2007年11月28日

生涯読書をすすめる会  盛りだくさん

ゆきんこ

一ヶ月に一度の会でいろいろな本の紹介や活動の情報
交換をする。

先日の茂木健一郎氏の米子に来て頂いたプロセスや著書、
久々に参加された高齢者の現役でお話会の活動をされて
いる方の存在、たくさんの絵本や児童書などの紹介、講演会や
コンサートなど、図書館に関する意見交換等々盛りだくさんの
内容の中で、この会も約10年を迎えようとしている。

続けていくことの大切さを振り返ってみて、参加者の満足度
は大きいと思う。

新たな試みをと、メンバーの中のミニ講座を設けていただき、
今回の担当を「子育て支援ネット」の活動として、地域の
子育てサークルの大切さと、次世代育成としてのふれあい教室
の話をスライドを使ってさせていただいた。

地域の子育てサークルは、ふれあい教室をする上でも大切な
役割がある。
赤ちゃんと親、学生がはじめて顔を合わせることで、近所に
いることがわかったりして、そこからコミュニケーションが
始まる。
(中学校の先生の生徒からの話で知ることができた。)

温かい人と人との地域の輪が次世代を越えて繋がっていく
ことをうれしく思った。

茂木健一郎氏も言っておられたように、たくさんの情報を得る。
その中で整理をしていく脳がある。

いろいろな場に出かけて情報を得て整理して、世のため人のため
自分のためになる人生をつくることを意識して歩いていけば、
引きこもってなんかいられない。

もしも、家から出たくないと思っているあなたがいたとしたら
ぜひ一歩家から出て外の空気を吸って歩いてみてください。

人と話したくなかったら自然に触れたり、本を読むのもいいでしょう。
ましてや、小学生や中学生のあなた、そして子育て中のママ
だったらより必要です。

自然や本や人の出会いに心が軽くなって感謝の気持ちが湧いて
くることでしょう。
そういえば今日の午前中は,大山青年の家で研修でしたが、
紅葉がとてもきれいで心が和みました。大山の自然はは宝物です。
ありがたいです。
sukomomo at 19:53│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: