2016年06月11日

土曜日親子授業

親子で土曜日を過ごそうと企画された小学校に要請があり子育て講演会に出向いた。

これまでは、子どもたちだけの土曜日登校(保護者フリー参観)、1学期に1回、年3回の企画で行われ、今年度からは、親子で参加できるようにと内容「きずな」参画をテーマに開催された。

私の担当は、1.2年生とその保護者である。
室内は足の踏み場もないくらいで蒸し暑い中での講話とふれあい遊びである。

親子で並び、聞くことに集中できなくなった頃にふれあい遊びを取り入れるなど、あっという間の時間、汗びっしょりの中で時間も足りないくらいだった

思春期の前の子どもたちとの関わりは、参加保護者にとって予想となる良い機会になったことと思う。

3年生以上は、体育館でインネット・メディアの講演会。
終了後に話をお聞きすると、日ごろのメディアの影響を実感するものとなったようである。

土曜日の親子授業は、先生たちも休日出勤となるが親子と関わることで家庭と学校・地域との連携ができgood・ideaである。
保護者の参加人数も増えているとのことだった。

先生方もいろいろと考えながら、取り組んでいる様子を実感するものだった。

今日の出会いに感謝です。

sukomomo at 19:17│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: