2020年07月09日

2020年も夏が来た。
自炊チャレンジも「夏野菜編」になる。
好きな「ナス」を極めようと、5月から始めて11編になった。

SNS/フェイスブックに投稿した自炊体験記は以下の通り手鍋一つの自炊。

【第11弾】山形のだし。
200703COOK山形のだし(2回目)
【Cooking128】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3203501879709920




【第10弾】カポナータ。
200629COOKカポナータ【Cooking125】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3190785224314919





【第9弾】麻婆茄子
200627COOK麻婆茄子
【Cooking124】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3186398971420211




第8弾:茄子サラダ
200703COOK茄子のサラダ【Cooking118】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3168945879832187





第7弾:茄子の梅煮
200617COOK茄子の梅煮【Cooking116】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3158312980895477





第6弾:牛肉と茄子の梅醤油煮
200616COOKナス第6弾業う肉とナスのウメ醤油煮【Cooking115】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3147934285266680




第5弾:茄子、パプリカ、しし唐の焼き浸し
200613COOK茄子焼の煮浸し【Cooking112】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3147934285266680





第4弾:トロトロ茄子の生姜焼き
200612COOKトロトロナスの生姜焼jpg【Cooking111】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3145719038821538





第3弾:茄子の田舎煮
200610COOK茄子の田舎煮を冷アツで【Cooking108】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3139871216072987





第2弾:茄子の油味噌
200603COOK明日の油味噌炒め【Cooking104】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3124384370955005





第1弾:とろとろ茄子に厚揚げ炒め
200524COOKとろとろ茄子と厚揚げ【ngCooki101】
https://www.facebook.com/kiichiro.horiike/posts/3124384370955005


sukoya2008 at 01:59コメント(0) 
朝ごはん日記 | なるほど!市民の野菜づくり
200708Walk下連雀昨年の5月から、散歩した
レポートをSNS・フェイス
ブックに投稿している。

それが今日の記事で100回
になった。



1回に平均4〜5卻發。したがって、累計500匐瓩歩いた
ことになる。
目標は、月に8回以上、合計距離30勸幣紊鯤發こと。
それをほぼ達成している。

今日の記事は下記のようなモノだ。
散歩のルート地図(上記)と写真を付けたレポートである。

==(2020年7月8日の【Walking】記事)==

【Walking100】

夕方に、家の近くを買い物を兼ねて散歩。
傘を持って3Km歩いた。

下連雀のあじさい公園に立ち寄った。2株しか
花が無かった。
200708WALKあじさい公園墨田の花火200708WALKあじさい公園あじさい
















最後まで「隅田の花火」が撮れてよかった。
今年は沢山アジサイを撮り、花の名も知った

下連雀2丁目ーあじさい公園ー連雀通り商店街
ー三中前ー三木露風旧居跡ージブリ美術館ー
下連雀3丁目。

昨年5月に始めた【Walking】も100回である。
月平均8回、30kmを目標にして歩いている。

=====

2020年の散歩記録は下記の通り。

月  回数  距離合計 平均距離
1月  8回  34km    4.2km
2月 14回  69.5km  5.3km
3月 10回  53.5km  5.3km
4月  9回  46km    5.1km
5月  7回  31.5km  4.5km
6月  9回  30.5km  3.4km


sukoya2008 at 01:30コメント(0) 

2020年06月25日

200621ZOOM研究会ライフシフトを読んで(写真)ZOOM読書会「ライフシフト」感想資料

コロナ禍の元で、自粛要請、緊急事態宣言解除後もSTAY
at HOMEを余儀なくされている。
しかしこの中で「恩恵」を受けたなと思うのが、

「リモートミーティング、オンライン会議の常態化」だ。
その、日常化状況について述べる。

私自身は数年前から、スカイプの活用はしていた。今中心
のZOOMも仕事で昨年秋に体験はしていた。だが「日常化」
が起こるとは思ってもみなかった。
それがコロナ禍で、リモート会議参加の状況は一変した。

3月:1回
4月:8回
5月:15回
6月:9回(25日現在)
と,合計 33回(4月からは3日に1度)に及んでいて、
その内容は多岐にわたる。
(1)シニア団体の広域プロジェクト会議(3団体、15回)
(2)専門テーマの広域勉強会・読書会(6回)
(3)三鷹地域でのグループの活動会議(6回)
(4)広域の講演会、講習会に参加(3回)
(5)オンライン飲み会(3回)

とても良いと感じるのは(2)の広域で参加の勉強会。
今週の日曜日に行われた様子を披露しよう。

「高齢社会の経済学」という若手研究者のリアルの勉強会
があり、私は「高齢者の地域参加活動の経験者」として参
加していた。
それが、3月からZOOMによるリモート研究会になった。

6月21日(日)には課題図書を「ライフシフト」(リンダ・
グラットン著)を指定して読書会が行われ、10数人が参加。
私は、資料(写真)を配布して話題提供をした。
200621ZOOM研究会ライフシフトの技1

このオンライン読書会は、15時から18時かでじっくり行わ
れ、参加者は、シニアは私を含めた2人の他は、若手男女の、
経済学や福祉の研究者、製造業の技術者、中小企業の経営
者、音楽家もいる。

中には京都から参加も韓国からの参加、留学生もあり、とても
多彩。皆さんが「人生100年時代のライフシフト」に強い関心
があり、多彩な議論が行われた。

「英国の著者は、富裕層を対象にして書いている」や「堀池は
シニアとして、『よき人生の目標設定』が必要な年代は何歳と
思うか」などの質問も出てきて、エキサイティングだった。

こうした他では得られない議論が、できる「リモート研究会」
の効用は大きなものがあると思う。

コロナ禍に有って『恩恵』を得たものが、このリモート活用で
ある。こうした研究会などは今後の続くと思う。

sukoya2008 at 17:49コメント(0) 
読んだ本と書評 | 家事・ITC操論

2020年06月07日

200607Walkあじさい編あじさいぽかぽか陽気の中を、
歩きました。
「三鷹でランチ散歩・あじさい編2020」





コロナ感染緊急宣言解除で、実施しました。

・三密を避けて。
・身体を戸外で動かそう。
・できれば会話も弾んで。

6人で予定しましたが、5人が参加表明。寸前にお一人が
体調崩し欠席。東伏見駅前発10時。4人で歩きました。
横浜の2人と三鷹在住者2人のシニア男性でした。

200607Walk武蔵野のプロムナード散歩コース石神井川と武蔵関公園で、
思わぬ「セキレイ」の艶姿
を見れたり、
変貌した旧中島飛行機製作
所の広大な跡地と引き込み
線跡の緑道を歩きました。

200607Walkgぎんなん橋1200607Walkぎんなん橋2




中番は境浄水場、
玉川上水を渡る「ぎんなん橋」で、記念写真を撮り、
三鷹電車区跨線橋へ。












ここでお一人が用事で三鷹駅へお別れ。

200607Walk禅林寺墓前三人は三鷹市上連雀の住宅街を抜けて、
森林太郎、太宰治の墓所のある禅林寺へ。





お参りして、ランチ会場の仲町通りの「カフェだんだら」へ。

途中、道を間違え700mほどロスをしましたが、予定時間
ピッタリ13時に到着。
200607Walkだんだら1











14時半まで、密集を避けて横に並び、論談風発、交流会。

ご苦労様でした。
カフェだんだらさん、お話にも加わって頂きありがとう
ございます。

sukoya2008 at 17:47コメント(0) 
Walking 

2020年06月01日

2020年5月の自炊(手鍋一つのCooking)報告。
1)春野菜のシーズンが終わるが、まだまだいろいろ試し
  ている。
・のらぼう菜、ニラ、ホウレンソウ、カブ、アボカド。
・春の魚介の食材とも組み合わせた。ホタルイカ、アサリ。

2)夏野菜のナス(とろとろ煮、トマト(生姜味噌炒め)
  の新メニューをこなし始めた。

3)皮から作るギョーザ、ワンタンに挑戦始める。

5月の記事リスト(17件)
(5月)
103 200530 トマトの生姜味噌炒め、とろとろ茄子に厚揚
102 200521 豚肉とサツマイモのシュクメルリ鍋、カブと
       豚肉の味噌炒め、大根とワカメの味噌汁
101 200523 とろとろナスに厚揚げ、油うどん 
100 200516 野菜入りミルクリゾット
       ネギ味噌、ほたるいかの新ワカメの酢の物
 99 200516 豚挽き肉と茹でうどん
 98 200514 カブご飯ごはん、サバ威張ル焼、アボカド
       の『ご飯ですよ』和え、ホウレンソウお浸し、
       里芋と白菜、わかめの味噌汁、
 97 200513 五分搗き米を混ぜご飯、カブと豚肉味噌
       炒め、ホウレンソウのお浸し
 96 200512 ネギ肉うどん、豚肉とカブの味噌炒め、
 95 200511 印度人のカレー、包装玄米ご飯、ホタル
       イカとワカメの酢の物
 94 200510 皮から作る餃子、トマトリゾット、小松菜
       のお浸し
 93 200508 ホウレンソウお浸し、ミルクリゾット
 92 200508 豚小間肉とカブの油味噌炒め
 91 200507 米から炊くトマトリゾット、五分搗き米な
       らぼう菜の葉入、ならぼう菜と大根の味
       噌汁、アボカド。「ご飯ですよ」和え
 90 200505 里芋とキャベツの味噌汁
 89 200504 ニラ肉そば
 88 200504 のらぼうなご飯、アサリのあっさり煮
 87 200502 のらぼう菜の茎入りご飯


sukoya2008 at 20:08コメント(0) 
朝ごはん日記 
200530Walk石神井川5月30日(土)に散歩した
石神井川は水が清んでい
た。
練馬区、西東京市、武蔵野
市が接する東伏見辺たり。
右の金網が早大学野球部の
安倍球場。左の樹の中は古
代人が住んだ下野谷遺跡。

散歩コースは、バスで西武線の柳沢駅で降りて、南へ歩き
三鷹市の下連雀まで、図のコース、全長10kmを歩いた。
久しぶりに良い運動になった。

200606Walkplan武蔵野歴史文学柳沢駅ー武蔵関公園ー
下野谷遺跡

ーNTT武蔵野開発センター
ー武蔵野中央公園ーグリー
ンパーク遊歩道

ー水道局境浄水場・玉川上
水ー三鷹電車区跨線橋ー
禅林寺ーカフェだんだら


私はいつも散歩は、見どころのテーマを持って歩く。

今回のテーマは。前半が「武蔵野台地の地下水の恵み」。
 石神井川と武蔵関公園の池と古代人が住んだ様子。
メインは「戦前の航空機産業の要・中島飛行機跡」。
 今はNTTの研究所、都立公園、引込み線の鉄路跡を歩き、
 その広大さを感じ、消し去った米軍の爆撃のすごさを知る。
後半は「江戸時代の水道・玉川上水」と「近代水道の浄水場」
 と、文豪、森鴎外、太宰治のお墓の禅林寺。

季節があじさいの咲き始めなのでそれを見るのも楽しい。

実は「テーマとは違うモノの発見」が実は一番楽しい。
今回も発見があった。

「都市にある農家の風景」がとても良かった。
「自然がある」だけでない、畑は「営み」が見れていい。
都会の住宅地にあるから、なおさらである。
200630武蔵野市で農業2
写真は、
「武蔵野市関前の農家」












200530下連雀で農業農業「下連雀3丁目の栗林」。


200530下連雀で繰り栽培





まさに栗の花の季節。香がとても良かった。







この散歩で、5月の散歩実績は、目標「8回、30辧廚魏鷽瑤
1回不足なだけでほぼ達成した。

この調子で6月も歩くことにする。

sukoya2008 at 14:57コメント(0) 
Walking 

2020年05月01日

コロナ感染防止で「三密」を避ける緊急事態宣言が出た時期。

「三疎」に当たる、公園などでのウォーキング=散歩を実行した。

三鷹市内とその周辺であるが、武蔵関公園(石神井川)には行った。
月間の目標である、
・週1回以上に対し9回。
・合計歩行距離30劼紡个掘46劼函
達成した。

継続してゆきたい。

sukoya2008 at 02:29コメント(0) 
Walking 
3月に続いて、ほぼ毎日楽しく投稿した。

新しい(初体験の)自炊が多く出来た。
春の食材に興味を持ったことが大きい。
・味噌リゾットwithブロッコリー
・のらぼう菜 
 バター炒め、アサリの酢味噌和え、塩漬け
・タケノコ
 シラスのリゾット、豆乳ワンタンスープ、土佐煮
・皮から作るスープ餃子
・ネギとハムのチヂミ

以下、4月の記事リスト27件である。
(4月)
60 200402 味噌リゾットwithブロッコリー
61 200403 サツマ芋シュクメルリ鍋 
62 200406 作り置きの印度カレー、のらぼう菜のバター
        炒め
62 200406 味噌味茹でソバ 里芋ならぼう菜味噌汁
63 200408 カブと豚肉の油ミソ、ならぼう菜、サトイモ
        味噌味の茹でソバ
64 200409 モツ肉の油ミソ炒め、2)アサリのリゾット
(2回目米から炊いた)
65 200410 ブリ大根(2度目)アサリのリゾット(五分
搗き米を炊く)
66 200410 いつもの簡単味噌汁
67 200411 包装米飯・玄米ご飯、ワンタンとんこつ味、
カブの油ミソ炒め
68 200412 タケノコとシラスのリゾット
69 200413 たけのことシラスのリゾット(2回目)、ト
マト丸ごとオイルスープ
70 200415 皮から作るスープ餃子
70 200416 失敗の話。餃子の皮作り、玉ねぎのワイルド
なオイル焼き
71 200417 皮から作るスープ餃子
72 200418 ブリ大根
73 200418 トマトリゾット
75 200420 タケノコ入り豆乳ワンタンスープ
76 200421 筍リゾット、アボカド「ご飯ですよ」和え、
作り置きワンタンスープ
77 200422 筍の土佐煮、里芋と玉ねぎの味噌汁、辛味餅
78 200423 筍としらすのミルクリゾット、カブの油味噌
炒め、アボカドの「ご飯ですよ」和え
79 200424 たけのこご飯。シンプル味
80 200425 タケノコとシラスのリゾット(2回目)
81 200426 カレー味の味噌肉そば
82 200427 カレー蕎麦、カレー餅と2品朝食
83 200428 のらぼう菜とアサリのサッと煮
84 200429 たけのことシラスのリゾット、アサリとのら
ぼう菜の酢味噌和え、のらぼう菜の塩漬
85 200429 フライ風ジャガイモ炒め、カブの味噌
86 200430 ネギとハムのチヂミ



sukoya2008 at 01:45コメント(0) 
朝ごはん日記 

2020年04月25日

【野菜・食材の産直購入200424】

私は東京都バス乗車の「高齢者向けシルバーパス」を持ってい
るのに、「運動のため」と「コロナ対策」で乗らずに6停留所
分を(往路だけ)歩いた。

朝採れの三鷹の農家産の新鮮野菜を購入できる「JAむさし」の直営販売所があるので、「のらぼう菜」と「泥付きネギ」を
購入した。

感心したのは、売店がソーシャルディスタンス徹底の入場管理
をしていること。米店内の人数と、並んでいる人の間隔を空け
させる管理だった。さすがと思った。

もう一つ発見したのが、初めての食材のお店発見。

この販売所から200mない近くに、素晴らしい精肉店・小清水
精肉店がある。初めて入ってみて感心。
・豚肉の「本場・茨城」に特化した仕入れ。
・揚げ物を注文してから揚げる。そのため待ちスペースに椅子
 を置いている。
・各種お惣菜とお弁当がテイクアウトできる。時間を予約して
 お客が取りに来ていた。配達(チリンチリン三鷹)も始まっ
 たそうだ。

アツアツのコロッケとトンカツを購入し、真ん前のバス停から
バスで帰宅、乗客は私一人だった。

sukoya2008 at 14:45コメント(0) 
朝ごはん日記 

2020年04月21日

ながみち本「最高の体調」
2020年4月 クロスメディア・パブリッシング刊

鈴木祐著 まんがでわかる「最高の体調」
ながみちながる まんが

「三鷹でランチ散歩会」つながりの新人漫画家・
ながみちさんの漫画の絵が好きで読みたかった。




内容的に「進化医学」に大いに関心があったので、昨年刊の
著者の元本を読もうとしていた。本屋で両方を見比べて、知
りたい情報はほぼ同じだと判断して、漫画版の方を買って読
んだ。

始め、文章部分とマンガ部分が同じことを繰り返している。
うっとうしいなという感じがした。

しかし、2章の「睡眠」、3章の「自然と触れ合う」の趣旨が
私の日頃の想いにピッタリだった。そしてその部分の漫画が
面白く、読み進めた。

著者の考えている「進化医学への対処法」が「行動科学的に」
とても良く練られていることに私は気づいた。
これは優れた、心理学を応用した、特にメンタル面の健康法
であると思う。

エッセンスがまとめられている「文章のまとめ」が優れた行
動のマニュアルである。
それへ導入する漫画のストーリーの面白さで理解し共感する。
という組み合わせになっているのだ。

第2編の不安への対処編は、内容が濃い。
◆価値観を絞り込むPPA自己分析法
◆モチベーションを上げる「3つのルール設定」と「イ
 フゼンプランニング」
◆「マインドフルネス」と「自然、アート、人への畏敬」

そして最後に
◆友人との同期、「信頼」「セルフ・ディスクロージャー」
にまとめられる。

この部分の解説には漫画プラス「まとめマニュアル」は最適。

恐らく、「最高の体調」(つまり、元気でいること)を実践
する人にとっては、この漫画で面白く印象的に理解が進めら
れれば、元本を読まずに十分なのではないか。

私は、「進化医学」が重視する「原始人間への回帰」がポイ
ントなのだということは、得るものが多かったし同感する。

ながみちさんは、絵が旨い人。例えば主人公安藤すずのメガネ
顔が上手。
だがメガネが外れ成長してゆく。いい絵を使うストーリーの構
成が、彼女の真骨頂だと知った。
私は次の漫画作品に期待している。

sukoya2008 at 11:27コメント(0) 
読んだ本と書評 
Archives
Profile

すこや

ブログ通信簿