2016年07月

2016年07月31日

共に祝う

「子育ての旅」12期生同窓生の赤ちゃん誕生のメッセージに、皆さんとラインで共有。 

先日は、バーべキューのイベントで、トウモロコシの苗植えした収穫を兼ねての家族を巻き込んだ企画に感動したところだった。

今朝、届いた赤ちゃん誕生(第2子)に、皆さんのお祝いと体をねぎらうメッセージを嬉しく拝見した。 

子育ての旅を通しての仲間づくりと、それぞれのママたちのリーダーシップと思いやりが育っていて、この調子で継続していく見守りと、これからの輪を広げていくことも改めて感じるところだった。

この自治体の取り組みに感謝と期待とともに、さらなる協力をしていくことを確信したのである。

母子ともに元気で嬉しい知らせに今日はよりハッピーな日となった。おめでとう 

sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2016年07月30日

子どもの幸せって!!??

子どもを巡る事件は、毎日のようにニュースで取り上げられるほど無くならない現実がある。

昔は、(昔の話はタブーなのかもしれないが)お金がなくても両親や兄弟、祖父母の愛情を受けて、また、近所の人たちとのふれあいを通じて、少なからずも幸せに育っていた時代だったと思う。

子育て支援者は、保育料の無料化の前に、子どもの母と子の関係が密にできる時間をも奪いかねないと心配する。

フィンランドのネウボラが話題になり、自治体なりの切れ目ない子育て支援(親支援)をと、計画されるけれど、肝心の乳児期の母と子の家庭保育の支援が抜けているように思う。

フィンランドは、2歳までは夫婦で育てて、それ以後は、親の希望で保育園へ預けるか家庭保育にするかを選ぶことができる。
どちらも助成金が優遇されるようになっている。

親と子の(特に幼い頃の)一緒に過ごした時間は、大人になってからも幸せ感を忘れることなく、困難にも乗り越えられる力がつく。

子どもは、親が(特に母親が)大好きなのですよ。
親は、子どもの幸せを願っているにもかかわらず、車に置き去りにしたり、ご飯を食べさせなかったり、思うように行かないからと暴力を振るったりしてしまう。

子どもの自尊を大切にし、愛情をかけた分、心も育って行くのですから。
暑い夏休み、親子の体験を通して思いでをつくってほしいです。

sukomomo at 18:42コメント(0) |  

2016年07月29日

考え方はいろいろ・・・

人それぞれの考え方は100人いれば100人の考え方がある。

それぞれが、自分の意見は正しいと思って発言したり秘めたりしている。

だけれども、自身を客観視し、本当にこの考えで正しいのかどうかと問うことが大切であり、周りの人たちもおかしいよということは、しっかりと伝えることも必要だと思う。

その前に、分かち合える人間関係ができているかどうかも重要なポイントである。

家族(特に子ども)が気になる考えを(ちょっと人と違うなとか、キレやすかったりとか、思いやりがないとか)持っていたら、やはり、逃げてはならない。

一人にしないで寄り添って、気持ちを聴き、信頼関係を深めていくことのみである。
親が逃げていては、子どもの心のよりどころが、暴力にも(不信感)発展していく。

諦めないて゛!
寄り添い、心を開いて、歪んだ妄想を正し、現実に受け止めてあげていくことだと思う。

優しくされたら、優しい恩返しができる。
そんな行為を見つけていきましょう。


sukomomo at 16:32コメント(0) |  

2016年07月28日

泣いている子どもの気持ちに寄り添って

暑い暑い夏本番!

涼しさ求めてショッピングの時間をいつもよりゆっくりと取る。

スーパーなどで、乳児もバギーに乗ってママはショッピング。
そんな親子をよく見かけます。

この時期、赤ちゃんがよく泣いている姿を観るのですが、ママも祖母(らしき)なだめようとせず、ひたすら歩いているのです。

そんな時は、ちょっと止まって抱っこをしてあげましょう。

「10秒の愛」ってご存知ですか?
琴浦町では、「10秒の愛キャンペーン」といって、叱る前、何か気になる前に「10秒待ってみる」・「10秒抱っこをする」など、合言葉でフォーラムなども開催されているのです。

<この「10秒の愛」は、自尊感情を高めるためにも効果的だと言われているのです。useremoji:136391>
乳児の泣くは、心の訴え・言葉です。

この10秒の愛は習慣づけると親子共に心の安定となって親子関係もうまくいくことと思います。

sukomomo at 17:12コメント(0) |  

2016年07月27日

子どもたちの笑顔いっぱい

久しぶりに、えがおサポート訪問。

小規模保育園も認可外保育園も、学童保育も、子どもたちの笑顔いっぱい!

また、子育て広場では、水遊びも設定され、室内と外での親子でのふれあいも考慮されていた。

友である園長は、子どもたちの幸せを願って運営しているので、安心して利用できる施設である。

ちょうど、給食の準備にさしかかって、手洗いを済ませるとしっかり椅子に座って待っている姿がとてもかわいらしく問いかけに喜んで応じてくれるのである。

子どもの人数に合わせて、恵まれた保育士の人数でもあり、手厚くすべきところはきちんと考慮されている。

待機児童や保育士不足の中で、子どもたちへ愛情を注ぐためと、家庭保育の大切さも常に頭においている配慮は、さすがに信頼できる園長ならではである。

広範囲にわたっての子育て支援を実施している施設では、えがおサポートの重要性を改めて感じるものだった。

sukomomo at 16:23コメント(0) |  

2016年07月26日

自分への学びに

リーダーシップ研修会、継続3回の終了日。

共に学ばせてもらったという印象。

さすがに前向きに実施することの前提として理解され、積極的な参加型研修となった。

リーダーとはいえ、上からと下からの間で、大変な立場でもある。

しかしながら、言えることは、自己啓発・自己開示力・共同体感覚・勇気づけに絞られる。

自身も振り返りながら、これからのコミュニケーション力を見極めていきたいと痛感したのである。~感謝~

3日間お疲れ様でした。

sukomomo at 19:50コメント(0) |  

2016年07月25日

生涯読書をすすめる会

月一の定例会の日、今日も盛りだくさんの情報を。

・8月5日は、米子市立図書館でお話し会(毎年終戦記念日に開催されるが、がいな祭りと重なり今年は一日早く)

・8月7日は、本の学校で講演会 生涯読書すすめる会主催  『本との対話』谷口晋一氏
いずれも午後1時30分〜15時

・お薦めの著書
   「笑顔で生きる」福田純子著
   「人はつまずいた数だけ優しくなれる」福田純子著
   「ともだちにあった」絵本エリック・カール著
   「ウィン・ザ・プー」A・A・ミルン 阿川佐和子訳
   「ほら、あれだよ、あれ」がなくなる本 茂木健一郎著  等など

・ミニトークは、6月に岡山県瀬戸市に私立図書館ができ視察に行かれた報告。
市民と協働で小・中・高校生からアンケートなど市民の意見を取り入れた素晴らしい図書館の報告だった。 

自然を取り入れ、空間もくつろげる素晴らしい図書館という印象。
もちより・みつけ・わけあう広場として(もみわ広場)町づりの中心ともいえる。



sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2016年07月24日

思い出の品が・・!

車が荷物置きになってしまっていて、新車になったのをきっかけに荷物の整理をしてみたら、10数年前に旅行で行ったタイの写真やしおり、タイ語の本などを見つけた。

懐かしくて、すでに天国に召された方も・・・思い出にふけってしまった。お世話になりました。

その頃は、今より治安もよく、自由行動では一人で町並みを散策したことを思い出す。
東京に居る頃から海外旅行はよく行っていたので、その国の街並みに触れることが楽しかった。

他の人たちはオプションでツワーで集団行動、いつもなら友だちとの散策をするのだけれど、その時のタイ旅行は仕事関係でもあったため一人行動を楽しんだという訳である。(ウインドウショッピングや喫茶なども)懐かしい思い出である。

今では、一人で散策など考えられない。  


車の中からは、読み切った本等も出てきて、また手にとって読み返すことにした。
年月が経つのはなんて早いのでしょう。

すぐに片付けようとか、写真は友達に見せようとか、読んだ本は何かと参考になるかと車の後部に置きっぱなして10数年・・・もうひとつ前の車から移動したものも。

ほんと! 無頓着な私・・です。 



sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2016年07月23日

人生の先輩方の話は尽きない

いつもの公民館教室、後での茶話会はつきもので、皆さんおしゃべりも楽しみの一つである。

私もそれにならって、最近は次の用事がない時には、最後まで参加することにしている。

今日は生徒のお一人が遅くの参加だったこともあって、待ち時間も利用しておしゃべりが弾んだ。

お元気なことに、皆さん健康には人一倍配慮されている。
良いということは、積極的に実行されているし、『もうこの年で・・・・!』なんていいながらもドッグや健診を欠かさずされているのには感心する。

ちょっと前の頃は、公民館活動を積極的にされ、お世話係りとして地域にも貢献された人も多い。
笑いとおしゃべりとが健康の秘訣でもあるようだ。 

尽きない話しに感心して聴いている自分がいるのである。
ほんと!  こうして元気でいなければね。参考になります

sukomomo at 18:00コメント(0) |  

2016年07月22日

人間関係をよくする

年月を重ね、いろいろな経験(失敗や成果など)や体験を積み重ねることで、また、人の前に立つこともあって日々の学びから一つ一つ理解ができるようになってきた。

家族や職場、地域でも人間関係から逃れることはできない。 

何かあって素直に向かっていくか?逃げてしまうか?
トラブルを避けたいがために、回避を選ぶこともあると思う。

だけれど、結局は、また、同じことが起きてしまう。
だからこそ、早いうちに前へ向かっていかなければならない。

人間関係で参考になる「個性心理学」や「ジョハリの窓」は、決して人と自分は同じではないということが納得でき、ある意味で割り切れるのである。

相手が、自分の思うように行かないとイライラしている人に、おすすめです。

sukomomo at 16:49コメント(0) |  

2016年07月21日

大切に思うこと

子育てにまつわる待機児童などや虐待、ネグレクトなどの問題がニュースに流れない日はないくらいに多い中で、本当に子育てをしっかりとしていく方向になっているのだろうかと疑問に思う。

保育・教育など保育士や教師の待遇というよりも、正規職員が少なく、クラス担任も非常勤や臨時職員で賄っている自治体が多いのに驚いてしまう。

20数年の東京では、産休に入っている職員の代替えのみが臨時職員として、後は全員正規職員で運営していた記憶がある。

Uターンしてびっくりしたのは、職員の半数が正規職員であとは臨時と非常勤職員で運営していることだった。(園によっては、数名の正規職員で)
もちろん、子どもにとっては、一人の保育士として正規だろうが臨時だろうが関係ないこと、子どもへの愛情と熱意で関わっていく。
しかしながら、同じ仕事をしていく中で(時間も内容も)待遇に差があるということは、意欲にも影響がないとはいえない。

子育てと合わせて、保育の資質を上げるためにも正規職員の長いスタンスで育てていく必要性があることはいうまでもない。

給料を上げることの前に、職員の安定した職場作りが先手ではないかと痛感する。

子育ては人間育て(子どもも大人も)そんな原点で働いている人たちへの安心安全な地位が必要不可欠だと思う。

sukomomo at 17:43コメント(0) |  

2016年07月20日

桃の季節

公民館教室の皆さんと、桃狩りに行きましょうということになったけれど、急きょ都合がつかなくなって、集合場所に行ったものの、皆さんのお顔をみて送り出すことになった。 

淀江町で桃狩りができるなんて、知らなかった!

帰宅してみると、おし添わけの電話があり、旬の新鮮な桃を頂くこととなった。

まだ少し早い感じ・・・。
2.3日おいてから美味しくいただけることと言うことだった。

いつもありがとうございます。
近場で大好きな桃狩りができるなんて素敵です。

sukomomo at 21:36コメント(0) |  

2016年07月19日

立場が違うということの

午前は「子育ての旅」最終の回で、ママたちの成長を共有でき嬉しいひと時。

それぞれの悩みや不安も解決に向かって分かち合い心を開く。

これからの子どもの成長とともにママたちの成長も楽しみである。


午後は、保育士リーダーシップ研修。

立場の違う両面から共に考え、未来に向かっていく(心の成長)を学びを共有できることに、ありがたく感謝である。

思いはそれぞれ違うようで、実は向かっていくところは(必要としている)同じである。

子育て・自身の成長、人材育成、結局は「人」である。

さすがに皆さん理解力・・・そして、未来へ・・・。
専門職としての課題はつきもの、改善に向かって諦めず、共にできることから無理せずに、頑張りましょう。

sukomomo at 20:02コメント(0) |  

2016年07月18日

姉も甥っ子夫婦も元気で何よりです

新車になって、実家や祖母のお墓参りに報告を済ませていたが、もう一か所報告をするために姉に付き合ってもらい、姪の嫁ぎ先のお墓に行った。

姉を迎えに行ったところ、甥っ子夫婦にも暫くぶりに会えて、元気な姿に嬉しく思った。

以前、釣ってきたお魚をいただき、ムニエルにして美味しくいただいたお礼もしていなくて、ちょうど会えてほっとした。

心配していた姉の怪我もよくなり杖なしでも歩けるようになっていて安心した。

何年振りだろう??
お墓参りの後、大山をドライブ、緑豊かな木々に囲まれた道路をドライブし癒された。
やはり、自然はいいですねぇ。

新車の乗り心地もヒットしてきておかげさまの感謝の休日となった。

sukomomo at 17:12コメント(0) |  

2016年07月17日

体調管理

夏バテにしては早すぎる。

いつものように野菜と果物のスムージーを朝食に取ったこと・・・お腹の満腹感・・・少し残ったけれど無理していただいた結果が、腹痛でトイレに駆け込む。

久しぶりの体調不全に、無理が利かなくなったと実感する。

振り返ってみると、この2.3日は特に朝食の量が多いと感じていた。
やはり・・・!!と。

今日はゆっくりするというメッセージと解釈して過ごしていたが、午後から友からの呼び出しに、快復していたのでお茶しに出かけることに。

やはり、気分転換になり、笑って過ごした1時間ちょっと。
個性心理学で盛り上がった。

体調も改善。
食べすぎに注意しよう。
有難う。


sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2016年07月16日

一人で悩まないで!

鳥取子育て王国というのに、悲しい事件が起きた。

30代の女性は、きっと誰にも相談する人がいなかったのだろうか?

また沖縄では、赤ちゃんを置き去りにして名乗り出る親がいないとのニュースが。

貧困のせいなのか?
親としての自覚がないせいなのか?
望まれない出産だったのか?

それぞれの理由があるのだろうけれど、生まれてくる子には何も罪はなく生きるためのこの世だったのでは?

子どもを産み育てるということは、素晴らしく何ものにも代えがたいものであることを、悲しいかな知らないのだろうか?

政府は、すべての妊婦に光を当てて欲しい。
そして特に2歳くらいまでは、しっかりと親子の愛情を一身に受けれる子育て支援をしてほしいと、改めて願うのである。 


友からメールが送られてきた。
イギリスでのいじめにあった少年が歌にしたものだった。
その少年は、心の内を書き留め、身近な友にも理解してもらった。
それがラップをまじえた素敵なメロディーとなって話題を呼んでいる。 

誰かに話すことで救われるのですよ。

sukomomo at 18:17コメント(0) |  

2016年07月15日

思いやりを

妊婦さんの気遣いは、昔と今はずいぶん違うようだ。

電車に乗っていても妊婦さんやお年寄りに席を譲ることは、昔なら自然とあたりまえのようにしたものである。

昔、昔、祖母が東京に来た時に(まだまだピンピンしていた)電車に乗ったら、すぐに席を譲ってくれた若者に『なんて東京の人はやさしいこと!』と感動していた。

しかし、現在は、妊婦さんが気を使わなければならないということだった。
座っているところへお年寄りが来て、睨みつけたり、わざと手を振りかざしたりされることもあったということを聴いて、とても悲しくなった。

亡き祖母は、天国で変わったものだとびっくりしていることでしょうね。
祖母なら、妊婦さんに席を代わっていたことでしょう。

ベビーカーの問題や、保育所建設の問題なども、なぜ???。
将来、日本をしょってくれる子どもたちがいなくてどうする???。

どうしてこうも変わってしまったのでしょう???。

そんな思いやりのない人は、母親が命をかけて産んでくれたことを感謝できない人たちでしょうか??。

テロにしても、虐待にしても、いろいろな犯罪なども無くなりますように。



sukomomo at 19:12コメント(0) |  

2016年07月14日

子育ては多くの手で

いつもママたちへ、乳幼児期の子育ては一人ではなく周りのたくさんの人を巻き込んで子どもに関わってもらうことが大切。

だから祖父母同居が子どもにとってはとてもいいと。

ママたちの相談で子育てに余裕を持って接していると、しっかり言葉をかけているし、子どもの様子をよく話してくれる。

そんなママたちは、悩みがあっても安心して見守っていることができる。

ちょっとした悩みも実行に移しているからアドバイスも理解し実践してくれる。そして、ママ自身の心の動きをしっかりと見つめて振り返ることもできている。

いいことも・悪いことも素直に。

心を見つめることと、吐き出すことは、次へのステップにつながる。

一人で考えていないで、どんなことでも誰から相談することです。

sukomomo at 18:19コメント(0) |  

2016年07月13日

今まで有難う・・そして、よろしくです

今までにない長い9年間という期間を乗り続けた愛車に感謝してさよならをし、今日から新車でどうぞよろしくの日となった。

振り返れば、ペーパードライバーだった平成3年まで、それからスバル一筋で今日まで来た。
何回乗り換えたことでしょう。

これまでに7回も新しく乗り換えては、費用もかかるのに、よくやってきましたねぇ。
お金がたまらないはずです。

今回は、高齢年を見越して安全第一に考えた末に、思い切って乗り換えたというわけで、スバルにはコンパクトカーがなかったこともあって、友達の紹介からトヨタに運よく素敵な車になったと言う訳で。

とても好青年のセールスマン(同級生の息子さん)との出会いもあって、荷物の移動テキパキと手伝ってもらい、助かりましたね。有難うです。

乗り心地は??慣れないので緊張し帰宅。
明日からまたお世話になります。

明日は、仕事の行きに実家によりお墓参りし、感謝の報告をしたいと思う。


sukomomo at 19:13コメント(0) |  

2016年07月12日

お互い様の気持で

今日からリーダー研修会がスタートした。

高齢者になったものの私も勉強の身、共に学ばせていただこうという気持ちで臨んだ。

アドラー心理学で、仕事とリーダーシップを参考に実施型になるように配慮した。

いくら論理的に学んでも実践なしでは人・人材育成としては効果がないと思ってのこと。 

いかに、現場で実践できるかである。
勿論、お互いの決断が重要でもある。

『私は、できない』と思ってしまっては、そこからすでに学びから遠ざかってしまう。
リーダーになるべくして使命を与えられたと思うことからスタートである。

次世代を担う子どもたちが心身共に健やかに成長するためには、家庭はもちろんのこと、保育園・幼稚園・学校という社会との協働にて成り立つのである。

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2016年07月11日

懐かしいハーモニー

小学校の頃にザッ・ピーナッツという双子の姉妹の歌手がいて、とてもハーモニーが素敵だった。

20年位の活動後引退し、結婚されたとかで、それ以来は復帰がなかった。

この姉妹に勝るハーモニー歌手は出て来ないと思う。

今日の訃報を聞き、「情熱の花」「恋のバカンス」「振り向かないで」等など、小学校の頃を思い出し懐かしんだ。

カラオケでは、以前よく歌っていたが、最近は行ったことがないので、また行ってみたくなった。

CDを買って聞いてみたくもなった(あるかなぁ)

もう、75歳とか、想像がつかない、当時の美しい素敵な女性の姿がよみがえる。 



sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2016年07月10日

涼しさ求めて

選挙や雑用を済ませて、汗びっしょりになった。

今日は、またまた暑い日となり、涼しさ求めてデパートへ。

東北物産展を行っていたので、友達にも声をかけて出かけることにした。

皆さん、同じ気持ちだったのか??
賑わっていた。

知り合いの方々にも何人かお会いし、物産店での買い物や文房具のセールを楽しんだ。

2歳ごろの男の子がショッピングかごを持ちたくて、ママからいろいろアドバイスをされても泣いて我を通していた。

気持ちがよくわかったので大笑いしたら、ケロッと泣きやんで「なんだこのおばちゃん??」といったような不思議にキョトンとした様子に、またまた笑ってしまった。 

それから後は、機嫌良くかごを引きづりながらレジまでご機嫌よく歩いて行ったのである。
ママは安どした様子。

かわいいねぇ。よかった、よかった !!!

sukomomo at 16:53コメント(0) |  

2016年07月09日

心配してくれて

昨日の研修会で大山に行っていたことから、携帯が通じないし、自宅でも不在なようで、「何かあったのでは?」と友が何度も電話を入れてくれていた。

着信があれば折り返し連絡するけれど、昨日に限って一通りチェックをしたにもかかわらず、見落としていたことが分かった。

自宅の電話は、入浴中だったりとタイミングも合わなかったことなどが重なり、心配をかけてしまったようである。

年を取ると、少しでも若い友から気にかけてももらえることに、改めて感謝するのだった。

早速今日は朝からその友と会うことになり、お互い顔を観て話し安心、彼女は介護の必要な母親や会社のことなどで忙しいのに、気を使わせてしまい、ほんと! 恐縮です。


明日は選挙、大切な一票です。

自宅前で珍しく候補者の演説が始まった。
ちょうどタイミング良く帰宅したばかりだったし、「この人に」と決めていたこともあり、慌て聴きに外にでた。
年輩のご夫婦が熱心に聴いている以外は、誰もいない。

皆さん関心がないのかなぁ。・・・おせっかいながらちょうど出て来られた若奥様に「一緒に聴きませんか」と声を掛けたけど、「買い物に行くので」と素通りされてしまった。

皆さま、しっかり考えて投票に行きましょうね。大切な一票を無駄にしないでくださいね。  

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2016年07月08日

社会教育関係者研修会

西部地区の社会教育関係者の研修会が大山青年の家にて開催された。

社会教育委員と公民館審議委員の両方を兼ねて貢献してきたが、今年度から社会教育委員と公民館審議委員との掛けもちは解除されたために、今年度は、審議委員としての参加となった。

毎年参加させていただいているけれど、今回の研修会は新鮮な感じで講演会と地区の実践取り組みを聴くことができた。

ピンクカレーでおなじみの女性社長がピンクカレーに至った経緯や、今後の展開など活気に満ちていた。

結婚・妊娠を機に仕事を辞め、就職はしないと決めて子育てをしていたこと。
子どもの手が離れ、次第にご主人の会社を手伝い、ひょんなことから食品開発に取り組むことになったことなど。

ピンク色は、幸せな色。
だから女性が輝いて、世界平和を夢見てできることを少しずつ責任を持って積み重ねていくこと。
その姿を観た周りが自然と手助けしてくれるようになったことなど。

人材に恵まれたこと、声をかけてもらいチャンスを逃さないこと。等など、行動的なものだった。

お昼は、ピンクカレー・・・ピリリとさっぱり・・美味しい。 いつものカレーとはちょっと違う。

午後は、実践発表。
日南町のアートの取り組みや、大山町の古民家に移住して、これまたアートを通した地域おこしの活動も、若者と地域の皆さんとのコミュニケーションが素晴らしいものだった。

特に大山町の分校を利用した「ががが学校」は、わくわくして楽しいものになっていてる様子に今後も期待。

sukomomo at 17:28コメント(0) |  

2016年07月07日

自然に和む会話

公民館教室の前に、一息入れてからと久しぶりにカフェに行った。

幼馴染のご夫婦が相変わらずくつろいでいて、(実は暫く行かなかったら病気にでもなったのかと心配のメールが来た)ちょうどよかった。

お互い顔を観て安心。

彼女も大阪からUターンしてから病院の小児科でボランティアを始め、そこからの紹介で、託児を頼まれた経験を話してくれた。

ママがヨガ教室をしている間の2時間弱の託児たったが、泣いて暑いし大変だったそうな。
帰宅したら疲れて何もできなかったとのことだった。

昨日は、暑い日だったのに扇風機のみでクーラーは、なかったとのことだったが、熱中症にならなくてよかった!です。

旦那様は、気遣いされて『ゆっくり話しなさい』とばかりに席を立たれたので、久しぶりに話が弾んだ。
といっても時間のない中、一息入れるためのカフェだったのでそう長居はできなかったが、お互い近況も話せてよかったねぇ。

幼児期からの付き合いなので、自然と気兼ねなく話せることは、やはり大切なこと。
幼い頃は(小・中学校まで位)、うーんと友だちとの遊び仲間が必要なんですよね。

sukomomo at 17:04コメント(0) |  

2016年07月06日

ブックスタートの日

梅雨明けもまだしていないというのに猛暑の今日、6カ月健診・ブックスタート。 
健診を終えて熱い車の中での帰りは、大変だろうと、ボランティア仲間と話し、できるだけ暑さをしのいでもらいたいと廊下の移動も日陰に誘導し、ブックスタートのお部屋へ。

61名(予定67名だった)の赤ちゃんとの出会いにいつものように心が和む。 

移動で新しくなった図書館長の視察もあり、ブックスタートの必然性を理解してもらったことと思う。


子育ての旅卒業生ママとの再会もあって、何と! 4人目の子ども(おめでとう!いつの間に!!)ということで嬉しい日となった。

合同同窓会を楽しみにしているとの話題も近くの仲間と話していることも聴き、今年こそは何とか実施しなくては、と決意するのだった。

大山町では、近年続いて合同同窓会も企画されているが、米子市での実施はご無沙汰しているのである。
毎年、気にはかけているのだけれど・・・・。
楽しみにしているママたちの声も直接聴いたからには、今年こそはと頑張りたい。



sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2016年07月05日

もっと子育てに関心を

多くの子育て家庭・保護者は、小学校に行くようになってから、学力のことが気になり、乳幼児期は割合と安易に考え、子どもを親のいうなりになるのが「いい子」として、関わっているようだけれど、一番大切な時期は、乳幼児期であることを多くの人たちは分かっていないようだ。

地域での子育て支援に携わる意識が今一つ地域住民に伝わっていないような気がする。

せっかく行政サイドで企画しても地域の人たちが参加しないのは、もったいない話である。

講演会など、聞いたことを共有し関わっていくことで、地域の支援が数倍にもなって効果が出る。

以前、ある市議会議員の方が、『子育てよりも経済だ』と言い切ったことがある。
今になってみると、企業は後継者がいなくてつぶれることも耳にするようになった。

ある会社の社長は、働き手がいなくて外国人を使用しなければならない現状にあることを話されたのが昨年のこと。

ますます、東南アジアから働き手を求める会社も少なくないようである。

地域での子育て支援、まずは関心を持って話を聴きに来てほしいと願う。 



sukomomo at 17:06コメント(0) |  

2016年07月04日

すこもも子育ての旅(FMラジオ)

月に一度のラジオ生放送、20分間という貴重な時間に、どれだけの子育て情報を提供できるか。

今日は、先日の家島厚氏の講演会で発達障害に関わる情報をMC都丸氏に聴いてもらいながらトーク。

彼は、学校の先生の経験や現役パパという立場から、子育て・教育・発達障害などにも理解を示し、共感・共有できるので手ごたえを感じることができる。

素直で明るい性格に、リスナーの方からも好感度が高いであろうと思う。

私の言い方は、直接的で時にはキツイと思われることもあるけれど、彼の柔らかいタッチで救われる。

発達障害の要因としては、メディアから離れ、一緒に体を動かしたり、コミュニケーションを取ったりしながら感動体験を積み重ねることが大切であること。

大人も楽しんで関わっていけば、結果は必然と付いてくる。
子どもとの遊びは、気持ちいい疲れとなる。 



sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2016年07月03日

ヘルプとアシスト

リーダー研修実施において、いろいろと学び資料作りをする中で、ヘルプとアシストのバランスが大事だということ。

このことは、子育てにも同じことが言える。

育成には、ヘルプとアシストのバランスが大事であり、4段階のステップがある。

I do,you watch 私がやる、あなたはみている。
I do,you assist 私がやる、あなたは手伝う。
You do, assist あなたがやる、私は手伝う。
You do, watch あなたがやる、私はみている。

子育て講演会の時に、子どもがお片づけをしないで困っているというママに、上記のことを話したことがある。

職場でも同じことが大切であり、メンバーが育つのか否かは、リーダーにかかっているということである。

エンパワーメントとは、人にパワーを与えるのではなく、人は本来、知識や意欲というパワーが備わっていて最高の仕事をしようとするもの、このパワーを引き出すことである。

子育てにおいても同じことが言えるのではないでしょうか。

このことを記しながら自らに言い聞かせているのですよ。

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2016年07月02日

電子メディア付き合い方フォーラム

県の主催で開催されたメディアの付き合い方を教育関係者・子育て支援関係者・保護者など等対象に講演会とワークショップの内容。 

講師には、14年前に茨城の方へ転勤された医師で、お世話になっていただけに、とても懐かしく参加を申し込んだ。

変わらずお元気で、当時から熱心に発達障害に携わっていらしてたくさんのことを学ばせていただいたことが、昨日のように・・・、年数が経過している気がしなかった。

発達障害というよりは、電子メディアの使い方次第で傾向になるというデーターやテレビを止めることで改善されたケースを報告された。

休日には、家族で自然に触れたり、遊んだりしたことを写真に撮り、それを観ながら子どもと分かち合うことを行う。そして、そこで思ったこと、感情の動きを記録しておく作業を子どもとともにやることで、言葉や文書などにも効果があることも。 

保護者の方々に聴いてほしい内容だった。 

子育ての旅の熱心な卒業ママも参加されていて、子どもと向き合うことを確認されたことと嬉しく思った。
子どもとの関わり、悔いのないように頑張りましょうね。 

今日のテーマ、メディアを止めても一緒に遊ぶとか関わり次第で子どもの成長に成果が出ることも理解できたので、私も講演会等で伝えていこうと思う。

移動された課長さんともお会いでき、同じ仲間とも学びを共有できたことに、ありがたく感謝です。

sukomomo at 19:01コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: