2016年02月

2016年02月29日

元気なうちに

子育て支援をしていると、いろいろな関係者からの知り合いが広がり、先日もデパートで久しぶりに偶然出会った。
定年退職され、年金生活をしているといわれる方から、依頼を受けていた。

託児などで手が欲しいというところがないか?ということだったので、「クローバーキッズ」という保育サポーターの任意団体があることをお知らせしたところ、ぜひともやりたいとのことだったので、代表のMさんに話をしていた。

待ち切れなかったのか、今日問い合わせが来て、自分からもお願いしたいとのことで、連絡先をお知らせすることとなった。

シニアの元気な方々が、子育て支援に携わってもらえることはありがたいこと。

困っているママたちへぜひとも手を差し伸べていただければと思う。
子どもと関わると、こちらもパワーをもらえるし、ますます元気になられることでしょう。 
ありがたいです。

私自身は、心を見つめることに専念したくて、書店へ、マドラーの心理学第2冊目を購入「人生を生きぬく心理学」岸見一郎著を読み始めた。
自身の行動・想いと照らし合わせながら。

sukomomo at 18:35コメント(0) |  

2016年02月28日

まだまだな私

姉妹で会った日、帰宅してから妙に寂しさが・・・・。

楽しい会話のはずが、やはり、比較する自分がいるからだろう。

マドラーの著の確認でもあるかのような・・・・。
しっかりと振り返ってみた。

人はそれぞれ、それは親子であっても兄弟であっても夫婦であっても・・・・。

上下関係はなく横の関係であることを読んだばかりなのに・・・・実際に考えるきっかけとなったのである。

タイミング良く姉から電話があり、気持ちを察してくれた。
ありがたかった。

じっくりとアドラーの法則に添って心を見つめていった。〜感謝〜



sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2016年02月27日

元気をもらってます

公民館教室の日、皆さん私より先輩(お二人は年下)で、人生経験豊富な方たちの話は尽きることがない。 

公民館活動に懸命、そしてボランティア活動も惜しみなくされ続けている中で、本当に頭が下がります。

趣味もボランティアも家庭生活もバランスのとれた活動ができること、私も見習わなければといも近場で聴いている。

笑いの絶えない教室後の茶話会は、より話も弾み賑わうのである。

今日も元気をもらいました。〜感謝〜

sukomomo at 18:07コメント(0) |  

2016年02月26日

ママたちの応援団

ファザーリングジャパンのメール便りによると、いつもパパたちのための講演会などが満載。

今回は、ママたちの産後の不安のホルモンや授乳時のホルモンのことが記してあり、パパたちの協力を提案してするものである。

すでに「子育ての旅」に参加したママたちは知ってることですが、(「子育ての旅」の中でも助産師のコーナーから聴いていること)パパたちはママへのサポートの意味で知ってもらいたいことそのものだったので、紹介しておきましょう。

産後不安になるママたちは、エストロゲンというホルモンによること。
夫にイライラしてしまう原因は、オキシトシンというホルモンによるもの。
オキシトシンは、授乳時に愛情深く幸せを感じるとともに不在である夫への攻撃的にもなるものであること。
また、ママたちのリラックスは、パパと何気ない会話を楽しんでいるとき。

以上のことから、産後のサポートとして、飲み会などは断りできるだけ早く帰宅するようにとの堤案だった。

このことをパパたちが知っていたらママたちも心強いことでしょう。
そして、ママたちは、自覚してパパとも接することができることでしょう。 

講演会の案内

3月6日ファザーリングジャパン小崎先生講演会…午前ふれあいの里、午後公会堂(かぷりあ祭にて)
3月6日 黒井健氏講演会(NPOブックスタート理事)・・・午前境港市保健相談センター
どちらもおすすめです。

sukomomo at 18:57コメント(0) |  

2016年02月25日

早速読んでみて

昨日紹介していただいた「人生の意味の心理学」アドラー、岸見一郎著を読み始めたら止まらなくなった。

20年前のカウンセラーを学んでいた頃を思い出し、当時の恩師の言葉と一致し、心の持ち方の大切なポイントがすんなりと入ってきた。

人は、人の中でしか成長も悩みの解決もできないことや、意味をしっかり見つめること自覚すること、自分自身のためになることが他者へのためにもなる(幸せ)ことにつながる行動等など。

心新たに、子育てママたちへも情報提供したいと思いながら読み続けた。

今日も寒い日となった。
今日は母の月命日・・こんなに寒い日ではなかったことを思い出す。
いつも感謝して有難う

sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2016年02月24日

生涯読書の定例会

月一回の定例会。

先日のアーサ・ビナード氏講演会の感想や評価も好調。
私も、インターネットで検索してみたが、凄い人だということを改めて知り、次に出される著書においても待ち遠しくなった。

今回もたくさんの絵本や著書の紹介があり、すべての本を読んでみたいと思った。
我が会の会長は、たくさんの著書を読まれ、感想と同時に提供してくださるので、どうしても興味深々、また、鳥の写真を撮り続けている会員Nさんの鳥から自然や農業に繋がる著書など等・・・・・視野が広まりありがたく感謝です。

ミニトークでは、境港市のブックスタートの活動を振り返り、当時のご苦労や行政に取り入れてもらう経緯など、懐かしく・・・子育てには「これだ!」と思った瞬間が蘇ってきた。

児童文化センターからは、3月13日(日)10時〜
「イザ!カエルキャラバン」・・・おもちゃをかえっこしながら、楽しく防災を学ぼう・・参加無料
おもしろい企画で、親子の参加おすすめですよ。


アドラー「人生の意味の心理学」 
絵本学講座「絵本と社会」「うまれるものがたり」「おじいさんと森へ」
「ゾウの時間・ネズミの時間」「人間にとって寿命とはなにか」「食べ物はみんな生きていた」等など。

sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2016年02月23日

心すっきり

子どもサポートシステム支援者の会の勉強会、今回は、待ちに待っていた島根大学教授・岩宮恵子氏の事例提供からのサポート研修アドバイス。

問題行動を起こす中学生への心理を説かれて、私の思いと一致しスッキリした。

いろいろと相談活動をさせていただいていると、自分なりにもこれで良かったのかと問う場合もある中で、たくさんの事例を検証され、臨床される先生の話は、的をつき共感の連続であり、間違っていなかったことを自覚できるものだった 

学校・福祉・行政・医師・保育士等などの熱心な方々の参加で研修室は満席。
支援ネットからの仲間も数人参加でき、共有できたことに嬉しく思った。

また、一新して子育て支援に携わっていきたいと思う。〜感謝〜

sukomomo at 21:38コメント(0) |  

2016年02月22日

連絡がない不安に

すぐ上の姉に度々連絡を入れるのだけれど、返事も返信もなく2日目を迎えた。

自宅への連絡は、早朝や夜間は遠慮していることから、待って・待って・待った。

午前中になっても何事もなく(心配ごとの何かあると日ごろ黙っていて、後になってから報告する癖がある姉)心配になって、用事を済ませて帰りに自宅へ寄ってみた。

車がなければ仕事に行っているだろうと思ってのことだった。
ほっ・・・!車がない・・・。
ということは、仕事に行ったということだ。と、それでもまだ心配は残り、不安を抱えながら買い物に・・・。
やっと昼過ぎてメールが届いた。

職場に携帯を忘れたとのこと。
2日間の携帯なしに、日ごろ携帯依存していることを改めて実感したのである。
年をとると、忘れっぽくもなるものねぇ。

なにはともあれ、何事もなく元気でよかった!!!

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2016年02月21日

移動図書館(震災後の活動)

日吉津村図書館大会・生涯学習むらづくり推進大会が開催された。

東日本大震災の数カ月後から移動図書館を運営された鎌倉幸子氏の講演をお聴きした。

カンボジア移民のボランティアから、本をは心の癒しだと実感されたことで、子どもから大人まで、たくさんの方々との出会いふれあいにより移動図書館の運営実関からの話は心打たれるのでもあった。

移動図書館の大事なことは、同じ曜日・同じ時間に継続できることや立ち読みお茶飲みなどの楽しみもつくることなど話された。

大震災後の食料や生活用品不足の中でも、本との出会いは心を安らぐ必需品だということも実感されたとのことだった。

今現在も続けていることやまた他にも計画されていること等など意欲的な話しにエネルギーを感じることができた。

もっと多くの方たちにも話を聴いてもらえればといつも思う。
どこの自治体でも、行政は何とか住民の方たちにと提供されていることが、子育て・仕事・家庭など諸々のこととからみ、実際聴きに来られる人は決まった顔ぶれになってしまうようだ。

参加しやすい企画や、地域の活性化のための何かしら対策を住民を巻き込む形で企画から参加を募り賑わいある会となるようにしてほしいと願うのである。

時間を削って聴いた話は、それぞれの肥やしとなって潤うことだと思う。

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2016年02月20日

子育て・教育部 定例会

先月寒波の中で実施した第6回子育てフォーラムの反省会と今後に向けての話し合いを主に情報交換などの意見交換を行った。

子育て支援(家庭教育)の問題点に集中し、乳幼児期の子育てを充実するための対策を、今後も強化していくことを分かち合った。

早くから、親の都合で集団生活をせざるをえない子どもたちに集中している国の政策から、私たちは、家庭で保育する保護者へのサポートを大切にしていくこと。(誤解のないように…集団保育の場合も乳幼児期を大切にした対策を含めて)

企業の理解と地域の理解等などを含めて、よりよい方法を見出していくことを、次回の子育てフォーラムのテーマにすること。

年間活動計画とともに行った。

28年度
  4月16日・・食物アレルギーについて(第2段)
  6月18日・・中永先生ミニ講座
  9月予定・・第7回子育てフォーラム
 12月17日・・高野先生ミニ講座
29年度
  1月21日・・総会

sukomomo at 17:49コメント(0) |  

2016年02月19日

便利なんですねぇ

今日は、公民館教室の日。

いつものように、終了後はお茶会を。

帰りに、ラインから子育ての旅12期生の仲間入りの連絡が入っていた。
便利なんですね。

会話が、グループの皆さんと共有できるのは、とても便利。

だからこそ、共有しているみんなが幸せになったり、相手の身になって会話をすることは、とても大切なんですよね。

子どもたちのラインでのいじめは、やはりいけません。
みんなが幸せになるトークでなければ。 

便利だからこそ、そうしなければね。

sukomomo at 17:11コメント(0)トラックバック(0) |  

2016年02月18日

小学校同窓会

小学校の同窓会、声を掛けあって集まった12名が懐かしさに話が弾んだ。 

皆さん、いいおばあさんにお爺さんになってねぇ(もちろん私もですが)第三の人生を謳歌している。 

本当に何十年ぶりの方もいて「だれっ! だっけ・・・」と分からなくても話してみると、幼い頃の面影があり懐かしい顔ぶれに笑顔があふれた。 

時間にも幅を持たせて、来れる時間に少しでもOKとの案内だったので、早く来てはやく帰る人や遅く来て遅くまでいる人、ちょっと顔だけ出して・・・・等など自由な参加もよかったのである。

老後人生の過ごし方を刺激し合い、皆さん元気で地域にも貢献できる人となるようにと自覚も持てたようだ。

これを機に、気軽に集まるようにしようとの意見も出されて皆さん同感…次回お楽しみに。

sukomomo at 17:12コメント(0) |  

2016年02月17日

なんか近くになったって感じ

東京の友とラインが開通して、会話が楽しめるようになった。

彼女も今日はお休みだということで、(私は確定申告に行く予定)朝からの会話でお互い今日の予定など分かち合った。

一度定年退職した彼女は、再雇用で同じ区内で働いている。
そんな仕事場の話題も分かち合う。

社会状況保育士の資質や不足の問題など等。

これから未来ある子どもたちは、家庭と社会(保育園・学校)共に協力していかなければならない。 

気軽に会話ができるようになって離れていても、ますます近くになったようでうれしい限りです。 

sukomomo at 18:13コメント(0) |  

2016年02月16日

びっくり! ぽんです

アイホーンに変えて慣れない日々・・・。
東京の友からラインにしてほしいとのこと、チャレンジしてみたら、あっという間にあれれれれ・・・電話帳全員なの????って感じ。

知らないってことは、怖いですね。

でも、日ごろ連絡したいなぁと思っていた人からも連絡が届いていいこともあった。

丁寧にコミュニケーションをとりたいと思います。

友達とカフェで会っていたら、子育てママに遭遇する。
元気そうで嬉しいちょっとしたトークができた。
有難うです。

sukomomo at 17:21コメント(0) |  

2016年02月15日

雪の中、熱心に

来月出産を間近に控えたママと懇談。 

雪が一気に降りだし、無理しないでと思いつつ待っていたが、元気に子連れで来られた。

いつも熱心な子育てに感心する。

パパ同士のコミュニケーションが、ママたちと違い薄いと感じたことから、子どもが幼い時期からパパたちのつながりがあると、子どもたちが思春期になった時に、たすけあい協力できる地域にしたいという未来に向けての素敵な提案に共感し、応援したいと思ったのである。 

そういう素敵なママたちが、子育ての旅の卒業生には多くみられ、頼もしくなるのである。

ママたちとパパたち同士のつながりで地域が豊かになることのアイデアを模索中です。
皆さんいい考えはないですか。



sukomomo at 19:38コメント(0) |  

2016年02月14日

アーサー・ピナード氏講演会

本の学校生涯読書をすすめる会主催で、詩人のアーサー・ビナード氏、初めて話しをお聴きする出会いだった。

読み聞かせグループの方たちは、よく知ってらしたけれど、私は今日初めて日本絵本賞を受賞され、外国の絵本を訳した素晴らしい日本人より日本語に詳しい有名な方だったことを知った。

22歳アメリカの大学中(専門は米英文学)に日本語と出会い来日、日本語は漢字・ひらがな・カタカナ等が存在し興味を持たれたという、日本語にとても詳しい方だった。

そして、26年間日本での生活をされ、全国各地での講演でお忙しく活動されている。
高校生に特別授業などもされ、今日お聞きした限りでも、中学・高校生が聴いたら凄いだろうなと思ったのである。
世界観・日本人としての意識が変わることでしょう…だから若いこれからの人たちに聴いてもらいたいと痛感した。

機会があれば、ぜひともお招きして一度は話を聴いてみる事をお薦めしたいです。

鳥取大学生も卒論に、アーサーさんの平和思想を参考にと、残って詳しくアドバイスをもらったりとか、著書購入した方へのサインは念入りに話しかけながら時間をかけて対応されるなど、日帰りで広島まで変えられる時間が迫っているギリギリまで対応されて、熱心な人柄と日本語をなくすことなく継続していく活動が伝わってきた。
(ちなみに明日は福島へ移動されるとのこと・・・とてもお忙しい方・・・連絡もなかなかつかない様子)

私も絵本「すばらしいみんな」・・・これは赤ちゃんふれあい教室の際中学生に読み聞かせたいと、また文庫「亜米利加ニモ負ケズ」を購入。

また、皆さんへ紹介したいと思います。

今日の出会いも素晴らしい感謝の日となりました。 


sukomomo at 19:32コメント(0) |  

2016年02月13日

子どもとスマホ

ママと祖母と2歳くらいの子どもと隣り合わせになってお茶していたら(私は読書をしながら)、ママと祖母は話に夢中になり、子どもにスマホを見せている。

子どもは、大人しくなっていろいろと見ていたけれど、話が終わったのか、ママがスマホを取り上げると子どもはおお泣きしてくずるのである。

仕方なく見せてしまうママの様子に、自宅でもこうして育児をしているのかなぁ???と察してしまった。

目と目を会わせてコミュニケーションすることとは大違い・・・・後での影響が心配になってしまった。

チャンスがあったら言葉をかけようかと思案していたけれど、最後までそのチャンスはなかったのである。

先日の清川氏の話や著書によると子ども(特に乳幼児)とスマホの危機は大変なこととなる。

どうか、生のふれあいをこの時期しっかりと取ってしいと心から願います。 

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2016年02月12日

最初のことば

1歳の誕生日を迎える頃には、赤ちゃんは言葉を話し始めます。

赤ちゃんに話しかけましょう。ママやパパの声は赤ちゃんにとって最良の先生です。
親が赤ちゃんに話しかけると、赤ちゃんは自分の感情を表すための新しい言葉や方法を学ぶことができるといわれています。

赤ちゃんがすすんで話をするように、話すことは楽しいこと、という雰囲気をつくりましょう。
赤ちゃんが何を言っているのか理解したということを態度で応じましょう。

そうすることで、赤ちゃんはもっといっしょうけんめい話そうとします。
そして、何か言えばいつも聴いてくれている人がいると信頼感を持つといわれています。

この時期の親子の触れ合いは、もっとも大切な時期なのですょ。
自己表現できる子どもには育んで行きましょう。

sukomomo at 18:56コメント(0) |  

2016年02月11日

青空の下で

今日は、青空のちょっぴり風の冷たい晴天に恵まれて、建国記念日の休日散歩日和となった。 

できるだけ、車を使わないで徒歩で買い物やカフェを楽しむお散歩感覚での外出。

途中で、友達にも連絡して合流し、情報交換に花が咲いた。

子どもたちの受験に向かっての頑張りがいろいろと参考にもなった。

あいさつのできる子、自分を表現できる子、分からないことは素直に聴くこと等などで土台となり、学力アップにもつながることを強調するのだった。

そして、夢を持って行動できること。

子どもだけではなく、年をとった私にもこれからの生活に当てはまる生き方でもあった。
帰り道も青空の下、歩きながらスッキリさわやかな気分で過ごせた休日・・・有難う。

sukomomo at 19:34コメント(0) |  

2016年02月10日

家庭教育に支援

大山町は、「三つ子の魂百まで」の乳幼児期の関わり、土台となる家庭保育に注目し、来年度の子育て支援対策に、保育園に預けず家庭保育をしている家庭に助成金などを考えている。
(伯耆町・湯梨浜町はすでに実施している)

長年子育て支援をしている私の切なる願いが叶いそうだと嬉しい情報である。
町長や担当課の協議において28年度実施に至ることと思う。

乳幼児、特に2歳までの子どもの成長には、一対一の関わりが大切であり、のびのびと自然やスキンシップなどの自己肯定感となる愛着体験が必要なのである。
保育園などの集団生活は、この土台ができていることでより成長を育むことができる。

包括支援センターも開設した中で、家庭訪問なども一つの子育て支援対策ではあるが、子どもと24時間関わっているママたちのストレスや楽しさもひっくるめて応援できる政策は親子にとっての宝物になる思春期を迎えた時に実感することでしょう。

もちろん、家庭の事情などや仕事優先にされるママたちもいる中で、家庭に帰った時の子どもとのかかわりは、その子の良さを認めるふれあいとともに保育園と家庭でのメリハリができるように寄り添ってほしいと願う。
(集団で頑張り、家庭ではリラックス…本来の自然な形) 


先日の子育てフォーラムでの会の縁により、一支援者として意見を受け入れてくださった大山町に心から感謝します。
ますます大山町の保護者と子どもたちが未来を担って繁栄していくことに協力を惜しまず応援したいと思います。 

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2016年02月09日

パワー全開!!

熊丸みつ子氏の性教育講演会が、昨日から西部地区の小中学校で開催されている。

今日は、名和中学校に参加させてもらい、久しぶりの再会に嬉しさ募る。

ご主人とご一緒で相変わらず仲の良いご夫婦で笑顔が絶えない。(ご主人も笑ってお聴きになってる)

中学2年生の授業。
来年度は赤ちゃんふれあい教室でも関わるので、その事前学習でもある。(命の大切さの繋がりとなる)

生徒たちは、熊丸節に引き込まれて、命の大切さや自分から他人への思いやりなど思春期をテーマとした一時間みっちりと笑いと真剣さとの中で、たくさんの気づきがあったことと思う。

私も、何回もお聞きしているけれど、毎回パワーと癒しに充実したエネルギーを感じさせられる。

午後からは、小学校に行かれるとのこと、参観日も兼ねて保護者も子育ての原点に返り、子どもと向き合う素敵な気づきのスタートになることでしょう。

強風と寒さの今日、心は熱く感謝の日となった。

sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2016年02月08日

公民館研究集会

県・公民館研究集会が米子市で開催された。

講演「人を育てる」福岡県南蔵院住職・林覚乗氏の話は、実体験から観えないものを大切にする心の育ち人材育成の笑いとジーンとくる感動的なものだった。
社員教育など全国各地で年間200件の講演をされているとのこと。


心の育ちは、一方通行ではなく、関わり合ったお互いの成長であることも再確認させられた。

子どもは、親の言葉・行動・想いなどをひっくるめて感じ取り成長する。

感じ取ること、そこから気付いて行くことができるか否か?
相手に対する思いやりは通じる・・・特に子どもたちへの愛情は基礎となり人格形成へ大きく影響していくのである。 

公民館(他の公共施設なども)へ訪れる人がなければ成り立たない。
訪れてくれる工夫と真心で、今一度原点にかえって考え、迎え入れる努力が不可欠であると実感した。

今日の出会いに感謝です 

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2016年02月07日

子どもとメディア

大山町生涯学習大会が朝から開催され、午後からは、「子どもとメディア」がテーマで行政・学校・保護者(地域)の連携により、未来ある子どもたちをメディアの危機から救おうとする取り組みが感じられるものだった。

学校側の子どもたちへのアンケートをもとに課題提供をし、保護者も家庭での子どもとメディアの意識的な報告があった。

講演会では、清川輝基氏による『メディア漬けで壊れる子どもたち』テーマでスマホ社会の落とし穴・・・子どもたちの危機を話された。

脳への影響・心の育ち・体の健康等など、コミュニケーションの欠如等も未来ある子どもたちが心身共に危険にさらされることを強調された。

家庭でのスマホの使い方や学校での持ち込みなどの制限などの提案もあり、ここまで危険な状況になっているのかとショックさえ感じた。

清川氏在席されている信州大学では、大学へスマホを持ち込まないルールがあるとのこと、持ち込まないことで成績も人材育成も向上したとのことだった。

また、鳥取県PTA協議会では、「メディア21:00」運動が始まり、21時以降は友達を巻き込むようなlineやゲームを止めて相手の時間を尊重しようという運動である。
家族で話し合い、ルールを決めて持たせることが大切である。

改めて、私もママたちへの情報提供をしていきたいと実感したのである。

著書購入「ネットに奪われる子どもたち」〜スマホ社会とメディア依存への対応〜 清川輝基編著・古野陽一・山田真理子著 

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2016年02月06日

ラジオの再放送

FMラジオで「すこもも子育ての旅」を月一(当初は毎週木曜日だった)第一月曜日にMC都丸さんとの会話で子育て応援をしている。

いつの頃からか??土曜日に再放送をされるようになったみたいで、知り合いの方から「ラジオ参考になります。今日聴きました」と土曜日に連絡が入ってくることが多い。

始まって以来の夕方生放送(私の時間希望で)、子育てママたちは夕方に悩む傾向があるので、ラジオを聞きながら夕食の支度をされても・・・・と思ってのことだった。 

土曜日に再放送されることをリスナーの方から知り、一度聴いてみたいと思いながらいつも聴き逃している。
聴いた方からのメールには、いつも嬉しいメッセージが込められていて、なんともありがたく感謝です。

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2016年02月05日

春のような天気に

昨日、今日と青空の下春のような日差し(ちょっぴり風は冷たいけれど)、インフルエンザが流行っているという。
日ごろから偏食があることや、睡眠不足などのために抵抗力や免疫力が低下している子どもや大人にかかってしまうようです。 

特に受験生は、栄養もとある程度の睡眠に配慮してほしいものです。 
早寝早起きの朝の勉強が夜よりもよりいいというデーターもあるのです。

今日のように天候が変化しやすいと体温調節もついて行かないのでしょうね。  

しっかり栄養をつけて、睡眠をとって元気に過ごしてほしいですね。ガンバレー!

sukomomo at 18:34コメント(0) |  

2016年02月04日

あらら…!揃って

公民館教室の日、何とも若いお二人さんがそれぞれに忘れてしまったというハプニング。

Hさんは、子どもがけがをしたので学校から迎えの連絡が入り、病院へいったら捻挫でだったとのこと。
大した怪我でなくほっとしてしまい、すっかり忘れていたという。(ほっ! 大したとなくてよかった!)
楽しみにしていたという教室に(先月はお休みだったので)慌てて飛んじゃったようだ。

hさんは、孫のことでいろいろ動き回っていたら、うっかりしていたとのこと。
皆さん、頑張ってますね。

忙しい中でも教室に出向こうという皆さんに頭が下がります。

忘れずに無欠席の方たちは70代から80代。
元気なお年寄りに感謝です。


今日はまた、偶然に幼馴染とご夫婦で遭遇。
小学校時代の同窓会が予定されていて、確認もとれ、何人かに連絡を入れることもできた。

皆さん、お久しぶりに話して懐かしく、揃っての集まりを楽しみに。



sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2016年02月03日

ブックスタートの日

今日はブックスタートの日、気になっていた天候も晴れて出かけやすい日となった。

いつものように、赤ちゃん親子に寄り添い、できるだけ声をかけていく。

ブックスタートが終わって母子手帳を受け取り、保健師の結果などの話を聴いてから帰りとなるのだけれど、待ちくたびれて、ママの表情が今一つ・・・・『大丈夫ですか? 』と話しかけてみると、少し表情も和らいで行った。

赤ちゃんへの話しかけなどして声がかかるのを一緒に待ってみると、やっと順番がきた。
よかった!!!
健診にはどうしても待ち時間があり、イライラするママをたまに見かける。

あるママは、まだ絵本を読んであげていないという。
私が読むと、赤ちゃんの反応がすごい!…真剣に絵本と読み手の私を交互に見てきらきらしている。
これが赤ちゃんの特徴であることなど伝え、それを観てママも「今日から読んであげたいと思います」と笑顔で話してくれた。

今、子育てが「やばい!」という人もいる中で、ブックスタートの大切さ、今日も実感したのである。 




sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2016年02月02日

雪の降る日に着る

昔々、20年以上も前のカラフルなフード付きコートがある。
もう着ないだろうとクローゼットの奥にしまっていたのだけれど、毎年、雪が積もるとこのコートを着たくなってしまう。

派手な色合いで誰かにもらってもらうこともないだろうと、古着屋さんに出そうかとも思いつつ季節の整理にはいつもそう思いながらしまうのである。

今年も先日の雪の日にクローゼットから出して着ることとなった。
夕方、近くのスーパーに、普段着の上から羽織りかけて出かけた。

知り合いの方に少し離れた所から出会って会釈をしたけれど、私だと気付いてくれなかった。
派手なフード付きコートに毛糸の帽子もかぶり、若い恰好でまさかと思われたのだろう。

今日の寒い雨の日、それでもカラフルに身をまとい気分は若い・・・ほんのちょっぴりの若返りである。

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2016年02月01日

新しいことに挑戦!!

昨日、かねてからいろいろと考えていた携帯電話をiphoneに変えることにした。

超混んでいたので手続きに半日以上もかかって、使い方もままならずいざ使用するときには、戸惑うばかりであった。

改めて、今日はショップを訪ねていろいろと使い方を教えてもらった。

丁寧な対応に感謝!

おかげさまで何とか使いこなせそう・・・です。!!??

今日は、FMラジオの日でもあった。
先日、ご夫婦で、赤ちゃんふれあい教室にも参加していただいたMC都丸さんの感想も聴けて,
奥様も喜んでくださったとのこと、中学生ばかりでなく親としての自分たちにとっても良かったとのこと。
本当にありがたく感謝です。

明日からまた寒さも増すようです。
風邪などひかないよう元気に過ごしましょう。

sukomomo at 18:32コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: