2013年03月

2013年03月31日

ダウン症児ハッピースマイルダンス発表会

ダウン症児を持つその家族が集まってダンスを習い始めての約一年の締めくくりに発表会を開催された。
7月に初めて出会ってから、子どもたちはゆっくりではあるが、確かに成長をし、ママたちにも笑顔が多くなった。

家族の理解がない家庭もあることから、子どもの成長を家族の共有課題として関わっていけないことも多々ある。
そんな中で、親たちが集まって活動することは、素晴らしいことである。
 
今日は、先輩のダウン症のバンド「ふれんず」をゲストに、演奏と歌で楽しく過ごすことができ、乳幼児を持つママたちの見通しを確認する日でもあったように思う。


また、世界(ドイツ)で活動している大人になったダウン症の成長ぶりをDVDで鑑賞も企画されていて、将来を見通した子どもとのかかわりに、決意を新たにしたママたちも見られた。 

すべての子どもたちに共通することであるが、幼い頃からいろいろな体験をすることで、どこに可能性が見いだせるかわからない。
それは、親や周りの大人がしっかりと子どもと向き合って、自然や人やあらゆることに関心をよせて学べる環境をつくっていくことが努めではないかと思う。 

東京で関わって27才になる教え子の近況やエピソード、悩みなども伝えながら、今、まさに悩みながら子どもの成長に懸命なママたちと、今日一日共有できたことに感謝である。 

sukomomo at 17:53コメント(0) |  

2013年03月30日

県議会の報告会

鳥取県議員の一人である浜田妙子さん「妙子サロン」として、月一回程度、テーマにそって講演会や情報交換、県議会の報告などをされている。

日程が合えば参加させていただくようにしている。(ほんと!ありがたい)
いつも勉強になると共に妙子さんの熱心さが伝わってくる。

今回は、当初予算など議会の報告などがおこなわれた。

)漂辧地震、原発などの30キロ圏内の安全協定
地下水基本条例
J〇磴亡悗垢詼/佑隆萄
た物アレルギー(鳥取大学医学部に専門医を)
ッ翩療育センター(地域の学校に希望)
δ務慙の危険個所(443か所)
А崢纂萠蓮廖■裡丕六抉腑札鵐拭
┐修梁勝意見交換会・・・子育て、教育

子育て関係者も参加者の3/1の出席があった。

来年度は、米子「子育ての旅」6期生の開催に向けて諦めず頑張ろうと心に決める。(やはり必要だ!)



sukomomo at 18:09コメント(0) |  

2013年03月29日

今年も桜がきれい!

住まいの大庭に大きな一本の桜の木がある。
東京からUターンして住み始めて21年その2年前から、この桜は私たちを和ませてくれている。

気候の変化は著しく暖かい日があると次の日は寒くて冬ものが離せない。
今年は、特に安定しないようだ。

知り合いから、そろそろ春物の上着にした方がいいのでは?なんて言われたりもしたけれど、なかなか思いきれないのである。(年をとったということでしょうかねぇ)

寒い風に揺られながら、桜の花の精一杯8割り型が咲いている姿に、うっとりと眺め幸せを感じるひと時。
すぐそばの公園でも数本の桜が同じように頑張っている。

いよいよ新年度に向けていろいろと仕事も入ってくるし、打ち合わせの時期でもある。
心身ともに健康で過ごせるようにホッとする時間を持ちながら、心見つめて過ごしていきたい。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2013年03月28日

アニーちゃん!ありがとう

FMラジオでお世話になっているMCのアニーちゃんは、今日で最後の「すこもも子育ての旅」生放送。
お世話になりました。ありがとう。

ステキなママでした。
妊婦の時からずーと子育ての話を熱心に聴き、分かち合い、実践するステキなママでした。
子どものこともよーく見ていて子どもの思いにより添っていましたね。

若いのに、いろいろ物知りだし、「音楽のことならお任せ!」っていう感じでねぇ。
気配りや、言ったことが敏感にキャッチできる女性でした。

「すこももの旅」約3年間、早かったですね。楽しかったです。
時には、テーマもぎりぎりまで考えないで生放送に迎えたのも、アニーちゃんの聴く力やサポートに安心していたからです。
ステキなママ(女性)との出会いに、私も幸せでした。ありがとう。


この後の一年は子育てを楽しむ期間になるようですね。(就活)
もう二度と子どものこの時期(2歳児)にかえることはないので、良い機会でしょう。

お仕事は、きっと素敵なアニーちゃんの能力が発揮できるチャンスが巡ってきますよ。

これからも、時々ランチでもして、子どもの成長を共有し見守らせてくださいね。〜感謝〜 



sukomomo at 18:26コメント(2) |  

2013年03月27日

学童保育が賑わっている

えがおサポートの学童保育のニーズが多く、御断りの状態にあるという。
それだけ、えがおサポートのやり方(内容)が浸透されてきたことと嬉しく思う。

子どもたちは、ちょうどお昼前の活動で掃除を行っていた。
生活を共にしながら協力して「仕事」をすることの達成感や役立ち感など、ここならではの体験ができるようだ。

両親が仕事をしている家庭がほとんどのために、子どもと向き合えない保護者の対応なども気になるところである。
ここでは、「共に子育てを!」の理念があるので、期待するところでもある。
預けっぱなしにならず気になる子どもには、保護者との連携を大切にする代表の取り組みが心強い。

次世代を担う子どもたちだからこそ、一人一人の成長を大切に心と体を育てていくために、幼少期から学童期には、限定付きの子育てに愛情と共感をもって時間を費やしてほしいところである。

sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2013年03月26日

生涯読書をすすめる会

毎月1回の定例会、いろいろな分野の方々が集まって読書に関する情報交換などやミニ講座。

毎回参考になる中で、今回は入会されて間もない方のミニトーク、幼い頃の体験から趣味や仕事へと関心が高まっていったことなどの話が、とても愉快で共感でき、幼少期の大切さを再々再認識するものであった。好青年

母親の役割、父親の役割、それぞれに影響を受けて、仕事や趣味、人とのコミュニケーションなど、彼のトークから家庭が見えてくる。

愛されて育ち心身共に自立した人間は、決断力も思いやりも備わっている。
彼のトークから感じるものであった。すごいなぁ!


今回も紹介された中で読んでみたい本があったので、本屋へ直行し注文をする。
一週間程度かかるとのこと。
先日、本の整理をし買うことを控えようと思っていたのだけれどねぇ。
子育て中のママたちへの情報ができるためなら「えーんや!こーら!」嬉しいことである。

sukomomo at 18:52コメント(0) |  

2013年03月25日

悩みはおんなじ!!??

長男・長女を持つ保護者の皆さんの悩みは、ほとんどが同じような内容であることが多い。

初めての子育てで見通しが立たないからかもしれないが、気ぜわしく結果を求めていることが共通しているようだ。


子どもは、親の思い通りにはなかなかいかないものであり、一人の個人として尊重していかなければならない。
ということは、親の持ち物ではないということです。

幼い頃から、その子の思いを尊重しないで思春期まで来てしまうと、本人は、そこで爆発してしまうか、何も言えない自己表示をしにくい性格になってしまいがちです。

それを、はっきりしなさいとか、何を考えているのかと、急に言われても本人は困ってしまうのです。
親の意向を伝えたら、後は、本人に任せるしかないのです。
それも信じて任せるのです。
その時に、親としてしっかり見守っていくことが大切です。
決して放任してはいけません。見守ることです。

その子のことを見守っていると、何を求めてくるか、何を表現したいのかを感じるようになります。
幼い頃から、近くの大人が愛情をもって見守る癖がついていたら、先々の心配をしなくても、その時々をしっかりと過ごしていくことができます。

コマーシャルもあるように「今」です。
「今」を大切にし続けることで悩んだとしても解決策が見通せるのです。

sukomomo at 20:10コメント(0) |  

2013年03月24日

親戚大集合!

母の7回忌の法事で県外に嫁いでいる親戚などが勢ぞろいし、賑やかな法要となったことを、亡くなった母も喜んでいることでしょう。

近くにいる子どもたちも日々成長を感じるけれども、2年ぶりに出会うと子どもたちの成長もより一層感じられて、それぞれに近況報告や思いを分かち合う。

姉もこの日を精一杯もてなすために準備など姪と共に大変だったことと思う。ありがとう。
何しろ多人数であり、外食をと言っていたのを私たち姉妹の希望で、自宅で母を偲びたいと申し出たことから、準備など手数がかかったことと、ありがたく感謝の気持ちでいっぱいなのである。

それぞれの家庭が幸せに暮らしていることに天国の両親は喜んで見守ってくれているのでしょう。

日本古来の行事が、ご先祖様をなくして親戚のつながりは語れない。
皆、元気であることを確認し喜び合い、賑やかで和やかな一日を過ごすことができたことに感謝。

今度会える日を楽しみにがんばろうね。

お世話になりました。ありがとう。

sukomomo at 20:52コメント(0) |  

2013年03月23日

新年度に向けて

公民館教室の今年度締めくくりの日、風邪で欠席の方もいたけれど、一年間を振り返ったり、来年度の計画やお世話係の選出を行った。 

体調を崩して、やむなくお別れする方もあったり、新たに入部をされる方などと、この時期はここでも別れと出会いの季節でもある。


子育てはもちろん、年配の方たちとのつながりで、広い視野のお付き合いができることは、本当に幸せなことである。

新年度からも、人生を笑顔で楽しむことができる予感ができ、嬉しい午後のひと時だった。〜感謝〜

東京の友は、この三月で定年退職だということを何かしら気にしつつ、年度末や新年度忙しくしているのだろうねぇ。
長い間一筋に、子どもたちのこと・保護者のことを思って頑張ってきた彼女に、心からおめでとう。そして、お疲れ様でした。

彼女に連絡をしてみることにしよう。


sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2013年03月22日

孫育て・・相談から

中学生の不登校の相談があった。
何ヶ月前から何度か会った相談だけれど、今日、中学校は終業式の日、担任も移動することが分かっていて、「行く」と言っていたにもかかわらず、結局休んでしまったという。

今までの経過では、朝からダメでも、終りの会だけでも出席するようにアドバイスをし、実行できていて少しずつ時間帯も伸びていた。

朝は、家族と共に朝食も食べれるが、一度、自分の部屋に支度に行くと、それきっり出てこないという。
今日も結局、学校には行かなかったとのことだった。

終業式だけは出席をした方がいいと話していただけに、がっかりされていた。
祖父母が気をもんでみても、結局、母親(父親)が仕事に出てしまって本人は一人になる。
となりに住んでいる祖父母がお昼ごろ気づいて声をかける。

もう少し、親のいるうちに身支度をさせて一緒に家を出るようにすれば、学校にも行くようになるのだろうと、祖父母は嘆く。

祖父母の役割として、「朝のうちに声をかけてみるのはどうでしょう」と話す。
学校に行かないようだったら、部屋に閉じこもらず、家の手伝いや祖父母の家で一緒に過ごすなどの提案も・・・。
一人でいる時間をできるだけ短くするなども

ご両親の忙しさが本人の話をじっくりと聴いてやれないのでは?と思うのである。

明日から春休み。
新学期に備えて、子どもと向き合いじっくりと分かち合える時間を持ってほしい。

sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2013年03月21日

ネットワークで強化!

県から「NPO法人子ども未来」が委託を受けて、NPO団体の相談役であり、情報提供等団体運営の支援となって活躍されていた「サポート室」が2年を経過し、この春閉じることとなったという。

今回、最後の「NPOサロン」として、多団体の連携・分かち合いなど行われた。

初めての参加だったが、すでに知っている方や、初めての方たちと情報交換をすることによって共感・共有し、お互いの進展・強化をするために支え合う必要性を実感した。

この思いは、私だけではなく皆さんの感想も同様だった。

今日の参加者12団体の方たちが、皆、つながりが持てる関連した団体であることもあって、最後ではなく次の「NPOサポート室」公募に名乗りをあげて行く団体のことも共有でき、引き続いて、サロンの継続をしていこうとの意見がまとめられた。(よろしく!)

それぞれの団体の思いや運営など知恵を出し合えばアイデアも冴えるし心強い。
そんな会だった。

「NPO法人子ども未来」は、25年度には、アートスタートフォーラムの全国大会の予定がすでに入っているとのことで、成功させるために全力投球をしたいとの意向だった。

再度個別に時間をとって計画を話し合う約束もできた。
困っていることは、よく似ているところがあり、お互いに助け合うことで潤うこともできる。

25年度「子育ての旅」6期生を開催するにあたって、「頑張らなくては」と受講したママたちの笑顔を思い浮かべて自身に気合いを入れる今日であった。〜感謝〜

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2013年03月20日

久しぶりー!

お彼岸、お墓参りに。
久しぶりに姪もいて(いつも仕事で会えないこともあり)・・よかった!

子どもたち(上の兄たち)は部活で出かけていて、三男坊だけだった。
この春中学三年生の末っ子も素直でいい子に育っていて(少し前は反抗期らしき??もあったが)この時期になると、兄弟、皆、落ち着いてきているなぁ。

仕事のことや今週末の母の七回忌の法事のことなど話す。
実家は、やはりいいなぁ!  

ちょうど嫁いだ姉の娘親子も来ていて、これまた久しぶりに・・・よかった!
今度中学生に入学する娘は、思春期真っただ中??で、父親のことが苦手になっているらしい。 そういう時期だねっ!・・・順調、順調。 


今週末の法事には、またまた久しぶりに会う親戚大集合・・・楽しみである。
母もきっと楽しみにしてくれていることでしょう。

姉夫婦の家族の皆さんお世話になりますよー。



sukomomo at 17:40コメント(0) |  

2013年03月19日

ブックスタートワーキング検討会

来年度に向けて、今年度の反省をもとに意見交換がなされた。

毎月6か月健診時に開催されるブックスタートは、来年度はほぼ第一水曜日・木曜日になされることになった。
水曜日になったことで、駐車場の問題などが改善されるけれども、ボランティアの人数がそろわない月が生じるなど挙げられた。

ボランティア募集を市役所など関係機関以外でも置いて広報していくことや、民営化になった保育園など認可保育園にも広げて協力を求めることなど解決策や、新任研修なども境港市のように取り入れてもらうことも提案し、話し合いができたことに進展も見られた。

ワーキング研修会においても、前もって計画を立て、東京のブックスタートセンターからの派遣研修を希望し、受け入れてもらうことにもなった。

担当課長さんと話合える年一回の貴重な時間に、ボランティアの意見を取り入れてもらうことで、ブックスタート事業も協働・共有して実施できることは、他の事業にはない有意義なものである。

最後に提案したブックスタートのDVDを鑑賞。
皆さんの思いはどうだったのだろう。(初めに鑑賞してから話し合いをした方がよかったと思ったが)他県のやり方など、とても参考になり、ブックスタートのはずらしさも再確認できたことと思う。


sukomomo at 19:40コメント(0) |  

2013年03月18日

「感激!」が、いろいろあった日

昨夜、20年ぶりに東京での教え子の親子と話すこととなった。

その経緯に、ダウン症の子ども4.5歳児を健常児の中で担任していたことから、こちらでのダウン症を持つママたちの不安解消が少しでも役に立てればと、手紙を書いた。

一年一度の年賀状での情報くらいだったので、御苦労とか、エピソードとか詳しいことなど知ることによって、現役ママたちへ情報提供をしたかったためでもある。

早速、電話連絡して下さり、今日はまた手紙もとどいたのである。
本人とも21年ぶりに話すこともでき、天使のような声は、あの幼いころと変わらず親しみをもって私の名前を呼んでくれたのである。
胸が熱くなる思いを抑えながら、本人やママと現在の生活など聴いて安心するとともに、親御さんの大きな心に再び感激したのである。

親が年々年を重ねることで、将来の心配もある中、ダウン症特有の体の弱い部分の通院通いも大変である。
心臓、白内障、身体的な免疫力のないこともあって、心配も絶えない。

昔から、笑顔で前向きなママだったそのままの21年間、電車通学などの葛藤もありながら、ここまで育てられたことに頭が下がる思いでいっぱいだった。

彼は、小・中・高校を卒業し、現在、授産所でものづくりや与えられた仕事をこなしている。
電車の通勤では、人懐っこいところがあり、親が知らない知り合いもたくさんいるらしく人気者らしい。
幼い頃から、かわいい性格で人気者だったところは変わっていなかった。ね!。


話は変わり、今日は、大山町での子育て講演会。

大山「子育ての旅」のママたちがたくさん聴きに来てくれていました。
みんな、熱心で、私の話は何度も聴いているので参加人数も少ないのではと思いきや、知っている顔ぶれのそろっていること!。
これまた、感激!でした。

これだけ揃っての参加だったらワークを取り入れてもよかったかなぁ・・・。などと振り返り、ママたちの顔を浮かべながら、赤ちゃんが生まれた喜びなどをもっと分かち合えばよかったなぁなどと思っているのです。
今度会うのを楽しみにしていまーす。

お世話をしてくださった子育て支援センターの先生方に感謝です。
ありがとうございました。

sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2013年03月17日

障害者(児)の自立を考える

ダウン症の親子の集まり、子どもたちのリズム感などを育もうと発足して、ダンスを楽しむ会が月一回程度、体育館や児童文化センターなどで行われている。

夏以来だなぁ!伺うことになり、子どもたちも大きくなって、落ち着きも出てきて、ダンスを楽しんでいる様子に微笑ましく参加させてもらった。
(一緒に汗を流すほどに動きたかったけれど・・残念。体調がよくなったらよろしく!) 

3月31日は、ダンスを続けてきたことのまとめとして発表会が予定されている。
ママたちも一緒に照れながらもやっている。
ママたちが楽しんでやることが、子どもへもつながっていく。

「スマイル」第一のかけ言葉に、一番年長者の小学生の男児のユニークなリーダーを(気分でやったりやらなかったりしても講師の愛情に包まれて)微笑ましく観る和やかなひと時だった。


午後は、大人の分野、「障害者行動する会」の自立生活への最初の一歩として、養護学校の発足された歴史などや障害を持つ大人として自立した生活ができることの行動を起こして現在に至る素晴らしい行動力に心を打たれた。

諦めかけていたことや、五体満足に生まれてきた我が身を振り返り、まだまだだなぁ(痛みとかに弱い自分を振り返り)・・・。
人のために何かをするということの原点に返ることができた。
声をかけてくださったTさんに感謝です。(体調のこともあり最後までいることはできなかくて申し訳ありませんでした)
ありがとうございます。 

sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2013年03月16日

アートスタートフォーラム

鳥取発!アートスタートフォーラムが児童文化センターで開催された。
昨夜から、体調が悪く睡眠不足の中で、申し込みも無駄にしたくなかったこともあって午前中だけでもと参加した。

島根や四国からの参加者もあり、この時代だからこそ、アートスタートの必要性が問われるのだろうと、課題と提案を聴かせてもらった。

二部は、坂野知恵さんのわらべうた遊びで、ゆったりと楽しく鑑賞させていただいたが、途中で座っていられなくなり、会場を出ることにした。

午後の部もシンポジュウムなど今後の課題等のグループワークも予定されていたのだが、明日、明後日のスケジュールに良好な体調でいたいこともあって、無理せずに失礼させていただくことにした。

午後からは、コタツに入って温まり体を休めた。
夕方には少しだけ良くなったように思う。

明日は、大丈夫かなぁ・・・。
障害者支援関係の講演会を会場いっぱいにしたいとの知り合いの方から頼まれていたので、なんとか行きたいと思っている。

明後日の子育て講演会もこれまた大切な仕事であり、無理なく体調を整えていきたい。

sukomomo at 19:29コメント(0) |  

2013年03月15日

健康第一!

知り合いの助産師さんが、ご夫婦で発酵食品や添加物のない商品のお店を期間限定で、今井書店錦町店にて開催されている。

昨年も同様に偶然彼女がされていることを知って、今回はチラシにて出されること知り行った。

塩歯磨きが一度使ってよかったので、今回も買い求めた。
市販のものは、いろいろと余計なものが混入されていると前々からの情報で、口にするものだからと気にはしていたが、どんなものがいいのかわからないままに使っていたので、彼女からアドバイスを受けて使ったのである。

いつも穏やかな口調で笑顔が素敵な彼女は、何と!お母様が私と同級生だったことも以前に知ったのである。
何かと、縁があるのだねぇ。

赤ちゃんを取り上げる助産師さんならではの健康への気遣いも実践されているようで、体にいい食品などをご主人と共に提供されているのだろう。
助産院を開業されてことは知っていたが、このようなお店もされているのだと(ご主人を手伝って)感心です。

午後からの教室は、これまた健康に気遣う話に花が咲く。
年々年と共に老化現象は避けられないものねぇ。
心穏やかに暮らすことが、健康にもつながるでしょうから、無理なく楽しんで日々を過ごすことにしましょう。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2013年03月14日

幸せな日に

大山「子育ての旅」5期生の同窓会で久しぶりにママたち親子にあっていろいろと分かち合う。

赤ちゃんだったお子たちも一人座りができるようになったり、おしゃべりができるようになったり、離乳食から普通食になったり、成長をみることもできて「孫たちが大きくなった!」という幸せな気分!

新年度を控えていて、初めて保育園等の集団生活に送り出すママの気持ちは、痛いほどよくわかる。
ママたちも子どもの成長と共に初めての経験だからこそ心配や不安もある。

まずは、スタートして、その時々に気づいたことや疑問に思ったことを分かち合う場所が必要であり、遠慮をしないで、保育士(保育園)に聴くことである。
・・・・保育士の資質が問われる。
保育士は、親子により添い、愛情をもって接してほしい。(当たり前のことだけれど)


帰りに久々に実家による。
高校生の子どもたちが部活から帰宅してくつろいでいる。
姉といろいろ話していると、聞かぬふりをしてしっかり聞いている。(大きくなったねぇ!)
今月末には、母の七回忌の法事のこと、日頃の活動のこと、ラジオのこと等など、やはり実家はいいものである。

夕方はいつもの木曜日FMラジオ、新年度が近いので、別れと新たな出会いが・・・・待っている。

sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2013年03月13日

ものすごい風で・・

朝から(昨夜?)から強風が続いていて、やんでくれないかなぁ・・などと、外を見るたびに祈る気持ちだった。
子連れの親子の心配もあるし、午後からの教室の心配も同様だった。

大山の雪もだいぶ溶けて岩肌を見せている。
福岡では桜の開花もあったとか。

全国的に強風だったらしい。
鳥取大学の調査では、金属(鉛など)も黄砂とともに飛んできたとのこと。
窓も開けれないし、外出時にはマスク着用が必需品になりそうだ。

午後からは雨になったが、お陰さまで無事に皆さん喜んで帰られた。(

自然の力は、どうすることもできないが、何事もなかったことに感謝することしかできない。
東日本の大震災から、当たり前の日常に感謝できることが多くなったように思う。

昨日は、中学校三年生の卒業式。
おめでとう。
祝電も届いた様子。
夢に向かって諦めず羽ばたいてほしい。

今日のような嵐の日でなくて良かった!


sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2013年03月12日

どら焼きのまち!

4月12日は、鳥取県知事をお迎えしての講演会が開催される。
この度、女性の会も開設されて、平井知事さんなら・・と、実行委員に承諾し、チケットも引き受けることとなった。

昨年は、チラシをみて知事の話に関心があったことと、オープニングに知り合いのダンスグループが出演することもあって出かけたのである。
県政の話など興味深くたくさんの人たちに聴いてほしいと思ったことを覚えている。

今年は、オープニングに、ゴスペルオーブと山陰少年少女合唱団が出演。

昨年はとても少なかったので、広報活動でいろいろと感じることを、当時の実行委員だった知り合いの方に伝えたこともあり、今年は改善もされて意見交換もできた。

昨年に引き続き丸京製菓の提供で、知事の似顔絵つきのどら焼きが参加者に配ばられる。
座った席の隣に副社長さんがいらして、参加者全員600?の数のふとっぱらに感激!
どら焼きのまちと言われるように街づくりに貢献されている。

かぷりあ祭もどら焼きが無償で配られ、あちらこちらのイベントで目にする(口に)ことが多いこの頃、思いがけなくいただけるとうれしいものである。




現在、天満屋ではしんまち広場でどら焼きカフェが開催されているのを知り、こういうときには協力しようという気になって立ち寄ってみた。

今日は、平日とあってゆっくりゆったりとでき、ホッと一息の時間をどら焼きカフェでくつろいだ。ありがとう。

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2013年03月11日

気温の変化にも気をつけましょう

昨日と打って変わって、今日の大山はとても美しくすっきりと雄大な姿を観ることができた。
ありがたいです。

しかしながら、気温は低くなり寒さが戻ってきて、咳をしたり、喉の痛みを訴える人もいて、特に子どもたちは、気温の変化に順応できなくて体調を崩したりしているようだ。

知り合いの方の話では、昨日病院へ行ったら2時間待ちでやっと診てもらえたということだった。

今朝ほど自宅の通路では、黄色い花粉が絵の具のようにこびりついていて、びっくり・・。

公害で外出制限があったり、気温の変化など、子どもは特に配慮していかなければならない時代なのかと痛感させられるのである。

食事や睡眠など生活習慣を正しくして、抵抗力をつけておきたいものですね。

sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2013年03月10日

赤ちゃんがいるだけで

今日は、昨日よりもより黄砂や公害があるようで、見通しが悪く暗い天候となった。
姉妹揃ってはなし分かち合う時間や友だちと分かち合うその場その場に赤ちゃんとその家族と遭遇する。 

一組目は、ちょうど1才くらいでお座りもできるようになった赤ちゃん、ママたちの話に目をきらきらして見つめている。
となりにいる私たち姉妹も赤ちゃんの可愛さに声を掛けずにいられず、何かと話しかけると、にっこり反応してくれる。
周りが明るくなり、皆が幸せになる。

友だちと行ったお店でも、ここでは生まれて2ヶ月くらいの双子の赤ちゃんが家族に囲まれて(パパママの他に両方の祖父母に)安心しきって眠っている。

何とも可愛らしくてここでも声を掛けずに居られない。
赤ちゃんの力は、すごい!
いつもそう思う。
それは私だけではない。

周りの大人たちみんなが幸せになる力がある。
ママたち、すごいことなんですよ。
赤ちゃんがいるって。

たくさん声をかけてあげてくださいね。ありがとう。

sukomomo at 19:48コメント(0) |  

2013年03月09日

雄大な大山もかすんで・・・

久しぶりに幼馴染から連絡があり花回廊へ行った。

今の時期は、ドームの胡蝶蘭、クリスマスローズ、庭にはクロッカスも咲いて可愛らしい。
チューリップなどの色鮮やかさは少ないが、暖かい日の散歩し話しながらの花観賞は心が和んだ。41

いつものコースで昼食は、大山まで足を延ばしてふもとのレストランへ。
ここから観る雄大な大山は富士山のようで、いつもなら青空とマッチして美しい眺めであるはずが、黄砂で霞んでいる。
それでもちゃんと雄大に・・・。素晴らしい!

友は、最近喉の痛みや目のかゆみを訴えていて、花粉症などの影響だという。
久しぶりに近況などの話に花が咲き、おなかいっぱいになってのランチに楽しいひと時を過ごした。トロビカル

sukomomo at 18:12コメント(0) |  

2013年03月08日

今月のブックスタート

今月は、6ヶ月健診児の対象者が多くて、その上、お医者さんの忙しさで(風邪やアレルギーなどの症状が多いようで)三人のお医者さんが揃われたのはしばらくしてからだった。
後半が大変忙しくなるのではと心配したけれど、スムーズに流れてブックスタートも順調に行われた。

健診時では、いつもより泣く子が目立ち、おお泣きしていた赤ちゃんもブックスタートでは、ご機嫌もよくなったり、眠ってしまったりと、ママのほっとする様子に話しかけ、赤ちゃんの可愛さを伝えるとさらに笑顔になっていく。

ブックスタートは、いつもこちらがいやされる。赤ちゃんのパワーは素晴らしい。
そのことをさりげなくママたちに伝えることで、「そうか!」と気づかれるのである。

暖かな日となったので汗ばむくらいだったから、健診から出てきた赤ちゃんのほっぺは真っ赤かに染まっていたりする。(だからよく泣いたんだねぇ)
途中から健診室の入口を開けてもらい通気性が良くなったら泣く子も少なくなったようだ。

知り合いのお孫さんも来られていて、初孫の可愛さを話された。
おばあちゃんが近くにいることは、とてもいいことなので、「たくさん頼りにしてあげてね」とママに話すとにっこりと二人は見つめ合い、素敵な嫁姑さんの関係だった。

3月18日は、来年度のブックスタートワーキング打ち合わせが予定されている。

sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2013年03月07日

春が来た!

3月の初めという今日、温度は22度にも上がって5月の陽気だという。

今年は、雪の降る日も数えるくらいで、除雪はしなくて済むし、(東北の方たちには申し訳ない気分)すでにタイヤを交換した知り合いもあるほどだ。

子どもたちを連れて外での公園などの遊びにママたちはちょうどいい季節となっていくけれど、環境汚染の問題など、気遣うこともあって昔と違い、子育てはいろいろな意味で大変になっている。

鳥取大学医学部の環境汚染のデーターでは、昨日、PM2.5の数値が安全値より多く(安全値でもかゆみなどの影響も出る)出たとのことだった。

マスクの中にガーゼを湿らせて入れると効果があり、微粒子も口に入らす゛シャットアウトしてくれるとか話されていた。

これからの季節黄砂や花粉も多く飛んでくるので、マスクして動き回るのは鬱陶しいけれど、子どもたちにも気をつけてあげたいものである。
(子どもがマスクをして遊ぶ姿など観たこともなくどうしたものか?マスクを嫌がる子どももいる中で、なんとかいい手だてはないものかと考えてしまう)

外から帰ったらうがいを習慣づけるしかないのだろうが、時間が経ってからだと効果もないとのこと。
公園などにも水分を持参し、こまめにうがいをすることしかできないだろうか。

sukomomo at 19:32コメント(0) |  

2013年03月06日

願いが叶わず・・・!

本日、推薦されていた賞の結果報告があり、残念ながら願いがかなわなかったとのことだった。

今回は、2度目の(平成18年)推薦となって、より効果的にいろいろな立場の方々の推薦書も提出したにもかかわらず、自身の不徳の致すところと申しましょうか、受け入れてもらえなかったようだ。残念!

西日本で18人の推薦者があったとのことだった。
まだまだ、手の届かない状態だろうと、自身への反省をするばかりである。

米子「子育ての旅」6期生をするため、今回は特に期待をしていただけにショックは大きい。

推薦していただいた方々に結果報告をする。
お世話になりました。

「赤ちゃんふれあい教室」でお世話になっている校長先生は、この三月で定年退職とのことをお聴きしていたので、直接会って報告をさせていただいた。
まだまだやる気満々の熱意ある先生が去っていかれることの残念さもあって、今日は残念が重なり、心が沈んでしまう。  

3人の方たちへの報告を済ませ、大変お世話になったことをありがたく、誇りに思うと共に感謝するばかり、今後も引き続いて頑張っていくのみである。

さてさて、米子「子育ての旅」6期生に向けて、対策を考えていかなければならない。




sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2013年03月05日

大変なケースが多い!?

国の子育て支援対策の一つに「こんにちは赤ちゃん訪問」という事業があり、産後4ヶ月までの助産師の赤ちゃん訪問に加えて、養育者支援がプラスされて助産師・保育士の訪問が可能になってから4.5年の経過。

子育てに前向きでなかったり、精神的にゆとりがなかったり、訪問することによって、不安なことを話すことによって、少しでもストレスが緩和できればいいだろうとの取り組みなのだが、ここ数年、担当課から訪問の依頼がなく、ママたちの不安解消も4ヶ月訪問の助産師さんの支援で解消されているのだろうと安心していた。

が、しかし、大変なケースが多くて、訪問という前に施設に(養保護)の必要性があるために児童相談所等との連携で、予防的な訪問に至っていないことがわかったのである。

育児放棄や児童虐待、DVなど水面下で多くなっていることに大ショックである。
何とか手立てはないものか、妊娠期からの支援が必要だろう。
生まれてから・・・などと規則ばかりにとらわれず、妊娠期からの支援対策に力を入れるように政策をし、保健師等の人材育成と増加をしていかなければならないだろう。 

子育て中のママたちとのかかわりの中で、子育てサークルや子育て支援センターなどに出かけたり、子育ての旅のような研修会に出かけていくママたちは悩みや不安を抱えていて居ながらも、熱心で前向きなママたちだということも再々確認される。(熱心だからこそ悩み学ぼうとする)

県外は、民生委員さんなどが養育支援訪問等でもされている。(米子市は資格あるのみ採用)
地域の身近な人こそ、キャッチでき、日頃から話しかけることで予防にもつながると思う。
予防対策を!te-nui-girl-kuma01 

sukomomo at 18:36コメント(0) |  

2013年03月04日

足元にも及ばない!

東京でご活躍の恩師から、アドレス変更のメールが届いた。

早速返信すると、相変わらず、お忙しい時間を過ごされている様子。

そんな中でも、東北の震災のボランティアにはよく出かけていらっしゃるようだ。

大雪で大変さも半端ではなく、東北の皆さんの痛みにより添って活動をされている。
すごいなぁ!

そんな恩師からのご指導あっての現在の自分がいる。
いつも、ありがたく心の支えになって感謝は尽きない。

足元にも及ばないれど、。 少しでも何かのお役にたてるよう過ごしていきたいと改めて身を引き締める今日だった

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2013年03月03日

かぷりあ祭(男女共同参画)

文化ホールで男女共同参画センター登録団体と行政が協働で開催されるお祭り「かぷりあ祭」がおこなわれ、ボランティアスタッフとしての参加だったけれど、皆さんとても手際よくて、イベントホールでの催しにも参加でき、
午前中のゴスペルオーブのコーラスと共に、男女共同参画について考えてみる時間となった。

昔と今の男女平等の歴史やワークライフバランスに振り返ってみることもできたし、いろいろな食べ物の販売などもあって賑やかなイベントとなった。(ふきのとうのお味噌や漬物などとても美味しいものばかりだった)

懐かしい人たちにもお会いでき、話に花も咲く。


午後は、日吉津で安藤さんの男女共同参画子育て支援講演に参加。

昨日に引き続き、笑いのトークでイクメンパパの子育て体験など、少子化の危機なども統計を見ながら、パパの子育て参加で少子化も緩和できることなど、パパの意識改革が必要であることも、男性ならではの説得力があった。

イクメンとは、
 岼藥を楽しめるカッコいい男」のことである。
∋劼匹發房臑療に関わり、育て、広く多様な世界ヘ誘い出す。
妻への愛と心づかいを忘れない。
っ楼茵社会のあり方にも意識が高い。

現代の父親に必要なパパ力とは、ママを支える・パパ友をつくる

今日もいろいろな人との出会いとコミュニケーションの輪が広がり素敵な一日となったことに感謝です。


sukomomo at 20:34コメント(0) |  

2013年03月02日

子育て支援ネット定例会 諸々

ファザーリングジャパンの安藤さんの明日の講演会を前に囲む会が企画されたということで、定例会の場所をスムーズにするために、本の学校に移して定例会の終了後、皆で参加させていただいた。

情報の豊富な、発想の豊富な、行動的な、そして、目標に向かって次々とやりたいことを展開させていく安藤さんの話に魅了された。

子育て実践者でもあるし、年間の講演会の数も桁はずれ、(子育てから男女共同参画、ワークライフバランス等など、著書も)

明日の講演会が楽しみとなった。


夕方からは、大人向けの人形劇、平常氏の「星の王子さま」を鑑賞。

顔見知りの方も多く見かけ、今までにない人形劇の一人芝居に2時間があっという間で、最後のファンタジックな構成に会場の拍手喝さいだった。

sukomomo at 22:09コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: