2017年12月

2017年12月31日

沢山のありがとう

大晦日をお正月の準備で有意義に過ごすことができた。

これでまずまず、元旦はゆっくりできる。

新しいカレンダーに入れ替えながら、一年を振り返ってみる。
いろいろな人との出会いや、講座の充実、たくさんの有難う・感謝の年でもあった。

何かしらアクシデントがあったことも、学びと感謝に変えて過ごせた事は収穫の年でもあるだろう。

来年の充実も祈願して、自身で幸せな行動をつくっていきたいと思うのである。 

来年も皆さまのご多幸をお祈りしています。

良いお年をお迎えください。 


sukomomo at 18:18コメント(0) |  

2017年12月30日

幸せな一日を

来年を笑顔で過ごしたいと、今年最後に姉妹で集まって分かち合った。

それぞれの家庭や性格から考え方や行動は姉妹それぞれが違う。
分かってもらいたいと話せば話すほど、誤解を生むこともある。

4人も集まれば、共感することもそうでないこともある。
姉妹といえども違うことを受け入れるしかない・・そのことを理解?割り切るしかないようだ。

揃って皆、笑顔で解散できたこと・・ホッとする。

さてさて、実家の子どもたちも大きくなったものである。
初めてのボーナスが出たと言って、ご馳走してくれる段取りを・・・家族そろって、混じって、みんなの顔を観て、美味しい料理を頂き、なんて幸せでしょう。

店内は満室・・みんなで待っている時間も幸せ。
1時間待っても苦ではないのである。
元気で顔をそろえて、幸せな時間に感謝する。
有難うです。

sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2017年12月29日

お高い野菜を!

年末の買い物で、大型スーパーは賑わっている今日、寒さとお正月の時期とで野菜がかなり値上がりしてる。

実家にあるものをいただいてから、補充で購入することにした。

姉の人柄もあってか、近所や友だちから野菜が届いていて、タイミング良く、ブロッコリーにセロリ、ニンジンなど、そして、姉の作っている大根もゲット!!   
ありがたいです。

帰宅して早速料理の時間。 

ほんと!! 高価になっている沢山の野菜を頂きありがたく感謝です。

sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2017年12月28日

仕事納め

今年の仕事、公民館教室も今日ですべてが終わった。

皆さん良いお年をと、茶話会も楽しんで御用納めとなった。

子育て中のママたちは、これからの年末年始が忙しいことでしょう・・想いを寄せてまーす。

さてさて、明日からは大晦日に向けて、片付けや掃除に専念しなくては。

県外にいる姪とも話し、子どもや夫、家族の幸せを感じ取り、嬉しい会話に元気をもらった。
ほんと!!頑張ってるなぁ。

皆、若者は頑張ってるっ!

姉たちがいて、その子どもや孫、家族がいてなんだかんだと言っても嬉しいもの。

今年もたくさんの有難うです。 

sukomomo at 18:48コメント(0) |  

2017年12月27日

親子のコミュニケーション

精神科医 友田明美氏著書より

『親や大人が子どもに対して、積極的に使いたい3つのコミュニケーションは
〃り返す・・子どもが会話の主役に
行動を言葉にする・・子どもの興味・関心を伝える
6饌療にほめる・・子どもの行為や姿をほめることにより、良い行動を増やす

一方、避けたい3つのコミュニケーションは、
〔仁瓩篁惻─Α子どもから主導権を奪ってしまう
不必要な質問・・質問の仕方が詰問調なること
6愡澆簇歡蠹な表現・・かえって子どもの否定的行動を増やすことに』

私も上記の提案に共感します。
子どもとの時間を楽しんで!!  
子どもの行動をじっくり見ていると、とてもおもしろいことに気づきます。

時間にゆとりがないと、ついつい叱ってしまったりするものですが、
言葉に出す前にひと呼吸をしてみましょう。

行った後の気分の違いがわかりますよ。




sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2017年12月26日

定年・・再就職を

市役所の1月広報誌では、嘱託職員の募集が各部署で記載されていて、お世話になっている公民館職員さんも退職の対象だということだった。

まだまだ若い感じで地域の方々には気配りもできる人で人気もある65歳、止めるのもったいないねぇ。
家のローンもあるので、まだ仕事はしたいということだけれど、決まりにはどうにもならない。
若い人たちにも席を提供しなければならないしね。

「これから仕事を探さなくては」という。
孫の世話もあるので5時までで帰れる所をということだ。

65歳まだまだ現役でできる。
何とか彼女に適した仕事が見つかりますように。  


sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2017年12月25日

読書の時間

久しぶりにカフェで読書を楽しんだ。

本を購入すると、その足でカフェに移動し、珈琲を頂きながらの読書時間が至福の時である

以前は、時間があるとよくそうしていたが、友だちとの待ち合わせも兼ねて、早めに出かけて時間をつくった。

何となく、師走とあってあれもこれもとやることに気ぜわしさもあったけれど、集中して読書ができることにありがたい。

書店での新刊などゆっくりと好んですることも、次回に購入する本をチェックできる。
読みたい本が見つかった時は、嬉しさウキウキである。

sukomomo at 18:47コメント(0) |  

2017年12月24日

教室の今年のおさめ会

公民館教室の予定変更で一日ずらし24日のイブの日今日に行った。
お正月を迎える準備ができた!!

連休のためなどで欠席者も多かったけれど、今年最後の教室を楽しみ、茶話会で盛り上がった。

話題は「食」や「健康」で話が尽きない。
良く笑いおしゃべりし笑いおさめでもあった。

人生の先輩者の話は、参考になる。
日頃から地域の仲間をつくっておくことの大切さも、皆さんの話から参考になる。
地域の公民館活動は、地域の仲間づくりで支え合うことのできるお元気の素、時間のある老後は、できるだけ趣味や楽しいことをやりながら孤立しないことである。

sukomomo at 18:15コメント(0) |  

2017年12月23日

あらら・・!! お世話になります

宅急便の指定日に猶予をもってお願いしたので、その日に届いていたが、あいにく留守で再配達をお願いすることになった。(この忙しい時期に申し訳ない)

その日は夜の9時頃になるとのことだったので、翌日は仕事、その次の日の午前中にと連絡をしたにもかかわらず、仕事の日に配達された不在伝票が再度入っていた。

翌々日にとお願いしたのに、事務連絡ミスだったらしい。
何度も足を運ばせてはと思っての事が、結局3回目にやっと手元に届いた。

配達のお兄さんにその故話すと、伝票担当の人ではなく「バイトです」と初めて来た事を話された。

それにしても無駄足をさせてしまい、この人手不足の中で、協力したくてもすっきりしないのである。
ほんと!! お疲れ様です。
お世話になりました。〜感謝〜

sukomomo at 19:19コメント(0) |  

2017年12月22日

改めて思うこと

だいせん「子育ての旅」18期生も4日目の今日は、前半のピエロバランスのまとめや発達の課題等のワークをし、
後半は司書によりメディアの影響と共に読み聞かせの大切さなど、それに加えて年齢ごとの参考になる絵本リストなど、子育て初めてのママたちにとって、貴重な時間となった。

大山町の読書環境はすばらしく、地域の子育て支援センターにもたくさんの絵本が保管され提供されている。 

近辺自治体と比較してもダントツである。

子育ての旅の6日間のプログラムは、いつも思う。
我ながら優れたプログラムを提供していることを実感するのである。

午後からは、生涯読書の会、今回は今年の締めくくりで「かくし芸??」を楽しむ。
いつもの情報交換や本のおすすめをした後、歌や指人形やクイズなど楽しいひと時となった。 

美味しいドイツのクリスマスお菓子もいただき、一足早いクリスマスも味わった。〜感謝〜

sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2017年12月21日

初めての「おこわ」

おこわご飯で有名な「大山おこわ」や「栗おこわ」「お赤飯」などがあり、作ってもらったり買って食べることで、この年になるまで自らつくることは無かった。

滋賀に嫁いでいる姪から「もち米」を頂いたことから、作ってみようという気になって、母や姉の味覚と違うけれど、今は便利で炊飯器に、といだもち米と具材を入れて炊くだけで簡単にできてしまう。

せいろで蒸し炊きする方がはるかに美味しいけれど、それなりに美味しく出来上がった。
少し柔らかくなったので、次は水加減に気をつけて、再度チャレンジしたいと思う。

いろいろな具材も店頭に並んでいて、もち米が無くなるまでチャレンジしてみたいと思うところである。
ちなみに今回は、鶏ごぼう。
さけに、五目に、きのこ等など楽しみー!! だ。







sukomomo at 18:25コメント(0) |  

2017年12月20日

ことばの暴力の影響

「子どもの脳を傷つける親たち」の著書・友田明美氏の研究結果では、夫婦間のDVを頻繁に目にした事のある子どもは、さまざまなトラウマ反応が生じやすく、知能や語彙理解力に影響があることが知らされている。

IQ(知能指数)と記憶力の平均点が低いという結果もでている。

さらに、言葉の暴力に接した時の方が、脳へのダメージが大きいこともわかった。
具体的には、視覚野の一部である舌状回の容積が減少していることも分かっている。

DV目撃と暴言によるマルトリートメント(不適切な養育)の組み合わせが最もトラウマ反応が重篤だったのである。

何気ない言葉の暴力は、子どもの心を深く傷つけている。

今になって遅いかもしれないが、子どもと接する時の言葉づかいには、十分気をつけて行きたいと再確認させられたのである。

sukomomo at 19:06コメント(0) |  

2017年12月19日

二人目の子どもが生まれた時

二人目の子ども無事出産し、上の子は保育園に行っている。

産休明けから保育園の預かってくれる時間が変わることを知らされたママは、戸惑って連絡してきた。

パパの出勤時間に合わせての早朝をママが自宅にいるからと、送迎を一時間遅短縮にしてほしいとのことで、産後一カ月で赤ちゃんと、手のかかる上の子を、連れて通園するのを不安に思っての相談だった。

夕方は祖母の仕事が終わり協力してもらい延長保育にはならないというものの、これから雪の降る日も多い時期に、朝の送りは今まで通りパパにしてもらえないかという希望だった。

保育園事情は解らないけれど、ママの体調と赤ちゃんの首が据わるくらいまでの期間、これまで通りパパの送りにしてもらうことをお願いしてみたらと提案した。

子育て支援での相談の中には、二人目の子育てで悩むママたちも少なくない。
核家族で近くに祖父母も頼める人がいないママたちにとっては、ファミリーサポート等の利用で費用がかかってしまう。

もう少し早めに対策を考えておくたために、保育園側も前もって説明し納得してもらっての配慮は大事だと思うのである。

sukomomo at 18:38コメント(0) |  

2017年12月18日

やっと・・・!!

来年の年賀状の事でずいぶん悩んだ結果、やっと今日決心がついて最小限の年賀状を購入した。

今年は、周りの方たちの病気や亡くなられたことも例年よりも多く聞かされた事や、恩師からのアドバイスで、「終活の準備で年賀状は失礼する」との昨年からの知らせに、何となく・・そろそろ私的にもそうしてみよう・・などと思ったのである。

年一度の教え子たちのやり取りもそろそろ・・・なんて思ったりしてねぇ。 

人それぞれの考え方があるけれど、何が一番いいのかは、この件に関してはよくわからない??
日頃のコミュニケーションを大切にして、教室の皆さんには「年賀状は失礼させていただきますね。」といったものの、それでよかったかなぁ・・などと思ってしまう。

失礼をお許しくださいね。

sukomomo at 18:24コメント(0) |  

2017年12月17日

師走・クリスマス会など

「子育ての旅」のママたちの大山町子育て支援センターが主催するクリスマス会に参加したことをラインで知った。
皆さん誘いあって、楽しめたことがてにとるように伝わった。

子育て支援センターの職員さんのパワーをいつも感じていたけれど、ママたち親子への想いがいろいろなイベントや関わりの中でいつも感心し嬉しく思っているのである。

ママたちが子どもと楽しめることが、より子どもたちへの影響も大きい。
子どものためといっても一緒に楽しむことが第一条件でもある。(そばでしかめっ面をしていても効果は半減)

遊びだけではなく日常生活も大であることは言うまでもない。
この師走の忙しさ中で、笑顔でポジティブに日々意識して過ごしましょう。

sukomomo at 18:55コメント(0) |  

2017年12月16日

共通意識

家庭でも、どの団体でも、どこの仲間でも、ビジョンを分かち合って、その中で自分は何ができるか?
どこの部分で役に立てるか?

同じ目的が見えてきたなら、共通した柱を確認しながら、横にそれたようであれば立て直し、そこに戻るか?方向転換をするのか?

そんな基本的なことも、慣れてしまうことで、バラバラで統一できずに、達成感や次への対策が見えて来なかったりする。

私たちが目的とする子育て支援とは、何か?
原点に返っての話し合いができたことは、これからの共通意識を高めて、前にすすめて行くことができると思う。

率直な意見交換ができたことの仲間がいることに感謝である。

それぞれ人が育つこと、そこに意識する・・他人ではなく自身の生き方・・押し付けてもなく気づいて行動することの大切さ・・そんな仲間・・ありがたく感謝である。


sukomomo at 20:21コメント(0) |  

2017年12月15日

社会教育と公民館

少子高齢化が進む中で、公民館活動の講座の参加者にも減少しているなど、若者や子どもたちの利用しやすい内容を企画する必要性があるようだ。

地域の子どもから老人までのふれあう内容のものや、曜日、時間帯も合わせて考慮する時代になったのではないだろうか。

例えば、境港市の子育て支援センターは、2か所できた時から、土日も利用できるように休館日を変えている等である。
また、大山町も土曜日の開館は3か所で順番に行うなど、社会現象やニーズにに伴っておこなっている。

そのため、パパの利用もしやすい事や、日頃の子育ての情報も得ることができる。

地域の公民館も、平日休館を行い、土日の開館もありではなかろうかと、意見も出たのである。

少子高齢化を食い止めるための施策を、地域のコミュニケーションを豊かにする一歩からはじめる事や、学校と公民館の連携で、講座等の共催で行うなど、地域の活性化を考慮することが大事ではなかろうかと改めて考えさせられたのである。


sukomomo at 18:29コメント(0) |  

2017年12月14日

母親の影響は強い

子育て中のママや、子育てを終えた母親の姿は、いいこともそうでないことも、子どもにそのまま(似たような形で)受け継いでいることを実感する。

母親が神経質であれば、子どももそのように育ってしまう。
あたりまえだと思うことなのかもしれないが、もう少し自分の行動や考え方を客観視して、子どもにはより良い形で伝えようと頑張っているママたちもいる。

母親の姿を観て、子どもたちは同じようになりたくなくて・・と思っているのにもかかわらず、その手立てが解らず同じようにやってしまい、結果として悩み実感するのである。

母親の役割は大きい、子育て支援をしていると、さらにそう思うことを痛感する。

若い頃から視野を広げて、できるだけ多くの体験をさせたり、親だけではなく、近所のおじさんおばさんなどや職場の人との出会いやコミュニケーションを大切にしていくことが今の時代にかけている大きな課題でもあると、つくづくと思うところである。

自分見つめをして他の人の意見も受け入れ、そして、自分の想いを伝える基本的なコミュニケーションを最初からやり直す必要があるのでは・・・などと思うこの頃である。

sukomomo at 18:49コメント(0) |  

2017年12月13日

仲良しご夫婦が

公民館教室のボランティア精神満載で、長年ご地域の地域の人たちのためにお世話を惜しみなくされていたご夫婦だった方が、旦那さまが脳梗塞で入院されて2.3日後に奥様も脳梗塞で入院されたことを知った。

いつもお二人で仲良く公民館の行事に参加されていた。

病気までも仲良くて、びっくり!!!
早く良くなりますように。

この寒さで、老人には堪えるこの時期、自身にも身近な人たちにも、何時どうなるか・・体調管理には十分気をつけなければ・・と痛感。 

子どもも大人も睡眠・栄養・運動・・生活習慣の大切さ実感です。

sukomomo at 17:30コメント(0) |  

2017年12月12日

赤ちゃんふれあい教室

中学生と赤ちゃん親子との交流でコミュニケーションの大切さや命の大切さを学ぶ授業が、今年度最後の3回目を和やかな雰囲気の中で無事終了することができた。
ごきげんあかちゃん
ママたちも寒い中、ほんと!ようこそ参加していたたきました。
昨夜からの寒波で心配していたけれど、積雪もあまりなくて、赤ちゃん親子も欠席があったものの20組もの参加で、すべての参加者ともども幸せなひと時として盛り上がり、感謝・感謝の最終日となった。

今回は、パパの参加もあって男子生徒との話もいい感じに展開されて、良かったですね。

我が子が中学生になった時もこの授業はやってほしいとのママたちの願いも多く聞かれました。

本当にすごい・・命の時間です。
いつもそう思い、感謝しかありません。

中学生も数カ月は、体に気をつけて受験勉強に向かって頑張ってほしいと思います。



sukomomo at 17:16コメント(0) |  

2017年12月11日

全員無欠席で修了

大山『子育ての旅』17期生は、6日間のスケジュールを全員無欠席で修了するという仲間づくりの最高成績??となった。

赤ちゃんの発熱だったり、ママの体調などで、欠席者は補修を受けるという例があったけれど、今回は、皆さん全員で6日間のスケジュールをこなすことができた。 

やはり、それなりの成果が観られて、お互いが話しだすと止まらなくなるくらい・・・である。

笑顔で母子ともに元気で修了。 
これからの絆も深めて行き、続けて支えあうグループであって欲しいと見守っていきたい。

早速今月から保育園に入所する子どももいるようだけれど、ママ友の輪はいざという時の支えあえる存在であってほしい。

教育長さんからも教育について、心温まるメッセージと共に聴いて、これからの励みにもなったことでしょう。〜感謝〜

sukomomo at 17:03コメント(0) |  

2017年12月10日

少年少女合唱団

今回2回目の山陰少年少女合唱団リトルフェニックスの演奏会を鑑賞することになった。

前回の演奏会以来、子どもたちのハーモニーと表情に魅了されファンになったというもの。

今回もすばらしい演奏会で、メインステージは「サウンド・オブ・ミュージック」、指導される先生方のすばらしさも実感するものだった。
文化ホールは満席で子どもから老人まで、応援している人たちもたくさんいるのだと感じたのである。

音楽のすばらしさもこの山陰の地で磨き上げていることに嬉しさも募り、幼児期から高校生までのそれぞれの成長に感動するものだった。

このような体験を通して、視野の広がる大人へと成長していくことと未来を頼もしく感じたのである。

感動のひと時を有難う。

sukomomo at 18:53コメント(0) |  

2017年12月09日

予定を早めて

明日からまた寒くなると言うので、予定を変更してタイヤ交換をしてもらうことに。

ちょうど都合がマッチして、ほっと一安心。

お休み(保育園の発表会だったとのこと)で4歳の娘ちゃんを連れての作業となった。

娘ちゃんは、最初恥ずかしそうにしていたけれど、すぐに慣れておしゃべりし、家族の事や発表会のことなど話してくれた。
ほんと! 可愛い!!
パパも可愛さを隠しきれない様子が、また心和む。

実家に保管してもらっているタイヤ交換で、姉からも声をかけてもらい、裏の少しばかりの大根畑にもついて行ったりして、何とも社交的??
実家の子どもたちは皆社会人となった今、こんな時が懐かしく姉夫婦も笑顔で迎えてくれた。

寒い木枯らしの吹く日だったけれど、心はあったかーい。〜感謝〜

sukomomo at 18:16コメント(0) |  

2017年12月08日

子育ての大切さしみじみ

「子どもたちの脳を傷つける親たち」著書友田明美氏は、マルトリートメント(不適切な養育)が子どもの脳を変形させる。
親から暴言を浴びせられるなどのマルトリートメントの経験をもつ子どもは、過度の不安感やおびえ、泣き叫ぶなどの情緒障害、うつ、引きこもり、学校に適応できないといった症状や問題を引き起こす場合があるとされる。

子どものトラウマというのは、簡単に確かめられる傷痕ではないだけについ見逃されてしまいがち。
子どもは、周りの大人たちが思うよりずっと傷つきやすい心と脳をもっている。

早期に適切なケアをすれば、脳と心は回復することができる。

まずは、その子の安心・安全を確保することから。
詳しくは著書を読むことをお勧めします。 

sukomomo at 19:04コメント(0) |  

2017年12月07日

お久しぶりです

子育てや教育に意気投合した会社社長さんと、久しぶりに書店で遭遇した。

3人の子どもも社会人となり、孫もでき、会社の跡取りも決まって、公私ともに順調にやって来られた背景には、やはりその人の生き方が現れていると、話していて実感した。

心のもち方、人のためになること、自然体で大らかな思考、前向きで明るいなどなど、変わらない。
久しぶりなのに、毎日でもあったように話しが弾んでしまい、立ち話に時間も忘れ、次の予定に慌てて行くこととなったのである。

お互い年をとったとはいえ、ずいぶん若くダンディさは、昔と変わらない。
「100歳まで仕事をし続けますよ。あなたも同じようにできますよ」なんてねぇ。
私よりも5歳も若いのにねぇ。
励まされて・・・嬉しい余韻が残った。

日々大切に、自然の成り行きに任せて穏やかに過ごしたいと思うのだった。

sukomomo at 18:35コメント(0) |  

2017年12月06日

ブックスタートの日

今年一番の寒さとなった今日。

午後からは、ブックスタート。
予定されていたボランティアさんの欠席が多く、1対1の対応が2対1または3対1となってしまった。

それでもママたちはお互い、換え本を取りに行っているちょっとした時に、会話もできて和んだ様子に、「これもまたありかな」などと思ったのである。

第2子、3子の赤ちゃんも多く、テレビやスマホの話も、より詳しく伝えるようにした。 

都会から里帰りを期に家族で移住を希望しているという話も聴き、自然豊かなこの地での子育ては恵まれていることも情報提供することができた。

絵本を通して、地域のおばさん達が子育て応援していることも、感じてもらえたような今日のブックスタートの時間となったのである。

赤ちゃんの絵本を観てくれる目の輝きに癒され、笑顔を沢山いただきました。〜感謝〜

sukomomo at 18:28コメント(0) |  

2017年12月05日

本物との出会い

メディアの普及が盛んになった今日、便利なことから、赤ちゃんまでスマートホンでの読み聞かせなどをするママたちも少なくないようだ。 

しかしながら、五感を使っての本物の出会いは、赤ちゃんから大人になるまでにも大切なことだと多くの専門家は話される。(あたりまえの事だと思わない時代になっている)

眼が合わない、話しが聴けない、落ち着きがない等など、気になる子どもの様子に、取り返しのつかない症状になってから慌てて対応することになると、時間もかかり、困難なことになってしまう。
本人が一番つらい思いをすることになる

授乳をする時には、赤ちゃんはママのまなざしを一点に見つめ、コミュニケーションを待っている。
それに応じてママは、言葉をかけたり、ほっぺをつっいたりしながら授乳の愛着を楽しんでいる。
スマホに夢中になり、赤ちゃんの目線にも応じなければ、その差は大きい。

成長し、歩きだしたり、とびはねたりする時期にも、五感で体験する遊びは心身の成長にも欠かせない。
スマホの利用はもっと先でよい。
その前に沢山の本物との出会いに、発見したり感動したりして親子で楽しむ時間を過ごしてほしいものです。

sukomomo at 19:16コメント(0) |  

2017年12月04日

赤ちゃんふれあい教室

今年3回目2か月ぶりの継続赤ちゃんふれあい教室。ママと

生徒たちも一段と成長し、2回の学習から積極的に赤ちゃん親子と関わった。

人見知りの赤ちゃんにも抱っこで眠りにつくまで抱っこをしあやし、ママとのコミュニケーションも和やかな雰囲気で、室内全体が幸せ感に漂った。

ママの方も、大人しい子には積極的に顔を観て一生懸命話し、その熱意がつたわって、胸が熱くなった。

赤ちゃんのパワーは、ほんと!いつもすごいと思う。

これから受験に向けて、自分らしくしっかりと目標に向かって頑張ってほしい。

皆さんに心から感謝です。

sukomomo at 17:36コメント(0) |  

2017年12月03日

我が事・丸ごとの地域づくり

弓ヶ浜助け合いネットワークの会のイベントが13回目となって今日開催された。

オープニングには、ゴスペルオーブのクリスマスソング。
いつもパワフルですばらしい。

弓ヶ浜地域を主に、「人生100年時代に助け合っての人生設計の作り直しをしなければならない」と、小田理事長の講演会や、お茶席、ハンドマッサージ、認知症予防珈琲に、地域の障害者作業所のつくり物などや、各地域でのサロンなどの展示もあって盛会なイベントだった。

結構、お元気な70代80代のお年寄りや30代〜60代の皆さんの参加で、今から見通しを立てて、生活することは、大切なことと痛感した。

元気でいれば、お金もかからないし、日頃の活動に人のためになることを目標に入れて過ごすことも大切・・・それが生きがいになって元気にもなるというもの。

自分の楽しみだけでは、途中で退屈にもなり、マンネリ化してはやる気にもならない。
身近にいる人たちのことも自分のこととして、支えあっていくことが元気の連鎖にもなるというものだ。
70・80歳になっても現役で、「ぴんぴんころりん」とあの世に行くことができたら、最高の幸せだと思う。

今日は、そう実感する日となったのである。

sukomomo at 16:15コメント(0) |  

2017年12月02日

器用にアクセサリー

100円均一ショップで購入したフェルトでマフラーをつくり、ブローチのアクセサリーのアイディアを取り入れて、素敵になった。

器用な友人の手づくりマフラー。
いつも何かしら発想し行動に移すところは、さすが!!先端型個性学の持ち主。

何と!!材料費300円、早速、今日身につけて出かけた。
クリスマスシーズンでもあり、なんだかウキウキしてしまう。

さすがに高級なウールの肌触りには勝てないけれど、それでも温かさとデザイン性は負けてはいない。

今度、子育ての旅のママたちにも披露しようと思う。
お楽しみに!!




sukomomo at 18:26コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: