2016年11月

2016年11月30日

笑って修了!!!

子育ての旅15期生のプログラム、後のフォローアップを残して修了。

朝から笑顔で笑いが絶えない2時間となった。

個性豊かなママ友・・・仲間となって嬉しい・・・これからも笑いに変えて乗り越えて欲しい。 

改めて、子育ての旅の内容も振り返ってみる。
やはり、このプログラムに勝るものは(適した)ないと実感。

ママたちの表情を観ると手ごたえを感じる。

帰り、5期生の卒業したママの家族(祖母)に出会い、5期生も久々に同窓会をしたそうな。
「楽しかった」と帰ってきましたよ。と報告を受けた。

すでに子どもたちも大きくなって(小学生)数年後もこうして仲間として続いていることに嬉しさいっぱい。

これからも支援センターの先生方と陰ながら見守っていきますよ。

sukomomo at 18:21コメント(0) |  

2016年11月29日

老化現象・・障害

久々にすぐ上の姉からメールが届いた。

いつも「疲れたので」とか、『ゆっくり休みたい』とか言っては、姉妹会に顔出しもしていなかった。

仕事に頼まれては断りができないことや、仕事の声がかかるのはありがたいとかいいながらもできる範囲で仕事へ行っているのは、好きなことだからだと思う。

そんな姉も以前から、目の老化が進んで眼鏡も何回も買い替えていたのだけれど、白内障の手術をしたとのことの報告だった。

術後の様態もすっきりしないようで、今はゆっくり休んでいるようだった。

老化ということは、障害者になることだとある人は言っていたが、本当にそう思う。

私も行く道、今、できることをしっかり精いっぱいやって行こうと思う。

無理せずに。

sukomomo at 16:51コメント(0) |  

2016年11月28日

素敵な一日を盛りだくさん

午前は、子育ての旅14期生同窓会。
初めての同窓会だったので、用事を夕方にしてもらい少しの時間でもと参加。

久しぶりに(1か月経った)皆さん母子に会えてうれしいひと時。
時間をつくっていって良かった。!!(いつもお世話になっているKさんが行けないかも?と言ったらとても残念そうだったので何とかしたいと)

風邪がはやっているようで3人はお休みだったけれど、母と子でいる素敵な時間に感謝でした。

急いで出版お祝いの会へ。
少し遅れたけど、何とか初めからの参加ができて良かった。
お祝いという場のサプライズは、心のこもったもので、茂美先生もとても喜んでいたたけたようだった。
「生涯読書の会」に入っていて本当によかった。
皆さんの知識の高い環境に学ぶことの多いこと。素晴らしい。

またまた急いで、ブックスタートワーキング研修会へ。
原点に返って、また赤ちゃんとの出会いに楽しみながらボランティアをさせていただけること。
ありがたく感謝です。

またまた急いで、実家へ冬用タイヤ交換。
お世話になっているトヨタの方を待って、テキパキと作業をしていただきました。
家族連れで来てもらって、お子たちにも会えてよかった!
お世話になりました。

姪もお休みで会えてよかった!!
姪がいるとやっぱり嬉しい。

姉からは野菜を頂き、何ともかんとも嬉しい一日でした。〜感謝〜


sukomomo at 19:01コメント(0) |  

2016年11月27日

参加してよかった!!

今日は朝から講演会の掛けもち。

境港市では読書祭りで瀬戸内図書館館長の図書館を立ち上げた成り立ちと図書館の役割など、素晴らしい取り組みに、図書館の位置づけを再確認させていただいた。

午後は、宇沢弘文記念フォーラムに参加。
宇沢氏の先駆的生き方に共鳴することから著書も何冊か拝読し、娘さんの父親の理念を引き続くトークにも興味深かった。
また、宇沢氏との出会いから建築家として活躍されている岡部明子氏の町づくりの学生と共に作り上げていく話も、これから何をすべきか等の参考になった。

お二人ともテーマは、社会的共通資本の考え方により、誰もが差別なく幸せになる社会を目指すという宇沢氏の理念に沿っての話に心を動かされた。

子育て支援への役割を確認しながら、次世代へつなげる行動をすることを再確認したのである。〜感謝〜

sukomomo at 19:36コメント(0) |  

2016年11月26日

子育てフォーラム間近

第7回子育てフォーラムの開催に向けて、スタッフの打ち合わせを行った。

テーマや内容を再度検討し、それぞれの思いがあって心境を分かち合うことから・・・。
こんなにも熱い思いで子育て支援に携わっている人たちと行政機関との連携がうまくいくためのフォーラムがぜひとも成功することを願って。

今回は一般公開をあえてしない。
行政と支援者(子育ての代弁)の座談会で現状と対策を連携してよりよい支援が行われていくこと。

昨日の肥後先生の話も関連する乳幼児期の大切さをいかに実践していくか。
子育て支援に携わっている方は、どうぞ参加してください。
そして、職場や地域に生かしていただければと思います。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2016年11月25日

子育て支援関係者研修会に

島根大学大学院教授肥後功一先生をお迎えしての研修会は、実のあるものだった。

今、多くの専門家の皆さんが言われているように、乳幼児期の子育てが根っこになり、大人への土台ができ過大なる影響があると。

私も子育て支援をする中で、乳幼児期の大切さを話してきたけれど、先生は分かりやすくドロドロした関わり方その時期が乳幼児期だと。

そのドロドロした時期を土台として、さらさらとした小学校〜思春期までの学力を発揮でき、思春期で再びいろいろと考える時期(ドロドロと表現)を乗り越えて成長していくと。

子どもと身体を動かして一緒に遊ぶことや、テーマパークやイベントなどに行くことよりも日々の生活の中で、ゆったりと何もしない時間を子どもと共にいることなどが、大切だということも。

汚れを気にしないで遊べる子どもたちがどれだけいるのでしょう。
砂場遊びも嫌がる親子もいるという。

五感を使って遊ぶ砂遊びなどは、子どもの心身の成長の基本的な遊びとも言えるのに。
子育て一緒に楽しみましょう。 

sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2016年11月24日

子育ての役割

子育て中のママたちは、熱心に向き合っている人こそ、子どもの様子や気持ちを察して寄り添う姿がみられる。

そんな中で、家族とのそれぞれの子どもたちへの関わりに、意思疎通ができないことから悩むことも多々ある。

ママの役割、パパの役割、そして、祖父母の役割を把握しながら、それぞれが子どもに関わることができたら、子どもも周りの大人たちも心が安定する。
課題等も共有し成長に向けて日々の生活に喜びや希望もわいて幸せ感を感じながら生活できると思う。

いつも思うことであるけれど、悩みの共通点にはお互いのコミュニケーションが足りないようだ。

もっと自身の心の動きや相手の話に寄り添うことができたら・・・と思う。

そして、アドラー心理学のように子どもの課題、それぞれの大人の課題と距離を置きながらお互いの思いやりで過ごすことができる。

皆がそういう風に行かないので悩みとなってしまうようだ。
それでも分かち合うママ友がいたら、それはそれで助かる。

家族も職場も地域も分かち合う場や関わりが大切だと痛感する。

sukomomo at 18:36コメント(0) |  

2016年11月23日

急激な寒さに

暖かい昨日から一転して、木枯らしの吹く今日となった。

徐々に・・・という時代は温暖化の影響であろうか???

子どもたちの体調が気温の不安定と重なり、発熱などで崩しやすいようである。

手洗い・うがいを習慣化して予防をしていくことが大切。

いつも風邪などひいたことのない私だが、今年は鼻がグズクズすることがある。
急に気温が差がった時やデパートなど人ごみの中に行った時等である。

そんな時、うがいを念入りにすることで大事にならなくている。が、年々、年と共に気をつけなければと自身にも言い聞かせる。

家族の中でも母親の体調不良は一番子どもに響くもの。 
しっかり栄養を取り気をつけくださいな。 

sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2016年11月22日

一段落・・歯科医通院

思いきって歯科医に行くことになって一ヶ月半、何とか一段落。

これからは、残っている歯を大切にするための予防ケアを2.3カ月に一回の割合で行く計画となった。
歯の(身体)老化現象と共に、我慢に我慢を重ねてやっとお世話になり、2本の歯を抜いたのである。

お陰様で食事も美味しくいただけるようになった。
ありがたいです。

帰り、久しぶりに大型スーパーに買い出しに行ったら、2人のママに遭遇。
休憩時間を使って忙しそうだったが、他の人と話している様子をしばらく見ていたようですぐに声がかかって、振り向いたら、半年ぶり??それ以上??・・気になっていた様子も落ち着いたものの、さらなる悩みもあって、声をかけられた。

立ち話だったけれど、少しでも聴いたことで、軽減できたらいいのだけれど。

皆、一生懸命に仕事や家庭に日々過ごしている。
あれこれ目いっぱいになったとしたら、目の前にあることを一つ一つできることから行動するのみである。

無理しないで!!・・それでもファイト!!です。



sukomomo at 16:48コメント(0) |  

2016年11月21日

生涯読書をすすめる会

月一の定例会、今日も情報満載。

図書館、学校司書等など行政との協議など、子どもたちの未来に向けて、協議会の委員は懸命に訴えるなど、
保育士も司書も現場の課題は似たようなものである。

人材育成が一番であるけれど、そこのところが置き去りにされている現状もあるようだ。

今回読んでみたい著書は、「人はなぜ語るのか」片岡輝氏、絵本は「おかあさんだもの」サトシン。

ミニトークは、全国へ読み聞かせを推進し活動されている「読み聞かせは、読み手と聞き手をそだてる」のテーマで、日頃の講演活動の話を凝縮されての話に、共感するとともに再確認する学びとなった。

sukomomo at 18:41コメント(2) |  

2016年11月20日

ほんの少しだけなのに・・・。

書類や郵便物を忘れないために、リビングのテーブルに置いていたが、テーブルの位置と物を置かないようにと片付けてから、気分もよく置かないことを維持している。

家にいてゆっくり過ごすことにもつながっていて、ラジオやCDを聴くことも多くなった。 

一カ所を整理しただけなのに・・・気の流れがよくなったのだろう。

次は本の整理と見定めている。

一度に多くしなくても一か所一か所でこうも違うことを実感できたので、次のステップになるだろう。

年末に向けて、できることを少しだけ・・とやってみることにする。 

子育て中は、こうはいかないけれど、みんなで過ごす一か所をすっきりしてみることをお勧めしまーす。
幼い子供部屋は散らかっていてもOK。

この時期にしては暖かい気温で降ったり止んだりの日曜日に思うこと。

sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2016年11月19日

大丈夫かなぁ???

国は、駆け付け警護として自衛隊員をスーダンに送り出した。

女性が防衛長官であり、何とも違和感を覚えしっくり来ない。

誰か有名な方だったと思うが、「女性が国のトップになれば、女性は子どもを守る母性から、戦争には大反対をする。だから戦争は起こらない」と。
私もその言葉には共感し、忘れることがなかった。

I防衛長官の送り出す淡々とした言葉に、冷たさを感じた。
日本の将来は大丈夫??だろうか?

継続可能な平和を子どもたちのために、守らなければならない。
改めて痛感した。

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2016年11月18日

お互いに引き寄せて

東京の友から連絡があり、お互いに元気でいることを分かち合う。

いつも、暫く連絡していないなぁと気になり始めると、お互いに求めあっているようで電話やメールが(ほとんどメールでは納得できず)なりだすのである。

彼女の趣味お茶では300人からの集会を主宰するとのことで、さすが!! に東京!!。
その後は、ベトナムに旅行だとのこと。 

彼女は、ご主人に先立たれて乗り越えたら、娘ちゃんの留学を機に海外旅行が日常的になってきた。
元気な彼女に嬉しく思っている。

私の海外旅行は、昔むかしの懐かしい思いでで、若かりし頃いろいろ行きつくしたので、近くでゆっくりするのが一番と思うようらなった。

離れていても分かりあえる大切な友との話しが弾み、さらなるパワーにつながる。
お互いに元気でいなければね。
ありがたく感謝です。

sukomomo at 17:33コメント(0) |  

2016年11月17日

拡がる予感に

親プログラム継続セミナー「子育ての旅」の仲間づくりが浸透して、ある自治体からの問い合わせがあった。

電話では話しきれないので早速出向いて説明をさせていただいた。

以前から話していたこともあり、この1年間いろいろとやってみて、やはり「子育ての旅」にたどり着いたようである。

継続して参加することに困難さを感じるようだけれど、始まったら楽しみとなって6日間が短く感じるのがこのプログラムである。

子育て仲間が前向きに今後に繋がって支えあえるには、このプログラムがきっかけとなって続いていく。

子どもたちの成長と共に子育ての悩みも異なってくるので、孤立しないためにも子育て仲間の存在は大きいのである。

早速来年度の予算を出したいとのこと。
実施できるようになれば、その自治体の子育て仲間と子どもの成長へのメリットも期待されることと思う。

sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2016年11月16日

子育て仲間の研修会はとても大切

子育ての旅も3日目になると、ママたちの仲間づくりも分かち合いが弾み、それぞれの子育てのやり方や考え方家族との考え方などなど、価値観が広がり、気づきや手立てが理解できることなど、改めて必要不可欠な取り組みだと実感する。 

なんせ! ママたちの笑顔が多くなっていくことが凄ーく嬉しい!  

それが、子どもにも反映していくからである。

子育て仲間ができ、持続することで支えあえることがこれからの子育てにも大きな役割があるのである。

さて、米子から始まった『子育ての旅』1期生のママたちは、10年近くなった今も仲間を募って小学生になっている我が子と共に日曜日の森の体験を企画し親子で自然の中で遊び料理を作って食べるなど楽しい活動が続いている。 

そんな活動をラインで送ってくる素敵な写真から楽しさが伝わる。
嬉しい報告である。  

sukomomo at 17:53コメント(0) |  

2016年11月15日

リーダーシップ研修

保育士のリーダーシップ研修最終日。

「やはりやってよかった」というのが感想である。

職場内での人は、それぞれの役割があり、向いていないと思ってもあえてやらなければならない状態にある。

その中で、いろいろな自己啓発のワークやチェックシートをし、するべきことの自覚確認はとても大切なこと。

リーダーシップを取る人は、コミュニケーション力がたけているかがポイントにもなる。

アドラー心理学では、人材育成には勇気づけと共同体感覚が大きく左右する。
リーダーはその勇気づけと共同体感覚の実践により、保育にも影響してくるのである。

この考え方は、家庭の子育てにも通じるもの。

参加者の皆さんの自己啓発と仕事への意欲につながったと思う。

3日間の研修お疲れ様でした。
今後も陰ながら応援していきたいと思ってます。

sukomomo at 19:20コメント(0) |  

2016年11月14日

仕事と子育ての両立に

11月は、来年度の保育園入園に際しての募集がなされ、ママたちも仕事復帰に戸惑いや不安を感じていることがよく聞かされる。

あるママは、みんなが早くから入園するので、家庭で観たいと思っているが、出すべきなのか? などと尋ねられる。

いつも言っているのは、2歳までは一対一の関わりがとても大切な時期であり、保育園は集団生活をすることになり、一対一の関わりは難しい。

ある程度の我慢をすることにもなる。これが社会性を身につけると誤解されているが、2歳までの関わりは、自分の思うがままに行動できる大人に成長するまでの唯一大切な自己主張の時期である。

これが一対一だからこそできる訳で、就学前の社会性が身につく時期に我慢をしたり協調できることに繋がっていく。

仕事の関係で、早くから入所せざる選択をされるには、できるだけ家庭で子どもが自己主張ができる環境をつくっていくことが必要であり、コミュニケーション(スキンシップ)を取ることを頭に入れておいてほしい。

そして、家庭保育を選んだママは、子育て支援センターなど、ママ友や職員との情報交換や遊びを親子で共有し、交流を楽しんで欲しい。

いずれにしても子どもの発達過程に添った関わりを大切にし、子どもがのびのびと過ごせることである。
7歳までは神の子自然の子といわれる時期、この時期をもっとも大切に謙虚に楽しんで欲しい。

sukomomo at 18:50コメント(0) |  

2016年11月13日

北海道展賑わって

北海道展はデパートで同じ時期に開催しているけれど、一年に一度の楽しみにしているお店がある。

濃厚で美味しいソフトクリームとヨーグルトを販売している「カントリーホーム風景」である。

日曜日とあって混雑賑わっていた。

せっかくだからと、初めて出店したという濃厚ごまみそラーメンもお昼にめがけて行った。
一緒に行った連れとは違った味を注文し、少し味見をどちらも美味しいさっぱり系としっとり系。

久しぶりのラーメンに舌鼓、北海道は美味しいものが沢山ある。
山陰も負けずと美味しいものがあるけれど、北海道の味はまた違う。

北海道に行った気分で食べようとチョイスしたのである。 


sukomomo at 18:40コメント(0) |  

2016年11月12日

子育てフォーラム間近

第7回子育てフォーラムが12月3日開催されるにあたり、内容や参加者状況、スタッフの意思統一など行った。

子育て支援に携わっている方々の熱心な分かち合いに、今回もいいフォーラムになることを実感した。

子どもたちを巡るいろいろな環境など、大人としてどう関わっていくか?など、各自治体の取り組みを中心に情報交換や分かち合いをして行きながら、次世代に送り出すための政策のヒントになり、実践できることに繋いでいくためのもの。 

家庭だけではなく、保育・幼稚園、学校、地域のすべての大人が子育て・教育に向き合っていかなければならない現状になっている。

そんな輪を広げて、安心安全な子育て環境になることを切に願うものである。

sukomomo at 17:03コメント(0) |  

2016年11月11日

花回廊イルミネーション

89c64422.jpg今年も点灯式にやってきましたよ。


実際に観る方がはるかにきれい!!
今年は、花火も同時にあげられた。

そして、いつものように7時からも花火があげられ、温かい夜のひと時に平和を感じ、午前に歯科医で歯をぬいたことも吹っ飛んでしまった。(痛かった!!)ありがたいです。

sukomomo at 18:00コメント(0) |  

2016年11月10日

心見つめて

子育ての旅の2日目に入り、ママ同士のコミュニケーションも多くなり、和やかな雰囲気に時間が流れていった今日、心の発達を中心に学び、自身の心見つめをする作業に入った。

今回のママたちもとても頑張ってます。

それぞれの思い方があり、それぞれの価値観の中で、人と人とは生活をしていかなければならない。
相手に変わってほしいと思っても変わることは、ほぼ時間に流されて繰り返し葛藤することも多い。

悩みは減らず相手のことばかりが気になってしまう。
だけど、自分自身は変わることはできる。
考え方を変えるには、もちろん納得しなければならず、簡単にはいかない。

年齢とともに、そのことが分かってくる。
だから、相手に執着しないで考え方を変えることができる。

自分は、どのように生きたいか?
相手に振り回されずに、穏やかに、それぞれが平和に過ごせる環境を。

子育て中の皆さんが子育ては大変だけれど楽しいこともそれ以上にあること、それを感じて日々を過ごしてほしい。
子どもの心の動きは、とても面白いもの。
じっくりと観る余裕が欲しいですね。 

sukomomo at 18:12コメント(0) |  

2016年11月09日

赤ちゃんと触れあった一日

午前中は、中学生と赤ちゃんふれあい教室で、たくさんの赤ちゃん親子の参加。(急に寒くなった中たくさんの参加に感謝です)ごきげんあかちゃん

生徒たちは、笑顔が絶えず赤ちゃんとママたちへのふれあいに緊張しながらも手遊びや絵本の読み聞かせ、また、手づくりおもちゃの素敵なガラガラ(布でつくったもので中に鈴などが入って音が出る)をプレゼントした。

ママたちも生徒の落ち着いた様子に心和み安心して赤ちゃんを抱っこしてもらい、腕の中で寝る子もいた。

もちろん人見知りで泣く子もいたけれど、あやすこともうまくでき、ママたちのそばで体験が繰り広げられた。
生徒の中に感想で「今は親に汚い言葉を使って反抗などもしているけれど、こんなに赤ちゃんの頃の愛情を感じたので、親に感謝したい」と胸が熱くなるコメントだった。

ママたちも「こんな素敵な中学生になってほしいと思う」など中学生にとっても嬉しいコメントを頂いた。

午後は、ブックスタートの日。
先月は台風などの影響もあり、今月は多いこと。
あまり時間をかけないように保健師さんも忙しそう。

赤ちゃんとふれあう素敵な時間を今日は午後もたっぷりと・・・嬉しい一日となった。
いい疲れに感謝。


sukomomo at 18:46コメント(0) |  

2016年11月08日

保育現場

今月からスタートした保育士研修会。

リーダーシップを取る立場の保育士の集まりの中で、子育てに欠かせない保育士ならではの活動内容に、改めて感謝だった。

今日のような気候の中でも、子どもたちの活動に気配りする保育士の言葉かけや遊びの指導など、様子を聞きながら、保護者の人たちは、こんなにも丹精込めて育児に心尽くしていることを理解しているのだろうか?と。
仕事としてあたりまえのこと。されど、日ごろのお陰様の感謝を忘れてはならないこと。

今年は、ドングリ拾いに行っても全くないので、子どもたちはがっかりしていたことや、保育の終盤(夕方には)疲れが出る子どももいることなど、その配慮にも気配りをしている様子など、親に代わって保育士の皆さんは、育児を支えていることを改めて実感した。

ママたちの立場から観ると、目に余ることや、気になることなどの相談も少なからずあるけれど、中にはそういう人もいるだろうし、かといって、そんな人ばかりではなく、子どもたちの成長に熱心に携わっている人たちがほとんどであること。

お互いのコミュニケーションがいかに大切なことなのか。
子どもを柱にして、保護者(祖父母)も保育士も地域の人たちも、広い視野の下で、次世代に送り出していく子どもたちのことの共同体感覚で携わるならば、いい成果が生まれることだろうと、研修をすすめていく中で確信するものだった。

sukomomo at 19:35コメント(0) |  

2016年11月07日

楽しいパン作り

同級生4人で、パン教室をしている彼女のお宅にお邪魔して、本格的なパン作りを初めて体験した。

日ごろ生徒さんに教えている彼女は、手際良く準備をしていて、こんなにも時間をかけてのパンが完成するのだと改めて実感。

食パンに菓子パン(チーズとサツマイモ)、焼きたてのパンが出来上がりホクホクしながらいただくランチとなった。
朝からゆっくりと取りかかり、焼き上がるまでのお茶しながら話しもはずみ、何とも楽しい時間を過ごすことができた。

天気がよく日当たりのいいテラスに出て自然を感じながらのパンランチ。
日ごろは、パンは食べないようにしているけれど、今日は特別!!!!  

みんなと食べる手づくりパンは最高だった。

夕方は、FMラジオの日、先日の松井るり子さんの講演会のこと、子どものトラブルのこと等など、今日もあっという間の20分間だった。
MCの都丸さんの聞き手がうまいからでしょうね。
有難うございます。



sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2016年11月06日

気温の変化で

昨日と違い寒くなった今日、公民館祭で盛り上がっている。
中学生のブラスバンドなどや、子どもが活動する遊びなども取り入れて、地域の子どもが沢山参加できる公民館は、やはり、活気づいて頼もしい。

雨も朝のうちで、止んだもののとても寒い木枯らしの中、子どもは風の子、半そで姿の男の子もいた。 

昔、東京では冬の半袖姿は珍しくもなく、薄着が健康につながるといっていたことを思い出した。
それ以来だったのかもしれない。

寒そうにもせず、元気な男の子の姿に嬉しく観察したひと時、珈琲を頂きながら慕っていたのである。

皆さま、お疲れ様でした。



sukomomo at 17:49コメント(0) |  

2016年11月05日

公民館祭賑やかに

今朝よりスタートした二日間開催の公民館祭、また、明日一日の開催で行われる公民館祭。(公民館によっていろいろ)

いずれも、教室の展示をするために、朝から掛け持ちで訪問し、皆さんの協力あって何とか華やかな展示となった。 

明日は、じっくりと鑑賞して行きたいと思う。(今日はその余裕なし)

掛けもちだったので、行ったり来たり、配置の確認など、途中抜けても皆さん待っててくれて、ありがたかったなぁ。

もちろん、バザーも楽しみの一つ。

明日もいい天気になればいいですねぇ。

sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2016年11月04日

朝からバタバタと・・!!

明日・明後日と公民館祭が重なっているので、バタバタあちこちと移動し準備をこなす。

午後からの空いた時間を子育てフォーラムの依頼に南部町と伯耆町へ伺う。

両方の町も、町長さんにはお会いできなかったけれど、担当課長さんの対応もよくて安堵をする。 

帰ってみると、郵便荷物があったようで不在票が入っていて、連絡したり、メールやラインも結構入っていたのでチェックし返事をする。

バタバタする中でも、教室の生徒さん達とは、少し遅めのランチを共にし心和む時間があったこと。ありがたい。 

皆さん、お元気で、私より10以上も先輩な方もいらっしゃるのに、パワフルで凄い!!
焼き肉などもペロリ・・・なんです。
だから元気いいのですね。

sukomomo at 19:03コメント(0) |  

2016年11月03日

寒い中で、人・人・人

高専祭りときいて、実家の次男坊が今年最後でもあり、急きょ、ランチの約束をしていたその足で、皆誘って行ってみることにした。

何とか天気はよくなったものの、午後からは風も冷たくなり、それでも学生やその家族で賑わっていた。
結構、他の高校生も目立った。

部活単位でブースを出しているようで、たくさんの数が並んでいた。

ちょうど山陰放送のアナウンサーのトークもやっているところだったし、寒さの中で皆頑張って楽しんでいたっていう感じ。

友だちと笑顔で役割を果たしている様子に、一目見られてよかった!

なんか、若い時に返ったみたい。いいねぇ・・今が一番いい時。
楽しんでねぇ。

sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2016年11月02日

大山初冠雪の日に

子育ての旅15期生が、本日からスタート。
この2.3日寒さが続いた今日、大山は初冠雪で紅葉と頂上付近の雪景色で美しい。

ママたちも緊張しながら次第に打ち解け、笑顔が多くなって次回への楽しみを感想に、一日目がいつものように期待となって終えることができた。

ママたちの子育て仲間が広がり、楽しんで子どもと共に成長できることを嬉しく思う。
中には、パパがお迎えに来て(心配だったのかな??)他の子どもと一緒に遊んでいる様子など心和む様子も見られた。 

個性豊かなママたちではあるが、子どもを育てる悩みは同じ。
分かち合いをし共有・共感をすることで不安が減少し自信にもつながっていく。

これからの回数を重ねるごとに、気づきと行動で前向きな子育てを楽しんで欲しいと願う。
そのためのサポートを惜しみませんよ。

sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2016年11月01日

リーダーシップ研修会2期スタート

保育士研修会の中でもリーダーシップを取る立場の人たちの研修会が始まった。

午前中の保育をバトンタッチして、午後からの参加のため、保育士はあわただしく会場入り。

皆さん頑張ってます。

世の中、待機児童の問題から、ますます保育ニーズが高まり、保育士不足の中でも鳥取県は正規職員の数が少なく、嘱託・臨時やパートで補っているのが現状である。

それ故、責任も重く退職していく人も少なくないらしい。

リーダーシップを取る立場の人たちは、あらゆる価値観の人間関係の中で、うまくコミュニケーションをとって子どもや保護者へのサポートができるかである。

命を預かる中でも成長を育む人間としての基礎が培われる場所、もう少し、保育士の立場に光を当て働きやすい福利厚生が求められる。
そう思います。

sukomomo at 19:14コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: