2018年05月21日

180520田植え会作業風景1
5月20日、酒米オーナー会の田植え会に参加した。
笠間市上郷(かみごう)にある無農薬米作りの会と、そのお米
で酒造りする地元の酒造者が主催の会員制イベントである。

実は私、田んぼに足を入れるのは初めて(と思う)。
幼児時代に山村へ疎開した頃は、田んぼで遊んだから入ってた
だろう。しかし今回は稲作のためのイベントで作業だ。

早く会場に着き、上郷集落付近の散歩でいい空気を吸った。
180520田植え会難題山の麓2
南西北三方を山に囲まれ、西に笠間市最高峰・難題山(上写真)の麓の盆地。
南には、天狗伝説の愛宕山がそびえる。180520田植え会愛宕山
北西には、古戦場でもあった館岸山。
山の向こう側はちょうどクラインガルテンの方向になる。
180520田植え会・館岸山の麓

イベントの主催は「酒米オーナー会」。
米農家、酒造所、市農業公社が関わる。NPOも応援する。
参加募集に応募した人は40人くらい。家族連れ子供が多数。
180520田植え会主催者

はじめに主催者から趣旨や注意事項が説明される。

酒造所の磯社長から子どもたちに解説があった。
「酒作りの行事だが、子どもたちには考えてもらう。大人たち
が元気に飲むお酒を作ることだけでなく、農薬を使ってつくれ
ば楽できるのになぜ、無農薬でお米をつくる農家がいるのか」
なるほど。
180520田植え会上郷の田んぼ
いよいよ田んぼに行く。右の田んぼは食べるお米のもの。すで
に田植えが済んでいる。
左の田んぼが酒米の田んぼ。今日の参加者で植え終える。
180520田植え会物差しの説明
主催者の生駒祐一郎さんが田植えの手順を説明する。
まず、植える位置を決める田んぼに線を引く「物差し」紹介。
子どもたちに、引っ張って泥の上に16本の線を引かせる。180520田植え会物差し引く子供たちと実演生駒さん
線を引いている間に、苗を植える手順が説明される。

180520田植え会苗植えるお米の種類は「日本晴れ」

畔に並んだ参加者に苗の塊が
渡される。
左手に持って植えてゆく。
しっかりした苗に感心する。

180520田植え会作業風景2日立市から来た石川創一
さんが上手に植える。

植える苗の線の間は30
センチ。株間20センチ。
その間の泥に足を入れ、
自分の周辺に植えていく。

私は場所移動するのに
足を抜くのに苦労する。
子どもはピョンピョン
跳ねて移動して凄い。

苗は一株に2〜3本植えろ
との指示。
間引きしないので複数植える。さらに稲は本数が増えると
言う。多すぎると稲の育ちが悪くなるとか。

ホンの2〜3センチ泥の中に植えるのでしっかりしないが
稲は自分でしっかりするので植え方は構わないらしい。

稲の不思議を感じるばかりだ。
完成した田植え後の田んぼ(下写真)。
少し曲がってもいるが良いお酒ができる米が育つだろう
180520田植え会完成した田んぼ

180520田植え会泥んこを愉しむ終わっても子供たちは、
泥んこで大はしゃぎ。

水タンク車に全員が行列し
て足を洗う間、子どもたち
体験「田植え機乗車」が
行われる。180520田植え会田植え機見学

洗い終わり岩間体験学習館(旧小学校分校跡)のグラウンドに
集合し全員でお昼を頂く。
180520田植え会昼ご飯0・ご飯は美味しい古代米と
白米にふりかけ。
・トン汁の肉は3日前に捕
獲のイノシシ肉。実に旨い。
・唐揚げはNPO稲田縁日の
皆さんからの奉仕。
そして
180520田植え会お昼餐私は美味しいお酒を呑む。

昨年の米でつくった日本酒
酒米オーナー会ブランド
「人人(ひとひと)」。

日本晴れを30%しか磨
いていない「純米酒」。
独特の風味で旨い。
180520田植え会磯さんと語る
初めての田植え体験では、
酒と旨いものと環境保護の話を、磯さんや友人と話しながら。
至福の時間を過ごすことができた。

酒米オーナー会の地域活動、すばらしい。

sukoya2008 at 06:07コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年05月17日

畑配置図180516


先輩ガルテナーのIさんから、下記のご指摘があった。
1)トマトとキューリの隣作は良くない
2)ナスとトマトの隣作は良くない
3)トマトの株間が短い
に対策を施した。

専門家のA先生に聞いてみると、「隣作」は種類が違うので
問題ないと言うご意見だった。

しかし株間を離す必要はあるので、実行した。
(図の3ケ所が移動した後の配置である)

新しい畝はローム層の黄色い土まで、鋤で掘りシャベルで
土を混ぜて行った。
当然\亞イ鮖気、堆肥を入れる、を行っている。

日が陰った4時半ころ、それぞれに水をやった。
一時しんなりした苗が元気になった。
こういう植物の反応は嬉しいものだ。

汗びっしょりの作業だが、久しぶりで昼寝も30分した。

sukoya2008 at 06:36コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年05月08日

180430ママチャリツアー記念撮影
茨城県・笠間市にも湖がある。
このGWに大勢でチャリンコでのツアーを愉しんだ。
題して「気まま笠間でママチャリライド」。
上写真は山の湖での爽快な記念写真。

180430ママチャリツアー箕輪このアイデアの発端は、
多摩地域でママチャリ走行
遊びをしている箕輪さんが
「美しい自然の笠間でやり
たい」と発想。

「陶炎祭と新酒を祝う会」
に集う皆さんで実現した。
180430マンチャリツアー大嶋さん
次いで、地元笠間市の専門
家の協力を頂いた。

走行コース提案と、自転車
の準備、走行ガイド。
「自転車でまちづくり協議会」の大嶋さんだ。

4月29日の「ちょっ蔵新酒を祝う会」参加と、クラインガルテ
ンでの大宴会(15人での有益な議論があって)ではチャリ走行
を自粛して、

翌30日の朝から、本格チャリンコツアーを敢行した。
多摩地域からの来訪者に加えて、笠間農園利用者の秋元君、
casioの熊谷君と私が参加。大嶋さん入れ総勢7人。9時半。

笠高通りから、50号を超えて北側の田園地帯を抜けて
飯田ダム(笠間湖)を目指す。往復15キロほどのコース。
180430ママチャリツアー飯田湖地図A


180430ママチャリツアー飯田ダムから吾国山
飯田ダムは、笠間市内にできる工業団地の用水を確保する
目的で設置されたと聞く。小高い丘の上にある。

従って笠間市の街からはずっとだらだらの登坂。

私は始めは不慣れな自転車のギアに慣れるのに苦労。
慣れてくると、今度は登坂に苦労。

八重桜やカキツバタが咲く田んぼのあぜ道走行で、
非常に風景は良いのに見ている余裕がない。
若い皆さんについていくのに、ずいぶん待たせたりしたが、
なんとか、飯田ダムまで自力で漕いで登り着いた。

ダムに着いてみると、写真に見る通り、吾国山が正面に
見える実に雄大な風景。素晴らしく気持ちが良い。
180430ッマチャリツアー飯田ダム

しかもここからは下りなのだ。実に楽しい林間コースで
湖一周。
180430ママチャリライド熊谷君ここで熊谷君が得意技を
発揮。持参のドローンを
飛ばし走行風景を撮る。

ドローン映像はここ。↓
動画でみる走行映像
やはり美しいです!


そしてさらに下り、笠間でも有数の美味しい米どころ飯田の田んぼ地帯へ。
180430ママチャリツアー海のような田んぼ
180430ッマチャリツアー海のような田んぼ2
大勢の農家の人々が田植え作業に精を出し、
田んぼにたっぷり水が張られ、あたかも海岸の海辺のような風景だ。
こんな風景は見れるなんて、すばらしい。
180430ママチャリツアーライダーズ
ツアーメンバーは小休止して風景をしばし見とれた。
なんと田んぼの反対側は、大きなタバコの畑。
180430ママチャリライド煙草畑でタバコ吸い
さっそくタバコ好きの鈴木さんは、大きく吹かす記念写真を
撮る。こんなことをワイワイするのが、チャリンコツアー
は楽しいのだ。

ツアーの最後は、笠間稲荷近辺の探索。
皆さんは「坂本九ちゃんの住んだ家」を見学のコースへ。

疲れの出た私は、パスして終着点の笠間稲荷に先について
大きな藤の花を見たり、参拝をしてしばし休息。11:30終着。
180430ママチャリツアー稲荷の大藤

180430ママチャリツアーお狐さんこうした「気まま」な
バリエーションが、
ママチャリツアーの良さなの
かもしれない。

アイデアを持ち込んだ箕輪さん、街の自転車屋の大嶋さん。
ドローン撮影の熊谷さん。参加の皆さん。
楽しい機会をありがとうございました。

さらにこの企画(ママチャリで相応を楽しむ)を継続するよう
回を重ね、笠間でできる「都会で味わえない楽しさ」を増やし
てゆこうと思う。

最後に反省を一つ。
この日の走行で、私は緩い登坂なのに「あまりに辛くて」情け
なかった。筋力が落ちてダメかと落胆した。

しかし、体重を測ったら大変な体重増になっていた。辛いのは
これが原因。まず、ここから改善をしないと。ママチャリライ
ドが健康の在り方を教えてくれた。








sukoya2008 at 19:32コメント(0) 
Tokyo笠間学会 

2018年05月04日

180430今日の畑全景
GWの前半はロッジに来訪の皆さんを迎え、交流イベントに参加した。
皆さんがお帰りになり、少し農作業をしたレポート。
上写真は4月30日午後の畑。

180430今日の畑・しし唐を植えた夏野菜の畝に「しし唐」を
一株植えた。





180430今日の畑・バジルを植えた離れた垣根の近くにバジル一株を植えた。







また、別畝に「とまと」と「水ナス」を一株づつ植えた。
180430今日の畑・水ナスよトマト植えた
少しづつ栽培種を増やしている。
これで畑に作物のある畝は11畝になり、畑全体18畝の60%と
なった。
畑配置図180503
農作業に同僚の秋元氏が加わり、植付や草抜きに積極的に
貢献している。

畝間や垣根周辺がきれいになって、草花が美しい。
180502今日の畑花畝
180502今日の畑北側垣根のサツキ

180430今日の畑・野草180502今日の畑カキツバタ垣根のサツキ、
野草の花、
カキツバタ
も咲いている。

sukoya2008 at 21:50コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年05月03日

メンチカツカレー昨日は、笠間市の陶炎祭(ひまつり)見物の前に、お昼を
「グランパとグランマのお店」(NPOグランドワーク笠間
で名物、マロンポークカツカレーを食べた。

食べながら、代表の塙茂さんと講座の打合せを完了。
これまでにシニア、女性市民向けの「経締めるネット講座」
を行ってきた。内容はブログの発信講座である。

この前段階の「安心なSNS(フェイスブック)の入門講座」
を2日間講座として開設することにした。
これから、市の週報に案内をして7月上旬から開催する。
スライド1

NPO法人グラウンドワーク笠間は、理事長の塙さんらが、
昨年度に「民芸の里」の経営を始めて以来、市民活動として
国の助成金を複数受託して、多面的な活動に連携を始めて
いる。

これらの活動に参加する活発な市民を多数糾合する必要も
あることからも、市民向けICT講習の必要性がある。
今回の新講座開催はその趣旨にも合致する。
講師として参加の私も忙しくなりそうだ。


sukoya2008 at 11:22コメント(0) 
Tokyo笠間学会 

2018年05月02日

180502陶炎祭エントランス
180502陶炎祭新緑森に包まれる
連休の中、5月2日は曇り空で絶好の行楽日。
大勢の笠間来訪者を見送った翌日からの平日。静かに一人で
笠間最大のイベント「陶炎祭」を愉しむことにする。

茨城県立公園の大きな森の中に、陶工らのテントショップが
220もたち並び、関東一円から観光客が連日10万人以上が
来訪する熱気の会場だ。

180502陶炎祭長閑な南門エントランス
しかしこの森は、大きく深く喧噪を吸い込んで、長閑な雰囲気
をエントランスにもたらす。偉大な自然の中のアートの人と人
との交流の場である。

180502陶炎祭map2018
私は、これまでに陶炎祭を3回(3年)見に来ている。
大変大きなイベントなので一般に言われている「賢い見方」
を諸先輩から学んでいる。
上図の「展示テントレイアウト」を見てほしい。

1)あまりに多いテントなので見切れない。
  ・陶芸品出品者(職人)が180人も出店し何をみるか迷う。
2)食べさせるフード専門テントが40ある他にすべての職人
  のテントでも、職人が得意な飲食を提供している。
  ・食べ過ぎる。
3)会場はとにかく、人で一杯である。歩くと人に酔う。
  ・本気で作品を購入する人が初日(4月29日)に集中。
  ・空いていた5月2日でも下写真の状態だ。
180502陶炎祭会場1180502陶炎祭会場2

この対処法は、次のものだと言われている。
1)この職人のモノを見る。と最初に決めてそれをまず見る。
  続いて時間だあれば、ざっと全体を見て歩く。
2)次に、なんとなく興味を引くテントがあったらチェック
  し全部歩いた後に、再訪問し、中を見る。
3)「食べる」は我慢をして、この地で無ければ食べられな
  いものを1、2ケ所選んで後で立ち寄る。
4)「光景」を見て歩かないで「目的の職人と作品」を見る。
  一般の人は、っ最初の2日間を避けて平日に行く。  

そこで今回は、平日の5月2日(水)午前中、目当ての6ケ所
を見に行った。ゆっくり職人の方と話が出来て良かった。

「こしかけくん」ーー部屋の脇にちょこんと置ける焼き物。
180502陶炎祭こしかけくん

東風舎」ーー新作風の茶碗、砂漠を空想させる陶の置物。
180502陶炎祭東風舎うつわ
180502陶炎祭東風舎砂置物

Abe Factory」ーー独特の作風と色彩。
180502陶炎祭AbeFactory
この陶工房は、ロッジのある本戸地域にある。
作家さんご夫婦といろいろ話ができた。
近く工房を訪ねてみたい。

佐陶工房」ーー笠間の土を使う明るい簡素な器。
180502陶炎祭グラタン皿
グラタン皿が欲しくて
一つ購入してしまった。

また、笠間の土の特徴
を教わった。この器は
釉薬で中側を白くして
いる。

佐藤陶工房は、私らのロッジから徒歩5分にある。

OZ.Factory」−−笠間で今、超人気の作家さん。
180502陶炎祭小堤さん完売
もう売り切れて作品が
一つも残ってなかった。
凄いね。

この工房もロッジから
徒歩5分にあるお隣さん。



「稲田縁日」−−稲田地域の石材屋さんの集まり。
180502陶炎祭稲田縁日
180502陶炎祭稲田石
富田石材さんが「ところ
てん」を食べさせてくれ
た。一皿美味しかった。

少し稲田石の話を聞く。
微砕加工すると最も白く
輝くのが特徴だとか。
180502陶炎祭富田石材ところてん

シッカリ楽しめた「陶炎祭2018」。
ものすごい大勢の人が「陶芸」を愛してここへ来ている。
日本人は平和でいいなあと感じる。

私も来年もまた、楽しみに訪れたい。

sukoya2008 at 17:58コメント(0) 
Tokyo笠間学会 

2018年04月27日

180427今日の畑全景
上の写真は、今日の畑のほぼ全景。
180427今日の畑・ジャガイモとネギ
ちゃんと植えたジャガイモの4畝。シッカリ芽を出してきた。
35株ある。
7日間、畑を空けたが、良いお湿りがあったお陰で作物たち
は順調に生育している。

全景の写真の手前右部分は何も植付してない畑。
そこにジャガイモがいくつも芽出している。掘り返した土中
に昨年のジャガイモの残りあってそれが芽を出したのだ。

同じように、各種の雑草がどんどん芽を出している。
根を張ってからでは抜くの大変だ。小さいうちに抜かないと。

180427今日の畑・テントウムシだまし

そして、ジャガイモの葉っぱを食べているテントウムシダマシ。
株ごとに数匹くっ付いている。これは全部殺さないと。

180427今日の畑・エンドウの花
サヤエンドウが開花した。弦を上に伸ばしはじめた。

とにかく、草抜きを今日から始める。




sukoya2008 at 12:31コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年04月19日

180419畑全景
2018年度の体験農場利用が始まった。
今年度2回目の笠間滞在を14日からしている。
5泊して今日これから帰る。
植えた180419トマト、キュウリ、ナスを

午前中に、昨日資材店コメリで購入した夏野菜の苗を植えた。
(写真の)手前からミニトマト(2株)、シュガートマト(1株)
キュウリ(接ぎ木苗1株)、中長ナス(2株)である。
こういう夏野菜が畑にあると見た目が俄然、畑らしくなる。

180416サトイモの植付(11株)完了この滞在での農作業は、
16日にサトイモを1畝植えた。

昨年に収穫したサトイモ
が残っていたのをタネイモ
として11株植えた。
ちゃんと芽が出るか心配。







畑配置図180419

今日の畝作りで、全体配置は上記となった。

全体の畑部分の60%で、栽培をしている状況になった。
残りの40%をどう利用するかを考えている。
1)食べたいなあ、というもの「しし唐」「ピーマン」
2)採っておいて利用度が高い「タマネギ」
3)時間差でさらに作る「カブ」
4)その他「シソ」「春菊」「人参」「インゲン」
などであろうか。

次回は26日から、また滞在するが、来客シーズンでもあり
雑草、虫との闘いもあり、大変な状況になる。





sukoya2008 at 13:30コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年04月06日

180404BB実のなリ方2体験農場クラインガルテン
の中にブルーベリーの林が
ある。
実が生り、ジャムも作れる。

ちょうど花芽が出てきた。
蕾の様なのが急に8個の花
芽に変化する。

面白いので絵に描いて観
察し、実が何個できるの
か調べたくなった。

180405ブルーベリーの実のなり方
幹みたいな枝が2本。
その先がたくさんの枝、
たくさんの花芽と
たくさんの葉芽があって
描き切れない。

専門農家の方に
「ブルーベリーの木の
構造を書いた本は?」
と聞いたら
参考になる本を見せて
くれた。




すごく詳しく書いてある本だった。
ブルーベリーの栽培研究は、世界的にも20世紀に入ってから
で、日本ではこの20年くらい前に始まったところらしい。

図書館で借りて読み、観察もしてみようと思う。

家庭果樹ブルーベリー創森社刊 日本ブルーベリー協会編 
家庭果樹ブルーベリー〜育て方・楽しみ方









ブルーベリーンつくり方農文協刊 石川駿二、小池洋男著 
ブルーベリーのつくり方










ブルーべリーの絵本農文協刊 たまだたかと著
ブルーベリーの絵本





sukoya2008 at 03:06コメント(0) 
2018菜園生活 

2018年04月04日

180404酒米オーナー新酒届く笠間市農業公社から日本酒
6本が届いた。

磯蔵酒造名のキャップのお
酒を笠間市岩間上郷の米農
家生駒さんが箱詰めした。

「酒米オーナー」というの
は、生駒さんの田んぼの酒
米を地元の磯蔵酒造が醸し
て作る酒を買い取る制度。

オーナー300人だけが飲め
る「人人(ひとひと)」と
いうブランドだ。

酒米オーナー制度とは。年会費1万円で、新酒6本が手に入り、
年間に4つの米と酒つくりのイベント「田植え会」「田んぼの
生き物調査」「稲刈り&収穫祭」「酒の仕込み見学」に参加
できる市民参加の米農家、酒醸造者、行政が結集した地域づ
くり活動。
180403人人届く私は昨年は
「生き物調査」と
「稲刈り」「酒蔵見学」
に参加し感動した。

そのプロセスは昨晩、
できたお酒を飲んで
完結した。

この行事の中でも
一番盛り上がるのは、
稲刈りの迫力だ。



が、私が考え方を学べたのは「田んぼの生き物調査」だった。
その点を少し紹介する。

笠間市岩間上郷(いわまかみごう)の稲は無農薬で作られる。
空中農薬散布をしないから沢山の生物が生き残り、例えば
ほたるなどが生息する。

なぜ農薬を空中から撒くのか。効率よくカメムシを殺せるか
らだ。
カメムシは青い時の稲の実液をくちばしを刺して吸う。その
傷口に瘡蓋(かさぶた)が出来お米の一部がグレー変色する。

高級料亭は変色米を除去しお客に提供した。0.05%を選別し
たのだ。
カメムシを除去したお米は高級料亭のように美しい。という
ことが流布されて全国の農家がカメムシ駆除農法に加わった。

ところがなぜ無農薬が良くないのか。
生物の食物連鎖にはピラミッド構造がある。空中散布では昆
虫が皆殺しに近くなる。すると益虫から絶滅して行くことに
なるので数多い害虫がはびこりやすい環境ができてしまう。

そうすると稲が弱るのでカメムシだけでない殺虫剤や栄養剤
を田んぼに投入するようになる。イネが過栄養で益々弱くな
る。結果として消費者は、見た目美しいが栄養価に問題のあ
る米を食べるようになる。これが無農薬米の良い理由である。

そこで、岩間上郷の田んぼでは農家が一致して、農薬散布を
せず変色毎選別機を導入して米生産をする地域になった。

さらに「生物多様性評価」をして、田んぼや土壌の健康度を
図ることにに取り組んでいる。それが「生き物調査」なのだ。

田んぼに降りて、生物を観察し希少価値の高い生物がどれほ
ど居るかを捕獲して調べる。
沢山の子どもたちを含む大人を参加させ、田んぼの生き物観
察遊びをする。希少価値ごとに点数を付けて、賞品を出し、
見つける競争をする。

これで、田んぼの健康度が評価される。

しかし、運営上は専門家の生物学者の描いた昆虫の外観図と
照らし合わせるのが短時間に採点出来ず、なかなか大変。

これについて私は、准専門家的に育成されたボランティアの
体制があるとよいかもしれない。やり方を考えてみようと思
った。
そんなことを生駒さんと、昨晩は議論した。

2018年度の酒米オーナー制度の参加者募集が始まっている。
年間のイベントの日程も決まった。出来れば全部参加したい。
5月20日(日) 10:00〜 田植え会(岩間・上郷分教場跡)
6月17日(日) 10:00〜 田んぼの生き物調査 (同上)
180403田んぼの生き物調査チラシ

10月7日(日) 10:00〜 稲刈り&収穫祭 (同上)
1月27日(日) 10:00〜 酒米仕込み見学(稲田・磯蔵酒造)

このブログ記事を読んで、参加者が増えればうれしい。

sukoya2008 at 09:38コメント(0) 
2018菜園生活 
Archives
Profile

すこや

ブログ通信簿