2014年03月

2014年03月31日

子育て世帯に支援金!?

桜が咲き始めた。

政府は、今日子育て世帯に一万円の支援金を自治体を通して提供するとの報道だった。

一時的な対策では、子育て家庭ではないよりもありがたいことではあるが、それで解決できるものではない。
消費税の上がったことについての対策らしいが、最低の衣食住の生活していくための増税はいかがなものかと思う。

例えば子育てに必要な食品や生活消耗品等の品目は考慮すべきだと思う。
外国のように加工品やぜいたく品等の増税をしていくような配慮もして欲しいものである。

皆さんは、どう思いますか?

子育てにやさしい政策を希望します。

sukomomo at 18:41コメント(0) |  

2014年03月30日

雨の中で頑張ってます

テニスWの大会があり応援に駆け付けた。

朝から雨・・・・。
昨日とは温かさも違い肌寒く風も強い中で女子も男子も雨の中頑張っていて、スポーツの厳しさも感じながら、そんな経験をして心も体も育っていくのだろうと思いながら観戦。

社会人の態度・・・思うようにいかないからとボールに当たっている行為は観ていてどうかと思う。
ましてや、学生を相手にやっているのだから、大人としてのお手本を見せてほしいものである。

紳士といわれるテニススポーツにも傷つくものである。
モラルに欠けるなぁ・・・。

私だけがそう思っていたのではないようだ。

そういう大人を相手によく頑張りました。
きちんと後始末もでき素敵な学生でしたよ。

sukomomo at 17:22コメント(0) |  

2014年03月29日

公会堂リニューアルオープン記念式典

本日、公会堂のリニューアル記念式典が開催された。

天候も(雨の予報が)よくなり、夕方まで持ちこたえてオープニングのがいな大鼓の響きからテープカットと始まり、貢献された方々への感謝状なども渡された。

記念演奏会では、日本舞踊やフルートアンサンブル、山陰少年少女合唱団が披露。
中でも合唱団の子どもたちのハーモニーが素晴らしく素敵だった。
素晴らしい!

全体的に白と木製の色づかいでリニューアルされ、研修室なども使いやすくなっていた。

前回の図書館のオープンの際も会議室等充実していたが、ここでも集会など利用できる。
いずれにしても子育て中のママたちの集まりには、使用料がかかるのでいかがなものかと思う。

市長は文化の町を強調されていたが、子育て向きの文化活動も取り入れていただけるようにしていきたいものである。

知り合いのママは、建物ばかりにお金を使わないでもっと子育てや教育にやさしいお金の使い方をして欲しいと言われていたことを思い出しながら、今度は子育て・教育に重きをおいていただけるような政策に期待したい。

sukomomo at 18:12コメント(0) |  

2014年03月28日

あっという間の初夏!!

友だちに付き添って鳥取に出かけることになった。

気温が上がるとの予報だったので一枚軽くしての服装だったにもかかわらず、何ともまあ!暑い!。
後でのニュースでは24度もあったとのこと。 暑いはずである。

時間が空いたのを利用して砂丘から福部のラッキョウ畑を。
何ともきれいで外国にでも行ったよう。
写真も撮り忘れて…後で「しまった!」遅かりしである。

畑には、黄色く染まった菜の花畑も・・・。
日本の四季に改めて感謝!

春休みのせいかウイークデイにもかかわらず人も多くて・・・春(初夏)の気配を感じる今日だった。


sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2014年03月27日

自分みつめ

思春期の子どもたちを巡るさまざまな状況に触れることがある。

中学生で不登校になった子、友達を異様に意識しすぎて自分本来の意思がない子、将来の夢がはっきりしないイメージできない子、親と口をきかない子等など。

先日の宮地敏子氏の講演会でも紹介された幼い頃からの祖父母とのかかわりが子どもを育てていくように、幼い頃から、自分自身の意見をしっかり言えることができるようにしていきたいものである。

お互い話し合わなければ空想や妄想では誤解が生じる。

子どもの頃に、泣いてばかりいる幼子に、「泣いていてはわからない。言葉で話しなさい」と言われた記憶があり、意見を言う癖がついたと言われる知り合いがおられ、なるほど、よく人の気持ちをキャッチし、きちんと言葉で返される方だと、日頃から尊敬していた人。

これから社会に出て人間関係にもまれながら成長していくのも自分次第。
受験に成功・失敗いずれも人としての目的は成長するためのものである。

理解するのに、早い遅いの個人差はあるけれど、人ではなく自分自身を見つめて、より成長できる人間になるための、老人になってこの世を終わるときまでの課題でもあるのである。
だから、あせらず自分を見つめ磨いてほしいと、思春期の子どもたちにそれぞれの旅立ちのこの時期に贈りたいメッセージです。 

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2014年03月26日

新年度に向けて

今日は、午前・午後共に会議の日となった。

新年度に向けての諸々の事務手続きや研修など、また、生涯読書をすすめる会では、来月の総会に向けての確認や、ブックendライフの会報の出来上がりに感想などを分かち合った。

人との出会いの中で、いろいろな研修や自身の価値観から広がりや繋がりを見出す生涯読書の会を改めて、すごいと思える実感でもあった。

価値観の広がりを多くの方たちにも味わってほしいと思うのですが、これも縁、自らの一歩でもある。

会の始まりに時間があったので、書店内の新刊を見てまわり購入。
レジに知っているママがいたので、近況を聴き、この春中学3年生になることなど子育て・子どもの成長をうかがった。
ほんと!嬉しいものです。

子どもたちは、春休み。
新年度に向けて、心身共に調整し元気に登校し新学期を頑張って楽しんでほしいと願います。

sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2014年03月25日

品不足に?!

スーパーに行ったら、日用消耗品がほとんど売れてしまっていた。

皆さん、消費税アップの対応に備えてらしい。

あらら・・!呑気な私としては、やはり買い置きをしておかなければならないのかなぁ・・・。と、あまり安くはなっていなかったティッシュの箱を後わずかだったので買い求めた。

今日は、人も多く消費税アップの影響はすごい! 

消費税アップをして、社会保障が豊かになるなどというが、実際になってみなければ何ともいいがたいものである。

差別なく、貧困世帯も豊かになる社会にならなければならない。
お願いしますよー。

sukomomo at 18:17コメント(0) |  

2014年03月24日

生活習慣をしっかりと

「早寝早起き朝ごはん」は、小学生のキャッチフレーズとしておなじみの言葉である。

スマホやゲームにより睡眠不足の子どもたちが多い中で、甲子園に挑んだ都内の高校生の生活日記が発表された。

個々に限られた時間を大切に使うことで自分見つめをし、強くなるためにはどのような時間を過ごすことがいいのかを毎日の日記に書くというものであった。

親や、教師から押し付けられるということではなく、しっかりと考えを見出していくことが、毎日の日記から気づき行動実践へとつながる。

体力づくりをするためには、生活習慣も見直す。
睡眠・食事・運動・勉学とバランスよく実践する高校生の甲子園に臨む姿に心が動く。

当たり前のことだけれど、現代社会は乳幼児期から生活習慣の乱れが気になるところである。

のちのち子どもにとっても親にとっても自然と安心安全な体力づくりに繋がっていくことを知らないということなのだろうか。

心身の健康には、早寝早起き・食事・運動が基本であることを家庭教育の中で一番に考えていってほしいと痛感するのである。

sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2014年03月23日

人との出会いで心が育つ

テニスの大会があるというので、応援に駆け付けた。

上手な人たちのグループの大会というので、その仲間入りをして臨んだ。

母親の話によると、相手の(他校)特徴もつかんでいて、それなりに相手のうまいことを認めていることや、今日の試合を楽しみに望んだということだった。

いい試合が展開されたが、結果は残念ながら一回戦で負けてしまった。
試合直後、二人でにこやかにお互いの苦戦を分かち合ったりする姿に、子どもの成長を観ることができた。

負けず嫌いなこの子が「大人になったなぁ・・・」と。
試合の度に交友関係を観てきたが、人との出会いがこの子を育ててくれていると感じるのである。

親や身内はもちろんのことだけれど、他人とのかかわりで成長が明らかに違ってくる。

私のよく話している思春期の「類は友を呼ぶ」とはこのことでもある。
その子の持っている性格などもあるけれど、人との環境は人生をも変えてしまう。 

これからもいい出会いを自ら切り開いて人としての成長を育んでほしいと思い、自分自身も振り返りながら、人との出会いに感謝することの原点に帰る日でもあった。〜感謝〜


sukomomo at 18:31コメント(0) |  

2014年03月22日

久々の花回廊

久しぶりにすっきりと晴れ渡った日、花回廊から観える大山は、太陽の光を浴びてより大きくそびえ立っている。

「いつもより大きく見えるねぇ」と話す。私だけ感じたのではないようだ。
大きく迫ってくるごときに一段と凛々しく雄大な姿を観ることができた。

チューリップ達も4月に向けて仲間入りをしていた。

子連れの親子もちらほら・・・。県外の方が多いようだった。

昼食は、さらに大山のふもとまで行って、車から向かっていく大山は、伯耆富士といわれるように、岸本から上がっていく姿がまっ正面で、ここからの大山がとても好きなドライブこーすでもある。

携帯のカメラで写して見るけれど、何とも小さく写ってしまい、しっかりと瞼に入れておくことにした。

この地に住んでいるありがたさをお互いが分ち合い、雪化粧をした真っ白な大山を眺めながら話も弾み食事もおいしく幸せなひと時を過ごすことができた。〜感謝〜

sukomomo at 18:04コメント(0) |  

2014年03月21日

お彼岸で

お彼岸、寒さが舞い戻って来た今日、実家や姪のところへお墓参りに出かけた。

実家では、しっかり待っていてくれて、子どもたちも顔をそろえて笑わせてくれる。
大きくなったなぁ!

長男はこの4月から社会人だものね。
だんご3兄弟の幼い頃は、ほんと!賑やかでどうなる事やら・・・・・。なんて思うことも・・・・。
皆、よくぞ育ってくれました。 
ありがとう。


姪のところは、タイミングが合わずに留守・・・。
電話をし伝言で、また出直すことに。
いろいろと忙しそう。
寂しさも乗り越えて??親子で頑張っている。
ふぁいと! 

子育ての旅OBママから第二子女児誕生の報告が…おめでとう。
孫ができたようでうれしい知らせでした。
会えるのを楽しみにしていまーす。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2014年03月20日

ブックスタートワーキング検討会

今年度の報告と来年度の選書や予定など、行政とボランティア約20名での会が持たれた。

先日の絵本の減冊にまつわる話題も出て、再度、来年度への希望も出された。

前回欠席だった方も初めて聴く情報にびっくりされたようす。
ボランティアとして、赤ちゃん親子へのかかわり方なども再確認して充実した会だったと思う。

来年度もさらに「子育て応援していますよ」のメッセージが伝わるよう絵本と共に心も届けたいと思う。


午後からは、赤ちゃん訪問に。
ママの体調もよくないため外出もできなかったということで、しっかりと子どもとのかかわりを重視し遊びを楽しんだ。
また、二子の妊娠と共に子どもへの関わりに戸惑っていることもママの口から聴き、子どもの成長と共に親の言う通りにならないことも順調な面であることを話すなど、前向きに子どもへの見つめ方ができるように。

子育て中のママたちの声をしっかり聴きながら受け止めていく。
そんな地域の身近なお付き合いができるような環境がないものかと痛感するのである。

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2014年03月19日

体調管理を・・。

大人も子どもも風邪をひいて寝込んだという話がここ2.3日のうちに数件もあった。

日によって、朝夕など、気温の差が激しいのに対応できないことも原因の一つである。 

食事・睡眠はもちろんのこと、手洗い・うがいも念入りにしていきたいところでもある。

一週間も寝込んでしまったというママもいるので、十分気をつけてくださいな。

ママが寝込んだら家族への影響は大きいです。

日頃から、子どもたちの自立も大切なポイントで、最低限自分のことは自分でできるようにしておくと、いざという時に安心です。
子どもたちはママの心配をしつつしっかりしてくれます。

日頃からの備えはとても大切だと、体調が悪い時は特に思いますよね。

早くげんきになーれ!

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2014年03月18日

もっと大切に!

子どもにまつわるいろいろな悲しい事件が後を絶たない。

幼い子どもは、荷物ではないですよ。
ネットでベビーシッターをチョイスしてあづけるなどと・・・。

シングルマザーや各家族でママが生活をしていくために経済を優先するなどの事情があれば、それなりのサポートを自治体は提供していかなければならないし、これまでの待機児童などは前々からの課題でもある。

ましてや、2泊三日などと(一泊でさえも)子どもは、他人の中で不安を抱え、特に夜はきっと泣いていたことでしょう。

幼い命、生まれてきたという素晴らしい出会いを、もう少し大切にできないものでしょうか。
近所づきあいや、年配者ももっと若いママたちへの関心をもって社会貢献をする気持ちで関わってもらえないものでしょうか?

行政は、ハード面ばかり考えての対応が多い中、もっと質の良い心のこもった手厚いサポートが必要ではないかと、今日の報道から痛感するのである。

そして、結婚して子どもを産み育てる前の性教育や心・モラルなど、「赤ちゃんふれあい教室」等の体験はより重要な取り組みであることを再認識する日でもあった。

sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2014年03月17日

男女共同参画研修会

消費税のアップを前にファイナンシャルプランナーの話と女性人材バンクの登録会員への研修会が開催された。

3時間にわたっての研修会は、本音!少々疲れる。

後半は、米子市総合計画「いきいきプラン」の説明であり、生活充実都市・米子のさらなる発展を目指しての取り組みが2011年から2020まで、2014年現在の成果なども見えてきて、今後への期待も感じるものであった。

しかしながら、実際子育て支援の充実は、来年に向けての計画でこれからという現在である。

えがおサポートの子育て支援の本当に必要とされている家庭(子ども)へのサポートや、祖父母から離れて暮らす若い親たちのゆきすぎない支援のあり方や、、次世代への青少年教育など今後の取り組みの見直しを含めて関心を寄せるところである。

私なりにお役にたてる人材であるために心見つめて学び備えておきたいと思う。

sukomomo at 20:11コメント(0) |  

2014年03月16日

老人と子どもをつなぐ絵本

本の学校「生涯読書をすすめる会」基調講演会開催。

我が会長のセレンディフィティによる縁から宮地敏子氏をお招きしての講演会が実現となった。

日本は世界でも高齢化社会が短期間ですすみ、その中での子育てなどに関わる大切なものが失われていることなど、共感する話の数々であった。

たくさんの老人と子どもとの関わりある素晴らしい絵本を紹介してくださり、相互に心のあり方など効果の高いものであることも実感できた講演会だった。

日頃から、高齢者と子どもが一緒になって過ごせるチャンスを探っていたけれど、今日の話をお聴きして、やはり「これだ!」と納得ができた。

お年寄りのサロンなどに子育て中のママたち親子が参加できる仕掛けづくりをつくっていくことをしていきたいと思った。

核家族化している社会の中で相互的にメリットある取り組みとなることだろうと思うのである。

講演会後は、宮地氏を囲んでお弁当タイム。
お弁当をいただきながら、お医者さん・地域のボランティアさん・IT関係者の皆さん方の取り組みも聴けて、素晴らしい方々の出会いを、縁あって今日の講演会に巡り合ったことに感謝だった。

sukomomo at 17:49コメント(0) |  

2014年03月15日

子育て・教育部定例会

今年に入って年間計画を立てた第一回目に予定されていた担当の欠席ということから、支援ネットの活動報告をすることになり、子育ての旅や赤ちゃんふれあい教室、そして、子育てサークルの支援などの話を情報提供させていただいた。

今日の会は集まりが遅く心配していたが、今回から参加していただくことになっていた歯科医の先生も熱心に仲間入りをしてくださり、支援として何が大切かを話し合った。

この話も踏まえたうえで、第三回の子育てフォーラムについて内容構成をしていくことができた。

お陰さまで、何とか見通しがつき、実施に向けて細かく連携を取ってできるだけたくさんの方々に参加していただくようにしていきたい。

今日欠席の皆さんへの連絡は、チラシができ次第して手分けをしていこうと思っています。

第三回子育てフォーラム 「子どもの主張!!」
6月14日(土) 13時30分〜16時30分
コンベンション 情報ステーション


皆さまご参加くださいね。 

sukomomo at 20:52コメント(0) |  

2014年03月14日

今日のいろいろ

夜中には地震があり結構長い揺れが続いていたので持ち物をきちんとしていないことに不安を感じながら、日頃の備えを反省する。
「ちゃんとしておきましょ」

教室の生徒さんからの連絡で教室の前にランチを共にすることになった。
お孫さんのこと、ご主人のこと、兄妹のこと等など話題は尽きない。
今朝の地震の話題も・・準備をしていてもどこに置いたやら・・・なんて笑い話になったけれど、大切なことである。

今日は、このところ気になっていた公立高校の合格発表の日。
午前中に連絡があるかと待っていたがお昼過ぎに着信が入っていて気付いたのは2時間も経っていた。
合格おめでとう・・・これから夢に向かっての第一歩がんばれー!

また、お孫さんが不登校になっているというおじいさんからは、卒業式の日には自分から学校に行くと言って出席したとの報告もいただいた。
最近は、友だちがいなくなってからの放課後に学校へ行っているという。
ここから少しずつです。
焦らず見守っていきましょう。

卒業や修業、転勤などの締めくくりの3月に、皆さんそれぞれの新たな思いで幸せに向かっていってほしいです。

sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2014年03月13日

ママたちの同窓会

大山「子育ての旅」8期生の同窓会に出席させていただいた。

全員ではなかったけれど、皆さんお元気で4月からの仕事復帰や子どもの成長など話題が盛り上がり、気になる子育ての相談なども分かち合った。

近況報告では、いろいろとアクシデントもあった中で前向きに生活し家族との輪が深まったことなどママたちの話に引き込まれ、すごいなぁ!と感心することも多々あった。

子育ての旅での仲間づくりがいろいろな生活の中で生かされているのに大変うれしく思い幸せなひと時だった。 

行く道中では大雨で嵐のような中、運転に不安だったけれど、皆さんの顔を見て晴れ晴れと吹っ切れた。

子育て中のママたちとのいろいろな話の中でいつも思うことは、「この場にいられて幸せだなぁ」と、何をしてあげれるわけでもないけれど、遠慮なく話してくれるママたちの存在に感謝するばかりである。
ありがとう。

sukomomo at 19:07コメント(0) |  

2014年03月12日

雄大な大山に・・母はつよし

このところ、PM2.5や黄砂等で天気が良くても大山の姿を観ることができなかったけれど、今日は久しぶりに雄大に雪化粧をした大山がくっきりとそびえ立っていた。 

2.3日前には冬山登山者の遭難のニュースも聴かれたが、何事もないような凛とした表情の大山は、私たちの日常の一つ一つを見届けているかのような悠然とした感じだった。(黙とう)

いろいろな困難などもそれぞれにあることを私たちは、自身を見つめて前に進んでいかなければならない。

今日偶然に双子ちゃんのママに会った。
今年二人とも大学に受かったとのことでスーツを買い求めに来ていた。
おめでとう

県外別々の大学だということだったが、一度にかかる費用はなみたいではない。
「大変なんですよ」と、
学割が利くからとチラシを見せてくれた。

ママよりも大きくなった息子二人を連れての買い物だった。
親は、子どものために何とかする。
母はつよしである。

きっと子どもたちもそんな親の気持ちをありがたく感謝して頑張っていくことでしょう。

sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2014年03月11日

卒業おめでとう

中学校の卒業式に参列させていただいた。 

3学期通しての3年生との赤ちゃんふれあい教室の関わりから、毎年この時期になると成長を蔭ながら喜んでいたが、今年度は、参列させていただき卒業という場に立ち合うことができて一人一人の成長を見届けることができた。

卒業生も在校生もしっかりしていて素晴らしい卒業式だった。

在校生の送辞も落ち着いていて、3年生を敬い関わり合ったことを感謝と共に自覚し、次への意欲も感じられた。

また、卒業生の答辞は、さらにしっかりとしたものだった。

赤ちゃんふれあい教室の時よりもさらなる大人への進歩が感じられ、感激的で長い長い答辞に心が伝わった。
皆、しっかりしているなぁ。

今年は特に仲良しで思いやりのあるクラスだったけれど、最後まで絆がしっかりしているのを感じる卒業式だった。
先生方の愛情あるご指導に感謝と共に、各家庭での愛に恵まれた子どもたちだったのでしょう。

これから目標に向かってはばたいてほしいと心から願います。

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2014年03月10日

子育て支援・・・市議会質疑応答中継

米子市議会による議員の方々の市長や各担当部に対しての質疑応答の中継の案内を受けて、各議員の方々の懸命な行政に対する要望などを聴くことができた。

全議員の方の意見は聞けなかったけれど、
率直な感想としては、二言目には「国が・・・、国が・・・・」との解答が多く、当たり障りのない解答で「これだっ!」というものは感じられなかった。

それでも熱心に質問をしてくださる議員の方の思いや情報など公開でき、ありがたく一歩を踏み出したのではと自分なりに感じることもできたのである。
子育て支援者の意見等を踏まえて発言してくださった議員さんに感謝です。

子育てにしても原発にしてもその他の次世代育成等など、安心して暮らせるまちづくりを意識し各部の連携をとり進められていくために市長や行政、議員の方々の責任ある行動は、市民の心を動かすこともできる。
そのためには、皆、関心をもっていくことが大切なのではないかと思うのです。

sukomomo at 18:52コメント(0) |  

2014年03月09日

無駄なことなんて何一つない!

人それぞれに家庭環境や生活環境において価値観や考え方が異なっている。

思い通りのいい結果がでて嬉しいことばかりではなく、思い通りにならなくて悔しい思いや悲しい思いをすることも生かされている人生には大なり小なりあることと思う。

若かりし頃は、失敗したら情けなくて自信喪失にもなって悩み苦しんだこともあるが、悩んでみてもどうすることもできなかったことが明らかである。
 
その分、そこから一歩前に進んでいくしかない。
失敗が教訓としてより大きく成長させることが明らかであることがこの年になるとよくわかる。


今の時期は大学・高校・就職などにおいて若者たちはいろいろな経験をしていることだろう。
そのことが今後の人生の肥やしとしていくかどうかでその人の人格が確立していくのである。
失敗したら失敗した分大きく成長するように。

客観的に子どもたちを見ていて、心から応援し祈るばかりである。

sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2014年03月08日

子育て相談から

この春新一年生となるが、学校になじめるか心配・・・!
というママからの相談は、引っ込み思案で一人遊びを好んでいるので友達とのかかわりがうまくいくかどうか心配だということだった。

年長組になるとほとんどが友だちと遊ぶことを好んで友だちのまねをしたりすることで共感し仲間意識も出るけれど、
個人差もあるが、じっくり遊ぶことを満足した体験から次のステップ友だちとのかかわりもでるというものである。


保育園の先生から気になることを言われなかったら、特に発達の遅れはないので、家庭でも相手になって一緒に遊べるカルタやかくれんぼなど意識して遊ぶようにするなど一人遊びから数人で遊べる楽しい体験を重ねていくようにして見ることも一つの方法だと思います。ヨウコソキシャポッポ 

また、絵本など読んで共感できるような言葉がけをすることも大切ですね。

車やブロックなど遊んでいるときに集中しているからと一人にさせないで、ごっこ遊びへと発展することもいいでしょう。

一人遊びと集団遊びのバランスよく楽しませていくことで友だちとの距離も近くなっていくことでしょう。公園3

自分の気持ちを表現できる子は困った時なども助けを求め、ことが大事に至らないで済むこともあり、共感・協調は大切な社会性です。

家庭でもしっかり気持ちを聴いてあげることに努めてほしいと思います。



sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2014年03月07日

繋がりをもって頑張っている

子育ての旅OBのママからの連絡でお茶をすることとなった。

子どもたちも保育園等に通うようになってゆとりもでき、1月まで働いていたけれど新しい目標ができたと言ってその話を聴いてほしいとのことだった。

子育て仲間と価値観の共感するつながりから新しく事業もやっていくという前向きな話に、がんばっていることを喜んだ。

私からの経験では、いろいろな人との触れ合いの中で、若さゆえに周りが見えなくなることもあるので気をつけることも触れておいた。

子育てと仕事(自分自身)との両立は、困難もあるだろうけれど、乗り越えていく力がすべての人たちにある。その力を信じて諦めずに進んでいってほしい。
これは、私自身にも言えることでもある。

話していて、私への振り返りもできたひと時であった。

sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2014年03月06日

春の雪に!?

早朝はまだみぞれ模様だったけれど通学・通勤時間頃に雪が降りあっという間に積もった。
それでも多くはなかったので、公立高校受験日の今日大丈夫でしょうと少し安堵する。

私の大学受験の時に大雪が降って大変な思いをした経験があり、この時期になると思いだしては懐かしくもあり、いろいろと家族にお世話になったことなど改めて感謝をするのである。

また、今日は公民館の教室でもあり、年配者の方たちにとっては足もとが心配だったけれど、出かけるときになるとおひさまも顔を出し、積もった雪も融けて、これまたありがたい。

3月の雪だからかなぁ・・春の気配を感じながら教室の後の茶話会も和み、皆さんの帰りも見届けてほっとする。

いろいろな悲しい事件がある中で、どういう育ちをしてきたか?
幼いころに愛情たっぷりと受けてきたのだろうか?
どこから心の方向が乱れてきたのだろうか?等など・・・。

春の雪を見ながら子育て支援を考え子どもたちの幸せを祈るのである。

sukomomo at 17:57コメント(0) |  

2014年03月05日

ブックスタートの日

寒さがぶり返してきた今日は、朝から雨模様。

ブックスタート・健診に来られるあかちゃん親子にとっては雨や雪ではなく、出来れば晴天であって欲しいと思っていたが、ちょうど出かける昼頃には雨もやんで「よかった!」とホッと一息。

今回も73組の親子の出会いに、ブックスタートの思いを頭に置きながら話しかけていく。

来年度は、1冊の絵本になることが残念。

2冊の意味は、あまり関心がない保護者にとってはとても大切なことである。
次へのステップのためにも必要なのだけれどなぁ・・・残念!
諦めずに声を発していこうと改めて感じたのである。

赤ちゃんの絵本を観る様子に今日も癒されありがたく感謝である。

sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2014年03月04日

うれしい情報

米子「子育ての旅」のOBママから、この一月に修了した6期生のママたちを交えて、バトミントンを開催したとのこと。

嬉しい・うれしい情報でありがたく感謝です。

こうしてママたちの輪が広がって大変な子育て期間を楽しみながら乗り越えてもらうことが何よりうれしいですね。

三月は春休みなど予定もまちまちなのでバトミントンもお休みにし、4月から予定しているとのことだった。

また、予定を記しておきますから、皆さん集まってくださいな。

私もできるだけ、顔を出したいと思います。

sukomomo at 17:53コメント(0) |  

2014年03月03日

赤ちゃん訪問

助産師さんによる出産後4ヶ月内に訪問支援が行われている。ごきげんあかちゃん

助産師さんがたのご苦労もいろいろとあって、訪問をするための連絡を取ってもなかなか応じてもらえないのが現状らしい。

私の知っているママたちは、早く来てほしいと不安解消をしたかったことなど聴いていたので、居留守をつかったり電話にも出てくれなかったり訪問前のコンタクトも容易でない家庭があるらしいときいて・・・そんなママたちもいるのかぁ。と。

助産師さんの訪問は、いろいろと情報を提供もしてもらえるし、利用されることをお勧めします。
誰かと話すだけでも出産後のママたちにとっては、気分転換にもなると思うし、あれこれ一人で考えているよりも何かのヒントも気づきもできると思うので、嫌がらずに受けてくださいな。

二人目・三人目で分かっているからというママもいることでしょうが、兄弟皆同じではなく、時の流れでいろいろと変化もしていることもあり、一人よがりになるのは危険ですよ。

行政の援助は最低限の援助です。
子どもがより健全に成長するための第一歩の支援対策です。
嫌がらずに応じてくださいね。

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2014年03月02日

かぷりあ祭

男女共同参画かぷりあ祭に参加。

ボランティアとしての参加だったけれど、時間割がなされていて拘束される時間は二時間程度だった。
楽しんでの二時間は、知っているボランティア仲間とも一緒だったこともあり、あっという間だった。

そのため、運よくクイズラリーや基調講演を聴くことができてラッキー!!。

たくさんの登録団体は毎年食べ物などの出展にパワーアップ、昼食時間を過ぎていたので、わずかに残っていたおはぎやトン汁など食べてから講演会までのタイミングも良く参加となった。

かぷりあ祭10周年の記念講演により、まちづくりで有名な藻谷浩介氏「笑顔が広がるまちづくりの秘訣」と題して、米子の未来をつくる男女共同参画をと、人口や経済の変化などのデーターをもとにわかりやすく話された。


若い世代が働きやすくするために、高齢者は家庭でできることの協力をすることで経済も反映してくる。
長野県のある町の例を出され、こども・若者・高齢者等のバランスがとれている人口により経済的にも心情的にも豊かであることや、女性が働くことや子育てにもっとお金をかけるべきだということは、将来のまちづくりに必要だということも話され共感したのである。

ズバズバと現状を面白おかしくはなされて、これ又、あっという間の二時間を集中して聴くことができた。

億劫だったと思っていたことがとても恥ずかしい気持ちで、やらせていただくことが幸せだと思えるそんな日になったのである。〜感謝〜




sukomomo at 18:46コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: