2008年01月21日

中学生と赤ちゃんのふれあい教室継続最終日

ママと

中学3年生との赤ちゃん親子とのふれあい授業は1学期・
2学期・3学期と継続し今日が最終日となった。

生徒達は、2学期から赤ちゃんのためのおもちゃ作りをし、
本日プレゼントを一人一人に手渡した。
何もないふれあいから手作り遊具を通してのふれあいも広がっていった。

3回の赤ちゃんとの交流を体験した感想を一人一人に発表して
もらい、気づきと感謝のコメントも多く特に女子は母親になる
期待と親への感謝の気持ちを素直に表現していた。

男子はシャイで恥ずかしがりやで書いてきたものを読むより、
友達のコメントに気遣い本当に感じたことは表現しない子も
観られたが、担任の教師は前もって見ていた感想を気づきの
素直な表現に生徒をいとおしく述べられていた。
自分自身へのエールを表現し未来に向けてのコメントもあった
ということであった。

女子と男子との思春期の姿の違いも改めて勉強になった。
この一年近くかかわらせていただき、学校側は生徒達に心配り
をしているからこそ、このような外部からの授業を取り入れ、
今かけている子どもの成長を積極的に対処される。
このような中学校は安心して送り込めることを実感した。

いろいろな親がいるし、子供を通しての家庭への指導もこの
ようなふれあい体験授業を見て、改めて我が子が赤ちゃんに
接している穏やかで、きらきらしている姿をみると、ここまで
大きく育ってくれたことに親自身も感謝せずにはいられないだ
ろうと、中学生約70名の一人一人の顔を見て嬉しく感動した。

この子達が未来の世代を担っていってくれることの期待と
感謝の体験が子ども達以上に学びとなった今日の授業であった。
有難う

来年度も取り入れる意向をしてくださいました校長先生を
はじめ教育委員会・担当の先生がたへ感謝の言葉しかありません。
有難うございました。


sukomomo at 17:55│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: