2017年12月19日

二人目の子どもが生まれた時

二人目の子ども無事出産し、上の子は保育園に行っている。

産休明けから保育園の預かってくれる時間が変わることを知らされたママは、戸惑って連絡してきた。

パパの出勤時間に合わせての早朝をママが自宅にいるからと、送迎を一時間遅短縮にしてほしいとのことで、産後一カ月で赤ちゃんと、手のかかる上の子を、連れて通園するのを不安に思っての相談だった。

夕方は祖母の仕事が終わり協力してもらい延長保育にはならないというものの、これから雪の降る日も多い時期に、朝の送りは今まで通りパパにしてもらえないかという希望だった。

保育園事情は解らないけれど、ママの体調と赤ちゃんの首が据わるくらいまでの期間、これまで通りパパの送りにしてもらうことをお願いしてみたらと提案した。

子育て支援での相談の中には、二人目の子育てで悩むママたちも少なくない。
核家族で近くに祖父母も頼める人がいないママたちにとっては、ファミリーサポート等の利用で費用がかかってしまう。

もう少し早めに対策を考えておくたために、保育園側も前もって説明し納得してもらっての配慮は大事だと思うのである。
sukomomo at 18:38│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: