2010年12月09日

いろいろな面から子育てを考える

今年も恒例のお正月番組収録の案内がきた。「市民の力を活かす地域へ~・・・」と。
何をするにも「人」である。そして、人と人とのコミュニケーションである。
コミュニケーションとは、相手が居なければ成り立たないし、居ても相手が分かち合う気がなければ成り立たない。
まさに、赤ちゃんとのふれあい教室(赤ちゃん登校日)は原点である。鳥取発、高塚先生の「赤ちゃん登校日の」様子が流れた。
学校側の先生方の取り組み次第で成り立つ。今の時代、何が大切で何が必要とするか、暗記ばかりの学習のみでは人としてどうか?
私が関わっている学校の先生方ばかりだったら子ども達も救われる。しかしながら、現実は、学力重視の学校が多い。(学力重視を悪く言うのではないが、本当にそれでいいのだろうかと考える)
ブックスタートから地域の人たちとの出会いと共に節目節目の出会いに学習のポイントが重要となるのではないかと思う。
人と人との輪を広げ、それぞれの能力を発揮できる人づくりが町づくりの活性化に繋がるように次世代を担う子ども達にも体験学習は欠かせないと思う。
皆さんのいろいろな意見を聴いてみたいと思う。
sukomomo at 18:27│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: