2012年08月

2012年08月31日

卓球、新サーブ獲得??

健康クラブでの卓球を楽しんでいる中で、試合でのサーブの受け方はもちろん、変化球の仕方を教わり、練習をすることとなった。
なんとかうまくできるようになったものの、ラリーが続かないこともあり、来年の大会までに何とかしっかりと獲得できるように、後半の練習に試合形式で行うようにした。

集中しているのだろう・・汗が一段と出ること(びっしょりになって)でスカッと気持ち良い疲れを感じながら、相手になってもらう方へありがたく感謝である。


アレルギーを持つ子どものママたちの仲間が、本日、県知事のもとへ陳情に行かれたことを聞く。
すごいなぁ。
一つ一つ確実に進んでの活動。
頭が下がります。

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2012年08月30日

情報いろいろ

米子「子育ての旅」のママたちの集まり、バドミントンを楽しもう・・・日程を右サイドに記載しました。
昨夜、Aちゃんからメールが届いていて早速載せました。

私も顔を出そうかと思っていますが、日程が最後の日のみ都合がつきそうです。
子連れで、体を動かし、休憩しながら(子どもと関わり)助け合って活動しているのは、とてもうれしいです。


今日のFMラジオでも紹介させていただいたのですが、佐々木正美先生(精神科医で子育ての著書もたくさん出されている)の最近出版された「ママの心がふわりと軽くなる子育てサプリ」です。

これは、幼稚園で働いていた先生が結婚されて、漫画家になった松本ぷりっつさんのコーナーごとの漫画も記載されていて、楽しくユーモアたっぷり思わず笑っちゃいました。

ほんと!心が軽くなる感じです。
正美先生の子育てのポイントもとてもわかりやすく大切なことばかりです。
お勧めの一冊です。
近い講演会でも紹介しようと思います。

sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2012年08月29日

人間関係をうまく

保育園園長研修において、職員や保護者とのコミュニケーションの能力が問われる。

相手の行動や性格の気になることは、誰でもあること。
特に、運営上の資質が問われる中で、いかに理解をしてもらい、子ども自身や家庭に効果をもたらすか。
ワークを通して気づきを得ることに配慮する。

要は、子どもがのびのびと能力を発揮し、可能性を見出し、次世代を担う大人として育っていくことにある。

ピエロバランスは、書くことで見えてくる。
最初慣れるまでは難しいと感じるが、やってみると手だてがわかり、気づきや効果がはっきりする。

職場のトップとして、自身の心を見つめる作業は、とても大切なこと。
私にも経験があるから、相手の評価ばかりしていると、心が爆発してしまう。
そんな時にこそ、ピエロバランスで自分見つめをすること。

今、何をすべきか、どうすべきかが見えてくる。
執着心を解放することで解決することが多々あるなど。

心がめいっている時は、どうしても執着していることが多い。
少し手放して、客観的にみていくことが、ピエロバランスの作業である。

sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2012年08月28日

ハッピー子育て応援団

毎年、境港市の子育てセミナーが行われる中で、始まりの15分間を保育士や読み聞かせグループによる親子のコミュニケーションを毎回講演会が始まる前に行っている。

境港市は、横の連携も充実していて、福祉センターに保育士や子育て支援センターの指導者などがサポートし、子育て中の親に関わっている。

昨年と同じく、「思春期を見通した子育てを」のテーマだったが、もう一度話を聴きたいと言って、知り合いを誘っての参加してくれたママも数名。

講演会が少し長引いてしまい、その上、感想や相談等もあって(熱心なママたち)託児の様子が気になりながらも、福祉センターの職員も気遣いをしてもらいながら、ママたちの気づきに嬉しく思った。

移動をした当初の保健師さんも後で顔を出して下さり、時代と共に変わっていく様子など、対応を考えていかなければと日頃の子育てに前向きな様子が共感できた。

ママたちは、それぞれに大なり小なり不安や悩みを抱えている。
話すことによって、心が軽くなったり、真面目に話を聴いていると不安が優先してしまうこともあるので、講演後の感想はとても大切である。

時間に余裕をもって感想を分かち合うようにすることは今後も続けていけれるように主催者に要請をしていくことに。

会場では、ブックスタートの始まった年から今年にいたっての歴史的な展示もなされていて、子育て支援の充実を感じる(今年で11年目)こともできた。

新しい出会いに感謝。


sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2012年08月27日

生涯読書をすすめる会

月一回の定例会、今日は、本の学校が工事中のために、日本海新聞社の会議室に場所を変えて開催。
Book&Lifeも出来上がって、盛りだくさんの内容となった見ごたえある会報となった。

東京シンポジウムの際の写真が載っていて、ずいぶん緊張した様子だと皆さんから言われたが、そうだったかなぁ・・。姿勢に気を使っていただけだったんだけどね。

絵本や著書の情報交換において、気になったものが、
「ココロ屋」梨屋マリエ著・・小学生から中学生、大人も読んでみると子どもの心が理解できるもの。
絵本「あさになったら窓をあけますよ」荒井良二著・・絵がとても素敵で朝読などには適切なもの。

いつもなら、直本屋さんで購入できたのだが、今日は場所が違うので、またの機会にとっておくことに。


sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2012年08月26日

美味しいブドウをありがとう

毎年、埼玉(東京時代の友)からこの時期新鮮な巨峰が届く。
住まい近くの農園からブドウ狩りに行き、遙々送ってくれること20年、ありがたく感謝である。

今年は、特に甘いような気がする。
早速、実家におしそ分け、母のいる時から・・母も変わらず見守り喜んでくれていることでしょう。

こちらは、20世紀梨の出荷も出だしたので、いつもの農家まで予約に行った。
これで、ひとまず安心。
こうして今年も送らせていただくことができる。〜感謝〜

sukomomo at 20:40コメント(0) |  

2012年08月25日

保育所と介護施設合同の夏祭り

米子で唯一介護施設と保育園とが一緒になった施設「エルフィス」の夏祭りに「どうぞ」と案内をいただき、訪問させていただいた。

子どもから老人まで大勢賑わっていて、地域の自治会の方たちもたくさんの参加。

日頃、お年寄りと関わり合いのない子どもたちやその保護者も出店やゲームや歌などでふれあい楽しんでいる様子が和やかであった。
このような保育園もお互いの刺激となりいいものだなぁ。

さて、今日は24時間テレビでここ何年か毎年Tシャツを購入することにしている。
駅前イオンに行ったらすでに売れ切れ、日吉津イオンまで行って購入。
えがおサポートのNさんがチューリップコートでイベントの司会をされていて、少しダンスや歌を楽しませてもらう。
いつも笑顔でパワフルに頑張っている彼女は輝いていました。

sukomomo at 20:45コメント(0) |  

2012年08月24日

改めて思う

昨夜の交流会も冷めやらず、メンバーの方からのコメントが入ってきて、いろいろと映像が駆け巡る。
私の周りの方々の素晴らしい出会いを改めて感謝する。

生涯読書をすすめる会のBook&Lifeのすべての原稿も送付されてきた。
何とも皆さんの豊かな思いが表現されて、これをまとめられたs先生やNさんの才能にも関心させられる。

今日も子育て講演会の依頼も入ってくるなど、知り合いからの広がりや学びが、少しでも私の成長を手伝ってくれるものと改めて感謝なのである。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2012年08月23日

がいなネット交流会・・パワーアップ

毎年恒例のがいなネット交流会は、この暑い夏の時期に行われる。

今回は、司会進行役を昨日頼まれての参加となった。

子育て関係者を新しく誘い、子育て支援のつながりも強化し、認識していただけたらとの願いもあり、それに応えてくださってたくさんの仲間たちの参加でつながり、顔を合わせての個別や全体PRもできて盛り上がった。

子育て支援関係者が増えたこともあって、子育て・教育に関係するシンポジウムなどの企画もやろうではないかとの話も提案し共感してくださった。(大賛成)
こんなにも熱心な方たちの集まりなら、なんとか次世代に繋げる子どもたちへのサポートが(きっかけづくり)できるのではないか。と、実感したのである。

真誠会の健康クラブスタッフの方たちのパフォーマンスは、さすがに見せ所(オリンピックのメダリストたち)でますます盛り上がった。
フラダンスもよかったし、男性テノールのY先生もユーモアたっぷりの楽しいものとなった。

少しだけ残念だったのは、ゴスペルオーブの中継が画像も音もいま一つだった。
でも、共に参加の気持ちが伝わって心強くありがたかった。

歯科医のTご夫婦(子育て支援にも熱心)が今日のFMラジオ「すこももの子育ての旅」を聴いた下さったとのことで、評価もいただき嬉しくありがたかった。

司会者という立場上時間との戦いもあったけれども、間じかに、PRのコメントなど聴くことができて、これまでの参加した以上に有意義な会となった。

このようなチャンスを与えていただいたことに感謝です。(えぇー!ゆっくりできないなぁと思っていたことも吹っ飛んでしまった)

sukomomo at 23:42コメント(0) |  

2012年08月22日

子育て中のママたちへ情報提供

鳥取県主催の研修の案内が届いた。

男女共同参画推進課より、これから働きたいと思っている女性への「再チャレンジ支援セミナー」のチラシと共に子育て中のママたちへ呼びかけてほしいとの依頼。

子どもが幼稚園や保育園に行くようになって働きたいと思っているママたちには、いい情報だと思う。

日程は9月28日・10月12日・10月19日いずれも金曜日の10時から12時(3回連続)
場所は米子コンベンション第6会議室
参加無料で託児あり

申込・問い合わせは0857-26-7762 鳥取県のホームページからも申し込みができる

テーマがいいですよ。「なりたい自分を探す」「自分も家族も大切にする仕事術」

明日のFMラジオでも紹介したいと思っています。
ママたちラジオも聴いてくださいね。FM79.84時20分から「すこももの子育ての旅」です。

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2012年08月21日

園長先生に頼みの綱

保育士研修会、今期は、管理職でもある保育園長の皆さんが対象。
熱心に研修会に参加され、さすがに、保育士・主任と実施した後のリーダである保育園のトップの方たちである。

子育て支援・・子どもたちを次世代に心身共に健康でつなげていくための大切なポジションでもある。
いろいろな家庭環境や価値観など違う保護者への対応は、子育てをする上で身近なサポートの窓口でもある。

日頃の忙しさに流されてしまう保護者や保育園においても、立ち止まって、子どもを真中において、じっくりとコミュニケーションをとっていく時間が必要である。

最近の保護者のニーズは親の欲求だけで要求されることもあるので、子どもにとって何が大切かや子どもの代弁者としての役割もある。

親の気持ちに寄り添いながらも発達過程をしっかりと把握し、きちんとした指導がなされるように町全体で子どもを育むという姿勢が重要である。

これからの3日間が楽しみでもあり責任が大きいのである。

sukomomo at 20:08コメント(0) |  

2012年08月20日

いきいきとした子どもたち

えがおサポートに9月12日の赤ちゃんふれあい教室参加募集のチラシのお願いに訪問。
夏休み中に少しでもお手伝いを、と思いつつ、何もできなくて・・・ ごめんなさい!。

玄関を入ると活動した写真がたくさん展示してあり、みんな生き生きとした表情でエネルギッシュ。

今日は午前中訪問したこともあって、机に座っての学習も落ち着いているし、遊戯室では、動きたい子が体を使って遊んでいる。

スタッフはもちろんのこと、子どもたちも各お部屋で生き生きとした顔で、学習したり遊んだり、水遊びなどしながら各部屋のスペースを存分に使って活動している様子に、日頃の大切にしている子どもたちの関わりが感じられて嬉しく思った。

昨年は、児童クラブも少人数であったが、今年は3クラスにも子どもたちがいて活気づいていた。(よかった!)
えがおサポートでの活動の良さが分かってもらえたら、今後も夏休みだけではなく平日の利用も増えてくるようになればいいと思う。

屋外学習なども充実していて、スタッフの皆さんの熱意も感じられた。


小さい子の保育は、まだ少人数のようだが、親子の関わりが一番大切な時期なので、親とのコミュニケーションを大切に預かっているとのことで。(安心)

何もできないけれど、蔭ながら見守り続けて応援していきたい。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2012年08月19日

お盆が過ぎたというのに

お盆が過ぎた頃から、涼しくなると言われていたことも、今年は特に猛暑続き。

お盆の最終日にお墓参りができなかったこともあり、実家に行くことに。

姉とじっくり話もでき、心も和む。
やっぱり落ち着いて話ができる実家はいいなぁ。
孫たちの様子なども聴き、やっぱりうれしい!

取れたてのトマトをたくさんいただいて帰宅。


暑さも吹っ飛んで、にわか雨で少しは暑さも緩和され???

いい休日を過ごすことができた。 来週からまたまた引き締めて、仕事に精一杯取り組むことができる。〜感謝〜

sukomomo at 17:50コメント(0) |  

2012年08月18日

介護もユーモアで!

50才でストリートダンスを始めた(楽しんでいる)友の母親が、認知症の症状がでて、骨折したのがきっかけで入院された。

個室から4人部屋に移ったお母さんに話しかけるが、なかなか言うことを聴いてくれない。
ひいたり押したりしながら大きな声をあげることもあるという。

彼女の偉いところは、ユーモアたっぷりに諭すのである。
周りの患者さんにもお世話をしながら、彼女は同じように声をかけているらしい。

話を聴いていると様子が見えるようで、大変なことよりも笑いが先に出てしまうのである。
子育てのことも親の介護のことも、ユーモアで乗り切る彼女の姿はいつも感心させられるのである。

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2012年08月17日

一週間ぶりの健康クラブ

一週間、運動しない日が続いた結果1キロ弱増えてしまった。
食べた分をしっかりと消化しないうちに食べてしまうからだろうけれど、結構夕食には気を使っているつもり・・・???

今日は何が何でも時間をつくって、一週間ぶりに健康クラブへ・・・。汗びっしょりかいて爽快。
暑さのジワジワとした汗ではなく、体を使って流れ出る汗は、後での爽快さが違うことを改めて実感するのである。

スタッフの方が育休中で、赤ちゃんを連れて来られた。
5ヶ月になるという。何ともかわいくて、しっかり人見知り中、健康クラブのおばちゃんに抱っこされると泣き出してママを求める。

ずいぶん、この方の姿を見かけないと思っていたがお産だったんだ! 「おめでとうございます」

早速、9月12日に行われる「赤ちゃんふれあい教室」へお誘いすると、友達も同じような赤ちゃんがいるので一緒に参加したいとの返事をいただいた。・・・嬉しい!。楽しみにしてますよ



sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2012年08月16日

美味しいランチをありがとう

姪の子どもの就活に協力したことで、その家族がランチを接待してくれました。

彼自身の人柄と頑張りの成果であり、ご馳走になることよりも、共に食事をして話すことの嬉しさがあって、誘いを快く受けることにした。

幼い頃からずーと成長を見てきたことで、この4年間の大学生になってからの大人へと成長した彼は、周りの人たちにも恵まれて、より夢ややりたいこともはっきりとしているその延長線にいる。

観ていて応援したくなるのである。
考えて、悩んで、あきらめないで、夢に向かっていくことは素晴らしい。

母親である姪は、「幼いころよりも大きくなるにつれて心配が増えるものだ」と話してくれたけれど、親の心配以上に子どもは成長しているものなんですよね。
大丈夫、素敵な青年に成長していますよ。


sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2012年08月15日

幸せなひと時

暑さがぶりかえってすごい! 日!

いろいろな雑用を済ませて、お墓参りに。

子どもたちと食事ができるまで母親の(姪)計らいで「うの」を楽しむ。
昔は「トランプ」か「かるた」で遊んだものだが、「うの」とやらを、大勢ですると特に結構楽しいものである。

みんな揃っての夕食、姉は「みんな揃って何と幸せでしょう」と言葉を・・・。私も同感、幸せ!

次男坊は、決まってクイズを出す。それが和んで食も進む。

姉夫婦も姪夫婦も子どもたちも、皆元気で幸せでご先祖様を感じながらのお盆を過ごせたことをありがたく感謝。


sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2012年08月14日

ご先祖様も喜んでいることでしょう

実家に、姉妹とその家族がほぼ全員集合した。

亡き両親が生存の際は、当たり前の如くお盆やお正月は集まって賑わっていたが、姉の呼びかけで4年ぶりに大勢が揃ってにぎわった。

それぞれの孫たちは、大学、高校や中学生、そして、小学生になっていて成長をよろこびあった。
近況報告も体験もそれぞれに情報交換できて、賑やかで楽しい雰囲気の中で時間が流れて行った。

子どもたちの成長を見ることは、ほんと! 嬉しくてありがたいことだと、全体の様子を眺めて幸せを感じる日であった。

実家の姪夫婦もしっかりと気遣いもでき、みんなが笑顔で喜んで帰っていくのを送る家族の温かみを感じることもできた。
たくさんの親戚をむかい入れることは、容易なことではないけれど、しっかりと祖父母や親(姉夫婦)の意向をくみ取ってもてなしている姪夫婦に感謝である。

あの世でご先祖様も喜んでくれていることでしょう。ありがとう。


sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2012年08月13日

本屋のカフェは賑わって

お盆の帰省もあってか、本屋さんのカフェは、学生や読書愛好家の人たちで満杯状態。

誕生日のプレゼントにいつも図書カードを贈っているので、いつものことながら買い求めに行った。

やはり、自然と自分の読む本も探し目について買い求めたのが、先日の講演会で話をお聴きした姜氏の「続・悩む力」である。
先日購入した本も読み終えたのでタイミングよく求める。

がいなネットのメーリングリストでは、姜氏の話題と新聞の投稿による「いじめ」についての教師や家庭教育の話題が日々意見交換されている。

本を読む子は(大人も)物事を考えてから行動できる。テレビやゲームばかりに偏っている子は、突発的行動で感情表現がとても下手であり、考えるという力が欠けている。

幼い頃から、読書の習慣はとても大切だと感じている。
どうぞ、親が静かに読書をする環境をつくってほしいものである。

本を買って、その場でコーヒーをいただきながら本を開くタイミングは、私もとても好きな時間なのである。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2012年08月12日

お盆の準備に

明日からのお盆に向けて、実家へ盆花など準備がてら出かける。
今日は暑さがぶり返してむしむしする中で、母の思い出など話しながら姉と共にお花の組み合わせなどの作業を行う。

高校生になった二番目の子は、小学校でお世話になった先生を広島からお呼びして同窓会を。
親子で参加していて、何ともまあ素敵な学年でしょう。
親たちの先生に対する感謝もさることながら、ずーと親同士が仲良くし続ける(子どもたちはもちろんのこと)ことは、素晴らしいことだ。
だからこそ、子ども同士も仲良しなんだよねぇ。

久しぶりに会話する長男も大人になったなぁ。
明後日が誕生日で、思いやりのあるいい子に成長してきた。

三男坊は、やはり末っ子、でもそれなりに成長してきた。

姉は、姪夫婦は、それぞれに元気で何よりである。

取れたて野菜をたくさん頂き完熟したトマトを丸かじり、幼い頃のように亡き母を近くに感じながら・・・。

sukomomo at 17:37コメント(0) |  

2012年08月11日

赤ちゃんへの絵本選び

9月に開催される小学校での「赤ちゃんふれあい教室」のプログラムの後半に、、生徒が赤ちゃん親子へ絵本を読み聞かせ、その絵本をプレゼントするという内容がある。

いつも、お世話になっている本屋さんの知り合いの方へ、選書をし準備をしてもらうようにお願いをしにいった。

新しい絵本も多く出回っているが、やはり、赤ちゃんへの最初は、いいものを選びたい。
いろいろとめくってみては選んでいき、生徒たちが赤ちゃんと関わっている様子を浮かべながら幸せな時間をかんじた。

昨日の姜氏の話が冷めやらず、参加していた方に書店で偶然出会い話が弾んだ。
全国からお招きする準備などの裏話もお聴きし、課題もあって今後の行政や学校関係機関への子どもたちへのサポートに、いかに反映していくか見守り、協力できることはしていきたいと思ったのである。




sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2012年08月10日

悩む力・・・講演会

全国学校図書館研究大会において、3日目の今日、「母ーオモニ」で有名な姜尚中氏の講演会が行われ参加した。
テレビで拝見するよりも、スマートで紳士的な男性で声も話し方もステキな感じ!!

これからの日本のあり方や、人としての次世代育成としての自覚を参加者へ提案されるものだった。

ご自分の思春期に悩んだ時、身近に師となったのは、夏目漱石の著書だったという。
今の日本がこのままでは立ち直れないことなど、物や化学ではなく自然や宗教心(自分の生きる考えかた)が大切となっていくことを話された。

しっかりとした考えをもって行動するには、やはり幼い頃からの絵本や読書にある。
紙の文化はこれからもなくなることはなく(電子著などの機械ではなく)身近にいる師とのめぐり合わせや著書からの師が子どもたちの身近な存在として必要不可欠であると。

共感する話であった。

書籍を買い求めサインをしてもらう。近くで見る姜氏・・しっかりと目を会わせて握手をいただいた。
それはそれは、長い列だったにもかかわらず一人一人に丁寧に。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2012年08月09日

子どものきもち

高島屋のファミリーレストランが本日開店し、友達と共にランチに出かけた。

この頃、高島屋によく行くことがあるので、たまにはゆっくりとお茶する場所が欲しいと思っていたところだった。
(天満屋はモロゾフがある)そんな場所ができたらいいなぁと、期待して行ったのだが、家族連れ等で大賑わい。

ランチにありつくのに一時間待ちとなった。
そんなに混でいるのかと、いざ席に案内されるとあいている席もあって、段取りが悪いことで待ち時間が長かったのだということがわかった。

ランチメニューは限定終了になり、普通に大山鶏の親子丼を注文、やっと食事にありつけた。
まあまあのお味で満腹・・ごちそうさま
「ゆっくり」は期待外れだった。

今度は、もう少し落ち着いた時期に来てみることにしよう・・・・。

そんなことを思いながら歩いていると、以前の子育てママとばったり出会い相談を受ける。
もう中学生になるという。

そのママの話では、アーチダンスにはまっていて勉強をしないとのことだった。
何かに夢中になって頑張ることは、素晴らしいことなので心配いらない、見守ってあげてほしいと話す。
何かに頑張ったら勉強も頑張るようになるものである。
それを認めてあげて自信をつけていくことが大切である。

FMラジオの「子育ての旅」でも、アニーちゃんとそんなことを話題にして共感した話ができた。
子どもが打ち込めるものにより添い成果を認めてあげるその積み重ねである。



sukomomo at 17:20コメント(0) |  

2012年08月08日

会報「Book&Life」掲載の原稿

生涯読書をすすめる会の会報を年に2〜3回発行している。

今回は、東京シンポジウムの発表を載せることになり、原稿を提出した。

編集にあたり、我が尊敬するA先生のアドバイスを受けて、何度か訂正しながら出来上がった。
高校の国語の教師資格を持つ先生からしてみれば、まだまだ不十分の個所もあり、我ながらいい加減さがあらわに・・・認めざるを得ない大雑把な性格を。

改めて勉強になり、これからの課題として勉強していくことを肝に銘じて行こうと決意したのである。(この年になってからでも学び続けることの実践だぁ!)

sukomomo at 18:25コメント(0) |  

2012年08月07日

「ばあちゃんのえほん」から

長年、自宅の文庫で60歳〜35年間を近所の子どもたちに、読み聞かせをしてきたおばあちゃんのエッセイ集、何気なく片付けていたら目について再度開いてみた。

「育てたように子は育つ」と言われてきました。
ながい夏休みは、うちの子にかえるときです。
早寝早起きして、町内を一走り、
朝食を一緒にして、20分読書を続けるだけです。
疲れた心がやすらかになり
やる気がでてきます。
いい夏休みでありますように。

乳幼児から中学生までの近所の子どもたちが通ってきたそうな。
おばあちゃんと触れ合う優しい子どもたちに育っていったことでしょう。


sukomomo at 17:35コメント(0) |  

2012年08月06日

ベビーホーム見学

みそのベビーホームが新設されて、その中に児童家庭支援センターが開設された。

家庭訪問支援員、助産師、保健師の有志が見学に行くことになり、いろいろと状況をお聴きした。

ベビーホームは、以前と違い、家庭的雰囲気の中で少人数グループ分けをされて、愛着関係の大切な時期を配慮されていることもわかり、安心安全の施設であることを知り、サポートの行き届いた中で、赤ちゃんを保育している納得のいくものであった。が・・。ごきげんあかちゃん


ひとつ、気になることは、赤ちゃんの部屋なのに全室に大型テレビが設置されていたことだった。
園長に2歳児のテレビをみせることの危険性を質問すると、ほとんど見せていないとのことだった。
見せるにしても長時間つけていないようにしているとのことだったが、赤ちゃんの部屋にはテレビは不要である。

専門的立場の人なら分かっているはずだけれども、設置時に費用の関係で取り付けてもらったとのことだった。(???)

児童家庭支援センターには、所長、ソーシャルワーカー、臨床心理士、保育士の職員構成で、病気や虐待など養護できない親の相談や里親支援なども行われる。

できるだけ、子どもにとって親の信頼関係を作り上げる環境ですくすくと大きくなっていくことが一番である。
施設が改善されたとはいえ、日々、親と関わりあう環境にはかなわないものである。

どうか、子どもの幸せを願って、小さくて手がかかる時期は、一生のうちに数年である。
その数年がとても大切で親との愛着関係以外には考えられないのである。
この時期を乗り越えたら、子どもも親も人生の山や谷を乗り越えることができるのである。
ママたちへ願う。


sukomomo at 18:52コメント(0) |  

2012年08月05日

がいな祭りで

50才でストリートダンスを始めた友が、がいな祭りで踊るというので応援に出かけた。
今日も暑い暑い中で、がいな太鼓の響きも大空に舞い迫力て心にしみる。

長浜に嫁いだ姪がやっていたこともあり、毎年、がいな祭りを日程に入れて里帰りをするのに、この夏は帰らないというので、携帯にて太鼓の様子をメールで送る。

ダンスは、子どもも大人も太陽の下で元気に踊っている。
アスファルトの焼けた舞台で、すごいなぁ!
友も若い仲間に混じってうまいこと!・・ハードなダンスなのによくもまぁ! 大したものである。

観覧の中に、15年も前の知り合いの子育てママと遭遇し、3人目の娘がダンスをしているとのことだった。
中学生にもなっていて早い歳月が経ったこと! (面影もなく成長にびっくりやら嬉しいやら)
楽しませてもらいましたよ。
お疲れ様でした。

sukomomo at 19:34コメント(0) |  

2012年08月04日

予定変更して

がいな祭りで、知り合いが踊るとのことだったので、友と観に行くことにしていたが、友のお母さんが入院したとのことで、取りやめることにした。

私たちの年代の親は、介護が必要となる年頃である。
年をとっても元気なご老人もいるけれど、ふっとしたことで一気に認知症が現れたりする。

心身共に健康で過ごせることが一番なのだけれど、老化現象はどうにもならないので、うまく付き合っていくしかない。

何事もおっくうがらずにやってみること、そして、日々の食(料理)や運動など・・・。

亡き母のことや友達のお母さんの姿から学び、元気で幸せな日々を送れるように時間を大切にしていきたいと思うのである。

がいな祭りを変更して、美容室に行きすっきりと。

sukomomo at 18:01コメント(0) |  

2012年08月03日

ブックスタート・・やっぱり すごい!

先月は、東京シンポジウムのためにブックスタートをお休みしたので、二か月ぶりの赤ちゃん親子との絵本の読み聞かせだった。

はじめに、ママと話しているのをじーっとみていたがそのうち、仲間入りをしたいかのように、喃語で話しだすなど、
ご機嫌な赤ちゃんが多かった。

絵本を読みだすと反応してにっこり・・・なんともかわいい。
ママへ「素敵な笑顔」で反応することを確認すると、ママもそっくり(?)笑顔で応答。

来月行われる、小学校での「赤ちゃんふれあい教室」を案内する。
「赤ちゃんの笑顔は、生徒たちの幸せを引き付けるのですよ。いつも赤ちゃんといることはとても幸せなことなんですよね。」と話すと、
「そうなんですかぁ」とにっこりするママの笑顔がまたまた素敵!でした。b-angel-p


そんな幸せなひと時のブックスタートは、携わった人たちを、皆、笑顔にしてくれます。

sukomomo at 20:06コメント(0) |  

2012年08月02日

振り返って・・反省

毎日「暑い・暑い」と、ついつい口癖のようにいってしまう。

午前は、年配者の方からの電話相談があり対応。(めずらしい!)
人とのコミュニケーションで、どうも誤解をされている様子。
でも、聴くしかない。
どちらの人も知っているだけに、とにかく聴くことに集中。

私も経験があるから、いえるのだけれど、人の愚痴は自分が一番「いや感」に返ってくる。
いくら言ってもすっきりしないのである。
それなら、自分でポジティブに切り替えるしかないのである。
いつか分かってほしいと願いながら再会をや約束する。

教育委員会会議・・・いろいろな課題はあるけれど、やはり、「いじめ」については、しっかりと予防としての教育をしていくことを強く願う。

その足でFMラジオ・・・今日は、いろいろと反省・・「いじめ」のテーマ。
例を出してのトークはいま一つだったと、すっきりしない自分。

アニーちゃんのサポートで何とかなったかな。
しっかりノートに書いていたのに、読んでもらったらすっきりとリスナーさんがたにも伝わったかも・・・。
いつもならアニーちゃんに読んでもらうのに、気が回らなかった!!・・反省、反省。

sukomomo at 19:02コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: