2014年08月

2014年08月31日

まちづくり未来カフェ 

まちづくり総合計画に向けての市民の分かち合いワークショップ2回目のテーマは教育・男女共同参画・文化・スポーツ・人権の5項目。

前回のメンバーと新たなメンバーとのグループワークとなった。

全体的に女性は少なく残念だった。

年輩の男性は上から目線の意見が多く(たまたまだったのかもしれないが)テーマやワークのルールもそっちのけで自分本位の行動が気になる場面も、柔軟性がないと他の意見も聴こうとしなくなることもある。
ファシリテーターの役割が重要である。

他グループへの移動もあったので、その分救われた。

もう少し、若者や女性の意見交換が有効にされる場が必要だとも感じた。 

10年後の未来のために計画を立てるのであれば、一つのテーマを5グループで交換するなどの時間をかけることも必要ではないだろうかと今回は強く感じたのである。

教育=人材育成=未来だからである。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2014年08月30日

今年も秋の味覚を

毎年、20世紀梨のこの季節は、東京の知り合いに送る時期、今年もありがたく感謝して届ける段取りができた。

梨農家さんに依頼に行ったら、次世代の若夫婦に受け継がれて、今年も待っていてくださった。

今年の出来具合は、天候の影響で大きさがいつもより少し小さいことや、収穫が少ないこともあって一回り小さい大きさにしてほしいと案内が来ていたが、いつものように注文をさせていただくことができた。

また、埼玉の巨砲が届き、美味しくいただくこともでき、実家のご仏壇にもお供えすることもできた。

秋は収穫季節、食欲の季節、美味しい果物もたくさん採れて、今は稲穂も黄金色になりつつある。

自然の豊かさに感謝してありがたく頂こうと思う。  

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2014年08月29日

悲しいニュースに心が痛む

ここのところ、心なき人の事件が多いように感じる。

心の闇や思いやりに欠けている行為は涙が出るほどの怒りさえおぼえる。

盲導犬の事件などはかわいそうで思わず涙が・・・・。
そして、怒りにと・・・・。

見えないからといってしていいこととそうでないこと位はわからないのだろうか?

自分の心が痛まないのだろうか?

東京にいる恩師が「人が見ていていよう見ていなかろうが、決して手抜きをしない母の愛情は、生き物すべてを平等に育む」と。 

無償の母の愛情を受けて育ってはいないのだろうか?

それならば、その子も犠牲者なのだろうか?!

いえいえ悲しいニュースばかりではない。
被災地では心ある人たちのボランティアの輪が広がっている。
すごいです。


sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2014年08月28日

嬉しい修了式

子育ての旅9期生の最終日フォローアップと修了式を迎えた。

行政担当課長から労いの言葉をいただき、みなさん笑顔でこれからの子育てに前向きに感想が分かち合えた。

ママたちの成長を目の当たりに見られるこの日は、私の至福の時でもある。

都会から転居された方はもちろんのこと、近所に子供連れの仲間がいなくて不安だったことの解決もでき、子育てのスキルや悩みを分かち合い・提案し合い、一か月ぶりの顔合わせに私も楽しみに最終ワークを進めることができた。

6日間託児にあたってくださった地域の人たちとの分かち合いをし、地域とのつながりも心強い。
また、先輩ママたち(卒業生)の託児スタッフの起用など主催側の配慮もうれしい。 

同窓会の幹事も決まり今後の活動も楽しみである。
保育園・小学校・中学校へとつながってしっかりと次世代育成に貢献できますように。

sukomomo at 18:21コメント(0) |  

2014年08月27日

お天道様に感謝

ここのところ雨が降り広島の土砂災害はもとより各地での災害も聞かれる中で、四国香川県でテニスの全国大会があり、実家の姉夫婦や姪たちは応援に駆け付けた。

私も同行したかったけれど、明日の仕事を控えていて遠出は控えることにした。

早朝から車を走らせ余裕を持って現地香川県高松市に着いたことの連絡を受けて一安心した。

天候も良く、瀬戸大橋の景色などのドライブに親子水入らずで娘の運転で孫の応援に駆け付けた姉夫婦は、きっと楽しい思い出となったことであろうと、想像し嬉しく思った。

テニス大会の結果はまだ聴いててないが、結果はさておき、精一杯頑張ったことであろう。
この時間に連絡がないということは、きっと勝ち進んだに違いない。
どちらにしても拍手喝さい。

気をつけてお帰りね。
今日からは雨もやみお天道様に感謝です。 

sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2014年08月26日

3歳児健診に向けて

3歳になった翌月に自治体からの案内で健診が行われる。

前もってアンケートなどがあるようだが、当日は心身の発達状況なども医師や保健師などで行われる。

言葉の遅れなどのある子どもについては、日ごろの遊び体験の様子など詳しく聴いてほしいと願う。

保護者の方たちの中には、パパがゲームをすることを見ていて覚えすでにやめられなくなっている3歳児もいることをきく。 

乳幼児の子どもの前ではできるだけしないようにするなど、健診の中での指導をしてほしいものである。
そのためには、しっかりと家庭での親とのかかわりなど聴いてみることであり、個々の対応をしっかりとすることを願う。

ゲームを禁止すると「泣くから」とか「集中しているから」と言っては続けさせていることが大きくなってからそのつけがまわってくる。
もう少し大きくなってから時間を決めて(約束が守れる年齢など)始めるなど見通しを持って与えてほしい。

乳幼児期の人とのかかわりと遊びの体験はとても大切であるから、保護者の方々も時間に余裕をもってしっかりと専門家に聞くということをお勧めします。


sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2014年08月25日

生涯読書をすすめる会

本の学校「生涯読書をすすめる会」定例会にて、Book&Lifeの30号広報紙も完成し、内容も充実したものとなっていた。

本の感想はもちろん、イベント参加感想、電子書籍、講演会情報など、また、「第3回子育てフォーラム」の報告も載っている。


そして、来月7日(日)開催される多文化絵本を楽しむの講演会は、子どもたちが絵本やおはなしを通して多文化に出会うための実践のお話も聴けるということであり、子どもに携わっている親はもちろん、専門職の人たちへの参加をお勧めしたい。

9月7日(日)午後1時半〜3時
本の学校 多目的ホール
参加費 500円
申込  0859-31-5001
先月の面展台作りも好評だったので、今回も有意義な時間となると楽しみにしています。
ご参加募っています。




sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2014年08月24日

子育て一段落しても

子どもの心の発達を見ていく中で、親離れ・子離れの時期がある。

第一段階は、子どもが思春期になったときに親を客観視できる。
そんなときに、わが子の心配をするあまり口を出しすぎてしまうと子どもと親の気持ちのずれが生じてしまう。

母親というものは、特に息子への子離れがなかなかできないようである。

お嫁さんをもらい子どももでき自立した社会人となっているにもかかわらず、何かと息子夫婦のことが気になって仕方がないようなのである

賢いお姑さんは、お嫁さんとうまくいっているし、また反面、賢いお嫁さんもお姑さんとうまくいく。
息子の悪口をネタに仲良しのある家庭の知り合いの話は、いつもお嫁さんを褒めている。
それが仲良しの否決でもあるようだ。
思いや言葉は発した人に返ってくるのですから、気をつけたいと思う。

子ども(孫)にとっては、家族の多い方が思いやりや忍耐など人とのコミュニケーションもうまくいっているようだ。
保育園の待機児童が多い原因には、祖父母をうまく頼らないことも一因になっている。

子育てが一段落して子離れできているじいちゃんばあちゃんは孫と関わることで、自然に元気をもらっていることも確かなのである。

もっと孫育てに手を差し伸べてくださいな。
そして、ママ達は地域のお年寄りとも仲良しになることをお勧めしたいですね。




sukomomo at 19:07コメント(0) |  

2014年08月23日

子育て支援ネット定例会に

子育て支援者の会と兼用での会合から、今月は支援ネット独自の定例会を久々に開催した。

ランチをとりながら、情報交換を主に皆さんの顔を近くに見ながらコミュニケーションができ、有意義な時間を過ごすことができた。

独自の会ならではの家族の参加もでき、久しぶりに高校生と中学生に成長した娘ちゃんたちもお目見えし、嬉しい会となったこともよかった。

赤ちゃんの時から知っているだけに、孫のような親近感も勝手に持って自然と笑顔になってしまう。
子育てが大変だった時期を乗り越え、将来の夢に向かって頑張っている時期(仲間)である。
親としては、また新たな気遣いや頑張りも必要な時期でもある。
共に見守っていければと、心ひそかに思いを馳せる。

メンバーの一人にアートスタートの啓発する代表者から、鳥取大学医学部付属病院内の小児科入院している子どもたちへお話や人形劇など楽しませるという取り組みを聴き、寄付など募って実施していることも知った。
早速、皆で寄付をし病気で闘っている院内の子どもたちにささやかな支援の輪が広がった。
これからも協力していきたい。

今日の情報交換のイベントなどの記載は右サイドにてお知らせします。
どうぞ、ご参加お願いいたします。

sukomomo at 18:25コメント(0) |  

2014年08月22日

女性のためのセミナーご案内

鳥取県雇用人材総室就業支援室よりセミナーのご案内が届きました。

女性のための創業ファーストステップセミナー

日時 26年9月1日(月) 午後1時30分〜4時30分
場所 ふれあいの里  4階会議室

内容 自分自身で何か事業をやってみたい・創業って何をどうすればいいのか?
自分でも創業できるのか?
好きを仕事に! 夢への第一歩!

講師 石川聖子氏(中小企業診断士)

託児あり

申込はファックスで 0857-26-8169
問い合わせ  0857-26-7225  

託児があるので、子育て中のママたちも参加しやすいと思います。
創業するしないにかかわらず、今後の参考になるのではないでしょうか。

sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2014年08月21日

車がなくても頑張ってるママ

5月に二人目を出産して3歳と3カ月の子どもを育てているママは、車はパパが仕事のため、土日の利用しかできない。

そのために、子育て支援センターや買い物などにも歩いての移動となる。

今日は赤ちゃん訪問の約束をしていたので、行ってみると留守のよう、電話で連絡すると、
自宅にいると暑いので子育て支援センターへパパの仕事ついでに送ってもらったとのことだった。 

帰りを待っているが、この暑さでは大変だろうと支援センターからの帰り道はどのコースであろうか?
もしも出会うことができたら乗せることにしようと車を走らせた。

日傘をさして、3歳児はバギーに乗せ、赤ちゃんは抱っこで、暑い中を歩いている途中で出会うことができた。
子育て支援センターから歩いて30分はかかるだろうに、頑張ってるママである。

日ごろ、人を車に乗せることはできるだけしないようにしている。
何度かぶつけられたトラウマから他人に怪我などさせては大変だからである。が、
あまりの暑さと、田舎道だったことや短距離だったことも考慮した上である。
何事もなく無事に送り届けることができてほっとする。

自宅に帰ると水分補給をしそれから近況報告を聴いたり相談にのったりし、何とか順調に成長をしていることに嬉しく思った。
この調子で、暑い夏も乗り切ってほしいです。
大変な分喜びも大きいですからね。



sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2014年08月20日

ポジティブに

人とのかかわりの中で、悩みを聴いていると、相手のいったことに対してどう捉えるかでずいぶんと違ってくる。

自分だったら・・・?と思い返してみたりする。
前向きに捉えての話を聴くと、そういう考えや思い方ができて素晴らしい!と参考にする。
ネガティブに捉えて、より悩みをつくっている人の話にもまた学ぶべきところもある。

昔の自分だったら、こちらが正しい考え方だと強調することも多々あったが、今は、客観的に捉えて、その人の生き方を見守る。
ポジティブとネガティブはずいぶん人生の道筋が違ってきていることははっきり分かる。

最後には、自分の生き方を提案することもあるが、そうでない場合もある。
結局、すべての人たちは自分自身が決めて責任を持って行動する。

だからいくら提案しても本人の気づきと行動で決まるのである。
頑固な人ほど、人の提案を聴く耳もなく、自我を通す言葉しか返ってこない。

悩んでいるのに、解決しようという気もなく、ただただ聴いてほしい・認めてほしいのである。
私にもそういう時期もあったなぁ・・・。と。
今日はそういう出会いの日であった。
心安らかに!

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2014年08月19日

子どももママも気分転換を

またまた暑さが増してきました。

子育て訪問に行くべきか電話をして都合を聴いてみたら、これからパパに送ってもらい近くの子育て支援センターに行くところだという。

訪問を待っていたので取りやめにしようかという返事もあったが、子育て支援センターで他のママや子どもとの触れ合いはとても大切なことでもあり、そのまま実行するように促した。風船くま

後日、訪問することを約束した。またねうさぎ

パパも仕事に出かけ家庭に親子で一日中いれば、しかも何日も続けていると、親子ともども精神的にも息詰まってしまう。

子育て環境の安心する場所が、やはり地域の子育て支援センターである。

指導員の話を聴くのもまた親同士と違い参考にもなるというものであり、この暑い時期こそ利用してリフレッシュし、家庭での子育てに向かってほしいと願うのである。

水分補給を忘れずに!

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2014年08月18日

子育て真っ最中のママにエールを

まだまだ手のかかる子ども(4人とも男の子)を連れて、デパートで遭遇した。

同じお店に入ったけれど、しばらく品定めをしていてわからなかったが、パッと顔をあげたら、なんと!よく知っているママだった。

おばあちゃまと4人の息子たちと品定め、子どもは手のかかるまっただ中、素敵なママは子どもたちに声をかけながら忙しそう。

にぎやかしいのを気にしているようだったけれど、大丈夫ですよ。
子育て中は、皆そういうものです。

近くにいたご婦人がたも理解ある方たちのようで、子どもたちの様子に笑顔で見守ってくれていました。

今の時期を乗り越えると少しずつ離れていき、今度は頼もしいこともたくさんあります。
すでに甘えっ子だった長男は、しっかりとお兄ちゃんらしくなっていましたね。
すごい!

ママの笑顔で乗り切ってほしいと思います。 
何倍もの楽しみが待っていますよ。


sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2014年08月17日

未来カフェ

まちづくりワークショップが今日(1回)から4回にわたって開催される。

今日のテーマは、健康・福祉・防災・市民自治活動の4グループに分かれての意見交換(分かち合い)だった。

もちろん福祉のグループに入ったのだが、どのグループにも一度は回っていくことにワークされた。

いろいろな立場の方たち(医療・行政・議会・保育・介護等など)の意見を聴いて学びとなる。
一方では、子育て支援の大切さの軸をしっかりと提供させていただいた。
保育料にしても、病児保育にしても、子どもの立場に立った要求が出て来ないだけに、子どもたちの成長を育む支援対策に声をあげなければと痛感。

最終的には、バランスのとれたサービスと費用などが大切で、まちづくりのビジョンを構築するためには、市民の関心と協力が必要不可欠であることなどまとまった。

10年間にわたるまちづくり総合プランにおいて今回の意見が取り入れられることを願い期待したい。

sukomomo at 18:56コメント(0) |  

2014年08月16日

文化施設が賑わいを生む

本の学校「知のネット山陰」まちづくりフォーラムに参加させていただいた。

帝塚山大学 中川幾郎氏による講話は、とてもわかりやすくはっきりした提案だったので、明日から4回にわたって開催される「まちづくりワーショップ」未来カフェ参加前の貴重な情報と学びになり、
「市民参画と文化薫るまちづくり」とのテーマにより、いかに自治体文化政策がまちづくりに必要なのかを納得できるものであった。

市民の質が問われる。
本来の市民とは、労働・貢献・行動する人間のことを指す。
また、人口のことではなく、能動性と愛情を持った自覚的存在であること。

文化政策が結局子どもの学力や人間性などにも効果が出ているということなどなど。
そして、公共施設の利用についても全市民の平等性が大切であること。
例えば、経済的豊かな人だけではなく、0歳から100歳までの男女老若誰でも利用できるようにしていくことなど。

明日からのまちづくり未来カフェへの前勉強となった。〜感謝〜

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2014年08月15日

コミュニケーション

嫁いでいる姉から連絡をもらい、姪親子が来ることになっているので話に来ないかとの招待をもらい、久々に子どもたちとも会えるというので、喜んで訪問した。

中一の姉と、小5の弟の成長に嬉しくもありこのまま素直に育っていってくれることを願いながら、いろいろと会話を楽しんだ。

姉の方は、幼少期からおしゃまで今も変わらずしっかり者。
弟は、たくましくサッカー少年となって、返ってくる言葉が何ともいえずかわいらしい。
ついつい長居をしてしまった。


実家では、次男坊も雨降りのために練習はお休みということで、久々にじっくりと顔をみてすごした。
ゆったりと話もできて昨日にひき続いて、なんて心地いいしあわせなひと時を過ごせたことでしょう。

姉夫婦も、姪夫婦も、子どもたちもみんな元気で感謝です。


sukomomo at 20:13コメント(0) |  

2014年08月14日

実家でゆっくりくつろいで

今日はみんな揃っているかと思いきや、次男坊はテニスの部活で出かけている。

今月末には、中国地区大会出場とのことで練習にセイを出しているようだ。

お盆の中日は長男の誕生日とあって、毎年、共にお祝にも便乗している。
おめでとう。

一つ大人に近づいてきました。

すぐ上の姉夫婦も来てにぎやかに。
健康で幸せに過ごしてほしいと願っています。

三男坊は末っ子のせいか高校生になったというのにあどけなくて生意気かわいい。

長女である姉は、毎年遠くにいる親戚のお墓をもお世話していることもあって、休む暇なくいつも忙しそう。

そんな姉と皆より一足早くにお墓参りをし灯りをともす。

今年も穏やかなお盆を過ごさせてもらっています。
おかげ様で姪夫婦にもたくさんの喜びをもらいありがたく感謝です。


sukomomo at 19:50コメント(0) |  

2014年08月13日

ご先祖様に感謝です

迎えお盆の日。

それぞれ仏さまのところへお参りに。

久しぶりに会った皆に嬉しくてありがたくて、特に子どもたちには嬉しさも増す。

日ごろ会えないで思いを馳せている中で、遭遇することができ、ご先祖さまや先々逝った御霊に感謝である。

子どもたちは大人へと近づき、仕事に就いた子、大学受験生で頑張っている子、部活で真っ黒になっている子等など、成長した様子に感謝の気持ちでいっぱいになる。

みているだけで、一緒にいるだけでなんて嬉しいことでしょう。

子どもたちに会わせてくれた今日の日に感謝と共に、子どもたちに恥じない生き方をと身の引き締まる思いとパワーを実感する日となった。

sukomomo at 20:11コメント(0) |  

2014年08月12日

素敵なサロンでした

美容室でお世話になっていた女性が独立し、ご夫婦で新しく今月初めに美容室をオープンされた。

彼女のカットは、一カ月経っても二カ月経っても安定していてお気に入りとなっていた。

3月にお世話になってから待つこと5ヶ月間、その間我慢できなくて以前のサロンに行ったけど一カ月もたたないうちに髪型がおさまらず、本日予約ができたので楽しみにして出かけた。

アンティーク調で落ち着いた雰囲気のサロンで喫茶店のような素敵な美容室だった。
お祝に手づくりの壁かけを作って行ったのでぴったりマッチしたのがまた嬉しかった。

初めてお目にかかる旦那様は、なんとまあイケメンで感じのいい人だった。
車のハンドルが熱くなるからとカバーを当ててくれたりのサービスを気遣ってくれた。

若いご夫婦が素敵な美容室を持ち、これから発展していくことを心から願ってます。

お世話になりました。
満足な仕上がりでありがとう。

行きつけの美容室が決まっていない方は、ぜひとも行ってみてください。
両三柳・・431号線沿い丸合の信号を団地に入ってすぐに左に曲がる。
「Katy」と言います。電話29-0030
30%offのチケットほしい方は連絡ください。(2名分)

sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2014年08月11日

FMラジオ「すこももの旅」

MCゆきなちゃんの都合で、先週の予定から一週間延ばしての生放送。

ゆきなちゃんの息子の体調が悪いこともあって心配していたが、ゆきなちゃん本人の仕事の都合だったことがわかってほっとした。

シンガーソングライターの子育て中のママとして、ライブの仕事が重なったためだということだった。

ママのライブにも息子は参観したとのことで素敵な経験ができたことに、私もうれしく共感。

私も今度は鑑賞できるように前もって教えてもらうことを約束した。

今日は、夏休みの生活しリズムについてと命の大切さなど思いやりを持ってつながっていくことをテーマにしたが、もう少し詳しく話せばよかったと準備不足の反省点を肝に銘ずる。

帰りに学校の先生である昔の知り合いに久しぶりに会った。
子どもたちをめぐる家庭環境の難しさを話された。

話を聴いていてやはり学校ではなく幼少期の大切さを痛感した。


sukomomo at 19:10コメント(0) |  

2014年08月10日

一日中家の中で

台風がまともに通ると予想されたために、いろいろなイベントに行くことも取りやめて、一日中自宅で過ごすこととなった。

全国的に被害が出ている中で、近辺は無事に通過して何事もなかった。

外の空気に触れるといえば、ベランダに出て植木ものの手入れをするなど、一歩も外出をしないでいることは珍しい。

インターネットで台風状況を把握したり、日ごろの食の備えで煮物や常備食を作り置くことに専念した。

さすがに湿っていたので洋服の整理などは気になりながらも手をつけることはできなかった。

隠岐の島の交通はすべて運休となっている。
気になりながらも被害等のニュースはないので信じて待つことのみである。

近所の幼い子どものいる家庭では、戸外で遊べない分、元気な声が時々響き渡る。
おとなしくゲームなどではなく、家の中でも発散して遊ぶことはいいことだ。

こんな時こそ、家族でできるオセロとか将棋とかアナログな遊びでコミュニケーションをとるようにすることも天候の悪い日の過ごし方としての一つの方法でもある。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2014年08月09日

いつもありがとう!

実家の姉が姉妹にスイカを届けてくれた。 
幼いころはスイカが苦手な子だったらしく、そんなに食べいたなんて思わなかったけれど、暑い日にはやはり食べたいと思うこともある。

今年は、トマトのできも良いとやらで、「これが最後ね!」と言っては何度か持ってきてくれる。
新鮮な野菜は瑞々しくて美味しいし、冷蔵庫に入れても長持ちする。 

その度に母の生前の思いと重なって、嬉しくもありありがたくて心もほっとするのである。

いつもありがとう!

実家の次男坊は友だちと隠岐の島に行ったらしいが台風の影響が心配である
家族でも心配していることでしょう。

子どもは、こうして少しずつ親離れをしていくのですね。


sukomomo at 19:40コメント(0) |  

2014年08月08日

声をかけてくれました

東京の親友の娘ちゃんが(赤ちゃんの時からよく知っていて)仕事で鳥取に日帰り出張とのこと。

少しでも母の代わりに会って「お茶でもする時間があれば」と連絡があった。
前日のことだったので、ちょうど仕事もありどうにもならなかった。

鳥取までの時間をみても間に合いそうもなく断念せざるをえなかった。

親友も私も、娘自ら会いたいと言ってくれたことが何よりもうれしくてうれしくて・・・。

彼女は、イギリスに留学し、その後結婚、仕事も外資系というか行政の審査関係らしく、海外出張も多く忙しい中での、このような提案が思いもかけず、嬉しくてしあわせなことだった。

台風前での出張を、今頃鳥取での仕事は?・・・などと近くにいることに思いが馳せ、帰りの飛行機は大丈夫だったのだろうか等など・・・。

母親の友だちにここまで言ってくれる娘ちゃんは珍しい。
良い子に育つたなぁ。と改めて幼いころの親子の思い出が走馬灯のように浮かぶのだった。

いつもの日に増してありがとうの日だった。

sukomomo at 19:00コメント(0) |  

2014年08月07日

ブックスタートの日

昨日・今日と赤ちゃん6カ月健診の際のブックスタートの日。

今回は、お盆前とあって教室と重なっていたために、早く終わりそうな今日に入れてもらって、急ぎ足で駆け付けた。

ボランティアの方が少なかったが、始まったばかりだったので、それほど支障もなく赤ちゃん親子と向きあい、とても大切な時間を共有していることをママにも伝えながら過ごした。

初めての子育てするママ・二人目・四人目・双子ちゃん等など、ベテランママから不安げなママとの遭遇に、市民の一員として子育て応援団であることを何気なく伝える。

眠くて泣きそうな赤ちゃんも絵本を読みだすと、目をしっかり開けて絵本や読み手の顔を懸命に観てくれる。
その表情がかわいらしくて自然と笑顔になっている自分。

疲れ気味なママには、「今一番大切な時期ですよね。大変なこともあるのでしょうが、ママの愛情が先々影響しますから頑張り涯がある時期なんですね。」と。

次の方の間に余裕があるときには様子をみて、抱っこをさせてもらいあやしたり語りかけたりすると、その様子にママは目がきらきらして笑顔になっていく。

今日も素敵な時間をありがとう。 

sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2014年08月06日

みんな しあわせに

原爆の日の69回目式典が行われ、今年も、小学生代表の誓いの言葉に感動する。

広島知事、市長の誓いの言葉と合わせて、子どもたちは暗記し自分のものとして堂々と発表する。
その姿には心を揺さぶられる。

私たちの日ごろの小さな悩みなどは、世界平和に寄せるならば、小さなことである。
その小さなことの思い方や相手の立場になって行動をする積み重ねで、周りの平和の輪が広がっていくことだと思う。

職場・友だち・家庭・地域等など小さなことからの思いやりでしあわせな輪を広げていくようにしましょう。

西アフリカでは、ウィルスによる病気で治る見込みもなく、かかった人の90%の死亡が報告された。

日本という恵まれた環境に感謝し、近隣へのしあわせを祈りたいと思う。

原爆の日に思うこと。〜感謝〜

sukomomo at 18:22コメント(0) |  

2014年08月05日

久々の会報に

多胎児サークル「にこにこclub」のママ達は、ずいぶん長い間継続進行中である。

すでに17年になるかなぁ?!
発足当時は、多胎児の子育てが少なく参考になる資料も少ないとの相談があって、熱心なママたちが後輩ママたちのためにと始めたのである。

それが今日に至ってもママたちの仲間づくりは継続し、子どもの成長は大学生や高校生になり、イベントなどには小さい子の面倒を観るなどし頼もしい限りである。

先輩ママたちがいることにより、双子ならではの悩みや楽しみを共有し、何とも素敵なサークルなのである。

そんな子育てサークルの会報に「ワンポイント子育てアドバイス」52号の掲載。
今回は久々の会報発行、前回は2月だったからしばらく声がかからないなぁと思っていたところだった。

どこのサークルでも同様に、年々若いママ達は世話役をやりたがらず、先輩ママたちがサポートしている。
多胎児はこの辺がとても強い・・しっかりしているのである。

できる人がやる・・という精神がなければこんなにも続かない。

信頼できるママたちだからこそ、6か月健診などで双子の親子を見かけては、にこにこclubへ案内をさせてもらうのである。

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2014年08月04日

おんぶ紐に注意

昔と違って、おんぶをすることが少なくなった今日、見た目を重視して使いずらいものになっているようだ。

そのため、抱っことおんぶの2ウエイタイプが普通だけれど、かがんだときに赤ちゃんが落っこちたりして大けがをする事故も少なくないらしい。

昔は、紐で結んでしっかりと母体とくっついているために、ママの目線に調整でき安定する。
ママの胸辺りを交差させて結ぶものが多かったので、見た目はあまりよろしくないために、最近は改良してリュックサックのようなものになっている。

また、抱っこやおんぶ紐を使わないで素手で抱っこしてスーパーなどにも出かけているママ・パパをよく見かける。
危ないので見ていて心配になる。

見た目の美しさもいいけれど、子どもの安全には、より気づかいをしてほしいと願う。

また、猛暑の続く中ではベビーカーの赤ちゃんも太陽の照り返しで大人よりもグーンと暑さが増しているということ。

赤ちゃんへの気遣いは必要不可欠です。
ママは、命をかけて産み育てているのですから、安全第一にして育児を楽しんでくださいな。

周りの人への手助けを借りることは、恥ずかしいことでもなんでもないことです。
危険にさらすことがもっと大変なことになります。

たくさんの方たちが子育て応援しています。

sukomomo at 18:51コメント(0) |  

2014年08月03日

卓球大会観戦

中学生から一般グループの卓球大会が行われた。

実家の高校生になる三男坊が出るというので、久しぶりに観戦に行った。

いつもだったら風などの影響が来ないためにドアや窓を閉め切って暑さの中での卓球大会。
今日は産業体育館で冷房もきいていて観戦するにも涼しくて快適だった。

いろいろな相手と戦うことで、以前より次第に上達しているのを感じた。
頑張っているね。
少しずつ、練習の成果を上げて楽しんでほしい。そう願ってます。

知り合いの息子さんもいて(今は亡きママは若くて天国に)幼かった頃からずいぶんと成長されパパにそっくりなって偶然に目についた。
元気に頑張っているのを観て嬉しく思った。

一般人は、結構なお歳の方たちもいて頑張っている。
やはり、膝にくるのかサポーターをしている。
私は、今のところ大事をとって練習はお休み中なのである。

落ち着いたらまたチャレンジしたいと思う。

応援に行けることの喜びに感謝です。




sukomomo at 17:52コメント(0) |  

2014年08月02日

がいな太鼓に感動!

デパートに行って帰ろうとしたときに、太鼓の音が鳴り響いていたので自然と足が向いてしまった。

今日はがいな祭りだったねぇ。 

以前、姪たちががいな太鼓をしていたことを思い出し、懐かしくて何のこともなく足が向いたのだろう。

魂に響き渡る感じ! 素晴らしい! 

中でも小学生のグループが何ともピリッと決まったしぐさを揃えて真剣そのもの!
感動的だった。

何かに打ち込む姿はいつ見ても美しい。

元気をいただきました。ありがとう。



sukomomo at 19:03コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: