2014年01月

2014年01月31日

講演会のご案内

毎年、この時期に大山町・日吉津村・南部町にはるばる九州から来訪される熊丸みつ子氏の講演会のご案内をします。

2月13日(木)は大山町に、日中は小・中学校ですが、一般公開は夜の部。

時間 19時〜20時30分(18時30分会場)
場所 大山町福祉センターなわ

託児申し込みは、名和小学校 54-2070 (2月3日までに)

熊丸先生の話は、いつお聴きしても笑いが絶えない、心が軽くなりリフレッシュできますよ。
パパも誘って参加するのもよりGoodですね。

12日・14日も日吉津村や南部町で開催されるようです。


sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2014年01月30日

心のエネルギー!?

子育ての心配あれこれ。
第二子の出産にあたって経済面でも上の子の保育の件でも不安が募るママ。

先々の心配ばかりで、今、大切にしなければならないことなどが後回しになってしまっている。
(その心配よーくわかります)
でも、エネルギーは循環する。
悪いことばかり思って先に一歩が出なければ何も変わらない。

できることからアドバイスや提案をしていくのだけれど反対なことばかりに流れて行ってしまっているようだ。
心の見つめ方を知らないからなぁ・・・。

子育ての旅のママたちと比較をすべきではないけれど、やはりここが違う。
心を見つめて振り返り、生活をしていくことで子育ての良し悪し・行動にも影響がある。

心に正直で、できることをコツコツと精一杯、優先順位は何か?
子どものために母は(親は)強。
頑張っている人に手を貸さない周りの人たちはいないと思う。

良いエネルギーの循環になって行きますように。


夕方からは、がいなネットの総会。
ボランティア精神のすごい人たちの集まりで、素敵なエネルギーに包まれてさらなる力を感じる(やらなければ・やりたい)
心のエネルギーは、いいこともそうでないことも循環していく。

できるならば今日のママをはじめ、皆、いい方に循環し、幸せのエネルギーに包まれますように。

sukomomo at 20:56コメント(0) |  

2014年01月29日

子育て講演会

小さな保育園に招かれて子育て講演会に。

保護者の方たちが参加しやすいようにと、お餅つきの行事と合わせての企画であった。

パパの参加は数人だったけれど、さすが餅つきのたくましいパパの存在は、子どもたちはもちろんのことママたちにも先生方にもたのもしく感じられたようである。

講演会でも熱心に聴いて下さり、話し終わった後も質問や個別相談も多くあった。

そんなに重要でもないことだけれど、ママたちの懸命さが伝わってきて一つ一つ丁寧に受け答え納得して前向きに子どもと関わってもらえる手ごたえを感じることができた。

早速、お餅をお雑煮にして給食をご馳走になって(子どもたちの大好きなから揚げなど豪華版)杵つきのお餅の伸びる美味しいフワフワ感を久しぶりに味わった。
機械でのお餅になっている中で違いがわかり感動的でもあった。昔の懐かしさも蘇り

保育園の先生方も忙しく何とか家庭と保育園と繋がり子育てをしていることを改めてうれしく思った。
ありがとう、ごちそうさまでした。

sukomomo at 18:13コメント(0) |  

2014年01月28日

二つの会議に参加して

午前は、男女共同参画「かぷりあ祭」についての登録団体集合。

かぷりあ祭の開催にあたっての日程プログラムや注意事項などはもちろんのこと、各団体のPR情報交換。
実のところ、かぷりあ会議室の利用もしていないので、脱会する時期が来たのかも?!などと思いながら、今回も広報の担当になっていて内心最後のお努めになるかもしれないと思いながら参加させていただいた。

各団体の熱意ある活動PRを聴きながら、私たちと同じようにそれぞれの立場で市民のために頑張っていることも伝わってきた。

男女共同参画と子育ては関連性もあり、年間何回かの会議ではあるけれど、その熱意は共感できる。
各団体の中でも繋がっている人たちを大切にするならば、脱会ということも簡単にはいかないのだろうなどと考えてみたりしながらの参加となった。

午後は、子育て支援関係者と市議会議員との情報交換会。
国や自治体の子育て支援策と子育て支援者のニーズなどズレやどこを大切にして予算をつけていくことかなどなど、市議会議員さんに納得していただくほんの少しの窓口が開いた。

行政担当者・市議会議員の子育て支援に関する理解度や次世代を見据えた予防対策の必要性は、まだまだ時間もかかるのだろうと感じるものであった。
(どうしても対処法が優先してしまうからである。)

しかしながら、予防的活動の子育て支援は、私たちしかできないことでもある。諦めずに大山町や境港市のような子育て支援対策が行われるようになるまでコツコツとではあるが頑張るのみである。 

積極的に子育て支援について聞き取りをして下さったことに感謝です。

sukomomo at 18:22コメント(0) |  

2014年01月27日

子育て相談から

今日の大山は、素晴らしくきれいでしたね。

この地にいて、ほんと! 幸せ感謝です。

さて、3人の子どもを持つママからの子育て相談があったので、子育て中の皆さんにも参考にしていただければと記します。

真ん中の子どもが多動気味で学校から病院へ検査に行ってくれと言われショック・・・私の育てかたが悪かったのかと自己嫌悪に陥っているママでした。

言っていることや勉強もできる方だということでしたが、道路に飛び出して事故に遭いそうになったことが2回ほどあったとのこと。

お医者に行って検査をしてもらうことは大切なこと。早ければ早いほどいい。
何でもなかったらいつまでも心配をしなくて済むし、何かあったとしたら早期に対処することがよくなることにつながる。

その子の良いところを伸ばしていくことが大切であり、欠点があるとしたら、早いうちに原因を見つけて対応することをいろいろな人たちにサポートしてもらうことも大切。

焦らず、しっかりその子を観察していくことから始めましょう。
ママなら、きっとこういうときが・・・・と気づかれることと思います。
また、育て方が悪かったなどと自分を責めても治るわけではありませんよ。
ママが前向きに一つ一つゆっくりでいいので、できることを精一杯の思いで接してあげることです。
効果などは二の次です。
大切なのは人と人とのコミュニケーションです。
ファイト!

sukomomo at 19:33コメント(0) |  

2014年01月26日

心の内を確認し合う

久々に姉妹がそろってお茶会をした。

日常の出来事やいろいろと感じたことなど等、自分の思いや考え方が間違ってはいないか?
本音で話せる中で愚痴や不満だけではなく、「私の考え方どう思う?」のお互い素直な意見交換ができることに、帰宅してからも思い起こしふっと「いい感じ!」と思うのである。

長女は、相変わらず家族のことでバタバタ動き回っている。

お互い相手のことは「こうしたらいいのになぁ」などとよくわかるもの、わが身に振り返ってみると同じことをしているのかもしれない。

年々年を取っていく中でいつまでこのような機会が続けられるのでしょう。
お互い元気でいなければね。
休日のひと時に感謝。





sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2014年01月25日

OBママたちの感想とその後

米子「子育ての旅」6期生の託児スタッフに、OBママたちのボランティアを募り、リーダー格の3.4人が手をあげてくれました。

今期のママたちの出会いや繋がりなど心強いものがあるのではと、提案させていただいた結果、積極的に託児スタッフに手を挙げてもらったのである。

昨日の終了後に感想を聞くと、幼い頃のわが子のことはもちろんのこと、セミナーに参加していた頃を思い出し、子育ての原点に返ることができたことや、この会の素晴らしさを語ってくれました。

今でも繋がり、信頼関係もありいろいろなことを安心して話せることや、お互いの幸せを願う気持ちも強くなったことや、いろいろな悩みがあっても立ち止まって心見つめて行くことができるようになったなど、「本当に子育ての旅に参加して良かった」とのうれしいコメントだった。

すでに4.5年経った今でもママたちが繋がり子育ての苦労も楽しさも共有して過ごしていることに、確実な手ごたえと継続を再確認させていただいたのである。

何とか、来年度も実施できるようにいろいろと尽くしたい。

sukomomo at 18:06コメント(0) |  

2014年01月24日

子育ての旅6期生修了

米子「子育ての旅」6期生最終プログラム6回目が全員出席のもと無事終了した。

今期も素敵なママたちの出会いに感謝感動!

開催できたことをママたちもまたスタッフ一同も喜び合った。

ママたちの成長もまた子どもたちの成長も託児スタッフからも喜びの声が聞かれ、本当にこの親プログラムは、すべてのママたちに参加してもらいたいと改めて思うのである。
参加したママたちからもその声が聞かれた。

新年度から職場復帰をするママもいれば、仕事と育児と迷っているママもいる中で、子どもとの大切な関われれる短い期間に楽しんで子育てをしてもらうことが何よりもうれしいことである。

子育ては困難もあるけれどその何倍もの喜びが味わえることを、あせらずできることを精一杯することを、今回のママたちも気づいてくれたようである。

この出会いに心から感謝と共にいつも見守っていますよ。

sukomomo at 17:43コメント(0) |  

2014年01月23日

生涯読書をすすめる会

情報交換・講演会などの予定などの他に、ミニトークでは韓国の保育園や学校に視察に行かれた方の報告をお聴きする。

中でも女子高校生が(韓国では特に昔ながらの名門では女子校・男子校と別れていて)自由に勉強している様子など、日本と違う環境で自立?!しているようにも思われた。

韓国でもインターネットなどの依存症が多発している中で、しっかりとルールの下で学問にはげむ姿があった。

保育園では、学校の構内にあるほど近いところで幼児から児童までの一環されている様子。

今日の一番の感動的情報は、娘さんがクリスマスプレゼントにご両親の写真集に詩をつけて出版されたステキな本を見せていただいた。

ご両親の青春時代の写真を娘の目線で選び、若かりし頃の父と母の恋人・新婚時代であろう美しく素敵なものになっていた。

プレゼントされたご両親の感動される様子が見えるように心温まるものが伝わってきた。
ステキに子育てしてこられたのだろうと、さらに尊敬気持ちがわいた。

たくさんの本を読み学び知識も豊富な先輩方や皆さんの刺激はいつも気づきや肥やしになるのである。〜感謝〜

sukomomo at 18:31コメント(0) |  

2014年01月22日

ちょっぴり遅めの新年会

ea4e4b6d.jpg大山の麓丸山ペンション村でランチ新年会。

昨夜の雪も溶けてきた市内とは別世界、真っ白に染まった大山の神秘的風景に心も和む。

雪景色を観ながら美味しいお料理と合わせて話も弾み一年の祈願を分かち合い楽しい一時を過ごせた。
帰りにはメンバーの方のお宅に全員で寄り二次会。

それもまた楽しい。

ありがたく感謝


sukomomo at 18:05コメント(0) |  

2014年01月21日

心身ともに健康で・・・赤ちゃんふれあい教室

今年度最後のBクラス「赤ちゃんふれあい教室」が開催された。みるく

インフルエンザの心配や寒波での大雪の心配もしていたが、太陽も見かけるほどのラッキーな天候に、滞りなく実施することができた。

生徒の皆さんも3回目とあってほんの少しだけのゆとりもでき、安心して交流を見届けることとなった。ママと

赤ちゃんの感情などの状態は、ママとのかかわりなどにも影響されたり、眠い・雰囲気・気候等にも影響されていくことも多々あり、泣くこともなく過ごせる赤ちゃんもいれば、最後まで泣いて過ごし、ママの下で安心する等など、生徒それぞれの体験が異なってくる。

泣いている赤ちゃんには、どうにかして泣きやんでもらいたいと戸惑ったり懸命に話しかけたり手作りのサイコロで遊んでみたりとやり取りをしかけるその表情が何とも和むひと時でもあった。

このクラスの生徒たちもそれぞれがとても穏やかで落ち着いていて素敵な仲間たちであった。

どうぞ、その笑顔を大切にして、将来は素敵なパパママになってほしいと願うのである。

そして、中学生最後の受験というハードルを乗り越えて、夢に向かってはばたいてほしい。

赤ちゃん親子・生徒の皆さん・先生方・スタッフの方たちすべてに感謝です。
ありがとう。



sukomomo at 18:52コメント(0) |  

2014年01月20日

鳥取県知事講演会のご案内

「ともに生きる未来づくりの挑戦」と題して、4月25日(金)午後6時より平井知事の講演会が開催されることが決まった。

百合の会女子部として、子育てフォーラム講演会など知事夫人には大変お世話になって、私たちの活動を見守っていただいている。

3年前に知事の講演会があるとのことで是非とも話をお聴きしたいとチケットを購入して参加したが、それ以来、もっと若い世代の方たちにも聴いてもらいたいと思って、百合の会にも入会した経緯がある。

鳥取県のことを懸命に立て直そうとされている政策には、これからの次世代を担う子ども育てているパパママには、より大切な時間を費やしてほしい。

地域や周りの人々のことを思いやっていくことで、家庭内の活気や平和にもつながっていくことと思う。
狭い範囲の中で行動していたことも視野の広いところで活動していくことがより気づきや学びの収穫がある。

多くの方たちに、是非とも参加を募りたい。 



sukomomo at 18:25コメント(0) |  

2014年01月19日

近況を知る

一日中家の中にいて片付けなどすることを決意したものの、夕方には食材を買い求めに行かなければならなくなり、普段着のままスーパーへ出かける。

こんな時に限って、知り合いの方たちに会うものだと思いつつもコートをひっかけて気軽に・・・。

やっぱり・・・・子育ての旅OBママそれぞれ二家族に遭遇した。

家族全員で買い物にきました・・とご夫婦と子ども3人を連れて仲良くお買いもの。
お姉ちゃんは、背の丈がママより高くなって何とも頼もしい感じ。
パパもにこにこ笑顔で子どもたちを見ている。
心のなごむひと時だった。

もう一家族は、下の子も保育園に入所でき喜んで通園しているとのこと。
12月に途中入所だったけれど、お兄ちゃんと同じ保育園で泣くこともなく楽しんでいる。
お兄ちゃんは今春小学一年生になるって・・・はやー! 

近況報告を聴いたり家族全員との出会いなど、ママの幸せが伝わってきて、外出してよかったー!などと思いながら、身なりのことなどすっかりそっちのけになったのである。 

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2014年01月18日

子育て支援者の会

子育て支援者の会(がいなネット子育て・教育部)の発足から1年間経過、組織化の提案により役員(役割)決定と、今後の予定と内容を企画することができた。

我が「子育て支援ネット」からも初めての参加をして下さった助産師Nさんや主任児童委員さんの参加もあり、意見交換会の内容も充実した話し合いができたように思う。
ありがとうございます。

部長を承諾してくださったN先生を囲んでの子育て・教育部は、子育てフォーラム・鳥取モデルとして、継続可能な会になっていくことを期待している。

今後の開催は、ブログ右予定欄に記しているので参考にし、関心のある方は遠慮なく参加をしてください。
それぞれの立場で気軽に意見交換や情報提供をし、子育て・教育(次世代育成に)繋がっていくことができればと思っています。

前半はテーマ報告者が決まり、後半は自由に意見交換会ができるようにしています。
その間、子育てフォーラム・鳥取モデルを開催し、視野を広めて子育て・教育の輪が広がっていけばいいなぁと思っています。

支援者も子育て中の皆さんも地域で支え合い笑顔で困難も乗り越えることができれば何よりです。
一人の力は知れています。
支え愛のネットワークで広がっていくことを願っています。



sukomomo at 19:59コメント(0) |  

2014年01月17日

我も行く道!?だもの

教室の生徒さんがたとランチ新年会を行った。

今日の方たちとは旧市内のために高齢化もしていて、大先輩でもある。おばあちゃん
それでもがんばって趣味を続けられるパワーには頭が下がる。

この頃、食事の量も若い時のように食べれなくなってきているし、豪華版よりもおいしいものを少しずつ食べれる方が体になじんできている。

夕食などは、ほとんどお付き合いができないのでランチならばとご一緒するのである。

人生の大先輩の中で、年々年を取っていくことの実感を皆さんと共に分かち合うのであるが、若い時にはわからなかったことも、今は何となくわかってきた。

行く道だもの…わが身も迫ってくる。

行動や、言葉等など一つ一つ丁寧に人生を積み重ねていきたいと思うのである。
お互い様のありがとうなのである。

sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2014年01月16日

赤ちゃんふれあい教室・・感動をありがとう

3学期、高校受験を控えた生徒の皆さんと再会。

一段と成長しきらきらとした眼の輝き・・2学期の振り返りをし、赤ちゃん親子とご対面。ママと 

インフルエンザも無く、天候も雨・雪・風もなく寒い中ではあったが、ママたちは登校してくれました。

今回初めての赤ちゃん親子は半数くらい。ごきげんあかちゃん

「中学生とは初めての体験で少し不安でした」と正直に話してくれたママも、生徒たちの笑顔や前向きな関わりにすっかり感動し、「わが子もこんな中学生になってほしい」などと感想がきかれた。

気配りがよくできていて、進んで荷物を持ったり泣いている赤ちゃんにも何とかなついてもらおうと懸命に関わろうとする姿が見られた。   

家庭科や総合の時間を使っての手作りサイコロは、思いがこもっていてママも感動。
もちろん赤ちゃんは、手に取って話さない。
そういう様子を見てうれしそうにまなざし、笑顔が絶えない2時間だった。

赤ちゃん親子も生徒たちもそして先生やスタッフも素敵で幸せな命の時間を過ごすことができた。

受験を控えた生徒たちにママからの応援メッセージもいただきA組の最後の赤ちゃんふれあい授業を終えることができた。

次世代を担う素敵な皆さん、健康で夢に向かってはばたいてくださいね。
祈っています。〜感謝〜


sukomomo at 17:14コメント(0) |  

2014年01月15日

あーした天気になーれ!

3学期の赤ちゃんふれあい教室が明日から開催される。

この時期は、いつも以上に気にかかる時期でもある。
風邪や天候により、赤ちゃん親子の足元や、もちろん受験を前に健康に留意して最後の追い込みを頑張る生徒の皆さんだからでもある。

この度の雪も大したこともなく今日はすっかり溶けて雨ふりとなった。
どうか明日は、お天気がよくなりますように。

赤ちゃん親子も生徒の皆さんも、私たち世話役も楽しみに、ふれあい分かち合う時間を大切にしていくことを感謝したい。

皆さんの笑顔がちらついているのである。

sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2014年01月14日

おんぶのすすめ

最近の子育て中のママたちは、おんぶをしているのをほとんど見ないが、7ヶ月になる男の子を(声をかけて聞いた)おんぶして買い物をしているママに遭遇した。

赤ちゃんがあまりにも人懐っこいようすでついつい声をかけてしまった。

ママにおんぶの効果を話すと、ママから帰って来た言葉は「両手が空いて動きやすいし、冬はあったかくていいです」と。
ステキなママに遭遇してとても幸せな気持ちになった。

雪も積もるこの時期、おんぶは安全でもあるし、特に買い物や食事の準備時などには(片手で抱っこなどされていると心配)お勧めですよね。

ママの目線で一緒に行動し共感できる環境と、背中から伝わってくる子どもの様子も把握しやすい。
心も体もホッカホカなのです。

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2014年01月13日

子育て相談から

雪の降るこの連休に、「家の中で子どもと過ごすのには、禁止の言葉が多くなり夜になって子どもの寝顔を観て自分ながら嫌になってしまう」というママからの相談。 

子どもは、ほんの少しだけでも外の空気を触れるだけで満足するものです。
一日中家の中にいると、大人でも精神的によくありませんよね。

買い物に行ったり、外の景色を・空を・風・雪を・・・自然の力は、赤ちゃんと出会った時のような理由はないけれど、心がほっとします。

若かりし頃、海外に行ったときにスケールの大きさに「なんて小さい人間なんだ!」と、ナイヤガラの滝やスイスのアルプス等などにふれ改めて思ったものです。

一歩外の空気に触れることで、がみがみ子どもに言うこともありません。
子どもも、外に行ってほんの少しでもママと・パパと・祖父母と遊んだだけでパーっと、うるさいママから(大人)一転してはしゃぎまわります。
子どもは、いつまでもくよくよするようなことはありません。

幼いときに両親と遊んだ経験は大人になってからの心身健康の宝物になります。
寒い冬も子どもと共に楽しんで遊んでほしいと思います。
一緒に遊んだら、子どももママたちを困らせないようにすることをちゃんと理解していますよ。

また、お料理やおもちゃの整理なども一緒にすることも一つの方法ですよ。
ママと作ったお料理は(お菓子)忘れられない生活の習慣にもつながります。 

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2014年01月12日

少年テニスW大会

産業体育館においてWのテニス大会が開催され、応援に駆け付けた。

おなじみの高校生が中心だったけれど、その中にひときわ上手な中学生が混じっていた。

準決勝戦までしか観戦できなかったのでその後は、どうなったのか?

中学生とはいえ高校生の中に入っていても凛とした行動で、一緒に観戦していた姪からの情報で知ったことであった。

懸命に行っているスポーツのエネルギーは、観ている私たちにも元気をもらえる。

これからの将来を羽ばたく若者への夢と希望に私たちも人生の見本となるよう頑張らなくては・・・。などと応援しながら感じるのであった。

体育館といえ、寒い中でも姪の温かいひざかけに便乗して観戦できたことに感謝である。
ありがとう。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2014年01月11日

雪の花回廊

友だちに付き合って、花回廊へ。

市内は雪がなかったので、山に向かうにつれ、雪景色が美しく。

f9e9ba62.jpg


花回廊はすっぽり雪景色で別世界に行ったよう。

9d46d5e2.jpg


土日はイルミネーションが美しいらしいが、寒い夜の運転に自信なく、昼間にしてよかった。


貸し切り状態のレストランで昼食をとり、ゆっくりと話に花をさかせ、雪もちらほらする景色を見ながらのひと時だった。
ありがとう。

sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2014年01月10日

おすすめの講演会情報

イクメン講座・・・

   大山町地域子育て支援センター主催で行われる
   1月13日(祝)10時〜12時
   場所は大山町保健福祉センターなわ

   小崎恭弘氏(神戸常盤大学教育学部子ども教育学科・
   ファザーリングジャパンでもある)
   2年前にも来町され、パパ達の笑顔が印象的だっ た。
   パパ達が講座を受けている間にママたちは
   リフレッシュセミナーが同時開催される。
         
   申込は本日までであるが、パパに是非と思っている 方は、
   託児無しでの見学でもされてはどうでしょう。


「子ども・社会を考える」講演会シリーズ・・・

   東京ブックスタート支援センター主催で行われる
   2月16日(日)13時〜15時半
   場所は東京都渋谷区  津田ホール(JR千駄ヶ谷駅すぐ)

   テーマ「赤ちゃん・絵本・ことば」
   谷川俊太郎氏(詩人)
   榊原洋一氏(お茶の水女子大学院教授)
    NPOブックスタート理事でもあり
   小児科医の話は興味深い。
          
申し込みはFAX03-5228-2894

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2014年01月09日

ブックスタート2日目

ブックスタート2日目の今日、ボランティアが昨日の捕捉にお願いしたので、少ないからと要請があり、行くこととなった。
いつもなら、木曜日は教室があるので行けないのだが、お正月でお休みとなったのでちょうどよかったのである。

それでも、はじめは少ないようだったけれど、お話し会のグループの方たちが順序よく入って下さり、なんとか赤ちゃん親子を待たせることなくできた。

雪がちらつく中、赤ちゃんを連れてのお出かけは大変である。
ましてや上の子を連れての(ちょうど2歳前後)ママの言うことも聞くことなくあちこち走りまわり帰りの駐車場へも大変だろうと声をかけると、「大丈夫です」と、二人抱えて行こうとされたので、手があるからおくりましょうと言って車まで送ることもできた。

ブックスタートで公立保育園から手伝いに来られているお知り合いの保育士さんと合間に話すことができた。
保育士が足りなくて困っているとのことだった。
保育士資格を持っているママたちの中で(退職された方も)仕事をされる時間帯が合えばチャンス到来ですよ。



sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2014年01月08日

ブックスタート・・地域で応援

今月のブックスタートの赤ちゃんの対象児は今日だけで71組、明日と二日間で何組になるのか把握はしていないけれど、いつもの月より一日で10組も多い割には、ボランティアの人数が少ないと担当者から電話を入れて集まって来られた。

さすが、先月の研修会の効果もあってか、人数が十分に揃って赤ちゃん親子を待たせることなくスムーズに流れて行った。

研修会に出ている方は、何よりも大切な、「地域で子育て応援していますよ」の気持ちが言葉の節々から感じ取ることができた。
「先日の話、よかったです」と声をかけてくださった方も数人いらして実践につながったことがとてもうれしかった。

研修会に参加していない方への対応は、新年度になってから再度集まることになっているので、確認し分かち合えればいいと思っている。

赤ちゃんは、ほんと! すごい!。
周りの人たちを癒し元気にしてくれる。
そんなことがママにも伝われば何より嬉しいことはないのである。



sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2014年01月07日

子育て支援において

赤ちゃん訪問や子育て相談をする中で、子育て中のママたちの子育てにおける(出産なども)費用の負担は不安の一つでもある。

4月からは消費税も上がるという中で、出産を控えた準備など早めの対応も必要だと思案しているのが現状である。

妊婦さんも健診時は助成もある中で、健診での健康で問題がなければいいのだけれど、鉄分が足りないなどの薬の服用などは負担しなければならない。
日頃からの健康な体作りは大切なことである。

上の子を保育園に、小学校に、その度の準備の費用など、子育てをすることは経済の安定はもちろん心身の健康など先の見通しも必要不可欠である。

あわてて「どうしよう」と悩むママたちもいる。
見通しをもってたくわえておかなければならない。

子育て支援・少子化対策において、出産時の負担金など等、もう少し何とかしてほしいものである。

現代社会は、携帯スマホ・車・電化製品等などの生活水準優先で子育て家庭での若い夫婦などは倹約等の苦労やノウハウも「大丈夫!?」と、余計な心配をしてしまうのである。 


sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2014年01月06日

新たな出会い

FMラジオ子育て相談「すこももの子育ての旅」のこれまでの毎週木曜日から月1回の第一月曜日に変更させていただき、今日がMCのユキナちゃんと初めての顔合わせ。

4歳児の息子ちゃんがいるというが、学生のようなかわいらしく童顔のママだった。

子育ての話をいろいろと聞いてもらいたかったとのことで楽しみに待ってくれていたことを知り、こちらとしてもうれしかった。

日頃の気になることなども素直に表現されて、懸命に子育てしながら仕事もこなしていることにエールを送る。

今後、子育てについての深い話もできそうである。

助産師さんからの相談も、ママたちの対応で困っていることなどあったが、たくさんの子育て中のママたちとのかかわりや、子どもの発達においての理解ががあるからこそ、きちんとしたアドバイスもできるのだと納得される表情に、お役に立てたことを嬉しく思ったのである。〜感謝〜

sukomomo at 18:37コメント(0) |  

2014年01月05日

ソーシャル・インターアクション

赤ちゃんの脳神経機能の研究を進めるオランダ・アムステルダム大学研究員の発表から、生後一年目の乳児の発達にソーシャル・インターアクションと共感の重要性について、紙芝居文化の会からの報告が会報に載せられていた。

ソーシャル・インターアクションとは、「人と人とが互いに何かを一緒にして、互いに反応し、互いに影響し合うこと」「人と人とのやり取り」を指す専門用語である。

聴覚領域・視覚領域・社会性領域・感情領域における乳児の発達に大きく影響される。

特に胎児から母親の声を聴いている母語の集中することは、ソーシャル・インターアクションにおいても重要である。

このソーシャル・インターアクションにおいて共感する心も自然に現れてくるというものである。

ブックスタートやアートスタート、紙芝居などママからの声で聴いたり反応を受け入れてもらいながらの生後一年間の赤ちゃんにとっては、とても大切なものなのである。 

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2014年01月04日

初顔合わせ 諸々

「子育ての旅」の卒業生親子に遭遇する。

家族揃っての帰り際、私がトイレに入らなかったら会うこともなかっただろう。

新年のあいさつもでき、子どもの成長も観られて、遭遇することは嬉しいことだ。

「またね!」と別れると「だーれ?」とママに聞いている。
そうだよね。
ママとはよく話すけど託児などで共に遊ぶことは少ないし、3歳になったからこそ「だーれ!」なんて、ママと親しそうに話しているのは誰だろうと関心をもつ・・・子どもってすごいなぁ・・・!とその声をききながら微笑んでしまった。



新年初の健康クラブ。

お餅とお節料理で運動不足もあってか、お腹のあたりが一回り?!大きくなった感じだったので、今日の始まりを待って出かける。

体を動かすことは気持ちいい・・・・改めて実感。
ありがたく感謝です。

sukomomo at 19:28コメント(0) |  

2014年01月03日

成人の仲間入り

毎年3日は成人式が開催される。
新成人の皆様、ご家族の皆様おめでとう。

早めに会場に入り、今年の会はいかがなものかと期待して来賓の席で心待ちにする。

アナウンスの始まりの案内があるけれど、なかなか席に着かない新成人たち。(懐かしい友だちとも久しぶりに会って話も弾むでしょうから)

式が始まると、昨年のようにあおるようなこともなく、落ち着いている様子に安堵する。

ベビーを抱っこしての参加する新成人を迎えるのも初めてのこと。
赤ちゃんも落ち着いていて式の間も泣くこともなくホッとする。

「えらいなぁ」と思う反面、「式の間だけでも観てくれる家族は居ないのか?」とか、いろいろ思いがよぎったけれど、その後のスーパーで見かけた様子でもしっかりとママぶりを感じて微笑ましく思った。・・・がんばれ!。

そして、今年の誓いの言葉には次世代を担う力強いコメントだった。
大学生になり、この地を離れて地元の良さを感じた。
美しいこの地を残し続ける政治家を目指すというたのもしいものだった。(蔭ながら応援してますよ・・頑張って!)

若い世代への負担が少なくなるためにも、年と共に健康でいなければならない。
改めてそう思うのだった。

心身ともに健康に過ごせますように。



sukomomo at 19:03コメント(0) |  

2014年01月02日

実家で新年会

お正月久々の親戚が顔を合わせて新年会。

子どもたちが幼かったころと違い、それぞれの成長を感じながら楽しいひと時を過ごすことができた。

実家が和やかなからこそ、こうして親戚中が集まって分かち合うこともできる。
改めてありがたく感謝である。

高校受験生・大学受験生それぞれもみんなの気になるところでもある。
健康に気をつけて精一杯の努力をし結果を出してほしいと願う。

社会人一年生になった孫も元気に頑張っている姿を見て安堵する。
親戚の子どもたちの先輩として学べることもこのような集まりがあるからでもある。
成長の途中にいる子どもたちにとっても大切な新年の集まりがうれしい。

元気に集まれる年はいつまで続くのだろう。〜感謝〜



sukomomo at 20:04コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: