2016年10月

2016年10月31日

笑顔で全員修了

「子育ての旅」14期生の最終日に全員揃っての参加で、一カ月後の子どもの成長を分かち合い、今後の成長への手立ても見つかって、皆さん笑顔で修了することができた。

これからの子どもの成長とともに、ママたちも同じように成長をされることでしょう。

この幼い時期を子どもと共に楽しんで成長できることは、子どもが自立した時には大きな達成感と幸福感がやってくる。

昨日の松井るり子氏の子育ては、いろいろなことを楽しさに変えて子どもと共に遊び、育まれていることが素晴らしく喜びとなっている。

子どもと共にそばで成長を見守り楽しむ一瞬一瞬が何よりも幸せなことだとママたちには感じて欲しい。

そんな思いで今日の最終日のワークをすることができた。

子育て仲間と分かち合い共有・共感したことを困難を感じた時には思い出してほしい。
いつも応援してますよ。  
有難う。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2016年10月30日

松井るり子氏講演会

昨日と変わって天気も良くなり、穏やかな秋の日、昨夜から来られていた講演会講師、松井るり子さんとの出会いに、感動したひと時を過ごすことができた。 

講演テーマ「人を育てることば」にぴったりの絵本を読み語り、その中の絵本の深さから、子どもへの言葉かけにマイナス的なものは一切なく、素敵に子どもたちが自然と発達に添って成長できることの、大人側の問いかけでもあるかのようだった。

絵本の出会いと子育て、すべてが、共感でき、なんて素敵なお人柄でしょう。
途中で、折り紙を使ってサンタクロースやおさるをつくって『病院の待ち時間もこうして子どもと一緒に遊べるとね』と、丁寧に教えていただき、子育て中のママたちへの参加をもっと時間をかけて呼び掛けていくべきだった。と、残念に思った。 

それほどに子育ての参考になる言葉が、絵本が、会話が、素晴らしかったのである。
話される声と表情と丁寧さと・・・何とも・・癒されるひと時だった。

絵本を選ぶとき、美しい言葉と絵を見極めて、子どもたちとともに楽しむことが大切である。 

我が生涯読書会長・副会長・事務局の皆さま方へ、素晴らしい出会いのチャンスをいただきありがたく感謝。

sukomomo at 17:44コメント(0) |  

2016年10月29日

賑わいました!!

急に寒くなってきた今日、雨が降ったり止んだり、それでも大ぶりにはならなくて、公民館祭のオープニング以降は外でのパフォーマンスが行われた。

オープニングは室内での対応がなされたものの、小学生など外での屋台などが人気で、室内より外での楽しみがあって、寒くても基の予定に戻されたのである。

公民館によって、多少なりとも雰囲気や出し物などが異なっているけれど、バザーの多いこの地域は、子どもから老人まで賑わっていた。

当番をしていたので、声をかけることも多く、一年ぶりに会って話すなど、いろいろと家庭の変化もあり、笑ったり涙したり人とのふれあいがそれぞれにあったのである。

役を終えて、明日の講演会の準備に駆け付ける。
ほとんど終わっていて、申し訳なくもありがたく感謝。

明日の講演会、まだ少し余裕があるようですよ。
直接でもお越しくださいな。
きっといい出会いと収穫があると思います。

今日の日に感謝!!!

sukomomo at 17:29コメント(0) |  

2016年10月28日

公民館祭準備

旧市街地の公民館は、人口減少で老齢化し、作品展示も少なくなってきた。

各展示室の机の数がグーンと減り、持ってくる人たちも高齢のため大変そうである。

「膝が痛くて」とか「骨粗鬆症で」と杖をついての展示作業をされる人もいる。

それでも展示をしたいとの意欲があるのは素晴らしい。

そんな中でも、地域の小学生や保育園の展示はいつも心が和む。
当日は、子ども会も参加してくれることでしょう。

いろいろなお年寄りがいらして、お世話役の人は朝早くからボランティアで準備に来られ、対照的にクラブの皆さんのことをぶつぶつ言っていたり、いろいろな人たちの出会いに、人生の鏡となる。

ある人が「老年化は障害者になっていく、だからその年になると障害者の気持ちがよくわかる」と。

現役で活動されている人たちもたくさんいる。
それぞれの老後を自身のこととして、感謝を忘れず日々行動し生活していきたいと実感。

準備も無事済ませありがたく感謝です。

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2016年10月27日

ドキドキの怖さに

歯科医の日、今日は奥歯を抜くことになって・・・怖くて心臓がドキドキ・・・。
唇も震えてしまう・・・・恥ずかしい・・胆が小さいねぇ!!!

先生を信頼してお任せするしかない。

病院嫌いなので、何十年もほっておいてねぇ。

出血もあまりなく麻酔が切れても少しの痛みで、痛み止めの薬を飲まなくてもよかった。

幼い頃から薬嫌いで母は大変だったらしいけど、今に至っても薬はほとんど飲用しない。

化膿どめの薬は、必ずきちんと飲用するようにしつこく!!言われた。
素直に従います。

お世話になりました。

sukomomo at 18:37コメント(0) |  

2016年10月26日

生涯読書をすすめる会

月一の定例会がとても速い感じ。

今日もいろいろと学べる情報満載。

それぞれの立場や価値観で、それでもモラルの共感などつながりが心強い。

皆さん一人ひとり凄い!!!・・・・参加する度に感心する。

これからの秋・冬の夜長・・次々と読みたい本に触れて、楽しみとなった。

10月30日(日)10時〜松井るり子さんの講演会
テーマ『人を育てることば』
簡単な工作があります。ハサミをご持参くださいね。
場所 本の学校  2階

どうぞご参加ください。お待ちしていまーす。


sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2016年10月25日

障害児をもつ母の悩み

障害児といっても多種にわたって最近は多く聞かれるし、相談などもある中で、病気からなるサポートを必要とする保育の要望も年々多くなっているのではないだろうか。

看護師さんをつけて保育が決まっていても、その看護師不足で対応できなかったり、保育士では専門的なケアができず、責任問題などの点からも、預かってもらうことは容易ではない。

せめて、2.3歳まで位は、家庭で行うために、一時預かりとか、サポーターを頼めるような制度があれば、ママたちもだいぶん楽になることと思う。

また、経済的理由で働かなくてはならないママたちもあるだろう。
そんな切羽詰まったママたちの悲鳴を聞く。

医療機関と保育期間との連携で何とか支えるためのシステムを今後は考えなくてはならない。
看護師の登録でNPO法人の団体があるけれど、費用が高いなどで利用できないママたちもあるようだ。

もちろん、命を預かる側とすれば、丁重に保護するためには、それなりの予算もかかることと思う。

何とかいい方法は無いものか。

団塊の世代の人たち・・手を差し伸べていただけないものでしょうかねぇ。

sukomomo at 17:16コメント(0) |  

2016年10月24日

片付けてスッキリ

余りにもスッキリした天気で、夏物の残りを洗濯し、リビングの片付けもおこない、気分爽快こころもすっきり。 

リビングのテーブルは、書類や郵便物が、「またすぐに見るだろうから」と積み重なってしまっていたので、いつも気になりながら見過ごしてきた。

明日から、また、仕事など予定もびっしり入っているので、「今日を逃してはならない」と自然に体が動いた。

テーブルの位置も少し変えたり、書類は一枚一枚仕分けて、時間が過ぎると楽しさと達成感・気分転換ですっきり。 
整理したものの、いつの間にかものが増えてしまう。
積み重ねない癖にも気をつけなければねぇ。

欲張りしないで、一か所一か所としていく、これなら日にちをかけてゆっくりしたペースで出来そう。
次は本とパソコンのまわりの整理を目標にしてやって行くことにする。
有言実行…次のお休みに実行するぞー!!!

sukomomo at 18:13コメント(0) |  

2016年10月23日

楽しんだねぇ

前々から、計画していた美味しいお蕎麦屋さんへ行きましょうという今日がやってきた。

あいにく降ったり止んだりと今一の天候だったけれど、土日しか営業していないということで、4人の同級生おばさんグループで実行。

日ごろはパン教室など、食べることには通な彼女のおすすめの蕎麦屋さん。

なるほど!!!
コシがしっかりしていてそばの皮も一緒に粉にしてあるだけあって美味しい「おそば」って感じだった。

おなか一杯になったものの、彼女が手づくりパンとケーキ、珈琲まで持ってきてくれていて、近くの公園で茶話会を。 
おなか一杯のはずなのに、食べれること・・・!!!!
美味しいっ!!!!  幸せ!!!! お孫ちゃんにも手づくりでパンやお弁当を持ってよく来るとのこと。

おばさんたちは、すぐには帰らない。
近くの道の駅で野菜や果物を買い求め、一人の彼女は東京にいる息子のために果物を送ったりした。

ゆったりゆっくり話もできて、あっという間の一日が過ぎてしまった。
この年になると、皆、夫婦で行動するよりも別々の行動も好み、また、ご主人に先立たれて一人暮らしを楽しんでいる等など、人生の降板を有意義に過ごしている。

いつも会っているわけではないのに、同級生という共通点で話題も共有でき楽しいひと時に、明日からのパワーになって頑張ろうー!!! 

sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2016年10月22日

ありがたいです

昨日の地震の心配をねぎらって、東京の恩師を始め、たくさんの方から心配のメールが届いた。

一人ひとりのメールを観るたびに心が和みホッとする。
本当にありがたい〜感謝〜

鳥取県中部は、被害も大きいようだが、西部はほとんど大丈夫のようで、我が家も少しだけ棚から軽いものが落ちていたくらい。

だけれど、さすがに昨夜は心配で寝付かれなかった。


午後からは公民館教室。
春に結婚された息子さんの写真が出来上がり、サプライズでお嫁さんにつくったブーケが喜ばれたということで、豪華なドレスにぴったりと合った女優さんのような美しい姿を、皆さんで喜び分かち合って、教室後の茶話会も盛り上がった。 

来月は、公民館祭に展示するため、その打ち合わせにも花が咲き賑やかな時間が経過した。 

大先輩の皆さま方のパワーはすごいです。 



sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2016年10月21日

無事でよかった!

ママと中学生と赤ちゃんふれあい教室、事前の振り返り学習もしっかり聞いてくれて、赤ちゃん親子とご対面・・・少しずつ慣れてママとの会話も盛り上がってきたかな!!という矢先に地震発生。

武道館だったので倒れてくるものはなくおさまるのを待って外に避難。
生徒もママたちも落ち着いて行動。
赤ちゃんは、びっくりして泣き出す子もたいたけれど、混乱することなくてよかった!

生徒の手づくりプレゼントも渡して遊んでいたので、暫く外にいたけれど風も冷たくおさまったのを見計らって、ふれあい会を再会した。
といっても、余震があることも心配で、いつもより早めに終了。

こんなこともあるのだ。
優しい生徒から『大丈夫ですか』と声をかけてもらって嬉しかったとママのコメントも聴けた。

怪我もなく余韻を残しながらも命の授業ができたことに感謝です。 
忘れられない思い出になったことでしょう。ごきげんあかちゃん


sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2016年10月20日

子ども同士のけんか

近年、幼い頃から集団生活に入るために、子ども同士のやり取りに、親が介入してしまうケースが多々ある。

兄弟喧嘩や同年齢の喧嘩・大きくなると異年齢の喧嘩等さまざまである。。

まだ、小学生の低学年までは、いじめと違って相手に対しての憎しみなどは無く、自分の思い通りにならなかった悔しさなどから相手に手を出したり、相手からの攻撃を防御するために喧嘩にもなりえることなど、いろいろな場面が予期される。

子どもの喧嘩に、自分を悪く言う子はほとんどいないので、両方を一緒にして話し合わせる必要があり、親だけが子どもの言ったことを間に受けて、相手を中傷したりすることは、子ども自身を傷つけることとなる。

保育園・幼稚園、学校などの友だち関係においては、その場にいた担任などが一番解決できる立場にある。
子どもの喧嘩で、社会ルールを教えるチャンスでもあり、先生方は自覚して対応してほしいと願う。

また、親同士は相手の子どもが悪いと先入観を持つことなく、お互いの子どもの言い分をどちらの親自身も把握しながら、中学生になって自分たちで解決できるような学びにつなげていくことが大切ではないかと思う。

喧嘩は仲良しになる一つの手立てとなるか、逃げるか、相手への気遣いできるかの学びにもなる。

保護者は子どもをしっかり抱きしめて、よーく観察してくださいよ。

sukomomo at 16:50コメント(4) |  

2016年10月19日

みんなで考えよう

先日の講演会で紹介された著書が入荷したとのことで、早速書店に行って求めた。

『大人になるって何?』鶴見俊輔氏・絵、長新太氏・・鶴見俊輔と中学生たちがいろいろとテーマにそって考えを分かち合う中学生の寺小屋シリーズである。

「どうして自分は、生きているのかな」答えの出ない問題について自問自答し続けるのが哲学。鶴見先生は、私たちと同じ目線でそのことを問い続けた人だったという。

中学生の周りに、鶴見先生のような大人がいたら、子どもたちは自問自答する習慣がついて、キレたり人を傷つけたりすることが無いのだろう。

私たち大人のあり方でもある。

おもしろくて一気に読んだのである。

もう一冊は、明日紹介しまーす。

sukomomo at 18:28コメント(0) |  

2016年10月18日

親子によく会う日

今日は、あちらこちらに用事などで行動したために、乳幼児を連れたママやパパに遭遇することが多かった。 

二人の子どもでしっかりとママのいうことを聞いて座って待っている様子や、思うように行かなくて泣きだしてしまう子等、その対応などを観て見ぬふりをしながら観察すると、いろいろなことが分かるのである。

どうやら、二人の子どもをしっかりと家庭で見ている様子だった。
丁寧に言葉かけをしているママは、子どももしっかりということを聞く。

また、忙しそうに顔もあまり見ないで、言葉もはっきりしないママには、やはり待つこともできない。

そして、パパといっしょにお出かけするのは、ママにとっても余裕があるようだ。

気になったのは、夫婦でいるのに子どもはそっちのけでそれぞれスマホをいじっている。
あらら…大変!
「ジュースおいしいねぇ」とか「上手にできるねぇ」とか、話しかけて欲しかったなぁ。

もう少し大きくなったらじっと座って待ってられなくなるよー!と言いたかった。

幼い子どもの頃から一人前に話しかけを(コミュニケーション)多く取っていくと、自己表現がうまくできるようになっていく。
もちろん一方的ではなく、しっかりと聴くことが(やり取りが)大切なのです。

sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2016年10月17日

覚悟をして・・・10何年ぶりの

我慢して、我慢して・・10何年たって、ようやく覚悟をして歯科医に行った。

老化現象とともに、歯の衰えも増し、歯磨きだけはしっかりとするようにしてきたものの、グラグラ欠けてきた。

覚悟をして、迷った結果歯科医に電話を入れた。
歯科医は、縁あってたくさんの先生方とお知り合いであり、結局奥様から名刺を頂いていたこともあって、覚悟の末(大げさでしょ!!それほど病院は嫌なの)だった。

今日の今日だったので、キャンセル待ちで入れてくださり、夕方近くになって時間が取れたことを受けて急いで駆け付けた。

行ってみると雰囲気もよく、写真やら・レントゲンやら、怖くて怖くて・・・親切に声をかけてくださり、説明を聴いて少しは安心でき、少しずつ慣れてきた。ありがたい!!

欠けた部分を抜くことになったけれど、痛みもなくて・・・よかった!!〜感謝〜


sukomomo at 19:08コメント(0) |  

2016年10月16日

たくさんのことが確認できた講演会

「絵本で出会った子どもたち」の出版記念講演会が開催された。

著書の内容がさらなる子育て支援にもつながるたくさんの気づきを頂くこととなった。

多くの有名な専門家の方々からの評価なども公表され、改めて本書が子どもの心の発達の手引きでもなることも確認することができた。

「子どもという自然」の浜田寿美男氏発達心理学専門の著書の中から、子育てというものは赤ちゃんという自然と向き合うこと。そして、文化に引き寄せていくこと。
今の子どもたちは守られすぎていること。
労働から解放されているから、人の役に立つという経験が失われていること。

また、河合隼雄氏の著書からは、思春期までに親がすることは?
問いに、人間関係の貯金であること、たくさんの人とのかかわりが大切であること。

今回もたくさんの著書の紹介もあり、早速注文してきた。

このような話を聴いて、中学生と赤ちゃんふれあい教室の意義深い・・・やっていることはすごいことなんだと実感したのである。

たくさんの子育てママや支援者にも聴いてもらいたい内容が盛りだくさんの講演会だった。
この話をママたちにも伝えていけたらと思っている。 

とても学びの多い時間を過ごしたことに感謝です。 



sukomomo at 19:02コメント(0) |  

2016年10月15日

子育て・教育部定例会

定例会の延期でやっとのこと!!、皆さん集合。

今日のミニ講座は、中永先生の子どもたちの現状を主に話を聴く。
共感することも多く、支援者の思いは同じである。

何とか、子育てが輝いて未来への希望へと進んでいくことを願っている。

第7回子育てフォーラムの内容も段取りも話し合えて、それぞれが行動し参加を募っていくこととなった。
前回の行政トップの方々との分かち合いが主になることと思う。

私的には、「子育てに大切なことは何か?」を共有し、それぞれの立場で一つ一つ進んでいくことができたら何よりも嬉しいことである。

今日の日に感謝



sukomomo at 19:07コメント(0) |  

2016年10月14日

ママと赤ちゃんに有難う

中学生との赤ちゃんふれあい教室。ママと
思春期真っただ中の中学生は、しゃいな男子が多い中で、赤ちゃんとママの力は、周りのみんなを笑顔にする。 

ママたちも他の中学校を経験していることで生徒に関わることもうまくなっていく様子。

次第に生徒も泣かれても諦めないで「いないなばぁ」を促すと素直にやって見せる。
赤ちゃんの前では、ほんと! 素直になれるのだ。素晴らしい!!

後半は関わり方もうまくなり、名残惜しそうにする生徒たち。ごきげんあかちゃん

いつも思うことだけれど、赤ちゃんとママの力はほんと!すごいと今日も実感したのである。

手づくりの軍手で作ったおもちゃも赤ちゃんは喜んで手にして離さない様子に、生徒たちもさらに心和んだことでしょう。はくしゅくま

ママと(パパも参加があった)赤ちゃん有難う〜感謝〜

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2016年10月13日

おすすめですよ

10月16日、14時〜本の学校で講演会があります。

「絵本で出会った子どもたち」をテーマに、子どもを育てていく上で道しるべとなる講演会です。

講師は、足立茂美先生。

前にも紹介しましたが、最近子育てのサプリメントとなるような著書を出された記念にお話ししてくださいます。

子育て中のママたちはもちろんパパ、祖父母、読み聞かせをしている方々すべての人たちが聴いてほしい講演会です。

託児はありませんが、子どもとともに参加してもいいかと思います。
絵本の紹介などもあると思います。

どうぞご参加ください。

講演会の後は先生を囲んで茶話会もあります。(会費500円)

ご一緒できたら嬉しいです。

sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2016年10月12日

祈るばかりです

公民館教室の生徒さんの娘さんが、意識不明だという話をお聞きして胸が痛む。

子育ての様子など以前から聴いていたので、すでにその娘さんの二人の子どもは自立して社会人。
数日前に喉に食べ物を詰まらせて、今も意識不明だという。

一人で食事していた時だったらしく、旦那さんが帰宅してみたら意識がなかったとか。
すぐに発見していたら脳の方には影響がなかったとのことだが、数時間たっていたので脳の方へのダメージがあったのだろうということだった。
まだ若い50過ぎの年、何とも悲しい出来事でしょう。

いつ・誰が・どういう風になるのか?分からない。
日々大切に過ごさなければ・・・。

意識が戻りますように・・・祈るばかりです。

sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2016年10月11日

わぁっ! お久しぶり

もうしばらく会わなかった・・・何年前だろう??
二人の息子をもつママと遭遇した。

当時、上の息子さんは高校受験生、高校、大学を出て今年から社会人となって働いているという。
生活費を協力するようになって、「少々偉そうにもしている様子が何とも面白い」と、母親の嬉しい報告だった。

下の息子さんは現在大学生、休学して海外へ行って来たという。

祖父の介護をするなかで、ママ自身も疲れが出て急に歩けなくなり2年前に入院したことなども話された。

立ち話だったけれど30分近くの長話となった。

年月が経っても若々しい様子に、幸せなんだという感じを受けて安心し嬉しかった。

上の息子さんは、今年26歳になったとのこと。

嬉しいママの報告を聴いて、急に寒くなった今日、心はホッと温かくなった。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2016年10月10日

夏物整理・・その2

秋晴れの爽やかな体育の日(今年は10月10日、以前はいつもこの日だった)

心構えて(心構えないと先延ばしにしてしまう)ドライ洗濯5枚のワンピースを。
クリーニングに出すのが嫌で、毎年自前でドライ洗濯をしている。

いい洗剤があり、ハイベックというすぐれものである。
いつも購入する洋服屋さんからの紹介されたもので、講習会も受けたことがある。

冬物ダウンやスーツ(男性)なども洗えて仕上がりもいい。

夏物は、特に楽ちん・・乾きも早い。

おかげさまですっきりさわやか!!!〜感謝〜

sukomomo at 19:22コメント(0) |  

2016年10月09日

実践に向けて

米子「子育ての旅」1期生は、継続セミナー「子育ての旅」を始めた一番最初のママたちである。

そのママたちが、子どもには自然でのびのびと遊び体験をさせてやりたいと、知り合いの自然豊かな敷地で遊ぶ計画をされた。

その敷地は、柿やキュウイ、みかん、くり等など草木も豊かで、子どもたちが存分に遊べる場である。

幼い頃の自然に触れて想いっきり遊ぶことは、忘れがたい心も体も鍛え育てる一つの方法でもある。  

日ごろから思っていることを実践につなげていく行動的なママたちに、心から応援をしたいと思う。



sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2016年10月08日

人ごみの中で

衣服を整理するための収納棚を探しに大型スーパーに出向いた。 

土曜日とあって人・人・人・・の多いこと!

こんなにも人が多いのかぁ・・。と改めて、週末の居場所が大型スーパーになっているのを実感する。

ちょうどいい大きさのものがセールで売っていたので買い求め、お昼時も過ぎたので、ランチでもと思いきや、どこも満員状態だった。

やっと並んで美味しいたこ焼きを頂いていると、あらあら・・顔見知りの姿。 
子育ての旅のOBママである。


荷物を運び、まだお昼も食べないで働いているとのこと。(頑張ってるね!)
ここらで働いているのは知っていたが、場所が分かってよかった。

ベビー用品にぴったりのかわいらしい姿でイキイキと働いている様子を観て一安心したのだった。


sukomomo at 17:53コメント(0) |  

2016年10月07日

赤ちゃんふれあい教室・・・心和むひと時

中学生と赤ちゃんふれあい教室、季節の変わり目で急きょ赤ちゃんの発熱などで欠席も見られたが赤ちゃん親子に生徒2人の組み合わせで19名の赤ちゃんが登校してくれました。ごきげんあかちゃん

このクラスも生徒全体が落ち着いていて、真剣に赤ちゃんと向き合う態度がスゴイ!!
事前振り返りのコミュニケーションの話や質問にも応えてくれて、赤ちゃん親子と関わる時間もたっぷりと取ることができた。

ママたちからは、『こんな中学生になってほしい』との感想もあり、お互いの学びや気づきが展開されて何とも心和む時間帯となった。

「命の時間」を意識して、赤ちゃんが泣いてもたくさんの声をかけている生徒たちが目立った。ママと 
その様子をスタッフは微笑ましく見守って行った。

赤ちゃんも生徒も、これからの成長を頼もしく感じたのは、周りの大人全員が思ったことでしょう。

このように関わらせていただいていることに感謝です。 

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2016年10月06日

無事に・・・

昨夜の台風の暴風は、8時頃になるとピッタッと止まり、余韻も残すことなくおさまった。

他地域では停電などもあったようだったけれど、無事に通り過ぎてくれて一安心。

一夜明けて、公民館教室に出かけると、皆さんそれぞれの過ごし方で、話に花がさいた。

離れて暮らす娘さんが、炊き込みごはんをつくったので持って行くるのに、暴風で車がのろのろと時間をかけて来られたことや(台風だから外出しない方がいいよと断ったのに、わざわざ足を運んでくれたこと)孫ちゃんは学校が臨時休業だったので、学童には行ったこと。 

台風の時くらいは、自宅で一緒に過ごせばいいのに・・・と思うが、それぞれの考えがあること。

自宅で過ごした子どもたちもたくさんいたことでしょう。(孫ちゃんは、おばあちゃんが腰痛などの病み上がりでわがままが言えなかったのだと)

皆さんから9月の連休の家族旅行でお土産を頂き、教室後の茶話会を楽しんだ。 

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2016年10月05日

ブックスタートの日

台風の接近で、小中学校などでは臨時休校が実施される中で、ブックスタートは普段通り行われた。

午後の時間になっても台風の影響は全くというほど無くて、思った他の心配もなく、ほっと…それでも夕方には強風になりつつあり、早め早めの対応でスタッフも配慮し今日の健診は無事に終わった。

双子の参加が2組あり、パパの存在が際立っていた。
絵本の読み聞かせなど、パパも真剣に聴いてくれた、両親での参加は今後の育児にも心配が軽減される。

さて、今朝は、子育てママの展示PRがラジオで放送されるということで、早めにFMラジオを聴くことになった。
そしたら、先日行った中学校の赤ちゃんふれあい教室の新聞の記事を取り上げて放送され、リスナーの皆さんへ情報提供もできたのではと嬉しく思った。

MCの方は、自分の子どもができたら、ぜひとも参加したいとのコメントや、ずーと長く続きますようにと感想を延べられた。

そして、子育てママのトークでは、展示に至った経緯などや展示期間の案内が行われた。
彼女の聴きたい曲リクエストでは、私の大好きな懐かし曲、アバのダンシングクィーンが流れた。
またまた嬉しい朝のラッキーなひと時となった。 

今日の日に感謝です。

台風は、夜になって暴風で怖いくらい…どうか無事に通り過ぎてくれますように。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2016年10月04日

小中学校の同窓会!!??

大阪から一年前にご夫婦でUターンして来た幼馴染と、中学校の時の同期生4人でランチ会を。 

まあまあ!!おばさん方の話が付きなくて、食べることよりも話に夢中。
次から次と話題があること!!

子どもや孫や同期生の近況や、終活のことなどなど・・・。
4人いてもそれぞれの個性豊かで、それでも共感したり心配したり、大笑いしたり賑やかなこと!!

学生時代の人間関係は、その時代に還ることができておもしろいものである。

ある人は、孫(保育園)の運動会に親戚中で応援に行くことになったとか、息子が結婚する意志がなくて、誰かいい人がいないかしら?とか、もっともっと年を取ったらシェアハウスを提供するので一緒に住まないか?等など話が盛あがった。

捨て猫のボランティア活動をしていることや、パン教室で若いママたちとの交流を楽しんでいることや、韓国ドラマにハマっている人も、老後の生き方はそれぞれである。

ブックスタートボランティアに誘った彼女は、明日あることを確認してくれて、続けて参加してくれるようで、これまた嬉しいことである。 

次回は、パン教室に行くことや美味しいお蕎麦屋さんに行くことなど計画を立てて再会を楽しむことになった。

sukomomo at 18:54コメント(0) |  

2016年10月03日

世界の旅は拡がる

620361c3.jpgまだまだ、描いた絵は飾りきれない。

こんな親子の触れ合いもあるのですね。


また、旅の絵と違い世界の大統領などの似顔絵も描きながら、子どもたちとともに学びを楽しむこともあり、
有名人の似顔絵も展示に添えてある。

次回は、子育てに関する記録絵を展示してほしいと提案しているのです。
楽しみですね。

早速山陰放送が取材に・・水曜日に放送されるとのこと。
子育てママの活動とても嬉しいです。 


sukomomo at 14:24コメント(0) |  

世界の旅でであった人たちの似顔絵展示

1d3e0939.jpg大山町在住 子育てママが、長女を連れて世界の旅に、人との触れ合いを絵に。
凄いですよ。
ぜひ観て欲しいです。


明日から2週間、大山町名和公民館に展示される。
今日は準備をするために実家のお母さまに来てもらって展示ということで、展示提案に賛成した者として、少しでもお手伝いがあればと合間を見計らって現地へ行ったところ、すでに整って見応え満載・・・感動の展示となっていた。

スケッチブックを手にして観たのと違い、やはり展示してあることで、一枚一枚の思いが伝わってきた。
世界で出会った一人ひとり・・・飾りきれない。



sukomomo at 14:19コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: