2018年06月

2018年06月30日

とても長く感じた雨降りに

鳥取での子育て講演会のために早めに出発したのだけれど、途中大雨となって視界もままならない。
そんな中でのドライブは神経を遣うし、いつより混雑していたためもあって到着したのが予定より時間を要した。
今日ほど「鳥取は長く遠いなぁ」と感じたことはなかった。

早めに余裕をもって出発したので、持っていったお弁当を着いてから食べることもできたし、司会担当の方との打ち合わせもゆっくりできたこともあり、早めの行動が何かと良かった。

仕事で精神医学を学んでいる方たちがほとんどだったこともあり、熱心に2時間をたっぷりと聴いてもらえたことや質疑応答も有意義に分かち合うこともできたのではないかと思っている。

話している方はあれもこれもと、できるだけ情報提供したいとすすめていて、あっという間の時間経過だったけれど、聴いてくださっている方たちは、どうだったのかなぁ。

会場を見渡すと、若い人やお年を召した方も女性も男性もバランス良く参加していただけたことは、最近ないことだったので、すべての年齢の方々に理解してもらうことに配慮もし、私自身も勉強になったように思う。


さてさて、子育ての旅同窓会もママたちが実施していて、帰ってからlineで様子を写真やコメントなどを拝見し、楽しい会となったことをとてもうれしく思った。

子どもが幼いと体調不良もあって欠席したママたちもいたけれど、子ども優先にするママたちのご苦労も身にしみてわかるので、次回の楽しみを期待できたらと願っている。

次回の幹事さんも決まったようでママたちの仲間の輪を心から感謝し、見守り支えていきたいと思うのである。


sukomomo at 19:42コメント(0) |  

2018年06月29日

ありがたくて・・・

誕生日のお祝いがてら実家の姪とランチをすることになり、前々からの楽しみにしていた。
子どもたちも手が離れてやっとこんな時間も共有できることになったのが嬉しくてねぇ。

皆揃っての食事はあったものの、二人だけでは初めてのこと。

いつも気遣ってくれて子どもたちと共に過ごすことにも配慮してくれたりしてねぇ。
ほんと!!ありがたいといつも思っていた。

ゆっくり話し、美味しい食事をいただき、幸せなひと時。
それだけで十分嬉しかった。

それなのに、帰りに洋服と帽子その他のプレゼントまで準備してくれていてねぇ。
姪も誕生日月おんなじなのに・・・。
子どもたちには誕生日に何かをしても姪には何もしてなくてねぇ。
お互い様だから「いいかっ!!。」ってね。ずーとそうしてきていた。

なのに、思いがけないプレゼントにまたまた・・・感動!!
気持ちが、想いが、嬉しくてねぇ。

今日は感謝感動の日となったのですよ。

明日の講演会いつも以上に頑張れるねぇ。
有難う。

sukomomo at 17:18コメント(0) |  

2018年06月28日

幸福寿命!!!??

慶應義塾大学医学部内科学教授の「幸福寿命」著書によると、赤ちゃんの頃のミラーニューロンの時期に、母親からの無償の愛情をたっぷり受けると幸福ホルモン(オキシトシン)に影響することが述べられている。

幼い頃の共感が大人になった時人生の土台となる大切なものである。

過去の「幸福」体験が「今」そして、「未来」への繋がっていく。
その幸福感を思うことで、未来のしあわせを感じることも多くなる。

それが「幸福寿命」というものか・・・と、理解したのである。

いつも幸せであることに越したことは無い・・過去のしあわせが多いほど未来にも繋がっていく。
母との想いではやはりしあわせいっぱいのもの・・・感謝しかない。

sukomomo at 17:04コメント(0) |  

2018年06月27日

花回廊の自然に癒されて

今日は中学時代同窓生のランチ女子会。 その前に通り道となる花回廊へ。 早めに出発し40分程度だったけれど一回り、今は、ゆり祭りを開催中。 ゆりだけではなく、ダリアも色とりどり、ひまわりの花も元気に迎えてくれている(そんな感じ) IMG_0875 いつもながらの事だけれど、緑は多いし、たくさんの花たちに癒され、 そうそう今は、アジサイも真っ盛り。 散歩がてらのひと時を満喫できた。 東京の友がゆりの花が大好きなことを思い出し、lineで写真を送ることもできた。 IMG_0879 女子会は、いつものように賑やかしいおばさんの集まり6名。 美味しくいただき、おしゃべりも弾み楽しいひと時を。 話すこともさっぱりと、老化現象を笑いに変えてねぇ。 同級生はいいものですねぇ。 この年になるからこそ、そう思うのかもしれません。〜感謝〜

sukomomo at 12:04コメント(0) |  

2018年06月26日

蒸し暑い日です

湿度の高い気温の高い一日となった。
急に来るから体も順応しないようだ。

こんな時こそ心引き締めて行動しなければね。

妊婦さんは勿論、赤ちゃんも出産後のママたちも体調管理に気をつけて過ごしてほしいです。
子育てママたちの出産のおめでたい情報に、想いを寄せています。


高齢者には、あまりにも身体的に神経質になっている人と、少々の事ではへこたれない気にしない人と、二極化の中で、やはり、体調不良を忘れるくらいの(吹っ飛ぶくらい)楽しいことややりがいを見つけることが必要不可欠では、と、思うのです。

自分の事だけで生活していると限界があります。
けれど、人のために役立つ事で生きがいも楽しみも・・・気は病・・病は気から。と、思うのです。

とはいえ、老化現象や痛みには耐えられないこともあります。
子育てと同様、分かち合える仲間なり、家族の存在がありがたくもあり勇気づけられますよね。




sukomomo at 17:32コメント(0) |  

2018年06月25日

ママも子どもも笑顔!!

久しぶりに開催された13期生子育ての旅の同窓会。

インフルエンザや大雪などで延期続きだったこの同窓会に地域の気軽なカフェ(旧保育園跡)でランチも兼ねて集まった。
仕事が始まったママや、都合が合わなくて参加できなかった人もいたけれど、それでも仕事を休みに入れて参加したり、第2.3子の出産で育休だったりと、久しぶりの顔合わせに、情報や悩みを分かち合い楽しいひと時を過ごすことができた。

子ども同士も大きくなって関わり方に成長もみられ、親子ともども笑顔でゆったりと過ごし、私自身も元気をいただいた。

「子育ての旅」は子どもの成長と共にずーと続きます。
そんな中でもちょっとした気になることなど、皆さんで分かち合ったりすることで、また、前に進んでいくことができる訳です。

忙しさに流されている人こそ、このような時間をつくることをお勧めします。

次回の幹事さんも決まり、グループラインも設定でき、できるだけ幹事さんに負担のかからないように内容を吟味することも大切ですね。

「かあら山」は子育てママたちにとっても集える場所にいい空間です。
お茶の準備などしないで済むこともgoodですね。

幹事さんお世話になりました。
有難う。

sukomomo at 17:13コメント(0) |  

2018年06月24日

自己肯定感をもつ子ども

佐々木正美氏の著書の続きです。

自己肯定感をもった子どもは、現実的な夢を着実に実現化していきます。

どんな仕事でも夢がいくつもあってもよいのですが、むしろ心配なのは、「大きくなってみなければわからない」とか「分からない」「別に何もない」とか答える子どもの方です。

これは、自我の混乱とも言える状態で、自主的、自発的に生きていないということです。

将来、社会に向かって自分というものを自己実現していくことへの「夢」を描けるかどうか、ということであり、幼児期の遊びの中で自分の「役割」をイメージできる力がとても必要です。

これは、どの年齢、どの時期にも無くてはならない事で、発達段階によって「夢」の内容が変わります。
イメージができないということは、主体的に生きていない・・・つまりは大人からの押し付けなどで、自信を持てない、自己肯定感をもっていないからだと言われています。

テレビのヒーローだったり、身近にいるママやパパだったり発達段階によって子どもは天真爛漫に夢を語るのは素敵なことですね。 

sukomomo at 17:38コメント(0) |  

2018年06月23日

自律心を育てる

佐々木正美著書より
子どもの発育の時期と順序を画期的な形で分類したH・エリクソンは、生まれてから12ヶ月から18ヶ月くらいまでの乳児を「絶対依存の時期」とし、その時期に周囲の世界に対する信頼の感情と言う大事な基礎が刻まれます。

その信頼感が自信や自律心につながりますから重要な時期です。

それに続く2〜3歳の時期(広く1歳〜3歳)この時期は身体の筋肉なども発達し、排せつなどの習慣も身につく時期です。
それに伴って自分の衝動や感情を律する自律心を学びます。
トイレットトレーニングの時期に重なる訳です。
自尊心を感じる時期でもあり、叱りすぎても褒めすぎてもよくないのです。

また、この時期は、二者択一を迫られるような人生の岐路に立たされた時、自ら決断するための力の基礎が育つ時だと言われています。

いいこと、悪いことを教える繰り返し、待つことが大切であり、無理な強制や極端な褒め言葉で誘導することは、健全な自律心、自立性そのものを妨げることにもつながることがあります。

この時期はいやいや期ともいわれ、しつけに悩むママたちも多いことでしょう。
上記の事を心して子どもと関わっていきましょう。

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2018年06月22日

生涯読書の会

月一回の定例会の日。

7月8日に公開講座「大草原のローラ物語」谷口由美子氏講演会開催に当たり、役割分担などが決まり、前日からの日程など、めったに聴けない講演会でもあり、たくさんの参加募ることも話し合われた。

本の学校2階広場には、歴史などの展示もあり、見応え充分である。

日程 7月8日(日)10時30分〜12時 
場所 本の学校  多目的ホール
参加費  500円

東京で開催された折には5回シリーズ100名が5回共にあったという人気の先生です。
このチャンスをお聴き逃しのないよう、ご参加お待ちしていまーす。

いつものように本の情報は、佐々木正美先生の追悼記念書「子どもの心の育て方」・・・子どもたちのために生涯を捧げた児童精神科医の著書は素晴らしい。

以前からの大ファンで、共感し、私の子育て論も影響力が大きい。


sukomomo at 18:12コメント(0) |  

2018年06月21日

ワーキングウーマンの集い

子育て教育部とコラボしているゆりの会女性部の会、月一度の定例会の今日は、商工会連合会の専務理事の参加で、バリバリ現役の女性リーダーの経歴を聞きながら子育て支援の関連性を分かち合うことができた。

小人数の他は、ほとんどが子育てを終えて、事業家だったり、経営者だったりと女性ボス的存在の皆さんだけれど、当時の自分の子育てを思い出し、未来の子どもたちへのサポートが、地域でどのように関わっていけばいいのかなど、意見交換で盛り上がった。

子育て支援の現状も話すことができ、子育てフォーラムの企画もイメージでき、次回の会へつなげていくことができることを実感する。

子どもたちの未来を考えて、想いを一つにし、日々の活動をしていくことは、とても心強いものである。
まだまだ、行政サイドでは男性社会の中で、子どもと女性は弱い立場である。

子どもを生み育てる女性ならではの強い愛情は、戦争も起こらないといわれた哲学者もいる。
母性の素晴らしさをより活躍できる社会になるための気持ちの共有が深まった会でもあった。

sukomomo at 18:39コメント(0) |  

2018年06月20日

体にいいこと!!??

若い時と違って、足腰や筋力などの低下を実感する日々の中で、良いといわれることはやってみようと実践することにしている。

例えば酢キャベツ、玉ねぎヨーグルト、味噌汁、玄米、梅干し等など、今日は皮つきピーナッツの酢漬けをやってみた。
一時間冷蔵庫においてから食べれるというのだけれど、おなか一杯の夕食後だったので、明日のお楽しみとしよう。

抗がん剤を受けている人は、舌の味が分からなくなって、水を飲んでも苦いだけだということを聞いた。
美味しく食事がいただけるということは、本当にありがたいことである。

食事の大切さを子育て講演会でも情報提供させてもらうために自分自身の実践は不可欠である。

体を動かすことも朝夕の日課とすることを肝に銘じて実践のみである。


sukomomo at 19:17コメント(0) |  

2018年06月19日

午前も午後も

午前は保育園保護者の講演会(保育園では保育研修会として参加を募ってる)

夫婦での参加が以前よりグーンと多くなりました。
熱心に最後まで聴いてくれて、園長先生も悩んでいる保護者がいて、例を出して解決策を話したことにより、手ごたえがあったことを評価してもらい・・・それは何よりだったと。

乳幼児期の子育ての大切さは一貫している。
この時期にしっかりと子どもと関わり共感する体験を沢山作ることが思春期を迎えた時の対策にも繋がる。

朝一番の講演会だったので、登園した流れで参加者も多くなったことを聴いた。
できるだけ多くの保護者に聴いてもらうための作を練ったとか。
ありがたいことです。


ごきげんあかちゃん午後は中学生と赤ちゃんふれあい教室・・・何と10年来赤ちゃんの方が多くなり、1対1の関わりが実行できた。
1組の赤ちゃんは生徒と保護者の様子を見て対応・・・ママたちもすんなりと応じてくれました。

生徒たちのほとんどが、積極的にママたちとのコミュニケーションをとっていていい顔している様子に、やはり1対1の関わりのすごさを実感したのである。

スタッフも先生もその様子を共感し、次回の(2学期)にも赤ちゃん募集に力を入れることも共有することができた。
まだまだ関わっていたいという生徒たちの様子に感動。

泣いている赤ちゃんをあやして腕の中で寝かしつけた生徒も「疲れた!」と言う生徒も「いい疲れでしょう」と話すと大きくうなづいてくれた。

イキイキとした生徒に赤ちゃんの力を改めて実感したのである。みるく
ママたち有難う。


sukomomo at 19:21コメント(0) |  

2018年06月18日

頼りになるねぇ

母と娘の絆はすごいものです。

病気になった姉は、娘を頼って「生きる」ことに拍車がかかったようだ。
食欲がない姉にも心のこもった娘の手づくり料理は、しっかりと食べているその姿を見て、安心でき「すごいなぁ」と改めて感じるのだった。

大阪いる姪の娘とlineのやり取りをしている直後に、地震速報が入った。 
大変だったようだけれど、怪我もせず無事で何より、

姪の息子は、「なんの問題もないです」と返事が来る。(しっかりしてるなぁ)


自然災害はいつ来るかもわからない・・・備えと覚悟はいつも頭の隅においていなければ・・と、痛感した。

子は鎹・・成人した子どもたちは社会人として自立し頼りになる。
子育ての成功というものでしょうか。

sukomomo at 18:32コメント(0) |  

2018年06月17日

音楽祭

幼馴染がコーラスをやっていることから、6月に入ってから1カ月間音楽祭が週末に開催されていることにお誘いを受けて、会議が終わった午後、間に合い参加することにした。

今日は大山町でも福祉大会があり、子育てママが「街づくり子どもの居場所」の取り組みを発表することもあり、イベントと会議が重なり残念な日でもあった。が、無事終えたことの連絡も入り、後日報告を楽しみにするとしょう。

コーラスグループは沢山あることも分かった。
子どもから老人まで、男性も女性も皆さんの楽しさが伝わった。

やはり子どもの歌は心にしみる

来週はアカペラ、フリージャンル、そして、7月1日はメモリアルコンサートになっている。

教室などと重なっているので、最後の日は何とか鑑賞できそうである。


sukomomo at 19:09コメント(0) |  

2018年06月16日

やっぱり素敵なところです

子育て支援に関わる打ち合わせの役員会をするためにえがおサポートに行ってきました。

いつもより静かだったのは、土曜日ということや、お天気がいいので園外にお散歩していたようす。

保護者とのコミュニケーションを大切にする理事長なので、いろいろと行事も多く忙しさは相変わらずである。

そんな中でも一つ一つ丁寧にこなしていく彼女は、いつも輝いている。

11月に子育てフォーラムをするための内容・イメージが膨らみ、根本的な家庭教育支援を柱に、生活に役立つ楽しい企画をすることに一致した。

園内に貼ってあったポスターを提供します。
保育士の資質が問われている現状の中で、
保育内容も勿論のこと、人材育成がしっかりしていて、安心して預けることができる保育園ですよ。


IMG_0871

sukomomo at 16:14コメント(0) |  

2018年06月15日

大葉の美味しい時期

大葉は、香りが心地よく健康にもいいので、この時期の旬の一つとして嬉しいもの。

甥っこ宅の菜園からいただき、早速、サラダと共に贅沢に取り入れた。

いろいろと作っていて、水菜・サニーレタス・玉ねぎ(紫玉ねぎも)・ズッキーニーまで、大葉に加えて沢山の種類に嬉しさも一層だった。

この頃、野菜をたくさん摂取することができるのは、こうやって甥っこ宅や実家の姉からのいただき物で賄っている。
本当にありがたく感謝である。

何よりも購入したものより新鮮であることは、何にも代えがたい健康にもつながるうれしいものである。

香りに於いては、人それぞれの好き嫌いもあるけれど、大葉の香りは、癒される大好きな香りの一つである。



sukomomo at 18:33コメント(0) |  

2018年06月14日

ストレスどうしたものでしょう

人それぞれの価値観の違いで、ストレスを感じることも多々あるのではと思うこのごろです。

「病は気から」とも昔の人たちは言ったものですが、ストレスを解消するためには、価値観の違いを受け入れなければならないと切に思うのです。

そして、受け入れるに際して、ポジティブに解釈して、余計な妄想はしないこと。
心が引きずられて、ドツボにハマってしまう・・・そこから抜け出さなくなってしまうからです。

そうすると胃が痛くなったり、頭痛になったり、不眠になったりといいことはありません。

周りがいくら心配してアドバイスをしても理解もできず、結局寝込むことにもなりかねないからです。

大丈夫・・自分は前向きに今やるべき正しいことをやっていくのみ・・・そう言い聞かせ笑顔をつくることです。

私のストレス解消法です。




sukomomo at 18:27コメント(0) |  

2018年06月13日

おひさしぶりです!!

7ヶ月間入院されていた公民館教室の生徒さんが、久しぶりに参加され、皆さんで盛り上がった。

5月末の退院をと言われていたが、その後の様子が解らなかったので、顔を見たときは、嬉しくて思わず歓声をかげてしまった。
階段で転んだのが原因で腰を粉砕骨折とのことだったが、頑張ってスムーズに歩けるようになってねぇ。

人一倍気遣いできる人だったので、その場が明るくなり、皆さんのまとめ役としての才能もあり、素晴らしい方で中心人物だっただけに、喜びもひとしおだった。

終わった後の茶話会もいつもより長く、あっという間に時間が過ぎていった。

元気ということは、ほんとうにありがたく素晴らしい・・・感謝ですね。
無理せずお大事にスローライフを楽しみながら、お願いしますよ。



sukomomo at 18:00コメント(0) |  

2018年06月12日

赤ちゃんふれあい教室

ママと町内3校目の今年度初めての赤ちゃんふれあい教室。

今回の中学3年生も素晴らしくて、一人ひとりの表情に癒されました。

ママたちも回数を追うごとに、生徒とのコミュニケーションがうまくなっていて、赤ちゃんの様子を伝えたいとの気持ちが伝わってきました。

生徒たちは、事前に絵本の読み聞かせも司書からアドバイスを受け、練習しての意気込みがママや赤ちゃんにも通じたのでしょう。

落ち着かなかったり、泣いてしまう赤ちゃんも生徒の読み聞かせに集中して、ママたちは「こんなに観ることができるなんてびっくりしました」と感動。

家庭でも今日を期に絵本を取り入れるとの感想もあった。(ブックスタートで経験済みなのに日々の忙しさに連れて、ママたちも取り入れ忘れていたのでしょうか)

ともあれ、ママたちにとっても気づきや学びのこのふれあい教室・・いつもやってよかったと実感するのです。

沢山の赤ちゃん親子に心から感謝です。

sukomomo at 16:55コメント(0) |  

2018年06月11日

心と身体

東京の恩師から、冊子が送ってきた。 

いつも自分の心を見つめる習慣が大切であり、気づきを実践していくこと。

冊子の中の一ページにこんなことが記してあったので紹介したい。
  誰かと一緒でないと寂しくて、
  誰かに決めてもらって、誰かに頼って、誰かにやってもらって、
  誰かの事ばかり見て、誰かにどう思われるかを気にして、誰かのことばかりやって、
  誰かに責任をのせて、誰かにやられたことを忘れず、誰かを恨んで、
  自分の「からっぽさ」に向き合うことにおびえ、心はいつも「誰か」への視線で生きている。

先生は心と体は通じ合うもの。
病気になった時にこそ、心の原因を見つめて正していくことだと。
相手ではなく自身であること・・・ポジティブに笑顔で一歩を踏み出しましょう。

sukomomo at 18:58コメント(0) |  

2018年06月10日

子育ての旅同窓会in境港

境港「子育ての旅」1期生の同窓会が開催された。

2ヶ月半ぶりの開催に子育て支援センターで行われ、何年振りだろう??久しぶりに訪問することとなった。

旧幼稚園を利用しているので、広々とした部屋もたくさんあり、同窓会には休日保育がなされる部屋を利用できた。(子育て支援センターで休日保育もやっているようだ。公立の市民ニーズにあった日曜日開放もおこなわれていて、パパの参加もある。) 

ママたちからは近況報告や子育て相談もあり、笑いに涙に、久しぶりに心開いて分かち合いがなされた。
第2子ができることなどの嬉しい報告も、皆で拍手で祝福した。

2人の幹事さんもママたちも準備や片付けも慣れていてテキパキとなされた。

解散後、お昼を食べて帰る家族もいて、パパが弁当を持参。

周りは緑も多く公園になっているし、親子のふれあい場として、よい環境に恵まれている。

sukomomo at 18:12コメント(0) |  

2018年06月09日

子育ての大切さを実感

今日は一日中、子育ての大切さを実感する映画鑑賞や講演会に参加。
どちらも子育てのママたちの縁で実現し、素敵な子育てをしていることも嬉しいことだった。

そして、いつも大切に思っていることの再確認ができたことにも感謝である。

映画に於いては、すべての子どもたちが愛されて成長できることや遊びから学んでいくこと、母の役割、父の役割に於いて、どちらも必要不可欠であることは言うまでもなく、子どもとのかかわりがその子の人生を大きく左右することも共感するところであった。

もっともっと、子どもとふれあい、遊びを共に楽しんでいくことの素晴らしさ。

もっと多くの人たちに観て感じて欲しいと痛感した。



午後からは、食に関する子育て講演会。というより健康に生きることがテーマであり、昔ながらの食事の大切さがよく理解できるものだった。

日本の歴史にさかのぼり、世界中でも歴史の長い国は日本であること、昔も今も変わらないものは続いている事で大切さがわかる。
今、食が変わろうとしているが、健康に過ごすためには、ご飯・味噌汁・ぬか漬け・主菜・副菜をバランスよくいただくこと。等などの手づくり自然療法でアトピー皮膚炎や膠原病など改善した例なども話された。

手づくりの大切さも再確認するとともに、自身の食事のとり方も昔に戻そうと決意を新たにさせられたのである。

子どもを育てるということは、親自身の健康も、もっとも大切なことでもある。



sukomomo at 19:05コメント(0) |  

2018年06月08日

いのちのはじまり

子育てママの熱心なユニセフの取り組みで、明日「いのちのはじまり」の映画鑑賞のご案内です。

子どもの成長に本当に必要なものは?
いろんな育児を見つめたドキュメンタリー。

「すべての子どもたちに素晴らしい人生のスタートを。
それが平和で創造的な社会を築く一番の近道。
そのための子育ての方法は一つじゃない。」

先日も虐待で5歳の女児が亡くなった。
親のエゴからか?、親自身が愛着のない育ちをしていたのか?分からない?が、
子どもの未来を改めて考える映画だと期待しているのです。

日時6月9日(土)
10時〜 14時〜 2回上映されます。
場所米子コンベンション小ホール・・無料
託児もあったけれど、10日前までとなっていました。(ごめんなさい)

sukomomo at 17:37コメント(0) |  

2018年06月07日

子育てに大切な情報伝えたい

保育園での子育て講演会の要請を受け、希望テーマは、「子どもとの関わり方」と言うことだった。

子どもとの関わり方が分からないということは、子どもの様子をしっかりと把握していないことも要因である。

子どもの訴えることに傾聴し、何を求めているか?
自主的に話したり行動したりできているか?
いつも親の支持がなければ行動できないか?
乳幼児期の好奇心旺盛な時期の遊びは十分できているのか?(圧力をかけていない?)
遊びの環境は整っているのか? 等など、
生活の中での子どもとスキンシップをとって過ごすことで、何に興味をもって何が苦手なのか?
じっくりと子どもの様子を見守っているととてもよく理解できる。

その場その場で戸惑うことは多々あっても、間をおいて考えてみると、言葉かけもプラスにして問いかけることもできる。

子どもをスキンシップもなく観ないでいて、どうしたら○○ができるようになるのでしょう?
その前の安心安全な親子関係(愛着・基本的信頼感)がとても大切なのである。

等など、年齢の節目の子どもの発達に合わせて、個々の関わり方をしていくことがGoodなのである。

熱心なパパの参加も4.5人・・ファザーリングジャパンの安藤氏の著書も紹介させてもらいました。

今日の出会いに感謝です。

sukomomo at 18:37コメント(0) |  

2018年06月06日

ブックスタートの日

梅雨に入って、赤ちゃん連れの健診は大変だと思う。

今月は、いつもより10人ちょっと少なめの赤ちゃん・・・それでもしっかり時間がかかり、いつものように最後まで見届ける。

お医者さんの健診に時間がかかったので、こちらは余裕の流れで対応できたのも、ボランティアの人数がしっかり揃っていたこともありがたい。

先日の世界平和・しあわせなブックスタート・・・・まさに声をかけるとママ(パパ)も笑顔が素敵に反応してくれる。

今日も嬉しい時間を有難う。

sukomomo at 19:46コメント(0) |  

2018年06月05日

赤ちゃんふれあい教室

ごきげんあかちゃん中学3年生と赤ちゃんふれあい教室。

今日は、名和中学校・・生徒の皆さんは準備から赤ちゃんを迎えて、しっかりと関わることができた。
とても落ち着いていてるクラスでママたちもしっかりと生徒と話した後赤ちゃんをゆだねて見守る様子。

すばらしい命の時間を共有できた。

気温の不安定、急に暑くなったり寒かったりとする中で、体調不良で急きょ欠席する赤ちゃんもあったけれど、一対一、二対一の関わり方ができたこと・・・ほんと!!ママたちに感謝です。

生徒たちの気づきの感想も素敵で、ママたちの心に染みたことでしょう。
(お母さんはすごい!!)

日ごろ使わない神経を使い、生徒たちは『疲れたぁー』と満足そうでしたよ。

今期後2回の教室があります。
ママたち(パパ)よろしくお願いしますね。


sukomomo at 18:26コメント(0) |  

2018年06月04日

ラジオの日

ひと月1回の子育てトーク生放送を開局当初から続いている。

当初は、毎週だったけれど、時間調整が大変なことなどで現在は第一月曜日のみである。

今日はファザーリングジャパンの代表安藤氏の著書から父親の子育てを中心に、MC都丸さんのあいづちと共に話しやすく、子育てママの街づくりの取り組みも。

直前まで彼女と話していたこともあり、話しの流れて自然に、すばらしい活動実践を紹介することができた。

子どものための子育て支援でなければならない。
親のための支援も必要と共に子どもを置き去りにしてはならない。
子どもがそれでいいのだろうかと疑問に思うことも、共感し分かち合える。

愚痴だけで諦めるのではなく、何とかできることを・・・と、いつも考えアンテナを張っているのだ。

明日は名和中学校の赤ちゃんふれあい教室。
ラジオで赤ちゃん募集もできたし、赤ちゃんも生徒もママたちも支援者も一つになれるこの活動を楽しみにしているのである。


sukomomo at 19:33コメント(0) |  

2018年06月03日

自然の中で

伯耆町ペンション村祭りが開催され、知り合いのご招待でオカリナの演奏会を鑑賞。

緑豊かな庭では、うぐいすも鳴き、草花や木陰のマイナスイオンが注ぐ中で、オカリナの音色がマッチして心が癒された。

今日は4人の女性グループだったけれど、1か月に一度は20人くらいのグループで幼稚園や介護施設にもボランティアで出かけているという。

どこか、依頼がないかとの問い合わせもあり、一度は見学させていただきたいと言っていたので、タイミング良く今日の会にお誘いを受けたという訳である。

午前中は、大庭の一斉清掃があり、汗だくになって草取りだったために、疲れも吹っ飛びいい時間を過ごさせていただいた。 

iphone写真を送ったけれど・・・あらら!!今回はうまくブログに送信してくれない。???
先日アップデートの際に機能が変わったのだろうか??

ともあれ、緑豊かな自然の中でのひと時を有難う。〜感謝〜
IMG_0870



sukomomo at 17:58コメント(0) |  

2018年06月02日

食からつくる未来のこと

福島徹氏講演会が本の学校で開催された。

著書も出し、企業家の人たちには有名な方らしいが、今日までどんな人なのかは知らなかった。

ただ、テーマに引き寄せられて、子育て支援にも役立てばと参加したのである。

発想がスーパーや産地開発などの発展により評価を得ている。

国内問わずスウェーデンの家具なども手掛けている。

話しを聴きながら、子育てに活かせることはできないものかと・・・。

乳幼児期の子育てが楽しく子どもの成長を共有し、手が離れた時にこそ、満足できる達成感を味わうための仲間づくりをする子育ての旅を通して、信頼関係を継続し含まらせていくためには、この産地開発の応用ができないものかと頭を巡り話しを聴いていたのである。

目先の事だけではなく、未来を見据えて
自身と同じ考えをもつ仲間やママたちがいる。
そんな仲間と、子育ての楽しさや価値観をより豊かにできるための取り組みを、原点にかえって考えてみたいと実感したのである。

今日の講演会、とても勉強になりました。〜感謝〜

sukomomo at 18:43コメント(0) |  

2018年06月01日

お声をかけてくれてありがとう

2ヶ月に一度の美容室の日。

担当の奥様が産休に入られて、旦那様が代わってしてくれました。
昨夜待望の赤ちゃんが誕生・・男の子・・おめでとう!! 
旦那様は嬉しさを隠しきれずうきうき・・テンションがアップ
初めての赤ちゃんに心配も人一倍・・10年ぶりの赤ちゃんとか。(そうだねぇ)

ちょうど隣の席に次のかたがいらして、「なんか観たことあるなぁ」・・暫くして、その方が声をかけてくれました。
セミナーに行ってる職員さんでびっくりポンと言った感じ。

世間は狭いですねぇ。

年と共に知っている方も多くなっている分、どこで・・??名前は??等など失礼ばかりの私なので、向こうから声をかけてくれると、ほんと!!助かります。

子育ての旅のママたちも18期生も卒業となると、初めの頃のママたちは名前もお顔もちぐはぐになってしまう。
ほんと!!失礼をお許しくださいな。

sukomomo at 18:16コメント(0) |  
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: