2018年04月01日

8年間を振り返ってみる

大山「子育ての旅」1期生から18期生の開催、8年間を振り返ってみて、こんなにも充実した親プログラムのセミナーは、改めてすばらしいと実感するものであった。

ママたちの子育て仲間としての存在が、みんなで子どもの成長をより良いものにしていきたいとの共通意識と行動が伴っているからである。

子育て講演会を各地域で行っているけれど、単発的な講演会では、時間と共に意識も薄らいでいく。
そんな中で、継続できる同窓会や子育て相談会をすることにも大きな意義があった。

当時の行政担当者に、改めて感謝したいと思う。

子育て支援センターの役割としての一つの親育ての方法でもある子育ての旅は、8年間の収穫を得てこの度終了することになった。

そのことを知って一番ショックを受けているのは、ママたち自身である。
そこまで浸透してきた子育て仲間づくりと子育てスキル、コミュニケーションは、大きな成果として私自身の思春期を間通した子育てへの想いが伝わったことと嬉しく思っている。
今の時代だからこそ、我が子だけではなく、周りの子どもたちも育みあっていかなければならないからである。

子育ては旅するようなものとして、「子育ての旅」の継続プログラムを実施した中で、子どもの成長と共に、悩みも変化し山あり谷ありの思春期までを、ママたち自身がのりこえて、子育ての素晴らしさを実感し、「子育てをしてよかった」達成感を感じ、豊かな人生のお手伝いができることは、掛けがいのないものであった。

これからも陰ながら支えて行こうと思っている。

8年間に出会ったママたちへ微力ではあるけれどエネルギーを送り続けて行きたい。
振り返って改めてそう思うのである。
sukomomo at 18:41│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ブログについて
「子育て支援ネット西部ーすこもも」は「子育て支援ネット」西部としてのもも?「すこもも」個人?

このブログは子育て支援ネットのメンバーで話し合いまとめたものではありません。すこももが、できるだけ早く子育て中の親や支援者のために、情報を提供したいという想いから投稿したものです。

 すこももの気づきやこれだけは伝えたいという事を載せています。

メンバーで話し合う時間も無く、今後「子育て支援ネット」全体の意思統一したものを皆様に提供することができるようにしたいと思っています。それまでのすこももなりの活動記録です。

どうぞ、疑問や質問がある方はcomentに投稿してください。ただし、人をけなしたり愚痴ばかりで終わらないで、自分としてはこうしたいという前向きなもので行きたいと思っています。それは、エネルギー(波動)の関係上、プラス思考でしあわせな子育て支援がしたいと思うからです。 感謝や思いやりのある意見交換ができたらいいと思います。だからといって反対意見を言ってはいけないと言うことではありません。人それぞれに100人いれば100人の意見があります。違う意見こそ学べることも多いと思います。

基本は、子育てをよくしたいという想いです。しあわせな世の中にしたいという心です。 comentの投稿楽しみにしています。

Archives
佐々木正美
大日向雅美
小風さち
茂木健一郎
加藤諦三
原田正文
離乳食
日野原重明
三浦清一郎
長谷川義史
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: