2012年02月08日

子育て相談

インターネットで「子育て相談SOS」を探して電話をしてきたママからの相談を受けて、パパの存在が子育てにも影響を及ぼすことを目の当たりにした。
夫婦関係の大切さは、「子育ての旅」セミナーでも取り入れていることからも重視していることではあるが、DVにあったママからの相談は、悲惨で、都会から実家にかえったものの、実家での遠慮も重なり、子どもへの影響が悩みだった。

子どもは、いいも悪いも素直にキャッチし心に支障が起きる、それが、体へと現れる。
その現れた行動や様子だけで治そうとしても治るはずもない。
不安と恐怖とを取り除いて愛情をかけていくことで安心安全の基地を確保していかなければならない。

ママ自身も大変だけれど、一時は割り切って、実家にお世話になりながら自立していくことを。
市町村の子育て支援課等に相談し、保育園等の手配もしながら子どもの居心地の良い環境を第一に、そして、ママ自身の希望や楽しみを見つけて(ママ友もいないという)生活を安定させていくように。

二人の子どもを抱えての新しい生活は、周りの人たちの助けが必要である。「たすけて!」と声を出し、不安や恐怖から一日も早く乗り越えてほしい。

電話をしてくれてありがとう。
その地の子育て支援状況を調べて提案していこうと思う。
sukomomo at 19:40│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: