2008年07月06日

こんにちは赤ちゃん 第一回養成講座

ママと鳥取大学医学部地域貢献事業による、午前「こんにちは赤ちゃん」と、午後はこのたび初めての養成講座が開催された。
小学生から大学生の若者と赤ちゃん親子とのふれあい会は日曜日とあってパパの参加も多くあった。毎回思うことであるが、赤ちゃんのパワーは凄い!のである。
親たちも学生のふれあいによって赤ちゃんのパワーを感じ取り、愛情も増すようである。親が学生に話す顔はにこにこと笑顔にあふれている。
ミルクを飲ませたり、オムツを変えたり、母乳の様子(別室での)をみたり、赤ちゃんを通してのたくさんの発見がある。

今日は見学者に県外からの5名を交えで午後からは養成講座を開催。そのうちの一人はこのブログを観て倉敷から車を飛ばして来られた。
境港市や湯梨浜町は行政が取り組み全小学校での開催がなされている。
時代背景の中で赤ちゃんとのふれあい教室は、メリットの広い視点からもメリットの多い取り組みである。

日頃、中学校や小学校で実践している私にとって、高塚先生からの直伝に再確認しこれからも自信を持って授業にあたりたいと思った。
その時どきの生徒や赤ちゃんによっても柔軟に対処して人としての認め合う心や感謝の心、そして命の大切さなどの気づきの授業になるよう共に学びながら楽しんですすめていきたいと心新たにした講座であった。  有難うございます。
sukomomo at 19:12│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: