2016年08月

2016年08月31日

がいなネット交流会

NPO法人がいなネットの交流会が開催された。

ボランティア精神をもつ個人や団体、企業や行政など広範囲の中、活躍されている皆さんとの交流会は、夏と冬の年2回、夏は、盛大に開催される。

今回も新たに仲間入りをされた方などや、10年経った中で、実践を大切にして行こうという提案もなされ、いろいろな方々の話に花が咲いた。

理事長の理念に納得して皆さんの意識の高さも重なり、がいなネットの取り組みがより浸透していった。

また、子育て・教育部の打ち合わせも、早めの集合で協力を得て、何とか12月3日に向けての意思共有もできた。

久しぶりに夜の会に出席し、食べて飲んで話して楽しい時間となった。〜感謝〜





sukomomo at 22:01コメント(0) |  

2016年08月30日

やはり・・・違う!!

夏に修了した「子育ての旅」13期生のママたち親子での同窓会が初めて開催された。

二人の幹事さんのお世話で弁当を取り寄せての顔合わせである。 

子どもたちも一回り大きく成長し、離乳食も始まったというママの話などに、子育てしっかり関わっていることも実感し嬉しく思った。 

昨日から始まった14期生の緊張感やあどけない雰囲気とはちがい、さすが! 共に過ごした研修の成果が表れているのを感じ、安心して見守ることができた。

研修の一日一日がママたちの仲間づくりとスキルアップにつながっているのだと、改めて実感する。

子どもとのかかわりなど、子どもの成長とともに気になる点などや、しっかりと話したことを実践して成果を話してくれるママもいて、同窓会の必要性も痛感し、できるだけ参加しなければと改めて思ったりもした。

支援センターのスタッフの心遣いもありがたく、私はもちろんのこと、ママたちもそう思ったことでしょう。〜感謝〜

sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2016年08月29日

子育て仲間の広がり

子育ての旅14期生がスタートした。

今回も素敵なママたちとの出会いに感謝と期待が高まる。

毎回初心に返ってママたちとの出会いに貢献できるようわが身を引き締めて臨む。

人とのコミュニケーションが苦手だというママたちも、こうして参加できるのだから、結構大丈夫なのである。

一歩前に進むことで、何歩にもなって得るものがあることを一人でも多くのママたちへ実感してもらえたら、何よりも嬉しいのである。 

スタッフの配慮と地域の皆さんの託児などもあっての実施に感謝し、子育ての輪が広がり、みんなで子育てを楽しみ支え合っていきましょう。



sukomomo at 17:02コメント(0) |  

2016年08月28日

振り返ってみる

明日から始まる「子育ての旅」は、14期生になる。

今までの1期生から13期生を振り返って、一人ひとりを思い起こしてみる。

皆、素敵なママたちとの出会いに懐かしく感謝である。

暫く会っていないママたちもいて(仕事が始まり)、元気に過ごしているかしら・・・と思いも馳せる。

明日からの新たな出会いに楽しみ準備をする。

スタッフの皆さんの募集や準備などの感謝も含めて、いい研修会にしたいと改めて実感するのである。

台風の影響ができるだけ少ないことを願って!!  

sukomomo at 17:25コメント(0) |  

2016年08月27日

いい日いろいろ

今日一日に感謝。

東京の友だちから毎年恒例の巨峰が届いたこと。

姪の娘が初めて一人で帰ってきたこと(里帰り??)大学研修があり姪たちと一緒に帰れなかったことから、一人旅となった。

年を取るはず・・・幼い子どもたちが、それぞれ女性になり男性になって頼もしくもあり嬉しくもあり。

子どもの頃に関わりを持っているからこそ、成長も一段と分かり実感すること。

天気も久々に爽やかな秋風のよう。

嬉しい今日の日に感謝です。

sukomomo at 17:47コメント(0) |  

2016年08月26日

子育ての愛情とスキル

親は、特に母親は子どもの幸せを願って自分のことは二の次にして子育てを頑張っている。
 
「母は強し」である。

大人になった子どもの不祥事にも責任を持って当たり、母とはほんとにすごいと思う。

だけれど、子育ての仕方を間違ってしまうこともあるだろう。
いいと思っていたことが、実は、よくなかったなど。

結果がでて初めて分かることも。

だからこそ、一人で考え抱え込まないで、いろいろな人との関わりを持ちながら子育てをして行った方がいい。

人の話をよく聞き、子どもの様子に目配りをしていくと、途中で子育ての失敗も修正できる。

今日の講演会にきたママたちや保育士は、きっと気づきを実践につなげていってくれることでしょう。
今日の出会いに感謝です。

sukomomo at 22:20コメント(0) |  

2016年08月25日

世代を次いで

20世紀梨のこの時期、いつもお世話になっている梨農家さんへ依頼する。

返信用の封筒が注文書と一緒に入っているのだけれど、いつものように出向いてお願いをしている。
 
尋ねると、お嫁さんが対応され、お爺さん・おばあさんが中心になってされていたけれど、昨年あたりから若い世代へ引き継がれていかれた。

「皆さん、お元気ですか?」と尋ねると、お爺さんが脳梗塞を患いリハビリ中だということだった。

玄関先もきれいに改造されて、若い世代で梨づくりも板についたようだった。

明後日から発送が始まるとのこと、美味しい出来上がりを見計らって送っていただくことにした。

いつもお世話になります。

sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2016年08月24日

ママたちは頑張っている

子育て相談をしていく中、いつも思うことは、ママたちはとても頑張っているということ。

頑張っているからこそ悩みがあるし、考えすぎることもある。

家族や仲間に気軽に分かち合うことができればよりいい。

聴く側も、話す側も、オリンピックのアスリートのように諦めないで・思いこまないで、やりきれるような子育てができることを応援していきたい。

子どもも大人も、逃げないで向き合う勇気とサポートが必要不可欠である。

苦しいことも、だけど、楽しいことがより多く達成感を・幸せ感を、得られることを子どもを通して成長できることを感謝して心を豊かにしていきましょう。

sukomomo at 18:17コメント(0) |  

2016年08月23日

絵本と子ども

子育てで行き詰った時、ぜひとも絵本を手にして一息入れて欲しい。

自分の思うようにしたいと焦ってみてもいい答えが出ないからである。 

子どもに手を出し、強引にきかせようとしても根元からの解決にはならない。

子どもは、大人が思っている以上に、心の動きが深いことが多い。

子どもの心を把握する一冊の本をお薦めしたい。

最近、書店に出ました。

「絵本で出会った子どもたち」足立茂美著
絵本の物語だけではなく、登場する子どもの心を実践とともに解明されていて、感動する場面もあり共感できるものです。
子どもの心が手に取るように分かり、笑ったり涙ぐんだりして読んでます。

sukomomo at 17:13コメント(0) |  

2016年08月22日

生涯読書をすすめる会

月一回の定例会、今月も盛りだくさんの充実した会となった。

会長の「絵本で出会った子どもたち」の著書の感想も多く寄せられ、私も子育て支援の一環として、ママたちにこの本をお薦めしたいと思っている。

絵本の内容から、子どもの心を読み取り、実際に関わった娘さんだったり、地域の子どもたちだったりと子ども心に感動し共感もしたのである。

子育て関係の著書はよく出ているけれど、この本を読むと心が温かくなり、子どもの心が読み取れる。
本を読んだ感想は人それぞれ、いろいろあるけれど、子ども目線での心の動きがとても素敵である。

今日のミニ講座では、境港市で世代を問わず近所の皆さんが気軽に集まれる場所「ふれあいサロン風」を空き家を利用して開設された方の(長年学校図書司書をされた)あゆみをお聴きした。

幼い頃に、たくさんの地域の方がたのふれあいが土台にあり、定年を機に何かしたいと思って、いろいろな園があり開設に至ったということだった。

近所の皆さんの妊婦さんから老人の方がたまで気軽に訪れてふれあいが拡がっているという素敵な取り組みだった。
やろうと決断した時には、自然と協力者が訪れたという。
皆のためにやろうとすると、しっかり神様が導いてくださるのだろう。
 
今回は、二つのイベントをご紹介します。

9月11日(日)15時開演・・アンデスの風(南米音楽と津軽三味線)
          境港市民会館 大会議室
9月19日(日)11時〜11時30分、14時〜14時30分 カナダ・コーパス「ひつじ」 
          夢みなとタワー 多目的ホール

いずれもチケット購入(前売り券1000円)

sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2016年08月21日

知らないこと

迷惑メールに、情報申請があったという報告が来た。

何も依頼していないのに、これは詐欺だろうか?

知らないということは、とても怖い! 

覚えがないという人には・・・・と、メールアドレスが記載してあった。

返信したらとんでもないことになりそうなので削除した。

一体なんだろう??  

パソコンに詳しい友に聞いてみることに。
皆さんも気をつけましょう。 


sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2016年08月20日

いい講演会でした

迷った結果、本の学校の方へ参加することになった。

倉本聡氏の環境問題に危機を感じて富良野に住み着いた経緯など、
TBSテレビで関わった林原氏の話を基に温暖化や自然体験の無さから将来2050年を見据えての人間としてのあり方を考えさせられる内容の濃いいものだった。

温暖化で21世紀課題は、食料問題だという。
日本の自給率は39%・・・温暖化が進むことによってそのうち輸入はへり、食料危機になるのだという。
そして、今の日本の食糧廃棄が凄いことや動植物が人間の身勝手で減少されていること等などDVDを観て衝撃受けた。

1960年代の省エネに戻れば何とか免れるのではないかとも。
次世代を幸せに過ごすことができるために、真剣に取り組まなければならないことを痛感させられた。

富良野塾  倉本聡

あなたは文明に麻痺していませんか
石油と水はどっちが大事ですか
車と足はどっちが大事ですか
知識と知恵はどっちが大事ですか
批判と創造はどっちが大事ですか
理屈と行動はどっちが大事ですか
あなたは感動を忘れていませんか
あなたは結局何のかのと云いながらわが世の春を謳歌していませんか

しっかりと心して日々の生活をしたいと思う。



sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2016年08月19日

明日の講演会ご案内

明日は、定例会が延期になったので、重なっていた研修会に行こうかと思案している。

もともとは、松江で子育て研修大会があるのだけれど、遠出の運転は控えたくて、申請はしなかった。

さて、明日は2つあり、同じような時間帯でどちらかに?参加したいと考えている。  

  嵒拯斌遒らのメッセージ」〜倉本聡の素顔を語る〜
   林原博光氏(元TBS演劇プロデューサー)
   本の学校 多目的ホール
   13時30分〜15時

◆ 嵜渊餞曚浪燭里燭瓩砲△襪?」〜公立図書館の役割と存在価値とは〜
   齊藤明彦氏(元鳥取県立図書館館長)
   米子市立図書館  多目的研修室
   14時〜16時

直接的な子育てのテーマではないけれど、何かの気づきに出会えるかも?
託児がないので子ども連れでは参加しにくいかな?
家族・祖父母の協力ができる方は、どうぞご参加ください。

sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2016年08月18日

母の存在は強い

オリンピックたけなわ、アスリートたちの母親へのコメントには愛を感じる。

そして、母からのメッセージが届くと必ずや感動の涙する。

やはり母の存在は、言うまでもなく素晴らしいと再確認、納得するもの。

今月末には、子育て講演会などママたちとの新たな出会いもあるので、しっかりとママたちには自信を持ってもらい日々の子育てを幸せに過ごしてほしいメッセージを贈りたいと思う。

暑さもまだまだ続きそう、ママが元気なら子どもも元気。 
暑い夏を乗り切りましょう。 

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2016年08月17日

よく学びよく遊べ

子どもは遊ぶものである。
一日中遊んでいるようなものだ。
退屈ということを知らない。そういう子どもが小学校に入ると、よく学び・よく遊ぶ・・・イギリスには「勉強ばかりして
遊ばない子は馬鹿になる」という、きついことわざがあるようだ。

だらだらと遊ばないで、一生懸命遊んだら、夜、外をぶらぶらすることもない。
遊ぶ仲間と遊びの創造が基本。
チャンバラごっこに、鬼ごっこ、竹馬、自然の実を使ったり、 昆虫取り、水鉄砲・・・昔はみんなが楽しんだ。

以上は、外山氏の『家庭という学校』の著書からである。

現代は、意識して森に出かけていかなければならない。 
工夫して遊ぶチャンスをできるだけつくっていくことが子育ての課題であるようにも思う。

sukomomo at 19:22コメント(0) |  

2016年08月16日

考え方の差

話せば話すほど、ネガティブな返答が・・・・。
どうして、そんなに悪く悪く考えてしまうだろう。

やっても見ていないのに、自分のことばかりでなく子どもや他人に対してもネガティブなとらえ方が徹底している。そういう人は、人の意見すら素直に聴こうとしない。
困ったものだ。

幼い頃に、よほど不信感を得るような子育てをされたのだろうか?
それなら、彼もまた、被害者なのかもしれない。

子育ては、希望。
叱る時も、一息入れて、ポジティブに話しかけることを心がけましょう。

夢も希望も持てない努力できない大人になってしまいかねないのですから。

sukomomo at 18:20コメント(0) |  

2016年08月15日

幼馴染同級生

お盆のお墓参りの際に、数十年ぶりに会う同級生と、何人か会う。

不思議と、自然に会話が弾み近況を話し、久しぶりに会うような感じではなく、特に小学時代の男女問わず戻ったよう。

幼い頃に遊びを通して学びあった体験などは、一生の宝物だということも痛感した。 

皆さん、いいおじいさんやおばあさんになってしまって・・・「女性はやっぱり若いねぇ」なんてお世辞を言ってくれてねぇ。

今どきの子どもたちは、たくさんの近所づきあいできる同級生が少なくて、親が友だちとの関わりを大切にしていると、車で送り迎えをしなければならないようになって、気軽に『だれだれちゃんのとこへ行ってきます』なんて自由に行き来ができない時代になってしまった。

近所の神社が遊び場になったり、保育園や小学校の庭が遊び場になって自由に遊べる時代ではなくなっているのも、今時の子どもたちにとっては不利である。 

幼い頃から、いろいろな友たちと関わり人間関係の土台作りをしておくことを、同級生と会って痛切に思ったのである。

sukomomo at 20:33コメント(0) |  

2016年08月14日

家族揃って

お盆の半ば、母が亡くなってからも毎年恒例でお盆の期間は、毎日実家のお墓参りに出かける。

今日は、家族みんなが揃っていて賑やか。

やはり、成長した子どもたちを観るのが一番の幸せ!

そして、いつも忙しい母親(姪)が在宅していることも、やっぱり雰囲気が違う。何かしらほっとする。
仕事が忙しい中、今日だけの盆休みとか。
母は、やはり家に居て欲しいねぇ。 

大きな体になった子どもたちもすぐそばで、昼寝(うたたね)をする寝顔はやっぱりあどけない子どもである。
幼い頃から関わっていると可愛さが蘇ってくる。

子どもは、地域の宝でもある。周りの大人にもしっかりと見守ってもらえるよう、ママたちは幼い頃から一緒に地域とのコミュニケーションをとっていくようにしていくことが、将来に繋がっていくことだと思ってます。 

sukomomo at 20:24コメント(0) |  

2016年08月13日

お盆さん

一年経つのがとても速い、ご先祖様を身近に感じるこのお盆の期間。

実家の姉は、無くなった祖母や両親がそばにいるように感じるなどと、今年は妙なこと!!??を話している。

そういえば、私もこのところ母のことを思い出し、「会いたいなぁ」なんて思ったりした。

今、幸せであることをご先祖様に感謝するのみである。

実家も子どもたちが大きくなると、揃っていることが少ない。
3男坊は、私のことからかう様になり、何ともかわいい・・・高校生なんだけれど・・かわいいのである。
この夏休みは、バイトを始めたとか、しっかりして・・・かわいい・・・姪である母はかわいくて仕方ないのだろうなぁ。

いつもよりゆっくり子どもたちと関われて嬉しいお盆さんである。 

sukomomo at 20:17コメント(0) |  

2016年08月12日

好みが違ってきた??!!

幼い頃は、好き嫌いが多くて、お肉や魚はもちろんのこと、スイカも食べれなかった。 

嫌いなものも、特に祖母が(母は忙しく母のフォローを)魚の骨をとってくれたり、お肉も分からないようにして工夫をしてくれたのを覚えている。

仕事を始めるようになって、嫌いなものも少しずつクリアーしていき、ほとんどが食べれるようになった。

果物の中では、スイカは一口程度しかた食べれなかった幼い頃、今は食べたくなって買ったりすることも。
そして、タイミング良く、知り合いからスイカの差し入れがあり、いただくことになった。

小さなこだまスイカとか、幼い頃に見ていた暫く水に浸していただくと、包丁を入れた途端にはじけて、赤く実っていた。(近年はカットスイカしか買った事がない)感動!!

なんともまあ!甘くて新鮮で美味しいこと。
久々にスイカの美味しさに感動した。ごちそうさまでした。有難う。

幼い頃の好き嫌いは、あまり心配しなくてもいいと私的には思っている。
しかしながら、嫌いだからといって初めからつくらなかったり、与えなかったりするのではなく、工夫して一口でも食べる経験の積み重ねが大切だと思っている。

私が、祖母や母にしてもらったように、嫌いでも何とか食べてもらいたいという愛情があったからこそ、大人になってから克服する。
そして、懐かしくて食べたくなる(好きになっていく)

偏食で困っているママたちの相談には、私の体験を話しているのである。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2016年08月11日

大山が美しく

大山が雄大で美しく聳え立っている。

今日は、山の日とやら。

休みだということをうっかり忘れていて、姉の家に用事で行ったら、甥っ子が庭にいて「今日は休んでるの?」なんて問う。

『今日は休日だよ』であらっ!そうだった。
『お茶でも』と言ってくれた声かけに何とも嬉しく、日ごろなかなか会えない娘も・息子にも会えて、思いがけない出会いに幸せなひと時だった。

美容室からの予約ok連絡も入ったので、30分という時間を甥っこ家族の笑顔に触れてほっとする。

美容室からの帰り道も大山が聳え立ち美しい姿を眺め、改めて緑の多い自然や人への感謝を感じたのである。

山の日・・幸せな日に。




sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2016年08月10日

元気をもらって

オリンピックの話題が公民館教室でも盛り上がった。 

幼い頃から、泣き虫だったかわいい印象の福原愛チャンは人気者。

幼い頃から観ているので、成長した愛ちゃんにも感動をするけれど、卓球女子のリーダーとして、今回は顔つきが違う。

芯がぶれてないっていうか、ほんと! すごい!

元気をもらっている。
ある人は、「若い人たちが頑張っているのだから、私たちも頑張らなくてはネ。」と。

東京オリンピックまでの楽しみもできたようだ。

アスリートたちの努力と、感謝の心に感動が続く。

sukomomo at 19:40コメント(0) |  

2016年08月09日

頼もしい母親パワー

オリンピック開催にアスリート達の頑張りはもちろんのこと、その母親たちのパワーが凄い!

例えば、水泳の萩野選手は、5歳から片道1時間をかけて、週6日間を車で送迎されていたことや、食事面でも気遣いし、栄養士の指導なども受けるとか、子どもが安心して集中できるように、サポートをするなどの努力が、一流のアスリートへの道となった。

子どもがやりたいことを全力でサポートする環境があってのことだろうが、母親の熱意もまた半端な気持ちではできない。

体操の場面では、母親たちもまた、サポートチームとなって応援している様子に感銘を受けた。

母は強し、その子のために、無償の愛を注ぐ。
スポーツに限らず、その子の能力を引き出す母親の姿は素晴らしい。

sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2016年08月08日

子どもの歯の健康

がいなネットのホームページに、高野由美先生の子ども歯科に関する情報が満載されている。

歯科にとどまらす、食育・足育等など、乳幼児期の子どもを持つママたちにとっては参考になるページである。

もちろん大人にとっても参考になり、私自身も学ぶところ助かっている。

左記のリンクから開けてみてください。


毎日、暑い日が続いています。
熱中症はもちろん、風邪などにも気をつけて、暑さに負けず過ごしましょう。
今一つ、体がしゃんとしない時などは、無理せずにゆったりと過ごすことです。

sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2016年08月07日

本との対話

生涯読書の会主催で公開講演会が開催された。

今までとは異なり、新聞の潮流による連載記事から、この先生の話しをお聞きしたいとの会員の希望で、鳥取大学医学部教授の谷口晋一氏による「本との対話」物語の世界を旅すると題して行われた。

あらゆる分野の読書をされていて、紹介されるとともに、作者の真髄にも触れて、興味深くお聞きすることができた。

お医者さんなのに、こんなにも読む時間があるのだろうかと思うほどに、たくさんの情報だった。

そして、心を・思いを・コミュニケーションを大切にされていることも親しみ共感できる話しだった。

こんなお医者さんであれば、患者も安心し信頼してお任せできるだろうと思った。

紹介された著書は、今まで知らないものも半数位あったが、おいおい手にとって読んでみたいと思った。

新たな出会いに感謝です。

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2016年08月06日

大丈夫・・・??!!

小学生にもなると、親からの距離も少しずつ離れて行きながら(思春期)友だちとの交流が活発になり楽しい年齢になる。

しかし、友達と遊ぶことよりも先生(大人)に相手をしてもらいたがる子どもたちが多く、気になるという。

親(家庭)からの愛情を受けていない子どもたちが、教師に愛情を求めてくる。
それは、スキンシップだったり、キレるという行動だったり、反抗だったりとさまざまであるが、親に気を遣っている子どもたちも少なくないようだ。

乳幼児期から小学低学年までは、やはり親の愛情が一番の栄養剤である。

子どもに手をかける(無償の愛情)時期は、そう永い間ではない。
もっと、もっと子どもたちを見守り寄り添ってほしいと痛感する。

そして、保育士や教師は、まずは、心の栄養補給を満たすように家庭と学校(保育園)連携し、安心して学べる環境で取り組んで欲しい。

今日はがいな祭り、親子で一緒にダンスを披露するママを見かけた。
楽しい経験を共にしている姿を観て、ほっこりするひと時だった。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2016年08月05日

朗読コンサート

お話しボランティア火曜の会の毎年恒例の朗読コンサート『星は見ている』原爆の日に寄せてが市立図書館で開催された。

たくさんの参加の中で、今年もまた、感動するお話しだった。
毎年、いろいろな工夫がなされた中で、今回は、原爆に合った親や子の思いを綴ったものだった。

遺品から観えてきた、戦争の怖さをお話しとスライドでリアルさも伝わってきた。
いつも、平和を思うことはあっても、今日のようなお話し会で、事実を受け止め改めて二度と間違いのないように風化させてはならないと痛感させられた。

火曜の会の心あるお話しがひしひしと伝わってきて、涙する場面もあり、来年はもっとたくさんの人に知らせて一緒に参加できるようにしていきたいと決意したのである。

今日の感動を有難うございます。

sukomomo at 18:45コメント(0) |  

2016年08月04日

絵本が教えてくれたこと

長年、読み聞かせをされている先生が(大学では言語が専門とか)、第2段の著書を出された。

本日、思いがけないことに送っていただき、嬉しい限りである。

「絵本で出会った子どもたち」~心が育つ瞬間をみつめて~足立茂美署

・・・子どもが子どもらしく育つ姿など・・・絵本が教えてくれた。
48冊の絵本に、その時期の発達段階の代表選手のような子どもたちがたくさん登場し、その親も子どもと向き合う様子など、おおらかで自然で、お手本にしたいほど見事だとか・・・。

これから読むのが楽しみです。

sukomomo at 20:34コメント(0) |  

2016年08月03日

ブックスタートの日

毎日暑い日が続く、今日はブックスタートの日。 

水曜日と木曜日の二日間にあるけれど、水曜日が人手不足のために、今回も幼馴染を誘って出かけた。

案の定、いつもより少ないボランティアだったので、彼女に来てもらい助かった。

今日は双子ちゃんが3組もあったり、先月健診できなかった赤ちゃんもいたようで、(少し大きいなと思って、ママに尋ねたら、やはりそうだった)

ママたちをねぎらって声をかけると笑顔が返ってくる。
それを観ていた赤ちゃんも笑顔になる。
やはり、ママが笑っていると赤ちゃんも穏やかである。

また、夏休みとあって、お兄ちゃん・お姉ちゃんが付き添い、一緒に読み聞かせを楽しんでくれた。
赤ちゃんもきらきらした目で見てくれる・・かわいい!

今日も赤ちゃんとママからパワーをもらいました。
誘った彼女も共感してくれて、笑顔があふれていた。
有難う。

sukomomo at 16:48コメント(0) |  

2016年08月02日

地域の子育てサークルの役割

米子市の子育てサークルは、各地域ごと主にに公民館で開催されている。

助産師・保健師・養育支援員等の勉強会で、市内の子育てサークルなどの説明が行われた。

子育て支援に関わっていない人たちは、どこの地域に子育てサークルがあって、どんなことをしていて、どんな人たちが来て、どんな人がお世話をしているのかも知られていない。

地域の子育てサークルは、地域の民生委員さんなどがお世話をしてくださり、地域の子育て支援を温かく見守ってくれている。

子育て支援センターは、市内に6か所あるけれど、それぞれの雰囲気があり、内容も少しずつ変わる。

例えば、今年、新たに子育て支援センターとして活動している「えがおサポート」は、朝から夕方まで弁当もちでも利用できるのがいい。

支援センターは、自由に6か所利用できるけれど、子育てサークルは、地域が主体てある。
地域の人たちと幼い頃から顔見知りになっていると小学校に行くようになったらメリットも大きい。

ぜひとも地域の子育てサークルでママたちの仲間づくりもしておかれることを提案します。

sukomomo at 17:06コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: