2017年08月

2017年08月31日

子育て支援の大切さ

17期生子育ての旅が卒業ママたちの協力で実施できると思いきや、担当事務局の新任一人の考えで中止となった。

予定されなかった人数に満たなかったとの理由であったが、「子育て支援」を考えている人なら、この企画を安易に中止することはなかったと思う。(実施できる人数であったのに)

今日になって知らされて、無責任にもほどがある。
子育て支援センターの職員や卒業ママたちの想いも打ち消され、このプログラムの大切さを理解しないままの行動に、「なぜ?」と、疑問が残るだけである。

前教育長からしっかり続けて行くように引き継ぎはあったにもかかわらず。
理解できない行動に、参加希望をしていたママたちが次回に必ずや都合がつくのも保障されないし、学びの機会を無くした結果、子育ての広い視野やスキルは勿論のこと、子育て仲間のつながりも途絶えてしまうことになる。

行政、町づくり人づくりの担当者として、もう少し学んでほしいとともに、新任として一年間は様子を観て行くこともできたのではないだろうか?

参加したいと申し込んだママたちへ心からお詫びしたいと思う。

sukomomo at 21:23コメント(0) |  

2017年08月30日

やっと・・!!

やっと・・・ほんと!・・・やっと、まともに歩けるようになった今日。
今回は、長引いてしまい・・(ああぁ!!年だなぁ)なんて・・ネガティブになってしまった。

運動がてら歩いてスーパーに行って、完ぺきではないことも感じ、まだ無理は禁物・・・なんて思った。

帰りに、何と! 子育ての旅卒業ママにばったり出会い、昼食を買い求めるために近くの会社から歩いてきたところだった。

何と! 赤ちゃんが12月に予定とのことで嬉しい報告を。(第2子おめでとう)

子育ての旅の卒業生は出産も多く、安心して2子3子と報告をもらう。
やはり、子育て仲間がいることで、自然に分かち合いお互い喜び合う。
そんな光景を嬉しく拝見することも多い。

まだ暑い日は続く様子、お身体大事にして元気な赤ちゃんを!!!

sukomomo at 16:21コメント(0) |  

2017年08月29日

はじめましての・・・子育てに

インターネット、メディアの使い方を子育てにはどのような影響があるか等など、数多く講演会をこなされた子ども未来ネットワークの理事長が本にまとめられた。

その中でのフレーズに(「はじめましてのこひざちゃん」より)

『小さな人との暮らしには、どんな環境を整えておいたらいいのでしょう。
メディアの上手な使い方やルールなど、親として知っておいたら良いことをお伝えします』

『小さな人との暮らしは、発見の連続です。
子育て環境は、世の中にあふれるほどありますが、目の前の小さな人を見つめてさえいれば、ちゃあんと教えてくれますよ。
小さな人は、私たちの先生です。
いつもそう思いながら小さな人の傍らに私はいます。』・・共感。

sukomomo at 18:10コメント(0) |  

2017年08月28日

16期生「子育ての旅」初めての同窓会

昨夜まで腰痛の治りが今一つだったので、「明日は何が何でもいけれますように」と眠りに就いた。

朝の起床で、少し楽になった感覚があり、ほっ!!良かった!!と・・・ゆっくりゆっくり準備を。

ママたち(子も)すでに集まっていて、笑顔で迎えてもらい、子どもも一回り大きくなり(ひと月経った成長)それぞれがこの一カ月に過ごした事や今困っていることなど分かち合った。

私も腰痛で・・・何とか参加できるようにと執念で来れたことを話すと、皆さん喜んでいただけて、より嬉しさも増した。
抱っこしたいけどできる状態ではなく・・残念・・ママたちも気遣ってくれてねぇ。

そして、17期生の子育ての旅の募集も卒業ママたちの協力があって何とか開催できるようだ。
事務局は中止まで考えていたようだが、申し込んだママたちへのチャンスが無くなることが、一番の不利なこと。

卒業したママたちは、「もう一度参加したいのにねぇ」と評価してくれているだけあって、ほんと!!頼りになる。

次回の世話人も決まり、今回参加できなかったママたちも今度は会えますように。
 
子育ての輪の広がりに貢献できること感謝です。



sukomomo at 16:38コメント(0) |  

2017年08月27日

約束もキャンセルして

先週からの腰痛が悪化して、今日は約束もキャンセルして、ゆっくりする。

東京の友から巨峰が届いた。
毎年、この時期に・・・いつもありがとう。

一人息子ちゃんも結婚、孫ちゃんもでき、孫育てに力を注いでいる。

腰痛よくなーれ!!

sukomomo at 18:56コメント(0) |  

2017年08月26日

勘違いで・・・!!

久しぶりの姉妹揃ってお茶会をと計画していたが、長女である姉からのメールで○○の兄さんが亡くなったとのことの連絡が入った。

後で分かったけれど、○○の兄さんが友達ではなくて旦那様の兄さんだったことが、後の電話で分かった。

あらら…!!大きな勘違いというか思い込み、同じ名(漢字)で友だちと地域の違いが大失敗。

気をつけなければ・・・と痛感させられた。

低いソファー長く座っていたせいで、腰痛が悪化してしまい、姉たちに心配をかけることにもなった。

思い違いや体調不良…一番若い妹として情けない。 

sukomomo at 19:54コメント(0) |  

2017年08月25日

午前も午後もすてきな会でした

午前は、子育ての旅13期生の同窓会が開催され、久しぶりに母と子の成長と、第二子出産を間近なママたちが次々とあって、何とも頼もしいこと。

9月から2月にかけて、そして、昨日のであったママも合わせて6人のママとの様子に嬉しい報告。

気温の変化などもあって大事にして出産を迎えてほしい(祈り)

子育ての旅17期生が9月から予定され、まだまだ募集人数募ってまーす。
子育て仲間の広がりと、子育てのスキル等参加したママたちからは好評です。

同窓会も楽しみの一つ・・子育ては旅するようなもの、その成長(年齢の)節々で、悩んだり喜んだり仲間もいればより心強くもあり楽しい

どうぞご参加ください。
そして、卒業したママにもお願いです。
子育ての旅の体験など話して、参加を募っていただければ嬉しいです。

午後は、生涯読書の会
今日も情報満載と共に納涼イベントとして、お話し会や落語にミニコンサートと盛りだくさんでした。

皆さんすごいです。
楽しめたことは勿論ですが、多才に感動でした。


9月3日は、講演会です。
右サイドに記しています。
障害のある子もすべての子どもたちへの読書の喜びを・・・大人の役割として考えてみませんか。

本に関しては、おいおいご紹介します。


sukomomo at 17:59コメント(0) |  

2017年08月24日

残暑がきびしい!! です

ここのところ、熱い日が続いていて・・・大変!! 

子育て中のママたちも、あまりの暑さに外には出れないし、一日中自宅での遊びには、マイってしまいます。

そんな時には、子育て支援センターが救いの場となります。
行き帰りは、大変だけれど、子どもや大人に触れることはでき、保育士に話を聞いてもらえるし、また参考になる話も聞けるし、気分転換でき子育てや家事にも前向きになれるというものです。

幼い子どもがシートベルトを嫌がることをよく聞きますが、やはり泣いて嫌がっても身につける習慣は大事だと思います。
近い距離からはじめて慣れさせていくようにしたらどうでしょう。

冷たくしたタオルなどで顔を拭いたり、夏の野菜(キュウリやトマトなど)摂取して体温を下げるなど、この残暑を乗り切りましょう。



sukomomo at 17:10コメント(0) |  

2017年08月23日

腰痛に!!

8月も終わりに近づき、スーパーには孫育てで祖父母の姿を微笑ましく観ていた。
二人の孫たちは、祖父母の声かけにも笑顔で応じ、・・・その様子・・・和むこと。

昨日から、腰痛が始まって何とか電気治療を当てたり体操をしたり・・・暑さのけだるさからか??、弱いところに来てしまったようだ。

8月は、ゆっくりできる日も多かったので、精神的な中だるみのツケが来たのだろう。

あすは相談日、元気にママたちと会うための準備を。

パソコンに向かうと、やはり腰に来る。
明日に備えて、心身共に準備万端としよう。

sukomomo at 17:01コメント(0) |  

2017年08月22日

母と娘

母と娘の関係で悩んでいる相談が・・・というよりも愚痴になってしまう話しが多い。

人は、たいてい・ほとんど・・他人に気を遣い、我が娘(母)には甘えがでるからであろう。
というよりも近い人間なので分かってくれる存在、育てたプロセスがあるから気を許す等などの理由があるようだ。

他人にはキツイ言葉も出ない分、どうしてふっとした事などに想いもよらない優しい言葉を期待していたにもかかわらず、きつくて冷たい言葉が返ってくるのでしょう。

母は娘に、娘は母に、お互いさまに同じことを想っているようだ。
身近な人ばかりではなく、10年近く前に講演会でお聴きしたことのある社会心理学の倉信氏の話にも著書にもあるように「母の重圧が・・」はよくある話でもある。

年をとった分、うまくコミュニケーションもできず、娘からキツイことを言われたと。
娘は娘で、大人になっているにもかかわらず、細かいことでうるさく言う等とかみ合わない。

お互いに精神的な自立が必要なのかもしれない。
(距離を置く・信じること・求められるまで待つ・感謝など)

母と娘・・・ある程度子育ても安定して、お互いに年齢を重ねた時期によくある話である。
一番大切にしなければならない家族なのに・・世間に振り回されないようにしたいものです。


sukomomo at 17:11コメント(0) |  

2017年08月21日

想いを伝えるということ!

遺伝子工学でおなじみの村上和雄氏(人生の暗号著)によると、想いを伝えることは、ただ人にどんどん伝えればそれでいいのか??
現象面からのみとらえれば人に伝えることは大事なことであるが、それもできるだけ広範囲の方がいいと。

しかし、それにはひとつ重要な条件があると言われる。
それは、人に伝える前に、自分自身がその想いを強くもつということ。・・だと。
外に発信する前に、自分の心がその想いを強くもたなければ、想いが薄っぺらなままで、言葉として伝わっても、相手がしっかりと受け止めてくれない。

自分の潜在意識の中に想いを植え付ける必要がある。
それができてから外へ向かって伝えていくと、自分の想いが目に見えない大きなパワーとなって相手の心に浸透していく。

私の経験からも確かにそうだ・・・「どうせ無理だろう」とか、「なったらいいな」等の軽い気持ちでは、相手に通じないことが多い。

しっかりと想いを自分の中で整理して伝える。まだ不安だったりしっかり整理できていないことは、言わなくても(伝えなくても)いいと判断する。
時期が来るのを待つことも必要だろう。

そう、確認したのです。

sukomomo at 16:42コメント(0) |  

2017年08月20日

保育を考える

鳥取の保育を考える会主催で、「新保育指針・教育要領は保育に何をもたらすのか」をテーマに、元佛教大学教授で保育研究をされている奥野隆一氏から詳しく新保育所指針・幼稚園要項の解説を伺った。

その内容は、小学校へ行く前の準備段階の能力・技術が主になっていて、本来ののびのびとした保育から遠ざかっていることを感じた。

教える保育が主となっていて、遊びから学ぶ人間関係や考える力・・などから遠ざかる?・・・課題提起もされた。(共感)

その上、愛国心とか、人の心を大切にとか…小学校中学年で身につけるような(大事なことではあるけれど・・早いねぇ)倫理的なことまでも追加されていて、乳幼児期に子どもらしい遊びや人間関係の土台が抜けているようなものだった。

熱心に保育に携わっている人たちは、違和感を覚えたのではないでしょうか?
そして、保育という観点が成績・技術成果を主とする日々の教育(保育ではなく)になってしまうのでは?
保育士の評価もまた、対象が異なってくることでしょう。(ますます保育士の負担も)

2018年から取り入れられるという。
今は検討する時期でもあるが、どれだけ現場の意見を取り入れられることでしょう。

理想の子ども像が変わっていくようで何だか不安な思いで聴いていたのです。

小学校就学までに、いろいろな体験を通して、喧嘩や失敗や甘えや我慢などイキイキのびのびとした活動をした上で、規律を守る倫理性も養われることを多くの人たちは知っているはずです。

sukomomo at 16:54コメント(0) |  

2017年08月19日

偶然の出会い・・嬉しいものです

子育ての旅の卒業ママに続けて偶然会う。

どちらもママたちの方から声をかけてもらい、(この頃眼が悪いのかすぐには分からなくて・・・ごめんなさい)あらっ!嬉しいっ・・って感じ。

一人のママは、大家族でランチに来られていた。
しっかり観ているはずなのに、声をかけれるまで分からなかったのである。
(きれいでよく似たママだなと思いながら・・・まさかぁ・・なんて思ったのかもねえ)

子どももどちらものご両親らしい大人数でね。
幸せそうでとても嬉しかった。

もう一人のママは、職場復帰されていたその場で声をかけてもらって・・・あらっ! 雰囲気が変わっていたので・・分からなかった。
お仕事復帰したのねぇ。

どちらのママもゆっくりは話せなかったけれど、会えて元気な様子にほんと!! うれしく思った。
声をかけてもらって有難うです。

sukomomo at 17:03コメント(0) |  

2017年08月18日

器の大きい人に

すぐに感情的になったり、自分の考えを押し付けてしまったり、人の話に簡単に同意したり、人の話を聴こうとしなかったり、すぐに批判したりと、人それぞれであるからこそ、人との出会いで器の大きい人と、そうでない人との学びを感じることがよくある。

いろいろな知識や体験経験を積んだ人は、その器にも左右するように思う。

核家族でも両親だけではなく、祖父母や隣近所のお付き合いなどで、子どもたちは幼い頃から人というものを学び、社会に出た時にそれが大いに役に立つ。

一度、住み慣れ守られた家庭から出て自立してみることも、一つの自分自身を見極める方法でもある。
海外に出て世界を観て体験することも、また一つの方法でもある。
世界の視野が広くなるし、人とのコミュニケーションでも大いに役に立つことは、自身の体験でも実感していること。

バルセロナでテロ事件があった。
なぜ人は、判断を間違って人を傷つけてしまうのでしょう。
洗脳されたとはいえ、愛する家族がいて、仲間がいることも忘れてしまうのでしょうか。

昔、スペインに旅行したバルセロナの町、建築家ガウディの建物が有名でアートな町が、一瞬にして悲しみとなったことはとても残念なこと。

スペイン人と結婚して住んでいた日本人ガイドさんの印象が昨日のように蘇る。
すでに中年を過ぎていた方だったが、とても気遣いのできたガウディやピカソの分かりやすいガイドに心が揺さぶられたことを。

心広く器の大きい人は、小さなことでくよくよもせず、人の気持ちも受け入れて、前向きに活動し、それが人のためになっている(貢献している)そんな人に少しでも近づきたいと思う。

sukomomo at 19:14コメント(0) |  

2017年08月17日

やっと予約がとれて

美容室もお盆休みとあって、それまでにと思っていたところ、タイミングが合わなくて、やっと本日実現できた。

2か月以上にもなることは珍しく、気になりつつも今日までに至ったのである。

帰省した若者や、若いママは子どもの夏休みとあって、、隣で美容室スタッフと話していることがマル聞こえで、聞かないようにと雑誌に集中するようにするが、どうしても聞こえてしまってねぇ。

小学一年生でお習字を習っていることや、学習の質問にどうこたえていいのか?等など。
スマホが便利で質問にはスマホで検索して応えているとか。

図書館に行って一緒に調べるという選択肢はないようだった。
図書館に行くチャンスを逃してしまって残念だねぇ。

聞くのは簡単だけれど、図鑑などで調べることで、しっかりと頭に入る。
もっと、図書館など利用してほしいと思いながら聞いていた。 

親が、すべて応えなくても、分からないことは一緒に調べることでメリットも大きい。

夏休みの宿題がまだ終わっていないママたちへ、図書館を利用して一緒に学習できるチャンスですよ〜!!

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2017年08月16日

嬉しそうで・・心和む

公民館教室に来られる一人暮らしの90歳になる方が、息子家族と一緒に食事に来られていた。

3人いる子どもたちは、皆、東京でそれぞれが家族と共に暮らしている。
月に1度は東京に行かれることがあり、90歳になっても行動的にされていることを、皆さんと共に感心しているのであるが、日頃は大人しく優しい雰囲気の可愛いおばあちゃまである。おばあちゃん

「娘たちがねぇ、来て欲しいというものでねぇ」、「空港から空港まで行けば迎えに来てくれているのでねぇ」と、にこにこして話される。

そんな話を聴いているもので、息子さん家族との遭遇に、家族全員がご丁寧なあいさつされて、(小学校のお孫ちゃんまでも)恐縮してしまうほどでした。

嬉しそうで一層お元気になられたように見えたのですよ。
やはり、家族はいいものですねえ。
改めてそう思いました。
エネルギーを蓄えて、また頑張って公民館活動にも励まれることでしょう。
私も幸せを頂きました。

sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2017年08月15日

行動=出会い=コミュニティー

お盆も終盤になって、ご先祖様への祈りもできるだけできたらと、実家や親戚など昨夜に引き続いてお参りを。

姪宅では甥っ子夫婦も来ていて、久しぶりに近況や思い出話に花が咲く。

姪の話では、姉たちの親・子・孫との出会いも遭遇され、ご先祖様が会わせてくれたのだと感動し嬉しく思った。

昨日行ったのでとまっすぐ自宅に帰っていたら、甥っこ夫婦にも会えなかったのだろうけれど、やはり行動すればそれだけの恵みがもたらせる。

年間にすれば、どれだけ会って話せるのでしょう??
いろいろと分かち合えることの嬉しさ。

だから、元気であるなら、動ける範囲で無理なく行動していこうと思ったのです。

寄り道できたことに(連絡くれたことに)感謝です。 

sukomomo at 20:47コメント(0) |  

2017年08月14日

懐かしい写真に

今は、カメラやスマホで便利はよくなったけれど、昔ながらのアルバムはやはりいいものです。

実家の子どもたちの、まあそれはしっかりと整理されていて赤ちゃんから七五三等など、懐かしくて見入ってしまった。

やはり、初めての子、長男の写真の数の多いこと。
今更ながら、母である姪自身もこの差にびっくり??

末っ子の私も、幼い頃の写真はほとんどなく、長女である実家の姉のものがほとんどで、「なんで??」と思ったものです。(戦前と後の時代も影響・・戦後の10年間は大変な時期)

本人たちに観るように問いすすめるが『見ない』と揃っての返事・・・恥ずかしいらしい。

七五三の記念写真は、それぞれに特徴が出ていて、大笑いをしてしまった。
実家の姉は、自分の部屋に孫たちの写真を飾って、いつも幸せを感じていているとのこと。
その写真は、3人兄弟が同じに見えてしまう。
間違いなく見分けている母(姪)はさすがです。

いつも忙しい姪も今日から2日間のお盆休みでいてくれて、県外からお墓参りにと一日の休暇を利用して帰ってきて、思いもよらない再会に嬉しくもあり、若かりし母の写真も観られて懐かしく幸せな時間を過ごせたことに感謝です。


sukomomo at 20:17コメント(0) |  

2017年08月13日

また一回り大きくなって(成長して)

大阪で仕事をしている姪の子どもが3日間の休暇もあっという間で、今日は仕事へと戻って行った。
体に気をつけて、頑張るんですよー。
暫くぶりにあった印象は、またまたしっかりしていて一回りもそれ以上にも大人として成長している姿に、ほんと!!たよりになるなぁ・・・って感じ。

性格もよく、仕事も熱心で人間関係も良好・・皆さんからも親しまれている様子だ。
実家の子どもたちにも話しかけてくれて、良き先輩が身近にいてくれて刺激になったことと思う。

子どもたちと(もう大人なんだけれどねぇ)話し、顔を観るだけでも元気が出る。
パワーを感じ、まだまだ元気でいなければ・・と思う。

幼い時からよく知っているだけに、『こんなに大きくなって』と微笑ましく思う。
姉たちもまた孫たちが可愛くて仕方のない様子。
幸せなことです。
嬉しいお盆の始まりです。
まだ会えてない子どもたちにもご先祖様は会わせてくれることを楽しみにしているのです。

sukomomo at 20:35コメント(0) |  

2017年08月12日

当時を思い出す

今日は32年前に日航機が御巣鷹山に墜落した日。
その頃は直行便があまりなく、満席のために大阪まで利用し、乗り換えて帰省していた時期もあったので、同じフライトで乗り合わせたこともあって、ぞっとしたことを覚えている。
(ご冥福をお祈りいたします。)

その翌日に飛行機でお盆休暇のために帰省することになっていた。

当初は悲しみと不安で心も穏やかではなかったことをや、皆心配していたが、続けて事故になることはないと、予約のまま帰省をしたのである。
ついこの間の出来事のように思い出される。

交通も情報もより便利になった現代、事故もさることながら、紛争や暴力での悲しい出来事も多々ある日々、今日も水害や火事で幼い命が亡くなったニュースに心が痛む。

明日からお盆・・どうかご天国で悲しみのない、戦いのない、世界へと導いてくださいますように。と祈るばかりである。


sukomomo at 19:31コメント(0) |  

2017年08月11日

生きること・老いること!!

昨日から20日にかけて命と暮らしをテーマに映画祭が開催されている。

ラジオでおなじみの都丸さんからの案内で、縁を頂いたので鑑賞することになった。

映画「ふたりの桃源郷」老夫婦の自給自足の生活と、それを支える娘夫婦・・・そして、老いること、いかに過ごすかを問いかけるものだった。

亡き両親を重ね、姉妹を重ね、人生・生きること、絆等など・・・涙があふれた。

自然の素晴らしさや厳しさも映像から身近に感じる素晴らしい映画だった。

残りの人生を、老いることを、受け入れながら、素直に自然体で生きる(生かされる)ことを(祈り)

sukomomo at 19:25コメント(0) |  

2017年08月10日

ありがたいです!!

夏休みになって仕事も一休みとなった8月は余裕のある時間。

子育て支援のための読書や研修のまとめなどの他、クローゼットの片付けなどをと思いつつ、何かしら用事があったり教室や人との連絡などで毎日があっという間に過ぎて行く。

そんな中で、実家の姉から電話があり、「暫く音沙汰ないので元気にしているか」と、心配しての連絡をもらった。

暫く、ご無沙汰しているので連絡しなければと思いつつ、機会を逃してしまっていた。

心配してくれる人がいるということ…ありがたく本当に感謝です。
いろいろと積もる話も聴いて、安心できたひと時・・・有難うです。

昨日は、教室の生徒さんが体調を崩して連絡が取れないなどのアクシデントもあったりで、暑さがまだまだ続きます。(お大事にしてくださいね)
お互い健康に気をつけて過ごしましょう。

sukomomo at 17:48コメント(0) |  

2017年08月09日

視力への影響!!?

保護者の心配ごとの一つに、視力への悪影響を気にされている相談もよくある。

画面が小さなスマートホンやタブレットは目と画面の距離が近く、集中してしまうと目の筋肉の緊張による眼精疲労や、目のピントを合わせるための調筋力の低下などを招き、視力発達への悪影響につながると指摘されている。 

小児科医の提言では、2歳までのテレビやスマホなどの利用は控えることは、すでに知っていることと思う。
2歳以上になってもできるだけ情報機器の利用は控えて、五感が育つような自然の中での体験をさせてあげて欲しい。

やんちゃを言っておさまらない時にこそ、外に出て、遠く空の雲の動きなど観たり、近くの草花を観たりしながら遠近両方の眼の動きなど子どもも大人も眼の筋力をつけるのは心にも眼にも良好だと思う。 

そう思いませんかぁ?



sukomomo at 16:51コメント(0) |  

2017年08月08日

子どもの心身の健康な発達

子どもの心身の健康な発達には、新生児で15時間以上、1歳で11時間以上、1〜6歳でも10時間以上の睡眠が必要といわれている。

適切な睡眠がとれているかどうかは、朝自分で起きてくる。 
平日と休日の睡眠時間の差が60分以内に収まっている。など、生活習慣からも判断することができる。

また、就寝と起床の時間帯が、夜7時〜朝7時の間に収める生活サイクルを維持することが大切である。

睡眠がなぜ大切なのかというと、幼児期に睡眠が不足すると、子どもの心身の成長を損なうだけでなく、将来の睡眠障害や生活習慣病などのリスクを高めると指摘されているからである。

子どもは小さい頃から、身近な大人の言葉や行動を真似しながら成長していく。

大人がスマートホン等の情報機器をどのように使うかを興味津々に観ているので、将来子どもにさせたくない使い方、食卓でスマホを使う・目の前の相手との会話よりもスマホが優先??・子どもが就寝していない時に夜遅くまでスマホを使う・などをしないように、大人から良いお手本になる習慣にしていきましょう。

sukomomo at 16:54コメント(0) |  

2017年08月07日

子どもの心を支える

鳥取大学医学部子どもの心の診療拠点病院推進室主催による支援者スキルアップ研修会が開催された。

今回は、小学校児童の気になる子どもの支援には、クラス全体での取り組みがまずは大事であり、それから個人的指導に展開する取り組みpositive behavior support(pbs)の実践報告と、効果などであり、これからの広がりに期待できる指導内容だった。

これは、幼児期からの取り組みにも活用できると、就学前にpbsを取り入れて指導しておけば、小学校ての学習もスムーズにできることと実感した。

学習障害や障害ではないけれどグレゾーンで、関わり方に悩んでいる指導者に於いては、修得すれば子どもも指導者にもメリットがある。

小学校教師や保育士などに於いては、もっと詳しく継続してノウハウが習得できれば・・そんな環境が必要不可欠であろう。

sukomomo at 18:23コメント(0) |  

2017年08月06日

星は見ている・・原爆の日

毎年この原爆の日に、読み聞かせボランティア「火曜の会」の朗読コンサートが開催される。

今回で30回となる記念すべき年でもあった。

昨年と違って、実録の朗読が多かったので、幼い子どもたちには、ちょっと難しいようだった。
昨年が最高によかったので、少し物足りない気もしたけれど、実録の被爆者の真髄を感じ取ることができた。

今回は、河崎小学校の原爆についての課題研究の発表もあって、小学生の志を熱い思いで鑑賞させてもらった。
この新しい取り組みは素晴らしいこと。
継続できたらいいですね。

戦争は、二度としてはいけない・・・皆思っていること。
けれど、政府はこの考えから遠ざかっている政策をしている気がしてならない。
アメリカに気兼ねなく被爆国として、強い意思のもとで平和につながる政策を強く求めたいと、さらなる強い意思を会場の皆さんは思ったことでしょう。

sukomomo at 19:23コメント(0) |  

2017年08月05日

なんともまあ! !ユニークで〜

高島屋1階の催し場に、ネコ展が8日まで開催されている。

ネコ好きな友と鑑賞しに・・有名な画家さんらしいけれど、5名の作家の高価なものからお手頃な物まで、ミニ美術館のような形で、結構飽きないで鑑賞することができる。

友のネコ好きは、優しさからきていて、これまで飼っている猫たちは、すべて捨て猫や障害猫だったりする。
高価なお金を出して飼っているのとは違い、本当のネコ好きである。

版画や油絵、水彩画もさることながら、張り子で作った猫たちがユニークなこと!!!
見れば見るほど可愛く斬新で笑ってしまう。
福を呼ぶってこのことなんだろうな。

友のお陰で幸せなひと時をすごしました。

sukomomo at 17:35コメント(0) |  

2017年08月04日

元気でうれしい!!

滋賀に嫁いだ姪が子どもと共に帰省してきた。

お盆は、長男である旦那様の父上の初の盆でもあり、早めに帰省しての墓参りである。

帰省したら必ず連絡をくれるので、本当にありがたく嬉しく楽しみにしているのである。
長女は大学の試験だとかで一緒ではなかったけれど、二人の子どもたちと共に元気に成長した姿を観て、頑張っていると感心し安心もした。

いろいろとお土産もたくさんいただいて、滋賀での生活を幸せに過ごしていることも感じるのだった。

今日は一緒にランチを共にでき、積もる話も・・・まあよく次々と話題があること!!
大変なことも、話している様子が深刻ではないので苦労もなんてことはない…って感じ。
笑ってしまう。
だからこそ、義父母の認知症の介護もしながらパワフルに日々生活している(した)のでしょう。

ほんと!! よくやってます。

あっという間の数時間・・・楽しかった!!
有難う。



sukomomo at 16:50コメント(0) |  

2017年08月03日

少しずつ親離れ!!

この4月から、県外に就職している実家の子どもは、お休みを利用して、散髪などで帰宅することもちょくちょくあるようになった。

私も会いたがっているのを気遣ってくれて、いつも姪が連絡をくれて、何よりうれしく思う。
今回は、マイカーに乗っていくとのことで早めに出発するとのこと。
あらら!! 教室が済み次第実家に向かおうと思っていたが、残念!! タイミングが悪くて、今回は会えなかった。

お盆も未定(帰らないようで)暫く会えないなぁ。
母(姪)は強し、少しずつ親離れする子どもに信頼して送りだしている様子がうかがわれ、素晴らしい!!

車ドライブのこと、一人暮らしの日常のこと、職場のこと等など、心配や気になることは多分あることと思う。
しっかりとした想い(いのり)に変えて、笑顔で私たちも過ごすことにしましょう。

会えなかったので、車や体調に気をつけるようラインで伝えたら(姪にも伝言を依頼していたにもかかわらず)、返事が「よゆぅです!」なんて帰ってきてねぇ。
心配させないように、ほんと!!大人になったものです。

姪にも本人にもほんと!!感謝です。
有難う。

sukomomo at 18:30コメント(0) |  

2017年08月02日

ブックスタートの日

ブックスタートの日、今日も暑い日となりました。

赤ちゃん親子は健診に早々と来ていて、中には、昼食も食べないで来たというパパさんがいてねぇ。
心配だったのでしょうか。 

今日はドクターの念入りのせいもあってか時間がかかって、『腹減った!!』というパパさんもいて、お気の毒な感じ。
両親揃っての参加と、夏休みでもあり兄姉の参加も結構あり、賑わっている中で、親戚のご夫婦連れが健診に仲良く来ていて、(赤ちゃんができたということを聞いていたので)やっと「会えたぁー!!!」と歓喜回ったのですよ。

聞いていた通り、ふっくらしていて目がくりくりして愛されて育っている・・・と感じましたね。
お嫁さん(ママ)とは、数回しかあったことが無かったので、すぐには分からなかったけれどパパさんが居てくれたから、良かったです。

ちょうど担当し、いろいろな説明をしてからの絵本を読むと、泣きだして、それでも読み続けると観てくれてねぇ。
自分でもちたかったみたい・・・それが途中で分かったのでもつ本専用にしたら泣きやみ、また、違った本にするとしっかり観てくれてねぇ。
この時期から、自分の好みがあるのだと・・・・日ごろしっかり読んであげているからかな!

そんなこんなで、今回のブックスタートもたくさんの赤ちゃんとの出会いに「有難う」です。

sukomomo at 18:33コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: