2012年02月20日

久しぶりの青空に

雪道を太陽が当たっているところと日蔭とは大きな差が・・。
バリバリに凍った雪道もお昼ごろには、溶けて地面も出てきた。
それに比べて日陰のところは、夕方までツルツルの状態、夕方になってまたもやバリバリに凍ってしまった。

雪解けが一番汚れるし冷たいし・・・・、それでも子供たちは寒さ知らずで雪をつかんで口にしようとするのをママは、あわてて食べないように促す。
久しぶりにその光景を目にして微笑ましく見守っていた。
小さな子どもは、この雪道をママと手を取って滑りながら歩く。好奇心旺盛で目がキラキラ輝いている。

森の幼稚園も、きっとこのような体験をたくさんして、子どもたちはたくましく育つのだろう。
智頭町の森の幼稚園は、町ぐるみでサポートしているとのことであるが、伯耆町の森の幼稚園もこの四月から本格的に稼働するとのこと。
町の協力があるのだろうか。続けていくためには行政のサポートが必要である。
一度お邪魔したいと思いつつ雪道の移動は自信がないので、チャンスを待っている状態なのだ。

青空の下で遊ぶ親子を見ながらこんなことを考えていた。
sukomomo at 19:05│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: