2015年10月

2015年10月31日

掛け持ちで

今年の公民館祭は、今日・明日に集中しているらしい。

幸い関連のあるのは2か所、もう一か所は来月に予定されているので、2か所の掛けもちが精一杯である。

午前と午後・・・。何とかやりこなして、さすがに疲れた。が、達成感も嬉しい。

姪から市民体育館での卓球大会に3男坊が出ているとのメールも来たけれど、残念ながら観に行く余裕もなく断念。

幸いに、天気が良いことで移動も助かった。

子育て中のママたちも、地域の公民館に出向いてみましょう。
バザーもあり地域の方たちとの交流も子育てには不可欠です。

明日も良い天気でありますように。


sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2015年10月30日

賑わってます

セブンイレブンのオープンに伴い、興味がてら行ってみた。

ちょうどタイミング良く駐車場も空いたのでスムーズに店内に入ることができた。

地元の野菜や果物なども販売され、賑わっていた。  

早速、知り合いからすすめられたNaNakoカードもつくって、前々から食べてみたいと思っていたおにぎりやサンドイッチ、スマップとコラボしたスウィ―ツ等なども購入。  

ついつい割引価格に予算オーバー!!!

紅白餅もいただき、今夜は雑煮にしていただいた。(美味しいお餅・・有難う)

明日は、2か所の公民館祭の準備に忙しい。
少し楽して今日の購入した中から補うことにしましょ!! 

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2015年10月29日

慢性疲労のサイン!?

小児科医・田澤先生によると、前頭葉は、人間ならではの多様で大切な機能を担っているので、その異常はさまざまな症状や徴候として現れる。

慢性疲労のサインで一番重要なのは、笑顔の消滅だという。
前頭葉が笑顔を作りだす脳だから。

前頭葉は、カエルや蛇などの両生類や爬虫類にはなく、チンパンジーでは少し発達している。

人間は、進化の過程で前頭葉を大きく発達させ、笑顔を獲得した。
それなのに、笑顔がないということは、医学的には重大な脳の病気があることを意味するという。

前頭葉は、笑顔・言葉・感性をつかさどるとともに、記憶力・集中力・判断力・気力・抑制力・社会力・自尊心・メタ認知能力を担う。この脳の慢性疲労を抱えた子どもたちは少なくないという。

その結果、学力・スポーツ力・コミュニケーション力の低下や不登校・いじめ、問題行動・ひきこもり・ニートなど、さまざまな問題が生じているという。

治療として、テレビ・ゲームを止めてしっかり眠ることを実施してもらい回復した例をあげている。 

sukomomo at 17:05コメント(0) |  

2015年10月28日

熱心なパパ・ママ

保育園の子育て講演会の日。

昨日の強風もおさまり、よい天気。

保護者の皆さんパパ・ママ・祖父母の顔ぶれの中で、熱心に聴いていただけた。

保育園によって、同じ参観日でも工夫しての保護者会。
講演会の後はクラス懇談会も予定されているとのことだった。
両親共働きの中でお休みを取っての参加だから目いっぱいのスケジュール。

ご夫婦での参加も目立っている。最近多いようである。

パパの熱心さもある中で、やはり乳児の間は、ママの存在は欠かせないという。(女性が社会へとはいっても子育てあっての仕事)
保育園の子どもたちは、どうしてもママの愛情を求めている子どもたちがいることを感じているからだとか。

心の発達においても、乳児期のママとのかかわりはとても大切である。
いくら祖父母やパパが寝かしつけても遊びと違ってママを求めている安心感が必要なのである。

時間が足りなくて、まだまだ伝えきれない。
満足のできるものではなかったなぁ。一つでも気づいて実行してもらえたら嬉しいのですが・・・・。

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2015年10月27日

心見つめて

保育士研修も半ば、心見つめる『ピエロバランス』・・・やはりすごい!

自身も・相手もその場その人になって考えていくワークは、やはり効果がある。

皆さんのすっきりした表情に嬉しくなる。

一人ひとりの素敵な保育士さん、子どもたちへ、そして、家庭へこの研修が生かせることに感謝です。

みなさん! 現場での子どもたちのためにファイト!  よろしくお願いします。

sukomomo at 18:59コメント(0) |  

2015年10月26日

コミュニケーションの希薄!?

個人情報が守られるようになってからというもの、地域での子育て支援がやりにくくなっているのが現状である。

むかしは、隣近所さんたちとの信頼関係もできていて、なんでも知っているからこそ、親が不在の時などは、子どもにも声をかけておせっかいおばさんなどの存在がありがたかった。

和歌山県では、おせっかいおばさんの役割をするグループを行政がつくって活動している。

引きこもりがちな保護者には、何度も何度も・・・・嫌がられても『私たちはあなたのことしっかり見守り応援していますよ。何かできることはないですか』の精神で繰り返し訪問支援を行っている。

個人情報もグループで共有し、担当者が休んでも、皆でフォローをしていく支援である。

個人情報もその人・その家庭が自立し幸せに向かっていくためなら、神経質に拒んだりしない方が前向きに対応できると、私は思っている。

皆が支え合って幸せの輪を広げていく方が、個人情報にこだわっていると担当課や個人への負担も多く限られた支援しかできないより、ずーといい。

関連機関が連携して心豊かな支援ができることをやって行きたいと思う。

だから、悩みがある人は、一人で抱え込まないで、いろいろな機関や信頼できる人たちへ話していくことです。
きっと、いい知恵やそこからの気づきがあり、前向きに行動できるのです。

sukomomo at 19:18コメント(0) |  

2015年10月25日

嬉しい偶然

秋晴れの休日、久々にウォーキングを実施。
天気はよいが、結構、風が冷たくて、しっかりと歩くのにはちょうどいい感じ。

途中帰りにスーパーに寄って買い物。
休日のスーパーはイベントで賑わっていた。

薬膳スウィ―ツが先着100名に配られるとのことで、並んでみると、なんともまあ!「子育ての旅」のママがスタッフとしてにこやかに対応。

またもや「子育ての旅」ママに一人、また一人とお会いできた。 

スタッフとしてだったり、家族連れだったりしての偶然の再会に嬉しい休日となった。

私は、ほんと! 幸せ者ですね。

sukomomo at 18:44コメント(0) |  

2015年10月23日

勇気ある著書だと

『メディアにむしばまれる子どもたち』著書田澤雄作・小児科医からのメッセージとして、たくさんの子どもたちを診てきた医師だからこその著書であり、

近年、遊んでいる子の姿が減り、子どもを巡る不幸な事件が後を絶たないのは?
笑顔のない・大人になれない子どもたちが増えているのは?
なぜ?

メディアが子どもたちに慢性疲労を引き起こすと、たくさんの事例を挙げて警鐘を鳴らすこの本は、子どもに関わる全ての大人に読んで欲しいとのメッセージがついている。

問題の本質をしっかりと認識できれば、子どもたちが元気に逞しく育つことができ、苦しむ子どもたちも、十分に回復することができることを明らかにしている。

sukomomo at 18:41コメント(0) |  

2015年10月22日

幸せな一日となり

午前は、保育園での子育て講演会。

ご夫婦での参加も5組あり(もっとあったかなぁ)、熱心に聴いたくださったこと、時間が過ぎても身を乗り出して聴きいってくださった様子にありがたく感謝。

参観日という行事の中で保育園側は、何とか多くの保護者に残ってもらい聴いてほしいという想いも伝わってか、途中で帰ってしまう方も少なく、子育ての大切さを共有できたことに嬉しく思った。

いつもの講演会より時間が短かったので、まだまだ話し足りないこともあったけれど、乳幼児期の愛着の大切さは心に残ったことと思う。


午後は、中学生と赤ちゃんのふれあい教室。ママと
中学生の成長が一段と観られて、赤ちゃんに話しかける姿勢がしっかりと赤ちゃん目線になっている。ごきげんあかちゃん
そして、表情が柔らかくなんとも素敵な笑顔なのである。

赤ちゃんを連れてくるママたちも「子育ての旅」の卒業生が多く、2子・3子と生まれて間もない2・3か月の赤ちゃんと共にきてくれたのである。みるく
何よりもうれしい…。ほんと!  幸せでした。

いつもの数倍幸せな一日に有難う。〜感謝〜

sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2015年10月21日

何とかクリアー

子育て支援をする中で、夫婦で何とか乗り越えられたのを確認でき、訪問の最終日に伺った。

一番大変な時期には、少しでも心が軽くなるようにと毎月の訪問をやってきた甲斐もあって、ご夫婦共働きもできるようになり、ちょっぴり心配だった子どもの言葉の遅れなども成長できたことも確認できた。 
ママの笑顔にほっと安堵。  
今、できることをコツコツとでしたね。

この春、遠くに入園した(車はないのに近くはできなかった)こともあり、ママの仕事もなかなか見つからず暮らしの大変さもあって、雨降りの送迎などは、特に心配していたが、ご夫婦で頑張って車も準備でき、今は、ママの運転で送迎も仕事もできるようになった。 

ほんと!  頑張りましたね。

これからも力を合わせて親子の成長を願ってます。 

子育てには、周りの理解者が不可欠なんです。

sukomomo at 18:32コメント(0) |  

2015年10月20日

知らぬ間に成長して・・・感動

今日から後期の保育士研修会が始まった。

早めに出たので実家によってみたら、ちょうど実家の長男坊が休日で昼食をとっていた。

日ごろゆっくり話せないので、仕事のことなど心の内を聴いたみた。

なんともまあ!成長しているのに感動。

仕事はきついけれど、いろいろの状況を観て、よく考えていることも分かり、大人しくあまり話したがらない子だと思っていたけれど、自分の考えをしっかり持っていて人への想いやりもあり、成長したことを実感したのである。

知らぬ間に、社会の中でもまれて、よく頑張ったこと。
自分をあまり出さないので心配していたことも吹っ飛び安心したのである。
これから先、転職するにせよ、困難が立ちふさがったとしても乗り越えるだろう。

やはり家族の愛情は子どもの心を強く信頼感につながっていることもまた改めて感じることのできたいい日だった。
私も負けずと頑張ろう!
有難う。


sukomomo at 19:51コメント(0) |  

子どもを取り巻く環境

子どもサポートシステムの勉強会に参加。

少年事件などにかかわっている弁護士の実体験を通して、詳しく子どもの愛着感情・自己肯定感・不登校・学級崩壊等など、現場の大変さも伝わるとともに、いつも感じている乳幼児期の子育てにおいて、しっかりと子どもと関わることの大切さも痛感した。

愛着障害環境を抱えた子どもは、年々増しているという。
子の愛着障害により、いじめ・不登校・ひくこもり・虐待との関連がさらなる少年事件などに進んでいく。

この子どもの心の動きをしっかり把握して防ぐことが大切である。
等など、たくさんのことを学び共感することの勉強会となったのである。

子育て講演会などで、情報を提供していきたいと思う。

sukomomo at 10:17コメント(0) |  

2015年10月18日

子育て・孫育てに わらべ歌を!

生涯読書をすすめる会主催でわらべ歌で有名な藤田浩子氏をお迎えしての研修会が開催された。

何年か前にも楽しい印象で参加したことがあるけれど、今回は、さらに笑いや子どもたちに大切な伝えたいことがわらべ歌を通して学ぶ場となった。

3歳児以上はママとともに参加し、2歳児以下は託児付きである。
幼い子どもも、藤田さんの話に興味深々、時にはて遊びやわらべ歌が入り、飽きることなく一時間半の研修が、あっという間だった。 

研修中は、何度も声高らかに笑ったことでしょう。
こんな楽しい研修は、みんなが笑顔で幸せになることを痛感し、自身の講演活動への反省とともにとても勉強になった。

むかしながらのわらべ歌は、子どもの心を強く育み、幼子から小学生在学までの取り入れが必要不可欠だとつくづく実感させられたのである。

わらべ歌を通して、心が傷ついたりすることの遊びも、時には、幼子にはよい経験となり、(例えば鬼になった時に疎外感を味わっても、皆が同じ経験を通して、また、両方の役割を遊びの中から体験することによる)子どものうちに同士で遊びを展開することを保護者や保育士・教育者など取り入れるをしていくことの大切さも痛感したのである。

わらべ歌を日々の生活に取り入れる子育てをしていきましょう。 

sukomomo at 15:59コメント(0) |  

2015年10月17日

イベント続きの一日

幼馴染との約束で花回廊へ行くことになっていために、祭りの準備確認を朝一に済ませて、彼女の自宅まで駆け付けた。
いつもなら現地集合だけれど、近くの「とっとりうまいも市イベントへ行こうということになったのだ。

秋の味覚の試食会もあったりし、安い値で果物など買うことができた。 

その足で花回廊へ、新しくできた秋の散歩道をゆったりと楽しんだ。 
いつもより、早めに退散し、公民館へ行くことにした。

彼女も一緒に観たいとのことで、初めて友を誘っての祭りを楽しんだ。
いつもだったら、展示品を確認し野菜など購入して一通り観たらさっさと帰って行くのにねぇ。

話しながら楽しむのもいいもので、改めて、ありがたく感謝である。

せっかくの新鮮な果物を実家に持って行くことにし、子どもたちの顔を観て学校の行事など聴いたりし、嬉しいひと時だった。(ほんのちょっぴりの時間だったけれどねぇ・・嬉しいものです)

今日一日、バタバタとあちこち…改めて振り返ってみると便利な車のおかげさまでもある。〜感謝〜

sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2015年10月16日

お米が美味しい季節

公民館祭の準備のためにいつもより早めに出かけて準備をする。

お昼は簡単にお茶とおやつ程度でと思っていたが、近くにはおにぎりやさんがあって『新米入荷』と記してあり、ついつい足が向き、おにぎりセットを注文。

大きな口をあけて一口…おにぎりの形が崩れ落ちるほどのファッと感。

だし巻きたまごと唐揚げが一切れずつと漬物に大根のにつけなどが少々、お味噌汁と、軽くいただくには(軽くでもないかぁ…結構おなかがいっぱいになった)ちょうどいい。

本来ならおにぎりは2個にセットされているが、1個にしてもらい要望にも応えてもらった。
食後のコーヒーは150円でいただけるし、大満足のランチとなった。(合計650円) 

午後の準備に拍車がかかる。

新米の季節、日本人でよかった!
食事が出てくるまでに店内にあった本によると、栄養のバランスが取れてない人ほどおなかがポッコリ出ているという。
三度のお米(6対)と質素なおかず(4)でバランス良くいただき、睡眠を11時〜しっかりととり、アンチエイジングで若く健康的に過ごすことがGoodだということだった。

ポッコリおなかをなくすために、頑張ってみようと思う。

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2015年10月15日

講演会(勉強会)のお知らせ

「子どものサポートシステムを支援する会」主催で、峯本耕治弁護士を大阪からお迎えして、テーマ「いまの子どもの課題」としてお話ししていただけます。

少年事件などの担当をされる中で『愛着の失われた子ども』など、携わった子どもたちのことを振り返りながら、実体験をもとに分かりやすいお話しだということです。

以前、私も何度かお聴きしたことがあり、今の子育て支援にも大切にして貢献できていると思っています。

日 時  10月19日(月) 19時〜20時45分
場 所  米子コンベンション  5階 第4会議室
参加料  1000円(会場使用料・資料代など)  

久しぶりに私も参加したいと思っています。



sukomomo at 17:12コメント(0) |  

2015年10月14日

とっとり元気づくり

「とっとり県民活動活性化センター」、「鳥取県元気づくり推進局参画協働課」による西部会議が開催された。

初めて知ったこのセンターや推進局・・・。

がいなネットからの声かけで急きょ参加させていただき、いろいろな団体や企業など知っている人の顔ぶれもあったが、初めて知る人たちが多数。

県の男女共同参画登録団体を柱に案内があったことも知った。

情報交換やグループの助け合いが目的であることもなんとなく理解できた。

ワークをするには時間がなくて、深まるとまではいかなかった。
(主催者としては深まることの予想がアンケートから感じたが)

第一回としては、まずまず…といったとこでしょうか。
がいなネットの情報交換がより親しみやすい気がしたことも・・・改めてがいなネットは先駆的活動だったことを確認できた。

新たな出会いに感謝。


sukomomo at 20:57コメント(0) |  

2015年10月12日

いけばな展

デパート開催されているいけばな展のチケットを、知り合いの方から頂いていたために、もちろん関心もあり出かけて行った。

なんともまあ!賑わっていて、こんなにも関心のある方たちが多いのだと実感した。

いろいろな流派はあり、その特徴で、若かりし頃の東京での昔むかしのいけばな展を懐かしく思い出した。

今は、いろいろな規則や流派にこだわらず、素材を生かして心がなごむことに楽しんでいる。

やはり生の自然の花は素敵で心癒されるのである。
有難う

sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2015年10月09日

あまりにも穏やかな雰囲気で・・・

赤ちゃんふれあい教室の日。ママと

担任の事前学習がしっかりしていて、振り返りやママたちとのコミュニケーションも、とても和やかな雰囲気で流れていった。

赤ちゃん(3か月〜11カ月児)とのふれあいも積極的に関わることができ、2時限の終わりごろには、あまりにも穏やかな雰囲気だったので、おしまいにするための声かけをためらうほどだった。

今回は、生徒の腕の中で気持ちよく寝てしまう赤ちゃんも多く、生徒の赤ちゃんを観る顔は天使のようだった。緑の天使
いい顔だったなぁ。
赤ちゃん親子ともどもいい関わりができたこと幸せに思う。

ママたちの感想も生徒への気遣いもさることながら、わが子が中学生になることを想って楽しみに子育てに向き合うことができるだろうと実感したのである。

このような取り組みが全国自治体で行われることを切に思うのである。

思春期の少年のいろいろな問題も減少していくように思う。

〜感謝〜


sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2015年10月07日

修了証書授与

継続親プログラムセミナー「子育ての旅」一通りのプログラムを終了し、一カ月後は、フォローアップを予定。

本日、教育長より修了証書を授与。
ママたちの一段と成長した姿は、教育長もしっかり確認されたようです。

また、今日は町長も来訪。

身近に話を伺うチャンスを得て、ママたちも感動された様子。
セミナーに出向いて来られるトップに親近感と町の思い入れ(子育て・教育)を感じる時間となった。

行政と住民とのコミュニケーションにより、よりよい街づくり(人材だから)がなされることと思う。
そんな経過に参加できることを感謝。

子育ては旅するようなもの、山あり谷あり、それぞれの時期に迷いや悩みを乗り越えて子育ての喜びもひとしおである。 
そんな風に位置づけて、子育てを支えあって楽しんで欲しい。

いつも見守り祈っていますね。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2015年10月06日

秋晴れの花回廊

aa6bb1ed.jpg
dfa01221.jpg
半年ぶりの花回廊は秋晴れの爽やかなひと時を、友達とこれまた久しぶりに出会い、楽しい1日を過ごすことができた。

コスモスやダリアの品質改良された数々の美しさに、びっくり!!

昔の花はたいていが一重の花びらだったけれど、八重や色も様々になり華やかなこと。

雄大な大山も青空に映え美しく癒された。


会話も弾み、ランチも美味しく、幸せで感謝感激です。


sukomomo at 16:52コメント(0) |  

2015年10月05日

大人としてチャンとしよう!!

今日は月一回・FMラジオの日。
その前に書店に行って注文していた本を取りに行き、そのままカフェでゆっくりコーヒーをいただきながら本を開いて過ごしているところに、高校生がやってきた。 
テスト中で早い下校らしい。

いつも大きなテーブルで勉強をしているのか、女子1名男子2名の友達らしく、カフェで買ったパンや飲み物など質素に注文して同席した。 

そろそろ退散しようかと考えていたが、50代のおばさまが、カフェでの注文もせず、ノートを広げて書き物をし始めた。

テーブルの上には、カフェの利用者が使用してほしい注意書きがあるにもかかわらず、それも目の前にあり見ても無視・・!!

高校生は、マナーを守っているのに、きれいに着こなしたおばちゃまがそんなことではねぇ。
大人として恥ずかしいなぁ。

子どもたちにはどう映っていただろうか。
大人としてのモラルを・後ろ姿をチャンと意識しましょうよ。

sukomomo at 19:31コメント(0) |  

2015年10月04日

世界的経済学者宇沢氏に学ぶ

世界的にも有名な経済学者故宇沢弘文氏の記念フォーラムが開催された。

以前にも記していたが、経済は心・愛と正義であるとの哲学を持って分かち合いを重視した経済学者であったという。

世界で起こった政治危機においても愛と正義を貫かれたことが話の中で感じ取られた。

今、起こっている政治を観ていらしたら、どういう言葉が帰ってくるのでしょう。

暴力ではなく話し合い、寄り添うことをとことんされて立ち向かっていかれた方、理念や思想を受け継いで平和な世界へと近づくよう身が引き締まる思いであった。

宇沢氏の娘さん(3人兄弟末っ子)の父親とのエピソードなど微笑ましく聞くこともでき難しくも楽しい内容で時間が経つのもあっという間の3時間近くの有意義なひと時だった。


午前中は、境港市のハッピー子育て応援団で子育て講演会。
初めての方たちがほとんどだったけれど、一度聞いたけれどまた聴きたいと参加してくれたママもいたり、夫婦で参加してくれて、終了後のコメントなどからも熱心なパパ・ママをうかがうことができ、今日の喜びとなった。

終了後、個別に相談される方もいて、保健師さんと継続していく必要性も分かち合った。〜感謝〜

sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2015年10月03日

学校になじめない!

知り合いを通じて、不登校で引きこもりがちな子どもたちの話を聞いた。(この頃多いなぁ)

何とか、学習塾にでもと保護者は助けを求めていくけれど、学習塾へも来なくなるというのだ。

親戚の子どもを通して、何とか救いたいと思っているけれど、保護者との価値観もちがい、子どもの能力を引き出す手立てへと苦労しているようだ。

仕事と子育て、保護者は仕事へと逃げているケースもあり、生活に流され放任しているケースも少なからずあるようである。

今、何とかしていかなければ、先々、もっと苦労することになるのだろうにと心を痛めている友人。
子どものために今できることをしっかりと立ち止まって関わってほしいと願うのである。
今なら、まだ間に合う。諦めないで!

一人ひとりの能力を引き出すために、平等な義務教育の在り方や必要性を考え実施していかなければならない。

sukomomo at 18:41コメント(0) |  

2015年10月02日

子育てママたちの愉快な仲間たち

子育ての旅も終盤になり、助産師の夫婦のコミュニケーションを中心に展開。

前期生の補修参加者も加わる中で、さすがに和気あいあいと分かち合いもされて、ママたちの笑顔にふれて嬉しいひと時となった。
(仲間作りが浸透してきた頃の今日のテーマだから効果的でもある)

毎回実施する度にこの親プログラム6日間継続の内容は素晴らしいと実感するのである。
子育ては、時には迷いながら、時には悩み・楽しみ、何といっても子育て仲間の存在は大きい。

この素敵なエネルギー(ちょっと立ち止まって、仲間と支えあう)子育ての輪が町中に広がり浸透していきますように。

sukomomo at 19:04コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: