ブログネタ
将棋検討 に参加中!
先手が私で後手が相手です。
今回の対局は慣れない矢倉戦でした。自分なりにとても楽しくさせました。
色々局面を左右する変化が多々あり考えさせられました。



下には棋譜を張ります。
手合割:平手
先手:私
後手:相手
手数----指手---------消費時間--
   1 7六歩(77)   ( 0:8/)
   2 8四歩(83)   ( 0:1/)
   3 6八銀(79)   ( 0:2/)
   4 3四歩(33)   ( 0:2/)
   5 6六歩(67)   ( 0:2/)
   6 6二銀(71)   ( 0:1/)
   7 4八銀(39)   ( 0:3/)
   8 4二銀(31)   ( 0:1/)
   9 7八金(69)   ( 0:1/)
  10 3二金(41)   ( 0:2/)
  11 5六歩(57)   ( 0:3/)
  12 5四歩(53)   ( 0:1/)
  13 6九玉(59)   ( 0:1/)
  14 4一玉(51)   ( 0:1/)
  15 5八金(49)   ( 0:3/)
  16 8五歩(84)   ( 0:1/)
  17 7七銀(68)   ( 0:1/)
  18 5三銀(62)   ( 0:2/)
  19 7九角(88)   ( 0:2/)
  20 5五歩(54)   ( 0:36/)
  21 同 歩(56)   ( 0:9/)
  22 同 角(22)   ( 0:3/)
  23 6七金(58)   ( 0:2/)
  24 7四歩(73)   ( 0:59/)
  25 5六歩打   ( 0:33/)
  26 7三角(55)   ( 0:9/)
  27 6八角(79)   ( 0:9/)
  28 6四銀(53)   ( 1:7/)
  29 7九玉(69)   ( 0:16/)
  30 5二飛(82)   ( 1:27/)
  31 5七銀(48)   ( 0:5/)
  32 8四角(73)   ( 0:3/)
  33 2六歩(27)   ( 0:3/)
  34 7三桂(81)   ( 0:4/)
  35 3八飛(28)   ( 0:8/)
  36 5一金(61)   ( 0:35/)
  37 3六歩(37)   ( 0:6/)
  38 5五歩打   ( 0:40/)
  39 同 歩(56)   ( 0:4/)
  40 同 銀(64)   ( 0:2/)
  41 5六歩打   ( 0:1/)
  42 4四銀(55)   ( 0:2/)
  43 8八玉(79)   ( 0:2/)
  44 3一玉(41)   ( 0:32/)
  45 1六歩(17)   ( 0:2/)
  46 1四歩(13)   ( 0:2/)
  47 3五歩(36)   ( 0:13/)
  48 同 歩(34)   ( 0:7/)
  49 4六銀(57)   ( 0:1/)
  50 5五歩打   ( 1:35/)
  51 同 歩(56)   ( 0:16/)
  52 同 銀(44)   ( 0:3/)
  53 同 銀(46)   ( 0:3/)
  54 同 飛(52)   ( 0:1/)
  55 5六歩打   ( 0:2/)
  56 4五飛(55)   ( 0:14/)
  57 4六歩(47)   ( 0:14/)
  58 4四飛(45)   ( 0:2/)
  59 3五飛(38)   ( 0:2/)
  60 3四歩打   ( 0:43/)
  61 5五飛(35)   ( 0:44/)
  62 5四歩打   ( 0:21/)
  63 4五飛(55)   ( 0:41/)
  64 6九銀打   ( 0:28/)
  65 7九金(78)   ( 0:11/)
  66 5八銀成(69)   ( 0:3/)
  67 4四飛(45)   ( 0:10/)
  68 同 歩(43)   ( 0:4/)
  69 8一飛打   ( 0:5/)
  70 9五角(84)   ( 0:38/)
  71 9六歩(97)   ( 0:2/)
  72 6八成銀(58)   ( 0:37/)
  73 同 金(79)   ( 0:20/)
  74 7七角成(95)   ( 0:11/)
  75 同 桂(89)   ( 0:2/)
  76 3九飛打   ( 0:9/)
  77 7九銀打   ( 0:2/)
  78 2二玉(31)   ( 0:25/)
  79 4五歩(46)   ( 2:31/)
  80 2九飛成(39)   ( 2:45/)
  81 4四歩(45)   ( 0:2/)
  82 8六桂打   ( 0:47/)
  83 同 歩(87)   ( 1:36/)
  84 同 歩(85)   ( 0:38/)
  85 同 飛成(81)   ( 0:3/)
  86 6四角打   ( 0:24/)
  87 8一龍(86)   ( 0:16/)
  88 8六歩打   ( 0:14/)
  89 6九桂打   ( 0:14/)
  90 2八龍(29)   ( 0:49/)
  91 4三銀打   ( 0:23/)
  92 同 金(32)   ( 0:39/)
  93 同 歩成(44)   ( 0:4/)
  94 6八龍(28)   ( 0:2/)
  95 同 金(67)   ( 0:5/)
  96 8七金打   ( 0:3/)
  97 8九玉(88)   ( 0:3/)
  98 8八銀打   ( 0:1/)
  99 同 銀(79)   ( 0:2/)
 100 同 金(87)   ( 0:1/)
 101 同 玉(89)   ( 0:1/)
 102 8七銀打   ( 0:1/)
 103 8九玉(88)   ( 0:4/)
 104 8八銀打   ( 0:1/)
 105 投了   ( 0:4/)

スクリーンショット (17)
これが対局後の評価値です。思っていたより始めは良かった局面があったようですが。やはり大事なところで緩い手を指してしまったところが局面を悪くしてしまったようです。
スクリーンショット (18)
始めの戦型はこのような形でした。64にいる角がとてもこちらの陣ににらみを利かせているので非常に怖いという印象です。相手が玉を31によった局面で仕掛けました。次の一手で玉が囲えてしまうので▲35歩と突き後手の34歩の取り込みを狙った手です。
スクリーンショット (19)
こちらが仕掛けたので相手も仕掛けました。こちらももたもたしていると△55銀から△56銀と出て銀金交換とされてしまいます。どちらも攻める展開になりそうだと考えました。同歩、同銀、同銀で同飛車駒を裁く狙いです。

スクリーンショット (20)
局面は少し変わりましたが、上の変化で56歩に相手が飛車を45に寄ったので46歩と突きうまいこと大ごまと銀を裁けました。81飛車と打ち84にいる角を狙えて優勢を意識した局面でした。
しかし、対戦相手と感想戦をした結果、96歩があまりよくなかったようです。自分の見解として玉の逃げ道を作りかつ角の催促のつもりで指した手だったのですが、31に玉がいたため▲52銀と打ち同金と取れないようにしたほうがよかったそうです。後は、△68銀なり▲同金引く△77角成▲同銀です。相手にうまくさばかせてしまいました。
スクリーンショット (22)
相手に玉頭を責められて不利な局面を作ってしまいました。
これが一番の敗着だと思います。相手にわざわざ詰ませる銀を渡してしまったので思わず声が出てしまいました。
スクリーンショット (23)
 竜切りでこちらが同金とするしかなく、以下は同金、△87銀からの詰みです。