。
なるほどパパも子育てに参加することが多くなったものの、しつけは保育園や学校任せだったりすることもよく聞かれることである。

本当に困っている家庭に手を差し伸べているだろうか?
声も出さず、申請もできない親たちも中にはいることなども課題に出された。

改めて「子育て支援」を立ち止まって見つめるきっかけとなった。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2012年05月18日

すこもも「子育ての旅」FMラジオ

健康クラブに行ったときに、女性の方から「いつも仕事の帰りが4時過ぎで、タイミングよくラジオ楽しみにきいてます」と声をかけていただいた。

声をかけていただいた方は、子どもさんがいることも年齢も知ることはなかったが、小学生と年の離れた5歳になる二人の子どもがいるということだった。

番組中に、直接、メールも電話の問い合わせもほとんどないが、あちこちから「聞いている」と声をかけていただくことで、励まされてきた。

二年を迎えることになった生放送。
何気なく聴いて下さり、子育てを振り返り、気づきができたならこの上ない喜びである。

きっとMCのアニーちゃんも、わが子の子育てをしながら実践をトークし、一人でも聴いてくださる方のためになるようにと、同じ気持ちだろうと思う。

これからも、何気なく楽しい子育てができるように情報提供していきたいと改めて感じるのだった。〜感謝〜

sukomomo at 19:20コメント(2) |  

2012年05月17日

えがおサポート・・一周年のイベント

久しぶりにえがおサポートに訪問した。
各室内はきれいにマットも敷かれて、二階のトイレも使用できるようになっていた。(以前来たときは工事中だった)

ママたちの集まりや作業なども充実していて、新しい取り組みもなされ、活気づいていたことにホッとさせられた。
(これだけの広さを子育て支援で運営することは大変なこと・・・・すごい!)

かれこれもう一年になったという。(はやっ!)
今月30,31日は一周年記念のイベントを企画しているとのことだった。


学童保育は、月人数が満たないので助成金が通らないことも分かった。
もしも、学童保育の希望があれば、えがおサポートに問い合わせてみてくださいな。

子育ての旅のママが参加していて、ちょうど4,5期生(米子)の同窓会を予定していることも話し、皆さんへメール連絡をお願いできた。
ありがとう。

また、今年度もいろいろな企画案があり、それに向かっていっている様子。
子育て中のママたちの活気づく居場所であってほしいと願いながら後にした。



sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2012年05月16日

賑わう花回廊

年間会員更新のために時間の合間をみていった。観光バスも入っていて賑わっていた。
20b3bc19.jpg


前回行った時の可愛いチューリップの花は、すでに、大人っぽい青空色のデリィフニュームに変わっていた。
そして、ドーム前は、アジサイの花が瑞々しく涼しげに迎えてくれた。

e13c9eb6.jpg


会員更新の手続きをして出来上がるまで一回り散策して楽しんだ。
偶然に教室の生徒さん数名と出会いお互い子どものように「わーい!」と歓声を上げ喜んだ。
今日は歩くと汗ばむくらいの気候だった。
県外からの観光バスも数台入っていて平日とはいえ賑わっていた。

祖父母揃って孫をバギーに乗せ、歌いながらの散歩を楽しんでおられ何とも心が和んだ。
「どこでお弁当食べようか」など話しかけて木陰を探したり、すでにお弁当を広げて食べている家族やグループもあって、私も今度はゆっくりお弁当持ちで行こう!!!


sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2012年05月15日

映画館

友達につきあって、久し振りに映画を観に行った。

なんと! 映画館のロビーには、知っている親子連れが数組。
今月から子ども連れでも観ることのできるサービスが始まったとのことで、ママ友が誘い合って映画鑑賞に来たのだという。
ママにとっては、うれしいサービスだろう。
(嬉しそうに話してくれたので、私もうれしい様子に共感したものの)

子どもにとっては、いかがなものだろうか?
少し疑問が残りつつも同じ映画ではなかったので、その様子は見ることができなかった。

2歳までのテレビは控えることの情報は知っているママたちだったので、その点は、承知の上だろうと思う。
今度、会ったときに、様子など聴いてみたいと思う。

できれは、別室での託児コーナーがあると一番いいのだろうけど・・・・。会場内だということだったので少々心配だった。
今夜は夜泣きが激しいかも????


sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2012年05月14日

新任の先生も決まって

大山町の中学校全校が、今年も赤ちゃんふれあい教室の日程が決まった。

新任の先生が担当の学校は、他校より少し遅れての日程決定であったが、引き継ぎもきちんとできていて、打ち合わせもスムーズにすることができた。

大山町は、地域子育て支援センターも各地域にできたので、その地域ごとの職員も入り、町全体での子育て支援サポートがますます充実できると期待するところである。

町の一人でも多くの人の関わりや、子育て支援のノウハウを知ってもらうことで、子育て中の親子を通してサポートもうまくいき、仲間づくりと安心安全の子育てが展開されて次世代へつなぐというものである。

支援センターの新任の先生も意欲的に学びたいという姿勢が感じられてうれしく思った。

ますます子育て支援が充実していくことと、わくわくしているのです。(大山町は行政の横のつながりがきちんとし、支援の柱がしっかりしている)

sukomomo at 19:31コメント(0) |  

2012年05月13日

母の日に

今朝方の夢は、何と、天国に行った両親と祖母がしっかりと出てきて、びっくり!
元気でバリバリ働いている頃の母たちに、私も子どもの頃に一瞬帰ったよう、目覚めて「夢かぁ」と・・・。

早速、お墓参りに実家へ。

実家では、忙しい田植えに姉夫婦や姪夫婦子どもたちも手伝って、早く済ませたということだった。
(勤めのある姪夫婦の休日に予定され)

何か差し入れをと前から思っていたが、私としては、何にもお役に立てなかった。
元気な子どもたちを観て、幸せをもらった。

相変わらずの姉夫婦は、疲れているにも関わらず、近所の庭掃除に一役かったりし、そのそばで姪が体を気遣っている。

子どもたちも大きくなって、忙しい時は、協力するようになった・・成長したなぁ!(頼もしい)

姪の作ったおにぎり 美味しかった!  お腹いっぱいごちそうさまでした。

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2012年05月12日

おかあさんと一緒!

児童文化センターで毎年恒例になっている母の日にちなんでのお話ボランティア火曜の会のお話会が開催された。
少し肌寒い風があったが、天気も良く、チャリンコで早めに出かけることにし、中海や湊山公園を散歩した。
お弁当を広げて楽しんでいる親子の姿があちこちで見られ素敵な情景に心が和んだ。

e5128deb.jpg

青空が中海に反射して美しいこと!
しあわせ!









つつじもそろそろ終わり・・!
きれいに咲いていた。

86a0e4ce.jpg


お話し会は、皆さんの熱心さが伝わってきた。
毎年、開催するのは大変なこと…素晴らしい・・頭が下がります。

終了後は、子育て支援ネットの定例会を行う。
いろいろなイベント情報や、子育ての旅同窓会・赤ちゃんふれあい教室・大山町子育ての旅いよいよ はじまる。
今後の企画など等協力し合って、どの地域の子育てもが、潤うことを願い分かち合う。

Kさんの差し入れごちそうさまでした! 美味しかった!です。

sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2012年05月11日

ブックスタートの日・・急に寒くなり

赤ちゃんとの出会いは、いつも幸せ!
昨日と違い寒くなったことでママたちからは、衣服の調節に戸惑ってしまうとの声も・・・共感。

待ち時間に疲れたママたちは、ブックスタートの話を聞きながら少しずつ表情が和らいでくる。
特に、赤ちゃんが絵本に反応すると何とも言えない笑顔が・・・。(こちらも絵本を読みながら幸せな気分になる)

日頃、絵本を見せている赤ちゃんとテレビを見せている赤ちゃんの絵本に反応する表情がずいぶんと違う。
絵本の良さを話すことでママたちも素直に聞き入れてもらえるのは、プレゼントという絵本を前にしての効果が大きいように思う。
今日は、素直に絵本のプレゼントに嬉しい表情を寄せてくれる熱心なママたちが多かったようだ。

帰りに、「抱っこしましょうか?」と尋ねるとまたまた嬉しい表情になる。
ずーと抱っこをしっ放しのママは、ここでもホッとされるのがわかるのである。
こちらは、抱っこをさせてもらい、赤ちゃんのあったかなぬくもりで幸せになるのである。b-angel-p


ブックスタートは、ほんと!親子とボランティアと行政のいい関係であり、末永く続けていってほしい事業の一つでもある。〜感謝〜


sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2012年05月10日

地域での子育て支援

子育てサークルから要請を受けて、子育てのポイントや相談に、公民館へ出かけた。

初めての子育てや三人目の赤ちゃんを連れて等など2歳児まで位の子育て中のママたちだった。
上の子どもは小学生になっている家庭もあったけれど、ちょうど大切な時期にタイミングよく話をすることができて、声をかけていただいたサークルのお世話役のママたちに感謝である。

地域の児童民生委員さんやボランティアの年配の方たちのサポートもあって、泣きだす子どもたちもいる中での話だったが、熱心に聴いてくれた。

時間がたつと子どもたちも落ち着いて、ママたちが茶話会になって話している中で地域のお爺ちゃん(おばあちゃん)との微笑ましい関わりが観られ、心が和んだ。

地域の人たちとの分かち合いがなかなかできない中で、お茶をしながら話をすることもできたと双方から喜んでもらえたこともうれしいことの一つである。

ママたちは、熱心で聴きたいことも結構あり、身近に話せる(聴ける)環境がいかに大切かということも改めて感じるものであった。

時間があればまた覗いてみようと思っています。
皆さんで支え合って子育てサークルを盛り上げていってくださいね。

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2012年05月09日

本の学校出版業界人研修 教育講座

全国から参加されている研修会に、東京でのシンポジウムの件でお聴きしたいこともあり、午前中の1講座を参加させていただいた。

東京で昭和3年から書店を開き、当初の品物がなかった頃から現在の課題や対策など内輪等経営者としての貴重な話を聴くことができた。

昨日は、懇親会等もあり、(私は夜遅い開催だったので遠慮させていただいたが)ファザーリングジャパンの安藤さんも飛び入り参加をされたとのことだった。(お会いしたかったなぁ)

今度生涯読書をすすめる会でも講演をしてくださることを約束していただいたとか。
楽しみである。



sukomomo at 19:11コメント(0) |  

2012年05月08日

子どもの健康に注意を!

ここのところ、雄大な大山の姿もかすんで眺めることができず、晴れているのにすっきりしないのは、光化学スモッグのせいらしい。
中国大陸からの黄砂と勘違いしていたが、同じ中国大陸からの光化学スモッグらしいということが明らかになったようだ。

昔、昔高度経済成長の際に東京では光化学スモッグのために子どもたちへの影響などあり、行政から外で遊ばないようにとの警告が日々チェックされて通知されていたが、山陰においての現場は(子どもの公共施設など)そのような配慮がなされているのだろうか?


また、山陰両県においてはロタウィリスが流行しているとのことで、下痢・嘔吐・発熱など小さい子どもには要注意である。(早め検診を・・・ワクチンの治療)
日頃の睡眠や食事での生活習慣から免疫力抵抗力をつけておくようにしたいものですね。



sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2012年05月07日

出版産業シンポジウム

東京で7月7日に開催される出版産業シンポジウムの担当者との打ち合わせを行った。
若くて誠実な雰囲気の彼との話は(研修会開催のために今日の便で到着)少しばかり不安に感じていた気持ちも整えることができ、具体的に話す内容や他のパネリストの方の様子なども把握できた。

メインセッションは、元鳥取県知事の片山氏等の話も聴くことができる。
分科会は4つにわかれて、各分科会に100名の参加者が見込まれるということであった。

生涯読書をすすめる会での活動報告や地域への広がりや実績など(子育て支援に関わる)胎児からお年寄りまでの、生涯本と関わる上での取り組みなど話すことになっている。

12年間の活動を振り返ってみると、たくさんの情報や知識はもちろんのこと、ブックスタート・朝読・内読・老後・介護にまつわる広い範囲において学び多い実績を得ている。

このような取り組みができたのは、本の学校があったからであり、いろいろな分野で活躍しているメンバーの前向きな人材に恵まれていることも大きいのである。

大きな舞台での役割に不安と期待とで、今から緊張を隠せない。プラスのストレスに変えて準備を行っていきたい。



sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2012年05月06日

子どもの成長しあわせ

子どもの日の一日遅れの実家の訪問。
連休の最終日、高校生の兄は大会からまだ帰宅していなかったが、家族皆が兄の応援から帰ったばかりで、次男三男の子どもたちの様子に触れて「大きくなったなぁ」と成長を嬉しく思う。

実家の雰囲気がいいとこんな幸せなことはない。(姉夫婦・姪夫婦に感謝)

母がいる頃は、毎日のように行っていたが、この頃は月に何回か行く程度、子どもたちも大きくなって私の相手もしなくなったものの、それでも姿を見たり話したりすることでホッとする。

東京の友達もイギリス留学から娘が帰国し賑やかになった。子どものいる家はエネルギーが漂う。
様子を聴くだけでも嬉しく幸せにもなる。

子育て中のママたちへ・・・今のうちに目いっぱい子どもとのふれあいを・・・!
日々の何気ない生活が子どものハートに刻み込まれるのです。

sukomomo at 18:35コメント(0) |  

2012年05月05日

子どもの日に

陸上大会で頑張っている実家の高校生・・頑張った様子で明日も決勝戦に出るらしい。
がんばれー!  
鳥取まで便乗し応援に行きたかったけれど・・・。
この連休中の晴天を利用し冬物整理をはじめた。

しばらく着用していないスカートやワンピースなど、友達に電話をして「着る気はあるか」と尋ねたところ、返事が来たので、持っていくことにした。

なんと! 友達が来ていて、これからバーベキューをするのだと炭おこしをしている最中だった。
そのまま準備を手伝うことになり、久々のバーべーキューを初夏の日差しの中で楽しんだ。
初めて話す人との出会いもあって、また新鮮な話題の中での時間はあっという間に過ぎて行った。

帰宅後は散歩がてらスーパーへ、大股でしっかりと歩いたが、摂取を消化するためには、こんなものではだめなんだよなぁ。(ついつい食べ過ぎて・・・!)  ごちそうさまでした。




sukomomo at 19:22コメント(0) |  

2012年05月04日

久々の4姉妹揃って

一番上の姉は、この時期とても忙しいので、それでも会うようにしておかないと、ずーと先になってしまうと思い、一番年下である私が集合をかけることにした。

皆、それぞれの家庭であれこれとあり、月に一回くらいはお互い都合をつけて会おうよと実施していたものの、ここ数カ月、継続が難しくなったことで、またコミュニケーションがうまくとれるようにしたいこともあってのこと。


久々の4姉妹集合(都合をつけてくれてありがとう)・・近況を分かち合い言いたいことをいい合い子どもの頃にかえったようだと姉は言ってくれた。
皆、笑顔で元気が何よりだった。

孫たちも大きくなり頼もしいことである。
きっと天国で見守ってくれている両親も喜んでいることだろう。ありがとう



sukomomo at 19:19コメント(0) |  

2012年05月03日

時間をつくって下さり感謝

忙しい中で、就活のための時間をつくってくださった社長さんに感謝。

時間が30分しかない中で、あらら・・!私の時間の聴き違いで時間に遅れてしまった。
間に入っていただいた方から電話があり、早めに行こうとしていた矢先のことだった。(社長さんの計らいで・・感謝)

後の会議に5分ばかり遅れての面接??・・というか会社見学もできる気遣いもしてくださり、今後の取り組みなど大学生と共にお聴きすることとなった。

若者を育てるという意味合いからもこの社長さんのもとで仕事ができることになったら安心だろうと私なりに感じたが、本人の夢にどう添えたかはわからない。

人との出会いも仕事も縁、自然体で夢に向かってあきらめることなくその場その場で最善を尽くすのみである。

日野原先生の著書にもあったように、いつの年になってもチャレンジしあきらめないことが大切だということである。
わが身においても心しておきたい。
大切なものは、目に見えないものである。・・・と。

sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2012年05月02日

もう・・大学4年生!!!

親戚の子どもが大学4年生になるというので(お休みに帰省した時は会っているにも関わらず3年生かと勘違いしていた)就活に一役かうことにした。

幼い頃からの成長を見てきているので、自分の考えを持ち、人への思いやりのある成人に育っていることで、他人へ紹介しても自慢できると思っている。

子育て中のママたちとの関わりでもその子の成長をみていると親戚だろうがなかろうが余計なおせっかいで一役かいたくなるのである。

結果は、本人次第なので、私の役割としては、お互いの要求が分かち合える場として繋げることだと思っている。
どちらにとってもメリットがなければ成立しないと思うし、それなりに夢に向かって実現していく手助けができれば、こんな幸せなことはない。

この連休も有意義に就活を通して人との出会いに視野を広げ一歩ずつ実現に向かってスタート時点にたてるようにと協力していく。
がんばれー!

sukomomo at 18:59コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: