2013年10月10日

母校へパパが赤ちゃんをつれて参加

赤ちゃんふれあい教室に天気にも恵まれて無事実施することができた。ごきげんあかちゃん
中学校の担任外の先生二人が「教え子が赤ちゃんを連れてきているらしい」と見学に来られた。

何ともまあ!素敵なことでしょう。
パパになった教え子を観る先生のうれしい表情にこちらも幸せをいただいたようである。

「僕たちの時は、こんな交流がなかったけど、中学生の時の気持ちになったら、たぶん恥ずかしいだろうなぁ」などと中学生のシャイな心に共感しながらも「ほとんどママに任せっきりだけどお風呂には入れているよ」等、わが子を前に可愛さを隠しきれない様子で、子育てぶりを男子生徒に話してくれた。

きっとパパから聞いた生徒は、印象深く心に残ったことだと思う。

赤ちゃんもこの中学校は先週の体験もあって、ほんのちょっぴりだけれど慣れた様子。
でもママから離れて大泣きする赤ちゃんが再びママに抱かれるとぴったり泣きやむ。
それを観ていて「ママってすごいー!」と思うのである。

月例によっては、まだ人見知りもせずに生徒の腕の中で眠りにつく。
そばで観ているママは、わが子と生徒の様子に微笑み可愛さも増す。

赤ちゃんふれあい教室を体験する凄さを再度実感するのである。

赤ちゃん親子の皆さん、協力ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします。
sukomomo at 18:56│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: