2014年05月

2014年05月31日

老後対策に

私よりも8歳年下の彼女が、最近定年後の老後に仕事をしていくための対策を本格的に検討し行動に移している。

ただいま実母も介護中ではあるが、子どもたちは都会にでて自立しているので、定年退職を待たずに元気で老後をいかに安心して過ごせるか検討し、そのために京阪神などの会社などへ聞き取りにも行っているようだ。
すごーい!

いつもの彼女らしい先端型の機敏な行動に頭が下がるのである。
彼女と話しているととても刺激になる。


私といえば、いつどんなことになってもいいように身の回りの整理をと気をもんでいる。
考えと行動がずれていて、なかなか片付けもはかどらずに日々を過ごしているのである。

あれもこれも・・・子育てと同様・・・できることを一つ一つやるのみ。
そう言い聞かせて一つクリアーできると次へのステップとなる成功体験の積み重ねである。




sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2014年05月30日

あらら!勘違い・・でした

試写会「じんじん」の2回目がさなめホールで開催される今日、時間の勘違いで午前中に慌てて行ってしまった。

確かめて行けばよかったけれど、7月の上映時間とすっかり勘違いをしてしまったのだ。

今日は、午後と夜との2回の上映だったけれどどちらも予定があったために、7月の本番のためのチケットを預かって帰った。

出かける前に確認しようと頭をよぎった思いをスタート時間に間に合わないと思ってしまい、あわてて出かけたら案の定だったというわけで・・・・。

館長さんの計らいで、チケットは預かることができたのだった。

7月はたくさんの方たちに鑑賞していただき、「何が大切か」を感じ取っていただけたら嬉しい。

7月当日皆さんと共有できることを楽しみにしています。

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2014年05月29日

暑さ対策をして子育てを!

夏日となった今日、子どもの遊び場には配慮が必要。

外に出たがるので、長時間は避けるようにし、水分補給をこまめにすること。

ベランダなど、危険のないように水遊びができるようにすることも一つの方法である。

もちろん地域の子育て支援センターやオレンジカフェなど利用して、地域の人たちと触れ合いながら共に子育てをすることは大切である。

子どもは、ちょっとした散歩でも満足し、ママの忙しさも感じたうえで適応するようにもなるが、我慢が続くと余計に手がかかる行動をしてしまうもの。

ママのちょっとした配慮で関わることを続けていたら、やんちゃを起こすこともなくなるものである。

今日は、ちょっとフォローに赤ちゃん訪問をし、上の子の外出サポートをママにアドバイス。
ママも子どももいいお顔になりました。

sukomomo at 18:44コメント(0) |  

2014年05月28日

2児の新米ママ・・ファイト!  

子育て相談の電話で、5月に2児のママになったばかり、上の子の対応や泣く赤ちゃんを抱えてパニックになっての電話だった。

ちょうど、タイミングよく電話に出ることができなくて、掛け直すこと2回でやっと通じた

上の子は、「外に出たいとぐずるし、赤ちゃんは抱っこしないと泣いて手がかかるし・・・どうしたらいいでしょう」と。

ママの気持ちや様子が手にとるようによくわかるので、上の子は家の周りを少しだけでも散歩するようにして見ることや、パパのいるときに外に連れ出してもらうことなど提案する。

「言い聞かせても理解してくれないので・・・」と、
パパとママがそろっている時に一緒に外に出てルールを体験しながらさせる方法を提案する。
繰り返しの体験で行動ができるようになるのです。

たいていのママたちがこのような不安になる。
近所に少しでも助けてくれる仲良しさんやおせっかいおばさんがいてくれたらどんなにかいいでしょう。

あれもこれもはできないので、一つ一つできることから優先順位を決めてやっていくことが一番いい方法だと思いますよ。

今、できることを精一杯していたら、きっとうまくいきます。
ファイト!

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2014年05月27日

やっぱり緊張しました!

第三回子育てフォーラム開催にちなんで、BSSラジオ毎週火曜日「子育て応援部」の生出演。

子育て応援部には今回で3回目となったが、やはり緊張しました。

10分間はあっという間で、余計なことなど言ってきちんと伝えることができたか少々不安に思い、終了後にディレクターのMさんについついおききしてみた。
が、全く問題はなかったようだ。

お世話になりました。

フォーラムのことで盛り上がったために、近況活動報告を話す時間がなかったので、またチャンスがあれば喜んで行かせていただくことに。

なにはともあれ、
6月14日(土)14時
コンベンション情報プラザ・・・ご参加お待ちしています。


そして、5月31日(土)早朝6時半はMさん担当の放送を楽しみにテーマは回想

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2014年05月26日

赤ちゃんの力はすごい!

中学生の赤ちゃんふれあい教室Bクラスの実施。ママと

今日は雨と強風の中で、赤ちゃん連れでお出かけするのは大変。
ちょうど登下校の時間帯は雨も止みママたちは赤ちゃんを連れて登校してくださった。

子育ての旅OBママは、第二子を出産され上の子と共に参加してくださる。
もちろん上の子は託児でスタッフと遊んで待っている状態。

日頃から子育て支援センターを利用されていることもあり、顔なじみのスタッフで上の子もスムーズに馴染んで行ったようす。

さすが!。大山町は横の連携で子育て支援が充実している。
そんな中でかかわらせていただいていることにいつも感謝である。

今日の中学生は、シャイな生徒が(特に女子)多くて、はじめは緊張していて間をあけて対面するなどだったけれど、さすがに赤ちゃんの力はすごい!。2時間後半には泣いていてもあやして積極的に関わろうとする姿も各グループでみられた。みるく

卒業生パパの参加もあり、「このような授業ができて素晴らしい」とコメントをいただいたり、男子生徒にとってもパパとのかかわりを身近に感じていい授業となった。

初めて参加ママからのコメントでは、「このような命を大切にする授業に参加して、改めてわが子への愛おしさとしっかり育てたいという気持ちが強くなった」との素晴らしい言葉を生徒や先生・スタッフ一同聴くことができて、嬉しさも増した。〜感謝〜 

sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2014年05月25日

学生・社会人等の卓球大会

卓球大会観戦。
高校生以上でクラブなどに所属している卓球メンバーが対象らしい。

実家の三男坊が大会に出るというので応援に駆け付けた。
高校一年生で大会に出ているチームは少ないようす。
先輩チームにはかなわないようだったが、中学生からの経験があってか、かなり年配の強そうなおじさんには勝ち進んでいた。

観てみると男女問わず、かなり年配の方たちも多く、見ごたえのある大会だった。

女性チームもなかなかのもので、こんなにもチームがあるのかとびっくりした。

その中に、鳥取大学医学部のチームもいて、昨年の医療関係大会に参加したときの様子を思い出し、やはり強いはずだと感じるのだった。

真夏日となった今日、皆、いい汗かいてお疲れ様です。(暑さのせいか私も少々疲れました)はくしゅくま



sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2014年05月24日

できるかなぁ!?

知り合いから害がないという毛染めのセットを購入した。

今まで一度も自分でやることはなかったけれど、少し白髪が伸びてくると気になって、美容サロンまで行かなくても自分でやってみるのも経済的でよかろうと思ってのことだった。

が、説明書を読んでみると、何とも面倒なこと・・・・なれないからかも??と思ってはみたものの。
カラー染めだけしてくれるサロンもあるので、その方法もいいかなぁ・・・。などと逃げ腰である。


公民館教室の生徒さんが、薔薇の挿し木をしてきれいに咲いたのでと黄色い可愛らしいミニバラをいただいた。
先日、スズランをいただいた時にあまりにも嬉しかったので、そのこともあったようだ。

私が何度も挿し木にチャレンジしても枯れてしまいうまくいかないのでそのことも話していたからだろう。
いつもお気づかいありがとうございます。

先日、健康クラブの際にお庭のバラ園からいただいた8種類のバラから何本かを挿し木にしてみた。  
根付いてくれたらいいなぁ。

sukomomo at 18:08コメント(0) |  

2014年05月23日

鳥取砂丘へ足をのばして

雑用と友だちに付き添って鳥取へ。
ついでに砂丘へ足をのばした。

今日の日本海は北風のせいか波が荒く、それでもエメラルドグリーンの素晴らしい景色に魅了された。

はまひるがおの花も、うすピンク色で可愛らしく砂丘を引き立てていた。

平日とはいえ、観光客も結構多くて、観光バスも数台。

鳥取県は西から東へと長いが自然にあふれていて、日本海を横に観ながらドライブできる。
今回は、運転しなくてもよかったので景色もゆったり眺められてね。
いいとこで暮らせるありがたさを実感し友とも分かち合い楽しいドライブ日和であった。

すなば珈琲も駅前に・・・ここが噂のすなば珈琲かぁ!
時間的に余裕がなく中には入らなかったけれど次回にとっておくことに!


sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2014年05月22日

子育てフォーラムの広報

久しぶりに、BSSラジオの子育て応援部(毎週火曜日2時30分〜10分間程度)に出演することが決まった。
ディレクターのMさんからの声かけだった。

時々、ブログを観てくださっていて関連した情報に対応してくださる信頼できる人の中のお一人でもある。

土曜日朝6時半〜はシニア向けの番組も担当されているとのこと。
5月31日は、雲南市の鈴木医師の回想のテーマであることも知った。(聴きますよ!)

子育てと介護予防施設との連携でどちらにもメリットがある活動ができることを話したのがきっかけでこの情報を聞かせていただいたのである。

子育てと老人との接点で相乗効果あることはイメージできる。
地域づくりのためにも是非とも実践させたいと思うのである。

すでに介護施設と保育園とを連携し運営されているお知り合いの「エルフィス」さんはとてもうまく行っているように。

子育て中のママたちが気軽に介護予防施設にも行けて、(公民館とは違う場所でも)ママたちが近くで気軽に立ち寄れる場所がまた一つ増える。 
地域とのかかわりをもって子育ての楽しさもまた潤っていくことと思うのである。 


右サイドにも掲載してますが、毎週火曜日2時からは、子育て情報コーナーです。
5月27日は広報に行かせていただきまーす。
お世話になります。



sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2014年05月21日

子育て支援関係者研修会

西部地区の子育て関係者(行政・団体・児童委員・保育園・幼稚園・子育て支援センター等など)が集まっての研修会。

今回は、児童相談所所長の虐待防止・・・子育て環境の現状と課題を講義された。

「虐待は犯罪です」と強く強調された。
私たちは、通告する義務があること。地域の連携が大切であり、自分の役割をきちんと自覚しておくことゃ地域・知り合いの役割を知り連携をとることも防止するする上で大切である。

多くの行政や支援者関係者の知り合いから声をかけられ、懐かしい方たちともお会いすることができた。

保育士さんだった方が園長になられていたり、子育て講演会で保護者として話を何度か聞いたという方からも声をかけていただき、長年、子育て支援に携わっていると知らない人の方が少ないのに改めて年月が過ぎる速さを実感したのである。 

市町村によっては、今年度から行政組織も細かく支援対策を行うためが変更や担当課が増えていたりしたことも知り、広い範囲でたくさんの対策などを得ることができた。

ある町の元校長先生だった方は、保護者の人材育成で継続セミナーが必要だけれど、参加する人がいないことでも悩まれていた。

子どもが大きくなってからでは何事も遅い、乳幼児の子育て家庭を中心にしなければ参加も育成も困難である。

その町に行って何とか支援ができるならば・・・と痛感したのである。





sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2014年05月20日

赤ちゃんふれあい教室

中学生と赤ちゃんとの交流「赤ちゃんふれあい教室」が今年度も今日からスタートした。

担当の教師が転勤等で変わっても8年間続いた形跡は、行政との連携と参加者すべての効果が大きいことから継続に至っていると思う。

今年度、初めて担当になられた先生の感動的感想は私自身の力にもなる。
もちろん、母親や赤ちゃん生徒の皆さんと共に過ごす2時間は命の授業として素晴らしく貴重な体験である。

事前授業からふれあいタイムまで真剣に向き合う生徒の皆さんの様子に今年も感動と喜びを受け取ることができた。

泣いた赤ちゃんを「大丈夫だよ!」あやす男子生徒に大人たちは感動した一コマも。ごきげんあかちゃん

今年度もさらなる拍車をかけて赤ちゃん親子・次世代を担う子どもたちに心のメッセージを伝えていきたい。
たくさんの赤ちゃんが登校してくれました。ママと
ありがとう。〜感謝〜

sukomomo at 18:28コメント(0) |  

2014年05月19日

子育て・えがおサポートのイベント

毎月19日は育児の日。
この日にえがおサポートは感謝デーとしてイベントが開催された。

体にやさしい食べ物やフリーマーケット、癒しのコーナーなど館内全室を使っての広々とした催しだった。

「子育ての旅」のOBママたちにも遭遇し、懐かしく子どもの成長などを聴くこともできた。

ハイハイをする赤ちゃんは階段も安全にマットが引きつめてあるのでママは後ろから見守りハイハイ運動をさせたり(赤ちゃんはしっかりと楽しんでいる)手作り弁当などもその場で広げて食べるなど子連れで楽しい時間を過ごす親子連れでにぎわっていた。

抱っこしている赤ちゃんママに、中学校の「赤ちゃんふれあい教室」の案内をすると、偶然にもこの中学校の卒業生であり、懐かしいから行ってみたいと喜んでの反応もあった。

たくさんの子育てイベント情報があっても、なかなか手にとって観るママは少ないようだ。
声をかけて説明するとよくわかり参加も多くなる。

6月の子育てフォーラムも手渡しに配慮しなければと実感したのである。

えがおサポートはホームページもリニューアルされ、活動の内容もよくわかるようになっているので是非とものぞいてみてほしいと思います。
NPO法人えがおサポートで検索してみてね。



sukomomo at 18:34コメント(0) |  

2014年05月18日

友だちの展示会

私より4つ年上の友だちが、60歳の手習いで始めた「もちもち粘土でつくる花たち」を始めて、数年展示会に招待された。

昨年よりも技術もアップし、繊細な表現がされ、何とも素敵にアレンジされていた・・・・すばらしい!
カサブランカとかすみ草、水仙と黄梅、けしとかすみ草、椿と水仙等などそれぞれの器にマッチし、センスも抜群だった。

本物そっくりの花たち・・・器用さも改めて再認識したのである。

久々に会ったこともあり、2時間近くお茶しながら話に花も咲かせた。お孫さんの話には笑いの多い楽しいこともあってあっという間の時間だった。
「ここに元気でいられるのは孫のお蔭なの」と癌を克服しての習い事でもあったのである。

私も幸せをいただきました。
ありがとう。

sukomomo at 19:37コメント(0) |  

2014年05月17日

子育てフォーラム打ち合わせ会

6月14日第三回子育てフォーラム開催に向けて打ち合わせをおこなった。

熱意のある方たちの集まりとなり、当日の役割分担やチラシ配布広報をお願いし、準備の段取りがついた。

託児は10名まで現在は2名の申込みがある。
これからの広報活動により参加人数も第2回以上に広がっていけたらと思っている。

今回は、賑やかにゴスペルオーブのオープニングに始まり子どもの主張がテーマであり、地元の小学生保護者の方たちの参加を期待しているとともに、企業からの子育て意識のレベルアップにつながっていくことを願っている。  

日本海新聞社からの取材もあり、広く西部地区の市町村の方たちへ関心を持っていただけたらありがたい。

一致団結してスタッフ・参加者皆さんで盛り上げて行けるように頑張りって行きたいと思います。

申し込みは 0859-33-4122  ご参加お待ちしてまーす。



sukomomo at 19:58コメント(0) |  

2014年05月16日

知り合いもつくって!

公民館教室に、新入生が来られる予定であったが(先月見学に来られていて楽しみにされていた)体調を崩されて欠席という連絡を受けた。 

県外から介護施設に転居された方で、知り合いもなく(夫は先立たれて息子さんの仕事のために近くがいいだろうということで)昨年秋に入居されたということだった。

何かあっても介護施設の方からきちんとフォローをされていて、公民館からは目と鼻の先だったので様子も分かり尋ねてみてさらに安心できたのである。 

この方の入会で介護施設と公民館との連携もできたことも今後に地域とのコミュニケーションが広がり深まっていけば、さびしさも軽減し過ごせることだと思う。

せっかくこの地に縁あって来られた方、楽しい思いでづくりに協力したいと思うのである。



sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2014年05月15日

姉を見舞う

日頃から腰痛で悩まされていた実家の姉が、この農繁期に無理をして圧迫骨折という診断が出たとのこと。

田植えの日程変更などをしたために人で不足もあり、そんな中で、3男坊が初めて田植えを頑張って手伝ったことから、祖母である姉もより拍車がかかり頑張り過ぎたらしいのである。

しばらくは安静にしていた方がいいと医師から言われたということだったので、心配で見舞いがてら様子をうかがい、私にできることがあればという思いもあって出かけて行ったのである。

母が生前の時にやはり圧迫骨折が原因で病弱になったこともあり、無理をしてはいけないけれど、歩かないことも筋肉を落とすことになるので、母の失敗が重ならないようにという心配もあったが、思ったより元気そうで安堵した。

いつもバタバタ忙しい姉だっただけに、「少しはゆっくりしなさいね」というメッセージかも・・・!

3男坊は、試験だと言って早くの帰宅に、出会うこともできた。
祖母の心配も子どもなりに受け止めていて、負担をかけないようにしている様子も見られ・・・大きくなったなぁ。と、うれしく思い、安心して帰ったのである。

きっと母親の助言もあったことだろうが、赤ちゃんの頃から祖父母を交えた生活は、やはり子どもの成長には大きく影響する。
やさしさや思いやりなど自然に身につけている姿は、両親・祖父母・周りの大人たちの環境もあってのことだとありがたくて感謝感激なのである。

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2014年05月14日

人生の先輩者

公民館教室の楽しみの一つは、最後に茶話会をして人生の先輩方のこれまでのあらゆる経験談を聴くことでもある。

結婚・子育て・孫育て・伴侶を亡くした・老後も夫婦仲良く・ご近所付き合い・料理・片付け・菜園・花壇等など、やはり人生の先輩者はいろいろ話題豊富である。
 
迷いや初めてのチャレンジなどとても参考になるのである。


若いママたちも、先輩者たちとの気軽に集まれる場所があれば、昔のご近所付き合いらしい支え愛ができ、子育てにも潤いができることだろうと、話を聴いていて空想したのである。

ちなみに、オレンジカフェ・・・地域のお年寄りのよりどころが子育てママたちへも窓口を広げてもらっています。
地域の包括支援センターなどに問い合わせてみてはいかがでしょう。

元気なお年寄りが集まるところですから、きっといいことありますよ。

sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2014年05月13日

おめでとう!生後10日の赤ちゃん

五月のこの連休に出産をされたママを訪問。

10日経って目鼻立ちもしっかりとし、母乳もミルクもよく飲んでいる。

母子ともに元気で上の子も時々名前を呼んで声をかけている。

二人目の子どももできて、少しだけ成長したママは、二人の子育てに少々不安を抱えている。

義母からは「あまり抱っこをしないように」と言われたけど・・・・?と、困っているママ。

よくある話で昔の子育ては、「抱き癖がつくので仕事ができないから・・・」と言われていた。

が、現代は環境もすっかり変わり便利な社会になっているが故に子どもとのかかわりが希薄になっているのである。

だからこそ、泣いたらあやしたり語りかけたりもちろん抱っこは必要不可欠な子育てである。

とんでもない義母のアドバイスに、若いママたちは1歳半まで抱っこをしたくても我慢していたなどという話も聴くことがあるのである。

今は、全国的に赤ちゃん訪問で4ヶ月くらいまでに助産師さんや保健師さんが訪問されることになっているので、この点しっかりとフォローをして欲しい。

sukomomo at 18:22コメント(0) |  

2014年05月12日

子育て相談から

赤ちゃん誕生により、上の子が赤ちゃんがえりをして対応に困っているというママからの相談。

上の子はずーとママやパパを独占していたので、下の子が生まれたことにより、自分への声かけが少なくなり、特にママは赤ちゃんの世話で忙しく、相手をしてもらうことも少なくなってしまいがち、

そこで3歳になるお兄ちゃんとしてはまだまだ手がかかる時期なので要求を聴いてあげてから、ちょっとしたお手伝いをしてもらうことに、

例えば、おむつ交換の際の赤ちゃんの名前を言ってもらう。
     お手てを握ってもらう。
     赤ちゃんに語りかける話題をお兄ちゃんの話題にする。「お兄ちゃんはすごいよー!」「やさしいよー!」       「〇〇が好きなんだよー」等など。

そして、パパのいるときにはうーんとパパに相手をしてもらったり、赤ちゃんをパパに診てもらってママが相手をするなど。

どうしても家の中での生活が多くなってしまうので外遊びをするチャンスをどちらかで役割分担する等など。
赤ちゃんもお兄ちゃんもどちらも大切なんだということを意識して関わることが大切だと思いますよ。
たまには、お兄ちゃん優先の日を設けてあげるのもいいですね。 

この時期、赤ちゃんにはたくさん声をかけてあげることで愛着や表情が豊かになります。
そうすると、仲良し兄妹になることでしょう。

sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2014年05月11日

新緑が美しい中でのテニス大会

松江で開催されている山陰テニス大会に、久々に山陰道を走って・・・早めに出かけたのに迷ってしまい何とか目的地へ。

総合運動公園はで広々とした各競技場があり新緑の美しい中晴天に恵まれての開催となって観戦していても気持ちがよかった。 

姉夫婦や姪夫婦とも一緒になり、皆で観戦できることが何ともありがたく幸せだと感じるのだった。

日頃の子どもたちの近況も知り、成長を喜び分かち合える嬉しさもあったのである。 

テニスは2回戦で敗退したけれど、皆強いチームばかりだと言っていた割には、1回戦は頑張って勝ち進んだ。 

2回戦は、若手の社会人で覚悟をしての戦いだったようであるが、2点を取ったのはすごいことである。
強いチームとすることで、さらに腕も上がるというものである。がんばれー!

頑張っている姿はいつ観ても気持ちがいいもので、時間が合えばこれからも応援に駆け付けたいと思う。

今日もありがとう。 明日からまた頑張れるねぇ!



sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2014年05月10日

賑わう大型スーパーで懐かしい人たちと偶然に

午前中は管理組合の総会に。
無事今年度の予算化もできて協力し合って安心して過ごせる段取りができた。

午後は、姉の付き添いでスーパーに出かけた。

いろいろと観て回っている中で何人の方かと遭遇する。

さすがに日曜日とあって賑わっている。
いつもなら用事を済ませてすぐに帰るのだけれど、ウインドーショッピングも兼ねてのんびり過ごす。

あらら・・・!
懐かしい顔ぶれだぁ・・・「げんきー!」と一言、遠まきに声を掛け合う人から、近況報告がてら話し込んだりする人まで・・・。
姉からは、「知り合いが多いんだねぇ」と。

姉ともいろいろ分かち合い新鮮な気持ちで過ごした日曜日となったのである。

sukomomo at 18:21コメント(0) |  

2014年05月09日

日展行ってきました!

久しぶりに幼馴染と一緒に約束していた日展を鑑賞。

この幼馴染とはいつも文化的イベントを共にする友でもある。

息子家族と沖縄旅行に行ってきたと言ってお土産を持ってきてくれた・・・ありがとう。
なんせ空港運賃は東京からの方が安かったという。(へぇー!)

10年ぶりの日展開催ということであった。
皆、素晴らしくじっくり鑑賞すること2時間近く楽しんだ。
すごーい!

その後は、久しぶりにゆっくり近況を分かち合った。

彼女はお母様の後を継いで仕事も退職し畑仕事をしているとか。
皆、私たちの年代になると農作業をして日々を過ごしている人たちも多い。
昨日は田植えも終えたとのこと。

夏野菜も植え付けたという・・・楽しみだね。

今日は、パソコンを変えての記入・・・慣れないからうちにくいなぁ

sukomomo at 20:17コメント(0) |  

2014年05月08日

ブックスタート2日目

昨日に引き続いてブックスタートの日、ボランティアスタッフの欠席もあり今日も出かけていくことに。

今月は、あかちゃんの人数もいつもより多くて、その分出会いも多い。

あるボランティアさんは「日頃使っていない顔の筋肉を使うねぇ・・」と、自然に笑顔になるので笑顔筋肉のことを言われているのだった。

それほど多くの笑顔を赤ちゃんから受け取るブックスタートなのである。

ママたちは、これまで絵本を全く読んでない方やすでに何冊も持っていて読んでいる方等などいろいろである。

絵本に関心のないママたちも大切なコミュニケーションの一つとして分かってもらえたことに、行政ならではの健診時のありがたさが実感できるのである。

絵本を通しての赤ちゃんとママの笑顔に触れ(スタッフも)今日もありがたく感謝である。

sukomomo at 18:35コメント(0) |  

2014年05月07日

ブックスタートの日

五月初回ブックスタートの日。

今日も可愛い赤ちゃんとの出会いで、絵本をすでに読み聞かせているママや、まだ早いと思っているママパパの中で、とても不安げにブックスタートのお部屋に来られたママがいた。

職員さんの気遣いで前もって「大勢の他の方たちとの同室を嫌がられるママなので早めにお願いします」とのことだった。

そのママは、ダウン症児のお子さんだったために、精神的に不安げにされていたのである。

ダウン症児の子どもを観た経験から今も東京時代の子どもたちのかかわりの中でダウン症の大人になっているKちゃんのことをよく知っているので「大丈夫ですよ・ちゃんと繰り返し言葉をかけて行けば集団生活や自立もできますよ」等など様子を話していくと、笑顔や安堵がみられた。

私の経験が今日のママに役立ったことや、すべての赤ちゃん親子の出会いにこちらも元気をもらい、このブックスタートの取り組みは、毎回素晴らしく行政とボランティアの協働子育て支援だということを嬉しく感じるのである。
〜感謝〜

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2014年05月06日

やはり実家はいいものです

連休最後の日、お墓参りがてら子どもの日でもあり、子どもたちの顔も見たくて実家へ。

長男は仕事に・・・頑張ってるなぁ!
三男坊は部活で留守。
次男坊は連日の大会で疲れたのか睡眠中・・・やっとのことで起床し元気な姿を見て満足。

あれやこれやと話がつきなく、近所からいただいたたくさんの取れたて野菜をいただいて帰った。 

長年過ごした土地での染みついた実家はこの年になってもやっぱりいいものですねぇ。
ありがとう。

皆、頑張っている・・・私も拍車をかけて頑張ろう。

sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2014年05月05日

月一のFMラジオ

毎月第一月曜日の「子育ての旅」・・FMラジオ生子育て相談・情報の今日は、いつものMCゆきなちゃんに代わりユッキーさんと行う。

久しぶりのご対面だったが、さすがにベテランMCさんで聴き上手。
昨年ご結婚されたけれど、子どもはまだ(神様の授かりものだものね)・・きっといいママになると思いますよ。

子どもの日にちなんでのトークで盛り上がる。
スタジオ前では、「4歳の孫がいるので参考になり今夜から実行します」なんて、終了後にコメントをいただいた年配の男性・・・ありがとうございます。

感想を聴くととても参考になる。
どうしても一方的な話になってしまうので、リスナーの皆さんは取り方もいろいろだと思う。

少しでも子育てに後悔しないように参考にしていただけたら嬉しいし、共感できないことは、立ち止まって振り返ってみる材料にしていただければありがたい。

ママとそして赤ちゃん募集
5月20日(火)10時〜
5月26日(月)10時〜
大山中学校3年生との赤ちゃんふれあい教室

申し込み・問い合わせは大山町子育て支援センターだいせん・・・53-1157まで

0歳児の赤ちゃん親子(歩きができるようになった赤ちゃんは対象外です。授業の中で交流するので歩く赤ちゃんの欲求を静止するのはかわいそうだからです)



sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2014年05月04日

よく話したねぇ〜!

心にためておいた日頃の出来事を親しい人に分かち合い(分かち合いは人の意見も聴くのが前提)心をすっきりさせることが大切である。

一方的に話すだけでは、その場ではすっきりすると勘違いしてしまい前進ではないように思う。
だから、私は聴いた後は必ず自分の意見を素直に言わせてもらう。
もちろん、共感するところもそうでないところもである。

人それぞれの考え方や思い方があるので数人での分かち合いはコミュニケーション能力が必要でもあり、3.4人の人数が充実できるように思う。

その点おばさんたちは、うまい具合におしゃべりをしているようだ。
だから長居をしてしまうのもおばさんたちである。

しかしながら、気をつけることがある。
人の悪口ばかりを言うような人には話題を変えて前向きに自身の心と向き合うようにすると、その人も気づきが得られて成長できるのである。

意見を言い合い、充実したおしゃべり会の日となった。

sukomomo at 18:34コメント(0) |  

2014年05月03日

未来の子どもたちのためには

映画「渡されたバトン」を鑑賞。

さよなら原発・・未来への決断・私たちの選択を問われる映画だった。

いつも気になっていた核のゴミの処理をどう考えてみても積み重なる。
福島原発の課題も残したままで、再利用などの方法は見当たらず、次世代にゴミを残すだけとなってしまうことは、いたたまれないのである。

今、私たちは、便利で快適な生活が営まれているけれど、長い将来、子どもたちはまたその子どもたちはどうなっていくのだろうと心配であることは確かなのだ。

未来にバトンを渡すためには私たちはしっかり考えて行動しなければならない。

諦めずに、住民投票で「原発NO!」を選択した新潟県巻町(現・新潟市西浦区)は、原発建設をめぐって、四半世紀という長年取り組んできた実話だったのである。

改めて考えさせられる涙をそそる貴重な映画だった。

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2014年05月02日

すずらんの苗

先週土曜日に、教室の生徒さんからすずらんの苗をいただいた。

以前にすずらんの花が何年か前から姿を見せずに嘆いていたことをしっかりと覚えていて下さり、自宅の庭から鉢植えした株をいただいたのである。

ここ4.5日で成長しイキイキとしてきた。

同じ土の環境から自然と栄養を取っているのだろう。
月日が過ぎていく中で土の環境も変わってくると成長にも影響があるのだろうと、今回はしっかりとお世話をしたいと肝に銘じて毎日声をかけている。

早速、お礼のはがきに成長の様子を記して送ることができた。

はがきが届いたと言ってわざわざメールをくださった。その内容がとても謙虚で優しくて。

心づかいに感謝・・・見習わなければね。

sukomomo at 19:39コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: