2011年02月09日

みたか・認知症家族支援の会

三鷹市に「みたか・認知症家族支援の会」が昨年の4月にできた。

全国で展開されている「認知症サポーター」の認定者の数も周辺の
他市に比べて少ない三鷹市の状況を変えようという趣旨もあった。

私(すこや)はその月例会に2回ほど出ただけの会員である。
大事なことを進めてゆく活動と思って参加している。

この会は次の図にあるように、3つの目的で活動する。
まとめ役の石村さんの作った会のチラシである。
========
みたか認知症家族の会ロゴ
会の目的
1)介護している家族のサポーターになること

2)三鷹に家族の集まり(家族会)が成り立つように手助けすること

3)家族とともに勉強すること、そして一緒に周囲に働きかけること
========

毎回15人ほどの人が参加した例会で、先日視察した熊本県の取
組について、感想を報告した。
http://blog.livedoor.jp/sukoya2008/archives/1387488.html
http://blog.livedoor.jp/sukoya2008/archives/1387968.html
http://blog.livedoor.jp/sukoya2008/archives/1388140.html
皆さん真剣に「三鷹で我々は何をする」を考えている意見が出た。

今後、私としては孤立して地域とのコミュニケーションをとらな
いでいる方に、行動の幅を広げるサポーターの活動ができないか、
この会の活動の一つになればと思っている。

次回の例会は3月8日、午後。
入会や、照会は、三鷹市ボランティアセンター 0422-76-1271
あるいは、石村 yishimura@u01.gate01.com
まで。



sukoya2008 at 10:43コメント(2)トラックバック(0) 
シニアの地域プレーヤー指南! 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by emi   2011年02月10日 13:11
認知症は奥がふか〜い。
つきつめてゆくと、より良い地域になりそうな課題・・ これからのビックイシューです。
2. Posted by すこや   2011年02月11日 17:38
薬と、対処療法で長寿が増えた現代。動かない働かない生きる長寿。
「彩」のヨコイ資産はそれを石の地蔵さん介護だという。
死ぬ日も朝は今日のすることを楽しいなあと思って起きる老人が普通だといいました。
認知症になっても・・という世界は
すごう先進的です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
Profile
ブログ通信簿